どうしてこんな事でいちいち悩んでしまうんだろうと思った事はありませんか。

世の中には物事に対して少し臆病で小心者と呼ばれる人が存在します。

小心者の人にはどのような特徴があるのでしょうか。

今回はそんな小心者の特徴や困る事についてまとめてみました。

小心者だな~と感じる事はありますか?

自分の事を「小心者だな~」と感じる事はありますか。

例えば、人前だと緊張して上手く喋れなかったり、やろうと決めた事なのに何度も悩んで結局実行できなかったりなど、私たちの日常生活の中には一見普通の出来事のようでも、ビクビクして悩んでしまう人もいるのです。

小心者の人は、性格の一つのなので子供から大人まで当てはまる人が存在します。

実際に小心者と思う人は自分の事や他人の事をどんな風に思っているのでしょうか。

治したいな、と思う人も多いはず

自分がついビクビクして悩んでいる事を、いとも簡単にこなしてしまう他人を見ると羨ましく感じると同時に、そんな自分が情けないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

小心者であるが故に、何かと損する事が多いのも事実です。

治せるものならばいっそ治したいと思う人も多いはず。

できれば自分だってあれこれ悩まず色んな事に挑戦したいですよね。

大人であれば尚更そう思うはずです。

小心者の7個の特徴

小心者と聞くと、何だか気が小さくで臆病なイメージがありますよね。

会話では悪口として使われる事もあるのではないでしょうか。

ここからは小心者の人に見られる特徴についてご紹介します。

1、見栄っ張り

本当は苦手な事や、詳しくないような事でもつい他人の前で見栄を張ってしまうというのは小心者の特徴の一つです。

自分の弱いところを他人に見せたくないと思うばかりに、何かと見栄を張ってしまいがちです。

しかしながら、結果的には嘘をつき続ける事になり、自分を苦しめる事になってしまうケースも少なくありません。

本人はバレていないと思っていても、いずれ他人から気付かれてしまいます。

見栄を張るのもほどほどにしておかないとバレてしまった時に他人から幻滅されたり、信用を失う事になってしまいます。

2、批判が多い

何かと相手の事を批判する事が多いというのも小心者である特徴の一つです。

相手を褒めるという事は、即ち自分の方が劣っていると認めてしまう事と同じ。

それ故に、このような態度を取る事がしばしばあります。

小心者の人は劣等感を抱いている人が多く、少しでも自分よりも優れていると感じる人に対してははなかなか素直な気持ちで接する事ができません。

そのような相手の場合、ライバル視してつい熱くなってしまう事もあります。

3、他人に依存しやすい

小心者の人は自分に自信を持つ事が苦手です。

その為、自分の行動や言動に責任を持てません。

そのような事から、普段から他人に依存しやすいという特徴もあります。

いつも他人の顔色を伺いながらも、他人と行動を共にする事を好みます。

集団の中にいても、自分から何か行動を起こしたり、意見を言ったりという事はありません。

これは自分の行動で周りに迷惑をかけるのが心配というより、どちらかというと自分が周りから責められる事に耐えられないと感じてしまうのです。

普段から他人にコンプレックスを持っているタイプの人なので、他人からの批判に対しては非常に敏感です。

そうなる事を避ける為に最悪の場合、責任を他人になすりつけるようなケースもあります。

4、心配事が多い

小心者の人は臆病な性格である為、人一倍心配性という特徴があります。

他人から見たら大した事ではないように思えても、小心者の人にとっては一大事と思ってしまう事が非常に多く、優柔不断な点も目立ちます。

慎重は人ほど、周りから信頼をされるものですが、小心者の人は石橋を叩いても渡らない事もザラです。

失敗を恐れるあまり、慎重さを通り越して臆病になってしまうようなタイプの人です。

また、本当に慎重な人は失敗した時の対策についても入念に考える事ができますが、小心者の人は始まる前から失敗する事を前提に考えている場合も多く、失敗した時の事も冷静に考えられずに他人に頼る傾向があります。

小心者の人の多くは日々、心配事に悩まされているのです。

5、自分に自信が持てない

小心者の人の多くは自分に自信が持てない人が多いと言われています。

見た目や性格など、誰にでも何かしらコンプレックスを感じている部分はあるものですが、小心者の人はそんな自分のコンプレックスへの恐怖心が強く、正面から向き合う事が苦手です。

その為、頭の中では分かっていても「どうせ直らない」と思ってしまいがちなのです。

コンプレックスとなっている原因を取り除く事ができない為に、小心者の人はいつまでも自分に自信を持つ事ができません。

このようなタイプの人には他人が羨ましく見えると同時に、妬ましいとも感じてしまいます。

他人を見る度に自分と比較してしまってまた自信を無くしてしまうのは小心者の人にとってよくある事です。

6、自分で決められない

小心者の人は一度迷うとなかなか自分では決められないという特徴もあります。

本当にこれで正しいのか、後悔する事にならないかと同じ事を何度も悩み、他人に意見を求める事も少なくありません。

仕事や人間関係で大事な問題について誰かに相談をするのは大切な事ですし、自分勝手に進めてしまうのは良くない事なのですが、小心者の人は些細な事であってもいちいち悩み、そうなる度に他人に頼ってしまいがちです。

集団の中では「優柔不断で頼りない人」というイメージを持たれ、あまり信頼を得られない事があります。

7、臆病で気弱

小心者の人は基本的に臆病で気弱であるという特徴があります。

神経が細く人よりも刺激に敏感な為、大きな音や、暴力的な表現も人一倍苦手だったりします。

人の目も気にしてしまうので、外見的にも派手なファッションや、目立つ行動を取る事を極端に避ける傾向があります。

人の目に留まらないようにいつもコソコソしているのは臆病で気弱な性格であるからです。

その為、学校の授業や会社での会議でも自ら率先して発表する事はまずありません。

また、自分の意見よりも他人の評価を気にしてしまうので、例え自分の都合が悪くても他人からの誘いを断れないケースも少なくありませんが、他人の機嫌を損なうよりマシだと考えてしまうのです。

小心者で困る事

これまで小心者の人の特徴についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

いずれにしても日常生活で都合の悪い事ばかりのような印象を受けますよね。

実際に小心者の人は具体的にどのような事で困っているのでしょうか。

考えられる事についてまとめましたので以下を参考に見ていきましょう。

知らない土地が怖い

引っ越しや旅行などで知らない土地にやってきたばかりの時は誰でも右も左も分からず不安になりますよね。

それでも知らない土地で暮らしていれば、いずれ慣れるので平気と思ったり、地図を見たり人に聞くので問題ないと思う人もいるのではないかと思います。

しかしながら、小心者の人にとっては一大事です。

何が起こるか心配でたまらない

小心者の人は心配性です。

知らない土地にやってくるなど尚更です。

自分の知っている土地であればある程度の事は予測できるので安心ですが、知らない土地では何が起こるか分からず心配でたまらないのです。

もしこんな事が起きたらこうやって対処しようという発想があっても、それで本当に問題が無いか、自分にそれができるのかと心配事が次から次へと出てくるので不安は尽きません。

せっかくの海外旅行なのに、知らない土地である為に余り外を出歩けないというもどかしさもあるようです。

怒らないといけない時に怒れない

切っても切れない人間関係においても、小心者の人には困った事があります。

それは周囲の雰囲気や他人の顔色を気になり過ぎるところ。

そんな性格が災いして、自分が不快と感じる時にも相手に気持ちを伝える事ができず押し黙ったり、心にも思っていない事を口にする事もしばしばあります。

小心者の人は普段大人しい印象を受けるかも知れませんが、言葉にしないだけで本当は心の中で怒っている時もありますし、自分の意見もしっかりと持っています。

『いい子』でいたい心理

上の記事でもご紹介した通り、小心者の人は人一倍他人からの評価を気にする傾向があります。

また、他人から嫌われたくないという気持ちや、傷つきたくないという気持ちも非常に強いタイプの人でもあります。

そのような事を避ける為に、小心者の人にありがちであるのが「いい子」でいたいという考え方です。

いい子としていれば他人から嫌われる事も、傷つく事もなく、円満な人間関係を築けると思っているのです。

しかしながら、このような考え方は自分に自信を持てないといったマイナス思考から生まれるものです。

そして、小心者の人はいい子を常に演じられるように、日々我慢をしなければなりません。

また、他人から見た場合「自分の意見を持っていない人」という印象を持たれ、理解されない存在となってしまう事も少なくありません。

新しい事に挑戦出来ない

小心者の人はその臆病な性格なところが災いして、何か新しい事に挑戦しようと思っても実行に移せずに悩む事もあります。

勿論、誰でも最初は不安を感じますし、悩む事もありますが、小心者の人はなかなか最初の一歩が踏み出せず、結局二の足を踏んでしまう事が多いのです。

そもそも、最初からどうせ自分にはできるわけがないと自分の実力を過小評価して、諦めてしまうという事もあります。

失敗ばかり考えてしまう

小心者の人が新しい事に挑戦できない一番の理由はやはり失敗ばかり考えてしまう事です。

プラス思考の人のように「やってみなければ分からない」や「失敗してもいいからやってみよう」という考え方ができないので、最初の一歩を踏み出す勇気が湧いてきません。

また、もしも失敗した場合に起こる、自分や他人への影響についても非常に気になってしまいます。

失敗した事で他人から非難をされるのではないか、ショックに耐えられないのではないかという事まで色々と想像してしまうのです。

何かを決めるのに長考してしまう

物事を決める時にも小心者の人の特徴である心配性なところが災いして、長考してしまう事がしばしばあります。

自分の考えに自信を持てない為、なかなか答えを出せずつい考え込んでしまいがちです。

慎重であるのは良いのですが、緊急時には即断即決しなければならない場合もあるので、小心者の人にとってはかなり辛い状況となります。

決めてもまた悩んでしまう事も

小心者の人は自分で一度決めた事を、本当にこれで間違いないか気になってしまい、何度も悩んでしまう事があります。

こうなってしまうと幾ら考えても次から次へと心配事が出てきてしまい、なかなか話が前に進みません。

その為、他人に決めてもらうというケースもあります。

慎重な人は心配事があっても対処法を考える事ができるのであまりこういう事にはなりません。

これは小心者の人にある臆病な性格が関係しており、自分の行動や言動に自信が持てないという証拠でもあります。

怒鳴り声を聞くだけですごく驚く

小心者の人の心は非常に繊細です。

その為、自分の周りに起こっている出来事について察知するのも敏感です。

これは長所でもあるのですが、その繊細さが災いして、他人の怒鳴り声を聞いただけでもすごく驚いてしまいます。

そんな自分の繊細過ぎるところも、日常生活では不便に思う事もあるようです。

怒られている場面を見るだけでも怖い

誰でも他人から怒られるのは良い気分ではないですし、怒鳴られたりしたら委縮してしまいますよね。

しかしながら、小心者の人は例え他人が怒られている場面を見るだけでも怖いと感じてしまうのです。

元々、繊細な心の持ち主である為、他人の気持ちも感じ取ってしまい、まるで自分が怒られているかのような気分になってしまう事があります。

また、手を挙げたり、暴言を浴びせられるような場面は目を伏せてしまいたくなってしまうほど抵抗を感じてしまいます。

争い事は極力避けたいと思っているので、他人に対してそのような行為をする事も考えられません。

一人だと急に心細くなる

小心者の人は気弱である為、一人でいるよりも近くに人がいる方が安心します。