あなたは、大好きな恋人と同棲の話が出たらどのように同棲生活をしたいと考えていますか?

同棲する前に、どのような目的で同棲を考えていますか?

また、結婚を前提とした同棲生活をお考えでしょうか?このように、一言に「同棲」と言いましても、様々な考え方や目的があり同棲生活に至るのでしょう。

同棲生活をして、大好きな人と一緒に毎日を過ごせるようなハッピーな生活が長続きするように、今回の記事では同棲する前に気をつけたい4個の注意点についてお知らせをしたいと思います。

「好き」や「同棲したい」だけの気持ちだけではなかなか同棲生活は難しいようです。

同棲生活を始める前に、心構えや準備等をお伝えしていきます。

ぜひご参考に同棲生活を始めてください。

恋人との同棲、憧れますよね

何といっても、いつでもすぐそばに大好きな恋人がいる生活って、誰でも憧れますよね。

しかし中には、大好きな恋人でも一緒に同棲をしたくないと言う意見の方も増えてきているようです。

だからといって、まだまだ恋人との同棲生活に憧れている人のが多いようです。

恋人との同棲生活は毎日がハッピーで楽しいものだと思っていませんか?確かに、大好きな恋人と一緒に過ごすことができたら、幸せな気分でいっぱいになると想像してしまいますよね。

好きな人と毎日一緒に居られる♪

大好きな恋人とずっと一緒にいたいなら、同棲生活がオススメですが、大好きな恋人と毎日一緒にいる事は、却って好きな恋人の欠点や日常生活がバレてしまう可能性があります。

逆を返せば、あなたの私生活まで相手にさらけ出すことになるのです。

はじめのうちはお互いに気を使いたいした喧嘩も起こらないでしょうが、時が経つにつれ相手の生活感の違いや感覚の違いなどに嫌気がさしてしまう可能性もあります。

好きな人と毎日一緒にいられると言う事はとても素敵なことなのですが、裏を返せばその好きな人の嫌な一面を見つけてしまうのかもしれません。

それを知ったときに、あなたはどこまで相手のことを許すことができるのでしょうか?

安易な気持ちでの同棲は危険

大好きな恋人と、いつまでも一緒にいたい!と言う気持ちだけで、安易に「同棲」は考えてしまわない方が良いでしょう。

同棲を軽んじて考えてしまえば、金銭面や生活面、さらにはお互いのご両親の事など様々なことが絡んできます。

さらに、きちんと段階を踏んで同棲生活を始めなければ、いくら2人が結婚を見据えた同棲生活を歩みたいと思っていても、ご両親に反対されてしまえばそれこそ結婚も水の泡になります。

そうならないためにも、きちんと段階を踏んで同棲生活に挑むようにしてください。

また、お金のないカップルなら2人で努力をし貯金をしてからの同棲生活を始めてはいかがでしょうか?

今すぐに同棲したいと言う気持ちだけで、多額の借金を抱えてしまい借金を払うのに生き地獄のようになってしまうのは残念な話です。

金銭面や周りの状況も含めた計画を立て、同棲生活を計画していきましょう。

別れの原因になる

同棲生活と一言にいましても、2人が一緒に住むだけの話と思っていませんか?

やはり、前記に記したように金銭面や周りの状況を考えずに同棲をしてしまえば、いずれそれが別れの原因になる可能性があります。

少しでも、2人が仲良く同棲生活をスタートできるとともに、別れになりそうな原因は全てクリアをしてから同棲生活を始めるようにしてください。

後々、様々なことが発覚し別れの原因になる場合もあります。

そんなことがないように2人で綿密な計画を立て、後で後悔のないように同棲生活を考えていきましょう。

同棲する前に気を付けたい4個の注意点

ではここからは、どうせする前に気をつけた4個の注意点について具体的にお話ししていきます。

「同棲」と言うキーワードばかりに気を取られ、肝心なことが抜けてしまわないよう、十分に注意をし計画や心構えをしておきましょう。

好きだけでは、なかなか同棲生活が続かないことが多いようです。

相手の全てを受け入れるつもりで、同棲生活をスタートすると良いでしょう。

また、同棲する前にどのような準備が必要なのか、またどのような心構えをしておけばスムーズな同棲生活をスタートできるのかをお伝えしていきます。

あなたが理想とする同棲生活になるように、今からコツコツ始められることもあります。

相手との心の距離や、同棲生活に必要なお金など2人できちんと話をしてことが大切です。

1、お互い、素の自分を見せておく

同棲生活を始める前に、大好きな恋人の前でお互いにその自分を見せておくようにしましょう。

相手にも、素の自分でいられるよう伝えておくといいかもしれません。

同棲生活が始まれば、「いつまでも気を遣う」と言うことが難しくなりますので、必ずお互いの本心を見せたり話したりして、同棲しても大丈夫なのかを確認しておきましょう。

お互いその自分を見せないまま同棲生活が始まれば、お互いに苦しくなり同棲生活が苦痛に感じる場合があります。

2人が一緒に過ごす場で苦しくなるのは、やはり綿密な計画や心構えが足りなかったのかもしれません。

しっかりとお互いが同棲する前に話し合い、その自分を見せておくことで、同棲生活も楽しいものになるかもしれません。

悪い姿も受け止めて貰う

前もって、「自分にはこんな癖がある」「自分が毎日生活で、〇〇なことをしている」など自分が欠点だと思っていることを相手に話してみましょう。

つまり、あなた自身の悪い姿も受け止めてもらうということです。

逆に、あなたも相手の悪いところを受け止めるようにしましょう。

赤の他人の2人が1つの箱で生活をするわけですから、意見が合わなかったり、当然人間なので悪い姿もあることは理解しておきましょう。

それすら、難しいのであれば同棲生活自体を本当にしていいものなのかを考えてみましょう。

さらに、お互いに悪い姿を受け止められなければ、お付き合い自体も考えものです。

人は好きだけで生きてはいけません。

相手の長所や短所もひっくるめて好きでいることが大切です。

また、相手の長所や短所を受け入れることであなた自身もさらに成長することにつながります。

2、家事分担の話をする

「彼氏が、全く家事をしない男だった」「彼女は、いつもママに甘えすぎている」など、家事がどちらかに偏らないよう注意をしましょう。

2人がお互いに生活をしていくわけですので、家事の分担の話はきちっとしておきましょう。

家事の分担がきちんとできていないのに、同棲生活を始めてしまえば、はじめに家事をした人から家事をする担当になってしまう場合があります。

このように、何もルールを決めないままスタートしてしまったことで、後々負担になるようであれば、同棲する前に家事分担の役割を決めておき、きちんと役割分担の下同棲生活を送るようにしてください。

話し合わないとケンカの原因になる

同棲する前に家事の分担や役割が決められていないまま同棲生活を始めてしまうと、家事ができる方に偏りが見られるようになります。

さらに、洗濯物のたたみ方や、食器の洗い方など細かなところまで注意をしてくる人もいますよね。

そんな時は、自分が得意な家事やこだわりがある家事を選択しておくことも1つです。

家事のことをきちんと話しておかず、役割分担が偏ってしまえばいずれかは喧嘩の原因や別れの原因にもなりかねません。

そうなる前に、きちんと話し合いはしておくことと、役割分担や家事の分担はお互いが負担にならない程度に分担しておきましょう。

3、生活費の話をする

ここで、1番の要になる「生活費」の話をしておきましょう。

後々、この生活費をめぐりよく喧嘩になったり別れの原因になってしまう場合があります。

予め、アパートを借りる予算などを決め、日常に必要な生活費を割り出しておくことをおすすめします。

同性が始まってからあたふたするのではなく、月にどれくらいの支出と収入があるのかをよく把握し、片方の負担になってしまわないよう双方で話し合いをしましょう。

さらに、2人がどれだけの収入があるのかもきちんと確認しておくことが大切です。

このように、あまりお金のことにこだわりたくないと言う気持ちが強い人には伝えにくい話かもしれませんが、きちんと金銭面について話をしなければ生活費を支払うことができなくなります。

お互いに、気持ちよく過ごせるためにはきちんと生活費の話をしておきましょう。

片方ばかりの負担だと不満が募る

同棲を始めたはいいけど、片方ばかりに金銭面の負担がのしかかり、しまいに同棲生活が嫌になってしまう場合もあります。

片方ばかりの負担になれば不満が募るだけでなく、片方が自分の自由なお金がなくなったり、外出ができない金銭状況に陥ったりします。

そうならないためにも、2人で仲良く折半をしたり、片方ばかりの負担にならないように気をつけましょう。

確かに、収入格差はあるかもしれませんが、多い方が多く支払い、少ない方は少ない分だけ支払うと言うような偏りがあまり見られないよう、できるだけ支払いはお互いの負担にならない程度に分担をしておくといいかもしれません。

その場合にも喧嘩にならないよう、よく話し合いをしておきましょう。

4、異性友達との関係を整理する

同棲をしてから、異性関係を整理しているのでは遠すぎるのです。

相手とどう接が始まる前に異性関係を整理しておきましょう。

さらに、やましい関係ではない異性関係であっても、相手からはどこでどのようにやましく思われたり、疑われたりするかはわかりません。

そうなる前にも連絡を取ってな異性や関係の切れてしまった異性などきちんと整理しておきましょう。

また、よく連絡を取り合う異性の友達であれば同棲することを一言伝えておくと良いかもしれません。

そうすることで、配慮してもらえることと、パートナーに嫌な思いをさせなくて済みますので、ぜひ異性と友達との関係をきちんと整理しておきましょう。

相手の気持ちを一番に考える

まずは、同棲する相手の気持ちをよく考えましょう。

相手の気持ちを1番に考えられないのであれば、同棲をしても他の事ばかりが優先になってしまい、2人の関係にひびが入る可能性もあります。

あなたが相手の立場になって考えることも非常に大切です。

また、たとえやましい関係でないと分かっている異性であってもやはり連絡を取っていれば所々気になるもの。

あらかじめ、どういう友達なのかを説明しておくとともに、できるだけ異性の友達との頻繁な連絡ややりとりは避ける方がいいかもしれません。

さらに、異性の友達に恋人と同棲すると言うことを伝えるだけで相手も対応を変えてくれることでしょう。

このように、同棲する相手のことを1番に考える行動を心がけていきましょう。

同棲中に気を付けたい事

ではここからは、同棲中に気をつけたいことについてリサーチしていきます。

同棲中に気をつけたいこととは、ついついリラックスしすぎて大好きな相手にあなたの見せたくない姿を見せてしまったり、相手に引かれてしまう行動など様々な面から、同棲中に気をつけたいことについて触れていきます。

同棲前に、あなたの変な癖などがあれば直しておくのか、相手に受け入れてもらえるのか訪ねてみてもいいでしょう。

さらに、家では当たり前にやっていることが大好きな人と同棲をすることで気をつけたい行動になってしまい、家で当たり前でやっていたことができなくなるストレスもかかります。

このように、一口に「同棲」といいましても様々な事にも気をつけなければなりません。

お互い、認め合い、許し合いながら恋人を飽きさせない同棲生活を楽しみましょう。

常にスッピンで過ごす

女性は同棲を始めるて3日もすれば、おそらく常にお部屋でスッピンになってしまうことでしょう。

もちろん、お化粧をし続ければお肌に悪い事は分かっていますが、楽だからと言って常にすっぴんで過ごすのは却ってよくありません。

やはりスッピンは楽でお肌にも良いのですが、同棲すると言う事は、相手がいると言う事ですから、常に家でスッピンでいると言う事に慣れないようにしましょう。

やはり、いつまでも2人が仲良く暮らしていける関係でありたいと願うのであれば、すっぴんではなく、薄く化粧したりベースだけでも塗っておくと良いでしょう。

このように常にすっぴんで過ごすと言う事は相手に対して、リラックスをしすぎていますので、少しひもを締め直し、相手に素敵な自分の一面も見せるように心がけましょう。

女らしさを感じなくなる

大好きな恋人の前でスッピンが続いてしまえば、リラックスしすぎてしまうこととともに、女らしさを忘れてしまいがちになります。

確かに、相手に気を使わないと言う面では良いのかもしれませんが、「女らしさ」をなくしてしまえば相手も徐々にあなたから覚めてしまうかもしれません。

やはり、女性は女性らしくキレイな姿でいて欲しい事はもちろんのこと、おしゃれや化粧を頑張ってくれない姿にも、自分に対する愛情が薄くなったのかと感じてしまう場合もあります。

やはり、いつまでもお互いに仲良く同棲生活を送りたいのであれば、女らしさを感じさせる一面を盛り込むように過ごしましょう。

ジャージや下着姿で過ごす

ジャージって、とっても着やすくて履き心地もよく楽に過ごせますよね。

ジャージならまだしも、誰も見てないからといってお風呂上がりに真っ裸でお部屋をうろうろしていたり、下着姿で過ごしているのは目のやり場に困る場合もあります。

自分の実家や自宅で過ごしているのではなく、同棲をしていますのでリラックスした格好でばかり過ごしていたり、下着姿などでウロウロしたりするのも好ましいとは言えません。

さらに、お風呂上がりに男性がパンツ1枚でウロウロしていれば、大好きな彼女も「ちょっとリラックスしすぎじゃない?」とびっくりしてしまうことでしょう。

このように、相手を気遣える気持ちも非常に大切なのです。

ジャージや下着姿で過ごしてばかりいるのは、相手への配慮も少ないかもしれません。

【下着姿で過ごす女性については、こちらの記事もチェック!】

女性・男性としての羞恥心を忘れない

お互いに、女性や男性として羞恥心を忘れないで過ごしていきましょう。

いくら、同棲に慣れてきたからといって羞恥心に慣れる必要はありません。

女性、男性としての恥じらいを忘れずに、同棲生活をしていきましょう。

そんなあなたの羞恥心の無さに、相手があなたの愛情が冷めたと思われてしまったり、自分の事を好きではなくなったために、恥ずかしい気持ちがなくなってしまったのか?と、勘違いされてしまう事も…。

そうなれば、相手はあなたから心が離れてしまう事も考えられます。

やはり恋人は恋人で、あなたの世話役などでもありません。

リラックスもほどほどに、女性らしさ・男性らしさを忘れずに過ごしていきましょう。

恋人の私物を勝手にあさる

同棲中に、恋人のモノが目についても恋人の私物は漁らないようにしましょう。

たとえ恋人名義の郵便物が送られてきたり、恋人の私物などが置いてある場所を知っていたとしても、勝手に中身を開けてみたり、私物を漁ると却って恋人人を傷つけてしまう可能性があります。

あなたと同棲していると言う事は、あなたを1番大切に考えていると言うことです。

たとえ見つけたものがやましいものだったとしても、相手が勝手に私物を漁られたと感じればあなたに怒りを覚えることでしょう。

それが、たとえ相手が悪いことだとしても、恋人の私物を漁るあなたにも非があります。

もし、恋人のものが気になるのであっても絶対に漁るようなことをしてはいけません。

隠し事を暴いても良い結果はない

たとえ、同棲中の恋人があなたに隠し事をしていたとしても、それを暴いたところで良い結果にはつながりません。

確かに、やましいことがあるので隠し事をしているのに間違いは無いのですが、それをあなたが知り、あなたが傷つくことを恐れていたのかもしれません。

また隠し事がバレたところで、お互いが傷つくことが目に見えています。

このように、隠し事をされていても気になる内容だとしても、知らないふりをしておくのが賢いかもしれません。

もし、とても気になって聞かずにはいられないのであれば、相手がいるときに尋ねてみてはいかがでしょうか?

友達付き合いに気を付ける

さらに、中の良い友達に同棲の話をしても友達付き合いには気をつけておくべきことがいくつかあります。

確かに、同棲する前と変わらぬ友達付き合いを続けても良いのですが、なかなか家に帰って来なかったり、いつまでも友達とフラフラ遊んでるような生活をしていては、同棲をする意味がありません。

さらに、友達が家に行ってみたいと言う話もあり、同棲中の家に連れてくるのは良いのですが、たまり場のようになってしまえばせっかくの2人のスペースが無駄になってしまいます。

このように、友達付き合いにもほどほどの付き合いにするよう注意しておきたいところです。

もし、あなたがどうせ中にも友達付き合い優先させるのであれば同棲している相手はあなたの帰りを待っているとともに寂しい思いをしているのかもしれません。

勝手に家に上げない

さらに友達付き合いでも一番に気をつけておきたいところが、友達がいくら同棲中の家に行きたいと言うからといって、パートナーがいない時に家に上げてしまうのは、やめておきましょう。

確かにあなたのおうちに友達を呼びたい気持ちはわかりますが、パートナーのいない時に友達をあげてしまうのは、パートナーに対しプライバシーの侵害にあたります。

あなたには見られても他人には見られたくないものも中には置いてあるかもしれません。

さらに、異性の友達を家に上げていれば疑われる事はもちろん相手を傷つけてしまう行為にもつながります。

このように、友達だからと言って勝手に家にあげないよう気をつけておきましょう。

マンネリ化させない

同棲をしてしまうと、全てが手に入って気持ちになり相手に心遣いや気遣いがなくなってしまう場合があります。

さらにそれが続くとマンネリ化になってしまう可能性がありますのでマンネリ化をさせないようお互いの注意が必要です。

同棲をしてから、お互いに好きな気持ちが減ってしまったり、ドキドキやワクワク感付き合ってる頃のほうがよかったなぁ…。

なんて思ったり、思われたりしないようお互いに努力することが大切です。

同棲をしてしまうことで、馴れ合いになりお互いがいることが当たり前になってしまわないよう記念日や誕生日などお祝いやパーティーなどを奮発してみたり、サプライズパーティーにしてみて、気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか?

新鮮な気持ちが大切

同棲してしまうと、新鮮な気持ちもなくなりがちです。

常に新鮮な気持ちでいる事は大変ですが初心に帰って付き合いたての気持ちに戻る事は大切かもしれません。

さらに同棲していれば、お互い感謝の気持ちやありがたみも忘れてしまう場合があります。

そうならないためにも付き合いたての頃の気持ちを思い出し、あの頃ができていたのに今はできていないことをよく思い出しましょう。

そうすることで、2人の関係はさらなる絆が深まり、同棲をしてもより2人の仲が深まるのかもしれません。

このように、新鮮な気持ちでいる事はとても大切なのかもしれません。

それはどれだけ長くお付き合いをしているカップルにも言えることかも知れませんね。

1人の時間を持つ

いくら同棲をしたとしても、自分1人の時間は持つようにしましょう。

1人の時間を持つことで、普段できないことをやり遂げたり、恋人のことを考えない時間を作るのも大切です。

さらに、1人の時間を持つことで知らず知らずの内に溜まったストレスを発散したり、これからの2人のことをじっくり考えてみたりしても良いでしょう。

なんにせよ、時間の使い方はあなた次第ですが1人の時間をつことで、恋人との関係がより良くなる場合もありますし、普段から恋人に気をつかっている面があると感じているなら息抜きも必要ですね。

このように、1人の時間を持つ事は同棲している上でも非常に大切な時間になるかもしれません。

いくら好きでもずっと一緒は大変

相手のことをどれだけ好きでも、ずっと一緒にいるのは結構大変なものです。

どれだけ好きでもどれだけ相手を愛していても、やはり自分1人の時間もいずれ必要になります。

ごくまれに、自分の時間もいらないと言う方もいますが、そういった形はどこかでうまいストレス発散方法が出来ていたり、ストレスがたまらない性格なのかもしれません。

このように、いくら相手のことを愛していたり好きであっても、ずっと一緒にいる事は知らず知らずにストレスを溜めている場合もあるのです。

相手の趣味・好きなものをバカにしない

相手がアイドルが好きだったり、アイドルのコンサートによく出かけていったりしていたとしても、相手の趣味や大切なものを馬鹿にしてはいけません。

相手が1番大切なのはあなたに間違いありませんが、アイドルのコンサートに行くことでストレス発散してるのかもしれません。

さらに、趣味にお金がかかりすぎていたり2人の生活に支障が出てくるようであれば少し話し合いが必要ですが、自分のお小遣いの範囲内や自分の趣味や好きなもので楽しんでいるのであれば、馬鹿にせずにそっとしておくことが大切です。

同棲にガマンはつきもの

同棲すると言う事は、何かが犠牲になってしまったり何かを我慢しなければならないものです。

その我慢が、あなたの許せる範囲であれば良いのですが、我慢ができないのであれば冷静に話し合いが必要かもしれません。

しかし、その同性で我慢ができなくなるのであれば、その先の結婚もさらに難しいものに感じてしまいます。

もし、同棲中に別れることになったら

万が一、同棲中に別れることになってしまったら、一体どのようなことが問題になってくるのでしょうか?ここからは同棲中に万が一、別れることになってしまったカップルについてリサーチしていきたいと思います。

同棲中に分かれることがないと思っていても、別れは突然やってくる場合もあります。

その場合に備えて同棲中に別れることも視野に入れておく方がいいかもしれません。

【同棲中の別れについては、こちらの記事もチェック!】

きちんと計画を立てる

同棲中、別れを考え始めたら、きちんと計画を立てて別れるようにしましょう。

ただのお付き合いではなく同棲していると言う事は金銭面も絡んできますので、きちんと計画を立てないとお互いに苦しい誤算になってしまいますので特に金銭面やアパートでの契約上の細かな事まで理解しておく方がいいかもしれません。

突発的な同棲解消は自分が困る

喧嘩別れなどで、突発的な同棲解消は違いに困ります。

たとえあなたが相手に別れを切り出したところで、一方的に追い出してしまえばその後アパートを引き払うお金や、アパートに残るにしても継続して支払いが可能なのかをよく考えて別れ方を考えると共に、突発的に同棲解消を行うのは危険だという事を忘れないようにしましょう。

お金を貯めておく

もし同棲中に別れたいと感じたなら、相手には内緒でコツコツとお金を貯めておくことも大切です。

同棲は2人がしたくて同棲したものですから、アパートの退去費用など後々お金のことで揉めることがわかっているのであれば、別れを考えた時点からお金を貯めておくと良いでしょう。

同棲解消後はお金が掛かる事が多い

先ほども少し触れましたが、同棲解消はお金がかかる場合が多いのです。

パートの撤去費用、家具などを買い揃えてしまっていれば引越し業者も呼ばなければなりません。

さらに、実家から距離が離れているようであれば引っ越し会社により、さらにお金がかかる場合もあります。

このように、同棲解消は案外お金がかかることが多いので別れを考えだした時点から貯金を始めましょう。

出ていく1ヶ月前に別れ話をする

別れを考えだし、お金も溜まってきたら出て行く一家月前ぐらいに別れ話をしましょう。

このように計画的に別れを切り出すことで案外、別れた後の手続きや処理などもスムーズに行く場合が多いのです。

このように別れを考え突発的な行動に出てしまうのは非常に危険です。

きちんとした計画を立て、別れる際にもかくてきな別れ方をお勧めします。

直前と2か月以上前は避ける

やはり、出て行く一家月位前に別れ話をしなければ相手にもお金の工面や予定がありますので、直前などは避けてあげましょう。

さらに2ヶ月以上前に別れ話を切り出してしまえば、相手はあなたをつなぎとめるために必死になることと、あなたに別れさせる計画をぶち壊そうと考えるかもしれません。

その辺を考えても、直前や2ヶ月前は避けたほうが賢いかもしれません。

別れる時、相手を責めない

ここでの一番の注意が、別れ際や別れる時に相手がどれだけ悪くて相手にばかり日があったとしても、絶対に相手だけを責めないよう気をつけてください。

嫌な別れ方をすれば、後々あなたに嫌がらせを考えたり、ストーカーのようになってしまっても困りますので、別れる際は相手を責めずに嫌な別れ方は避けるようにしましょう。

深刻になり過ぎない

明るい別れはありませんが、別れる際に深刻になりすぎないことが大切です。

同棲してしまえば、相手に場が湧いてくるのはもちろんのこと、相手のことを思いやりすぎるためになかなか別れることができなかったりしてしまいます。

深刻になりすぎることで、嫌なことをぶり返し思い出し、結局別れられなくなる場合もあります。

深刻になりすぎない事は案外大切なのかもしれません。

同棲は良い事ばかりではありません。お互いの事をきちんと知った上で同棲しましょう

同棲をする前は、お互いのことをよく知らず気分が盛り上がっていたりドキドキワクワクして楽しいものばかりを想像してしまいがちですが、同性はお互いのことをきちんと理解した上で行うようにしましょう。

朝一色や相手のこともあまりわからないまま同棲をしてしまえば、後々金銭面や相手のことで苦労をしてしまうことにもつながりかねません。

やはり、傷は浅いほうがお互いに良いですね。

相手のことをとても好きでずっと一緒に長く過ごしたいのであればお互いの欠点も理解した上で同棲を始めてみるようにしましょう。