皆さんの周りには「腐女子」って言われている人たちがいますか?

最近「腐女子」って言葉、かなり聞くようになりましたね。

本屋さんに行っても、BL系の漫画などがかなり場所を拡大していることからすると、「腐女子」が今急増中なのでしょう。

特に、今は女子高生とか20代・30代の女性に「腐女子」傾向が出ているとと言われています。

では、「腐女子」にはどんな特徴があるのでしょうか??

今回は、「腐女子」と言われている女性たちの特徴、恋愛傾向を特集してみたいと思います。

腐女子とは?

腐女子が若い女性たちの中で急増しているらしいのですが、皆さんの友だちや学校や職場にも自分が腐女子であることを公言している人っていますか?

公言している人はそんなに多くはないかもしれませんが、じつは自分や仲のいい友人が腐女子だという人もいることでしょう。

でも、「腐女子」っていうことば、一般にはどうゆう意味で使われている言葉なんでしょうか?

そして、世間一般からすると腐女子のイメージって!?

ちょっと調べてみましょう。

BL・やおいを好む女性のこと

「腐女子」っていったい何のこと!?という方もいるかもしれません。

腐女子がいったいどんな女子のことなのかというと、つまりは「BL」や「やおい」を好む女性たちのことを、そのように呼んでいます。

アニメや漫画の中でも、特にBLややおいの作品を好んでいて、妄想も常にそっちの方向に行ってしまう女性を指している隠語だそうです。

「腐女子」って「腐った女子」って書くから、あまり印象はよくありませんよね。

というか、普通自分が「腐った女子」みたいな言葉で呼ばれたらかなり怒りますけど、この言葉は、当人たちが自分たちのことを「世間受けしないシュミを持つ腐った女子」と自虐的に使っていたことから世間にも広まった言葉みたいです。

BL=Boys Love

腐女子は「BL」を好むといいましたが、「BL」とは何かというと、「Boys Love(ボーイズラブ)」の略です。

「Boys Love(ボーイズラブ)」とは、主に少年・青年同士の恋愛を描いた作品のことです。

よく漫画でも「BL」とジャンル分けしてありますけど、つまりは男性同士の恋愛やからみがテーマの漫画だということです。

たまに「ML(メンズラブ)」という言い方でも男性同士の恋愛作品を呼ぶことがありますが、その場合は「BL」が学生などの10代の男性の恋愛で、「ML」が学生以外の社会人の男性同士の恋愛の内容ということで、分けているようです。

この「ボーイズラブ」という名称は、1990年代の漫画情報雑誌で使われていたのが基となっているそうです。

「Boys Love」といっても、これは和製英語で、英語ではほぼ同じ意味の言葉は「Slash(スラッシュ)」らしいです。

それで、海外では「BL」という呼び方は日本の漫画やアニメ作品において使われていて、日本独自の文化としても認識されているようです。

やおい=男性同性愛の作品

「Boys Love」と同じような意味を持つ言葉で、「やおい」という言葉もあります。

「やおい」は、男性同士の同性愛をテーマとした作品のことで、作品中の同性愛描写のことも指しています。

なぜ「やおい」と言っているのかというと、このジャンルにおいて作品が主に性描写のみとなっていることから「やまなし・おちなし・意味なし」と言われていたからです。

つまり、ストーリー的に特に山場もないし、終結(落ち)もないし、意味もないということらしいです。

しかし、現在ではストーリー性のあるものも含めて、男性の同性愛描写のある作品をやおいと言っているそうです。

じゃあ、「BL」と「やおい」にはどんな違いがあるの??となりますが、そこの線引きは難しいらしいです。

しかし、「やおい」ではもともとの原作の中でただの友人同士である二人の男性キャラクターを、その原作ファンが妄想によって恋人同士に仕立てたストーリーのような、二次創作のものを主に指していたようです。

一方で「BL」はオリジナル作品だそうです。

最近そのような男性同士の恋愛要素を持つ作品の市場が増えてきて、普通に本屋さんでも売っているようになったこともあり、1990年代に「やおい」ではわかりづらいから「BL]という言葉が主に使われていて、「BL」は商業用の言葉として使われているということらしいですよ。

女のオタクという意味で使うことも

ということで、BLややおいなどの男性同士の恋愛や同性愛行為をテーマとした作品を好む女性たちが増えているということで、彼女たちを「腐女子」と呼んでいるわけですが、たまに、普通のオタク女子のことも「腐女子」と呼んでいる人もいます。

これは、「腐女子」という言葉が独り歩きしちゃって、本当の意味をしらないまま、とにかくオタクだということで「腐女子」と間違って使っている人がいるためです。

確かに、BLとかやおいなどが好きな女性はオタク率が高いのですが、しかしオタク女子がみんな男性同性愛作品が好きなわけではありません。

「オタク」というのは、アニメや漫画が大好きなタイプもいて、アニメや漫画の話になるととにかくテンションが上がり、口数が多くなるような女性たちです。

さらに、声優が大好きで追っかけをしている「声ヲタ」とか、小説やアニメのキャラと恋愛ができちゃうタイプのオタク女子、そしてアイドルの追っかけをしているオタクなどなど・・・、オタク女子にはたっくさんのタイプがあります。

最近では可愛い芸能人たちの中にもオタク女子な人たちがいて、腐女子とはまた違ったイメージを持たれ始めていますね。

そのようなオタク女子の中にはBL系を嫌う女性たちもけっこういるので、混同してはいけませんよ!

年齢が高いと貴腐人

腐女子とは、高校生とか20代の女性でBL好きの女性たちのことをいう場合が多いです。

まあ、”女子”と言っているくらいなので、若い女性を指しているのですが、年齢が高くなってもそのような妄想をする貴婦人の皆さんは「貴腐人」を呼ばれています。

このいつまでが腐女子で、いつからが貴腐人なのかというのは、難しいところで、目安としては30歳を境に、呼び方が変わり始めるのですが、基本的には本人が年をとってもBLややおい妄想から卒業できなくて、自分を”女子”と呼ぶことに抵抗を感じ始めたときが、貴腐人になる時と、考えてよいようです。

さらに、貴腐人から、さらに進化して「汚超腐人(おちょうふじん)」という呼ばれ方に変化することもあります。

汚超腐人は、あのエースをねらえ!の登場人物、「お蝶婦人」からきているのですが、貴腐人の中でもとくにその世界が長いとか、どっぷりとつかっている女性たちのことを指しています。

字を見てもわかりますけど、とにかく「腐」が極限のレベルにまで達したと言える人たちのことです。

でも、40歳をすぎたら「汚超腐人」と言われることもあります。

まあ、何歳になったら汚超腐人かなんていう定義づけはないみたいですけど、いうなれば腐女子の究極形態ということでしょうか。

男性の場合は腐男子

BLややおいなどを好んでいるのは、一部の女性たちと、そしてごく一部の男性たちです。

そう、男性たちの中にもそのような趣味嗜好を持つ人たちがいて、その人たちの場合は「腐男子」と呼ばれています。

一般的には、腐女子のことを嫌悪の目で見る男性は多いのですが、男性の中にはアニメや小説、漫画の中でもBLややおいを好んでいる人たちがいて、その人たちは自ら「腐女子」をもじって「腐男子」と名乗っています。

ということは、腐男子はゲイなのか、というとイコールではないようです。

確かに、ゲイ向けの雑誌があまり手に入らないということで、BLを変わりにしているという男性同性愛者もいるようですが、腐男子の中には自分が男性同性愛者ではないけど、そのような嗜好を持っているという人達もいます。

さらに、「腐兄(ふけい)」という言葉もあり、それは「腐男子」とほぼ同じ意味です。

腐兄というフレーズは、PINKちゃんねるの801板から広がったようですが、腐男子というほうが一般的に意味が伝わりやすく、一般に広がったといわれています。

腐女子の特徴22選

書店でもどんどんと拡大しているBL漫画や小説。

そのような作品を好む人たちが増えていることがよくわかりますね。

女性だけでなく、男性のごく一部の人たちにもそのようなものが人気になっているということなのですが、今回は腐女子の特徴を更にご紹介していきます。

1.女っ気がない

女をあまり意識していないのが、腐女子の特徴の一つ。

日頃から女として自分を磨いていたり、女子力を上げるために努力をしているのとは別に、女気が全然感じられなくて、自分の妄想の世界にどっぷりハマってしまっています。

妄想の世界に喜びと楽しみと刺激を感じているので、自分の見た目とかしぐさとか、男からどう見られているか、ということをあまり意識していないようです。

それで、外見にあまり気をつかっていないので、ちょっと不潔だったりすることもあるようです。

自分の顔や体の毛の処理をちゃんとしていなかったり、お風呂に何日か入っていないようなべったりとした髪の毛をしていたり・・・。

女っ気があまり感じられない、ということで、男性からは「彼女にしたくない」と思われてしまうこともあるみたい。

2.メイクをしない