皆さんの周りには「腐女子」って言われている人たちがいますか?

最近「腐女子」って言葉、かなり聞くようになりましたね。

本屋さんに行っても、BL系の漫画などがかなり場所を拡大していることからすると、「腐女子」が今急増中なのでしょう。

特に、今は女子高生とか20代・30代の女性に「腐女子」傾向が出ているとと言われています。

では、「腐女子」にはどんな特徴があるのでしょうか??

今回は、「腐女子」と言われている女性たちの特徴、恋愛傾向を特集してみたいと思います。

腐女子とは?

腐女子が若い女性たちの中で急増しているらしいのですが、皆さんの友だちや学校や職場にも自分が腐女子であることを公言している人っていますか?

公言している人はそんなに多くはないかもしれませんが、じつは自分や仲のいい友人が腐女子だという人もいることでしょう。

でも、「腐女子」っていうことば、一般にはどうゆう意味で使われている言葉なんでしょうか?

そして、世間一般からすると腐女子のイメージって!?

ちょっと調べてみましょう。

BL・やおいを好む女性のこと

「腐女子」っていったい何のこと!?という方もいるかもしれません。

腐女子がいったいどんな女子のことなのかというと、つまりは「BL」や「やおい」を好む女性たちのことを、そのように呼んでいます。

アニメや漫画の中でも、特にBLややおいの作品を好んでいて、妄想も常にそっちの方向に行ってしまう女性を指している隠語だそうです。

「腐女子」って「腐った女子」って書くから、あまり印象はよくありませんよね。

というか、普通自分が「腐った女子」みたいな言葉で呼ばれたらかなり怒りますけど、この言葉は、当人たちが自分たちのことを「世間受けしないシュミを持つ腐った女子」と自虐的に使っていたことから世間にも広まった言葉みたいです。

BL=Boys Love

腐女子は「BL」を好むといいましたが、「BL」とは何かというと、「Boys Love(ボーイズラブ)」の略です。

「Boys Love(ボーイズラブ)」とは、主に少年・青年同士の恋愛を描いた作品のことです。

よく漫画でも「BL」とジャンル分けしてありますけど、つまりは男性同士の恋愛やからみがテーマの漫画だということです。

たまに「ML(メンズラブ)」という言い方でも男性同士の恋愛作品を呼ぶことがありますが、その場合は「BL」が学生などの10代の男性の恋愛で、「ML」が学生以外の社会人の男性同士の恋愛の内容ということで、分けているようです。

この「ボーイズラブ」という名称は、1990年代の漫画情報雑誌で使われていたのが基となっているそうです。

「Boys Love」といっても、これは和製英語で、英語ではほぼ同じ意味の言葉は「Slash(スラッシュ)」らしいです。

それで、海外では「BL」という呼び方は日本の漫画やアニメ作品において使われていて、日本独自の文化としても認識されているようです。

やおい=男性同性愛の作品

「Boys Love」と同じような意味を持つ言葉で、「やおい」という言葉もあります。

「やおい」は、男性同士の同性愛をテーマとした作品のことで、作品中の同性愛描写のことも指しています。

なぜ「やおい」と言っているのかというと、このジャンルにおいて作品が主に性描写のみとなっていることから「やまなし・おちなし・意味なし」と言われていたからです。

つまり、ストーリー的に特に山場もないし、終結(落ち)もないし、意味もないということらしいです。

しかし、現在ではストーリー性のあるものも含めて、男性の同性愛描写のある作品をやおいと言っているそうです。

じゃあ、「BL」と「やおい」にはどんな違いがあるの??となりますが、そこの線引きは難しいらしいです。

しかし、「やおい」ではもともとの原作の中でただの友人同士である二人の男性キャラクターを、その原作ファンが妄想によって恋人同士に仕立てたストーリーのような、二次創作のものを主に指していたようです。

一方で「BL」はオリジナル作品だそうです。

最近そのような男性同士の恋愛要素を持つ作品の市場が増えてきて、普通に本屋さんでも売っているようになったこともあり、1990年代に「やおい」ではわかりづらいから「BL]という言葉が主に使われていて、「BL」は商業用の言葉として使われているということらしいですよ。

女のオタクという意味で使うことも

ということで、BLややおいなどの男性同士の恋愛や同性愛行為をテーマとした作品を好む女性たちが増えているということで、彼女たちを「腐女子」と呼んでいるわけですが、たまに、普通のオタク女子のことも「腐女子」と呼んでいる人もいます。

これは、「腐女子」という言葉が独り歩きしちゃって、本当の意味をしらないまま、とにかくオタクだということで「腐女子」と間違って使っている人がいるためです。

確かに、BLとかやおいなどが好きな女性はオタク率が高いのですが、しかしオタク女子がみんな男性同性愛作品が好きなわけではありません。

「オタク」というのは、アニメや漫画が大好きなタイプもいて、アニメや漫画の話になるととにかくテンションが上がり、口数が多くなるような女性たちです。

さらに、声優が大好きで追っかけをしている「声ヲタ」とか、小説やアニメのキャラと恋愛ができちゃうタイプのオタク女子、そしてアイドルの追っかけをしているオタクなどなど・・・、オタク女子にはたっくさんのタイプがあります。

最近では可愛い芸能人たちの中にもオタク女子な人たちがいて、腐女子とはまた違ったイメージを持たれ始めていますね。

そのようなオタク女子の中にはBL系を嫌う女性たちもけっこういるので、混同してはいけませんよ!

年齢が高いと貴腐人

腐女子とは、高校生とか20代の女性でBL好きの女性たちのことをいう場合が多いです。

まあ、”女子”と言っているくらいなので、若い女性を指しているのですが、年齢が高くなってもそのような妄想をする貴婦人の皆さんは「貴腐人」を呼ばれています。

このいつまでが腐女子で、いつからが貴腐人なのかというのは、難しいところで、目安としては30歳を境に、呼び方が変わり始めるのですが、基本的には本人が年をとってもBLややおい妄想から卒業できなくて、自分を”女子”と呼ぶことに抵抗を感じ始めたときが、貴腐人になる時と、考えてよいようです。

さらに、貴腐人から、さらに進化して「汚超腐人(おちょうふじん)」という呼ばれ方に変化することもあります。

汚超腐人は、あのエースをねらえ!の登場人物、「お蝶婦人」からきているのですが、貴腐人の中でもとくにその世界が長いとか、どっぷりとつかっている女性たちのことを指しています。

字を見てもわかりますけど、とにかく「腐」が極限のレベルにまで達したと言える人たちのことです。

でも、40歳をすぎたら「汚超腐人」と言われることもあります。

まあ、何歳になったら汚超腐人かなんていう定義づけはないみたいですけど、いうなれば腐女子の究極形態ということでしょうか。

男性の場合は腐男子

BLややおいなどを好んでいるのは、一部の女性たちと、そしてごく一部の男性たちです。

そう、男性たちの中にもそのような趣味嗜好を持つ人たちがいて、その人たちの場合は「腐男子」と呼ばれています。

一般的には、腐女子のことを嫌悪の目で見る男性は多いのですが、男性の中にはアニメや小説、漫画の中でもBLややおいを好んでいる人たちがいて、その人たちは自ら「腐女子」をもじって「腐男子」と名乗っています。

ということは、腐男子はゲイなのか、というとイコールではないようです。

確かに、ゲイ向けの雑誌があまり手に入らないということで、BLを変わりにしているという男性同性愛者もいるようですが、腐男子の中には自分が男性同性愛者ではないけど、そのような嗜好を持っているという人達もいます。

さらに、「腐兄(ふけい)」という言葉もあり、それは「腐男子」とほぼ同じ意味です。

腐兄というフレーズは、PINKちゃんねるの801板から広がったようですが、腐男子というほうが一般的に意味が伝わりやすく、一般に広がったといわれています。

【腐男子については、こちらの記事もチェック!】

腐女子の特徴22選

書店でもどんどんと拡大しているBL漫画や小説。

そのような作品を好む人たちが増えていることがよくわかりますね。

女性だけでなく、男性のごく一部の人たちにもそのようなものが人気になっているということなのですが、今回は腐女子の特徴を更にご紹介していきます。

1.女っ気がない

女をあまり意識していないのが、腐女子の特徴の一つ。

日頃から女として自分を磨いていたり、女子力を上げるために努力をしているのとは別に、女気が全然感じられなくて、自分の妄想の世界にどっぷりハマってしまっています。

妄想の世界に喜びと楽しみと刺激を感じているので、自分の見た目とかしぐさとか、男からどう見られているか、ということをあまり意識していないようです。

それで、外見にあまり気をつかっていないので、ちょっと不潔だったりすることもあるようです。

自分の顔や体の毛の処理をちゃんとしていなかったり、お風呂に何日か入っていないようなべったりとした髪の毛をしていたり・・・。

女っ気があまり感じられない、ということで、男性からは「彼女にしたくない」と思われてしまうこともあるみたい。

2.メイクをしない

腐女子はメイクをしない。

これを言い切るのは間違っています。

メイクをしている腐女子もたくさんいます。

仕事柄メイクをしなくてはいけない人もいるだろうし、別に腐女子がメイクを禁止されているということはないようでです。

しかし、腐女子の中にはメイクをしていない人も多く、特に休日などは家に閉じこもって一人でお気に入りの世界にどっぷりとつかっていることもあるので、メイクをしていないこともあるのでしょう。

自分の趣味に没頭していたり、欲しい同人誌があるから、メイクにかけるお金なんてもったいないと思ってメイクをしない人もいます。

さらに、女っ気がない腐女子の場合、メイクはおろか、自分のムダ毛の処理さえもしてないことがあります。

眉毛だって整えていないからぼーぼーだったり、不潔になってしまっている腐女子はお肌だって吹き出物ができていたり、ガサガサのままだったりすることも。

でも、これは腐女子でも、腐女子じゃなくても存在する女性たちです。

それで、腐女子の中にもそのように女性としての身だしなみに全く見頓着な見たからにオタクな女性もいれば、そうでもない女性もいます。

3.オシャレしない

女っ気がない、メイクをしない、と来たらもちろん、オシャレにも気をつかわない、ということが見られます。

こちらも、全員の腐女子がそうとは言えませんが、特徴の一つとして挙げられていることです。

とにかく自分の世界にはどっぷりハマっているから、人から自分がどう見られようが関係ない、という人は、自分の容姿を磨くことに価値を感じないようですね。

オシャレをするのには、気力もお金も努力もいるから、そんなことに自分の力やお金を使っている暇はないのかもしれません。

しかし逆に、腐女子の中でも腐女子のイメージを悪くするから、不潔だったりメイクもオシャレも全然しないで、女を捨てているような外見をしている腐女子のことを嫌に思っている人たちもいるようです。

なので、腐女子の中にも、仲間たちに対してマナーと女子力は守りつつ、自分の趣味を楽しんでほしいと思っているみたいですよ。

4.恋愛に興味がない

自分の恋愛とはまた別の世界に没頭していると、自分の恋愛なんて別にどうでもよくなっちゃう腐女子もいるみたいです。

男同士の恋物語には、自分の妄想だけが入り込む余地があるくらいで、自分の恋愛と重ねることはありませんので、BLの恋愛については熱く語れるけど、自分の恋愛となるとさっぱり関心がない、という女性もいます。

最初から自分の恋愛に興味がなかった人たちもいるかもしれませんし、BLで自分の欲を満足できちゃってめんどくさい男と女の駆け引き的な恋愛では萌えなくなってしまって興味をい失ったという人もいるかもしれません。

いずれにしろ、恋愛に興味がなくなると男性からの目線などもあまり気にしなくなったり、男性ウケすることへの意欲がなくなって、オシャレをしたり、メイクをしたり、可愛い女子でいようという努力をする理由やモチベーションがなくなってしまうのかもしれませんね。

あと、あまりにも素敵すぎるBLの世界の美男子たちにハマっているため、生身の男性との恋愛に全く興味を持てなくなっている腐女子もいるそうです。

5.彼氏に趣味を口出しされたくない

しかし、腐女子の中にも彼氏持ちの女性たちは多いです。

ただ、彼氏に自分の趣味について口を出されるのは嫌みたい。

だって、趣味は趣味で、自分のストレスを癒してくれるオアシスのような存在なので、それを嫌悪感を持って何も理解せずに口出されるのは嫌なのです。

まあ、誰でも自分の趣味に口を出されるのは、あまり心地いいものではありませんものね。

腐女子も恋愛がしたいと思っている人も多いわけですが、理想の彼氏というは、”自分の趣味に口を出さない男性”だったりするわけけです。

しかしながら、多くの男性からの腐女子に対するイメージはあまりよくないし、腐女子とカミングアウトすることで、恋愛対象から外されてしまうこともありますので、自分が腐女子だとカミングアウトするか、しないかが難しいみたいですね。

6.三次元より二次元

腐女子の妄想をかきたてるのは、三次元の生身の人間よりも、二次元のキャラだったりするらしいです。

というか、三次元でのリアルな恋愛に興味が出なかったり、それではめんどくさく思ったりするので、二次元を好んで、妄想の世界で生きていたいと思っている腐女子も多いみたいです。

二次元好きな腐女子は、二次元の完璧なイケメン、美少年やガチムチに萌えているので、リアルでは物足りなくなったりするみたい。

もちろん、生身の男性たちを見て想像が膨らんじゃうのも、腐女子の癖だったりするので、リアルな男性たち、つまり自分の知っている学校や職場などの男性たちを見て妄想したり、芸能人やアイドルで妄想するのがベストと思っている腐女子もいます。

一方で、二次元BLは好きだけどリアルは苦手という腐女子もいます。

特に身近な人での妄想はできないという人もいるので、そのような人は、小説や漫画やアニメの世界の男性キャラをみて、カップリングなどを考えていたいりしています。

つまり、腐女子もいろいろで、三次元よりも二次元の人もいるし、その逆もいるし、両方同じくらい好きという人もいるわけです。

7.現実の男が苦手

自分の恋愛にあまり興味がなかったり、恋愛をしてこなかったりした腐女子は、男性同士の恋愛を読んだり妄想したりするのは好きなんだけど、自分が現実にリアルな男性と接するのが苦手だったりします。

現実の男性は妄想の中の男性とはやっぱり違いますものね。

当たり前ですが。

二次元の男性のほうがカッコいい、のは当たり前ですけど、それでリアルな男性たちのことに興味がなくなってしまうのは、どんどんと現実での男性とのお付き合いから離れて行ってしまうことになりかねません。

自分の恋愛から遠ざかっていたり、恋愛経験がないと、男性とどうやって接していいかわからなくて、それがどんどんとリアルな男性への嫌悪感につながってしまうこともあります。

小説や漫画やアニメでは完璧な男たちが自分とは関係のないところで、恋愛をしていてそれを見て萌えていられるけど、現実は全然違いますからね・・・。

日常の中で男性との深いかかわりがないことが、妄想の世界を充実させてしまっているということもあるのかもしれません。

BLは自分と関係がないからこそ美しく思えたり、関係がないからこそ客観的な視点で恋愛要素を楽しめるということもあります。

8.現実の男同士を脳内でくっつける

二次元だけでなく、三次元でも妄想しちゃうタイプの腐女子は、リアルな男性たちを脳内でカップリングしているようです。

学校で中のよさそうな、男子生徒2人についてとか、職場の上司と部下とか、はてまてただただそこでお茶を飲んでいる、全く知らないカフェにいる男性2人とか・・・。

なんで、そうやって妄想しているのかというと、とにかく、そこで萌えられるからそうしているだけ、だそうです。

9.全財産をつぎ込む

腐女子の中には、その世界にハマりすぎて全財産をつぎ込む勢いの女性たちもいます。

働いたお金はほとんどをグッズなどにつぎ込んでいるから、オシャレなんかに費やせるお金は残っていないのよ!という人もいます。

それで、腐女子はオシャレやメイクをしていない人たちが多いのかも・・・。

同人誌に給料をつぎ込むので、貯金だってほとんどなかったりする人もいるようです。

そして、リアルな世界ではなくて、妄想の世界にお金をつぎ込んでいるので、女子力を磨いたり、交際費に充てられるお金もなかったりすると、もしかしたら現実の世界では孤立してしまったり浮いている存在の腐女子になってしまうかもしれません。

趣味にお金を使いすぎて自分の生活が管理できなくなるのは、どの趣味であってもきけんですので、よく考えてお金を使いたいものですね。

10.妄想好き

腐女子の基本は妄想です。

なので、妄想好きな人が腐女子になるケースが高いでしょう。

まさに腐女子の楽しみの主は、漫画やアニメに出てくるキャラクター、さらにはリアルな男性たちの「もしもこんな恋愛をしていたら・・・」を妄想することなのです。

妄想は、自分の頭の中だけなのでほかの人には見れないものですけど、それを形にして残したいと思っている人もいて、そのような人はそれを絵にしたり、漫画にしたりします。

それで、腐女子にはかなり多くの絵が上手な人達がいます。

同人誌などでの二次創作だって、とにかく妄想が広がった世界です。

オリジナルキャラクターが出てくることは少なく、本家リスペクト作品として男性の登場人物が愛し合っているストーリーだったりします。

あと歴史の人物も腐女子の大好物だったりしますよね。

歴女とはまた違って、戦国武将などで妄想しています。

戦国武将の間では実際に男色が流行っていたということもあり、腐女子にとっては妄想を駆り立ててくれるシチュエーションだらけなのでしょう。

コミケも妄想が集結している場所なので、かなりの確率で足を運んでいます。

妄想の世界だからこそ、美しく感じられるし、自分とは関係のないところでの恋愛で興奮で
きるからBLが人気ということもあり、ストレスが増すとさらに妄想の世界にどっぷりとつかってしまうという腐女子もいます。

11.アニメ好き

もともとアニメ好きだった女性が、BLの世界へハマったということもよくあるケースのようです。

つまりもともとアニメオタクだったのですが、そのアニメのキャラクターが別のところで、本作とは違った恋愛をしていることに、キュンとしてその妄想の世界にハマってしまったことで、腐女子化することもあります。

特に、腐女子が好きなアニメは「銀魂」とか、「テニスの王子様」などですね。

あと、「家庭教師ヒットマンREBORN!」とか、「黒子のバスケ」とか、「ハイキュー!!」、「進撃の巨人」もそうですね。

そして「Free!」も、かなりの女性たちを腐らせたといわれています。

腐女子の妄想力をかきたてる男性キャラが多数出てきますもんね。

12.マンガ好き

漫画だって大好きです。

漫画オタクでもある人が多く、漫画や小説は腐女子の欠かせないアイテムと言っていいでしょう。

特に、コミケなどでは絶対に腐女子がたくさんいます。

漫画を読むのが好き、という人もいれば、読むのも描くのも好きという人もいます。

腐女子は自分の妄想を形にしたいという願望がどこかにあることがあるし、もともと漫画オタクだったりして漫画を描くのが上手な人も多く、自宅にペンタブを持っていて、同人をしていることもあります。

同人をしている腐女子にとったら、ペンタブは必須アイテムですから、机の上にペンタブがおいてある女子の家に行ったら、もしかしたら腐女子の可能性があるかもしれません。

もちろん、漫画好きの女性がみんな腐女子になるわけではありませんが、腐女子が漫画好きということはかなりの確率で言えることです。

13.ネットサーフィン好き

妄想の世界で生きていたいと思っている腐女子の場合、外の世界はあまり得意ではない女性もいます。

それで、ネットの世界も大好きで、主にネットで活動していたり、ネットサーフィンが趣味になっていたりします。

それに、ネットにはたくさんの腐女子向けの作品や、腐女子向けのページがありますからね。

それを見ていたら何時間も過ぎてしまった、なんてことけっこうあるのではないでしょうか?

ネットサーフィンは一人きりの世界に閉じこもれるし、自分の妄想の世界を広げてくれるのにはちょうどいいのかもしれません。

14.休日引こもりがち

ネットサーフィンが大好きで、アニメや漫画が大好き、となると結局一人で家に閉じこもっていても、暇しませんね。

だから、休日は家に引きこもりがちになってしまうみたいです。

外出するのはめんどくさいし、現実の男性とかにも興味がないと、別に休日に友達を会うことと用事を果たすこと以外に、したいことってなくなりますもんね!?

彼氏持ちの腐女子にとっても、彼氏との時間も大切だけど、自分の趣味に没頭する時間もすごく大事だから、趣味に没頭したい日は彼氏と会うことよりも、家で妄想の世界に浸っていたいということもあるのかも。

動画を見たり、好きなアニメを楽しんだり、オンラインゲームをしたり、サイトをはしごsたり、とにかくネットをしているとすぐに時間が過ぎてしまうし、人に会うのがめんどくさくなってしまうんですよね。

そんでアッという間に休日は終わって、引きこもりみたいになっていることに気付くかもしれません。

もともと引きこもり気質だった人が腐女子になっていることもありますしね。

15.Twitterの裏垢がある

Twitterはほとんどの方がやっているとおもいますが、腐女子に多いのがTwitterの裏垢を持っている人たち。

裏垢とは何かというと、裏の自分でやっているTwitterです。

リア垢とは、リアルな自分で友達とかと繋がっているアカウント。

本名でやっているアカウントです。

そして、本垢はメインで使用しているアカウントのこと。

本名ではなくて、一番使っているアカウントを本垢と言います。

そして、裏垢はもっとディープな世界で使えるアカウント。

それは空想上の自分をTwitter上に作り上げることができます。

そう、妄想が趣味の腐女子には欠かせないアカウントなのです。

裏垢では、同じ腐女子たちとのディープなつぶやきが繰り広げられていて、メインアカウントでは言えないようなことが言えます。

AKB48のあの人も、裏垢流出騒動なんていうものありましたね。

それも、かなりの腐女子っぷりが明らかになっていたりして・・・どこまでが本当かどうかはわかりませんが、裏垢は趣味のアカウントとして使っている人も多いので、他人には公開できない腐女子としての趣味についてつぶやくために、持っている人は多いみたいです。

16.熱く語ると長い

現実の男性が苦手だったり、休日は引きこもりがちだったり、あまり他人とのコミュニケーションが苦手な腐女子もいますけど、でも自分の趣味のことになるとものすごい勢いで熱く語りだすのが特徴です。

まあ、みんな自分の趣味のことって話すと長くなりますよね。

でも特に腐女子の場合、そこは妄想の世界で、妄想は限りなく広がっているので、それを話し始めるとみんな熱くなり、とにかく長くなります。

自分押しのキャラがいるし、そこに絶対の自信というかを持っているので語りだすと、普段とのギャップに多少引かれてしまうことも多いのだとか。

17.やたら早口

オタク気質で、自分の趣味に関してはとにかく知識と絶対の自信を持っている腐女子の場合、語りだすとやたら早口で話始めたりします。

普段はあんまりしゃべらないで、自分の世界にどっぷりつかっている時間が長い人ほどその傾向が強い気が・・・。

自分の好きなこと、知識の深さについて語りだすと、もうどうにもこうにも止められなくなるのでしょうか?

どうして早口になるのかはわかりませんが、たたみかけるように話すと、聞いている人は引いてしまうことがあるので、会話はキャッチボールだということを忘れないようにしたほうがいいのかもしれません。

18.ネット用語を使う

腐女子の特徴として多くの方が挙げていたのが、ネットスラングを平気で普段の会話の中に入れてくるっていうのがありました。

ネットスラングとは、ネットの中で使用されている用語で、ネット住民ではない人からすすると意味が分からなかったりします。

そんなネット用語を頻繁に使っていると、「腐女子なのか?」と思われることが多いようです。

ふとした時に、ネット用語が口からどんどんと出てきてしまうということもありますので、腐女子であることを隠したい人は気を付けましょう。

19.オタクグッズを身につける

アニメキャラのバッジとかをカバンなどに堂々とつけていたり、持ち物がとにかくオタクグッズで、美少年キャラだったりすると腐女子だと思われている可能性が高いです。

腐女子の部屋などはとにかくグッズであふれていたりしますけど、堂々と外でもグッズを身に着けていると、引かれていることがあります。

周りからどう見られても自分の趣味に自信を持っていますから!という姿勢なのかもしれませんけどね。