冗談がうまい人と聞くと、どんなイメージがありますか?人気者で、いつも笑いが絶えない、たくさんの友達に囲まれていつも楽しそうなど、プラスのイメージが強いのではないでしょうか?冗談が上手い人って一体どんな人達なのでしょうか?今回は、冗談が上手い人の特徴や冗談が上手い人の10個のメリットについてお話します。

冗談がうまい人はどんな人?

日常普通に使っている「冗談」という言葉ですが、本来の意味をご存じでしょうか?「冗談」という言葉は「ふざけて言う話」という意味であり、その言葉が転じて「ふざけた態度」を示す場合もある、実はマイナス要素の言葉です。

この冗談を上手に使える人のことを、「冗談のうまい人」と言います。

つまり、「冗談が上手い人」というのはプラスのイメージになります。

あなたがもし、他の人からふざけた態度を取られたらどう思いますか?決して気分良く感じませんよね。

しかし、冗談がうまい人にかかると、緊張がほぐれる、悩みが和らぐなど精神面で助けてもらったという気持ちになり、嫌な気持ちにはまずなりません。

冗談がうまい人は、「冗談」という一見マイナスとも思える手段で、相手を喜ばせることができる、そんな高度な技術を備えている人物なのです。

冗談がうまい人の特長


では、どんな人が冗談が上手いと言えるのでしょうか?まずは社交的であること、話術に優れていること、頭の回転が速い人が挙げられます。

冗談が上手い人は、「冗談」という手段をコミュニケーションツールとして非常に上手に使います。

また、冗談を言うことで相手を傷つけようとか、陥れようなどとは思っていませんので、冗談を言うことで他人の気分を害することはありません。

逆に、冗談を言って人を怒らせてしまう人もいますが、その人は冗談が上手いとはもちろん言いません。

相手を怒らせたとわかると「冗談、冗談」と言ってごまかそうとします。

しかし言われた本人はたいてい気分を害してしまいます。

このような人は「冗談が過ぎる」とか「冗談にもほどがある」と言われてしまうのです。

冗談が上手い人というのは、冗談という技術を使って人を喜ばせたい、和やかな雰囲気になってほしい、笑顔になってほしいという気持ちがあり、いつも人のことを考えている優しく思いやりの気持ちがあります。

また、自分の話術に自信があり、それでいつも人を笑わせているのでコミュニケーション能力が高いのも最大の特徴です。

大勢の人が集まるような場面では、一人寂しい思いをしている人がいないかなど、気配りも忘れません。

場の空気を読むのが上手い

冗談が上手い人は、場の空気を読むのがとても上手です。

例えば、和やかな雰囲気であるはずの場面で、何かをきっかけに気まずい空気になってしまうということはよくある話です。

冗談が上手い人は、このような場面でも、さっと気のきいた冗談を言って雰囲気を明るくもどしてくれる存在なのです。

逆に、空気を読むのが下手な人はKY(空気が読めない)と言われてしまい、孤立することが多いのですが、KYな人孤立すること自体を気にしないですし、もっと言えば孤立しているという自覚はありません。

さらに、他人がその人に「あなたKYなところがあるので気を付けた方が良いよ」とは言ってくれませんので、気づかないままの人が多いのです。

しかし、冗談が上手い人は空気の変化を素早く読みとって、すぐにその場を空気をリードするのが得意です。

「あ、なんだかまずい雰囲気になりそうだな」と思ったら、さっと機転をきかせて場の雰囲気を盛り上げることに徹します。

空気を読むのが上手いのは天性のものもあるかもしれませんが、日頃から人間観察をよくしている、いろいろな場に出向いて行って人とコミュニケーションを積極的に取るなどの努力をしているからなのです。

言っていい時と悪い時がある


また、冗談が上手い人は、冗談には種類があることや冗談を言っていい時・悪い時があるというのを心得ています。

ですので、冗談を言うべきではない時、冗談が通用しない時には絶対にふざけたことを口にしません。

きちんとメリハリができているのです。

そのため人望も厚く信頼されている人が多いです。

冗談が上手い人は常にみんなの人気者です。

ですので、そんな人に憧れて、つい自分もあまり経験も無いのに考えなしに冗談を言ってしまい、失敗する人がいます。

こういう人はたいてい場の雰囲気を逆に壊してしまいます。

覚えておかなければならないことは、冗談が上手い人は、昨日・今日で冗談が上手くなった人ばかりではありません。

時には失敗もしながら、さまざまな経験を積み重ねて、今日があるのです。

コミュニケーションを円滑に行うツールは何も「冗談」だけではありません。

その人が、人間関係をスムーズにしていくために見つけ出した方法がたまたま冗談を言うことであったかもしれないし、たまたま自分に合っていたということだったのかもしれません。

自分も冗談がうまくなりたいなと思うのは悪いことではありませんが、楽しい雰囲気を壊さないというルールは守らなければなりませんし、まずは自分は冗談を言うことに対して合っているのかどうかを見極めなくてはなりません。

発言するタイミングが絶妙

冗談が上手い人は、その発言タイミングが実に絶妙です。

まさに「ここしかない!」「今しかない!」というタイミングで、冗談を言って周囲を和ませたり、笑わせたりします。

さらに、その人の冗談がきっかけで、物事が進んだり嫌な雰囲気にならずに済んだりと、色々と感謝されることも多いです。

仕事の場面では、その人の発した冗談が相手に気に入ってもらえて商談が成立したなんてこともあるのです。

特に仕事の場面では、冗談を上手に使うことで頭の良さをアピールできますし、行動力も評価してもらえます。

ベストなタイミングでベストな冗談を言うので、頭の回転が速いことがわかりますし、冗談の上手い人の冗談を聞いて笑った後に、「賢いな」と感心するのです。

どういう状況、場面で発言したら面白いのかを知っている

冗談が上手い人は、やはり常に人間観察を怠っていません。

冗談を言うタイミングやきっかけについて、天性のものを持っている人もいますが、日頃から人をよく見ていたり、他人のことを思いやったり、自分のことよりも相手のことを考えて行動する人が多いです。

生まれつき冗談が上手なわけではなく、その人が社会経験で積んできたの努力のたまものでもあります。

タイミングがわかっている、身についているということは、その人が積極的に人の集まりに参加して、楽しませてきた証拠でもありますし、コミュニケーションの経験が豊富であることがわかります。

持っている言葉の種類が豊富

冗談が上手い人は、ボキャブラリーが豊富です。

ダジャレ一つとっても、言葉をたくさん知っていなければ冗談につなげることはできません。

ですので、よく本を読んだりもしていますし、お笑いが好きという方も多いですね。

また、音楽好きな方も多く特にメロディより歌詞に思い入れがあるという人が多いです。

それは、歌詞が一種の言葉遊びになっていることが多く、メロディに乗せてすんなり頭に入ることから自分の中の「言葉の辞書」に落としやすいのでしょう。

映画なども、例えば洋画では、吹き替えではなく字幕版を見ることでユニークな表現を勉強する人もいます。

海外の笑いのニュアンスやセンスは日本人に通用しないことも確かにありますが、日本語の翻訳者は言葉のプロでもありますので、冗談を上手に仕事に活かす人もいるようです。

日頃から面白いと思うことを受信している

冗談が上手い人は、常にアンテナを張り巡らせています。

今流行っていること、人気があることなどについて、雑誌やメディアでいつもチェックしています。

ですので、冗談が上手い人はとても物知りでもあります。

広く知識を持っている方が多いので、内容も趣味のことから政治のことまで広範囲にわたって知識を蓄えています。

また、何にでも興味を持って積極的に調べたり経験するバイタリティもあります。

冗談のために何かを経験するというわけではありませんが、冗談が上手い人はもともと好奇心旺盛な人がたくさんいます。

ですので、冗談が上手い人は多趣味な人も多いです。

冗談がうまい人の10個のメリット

冗談が上手い人は、一体どのようなメリットがあるのでしょう?なぜ冗談が上手い人が人気者になれるのでしょうか?冗談が上手い人のメリット10個について考察してみました。

1.友達が多くなる

冗談がうまい人の周りはいつもたくさんの人で賑わっています。

それは、その人と話していると居心地が良いからです。

冗談が上手い人はいつもたくさんの友達に囲まれています。

人は、素敵な友達ができれば別の友達に紹介したくなります。

「こないだ知り合った人、とってもおもしろかったのであなたに紹介したい」と、どんどん友達の輪が広がっていくのです。

冗談が上手い人はあまり人見知りをしませんので、誰とでもわけ隔てなく付き合うことも得意です。

空気を読むのが上手で、場をしきることができる

人が数人集まって何かをするときに、その場を仕切ってくれる人がいると、とても助かります。

みんなの意見をまとめて、気持ちよくその場を楽しめるようにしてくれる人物が必要です。

冗談が上手い人は、空気を読むのがとてもうまく場を盛り上げることにも長けているので、リーダーにはうってつけです。

また、自然に場の雰囲気をチェックすることができるので、他人に気を使わせるということがありません。

冗談が上手い人は素晴らしいムードメーカーでもあるのです。

2.仕事の成績が伸びる

冗談が上手い人は、コミュニケーション能力に優れている人が多いです。

そのため、自然と仕事の成績も伸びてきます。

場の空気を読めてメリハリのある生活ができるので、仕事の能力もあがっていくのです。

また、物事の先を読むのも上手いので任される仕事も当然増えてきます。

冗談が上手い人は、人の期待に応えることにも、嬉しさを感じますので張り切って仕事をするというわけです。

特に、コミュニケーション能力を重視する営業職や、直接お客様と接するような接客業ではみるみる業績を伸ばしますし、お客様からの信頼も厚くなります。

同僚や上司との関係が良くなる

仕事をするうえで、一番重要なことは人間関係です。

一般的に職場の悩みの上位を常に占めているのもこの人間関係問題です。

冗談が上手い人は臨機応変でもありますので、冗談という武器を使って職場の同僚や上司とも良い関係を築くことができます。

それが、演じているわけでな自然とできるので嫌みがない人づきあいができるのです。

上司や同僚に「面白いやつ」と思われているということは、好かれている証拠です。

3.常に笑顔

冗談が上手い人は常に笑顔が絶えない人でもあります。

人を笑わせようとするのですから、自分も笑顔になるのです。

怒りながら冗談を言う人はいません。

また、冗談が上手い人は相手を喜ばせようと冗談を言うのですから、作り笑顔ではなくいつも自然な笑顔なんです。

笑顔が自然にできるというのは、これも一種の特技です。

表情が乏しくていつも無愛想に見られてしまう、冷たい人だと思われがち、こんな風に悩んでいる人も結構おられます。

笑顔ができなくて悩んでいる方は、冗談を言ってみることから始められると良いかもしれませんよ。

冗談には愛想が良いことが前提

世の中には、「何を言っても嫌みに聞こえる人」と「何を言っても嫌みにならない人」がいます。

この人達の大きな違いは、愛想が良いか悪いかです。

愛想が良い人は当然笑顔が素敵な人でもあります。

いくら自分が冗談を言ってその場を和ませようとしたところで、無愛想なままだと冗談が冗談ではなくなってしまいます。

冗談が上手いということは、愛想が良いということが前提です。

愛想が良い人は、他人の悪口を言いません。

逆に他人の悪口ばかり言っている人は表情が自然と意地悪になってきます。

いつもブスっとしているな、いつも愛想悪いななんて思われるのは、ものすごく損!冗談はすぐに言えるようにならなくても、人の悪口をやめて愛想よく振る舞うことはいますぐにできますよね。

4.創造力がある

冗談が上手い人は、常に色々なことを考えています。

そして言葉遊びが上手です。

「ここでこういうことを言うと面白いかな」とか「こういう場面でこういう冗談は通用しないだろうな」など、想像力がとても豊かで思いやりがあるのです。

また、「ここでこの人にこういう冗談を言うと、逆に悲しませてしまう」「ここでこういう冗談を言っても通用しない」などマイナスの面もすぐに想像することができます。

冗談が上手い人は、自分が放った冗談によってその場がどうかわるのかをきちんと創造できるのです。

さらに冗談が上手い人は、言葉自体をよく知っていますので、ストーリーを考えたりするのも大変得意です。

小説や物語を書く作家さんたちの中にも、冗談が上手な方はたくさんいます。

新しいことを生み出せる

冗談が上手い人の根底には、人を喜ばせたい、人を楽しませたいという優しさがあります。

ですので、どうすれば他人に喜んでもらえるかをいつも考えています。

冗談が上手い人は新しいことを生み出せるアイデアマン。

人の役に立ちたいなとの思いが、新しいことを生み出すエネルギーとなっています。

こんな冗談を言えば、人を楽しませられるかな?という思考回路が、例えば「こんなものがあったらいいのにな」とか「こんな場合にこんなグッズがあれば便利だな」というようにも考えることができるのです。

発明家に冗談が上手な方が多いのはそういう理由かもしれません。

冗談みたいな話が思わぬ発明を生み出すことだってありえるのです。

5.逆境に強い

誤解されやすいのですが、冗談が上手いからと言って、全ての人が楽天家であるとは限りませんし、何を言われても傷つかないというわけではありません。

冗談が上手いというだけで、この人たちも人間ですから、心無い冗談を言われるともちろん傷つきます。

人を傷つけないことをモットーとしている彼らは、自分自身もとても傷つきやすい一面も持っています。

ですが、あまりにもメンタルが弱いと、それもまた彼らの生きる上でのポリシーに反することにもなります。

冗談が上手い人の理想は、とにかく楽しい世の中であること。

ですから、あまりくよくよ悩まず物事を解決しようと頑張ります。

悩みが無い人なんかこの世にいませんが、逆境に強ければその分解決もスムーズです。

このように冗談が上手い人は逆境にも強いのです。

持ち前の力で目の前の壁を打破する

冗談が上手い人は、あまり他人に頼ることをしません。

先程述べましたが、リーダーに向いているという素質もありますので、目の前の壁を自分の力で打破する能力も備えています。

一匹狼という意味では無く、目の前に壁が立ちはだかった時には、他人の力を頼るよりもまずは自分の力でそれを打破したり、乗り越えようとする強い意志があるのです。

もちろん、みんなで乗り越えるべきもの、仲間と一緒に乗り越えるものなどの判断は人よりも優れているので、そんなときは頼るのではなく、一緒に解決できる方法を提案できたりもします。

6.前向きな姿勢がある

冗談が上手い人は常に前向きな考え方をしています。

「でも」や「だって」など、否定的な言葉は日頃から使いません。

自分が冗談を言って人を喜ばせるのが得意な人々は、自分自身もいつも人生を楽しもうと言う姿勢が伺えます。

後ろ向きに考えてもしょうがない、過去は変えられないということを本能でわかっているので、考えてもしょうがないことに時間を費やすことをしません。

もちろん、失敗から学ぶこともあります。

ですが、くよくよと悩んだり考えたりするエネルギーを前向きに生きることに使った方が効率が良いということを知っているのです。

物事を良い様に捉える

笑いで病気がよくなった、という研究がされているという話を聞いたことはありませんか?人間は笑うことでさまざまな事柄が上手く運ぶようになります。

冗談が上手い人は、自分の冗談で人を楽しくさせたい、相手に笑ってもらえたら嬉しい!と思える人達なので、相手が笑顔になってくれることが一番の喜びです。

人間はどうしても物事を悪いように悪いように考える癖があります。

しかし、冗談が上手い人は、なんでも物事を良いように捉えます。

「引き寄せの法則」などでよく言われるように、良いことも悪いこともイメージ通りになってしまうことが多々あります。

だったら、物事は良い様に捉える方が断然有利です。

冗談が上手い人は、ポジティブにものごとを考えることで、さまざまな悩みが好転していくことを経験上よく知っています。

冗談が上手い人と話していると元気が出てくることがあります。

それは、彼らが前向きな言葉を沢山使って話すのと、相手を元気づけよう!としてくれるエネルギーを感じることができるからです。

7.類は友を呼ぶ

良い意味でも悪い意味でも、友達と言うものは似た者同士が集まるようになっています。

ですので、冗談が上手い人には同じく冗談が上手い人が自然と集まってきます。

人のことをけなしたり、悪い噂ばかりを話して楽しんでいる人には、そんな人たちが寄ってきて雰囲気が悪くなります。

そのグループにいる時はわからないかもしれませんが、客観的に見た時に決して良い人づきあいだとは言えません。

もし、あなたが「自分も冗談が上手に言えるようになって、人気者になりたい」と思ったらまずは、冗談が上手い人たちと一緒に過ごすことで勉強してみてはいかがでしょうか?

同じように冗談がうまい人と会話をすることで、勉強にもなる

また、冗談が上手い人は別の冗談が上手い人、つまり友達同士で会話を楽しみながら、意図していなくても自然に勉強になっているようです。

会話を楽しむことで、冗談を言うタイミングや言葉遣いなどを盗んで身につけて行くという学びも怠りません。

もちろん当人たちは勉強していると言う感覚はありませんが、会話の中でなるほどと思ったことはすぐに自分の頭の中に貯め込んでいき、別の場面で役立たせるという応用能力も備わっているのです。

もし、自分も冗談が上手く言えるようになりたいと思ったら、是非冗談が上手な人と会話を楽しんでみてください。

きっと何か発見があるはずです。

8.気が利く

冗談が上手い人は、会話が上手いだけでなくとても気の利く人が多いです。

それは、場の空気を読むのがとてもうまいので、他人が今何を必要としているのかを瞬時に察知して行動に移すことができるからです。

また、気が利くというのは単にお世話好きというわけではありません。

人は時にそっとしておいてほしい、一人にしておいてほしいと言う場合もあります。

そんなときは、冗談を言うのが得意だからといって無理に笑わせようとしたり話しかけようとしないのも特徴です。

冗談が上手い人は、場をわきまえることができる人であり、それが結果的に気が利くということに繋がるのです。

さらに言えば、とてもフットワークが軽い方が多いです。

気が利くということはすぐに行動に移せるということでもあります。

頭で考えるよりも直観で身体が動くのです。

周りをよく見ているからこそできる

冗談が上手い人は、場の空気を読むのが上手いということはお話しました。

では、なぜこのようなことがスマートにできるのでしょうか?それは、彼らが周りをよく見ているからです。

冗談が上手い人はとても気が利きます。

例えば大勢集まっている中で、なかなか輪に入れずにつまらなさそうにしている人がいるとします。

そんなときは、気軽に「楽しんでいますか?」ととても自然に声掛けすることができています。

しかし、それは周りをよく観察しているからこそできることなんです。

このことからもわかりますが、冗談が上手い人は「人間」が好きなのです。

できるだけ沢山の人と話がしたい、自分を知ってもらいたいという思いが冗談の能力をあげているのでしょう。

9.記憶力が良い

冗談が上手い人は、たいてい記憶力に優れています。

それはコミュニケーション能力が高いことからも言えるのですが、冗談を言って人を笑わせる、和ませることに喜びを感じるという人達ですので、もともと人づきあいが好きなのです。

ですので、人の顔を覚えるのも得意ですし、名前を覚えるのもお手のもの。

また、話術に優れていることもお話しましたが、これは単に話が面白いというだけでなく、誰にどの話をしたかも覚えていなければ、話を聞かされた方は「また同じ話をしている」としらけてしまいます。

記憶力が良いと言うのは、過去のことをよく覚えている、人の顔や名前を覚えるのが得意というだけでなく、過去のシュチュエーションもとてもよく記憶しているとも言えるでしょう。

さらに、なんでもかんでも覚えているというのではなく、コミュニケーションを行うにあたり重要な事項、人の名前や顔、どんなことをしている人なのかなどを覚えることに集中して効率よく記憶できています。

冗談をストックしている

お笑い芸人にはネタ帳と呼ばれる、お笑いのストックノートがあります。

笑いのネタになるようなできごとや言葉を思いついたら書いておくのです。

冗談が上手い人も、同じようなことが言えます。

ノートにまで残していると言う人は多くありませんが、いわゆる「絶対にウケる話」「すべらない話」をいつでもどこでも披露できるように、話題をストックしているのです。

人は誰しも、「面白話」を一つか二つは持っているものです。

ですが、冗談が上手い人はこの面白話は自分自身の大切な道具です。

ですから、人よりも多くのストックを持っています。

この冗談ストックの中から、その場に合ったもの、雰囲気を考えて引き出し披露する。

この脳内のう動きが完璧にできあがっています。

この流れも長年の経験や訓練からだんだん上手にできるようになっていきます。

10.言葉遊びに長けている

冗談が上手い人は、言葉をよくしっているだけでなく、その言葉を使って遊ぶことを得意としています。

言葉遊びの代表的なものにダジャレがありますが、あまり多用するとただのオヤジギャグになってしまい、かえって場がしらけてしまいます。

ですが、冗談が上手い人は言葉遊びを絶妙なタイミングで行います。

これはもう立派な「職人技」と認定して良いでしょう。

冗談が上手い人は、言葉というものをとても大切に扱います。

言葉をぞんざいに扱う人がいないので、言葉遣いが汚かったり、口が悪いということはあまりありません。

冗談が上手い人は自分の冗談で気分良くなってもらうことが希望です。

ですので、汚い言葉遣いやぞんざいな口調で人の気分を害することはポリシーに反します。

いろいろな意味を考えて言葉で遊べる

言葉遊びができるということは、その言葉に込められた数々の意味を知っているということでもあります。

言葉には、同じ発音で全く違う意味を持つものがたくさんあります。

これらの違いを実にうまく利用することができます。

どちらかといえばダジャレに近い感覚で言葉遊びを行う場合が多いですが、とてもおしゃれでスマートで、それでいて人々の印象に残るような言葉遊びがとっても得意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「冗談の上手い人」についてまとめてみましたが、あなたの周りに冗談の上手い人はいましたか?そういえば、あの人はいつも場をなごませてくれる、あの人がいるととても楽しいと思い当たる人がいれば、その方は冗談の上手なひとかもしれません。

「冗談」という言葉の後に続く言葉として「過ぎる」という言葉があります。

合わせると「冗談が過ぎる」ということになります。

これは決して良い意味ではありません。

このことからも言えるように、冗談は扱いがとても難しいのです。

冗談が過ぎてしまうのではなく、冗談が上手にならなければいけません。

冗談が上手い人は冗談の扱い方をよく心得ており、同時に冗談の持つマイナス面、過ぎればどうなるかもよくわかって使っているのです。

いろいろな人がいるから、人生は楽しいものですが、まわりに冗談が上手い人が一人でもいれば、いろんな場面で助けてくれることもありますよね。

冗談が上手い人はそれだけではなく、他にも素敵な特徴がたくさんあります。

しかし、冗談が上手い人の根底にあるのは「人間が好き」であることです。

人が好きだから楽しませたい、幸せな気持ちになってほしい、仲良くなりたい、そんな思いがあふれています。

あの人といると楽しい、あの人にまた逢いたい!他人にそんな風に言ってもらえるような人間に、あなたがなりたいと思っているなら、まずは冗談をスマートに上手に言える人、冗談を上手に扱える人になってみませんか?