CoCoSiA(ココシア)

虚言癖がある人の6個の特徴と行動

今までの人生で、たくさんの人と出会ってきたかと思いますが、人間には様々な性格の人がいますよね。

人それぞれ当然性格が違いますし、好きな物だったり、嫌いな物、その人の癖だったりはすべて違います。

全く同じという人はおそらく、世界を探しても全くいないかと思います。

もちろん、人それぞれ違いますので、良い人間もいれば悪い人間も存在します。

そんな中で、これは性格になってしまうのでしょうが、中には虚言癖を持っている人がいませんか?

あなたの周りにも今現在、一人くらいはいるのではないでしょうか、もしくはこれまでの人生で虚言癖を持っている人に会った事があるかと思います。

今回はそんな虚言癖についてご紹介していきたいと思います。

もしも身の回りにそういった人がいるのであれば、参考にしていただきたい内容となっていますので、楽しみながらみてみてくださいね。

虚言癖がある人の6個の特徴

虚言癖がある人

まず、虚言癖についてですが、虚言癖があるという人にはいくつかの特徴が存在しています。

もちろんこれが当てはまれば絶対というわけではないのですが、ある程度当てはまる可能性が高いといえるのではないでしょうか。

身の回りに虚言癖を持っている人がいるのであれば、参考にしてみて頂きたいですし、実際に当てはまっているかどうか検証していただきたいと思います。

もしも当てはまっているのであれば、高確率で虚言癖である可能性が高いですし、実際にあなた自身も当てはまらないように注意していただきたいと思います。

1、「目立ちたい」と思っている

目立ちたいと思っている人ほど、虚言癖を持っている場合が多いといえるのではないでしょうか。

目立ちたいと思っている人は、実際にはかなり多くいらっしゃるかもしれませんが、特徴を持っている人だとか、周りから一目置かれる人ってやはり、何か持っている事が多いですし、それなりに特技だったり、技術、センス、雰囲気を持っている場合が多いといえるでしょう。

ただ、目立ちたいと思っても、何も持っていない場合、どうにかして目立ちたいと思った末に編み出す技がこれになるのではないでしょうか。

虚言を使う事で、周りが注目するような状況を作り、周りに注目されたい願望を満たして理宇場合が該当するといえるのではないでしょうか。

もちろん、普段からこの傾向がある場合、よっぽどの事がない限り大体ばれますよね。

一度ばれてしまったら、もう周りからは虚言癖があると思われてしまいますし、それを覆すのは難しい状況になります。

あなたの周りにも、虚言癖がある人で、人一倍目立ちたがりの人っていませんでしたか?

恐らく、裏では虚言癖がるとみすかされていたはずです。

多少盛るくらいなら可愛いものですが、ありもしない事を言っていてはいつかバレますので、注意する事が大事です。

周囲から注目されたい

どうにかして周りから注目されたいと思う人ほど、虚言を行う事が多いように感じます。

虚言を普段から行っている場合、周りには虚言癖がある人だと思われ信頼がなくなってしまいます。

虚言を言った所で、実際は変わらないので、例えば、自分があたかもすごい人間なんだぞと思われたいがために、自分の能力などを誇張してしまったり、すごい体験談を作ったりする場合がありますが、これはすぐにばれてしまいますので、気を付けましょう。

結果的には、何ひとつ自分の為にはなりませんし、何も浮かばれないので、周りに注目されるのはどうすればいいのか、何か特技を身に着ければいいのかなど、しっかりと正攻法で考えて、行動する事が大事になるのではないでしょうか?

2、人を傷つける嘘を言う

虚言癖がある場合、特徴として、人を傷つける嘘を言っている場合もあります。

ただの人に迷惑をかけない虚言であれば、許されるかもしれませんが、特定の人に対して悪い噂だったり、虚言を流してしまっている人もいます。

これに関しては、許される事ではありませんよね。

本人がいない場面で、本当の事以外の事を喋ってしまうのは、本人にとっては非常に不快な事ですし、許したくない事ですよね。

なので、人を傷つけるような嘘を言っている事に関しては、人として最低の行為になりますので、もしも言っている人をみかけたら、流すなどの対処が必要です。

もちろん面と向かっていう事も大事ですが、その場合おそらく注意した人の嘘に関しても流してしまう事があるかと思います。

なので、聞く耳を持たないという事も大事な事になるのではないでしょうか。

自己正当化のならなんでもあり

結局のところ、自己正当化のためについている嘘に繋がっている事が多いのもかもしれません。

例えば、先ほどご紹介した例で、注意した人間に対して、その人の嘘をつく可能性を考えると、やはり否定された自分自身を正当化するために、今度はその人に対する嘘を流す事で、みんなの注意をそこの引き付けて、自分を正当化するためにとっている行動になるのではないでしょうか。

これに関しては、非常に迷惑な行為であり、こちらも同様に許される事ではありません。

ただ、嘘をついている方がやはり時間が経てば周りも怪しいと思いますし、信じようとする人はだんだんといなくなります。

結果的にやはり自分が悪いという事にも繋がりますので、絶対に人に関する嘘はダメだという事を再認識する必要があるといえるのではないでしょうか。

3、嘘をついた事に反省しない

嘘をついた事を反省していない

嘘をつくという事に関して、反省をしたり、後悔したりしないという事も、虚言癖を持っている人に共通する点になるのではないでしょうか。

虚言癖を持っている人の場合、今までにもずっと嘘をつき続けてきたというような傾向があります。

急に嘘をつき始める場合も中にはあるかもしれませんが、基本的には今まで継続して同じような事をしてきた可能性がかなり高いといえるのではないでしょうか。

嘘をついて、味を占めてしまった場合、継続的に同じことを繰り返し、それを繰り返した回数が多ければ多いほど、嘘をつく事に対して慣れてしまい、嘘をつく事に関してもはやなんとも思わないような事もあります。