今までの人生で、たくさんの人と出会ってきたかと思いますが、人間には様々な性格の人がいますよね。

人それぞれ当然性格が違いますし、好きな物だったり、嫌いな物、その人の癖だったりはすべて違います。

全く同じという人はおそらく、世界を探しても全くいないかと思います。

もちろん、人それぞれ違いますので、良い人間もいれば悪い人間も存在します。

そんな中で、これは性格になってしまうのでしょうが、中には虚言癖を持っている人がいませんか?

あなたの周りにも今現在、一人くらいはいるのではないでしょうか、もしくはこれまでの人生で虚言壁を持っている人に会った事があるかと思います。

今回はそんな虚言壁についてご紹介していきたいと思います。

もしも身の回りにそういった人がいるのであれば、参考にしていただきたい内容となっていますので、楽しみながらみてみてくださいね。

虚言壁がある人の6個の特徴

まず、虚言壁についてですが、虚言壁があるという人にはいくつかの特徴が存在しています。

もちろんこれが当てはまれば絶対というわけではないのですが、ある程度当てはまる可能性が高いといえるのではないでしょうか。

身の回りに虚言壁を持っている人がいるのであれば、参考にしてみて頂きたいですし、実際に当てはまっているかどうか検証していただきたいと思います。

もしも当てはまっているのであれば、高確率で虚言壁である可能性が高いですし、実際にあなた自身も当てはまらないように注意していただきたいと思います。

1、「目立ちたい」と思っている

目立ちたいと思っている人ほど、虚言壁を持っている場合が多いといえるのではないでしょうか。

目立ちたいと思っている人は、実際にはかなり多くいらっしゃるかもしれませんが、特徴を持っている人だとか、周りから一目置かれる人ってやはり、何か持っている事が多いですし、それなりに特技だったり、技術、センス、雰囲気を持っている場合が多いといえるでしょう。

ただ、目立ちたいと思っても、何も持っていない場合、どうにかして目立ちたいと思った末に編み出す技がこれになるのではないでしょうか。

虚言を使う事で、周りが注目するような状況を作り、周りに注目されたい願望を満たして理宇場合が該当するといえるのではないでしょうか。

もちろん、普段からこの傾向がある場合、よっぽどの事がない限り大体ばれますよね。

一度ばれてしまったら、もう周りからは虚言癖があると思われてしまいますし、それを覆すのは難しい状況になります。

あなたの周りにも、虚言癖がある人で、人一倍目立ちたがりの人っていませんでしたか?
恐らく、裏では虚言癖がるとみすかされていたはずです。

多少盛るくらいなら可愛いものですが、ありもしない事を言っていてはいつかバレますので、注意する事が大事です。

周囲から注目されたい

どうにかして周りから注目されたいと思う人ほど、虚言を行う事が多いように感じます。

虚言を普段から行っている場合、周りには虚言癖がある人だと思われ信頼がなくなってしまいます。

虚言を言った所で、実際は変わらないので、例えば、自分があたかもすごい人間なんだぞと思われたいがために、自分の能力などを誇張してしまったり、すごい体験談を作ったりする場合がありますが、これはすぐにばれてしまいますので、気を付けましょう。

結果的には、何ひとつ自分の為にはなりませんし、何も浮かばれないので、周りに注目されるのはどうすればいいのか、何か特技を身に着ければいいのかなど、しっかりと正攻法で考えて、行動する事が大事になるのではないでしょうか?

2、人を傷つける嘘を言う

虚言癖がある場合、特徴として、人を傷つける嘘を言っている場合もあります。

ただの人に迷惑をかけない虚言であれば、許されるかもしれませんが、特定の人に対して悪い噂だったり、虚言を流してしまっている人もいます。

これに関しては、許される事ではありませんよね。

本人がいない場面で、本当の事以外の事を喋ってしまうのは、本人にとっては非常に不快な事ですし、許したくない事ですよね。

なので、人を傷つけるような嘘を言っている事に関しては、人として最低の行為になりますので、もしも言っている人をみかけたら、流すなどの対処が必要です。

もちろん面と向かっていう事も大事ですが、その場合おそらく注意した人の嘘に関しても流してしまう事があるかと思います。

なので、聞く耳を持たないという事も大事な事になるのではないでしょうか。

自己正当化のならなんでもあり

結局のところ、自己正当化のためについている嘘に繋がっている事が多いのもかもしれません。

例えば、先ほどご紹介した例で、注意した人間に対して、その人の嘘をつく可能性を考えると、やはり否定された自分自身を正当化するために、今度はその人に対する嘘を流す事で、みんなの注意をそこの引き付けて、自分を正当化するためにとっている行動になるのではないでしょうか。

これに関しては、非常に迷惑な行為であり、こちらも同様に許される事ではありません。

ただ、嘘をついている方がやはり時間が経てば周りも怪しいと思いますし、信じようとする人はだんだんといなくなります。

結果的にやはり自分が悪いという事にも繋がりますので、絶対に人に関する嘘はダメだという事を再認識する必要があるといえるのではないでしょうか。

3、嘘をついた事に反省しない

嘘をつくという事に関して、反省をしたり、後悔したりしないという事も、虚言癖を持っている人に共通する点になるのではないでしょうか。

虚言癖を持っている人の場合、今までにもずっと嘘をつき続けてきたというような傾向があります。

急に嘘をつき始める場合も中にはあるかもしれませんが、基本的には今まで継続して同じような事をしてきた可能性がかなり高いといえるのではないでしょうか。

嘘をついて、味を占めてしまった場合、継続的に同じことを繰り返し、それを繰り返した回数が多ければ多いほど、嘘をつく事に対して慣れてしまい、嘘をつく事に関してもはやなんとも思わないような事もあります。

あなたの身の回りにいる虚言癖がある人も、やはりこのような特徴を持っている場合がかなり多いでしょう。

嘘をまるで息を吐くかのようなしてついている場合がかなり多いのではないでしょうか。

嘘をついた後悔も感じない

嘘をつく事に関して、何の後悔も躊躇もない特徴を持っているのではないでしょうか。

これに関しては、嘘をつき続けてきた年月であったり、回数なども含めた時に、やはり長い期間嘘をついている人ほど嘘をつく事になれてしまっています。

嘘になれるという事は、基本的には良くない事ですし、気づいた時にはもう嘘をいってしまっているほど、癖になっている場合もあります。

悪気無くついてしまっている場合などもあるかもしれませんし、もはや意識せずとも嘘を言ってしまっているレベルの場合は、かなり重症になってしまっているといえるのではないでしょうか。

4、魅力的な八方美人

魅力的な八方美人という事も特徴になる場合があります。

人間は、誰しもが周りに好かれたいという思いを持っていますよね。

当然嫌われるのは嫌ですし、好かれるのは嬉しい事ですよね。

しかし、だからといって無理に周りを好きにさせるために嘘をついたり、事実をねつ造してしまうのは悪い事ですし、結果的に信頼を裏切る行為にもなります。

人から好かれたいという気持ちは誰しもが持っていますので、悪い事ではないのですが、すかれるための方法を、あまり適切ではない方法を取っている事が問題だといえるのではないでしょうか。

八方美人でありたいと思っている人ほど、実際に嘘をついてまで、周りに好かれたいと思っている場合があるともいえるのではないでしょうか。

聞き手を退屈させない

なぜ嘘をつくのか?

という事なのですが、これは八方美人タイプの方は、嘘をつく事で、実際に周りの人に楽しんでもらいたい、面白い人間だと思ってもらいたいという願いがある場合があります。

例えば、実際に起こった話をして、周りから笑いを取りたいと思った時に、どうしてもインパクトにかけてしまうような事ってありませんか?

内容自体は面白いんだけど、最終的なオチがいまいちだな、とか、最終的な落ちがインパクトが足りないから、こうなったら本当は面白かったのにな、などなど。

こういった事があった時に、あたかも実際にそういう面白い事が起こったという風に話したりする場合があります。

これが周りを楽しませたい、自分を面白い人間だと思って注目してほしいという願望から、うそをついているパターンになってしまうのではないでしょうか。

嘘をつく事で、結局は周りに注目してほしいと思っているからこそ、このような行動をとってしまうのではないでしょうか。

5、矛盾が起こっても平気

基本的に、嘘をつく事に慣れている人の場合は、嘘をついているとどうしても矛盾って発生してしまいますよね。

完璧な嘘をつく場合、しっかりと根回しをしたりする場合がありますし、時間をかけて証拠などをなくしたりとか、実際に物事が起こる前の段階から計画的に行っていないと、どうしても矛盾が発生してしまいます。

中には鋭い人もいますので、発生した矛盾に関して鋭いつっこみを入れてくる場合もあります。

なので、嘘をついている人は、そういう事に対応しないといけない場面も生まれてきます。

ただ、嘘を普段からついている人の場合は、矛盾が発生しても関係なしに嘘をついたりもします。

普段から嘘をついているので、嘘をつく事に関して何も思っていないからこそ動揺もしませんし、そこで新たな嘘をついたりする場合もあります。

矛盾が起こる事に関して、恐れを抱いていないからこそ、嘘をつき続けるという事も理解しておくことが大事であるといえるでしょう。

6、嘘を制御出来ない

もはや、普段から嘘をついている場合、嘘をつく事に関して制御できないレベルにまで達してる場合があります。

嘘をつく事で、得られるメリットなどがどうしても病みつきになっており、どんな手を使ってでも注目されたいと思ってしまっているのです。

確かに面白い話などは聞いていても楽しいですし、面白い人のそばにはやっぱりいたいと思ってしまうのが人間です。

ただ、それが嘘であるという事は、その人の信頼を大きく下げてしまう事にもなります。

一緒にいると周りからも嘘に加担していると思われる事もありますし、一緒にいると危ないと思われてしまったりもします。

なので、嘘をつくという事は最低の事なんだとしっかりと理解し、周りに対して迷惑にならないように務める事が大事になるのではないでしょうか。

嘘のスパイラルに陥る

嘘をつく事で、一番怖いのは、矛盾などが生じてしまった時に、また嘘を重ねてしまうという事なんです。

一度嘘をついてしまったら、その嘘をつくためにまた新しい嘘をつき続けなければいけなくなってしまいます。

なので、嘘は一度でもつくと厄介な事にもなりますし、一度周りに嘘つきだと判断されてしまうと、それまでの信頼などが大きく下がってしまいます。

大きく下がった信頼はなかなか取り戻す事ができませんし、自分にとっては取り戻せたとしてもマイナスでしかありません。

なので、しっかりと自分自身を律する事が大事であり、周りに注目されたいと思うのであれば、嘘をつく事以外に自分自身の力で注目を得られるようにする事が大事になるのではないでしょうか。

虚言癖の人がとる行動

ここまでは虚言癖の人の特徴についてご紹介していきましたが、ここからは虚言癖の人が取る行動についてもご紹介していきたいと思います。

虚言癖を持っている人は、その虚言のせいで普段から取っている特徴的な行動がある場合が多いです。

なので、ここでご紹介する行動を実際にあなたの周りで取っている人がいれば、その人はやはり虚言を普段から行っているという事がかなり多いかといえるでしょう。

なので、ご紹介する内容を確認していただき、普段から自分自身もこのような行動をとっていないか、確認する事が大事になるのではないでしょうか。

自分を客観的に見る事で、周りからこのような思われていないかどうか確認できるかと思いますので、みてみてくださいね。

責任逃れをする

虚言を普段から行っている人は、自分を守りたいがために嘘をついてしまったりもします。

虚言を行っている場合、自然と周りから虚言について責められたり、ありもしない事をいっているので、矛盾が生じてしまうという事もあるかと思います。

なので、自分が責められた時には、自然と責任逃れをしようとしてしまう場合があります。

責任逃れをする事で、自分は悪くないと周りに思い込ませて、自分の安全を守ろうとする行動にでる場合が多いでしょう。

なので、何か自分がまずい事だったり、失敗をしてしまった時に、いつも責任を逃れるような事を言ってしまっている人は、このような傾向があるかといえるのではないでしょうか。

自然と自分を守るために嘘をつく場合もあるかと思いますので、客観的に自分を見て、このような行動をとっていないか確認する事が、周りから嘘つきだと思われない行動になるのではないでしょうか。

都合の悪い事は忘れる

自分自身に都合の悪い事についてはすぐに忘れるという事も特徴的な行動になるのではないでしょうか。

もちろん、人間はどちらかといえば自分を守るために都合の悪い事は忘れるように出来ているのかもしれませんが、結局それは逃げでしかありません。

自分が出来ない事だったり、未熟だからこそ起こった事に対しては向き合って問題解決できるための力を手に入れる事が大事になります。

なので、自分自身に都合の悪い事が起こった時に逃げるという行動はとらないようにしましょう。

忘れてしまう事も同じです。

けっこう周りにも、都合が悪い事だったり、自分の失敗を忘れたふりをしてかぶらないようにする人はいませんか?

普段からこのような行動をとっている人は力が未熟な人だったり、問題解決能力が低い人、そして自分が常に一番かわいいと思っている人が取る行動になるので、こういった行動をとらないように普段から注意しておく事が大事です。

根拠のない自信を見せつける

虚言癖を持っている人が取る行動の中に、根拠のない自信を見せるという事もあるようです。

根拠のない自信は確かに大事な時もあります。

自分自身に自信を持つことは大事な事ですし、普段から自信を持って行動をすることで、良い結果を生み出せるようになれる場合もあります。

ただし、あまりにもそれをひけらかしたり、周りに対してアピールするのはどうかと思います。

周りにしっかりと理解してもらうという事に関しては、しっかりとした根拠を示す必要がありますし、それがなければただの思い上がりになってしまいます。

しっかりと根拠を示して、その上で自信を持っているのであれば、ついていこう、頼りになるなと感じるものですが、それがなければ一方的な話になってしまいます。

また、根拠のない自信しか持っていない人は、いざ失敗した時に言い訳ばかりをしてしまう事もあります。

これが一番悪い例になりますので、絶対にこのような事がないように注意をする事が大事になるといえるのではないでしょうか。

他人の陰口をよく言う

他人の悪口を言ったりするという事は最低な事です。

もちろん、仕事などで周りの人が全員良い人かと聞かれるとそうではないですよね。

中には面倒くさい人だっていますし、馬が合わないと感じる人も中にはいるでしょう。

ただ、それでも付き合っていくことが大事ですし、その人と接している人の周りでその人の悪口を言うという事はあまり良い事ではありません。

もしも我慢できないのであれば、関係ない人に伝えたり、差支えがない範囲で愚痴をもらすのが大事になるのではないでしょうか。

虚言癖を持っている人ほど、悪口をいう確率が高かったりもしますし、その虚言を悪口に併用したりする人も中にはいます。

なので、悪口を平気で言うような人で虚言を普段から放っている人は要注意であるともいえるのではないでしょうか。

なぜ虚言癖を言うようになるのか

そもそも、なぜ虚言癖を言うようになってしまうのかという事を考えた事はありますか?
もちろん虚言癖を持っていない人は、理解できないかと思いますが、それでも実際に虚言を普段から言っている人は一定数存在しています。

一定数存在するという事は、何かしらの目的だったり、意思があって言っているという事になります。

ここからはなんで虚言を言ってしまうのかという事についてまとめてご紹介していきたいと思います。

虚言を放ってしまう人の心の声をのぞいていきましょう。

虚言を放っている人の特徴として認識してみれば、面白いかもしれません。

構って欲しい

やはりこれが一番理由としては高いのかもしれません。

周りにかまってほしいと思っている人ほど、虚言を放っている事が多いように感じます。

これは、周りに虚言をいう事で、ちょっと盛ったり、周りが聞いてくれるような内容を話す事で、周りから聞かれて、存在感を感じるようになったり、話の中心でありたいという願望が見え隠れてしているのではないでしょうか。

確かに話の中心になれば、楽しいですし、なんだか周りが認めてくれているような感じがしますよね。

それに話の中心となれば、なんだか人気者になった気分で、楽しい気分にこちらもなりますよね。

ただ、それを嘘を使って実現しようとしているのは間違いですし、いけない事です。

ただ、嘘をついている人はこのような心理が働いているという事がある事を理解しておきましょう。

けっこう心の中で、こんな誰しもが思っている事を実現しようとしているだけなのかもしれませんね。

プライドが高い

嘘をつく人の中にはけっこうプライドが高い場合もかなり多いです。

このプライドを守るために嘘をついているという事もあるようです。

具体的には、周りに認められたい、自分は注目されるべき存在なんだという事を思っている場合があり、それを実現するために嘘に力を借りているという場合があるようです。

あなたの周りにいる嘘つきに、プライドが高い人はいませんか?
このようなプライドが高い人間が一度嘘をついてしまったら危険です。

プライドを守るためには嘘をつく事なんてなんともないと感じてしまいがちなので、癖にもなってしまう可能性がありますので、注意が必要であるといえるのではないでしょうか。

自分に自信がない

自分に自信がないという事も理由のひとつになるのかもしれません。

本当に自信がある人は、それだけで周りを魅了する力を持っています。

ただ、それを持っていないで、なおかつ周りから認められたいという願望だけを持っている場合は、ねじ曲がった事でアピールしてしまう方法にたどりついてしまうかもしれません。

自信がないという事を、嘘をつくという事でカバーしてまるで自分がすごい人であるかのような事をねつ造してしまったりしています。

自分に自信がないからこそ、嘘を言って注目されたいという心理があるという事を覚えておいてください。

虚言癖の人との付き合い方

あなたの周りにも一人くらいは虚言癖を持っている方がいらっしゃるかと思います。

実際に、あなたも虚言癖を持っている人との接し方などは困ってしまう事があるのではないでしょうか。

今回はどういう風に虚言癖をもっている人と付き合っていけばいいのかという事を知って頂けると幸いです。

上手な付き合い方を見つけておく事が大事になるますので、勉強してみてくださいね。

適当に相槌を打つ

まずは、一番良い方法がこれです。

相手に対して、真剣に返してはいけませんし、時には嘘に加担してしまう恐れもあります。

なので、しっかりと相手に対して適当に相槌を打つという事を意識してみてください。

適当に返していれば相手も面白くないでしょうし、自然と自分から離れていきます。

そうする事で、自分が関わらないようにする事もできるので、良い方法であるといえるでしょう。

意見を言うのは避ける

虚言癖を持っている人から、同意を求められる事もあるかと思います。

しかし、そういう人に対しては意見をいう事を避けておきましょう。

そうする事で、虚言を言う人の話を否定する事も出来ますし、相手との距離を開ける事も出来ます。

相手もそれを感じて、あまり積極的にはかかわってこないかと思いますので、この対応をしっかりと意識する事が大事になるといえるのではないでしょうか。

真実を見極める

真実をしっかりと見極めることも大事になります。

虚言癖を持っている人の話を真に受ける事が一番危ないですし、その人がもしかしたら本当の事を言っている可能性もあるかもしれませんが、基本的には確証がない話は相手にしない方が良いといえるでしょう。

どこからか、自分に飛び火が掛かってしまう事もあるかもしれませんので、注意が必要であるといえるのではないでしょうか。

嘘をついてる事を気付かせる

嘘をついているという事を気づかせてあげる事も大事になります。

中には、本当に嘘をついている事を自覚していないケースなどもあります。

そんな場合には、嘘をついている事をしっかりと自覚させてあげる事で、良い方向に導いてあげる事もできるかもしれません。

しっかりと相手の為に向き合う事も、時には選択する必要がある事を覚えておきましょう。

できるだけ距離をとる

あまり近い距離で嘘をつく人と一緒にいると、自分まで嘘をついてしまう場合がありますし、嘘をつく事に関して容認しているとみなされる場合もあります。

一緒にいると周りからしたらあの人も嘘をいってるんじゃと思われる可能性もありますので、それが嫌なのであれば、しっかりと相手と距離を取るという事が大事になります。

親しい関係だったとしても、それが冷静に考えた時には良い対処法になるのかもしれません。

自分の身を守る事が大事

自分の身をしっかりと守る事が一番大事になります。

周りのせいで自分が損をしてしまうのは馬鹿らしいですよね。

それも嘘をつくような人のせいでと考えると、あまり良い事だとはいえないかもしれません。

なので、しっかりと自分の身を守れるように準備して、行動する事が大事であるという事を覚えておきましょう。

よく嘘を言う人、周りに居ませんか?

あなたの周りにも一人くらいは嘘をよくつく人っていませんか?

これがけっこう探すと周りにいるんですよね。

もちろん様々なタイプがあり、時々嘘をついたりするパターンもあれば、普段から嘘をついている場合などもあります。

人それぞれになるかもしれませんが、これがけっこう身の回りにいる事が多いんですよね。

多かれ少なかれ人間は嘘をつく生き物

確かに、今までに嘘を一度もついた事がないという人はいないかと思います。

中には、ばれないで、嘘をついたことがあるという人も中にはいるでしょう。

確かに、人間は嘘をつく生き物ですし、時にはつきたくなくても、自分の身が可愛いからこそつかないといけない状況になってしまうという人もいるかとは思います。

言う過ぎる人は信用を失う

ただ、嘘をあまりにも言ってしまうという事は、それだけ周りに対して信頼をなくす可能性を増やし続けているという事にも繋がります。

バレなければ問題がないという人もいるかもしれませんが、これがけっこう知らない所でばれていたり、怪しまれていたりするものです。

なので、普段からバレないからといって、嘘をつく事は絶対にしないようにする事が大事です。

そもそも虚言癖って?

虚言癖という言葉の意味をそもそもあまり知らないという人も中に入るかもしれませんので、一応ご説明させていただきたいと思います。

簡単にいえば、嘘をつくという事が日常的になっているという事になります。

普通の人であれば、嘘をつくという行為自体がとらない行動になるんで、日常的にと考えた時には、疑ってしまう場合もあるでしょう。

でも、日常的についている人は本当にふとした瞬間に嘘を言うケースが多いんです。

嘘をつく事が癖になっている

嘘をつき、いったんその味を占めてしまった場合、それが病みつきになってしまい、それが日常的になり、最終的に嘘を普段からつき、嘘をつく行動から離れられなくなってしまうという事にもなります。

そうなってしまったら最後、もうそれがなくしてはいられない状況になってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

子どもの虚言癖と大人の虚言癖がある

実は、虚言癖って子どもの虚言癖と大人の虚言癖とふたつあるんです。

これはあまり知らないという方もかなり多いのではないでしょうか。

子どもの虚言癖の場合、空想世界を作り出している場合が多く、理想の自分と混同してしまっていることが挙げられます。

周りからの期待などからのプレッシャーがこのような事を作り出している可能性があるといえるでしょう。

大人の虚言癖はどちらかといえば、コンプレックスなどを隠すためにつく事が多く、大人と子供でこのように虚言癖でも差があるという事を知っておいてください。

そうする事で、対応方法が全く変わってくるかと思いますよ。

虚言癖の人だと気付いたら特徴などを理解し、距離を置いて付き合う事がおすすめ

虚言癖の人をしっかりと観察し、一緒にいると危ないと思うのであれば、しっかりと距離を取る必要がありますし、良い人だけど、虚言癖があるという場合は、相手にしっかりと伝えてあげた方がいいかな、などその状況などによって対応方法を変えてみる事をお勧め致します。

虚言があっても、それでも一緒にいたいと思ったり、相手の為に何かしてあげたいと思うのであれば行動してあげればいいのです。

相手が悪い人なら、そこまでしてあげる必要もありませんので、しっかりと相手がどういう人なのか見極めて、害があるなら距離を置く。

これを守って頂ければ、きちんとした付き合い方が出来るのではないでしょうか。

一番気を付けて頂きたいのは、自分自身が虚言癖を持たないようにするという事です。

普段から是非気を付けてみてくださいね。

【嘘つきの人については、こちらの記事もチェック!】