日本には様々な過去の歴史が存在しており、様々な歴史が今の日本を作り上げているということがいえます。

学校の勉強でも日本のこれまでの歴史であったり、世界の歴史、そして世界が日本に与えた影響であったり、逆に日本が世界に与えた影響なども学ぶ事になります。

歴史を学ぶという事は、過去を学ぶと言うことであり、自然と過去を学べば今私たちが生きている現代について学ぶという事にも繋がります。

それは過去に起きた出来事が、今の日本を作り上げていると言えるからであり、これからの日本は今を起点に物事が動いているからです。

様々な歴史がある中で、今回は踏み絵という用語をキーワードにして、ご紹介していきます。

踏み絵と聞いて、歴史があると思わない方もいるかもしれませんが、踏み絵を背景に様々な歴史が存在しています。

歴史を知るという事は視野を広げる事にもつながり、知識として様々な事を私たちに与えてくれます。

視野を広げる事で、様々な場面で役に立つ可能性もあります。

自分自身の視野を広げるためにも、歴史の知識として知っておきましょう。

踏み絵とは。

踏み絵という言葉を知らない方もいるかもしれませんので、まずは踏み絵という言葉の意味についてまずはご紹介します。

踏み絵とは、キリストやマリアの像を木、もしくは金属の板に刻んだ物を足で踏ませるという行為になります。

歴史の勉強をする中で聞いたことがある方がかなり多いと思いますが、
踏み絵の意味だけを知ってもなぜこのような事をするのかいまいちわからない方もいるかもしれませんね。

踏み絵を行っているのは、ある目的があり過去にこのような事が行われていました。

具体的な理由につきましては後ほどご紹介します。

踏み絵と絵踏みの違い。


踏み絵という言葉を知った上で絵踏みと言う言葉との違いについてご説明します。

子供の頃などに絵踏みをして遊んだ経験がある方もいると思います。

遊んだ時期としては、主にお正月などの恒例行事ということで絵踏みを行って遊んでいたと思います。

とても似ている言葉ですが、厳密には意味が違います。

ご説明すると、キリストやマリアの絵が書かれている木の板、もしくは金属の板を踏ませる行為を絵踏みと言います。

その時に踏ませる絵の描かれた木の板、もしくは金属板を踏み絵と表します。

なので、踏ませるという行為を指し示すのか、踏ませる道具を指しているのかという違いが存在しており、似ている表現になりますが全く意味が異なります。

混同しやすいので、混乱する方もいるかもしれませんが、あくまで踏みという行為と、使い道具という事を区別して考えると分かりやすいと思います。

キリシタン狩りに使われた。

踏み絵を行う理由について理解することで歴史の背景や、その他のことについての関連性を理解することができます。

一般的に物事を掘り下げて考えることで、より理解が深まり、関連したたくさんの事を記憶に刷り込むことができますので広い視野を持つことにつながります。

踏み絵の意味を理解したところで、なぜ行っているのかという意味についても理解してください。

踏み絵が行われた理由として、キリシタン狩りに使われたという歴史的背景が存在しています。

キリシタンという言葉は、キリスト教を信じている信者の事を指し示す言葉です。

あなたもこれまでの人生でキリスト教を信じている人が身近にいた事はありませんか?
キリストの信者はキリストを神の子と信じ、日々教えを大切に守り生活をしています。

だからこそ、キリシタンという存在を刈る為に踏み絵のような事が行われるようになったといえます。

キリスト教の信徒を探す1つの方法。


あなたがもしキリシタンかどうかを判断するために行動をするとしたらどの様な方法を考えますか。

先ほどご紹介した絵踏みと同時に、この方法を想像すると理解は難しくないと思います。

キリシタンはキリストをと神の子と信じ、常に教えを守っているので、神同然に考えています。

だからこそ踏み絵をさせることによって、自分が信じている神を足蹴にするという事に繋がるので、当然踏む事をためらう者はキリシタンという風に考えることができます。

厳格に教えを守っている熱狂的なキリスト教信者こそ、 絵踏みのような方法で信者だとわかってしまいます。

人間は他の動物と違い心を持っています。

その人間の心を利用した判別方法であると言えます、ある意味賢い、ある意味非人道的な方法であると言えます。

キリストやマリアが描かれている。

踏み絵にはイエスキリスト聖母マリアが描かれています。

キリストは文字通りキリスト教における神の子と称されている神同然の存在です。

聖母マリアはキリストを産んだ母であるマリアとして存在していますがどちらもキリスト教信じる者にとっては非常に強く崇めている存在なります。

神同然の存在を足で踏むという行為は当然ながら教えを守っている方にとっては行ってはいけない行為であり、これまで生きてきた中でたくさんの教えを守ってきている方にこそできない行為です。

自分自身を否定される事にも繋がり、厳格な教えを守ってきた人にとっては屈辱的な行為です。

だからこそ、判別方法として採用され、自らが一番崇めている存在を模して描かれているという事に繋がります。

紙製から木製や金属製に。

元々踏み絵に関しては文字通り紙に書かれた絵を使われて絵踏みをさせていました。

ただ先ほどお伝えしたようにキリシタンを探す為におこなっているので、紙に書いた絵を踏ませるとなると、すぐに絵自体が損傷をしてしまい何枚も何枚も書かなければいけなくなってしまいました。

そうなると当然効率が悪くなってしまいますよね。

なので、ある時から紙に絵を描くのを廃止し、その代わりに木の板や金属にキリスト、もしくはマリアを描くようになりました。

木の板や、金属に材料を変更することで、踏まれても損傷をさせることなく何度も利用することができると考えたためです。

実際に木の板や金属金属に変えることで同じものを何度も使用できるようになったので、大きく手間は激減したと言えます。

絵踏みが廃止されてからは木の板や金属などは再利用をされてしまっため、今現在の世の中で残っているものはとても少なくなっています。

今残っているものに関しても表面がすり減ってしまった形で残っているものが多いとされています。

絵踏みはお正月の行事⁉︎

絵踏みがお正月に行われていることを知っている方も多いと思います。

事実、絵踏みはお正月に行事として行われており、たくさんの方が遊びとして楽しんだ経験があります。

お正月に行われるということで、絵踏み春の季語とされています。

なので俳句などの季語として文章に使われる場合も多いといえます。

キリスト教徒の信者からたまったものではないと感じるかもしれませんね。

お祭りのようになっていった。

最終的に踏み絵はお祭りの様に扱われていくこととなります。

その経緯としては、昔はキリスト教信者を見分けるための方法として活用されていたものですが、継続されることによって、年月が経ち、元々行われていた意味を忘れてしまい、気づけばお祭りの行事として取り入れられるようになりました。

キリスト教の信者からすれば気を悪くしてしまうお祭りになるかもしれませんが、当の当事者等についてはそこまで深い考えで行なっているという事の意識は低いと言えます。

絵踏みがされるようになった経緯。

絵踏みが行われるようになった経緯についてご説明します。

元々絵踏みが行われる理由となったのは、キリシタンを判別するためだという事は先ほどお伝えしました。

では、なぜキリシタンを判別しなければいけなくなったのかという事を知らなければ、意味が分かりませんよね。

まずはキリシタンが判別しないといけなくなった理由を掘り下げて考えていきましょう。

掘り下げて考える事で、より深い理解が得られるようになります。

この機会に絵踏みという言葉の背景にある歴史を知りましょう。

キリシタン禁令とは。

キリシタンを判別しなければいけなくなった理由を説明する前にまずは禁教令について知っていただく必要があると言えます。

禁教令とはある宗教を信仰したり消したりすることを禁じる命令になります。

例えばキリシタン禁令ということを考えると日本においてキリスト教を禁じるという命令になります。

なので、当然ながら日本にいるキリシタンを判別する必要があるということにつながります。