恋愛はいつも常に幸せ…とは限りません。

長く付き合っていけば必ず上手くいかなかったり壁にぶつかったりする時もありますし、相手と距離を置くべきか迷う時だってあったりするものですよね?そんな時「彼/彼女のことがまだ好きなのか」「一緒にいて幸せになれるのか」なんていろんなことを考えてしまって、なかなか決断することも難しいと思います。

そしていざ距離を置いたとしても、その後どう別れを切り出せばいいのか、あるいはどうやって復縁をすればいいのか、といったことがまた更に難しくて、なかなか2人の関係を前進させることができなかったりしますよね。

そこで今回はそんな風に距離を置くかどうか迷った時に考えるべきことや注意点、また実際に距離を置いた後の別れ方・復縁の仕方などについてご紹介していきたいと思います。

恋愛に絶対の答えなんてないし本当に正しいやり方というのも分かりませんが、でも必ず状況を変えるヒントとなるはずです。

もしも今恋愛に悩んでいる人がいたらぜひ参考にして、2人のためにできることをよく考えてみてくださいね。

距離を置いた方が良い場合もある

「距離を置くとかえって状況が悪くなってしまうんじゃ…」なんていう風に距離を置くことに対して否定的な人もいたりしますが、でも恋愛においては時に距離を置いて2人の関係を見直した方が良い時もあるんです。

特にお互いの態度がひどくなってきたり、2人の関係が悪くなってきたなんて感じた時がそう。

そんな時こそ1度離れて相手と自分の何が悪かったか、反省をすることが大切になってくるんです。

またあるいは自分の気持ちを再確認することで別れを決意でき、前進できるようになるなんてこともあったりしますよね。

もしも皆さんも恋人とこれからご紹介していくような状況になっていたら要注意。

距離を置くべきかきちんと見直す時なのかもしれませんよ。

1. 相手の嫌な面が目立ってきた時

付き合いたての頃は相手の好きなところをどんどん発見できて幸せな気持ちになれるもの。

でもラブラブな時期を過ぎて長く一緒にいるようになると、今度は段々と相手の嫌な部分が目立つようになってきますよね。

そして相手の嫌なところしか見えなくなってしまったり、そんな相手にずっと腹を立てて許せないと思えるようになってしまったら、それはもう危険な状態。

距離を置いて相手と離れ、相手の嫌なところをしばらく見ないようにするのが良いでしょう。

そうすればイライラからも解放され頭を冷静にすることができるので、改めて相手や2人の関係について見直すことができますよ。

もしかしたら相手の好きなところや良いところなどを思い出し、また復縁したいと思えるようになるかもしれませんね。

また距離を置く前に相手に嫌な所や離れる理由についてきちんと話しておけば、離れている間に反省をしてそこを改善してくれるかもしれませんよね。

ついでに自分には嫌なところはなかったかなども考え反省し、その後に活かせるようにするとより良いと思いますよ。

2. 言葉の暴力が増えてきた時

付き合いたての頃は幸せな気持ちや優しい気持ちでいっぱいで、お互いに相手を気遣えるものですが……長く付き合っていくとそんな気持ちもどんどんなくなり、相手に対してついひどいことを言ってしまう、なんてことも多くなってきたりしてしまいます。

しかも時間が経っていけばいくほど状況はどんどん悪くなるので、最悪相手を本当に傷付けるようなことまで言ってしまう恐れも。

そんなことになってしまう前に1度距離をとってお互いに冷静になることが大切ですね。

お互いに頭が冷えれば、自分が相手にどれだけひどいことを言ったのか振り返ることができ、反省できるようになります。

また相手が一方的に暴言を吐くような状態だったら、相手にそのことを気付かせる時間を持たせることもできますよね。

反省がきちんとできれば言葉の暴力をやめるよう努力もできるようになるはずですし、むしろきっと相手に対して優しい気持ちで接するようにもなれるはずですよ。

3. 力の暴力が増えてきた時

言葉の暴力もひどいことなんですが、もっと最悪な状況なのが力による暴力を行うようになった時。

これは今すぐにでも距離を置くべき時だと言えるでしょう。

なぜなら力の暴力というのは言うまでもなく、本当に危険なものだから。

傷や怪我だってどんどん増えてきてしまいますし、最悪命に関わるような事態にだってなりかねません。

また体だけじゃなく心だって当然傷付きますし、傷付けられた方だけじゃなく傷付けた方だって辛くなるはずです。

なので危険を避けるため、お互いを傷付けないためにも、いち早く距離をとって離れるようにするべきです。

そうすれば傷付けられた方はゆっくり療養することができますし、傷付けた方も冷静になって反省ができるはずですよね。

ただ力の暴力というのはなかなか深刻な問題で、心にトラウマを与えてしまうことだってありますし、1度暴力をふるった人はまた繰り返すという恐れだって十分考えられます。

復縁したからと言ってまた必ず幸せになれるとは限らないわけです。

なので悲しいことではありますが、もう無理だと感じる場合はすぐに別れを決断するというのも正しい選択だと言えるでしょうね。

4. 嘘をつくことが多くなってきた時

相手が自分に対して嘘をつくことが多くなってきた。

これも非常に傷付きますし、相手への信頼もどんどんなくなっていってしまう行為です。

しかも嘘をつくことが多い人というのは、相手がその嘘に気付いているということに気付かず、嘘をつき続けるという場合が多かったりするので……そうなると傷付くのは嘘をつかれた方だけなので、一方だけがただただ辛い思いをすることになるんですよね。

そんな最低な相手に反省をさせるためにも、やはり距離を置いて1度離れることがオススメ。

距離を置こうと切り出す時に「嘘をついていたくせに」とハッキリ相手に言っておけば、当然相手はしっかりと反省をするはずですよ。

また離れることで相手への思いや大切さを再認識できるようにもなるはずです。

ただ嘘をつく人というのもなかなか治らず、結局嘘を繰り返す…なんてことになりかねないので。

そういうことがあっても付き合っていけるのか、冷静になってよーく考えることが大切だと思いますよ。

5. ダラダラした態度が増えてきた時

相手が恋愛に対して適当で、ダラダラな態度をとるようになってきた。

これも恋愛ではよく聞かれる話です。

みんな最初は必ず恋愛に対して真剣でいろんなことに一生懸命になるのに、長く付き合っていくと慣れ合いになりいつからかダラダラと相手と過ごすようになってしまうんですよね。

特に男性にこういうタイプが多く、そしてこれを不満に思う女性が多くなっているのではないでしょうか。

一見大した問題ではないようにも思えますが、しかしこういったことはどんなに言ってもなかなか反省せず改善しないという人が多いので……距離を置きこちらがどれだけ不満に感じているのかをきちんと分かってもらった方が良いんですね。

やはり距離を置かれるというのはかなり大事でショックなことなので、これをされることに相手は慌てて反省し、そして恋愛に対してまた気が引き締まるようになるようですよ。

ただこういう人は時間が経って慣れてくるとまたダラダラになってしまう可能性が高いので、すぐには許さずに相当反省させるようにした方が良いと思います。

6. どこが好きなのかわからなくなってきた時

長く付き合っていくと慣れ合いになる上に、相手の嫌なとこばかり目につくようになるので、「この人のどこが好きなんだっけ?」なんて感じやすくなったりもするものです。

もちろん嫌いになったというわけではないので別れたいというわけでもないんですが……どこが好きなのかが分からないからそこまで情熱的にもなれず、恋愛を楽しいと思えなくなってしまうんですよね。

また不思議とこういう時は相手も同じような感情になっていることが多く、2人して同時に恋愛に冷めていたりするんですよね。

そんな2人の関係を改善するために距離を置くことは大切。

先程もお話したように、どんなに慣れ合いになってしまった恋人同士でも相手と離れることで相手への思いや大切さを再認識できるようになるはずなので、自然と相手の好きなところなども思い出せるようになるはずですよ。

もしかしたら会えなくなったことで新たな相手の好きなところを再発見し、一層思いが強まるなんてこともあるかも。

2人の関係をより良いものにするためにも、たまに適度な距離を持つことは必要と言えるのかもしれませんね。

7. 感謝や謝罪の言葉がなくなってきた時

長く付き合って一緒にいることが当たり前になってくると、相手に何かしてもらうことやなんでも許してもらうということも当たり前になってしまって、感謝や謝罪の言葉を交わすこともどんどん減ってきてしまいます。

もちろんそれだけ信頼できる仲になれたということではあると思うのですが、しかしどんな仲になったとしても感謝や謝罪の気持ちを伝えるというのは基本的で大事なことですよね。

なので気遣いや遠慮などの気持ちを思い出すためにも、やはり1度距離を置いて離れた方が良いと言えるでしょう。

そうすれば相手への思いを再確認することができるだけでなく相手の存在の有難さなども分かるようになり、感謝や謝罪をすることの大切さも思い出すようになるはずですよ。

また離れることで気持ちがリセットされるので、初心に帰りまた新鮮な気持ちで付き合えるようになりますよね。

そうなれば相手のことももっともっと大切にしようと思えるはず。

常に「ありがとう」と「ごめんね」という言葉を頭に刻み付け、相手と真摯に向き合うようにしていくように心がけましょう。

8. 笑うことが殆ど無くなってきた時

恋人同士というのは一緒にいるととても幸せで楽しいもの。

共有する時間や思い出もどんどん増えていき、その度に笑顔でいっぱいになったりするものですよね。

しかし長く付き合い一緒にいることに慣れ切ってしまうと、2人で笑うということも段々減っていくように。

気付いた時には「あれ?最近一緒にいても殆ど笑っていない…」なんて寂しすぎる事態になっていたりするんですよ。

2人でもう一度笑えるようになるには環境も気持ちも一旦リセットして、再び新鮮な気持ちを取り戻すことが大事。

そのためにもやはり1度距離を置くことがオススメです。

距離を置いてしばらく1人で行動をしていれば、2人で何かするということの楽しさにも気付けるはずですから。

きっと以前のように自然と笑えるようにもなるはずです。

また復縁後は2人で出かけたりするなど何かイベントを増やし、新しいことに挑戦するというのも良いかもしれませんね。

何か新しいことというのはやはり楽しいものですから、それを2人で共有するようにすれば、一緒に笑える機会ももっと多くなってくると思いますよ。

距離を置くか迷った時の注意点5個

ここまでは距離を置くべきタイミングなどについてお話をしてきましたが……いざそういう時に直面した時実際に距離を置くべきかどうか、それをどう決断するかが悩みどころになるんですよね。

中にはなかなか決断ができずずるずると付き合ってしまい、結局何も解決できないなんて人も多いかも。

そんな人達のためにもここからは距離を置くか迷った時に考えるべき注意点についてご紹介をしていきたいと思います。

これを考えたとしても決断までいくにはまだかなり悩むと思いますが、それでも皆さんの背中を押す何か良い手助けになればと思います。

1. 本当に互いに愛情が無くなったのか考える

果たして本当にお互いに愛情がなくなってしまったのかどうか、まずはそこから考えてみるようにしましょう。

先程ご紹介してきたように人は様々な理由から恋人に不満などを感じ、距離を取りたいと思いがちになりますが。

その様々な理由が目の前にあることで、自分や相手の気持ちにまでちゃんと目を向けられなかったりするんですよね。

でも本来恋愛というのは気持ちが1番大事なもの。

愛情があるかどうかが重要で、それによって選択も変わってくるのではないでしょうか。

後になって自分の気持ちに気付き後悔をするということがないよう、まずはしっかりとお互いの気持ちを確認してくださいね。

2. ここで相手を失うことが最善なのか考える

距離を置くべきかどうか迷った時、そんな時は相手を失うことが本当に最善なのかということも考えるようにしましょう。

つまり相手と別れた後、自分はどうなるのか考えるということですね。

相手と離れたことが果たしてプラスとなっているのか?それとも反対なのか?それを想像することで相手が自分にとってどれだけの存在なのかというのが分かり、相手への気持ちも再確認できるようになるはず。

そしてそこから本当に距離をおくべきなのかという答えも自然と分かるようになっていくんです。

その場の感情などに流されてしまうのではなく、先のこともリアルに考え、その上で決断をすることも大切になってくるんですよ。

3. 一緒にいる利点が何も無いのか考える

距離を置くべきかどうか悩む時は、大抵相手や2人の関係に不満・不安を感じてそうなるものですが……1度その悪い部分には目を瞑り、一緒にいることの利点についても考えるようにしましょう。

そうすれば2人の関係の悪いところだけでなく、良いところもきちんと見つめられるようになり、2つを比べながら距離を置くべきかしっかりと考えることができるからです。

もしも利点がたくさん見つかったら2人の関係にも希望が持てるようになり、やり直そうという気持ちになれるかもしれませんしね。

更に一緒にいることの利点だけではなく、相手の良いところなどについても改めて見直すことができればまた考え方が変わってくると思いますよ。

4. 周囲の人間関係が滅茶苦茶にならないか考える

恋愛というのは基本的に2人の問題ではありますが、2人が距離を置くあるいは別れることで、周囲の人間関係が崩れてしまうなんて場合もあったりします。

例えばお互いの友達同士や家族同士が仲が良いという場合ですね。

せっかく良い関係を築けているのに2人が別れてしまうと気まずくなってしまいますし、今後の交流も持ちづらくなってしまいますよね。

もしかすると2人の縁が切れることで周囲の人達の縁も切れ、反対に今度は険悪な仲になってしまう、なんて最悪な事態も起こりかねないかもしれません。

なので距離を置くか迷った時は自分達のことだけでなく、周囲の人達のことも思い出すようにしましょう。

もちろん1番大切なのは2人の気持ちですから、周囲の人達に合わせて決断をする必要はありませんが。

なるべく大事な人達を巻き込まないよう、より良い決断をしておきたいところですね。

5. 相手に対する感謝はないか考える

先程もお話したように、距離を置きたいと思う人は相手や2人の関係に不満などを感じ、そこにばかり意識がいくようになってしまいますが。

一緒にいることの利点同様、良い面に目を向けるというのも大切になってきます。

例えば相手に対する感謝の気持ちもその1つですね。

これまで付き合ってきた中で相手が自分にしてきてくれたこと・喜ばせてくれたことなどを思い出し、それを踏まえて考えるようにするんです。

そうすれば相手の優しいところなども思い出せるようになり、より広い視野で2人のことを考えられるようになるはずですよ。

不満や不安にばかり注目するのではなく、そういった過去の色々な思い出も思い出しながら、後悔のない選択をするようにしてくださいね。

別れ方のポイント

先程距離を置くべきか決断するまでが難しいというお話をしましたが、もう1つ難しいのが実際に距離を置いた後どうするのか。

別れるにしろ復縁にしろ、それをどう相手に切り出してどう行動していけば良いのかというのがまた困ったところなんですよね。

ということで次はそんな別れ方・復縁の仕方のポイントについてご紹介したいと思います。

まずは別れ方についてですが、別れる際はなるべくトラブルなどなく円満に別れられるよう、色々気遣いをすることが大切となってきますよ。

それでは早速見ていきましょう。

1. 喧嘩別れをしないようにする

別れる時というのはどうしても感情が出やすいものだし、トラブルも起こりやすくなるもの。

でも最後のお別れだからこそ2人が納得して綺麗に別れられるようにしたいですよね。

そのためにもまずは喧嘩別れなどはしないように心がけましょう。

お互い不満や文句なども色々あるかもしれませんが、そういったマイナス的なことはなるべく言わないようにして、あまり相手を刺激しないようにした方が良いですね。

また理不尽かもしれませんが、相手が万が一怒ってきたとしても自分は我慢して受け止めるように。

そうすれば相手もすぐに落ち着き、冷静に話し合いができるようになるはずですよ。

感情は抑えて、なるべく無駄な喧嘩は避けるようにしましょうね。

2. これまでの感謝をしっかり伝える

喧嘩などをせず円満に別れるために、これまでの付き合いが楽しくて幸せだったという気持ちを伝えるのも大事なポイントとなってきます。

特に相手に対するこれまでの感謝などをしっかりと伝えると良いですね。

付き合ってくれてありがとう・いろんな思い出をありがとうなど、とにかく相手に感じた色々な感謝をそのまま素直に伝えるようにするんです。

そうすれば相手も優しい気持ちになり、きっとそのまま気持ち良く別れることができるはずですよ。

若干恥ずかしさなどもあるかもしれませんが、後悔などしないよう、言いたいことは思い切って全部伝えておくと良いと思います。

3. 相手の今後の幸せを心から祈っていると伝える

とにかく綺麗に別れるためには相手に嫌な思いはなるべくさせないということが大事になってきます。

なので先程の感謝を伝える同様、相手と話すことも嬉しい内容のものや前向きになれるような内容のものを中心にした方が良いんですね。

例えばオススメなのが「今後の幸せを心から祈っている」という言葉。

これは相手の今後を応援する言葉なので言われれば当然嬉しいことですし、励みにもなるはずです。

またその一方で次の恋愛に向けて背中を押す言葉にもなるので、「もう未練はない」「早く忘れて次の恋愛を見つけて」という意図も伝わりやすい言葉になっているんですね。

相手に余計な未練や勘違いを残すことなくスッキリ別れるためにも、最後に必ず一言これを伝えるようにしてみてください。

4. 借りていたものなどをきちんと返して清算する

お話してきたように、綺麗に別れるためには最後の会話や接し方なども大切ですが、未練やトラブルを残さないよう物などをきちんと清算することも大切になってきますよ。

特に相手からもらったものなどではなく、借りたものについてはきちんと返して清算をしておいた方が良いですね。

そうしないと別れた後、もしかしたら「返してほしい」なんて連絡をしてきたり、返すためにまた会う羽目になったりと、面倒なことになってしまうかもしれませんから。

借りたものはなるべく全部返すようにしておきましょう。

逆にこちらが貸したものなども事前に全部伝えて、ちゃんと全て返してもらうようにしておいてくださいね。

5. 周囲にも円満に分かれたことをきちんと伝える

相手と別れたら、当然友達や家族など周囲の人にもそれを報告していかなければいけませんよね。

その時は必ず「円満に別れた」という部分をしっかり伝えて報告するようにしましょう。

なぜなら友達などは相手とどこかで会う可能性も高く、その時に自分のことを話すことだってあるかもしれないからです。

そんな時にもしも友達が「別れて落ち込んでた」など余計なことを言ったら、相手が勘違いをして、最悪また連絡をとってきたりヨリを戻そうとしてくるかもしれませんよね?

そんなことにならないためにも周囲の人には円満に別れたということをしっかり伝えて、全く未練などはないというところをアピールしておいた方が良いわけです。

特に相手ととても仲が良いという人や関わる可能性が高いと思う人にはきちんとアピールをしておくようにしましょうね。

復縁の仕方のポイント

続いては復縁に関するポイントですね。

復縁は前向きで良いことなので、一見別れよりもハードルが低そうなイメージがあるのですが……しかし1度距離を置いている分どうやったら仲直りができるのか・どうやったら前のような距離感に戻れるのか、というところが悩みどころとなってくるわけなんですね。

一体どのように接していくのが良いのでしょうか?

1. 自分の悪かった点の反省を伝える

相手とスムーズに復縁をするために、まずは自分の非を認めて反省しているという意を素直に伝えるようにすると良いと思います。

そうすれば相手も悪い気はせず、復縁に対して寛大に考えられるようになるからです。

またこちらが先に非を認めてしまっている分、相手も自分の悪かったところを認めやすくなりますよね。

そうするとお互いが素直になれるわけなので、復縁もより円満にできるようになってくるわけです。

ただし最初にあまり自分の立場を弱くしすぎると後々復縁した後も弱いまま、なんてことになりやすくなってしまうので、そこは注意をした方が良いでしょう。

自分を悪く言ったり責めるような発言は過剰にし過ぎず、悪いと思ったことだけに関してしっかり反省の意を示すようにするのがベストだと思いますよ。

2. 次はこうなりたい、という夢や目標を伝える

もしも復縁をしたら、次はこうなりたい・こんな付き合いをしていきたい。

そんな夢や目標を事前にしっかり伝えておくというのも復縁をするための大切なポイントだったりしますよ。

というのも、そういうしっかりとした夢などを伝えることは、自分がいかに復縁を本気で考えているかというのを相手に伝えることでもあるからです。

またその夢や目標が2人にとって実現可能なものや素晴らしいものだったら、相手も復縁に希望が持てるようになってやり直したいと強く思ってくれるようになりますよね。

そのためにもやはりこれまでの付き合いをちゃんと反省し、今後の明確な目標を考えておくことが重要となるんです。

3. やっぱりあなたしかいない、と相手を立てる

相手を復縁に対して前向きにさせるためには、自分にとって相手がどれだけ必要で大切な存在か、というのを分かってもらう必要があります。

そのためにも例えば「やっぱりあなたしかいない」などという風に熱い思いを伝えて、相手を立てるようにしていく…などしていくのはどうでしょうか?

やっぱり人は必要とされると嬉しいものですし、ついついそれに答えてあげたくなってしまうものですからね。

そうすることで相手も「復縁するべきかな…」と前向きに考えられるようになってくると思いますよ。

特に男性は女性に立ててもらえることや必要とされることに対して特に喜びを感じるようなので、復縁をしたい相手が男性という場合に最も役立つポイントと言えるかもしれませんね。

4. しつこく復縁を迫らない

復縁を確実にするためには、相手にしつこく復縁を迫らないというのも大事なポイントになってきます。

恋人とヨリを戻したい……という強い気持ちから、しつこく復縁を迫ってしまうなんて人もよくいたりするんですが。

しかししつこい人というのは周囲の人から当然引かれやすく、迷惑がられることも多くなってきてしまうんですよね。

そうなってしまっては逆効果。

最悪相手にも嫌われてしまい正式に別れを切り出されてしまう、なんて事態にもなりかねませんよ。

なので復縁を迫る時はあまりしつこくアピールせず、相手の気持ちがきちんと固まるのを待つようにしましょう。

もちろんメールや電話をしたりしてしつこく連絡をとろうとするなんていうのもNG。

相手だって復縁のことを真剣に考えて悩んでくれているわけですから、その気持ちを尊重して気長に待つようにしてあげてくださいね。

5. 焦らないでじっくり話し合う

先程のしつこく復縁を迫らないというお話にも似ていますが、早く復縁を決めたいとやたらと焦ることは絶対にやめるようにしましょう。

なぜなら先程のお話したように、相手も復縁をしようかどうしようか真剣に悩んでいるわけですから。

無駄に焦らせてプレッシャーを与えるようなことをしてしまってはかえって逆効果になってしまいますよ。

だったら2人でじっくり時間をかけた方がより効果的で前向きな方法と言えるでしょう。

2人の時間をその分たくさん持てるわけですし、今後について色々と話し合うこともできるわけですからね。

もしかしたら話し合いを設けることによって相手も2人の関係に自信が持てるようになり復縁をする気になってくれるかもしれませんし。

じっくり話し合う時間も大切にするようにしていってくださいね。

6. 復縁をゴールにしてはいけない

最後にもう1つ。

恋人との復縁を夢見るあまり、つい張り切ってしまったり相手にしつこくなってしまうなんて人もよくいたりしますが。

勘違いしてはいけません。

復縁というのは決してゴールではありません。

復縁が決まってその後どう付き合っていくかというのが最も重要になってくるんですよ。

しかも復縁を単に「やり直し」と考えている人もいますが、復縁の本当の意味というのは「2人の関係をもう1度新しく作っていく」ということ。

つまり復縁というのはむしろスタートで、ここからが2人にとって新たな本番となるわけです。

まぁ好きな人とまたやり直せるわけですから、人生のピークのような気分になってしまうのも仕方がないのかもしれませんが。

でもせっかくやり直せたからこそこれまで以上に大切にしていかなければいけないわけですよね。

付き合っていけば当然また不満や不安なども出てきて、ケンカなどをすることも多くなってくるかもしれませんが、2人で乗り越えて取り戻したその絆を無駄にしないよう、お互いに支え合っていってくださいね。

【復縁については、こちらの記事もチェック!】