2011年7月、東北の大震災被災地を視察した松本龍復興大臣は、各県の知事に対し、「お客さんが来るときは、自分が入ってから呼べ。」「知恵を出したところは助け、知恵を出さないところは助けない。」と発言しました。

マスコミに対しては「今のはオフレコだから。書いたらその社は終わりだから。」と脅しつけました。

最近では最も傲慢な政治家の発言としてよく覚えています。

松本氏は初代の復興大臣ですが、その後もパンツ大臣と言われた人や、おんぶ視察で批判を浴びた副大臣と続きます。

極めつけは前任の今村大臣で「震災が東北で良かった。」と発言し即刻クビになりました。

松本氏の傲慢発言以来、復興庁はほとんどバカの巣窟のようになってしまいました。

このような傲慢で人の心に寄り添えない人たちが、重職についているというのは、本当はあってはならないことです。

本来の仕事が一向に進まないという、弊害が大きすぎるからです。

そういうことを念頭におきつつ、これから、傲慢な人の特徴について考察していくことにしましょう。

️あまり印象の良くない傲慢な人

傲慢かつ印象の良い人というのは、あまり見かけたことはありません。

あの人は傲慢だ、というとき、それは好き嫌いを超えて、また付き合いの長さにも関わりなく、全員の意見が一致しやすいところでしょう。

とにかく傲慢な人には悪い印象がついて回ります。

誰もが認める常識といってもよさそうです。

傲慢といわれている当人たちは、どこまでこうした包囲網に気付いているのでしょうか。

こうした感受性の働きが大きな問題です。

️傲慢の意味は?

一般の辞書で傲慢引いてみると、おごり高ぶって人を見下すこと、またはそのさま、とあります。

もう一つ、ブリタニカ国際百科事典というのを参照してみましょう。

それにはこうあります。

傲慢とは、他者に対して優越を覚えるほどの自己満足の状態を意味します。

フランスの思想家・パスカルは特に、自分のみじめさという人間本来の状態に無知であることとしてこれを重視しました。

パスカルにおける唯一の救いの道は、キリスト者としての道で、無信仰者がいかに無為、怠惰を克服しても傲慢に陥るといいます。

また理性が、真理の最高なるものは別の次元に存することを知らずに、機械的な推論による真理の所有で満足しても、傲慢に陥るそうです。

訳文調かつキリスト教的でとても難しい表現になっています。

しかし、キリスト教徒ではない無信仰者には救いがない、というのが先に立っているような気がしてなりません。

ここには逆にキリスト教徒たちの選民思想と傲慢が出ているのではないでしょうか。

何だか傲慢に陥らないように生きるのは、日本でも西欧でも、とても大変なことのように思えてきます。

驕り高ぶる

傲慢の一般的な解釈は、驕り高ぶることです。

それでは一体何に対して驕っているというのでしょうか。

パスカル風に言えば、他者に対して優越を覚えるほどの自己満足の状態に酔っている、ということになるのでしょう。

それではなぜそのような態度をとって、平然としていられるのでしょうか。

この心理状態が大きな問題です。

この解明こそ、傲慢な人を考えていく上で、最大の焦点となりそうです。

他人を侮る


傲慢な人が他人を侮る理由は、やはりパスカル風に言えば、自分のみじめさという人間本来の状態に無知であることから来ているのでしょう。

自分のことはさておき、他人のみじめさにばかり目が行っているのに違いありません。

これは周囲の人たちが、あの人は傲慢と判断する決め手といってもよさそうです。

やはりパスカル風を踏襲するなら、自分だけの心理の所有を見つけたことで、陥ってしまった罠でしょうか。

️傲慢な人の24個の特徴

傲慢な人には、いくつもの際立った特徴があります。

まず項目をを立ててから、一つ一つ個別に検討していくことにしましょう。

自信に満ち溢れている

傲慢な人は、自信に満ち溢れているように見えます。

ただしその根拠はといえば、他人との比較において培ったプライドのみです。

これは他人には推し量ることのできない、極めて個人的な理由です。

客観性とは最初から無縁なものです。

そのためたいていの場合、彼らは自信過剰に見えてしまうのです。

もちろん当の本人にそんな自覚はありません。

ちなみに中国や韓国などの儒教社会では、自信に満ち溢れて立派に見えることは、何よりも大切です。

つねに他人より優位に立って交渉するため必要不可欠の要素だからです。

そのため彼らはほぼ全員厚かましい自信過剰人間です。

しかしニートや引きこもりになるよりはまし、とは言えるでしょう。

自信を前面に出すのは決して悪いことではありません。

ただし周囲とのやりとりを通じ、見た目の傲慢な印象は調整していくことが必要でしょう。

勘違いがイタイ

傲慢な人の、自信に満ちて堂々としているところは肯定することにしましょう。

しかし目に映っている風景が、周囲の人と違っているところは大いに気になるところです。

または風景は同じかもしれませんが、その解釈が違っているのかもしれません。

いずれにしろ、イタイ勘違い男または女として名をはせている人は多いものです。

相手の身になって考える、という経験をしたことがないのでしょう。

思い込みが激しい

傲慢な人は、思い込みの激しい人ばかりといってよいでしょう。

彼らに一度凝り固まった考えを修正させるのは容易ではありません。

周囲にいるバランス感覚の優れた人は、当然修正を試みたことはあるでしょう。

しかし何回も繰り返した挙句、匙を投げてしまった、という人が多いのではないでしょうか。

通常の生活の中で修正していくのは難しそうです。

何らかのきっかけ、強烈な一撃を必要としているのでしょう。

いつも自分が正しい

傲慢な人は、思い込みが激しく、なかなか自分の考えを修正しようとはしません。

それは常に自分は正しいと思っているからに他なりません。

修正する必要を感じていないのです。

長く保持している信念も、日々選択していく短期の判断において同様です。

常に自分なりの正しい判断をしている、と確信しています。

そして聞かれてもいないのに、自分の考えを示さずにはいられなくなります。

これは周囲にとってうっとうしい限りです。

こうなるともう付け入るすきがない、といってもいいでしょう。

自分勝手

傲慢な人は、固定観念にとらわれている印象が非常につよく、自分勝手に見られることがほとんどです。

したがってチームプレーは苦手としています。

チームワークの基本とは、自分の与えられた仕事をしっかりこなすこと、失敗があった場合それを誰かがカバーできることです。

傲慢な人は特に後者には向いていません。

チームメイトとして一緒に仕事をしたくないタイプの筆頭といえるでしょう。

世界の中心が自分

傲慢な人は、決して行動力に富んでいるわけではありません。

見た目は堂々としていても、中身がそれに伴っているとは限りません。

そうした自覚があって、自分でも焦っているように見えるときもあります。

なぜか固まってしまうのです。

世界の中心は自分にある、と思いこんでいなければ、あらゆる不安が噴出してしまうかも知れません。

そうなるのが怖いと感じているのでしょう。

他人を見下している

傲慢な人は、その身に付いた態度によって、本心とはかかわりなく、他人を見下しているように見られます。

本当は見下しているつもりはないかも知れません。

ただし他人を尊重しようとはしないため、周囲にはそのようにイメージされています。

うまく他人との適度な距離感をつかむことができていないようです。

対人関係ではリスクを避け、自分からは働きかけないという方針なのでしょう。

そのため人間関係を改善していくことができません。

上から目線

上から目線で人に接するというのは、最初に紹介した松本復興大臣がさんざんたたかれた部分です。

傲慢の象徴のようにとらえられました。

彼は宮城県知事に待たされたから、と釈明しました。

しかし検証によればわずか1分30秒ほどに過ぎなかったようです。

ビジネスでは一般的に5分前後の遅刻なら、問題にされません。

いちいち怒鳴りつけるような事例ではないでしょう。

世界的には約束通り表れない人間はたくさんいます。

東南アジアのビジネスでは日常的といっていいくらいです。

有名人ではロシアのプーチン大統領の遅刻常習がよく知られています。

ちょっとした遅刻など世界では大ごとではありません。

上から目線で叱責するような事例ではないのです。

知事は震災の処理で忙殺されていたに違いなく、まずそれを思いやる言葉をかけるのが、普通の人間としての感性です。

人の話を聞かない

傲慢な人には、人の話を聞かないイメージがついて回ります。

ちゃんと聞いていて、きちんと理解していても、意識的に聞いてないふりをすることも多いようです。

細かいことには関知しないふりをして、大物感を演出しているつもりかも知れません。

意識してやっている可能性はかなり高そうです。

いずれにしても他人の話を聞かない人に、有力な情報は集まってくる理由はありません。

知らず知らずのうちに、情報過疎地に追いやられていくことになります。

自分が一番偉いと思っている

傲慢な人について考えていると、その典型例のような人が、世間の関心を集めるようになりました。

渦中の人・豊田真由子衆議院議員です。

あの秘書に対する暴言や暴力は、強烈なインパクトがありました。

自分が一番偉いと思っている心のうちをさらけ出しているようです。

半面、自民党幹部や、有力支持者には、つけ届けを欠かさず、腰も普通に低いなど、本人が認めている通り、裏と表を使い分けていたようです。

偶然ワイドショーを見る機会がありました。

そのとき一番面白いと思ったのは、豊田議員の母親に対する近所の人の証言でした。

それは、母親も豊田議員と同じような話し方をする、あの音声とそっくりだ、というものです。

報道されているように、絵にかいたような秀才エリート一家ですが、家庭でもああいう話し方が普通だったというのでしょうか。

これは心理学や社会学など、学問的にも興味の尽きない問題のようにも思われます。

プライドが高い

傲慢な人イコールプライドの高い人に見られます。

確かにプライドは劣等感に根ざし、他者との比較において強く現れるものです。

傲慢な態度はプライドに起因し、その延長線上にあるとも言えます。

プライドをどのように持っているのかわかりやすければ、周囲もそれなりにその部分は尊重してくれるのではないでしょうか。

しかし傲慢な人は、あちこちにプライドの網を張っています。

すべてを避けることはできず、必ずどこかに引っかかってしまいます。

自分が大好き

傲慢な人は、自分のことばかり熱心に考えています。

そうしているうちにナルシシズム的傾向や、自分大好きの傾向に陥りがちです。

これらの症状がさらに進行しいくと、他の事柄に関心が向けられなくなります。

周囲からは間違いなく中身のない人間見られるでしょう。

ついには愛想をつかされることにます。

自分のことだけではなく、もっと多方面の事柄に関心を寄せるようにしなければなりません。

もっと社会問題に目を向け、自分の意見を持つようにするといいでしょう。

負けず嫌い

傲慢な人は、例外なく負けず嫌いです。

例の豊田真由子議員は東大法学部から厚生労働省へ入ったのですが、官僚の王道である財務省へ入れなかったことがコンプレックスになっていたといいます。

姉は医師、妹さんは弁護士ということですが、それらに対してもコンプレックスがあったといいます。

すべて一番にならない限り、勝者の視点から常に他人を見下していない限り、心理的に安定することはないのでしょう。

究極の負けず嫌いです。

そう理解すれば、あのおかしな行動の理由も何となく見えてきそうです。

嫌味ったらしい

傲慢な人は、必要のない念押しやダメ押しをすることが多いものです。

それはとても嫌味ったらしい印象を与えています。

ことが決まったあとの念押し、勝負が決まったあとのダメ押しは、自分の優位を確認するルーティンワークになっているのかも知れません。

しかしやらずもがなの行為なのは明らかに他人に不快感をもたらします。

そしてやればやるほど、余計なことをする人間としての評価が定着してしまいます。

自慢する

傲慢な人は、自分への高い評価を確認するため、意識して自慢をしてみせ、他人の反応をうかがおうとします。

これもルーティンになっていそうです。

このときの感度は全開まで研ぎ澄まされ、相手を凝視しています。

何一つ見逃そうとしません。

周囲の人たちは、うんざりしつつも、粗略には扱わないようにしていることでしょう。

あとでネチネチ言われるなど、さらに面倒になることがわかっているからです。

自分の非を認めない

傲慢な人は、自分の非を認めようとしません。

チームとして何か問題があったとき、自らに非のあるとき、バカではありませんから、たいていは正しく認識できています。

しかしそれを隠すために、意識して認めないように振舞っているのでしょう。

あっさり非を認めてしまうことはまずあり得ません。

おそらく自分の威信を保てないという恐怖に直結しているからです。

チームの一員として物事を解決しようという考えは持っていないため、他人のアドバイスもなかなか受け入れることもできません。

知ったかぶる

傲慢な人は、自分の知らない話題の中に入ってしまうことを、ひどくいやがります。

集団の中心から疎外された状況におかれることには耐えられないようです。

そのため知ったかぶりをしてでも、話題の中心に返り咲こうとします。

うまくいくこともあれば、無知をさらけだして失敗してしまうこともあります。

そういうリスクを犯してでも、グループの主流でときめいていたい欲求がとても強いのでしょう。

こういうモードに入っていろときは、あまり真面目に相手をする必要はありません。

まともな会話の成立しない可能性が高いからです。

反省しない

傲慢な人は、失敗してもあまり反省しているようには見えません。

トラブルを検証する過程において自分の非を認めないことが多いものです。

ただしまったくのバカではありませんから、少しまずかった行為とその影響について、一つも感知できないわけではありません。

ただ周囲の環境のせいに、すり替えようと画策しているだけです。

実はちゃんと反省しているケースもありそうですが、その様子はけっして表に出そうとはしません。

平気で人を悪く言う

傲慢な人は、他人を批判することかけては長けています。

常に自分中心に物事を考え、その考えになびかない他人を注視しています。

そのためきっかけさえあれば、そういう人たちの悪口はいくらでも出てきます。

常にその準備はできているといってもよいでしょう。

そういう行為がやがて自分にかえってくる、結果的に悪影響をもたらすという、常識的な人生訓は承認していません。

自分の考えを押し付ける

傲慢な人は、あまり他人の考えを尊重した経験を持っていません。

自分以外の意見は、取るに足らぬものという態度で過ごしてきたからです。

しかし、つねに自分の意見を振りかざして、他人を説得にかかってくるわけでもありません。

理路整然としていない、単なる思い込みに過ぎない考えも多く、素晴らしいものではないと自覚しているのかも知れません。

それでも自分の意見しか認めていないわけですから、とくに周囲の知人、友人にとっては意見を押し付けられているのとあまり変わらないでしょう。

お礼を言わない

傲慢な人は、自分のための舞台は常に準備されていて当たり前、という主演俳優の感覚で生きています。

周囲の人たちがそのために、苦心の段取りを重ねていたことにまで、思いの及ぶことはありません。

かなり鈍いといっていいでしょう。

当然、いちいち人に頭を下げ、お礼を述べるという感性を持ち合わせていません。

そうしているうちに無礼な人という評は、確固としたものに育っていきます。

こうした無礼が重なると、取り返しがつかない事態を招くことも十分あり得ます。

気を遣わない

傲慢な人は、上下関係をはじめ、社会的な人間関係の感覚をあまり身につけていません。

こうした面においては、比較的のんびりと過ごして来た人が多いのでしょう。

恵まれて育ち、あまり周囲に対して気を遣う必要はなかったと考えられます。

しかしその反対に、他人には自分を気にかけるように求めます。

これは明らかに一方通行です。

それでも天真爛漫さや誠実さの持ち合わせさえあれば、多少の不作法は帳消しにすることも可能でしょう。

しかし傲慢という評判をとるような人にとっては、ないものねだりに過ぎないかも知れません。

協調性がない

傲慢な人は、一般的に集団行動を苦手としています。

一匹狼またはお山の大将的な気質を持っていて、対等な立場においての協力はあまり得意とはしていません。

そうかといってすぐれたリーダーシップがあるというわけでもなく、またリーダーとして期待されているわけでもありません。

結局のところ協調性とはいつまでたっても無縁のままです。

傍目にはあまり必要な人間のように感じられません。

ときに人数合わせのために存在しているだけのようにも見えます。

とにかく当人の信じているほど、周囲にとって重要な存在ではなさそうです。

孤立している

傲慢な人は、これまでのさまざまな検討から考えても、本人の感覚と周囲の感覚に大きなギャップのあることは明らかです。

本人は自分を中心にすべてのプロジェクトが回っている、と考えているかも知れません。

しかし周囲の人にとって、そのようなグループは架空の存在に過ぎません。

本当は誰からも当てにされていないことが多いのです。

そして孤立しているのに気付かないのは、当の人だけです。

こういうの状況が、傲慢な人を取り巻く一般的な状況ではないでしょうか。

️傲慢な人、周りにいませんか?

以前にくらべると、傲慢でむさくるしい人は、かなり急速に減少しているように思います。

ハラスメントなどにより世間からむりやり退場を強いられた人もいるかもしれません。

、しかし一番大きな原因は定年による引退でしょう。

世代交代による社会風土の変化です。

かわりに社会に登場してきた若い世代には、少し危なっかしくても、傲慢という感じは少ないように思います。

むしろ打たれ弱さの方が気にかかりります。

ただし、傲慢というのは、尊大な態度や語り口だけに限りません。

結果としてこれは傲慢だった、ということは十分あり得ます。

東北で良かったと発言した今村復興相の外にも、台風が東京をそれた状況に対して「良かった」と発言したアナウンサーもいました。

大雨で避難しようとしている被災者たちを、足止めして無理やりインタビューをしているレポーターもいました。

ふだん傲慢な態度とは縁遠い人でさえ、意識せずとも自分本位の傲慢に陥る危険は、どこにでも潜んでいるのと思います。

世の中便利になりすぎた結果、トラブルに直面しても、大したことじゃあない、そのうち何とかなるさ、と軽く考えるきらいもないとはません。

仲間内のおちゃらけが国際問題となったケースさえあります。

躓かないよう、足元を見つめ、もう少し慎重に歩んで行きましょう。