CoCoSiA(ココシア)

女から誘うにはどうしたらいい?デートに告白、夜の生活まで!

女から誘うにはどうしたらいい?デートに告白、夜の生活まで!のイメージ写真
男女の愛の告白、デートのお誘いなどは基本的の男から誘うことが定番となっています。

女はどちらかというと受け身の立場です。

もちろん女の方から誘う場合もあるでしょう。

しかし少数派であるといえます。

現実には男からの誘いの方が多数を占めています。

ですが、中々誘いを自分からかけることをしない女でも、本音では興味がある男や好きな相手に自分から告白やデートの誘いをしたい気持ちもあるものです。

けれども恥ずかしさや常識が邪魔をして男に声をかけられない女も多いのです。

しかし世の中には女の方から男に声をかけて交際をスタートさせたり、デートを成功させたりするケースもあり、実際に好みの男と幸せな時間を過ごしているのです。

今回は女から誘うことについてお話ししてゆきます。

女から男を誘うにはどのようにすればよいのか、最近の男女関係についてや効果的な男の誘い方についてお伝えします。

中々誘うことが苦手で、今までチャンスを逃していた人も、効果的な男の誘い方を知ることで、目当ての男を誘ってみましょう。

今の時代は女からも積極的に誘いをかけて良い時代です。

ハッピーな時間を二人で作るために、男の誘い方を学びましょう。

この記事の目次

女から誘うのはイメージが悪い?

一昔前は女から男を誘うことはイメージ的にあまり良いとはいえませんでした。

女は受け身で清楚にすることが望まれたのです。

もちろん過去にも女から誘うケースはありましたが、世間一般のイメージではあまり褒められたものではなかったのです。

しかし現在は価値観が変わり、女からのお誘いもあまり悪くは思われなくなりました。

人によっては積極的に誘う場合もあるほどです。

ただし、誘い方や誘う男のタイプによって女からの誘いが上手くいく場合とそうでない場合に分かれます。

この章では男の性格別に女からの誘いが上手くいくかを検討していきます。

草食系男子が増えている反面、女性が積極的に

女から誘うのは草食系男子が増えている反面、女性が積極的になっている
最近は草食系男子と呼ばれる男が増えています。

男らしいといわれたギラギラしたものや積極的に自分から女を誘う姿勢を持たずに、見た目にもひ弱そうな男が増えています。

彼らの多くは性格も穏やかでまるで清楚な女性をそのまま男性化したようなイメージがあります。

そんな彼ら草食系男子が増える中、反対に女性の積極性が増しているのです。

自然界のバランスを保つ力が働いているのか、不思議な現象ではあります。

つまり、時代的にも女から男を誘いやすくなっているといえるのです。

相手の男性の性格によっては問題なし

草食系男子が増え、女からの誘いがしやすくなっている現代ですが、もちろん男性の性格によって誘いやすいタイプと誘いにくいタイプの性格があります。

誘いやすいタイプはまさに草食系男子と呼ばれるタイプの男性です。

その他のタイプの男性は人により注意が必要な場合があります。

中には女性から誘われることを恥ずかしく思ったり、不快に思うタイプの男性もいるからです。

次章で詳しく見てゆきましょう。

女性から誘うとNGな男性のタイプ

女性から誘うとNGな男性のタイプ
女性から誘うことがNGなタイプの男性は何パターンかありますが、大体において昔気質な人が多いといえます。

つまり、価値観の中で男女の誘いは男からするものだと思い込んでいるタイプです。

決して悪いことではないのですが、そのような男性は女性から誘われてもOKしてくれないことが多いので注意しましょう。

そのような男性とデートをするには、男性から告白できるような状況作りが必要になります。

下記に挙げるような男性のタイプは女性から誘わず、相手に誘われるようなシチュエーションを作る方が上手くいく確立が高まります。

非常にまじめな男性

何をするにもまじめな男性は女性に対してもとてもまじめな人が多いです。

このまじめなタイプの男性は女性からの誘いを不純なものと感じる場合が多いのです。

そのため女性から誘われても受け入れることができないのです。

このようなタイプの男性にはストレートな告白よりも仕事や勉強を手伝ってもらうなど、間接的に一緒にいる時間を増やしていく方が効果的です。

まじめな彼らは一緒にいる時間が長くなった女性に自分から正式に誘いをかけてくれる可能性が高まります。

男性のほうが女性に対する気持ちが強い場合

男性の方が女性に強い好意を抱いている場合、中にはその気持ちを自分から伝えたいと思っているケースもあります。

そのようなときは男性は告白やデートの誘いを自分からすることに意義があると考えていることもありますので、その気持ちを感じたときは男性からの告白や誘いを待つ方が良いでしょう。