男女の愛の告白、デートのお誘いなどは基本的の男から誘うことが定番となっています。

女はどちらかというと受け身の立場です。

もちろん女の方から誘う場合もあるでしょう。

しかし少数派であるといえます。

現実には男からの誘いの方が多数を占めています。

ですが、中々誘いを自分からかけることをしない女でも、本音では興味がある男や好きな相手に自分から告白やデートの誘いをしたい気持ちもあるものです。

けれども恥ずかしさや常識が邪魔をして男に声をかけられない女も多いのです。

しかし世の中には女の方から男に声をかけて交際をスタートさせたり、デートを成功させたりするケースもあり、実際に好みの男と幸せな時間を過ごしているのです。

今回は女から誘うことについてお話ししてゆきます。

女から男を誘うにはどのようにすればよいのか、最近の男女関係についてや効果的な男の誘い方についてお伝えします。

中々誘うことが苦手で、今までチャンスを逃していた人も、効果的な男の誘い方を知ることで、目当ての男を誘ってみましょう。

今の時代は女からも積極的に誘いをかけて良い時代です。

ハッピーな時間を二人で作るために、男の誘い方を学びましょう。

女から誘うのはイメージが悪い?

一昔前は女から男を誘うことはイメージ的にあまり良いとはいえませんでした。

女は受け身で清楚にすることが望まれたのです。

もちろん過去にも女から誘うケースはありましたが、世間一般のイメージではあまり褒められたものではなかったのです。

しかし現在は価値観が変わり、女からのお誘いもあまり悪くは思われなくなりました。

人によっては積極的に誘う場合もあるほどです。

ただし、誘い方や誘う男のタイプによって女からの誘いが上手くいく場合とそうでない場合に分かれます。

この章では男の性格別に女からの誘いが上手くいくかを検討していきます。

1. 草食系男子が増えている反面、女性が積極的に


最近は草食系男子と呼ばれる男が増えています。

男らしいといわれたギラギラしたものや積極的に自分から女を誘う姿勢を持たずに、見た目にもひ弱そうな男が増えています。

彼らの多くは性格も穏やかでまるで清楚な女性をそのまま男性化したようなイメージがあります。

そんな彼ら草食系男子が増える中、反対に女性の積極性が増しているのです。

自然界のバランスを保つ力が働いているのか、不思議な現象ではあります。

つまり、時代的にも女から男を誘いやすくなっているといえるのです。

2. 相手の男性の性格によっては問題なし

草食系男子が増え、女からの誘いがしやすくなっている現代ですが、もちろん男性の性格によって誘いやすいタイプと誘いにくいタイプの性格があります。

誘いやすいタイプはまさに草食系男子と呼ばれるタイプの男性です。

その他のタイプの男性は人により注意が必要な場合があります。

中には女性から誘われることを恥ずかしく思ったり、不快に思うタイプの男性もいるからです。

次章で詳しく見てゆきましょう。

3. 女性から誘うとNGな男性のタイプ


女性から誘うことがNGなタイプの男性は何パターンかありますが、大体において昔気質な人が多いといえます。

つまり、価値観の中で男女の誘いは男からするものだと思い込んでいるタイプです。

決して悪いことではないのですが、そのような男性は女性から誘われてもOKしてくれないことが多いので注意しましょう。

そのような男性とデートをするには、男性から告白できるような状況作りが必要になります。

下記に挙げるような男性のタイプは女性から誘わず、相手に誘われるようなシチュエーションを作る方が上手くいく確立が高まります。

1. 非常にまじめな男性

何をするにもまじめな男性は女性に対してもとてもまじめな人が多いです。

このまじめなタイプの男性は女性からの誘いを不純なものと感じる場合が多いのです。

そのため女性から誘われても受け入れることができないのです。

このようなタイプの男性にはストレートな告白よりも仕事や勉強を手伝ってもらうなど、間接的に一緒にいる時間を増やしていく方が効果的です。

まじめな彼らは一緒にいる時間が長くなった女性に自分から正式に誘いをかけてくれる可能性が高まります。

2. 男性のほうが女性に対する気持ちが強い場合

男性の方が女性に強い好意を抱いている場合、中にはその気持ちを自分から伝えたいと思っているケースもあります。

そのようなときは男性は告白やデートの誘いを自分からすることに意義があると考えていることもありますので、その気持ちを感じたときは男性からの告白や誘いを待つ方が良いでしょう。

お互いの価値観や想いを大切にして行動すると上手くいく確率が上がります。

3. 亭主関白的な男性の場合

亭主関白的な男性は常に自分がリードしたがります。

そのため告白やデートの誘いも自分からしたがるのです。

亭主関白的な男性には女性から告白はせずに相手のリードに任せることが大切です。

もし相手に好意を抱かれていないようでしたら、さり気なく自分をアピールして相手の印象に残るようにしてみましょう。

女性からデートに誘う方法

前章での女性からのお誘いがNGの男性意外には女性から誘ってもOKです。

ストレートに誘っても、間接的に誘っても大丈夫です。

相手のタイプや自分の性格に合った誘い方をしましょう。

一番大切なことは相手への気づかいと自分の気持ちが本物かどうかです。

その二つをチェックして、相手の男性が受け入れやすいタイミングで告白やお誘いをすれば、きっと上手くいくでしょう。

恋愛や男女関係のテクに100%効果があるものは残念ながらありませんが、あなたの相手に対する気持ちが相手の心を動かす大切なきっかけになります。

素敵な相手と素敵な時間を過ごすために女性からデートに誘う方法を学びましょう。

この章では具体的な女性からのデートの誘い方を、色々な性格の違いや状況の違いに合わせて紹介します。

あなたも是非お目当ての人を誘ってみましょう。

1. 「◯◯を買いに行くのを手伝って欲しいんだけど」と切り出す

ストレートなお誘いはちょっと恥ずかしかったり、まだそこまでお互いを知らない場合は、買い物に行くのを手伝ってほしいなど、相手が自然と一緒に来てくれそうな誘い方をするのです。

この方法だと相手に悟られにくいので、シャイな方にはオススメです。

もちろん買い物以外にも勉強のアドバイスが欲しいとか、仕事の手伝いをしてほしいなど色々な言い方で誘うことができます。

自分と相手にとって、より自然な誘い方を考えてみましょう。

2. 「私とデートして」とハッキリ言う

自分に自信があり、ストレートに自分の気持ちをいうことができる人は、「私とデートして」とハッキリと言ってしまいましょう。

ストレートに伝える方が時間は効率良く使えることは事実です。

万が一断られても立ち直れる方はストレートに言ってみましょう。

また、草食系男子が相手であれば多少戸惑っていてもあなたのまっすぐな対応に押される形でOKする可能性もあります。

その場合はデートもあなたがリードすることになるでしょう。

3. 「この間のお礼をしたいんだけど」と言う

何か好きな男性に借りを作った場合はデートに誘える大きなチャンスです。

そのお礼を口実に相手を誘えるからです。

お礼をしたいと言われれば誘われる男性も嬉しく感じるでしょう。

その自然な流れで二人きりになれるのです。

二人きりになれた後は お互いを知るためにその時間を楽しみましょう。

段々と話が弾んでいけば二人の距離も縮まってくるでしょう。

4. 「◯◯さんへのプレゼントを一緒に選んで欲しい」と言う

何かのアドバイスをして欲しいという誘い方もありです。

例えば題のように誰々のプレゼントを選ぶためのアドバイスが欲しいなどとお願いをすれば良いのです。

弟や父親のプレゼントといえば、男性のアドバイスを必要としていると相手に思ってもらえるためにより自然な誘い方になるでしょう。

同僚の男性のプレゼントだと、その男性に好意を抱いていると勘違いされてしまう可能性もあります。

お目当ての男性を誘うはずがこれでは本末転倒なので、プレゼントを上げようとしている男性は身内の設定にしましょう。

5. 「相談に乗って欲しいことがある」と言う

相談事があると言って誘うことも良い手段です。

実際に悩みがある場合はお目当ての男性に思い切って相談に乗ってもらうこともありです。

効果的なアドバイスをもらえる可能性もありますし、相手と仲良くなれるチャンスでもあるからです。

相談をして、その後お礼の食事をする機会もできることになります。

本当の相談事がある方が良いのですが、もし相談事がない場合は自分で相談事を考えます。

仕事のことでも家族のことでも、相手がアドバイスしやすそうな相談をするのです。

お目当ての相手が優しい心の持ち主であれば、誠実にアドバイスを考えてくれるでしょう。

相手の性格を知る機会にもなります。

女性から告白する方法

前章ではデートを前提とした女性からの誘い方をお伝えしました。

この章ではずばり女性からの告白の方法をお伝えします。

告白は相手を好きな気持ちや交際したい気持ちを伝えるので、より勇気が要ると思います。

また全ての告白が上手くいくとは限りません。

それでも物事が進展するのですから女性から告白する価値はあると思います。

告白の成功する確率を上げるためにも、この章で女性から告白する方法を学んでゆきましょう。

1. ストレートに、正直に真っ直ぐ告白する

告白はデートの誘いと違い、ストレートに正直に告白する方がよい結果を生みやすいです。

女性も男性に告白されるとしたらストレートにいわれた方が嬉しいと思います。

女性から告白する場合もストレートに真っ直ぐ告白することであなたの相手への気持ちがしっかりと伝わります。

あなたの情熱と愛が告白を成功に導くのです。

もちろんタイミングは大切です。

相手が忙しくない、時間的に余裕があり気分的にも良さそうな時に告白するようにしましょう。

真っ直ぐな想いは相手の男性の心にしっかりと届くことでしょう。

2. 面と向かってがベスト

告白をする時は相手の男性と面と向かってすることがベストです。

LINEや電話での告白はストレートにあなたの想いが伝わりません。

昔ながらの手書きのラブレターならば気持ちも相手に伝わりやすいですが、そうでない場合は面と向かって告白するようにしましょう。

ストレートにあなたの想いが相手に伝わります。

3. 友達に頼むのはNG

友達伝いに気持ちを伝えることはNGです。

愛の告白はその後の人生の分かれ目になる大切なポイントです。

告白される男性にとってもそれは同じことです。

その大切なポイントを他人に頼んでは、伝わる気持ちも伝わらなくなります。

男性が友達に頼んで告白を代行してきたら嬉しくはないと思います。

それと同じことです。

勇気が要るかも知れませんが、自分で自分の気持ちを相手に伝えましょう。

4. ガツガツしたらダメ

ガツガツと血走った目で相手を追い詰めるような雰囲気での告白は当然NGです。

つい焦りからガツガツしてしまう人もいるかも知れませんが、落ち着いて、自分の魅力を信じて素の自分で告白しましょう。

男性は女性に清楚さや優しさ、可愛らしさなど女性らしい魅力を求めています。

その魅力は女性であれば誰でも持っているものです。

そのままの魅力を素直に伝えれば良いのです。

5. 二人きりの状況で告白する

告白は二人きりの状況を作りしましょう。

時間は短くても構いませんので、二人で自分の気持ちを邪魔されずに聞いてもらえる状況で告白します。

例えば一緒の食事の後の公園やビルの展望台の離れ、景色の良いデートスポットなどで人けのない状況の時に告白します。

また、相手を二人きりになれる場所に呼び出しての告白もOKです。

ポイントはしっかりと自分の気持ちを伝えられる状況を作ることです。

それさえできれば、後はあなたの想い次第です。

素直に自分の相手を好きな気持ちを伝えましょう。

その先の結果がどうなるかは分かりません。

ですが、告白をしない限り何も変わらないことも事実です。

勇気を出して愛の告白を女性からすることで、幸せな未来を現実のものとする可能性が高まるのです。

女性からの告白は今では珍しくなくなりつつあります。

あなたもお目当ての男性がいたら、自分から告白することも考えてみてください。

【女から告白するための心得については、こちらの記事もチェック!】