時代が進むにつれて、恋愛の在り方もたくさんの形が増えています。

例えば、今までは男と女が恋愛をして子孫繁栄を行っていく、それが恋愛であり、誰も異議を唱えなかったと思います。

しかし、昨今の世の中では恋愛の在り方は男女だけが行う物ではないという考え方になっています。

例えば、男性が男性を好きであったり、女性が女性を好きであったりするなどのいわゆるゲイとレズという新しい恋愛、同性愛という恋愛の形が認知されつつあります。

今でもそうですが、同性愛というと違和感を感じて、いじめに発展したり、心無い言葉をかけられてしまう事からあまり公表しようとする人はいませんでした。

しかし、今の時代は多様的な考え方が存在しており、ゲイやレズなどの同性愛という恋愛のあり方を認めようとする風潮もあります。

実際に同性同士で結婚したりする人も話題になっていますし、それも個性であるという風に認められており、テレビ番組でもいわゆるお姉と呼ばれる人たちがバラエティなどでもとても活躍しています。

世間で同性愛と言う恋愛の形を認められている証拠になります。

今回はそんな男性同士の恋愛の一つの形である、いわゆるBLについてご紹介していきたいと思います。

ボーイズラブにはまる女性が急上昇中?!

ボーイズラブにはまる女性が今、とても多くなっています。

圧倒的にはまっているのは女性が多く、ボーイズラブが好きという男性はあまりいません。

逆に男性がレズビアンの作品にはまっているという事も特になく、女性がボーイズラブにはまるという事態だけが起きています。

ボーイズラブという作品において、魅力を感じている人が増えており、どういう部分に魅力を感じているのかは人それぞれです。

しかし、女性に関して癒されたり、ドキドキさせるような描写があるという事が事実です。

だからこそ女性の方に圧倒的に支持されていると言えます。

ここからはボーイズラブという言葉についての意味、そしてそれにまつわるキーワードについてもご紹介していきます。

ボーイズラブとは?

まずは初めにボーイズラブという言葉の意味についてご紹介します。

ボーイズラブとは、日本における意味合いであり、男性同士の同性愛を描いている作品のジャンルです。

例えば、同性愛を描いている作品は小説だったり漫画作品などが多く存在します。

いわゆる同人誌と呼ばれるような媒体ですが、この同人誌の中でも男性同士の同性愛を描いているジャンルをボーイズラブという風に解釈することができます。

ボーイズラブという言葉を略してBLという風に表現されることが多く、実際に書いてる人や編集をしている人の多くは女性が担当している場合が多いです。

そして実際にその作品を読んでいる人たちは当然ながら女性が多く存在します。

最近では漫画や小説だけにとどまらず、アニメやゲームであったり、時にはドラマCDなど様々なメディアの作品としてボーイズラブの作品が世の中に排出されています。

女性の中でもボーイズラブという事に関して魅力を感じない方からすると、どういう部分に魅力を感じるのか全く分からない人もいると思います。

しかしながら、現実としてボーイズラブの作品に関しては愛好者が女性が多いので、女性がドキドキするような描写を多く含まれている場合が多いです。

いわゆる男性が好きそうな露骨なエロを表現しているものよりも、雰囲気を楽しむような作品なども多く存在します。

露骨な描写ではなく雰囲気を再現していることで、男性よりも女性の方がエロを感じやすい作品であるという風に解釈することができます。

だからこそボーイズラブ作品は男性ではなく女性にとって楽しむことができる作品であるとも言えます。

意味

ボーイズラブの意味は先ほどお伝えした通り、男性同士の恋愛です。

しかし、男性同士とはいっても、ある程度の年齢の男性同士ではなく、多いのが少年同士の恋愛です。

現実的に考えてしまうと、どちらかというとオネエのような人達とムキムキの男性の同性愛を想像してしまいやすいですが、こういう作品はあまりありません。

どちらかというと、華奢で中世的な男性と、ちょっと意地悪そうなイケメンとの組み合わせなどが多いです。

言葉で表現すると、比較的綺麗な恋愛描写である場合が多いです。

中には少年、いわゆる男性の子どものような人が恋愛をしている場面などもありますが、それぞれの作品によって差がありますので、一概にはどれが正しいとはいえません。

たくさんの場合が存在しますが、一般的にはイケメン同士の禁断の愛という風に解釈できます。

腐女子との違い

ボーイズラブという言葉を表現するにあたり、説明が必要となるのが腐女子という存在です。

腐女子とは、いわゆる男性同士恋愛作品、つまりボーイズラブを扱った媒体の作品を好み女性の事を指し示す言葉です。

なので、ボーイズラブが好きな女性は腐女子という言葉を用いて表現できます。

ちなみに、年齢が高い人で腐女子の事を指し示す言葉として貴腐人、もしくは男性でボーイズラブに興味がある人の事を腐男子、もしくは腐兄と呼ばれたりしています。

しかしながらボーイズラブ作品を好きな人は女性が多いので、一般的には腐女子という言葉が広く認知されています。

ちなみに、勘違いしてしまうと激怒される事に繋がる点があり、例えばオタクの女性を腐女子よばわりしてしまうのは危険です。

意味をよく理解していないと、オタク=腐女子という風なとらえ方をしてしまうと、意味をきちんと理解している方からするとバカにされている風にとらえてしまいます。

オタクと腐女子は違う言葉なんです。

ボーイズラブ作品が好きな人は腐女子、ボーイズラブを好まないオタクの人はそのままオタク女という風に表現されます。

なので、必ず意味をはきちがえないように気を付けましょう。

女子がボーイズラブにはまるわけ

ボーイズラブという言葉の意味、そしてボーイズラブにまつわるキーワードについてもご紹介しましたが、ここからは具体的にボーイズラブになぜ女性ははまってしまうのかという事をご紹介してきます。

ボーイズラブにはまるのは圧倒的に女性が多いという理由をご紹介しました。

しかし、その逆などは存在せず、なぜ女性だけがボーイズラブにはまるのかという事は疑問に思うはずです。

なので、どうして女性だけがボーイズラブにはまるのか具体的に事を交えつつご説明します。

理解を示さない方でも、実際に読んでみるとはまってしまう場合があるかもしれません。

気になる人は一度読んでみると、以外とボーイズラブ作品にはまってしまう可能性もあります。

理由についてご紹介する中で、自分の好きな場面とリンクする場合、もしかしたらボーイズラブ好きの素質があるかもしれませんよ。

キャラや世界観の考察厨

まず、女性がボーイズラブにはまってしまう理由として大きな理由はキャラクターの外見などが大きく関わっていると言えます。

女性であれば、イケメンの方が好きですし、人気が高いです。

これは男にも言える事ですが、男だって可愛い人が好きですし、綺麗な人の方が人気が高いですよね。

なので、まずは漫画作品という事もありありえないほどキャラクターが美少年である場合が高いです。

なので、美少年であればあるほど女性はドキドキします。

そんな美少年が本当は同性愛の趣味趣向を持っており、相手もイケメンだったとすると女性の妄想が爆発してしまいます。

ボーイズラブ作品における主人公などが大体が超イケメンです。

おそらくブサメンの主人公作品などはほぼありません。

なので、ボーイズラブ作品において、キャラクターが女性の好きなイケメンであるという事がまず大事な要素だといえます。

そして世界観についても重要です。

例えば、世界観というと、読者の目線という言葉に置き換えることが出来ると思いますが、この視点が絶妙に女性の立場から見るとドキドキしてしまう場合が多いようです。

例えばボーイズラブ作品において、必ず攻めと受けがはっきりと分かれており、女性は比較的雰囲気や言葉に関してエロの要素を強く感じます。

だからこそ、現実でも女性は言葉攻めとか、行為に入る前の雰囲気を楽しみたいという方は多いといえます。

逆に男性は素直にエロに直結する行動や行為、そしてそのまま目から感じる事で影響を受ける場合が多いです。

この男性と女性の違いを的確にとらえた、まさに女性が好きそうな描写や関係性を作り出していることがボーイズラブ作品において女性が圧倒的に支持をする理由へと繋がります。

関係性に萌える

女性がボーイズラブ作品にはまる理由として、ボーイズラブ作品の主人公達の関係性も大きな理由です。

いわゆる、女性からすると萌えるという表現に繋がるのかもしれませんが、関係性が悶々とするような描かれた方をされている場合が多いです。

具体的には、ありがちかもしれませんが、先生と教え子、そして先輩と後輩など、ある程度力の差などがはっきりとしている場合が多いです。

気が弱い人、そして気が強い人、はっきりと力の関係図が分かるような場合であったり、実際にありえる関係性、つまり密接な関係になりやすいけど、恋愛として考えた時にドキドキするような女性ならではの視点から描かれている関係性が人気の理由です。

男性でも、綺麗な教育実習の女性先生と生徒という立場で禁断の恋愛を考えるとドキドキするような人もいませんか?

実際に好きになる人もいたりするので、憧れの存在、シチュエーションである場合が多いです。

ボーイズラブ作品には、女性が憧れるようなシチュエーションがたくさん詰まっているからこそ、女性からたくさんの指示を受けているという風に解釈する事が出来ます。

特に女性はある程度の年齢になると、中学高校などでもイケメンの先輩にあこがれたり
ファンになったりする場合が多いです。

的確に女性のあこがれのシチュエーションを再現しているといえます。

現実離れしていながら、実際にありえそうな状況という事などにも現実味を持ちながら楽しむ事ができ、妄想を膨らませながら楽しんだり、人それぞれ楽しみ方が様々あります。

ボーイズラブ作品が女性に人気な理由を考えると、女性が描いてるからこそ、女性が好きなツボを押さえているという事も理由のひとつだといえそうです。

男性キャラに癒される

ボーイズラブ作品において、キャラクターが重要であるとお伝えしました。

女性が描いているので、当然ながら女性受けの良い外見のキャラクターが登場します。

そして、男性キャラクターの行動や発言に関してドキドキしたり、癒されたりしている事が人気の理由のひとつでもあります。

ここではよくあるような設定について簡単にご紹介します。

例えば、先ほどの生徒と先生という設定では、あきらかに不良そうな生徒と、イケメンの先生が逆に悪そうな生徒を開発していったりするシチュエーションであったり、あとはその逆で悪そうな人が気弱そうなイケメンをいじめようとするも逆に攻められてしまったりといった状況を考えることが出来ます。

そういったキャラクターの行動についても逆に萌えてしまうような行動をとらせたり、描いたりする事で女性ファンの心理を大きくついた作品にする事ができるといえます。

非日常な世界

日常的な世界を描いている場合もあれば、非日常な世界を描いている場合もあります。

例えば、ゲームなどが好きな女性向けに、ゲームの設定をそのまま描いたりする場合などもあるようです。

そもそも同人誌などの媒体を好んでみている人はオタクである傾向が強いです。

自宅でゲームをしたり、漫画などを見ている人が多く、あまり現実世界などで恋愛をしていないからこそ、妄想の世界で楽しんでいる人がかなり多いです。

なので、自然と漫画やゲームなどを好んでいる場合が多く、その設定を受け入れられる人が多いとも解釈できます。

なので、非日常な世界を描いてくれるからこそ、現実から離れる事ができるといえます。

内容自体も非日常的な事なので、現実から離れて自分の妄想の世界だけで楽しみたいからこそ、受け入れられている作品が多いといえます。

キュンキュンする

ボーイズラブ作品が女性から支持される理由として、キュンとする感情を強く与えてくれるからだといえます。

これは男性も女性も同じかもしれませんが、恋愛などにおいてもキュンとしたいと感じている人は多いです。

キュンと感じるのは、いってみれば青春のような恋愛を思い出したりする場合が多いです。

はかない恋愛であったり、好きだけど、好きだといえないもどかしさのような物を感じるあの瞬間の胸の痛みです。

もしくは、憧れの人から何かをしてもらったりするなど、胸がどうしようもなくどきどきするような感じです。

それはたくさんの人が感じたいと心の中で願っています。

だからこそ、実際映画やドラマなどでもそのような描写が多く存在しています。

例えば、最近で言うと壁ドンなどもその一種です。

壁ドンをされてキュンとする女性が多いですし、はかない恋愛のドラマを見て、感傷に浸ったりするのもどこか体が欲しているからこそ見てしまいますし、実際にそういう作品の方が視聴率が取れるからです。

同じように、ボーイズラブ作品でもキュンとして胸のときめきを感じるからこそ、つい見てしまう方が多いと言えます。

例えば、好きな人にわざといじわるされたり、愛情をもっていじめられてしまうのも、女性ならではのキュンとする仕草の一つになるといえます。

こういった内容が盛りだくさんであるからこそ、女性からの圧倒的な支持に繋がりといえます。

妄想しやすい設定だから

ボーイズラブ作品が人気な理由として、妄想しやすいという事も大きな理由のひとつです。

ボーイズラブ作品が妄想しやすいというのは先ほどお伝えした関係性も含めて、実際にあり得る状況などを現実世界でもあてはめて妄想しやすいからです。

例えば、今までの人生を通して、経験してきた状況などだからこそ、あてはめて考えやすいのです。

誰しもが学校を卒業しているからこそ、学校の先生と生徒という関係なども想像できると思いますし、部活や学校生活などにおいても先輩と後輩の関係は誰しもが経験してきています。

その関係性が想像しやすいので、妄想する方も楽に考えることが出来ます。

その設定にあてはめて、後はキャラクターなどは作品が提供してくれているので、あてはめて他の状況などでも派生して考える事で、妄想がどんどん広がって楽しむことが出来ます。

他にも、現実に存在している人で考えたりする事もしやすかったりもします。

多いのは、美少年が多いとされるジャニーズの人が用いられて、実際に存在する先輩後輩の関係で考えたりとか、自分が好きな俳優さんやゲームのキャラクターなどを置き換えて考えたりする事でより妄想を楽しんだりも出来る場合があります。

このようにどんどん妄想が広がっていくのもボーイズラブ作品が愛されている理由のひとつだといえます。

禁断の恋

人間は不思議な生き物で、禁止されると禁止されるほど行いたくなる生き物です。

考えるなと言われると考えたくなりますし、するなと言われるとしてみたくなります。

だからこそ、世間などで考えられている本来はダメな事を妄想の中で表現してみたくなります。

恋愛などにおいても同じで、よくある言葉で障害がある恋愛は楽しいと言われていたりします。

例えば、好きな人がいて、一緒になりたいと思っても周りがそれを許してくれないという状況です。

なかなか現実ではないかもしれませんが、その禁止されている状況があるからこそ、こっそり会えた時に幸せがより感じる事が出来ますし、一緒にいられないからこそ一緒にいたいと強く願ったりするものです。

その証拠に、よく映画やドラマなどで取り上げられている切ない恋愛でも何かしらの障害や問題があってかならぬ恋として描かれている場合が多いです。

人間は本能でそのような恋愛に対して求めていたり、憧れていたりするものです。

だからこそ禁断の恋という一つのジャンルとしてボーイズラブ作品は該当するといえ、人気である理由の一つになりえるといえます。

本当は理由なんてない

これまで散々ボーイズラブ作品が女性が好きな理由について挙げてきましたが、中には理由なんてないという人もいます。

理由がないのになぜ読むのかと問われても自分ではうまく説明できなかったりする事もあります。

あなたも好きな事があったとして、理由を説明する事を求められた時に、なんとなくという言葉しか出ない場合がありませんか?
同じようになんとなく見ていたら気持ちい、行っていると安心するなどの説明できない感情を持っている場合はあります。

ボーイズラブ作品が好きな方の中にも、説明できないけど、なんとなく好きだという人がいてもおかしくないですし、おそらく心の中で何かしらの事を求めているけど、うまく言葉にできないという状態であると考えるのが一般的な解釈であるといえます。

ボーイズラブにはまる女性の特徴

ボーイズラブ作品がなぜ女性に好まれるのかご紹介しましたが、ここからはボーイズラブ作品にはまってしまう女性の特徴についてご紹介していきます。

たくさんの女性がボーイズラブ作品にはまる中、はまってしまう女性にはいくつかの特徴がある場合が多いと判断できます。

自分自身がその特徴があるのかないのか、ここでポイントを把握してみると面白いかもしれません。

あなたの周りでボーイズラブ作品が好きな方がいれば、該当するかどうか確認してみると面白いですよ。

ひとつひとつ、理由も併せてご説明していきます。

リアルな恋愛に興味がない

まずボーイズラブにはまる女性の大きな特徴として現実世界においての恋愛に全く興味がない若しくは全く恋愛をしていないということが該当できます。

ボーイズラブ作品にはまる場合、なぜ読むのかということを考えた時にキュンとする気持ちを味わいたい方が多かったり、自分の脳の中で妄想して擬似的な恋愛をそばで楽しんでいるという風に解釈することができます。

人間ですから当然恋愛をすることで楽しみたいという一種の欲求は誰しもが持っています。

しかし恋愛を楽しみたいと思う中で、現実的な恋愛は喧嘩をしたり、気持ちがすれ違ったり、傷ついてしまったり、楽しい面もあれば悪い面も存在するのが事実です。

恋愛を楽しみたいという気持ちを持っていながら、傷つくのが怖かったり現実の恋愛は面倒くさいと言うことを理解してしまうと、恋愛に対しての積極的さが失われてしまいます。

その結果恋愛をすること自体を止めてしまうという事態が起きますが、それと同時に胸のときめきは誰もが味わいたいと考えます。

その結果、自分自身が傷つかずになおかつ恋愛のドキドキ感を楽しむ方法としてボーイズラブ作品を読むことが、恋愛の感覚を味わう一種の代替方法になるという考えです。

先ほどもお伝えした通りボーイズラブ作品を読むと、女性ならではの目線から様々な胸キュンを味わうことができ、恋愛に関する妄想だともはかどるので恋愛を楽しんでる様な幸せな感覚を間接的に味わうことができます。

現実世界で恋愛をせず手軽に疑似恋愛を楽しむことができるのでボーイズラブ作品に逃げてしまっている女性が多いと言えます。

そして、現実世界で恋愛を楽しんでいない人こそ、ボーイズラブ作品にはまってしまう理由であるともとらえる事が出来ます。

妄想好き

ボーイズラブ作品にはまる女性の中には妄想が大好きと言う人が多いです。

もともとボーイズラブ作品自体が現実的な設定、そして妄想しやすいという作りになっているので、妄想が好きな人の欲求がそのまま現れた形になります。

なおかつボーイズラブ作品の中にはゲームやアニメなどに登場したキャラクターが登場しゲームやアニメの中で設定されている関係性を保持したままボーイズラブ作品ならではの描写などが盛り込まれており、妄想が好きな女性の延長線上の妄想が描かれていたり、自分自身の脳内で発生して様々な状況で置き換えて妄想することができるので、妄想好きな方からすると妄想をするヒントがたくさん盛り込まれた作品であると解釈することもできます。

なので大好きな妄想がどんどん広がり、妄想を様々な視点から楽しむことができる作品になります。

妄想好きだからするとこれ以上にないほどのワクワクが詰まった作品であると考えることができるからこそ、妄想好きな人が手を伸ばしやすい媒体であると考えることができます。

逆に妄想することが嫌いで、自分自身の中で様々なことを想像して楽しむことが苦手な方はあまり手を出しにくい媒体であると考えることもできます。

このことから妄想好きな人はボーイズラブ作品が好きである可能性が高いといえます。

ネット好き

ボーイズラブ作品が好きな女性はインターネットが好きな方が多いです。

もともとボーイズラブ作品に目を奪われるきっかけになるのはインターネットでその類の病床を見た時が多いと思います。

例えば現実の世界でボーイズラブ作品に目を触れる機会がなかなかありません。

もちろんそういう媒体を集めたお店などが存在すれば目に触れる機会があるかもしれませんが、男性がエッチなお店に入るのも恥ずかしいと感じる方が多い中女性がそのようなお店に行くと言うことはあまり考えられません。

しかし女性がボーイズラブ作品を認知したくさんの人が支持している理由を考えた時に、インターネットの世界でそのような作品を知り、興味を持つことが始まりであると推測できるからです。

人が何かを知るきっかけとして テレビからの情報や人からの口コミなどが多く影響力がある場合が多いですが、作品の性質上それは考えにくいのです。

だからこそインターネットサーフィンが好きでたくさんのサイトを目にする中で、たまたま自分が好きな漫画やゲームのキャラクターが取り上げられた作品を目にしてはまってしまったという方が多いと思います。

インターネットをしていなければ知る機会はないですし手にする機会もないと思いますので、もともとインターネットが好きな方がボーイズラブ作品が好きであるという関係を証明することができるといえます。

非リア充

ボーイズラブ作品が好きな女性は非リア充である場合が多いです。

ボーイズラブ作品が好きな女性の特徴をご紹介している中で他の特徴と合わせて考えた時に、現実の世界においてあまり恋愛を楽しんでいないそして普段の生活が引きこもりがちな形がボーイズラブ作品に手を出しやすいと推測することができます。

例えば漫画、小説、アニメが好きな方は基本的には外に出るよりも家で遊ぶ方が好きな方が多いです。

そして性格は活発な性格よりも内気な性格である場合が多く積極的に自分から恋愛を楽しむ行動をとっていない方が多いと推測できます。

現実の世界で充実した恋愛や生活を楽しんでいないからこそ、自分の中の寂しい気持ちと照らし合わせてボーイズラブ作品などを読むことによって1種の欲を満たしていると考えることができます。

もちろん全員が全員絶対にそうであるとは断言できませんが、あくまで確率論としては非リア充の方がボーイズラブ作品が好きである可能性が高いといえる理由に繋がります。

オススメのボーイズラブ

ボーイズラブ作品が好きな女性の特徴をご紹介しましたが、具体的にボーイズラブ作品でおすすめの作品を紹介していきたいと思います。

まだボーイズラブ作品を見たことがないという方、そして興味があるけどまだ見たことがないという方は初心者でも楽しめるボーイズラブ作品をご紹介しますので、一度楽しんでみてください。

現実世界の恋愛を忘れてしまってはいけませんがひとつの楽しみがしみということで物事を楽しむことはとても良いことですので、秘密の趣味として楽しんでみてください。

坊主と蜘蛛

はじめにご紹介するボーイズラブ作品は坊主と蜘蛛です。

こちらの作品は坊主である主人公の宗玄と、蜘蛛の妖怪がはぐくむボーイズラブ作品です。

人間の坊主と妖怪という存在が禁断の恋愛を行うというまさに非現実的なストーリーですが、実在する職業や、都市伝説である幽霊のような存在との関係がまさに妄想の世界を広げさせてくれるような作品です。

裏表のある人間よりも、裏表のない妖怪の一途な思いが興奮させられるというような、まさに女性が好きそうな独占欲がむんむんの作品です。

性的描写も多くあるので、好きな方には楽しんでいただける作品であるといえます。

犬も喰わない

次にご紹介するのは犬も喰わないという作品です。

こちらの作品は探偵事務所に勤める調査員が主人公であり、ある日大学の教授から妻の身辺調査を依頼されることから始まります。

結果的に妻は夫と同じ大学に勤める別の教授と浮気をしていることが判明し、これまでに何度も何度も夫が愛した女性を同僚の男性が寝とるなどの関係を繰り返している事が判明。

複雑でゆがんだ恋愛関係をめぐる知的な男達が描く関係に、主人公も身を投じて様々な描写で描かれるアダルトな関係性を描いた作品です。

絵のタッチも女性が好きな正統派のイケメンキャラクターが登場しているので、初めてボーイズラブ作品を観る方でも安心しながら見ることができる作品だと言えます。

ボーイズラブの世界に飛び込んでみよう!(まとめ)

今回はボーイズラブというキーワードをもとにボーイズラブにはまる女性の特徴やはまる理由、そしておすすめのボーイズラブ作品についてもご紹介しました。

なかなか普段生活しているとなじみがないかもしれませんが、人の趣味は様々であり、様々な趣味があるからこそ楽しい人生を送る事に繋がります。

だからこそ、自分自身が本当に楽しめる趣味を持つことが大事であり、他人からの見た目などを気にして、本当にしたい事が出来ないという事は残念な事です。

本当にあなたが知りたい、興味がある事を楽しむ事を大事にしてください。

ボーイズラブに興味があるなら、こっそりと秘密の楽しみとして胸のときめきを味わってみてください。