唐突ですが皆さん、「ファジー」という言葉をご存知ですか?

なかなか普段使うことがない方も多いでしょう。

著者は40代ですが実はあまりよく使えません。

妻曰く、上の子の担任の先生(50代)が使っていたとのことです。

ですので、それぐらいの年代の方がよく使うのかもしれませんね。

一体この「ファジー」とはどのような時に使われ、どのような意味なのだと思いますか?

では、現代人の人にそこまでなじみがない「ファジー」という言葉の意味や使い方などについていろいろと見ていきましょう。

現代人はファジーを知らない?!

40代の著者がそんな感じですので、同世代やそれ以下の方なら「ファジー」という言葉自体を知らない人も珍しくありません。

なかなか普段使いませんよね。

ですので現代人の方、特に20代や30代の方でしたら「ファジー」という言葉を使われたら「?」と思う人もいるのではないでしょうか?

確かに、この言葉を使わなくても日常会話は成立しますし、この「ファジー」に変わる言い方は色々とあります。

いろいろと、使い方などもありますので、あまり知らない内から多用すると意味を取り違えていたがためにトラブルになるようなこともあります。

ですので、しっかりとその「ファジー」という言葉の意味を抑え、失礼がないように、間違いがないように使っていくことが大切です。

知る人ぞ知る「ファジー」のこと


著者くらいの年代となるとあまり使わないような言葉ですが、この星「ファジー」という言葉は著者より上の世代の方はよく使うのだそうです。

某掲示板で色々と見てみると、「ファジーに対応してくれ。」などと言うような上司もいるそうですね。

この意味で使われると、たいていは「臨機応変に」と言うような意味合いが兼ね合いになっているようです。

このように「ファジー」という言葉は色々と臨機応変だったり、曖昧にという意味では少々かけ離れた意味合いでも使われることがあるようです。

英語が日本語として使われる時にだんだんとその本来の意味からかけ離れていくようなことありますが、「ファジー」に関しても同じような感じなのかもしれません。

ただ、この「ファジー」に関しては良い意味でも使われることがありますし、悪い意味でも使われることがあります。

では、この「ファジー」という言葉の意味などについて見ていきましょう。

意味

本来「ファジー」とは、輪郭がぼやけたと言うような意味合いから使われているところがあり、そこから転じて曖昧と言う意味になりました。

このほかにも、毛髪が縮れているとか乱れているというような意味合いもありますし、布や衣類がけば立ったと言うような意味合いでも使われます。

あいまいであるという意味はもちろんのこと、柔軟性があることも指します。

このような意味では非常に良い意味で使われていますね。

また、人間は決して理論では割り切れないところがありますが、その割り切れない部分を敢えてコンピューターで処理する技術のことも「ファジー理論」として使われることもあります。

(後に詳しく解説します。)

では今「ファジー」についていろいろ取り上げてきましたが、これには一体どのような意味があるのでしょうか?
それは、日本語に訳すと「曖昧」と言う意味になります。

先ほども少し触れましたが子供の担任の先生が「ファジー」と言う言葉を使った経緯は、子供が作文などの答えが1つでは無いものが苦手ということを説明するときに使ったようです。

具体的には「〇〇についてどう思いますか?」と言うような感じの表題に悩んでいると言っていたのだそうです。

やはりこのような答えが1つではないことに対しても「ファジー」という言葉を使います。

確かに「どのように思うか?」と言う質問は、非常に曖昧で答えは1つではありません。

例えば算数では1 +1 = 2というのは必ず決まっています。

だけど、「どう思うか?」については答えは一つではなく何通りかはありますよね。

この他にも、あまり良くない意味で使われるような方法で使われることもあるので、「ファジー」という言葉を使うときには注意をしましょう。

使い方


使い方も色々とあります。

では、「ファジーな考え方」と言うのはどのような使い方をされるのでしょうか?
それは、多くの場合は「曖昧な」とか「柔軟性のある考え方で」と言う話な意味合いで使われることが多いようです。

逆に、「あなたの頭をファジーだな。」と言われると、あまり意味合いではありません。

この「あなたの頭はファジーだな。」というような使われ方をするときは、たいていは優柔不断と言うような意味合いであったり、少々ピントがずれている方に対して使われるようなところがあるようです。

このような意味合いになったときは、曖昧であるとか、柔軟性があるような意味合いにはならないようです。

ですので、ファジーと言う言葉は、良い言葉にも悪い言葉にもなりますので、使い方に気をつけましょう。

対義語

ファジーのいう言葉の対義語にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、対義語として日本語では、明確であったり、明瞭と言う言葉が対義語になります。

ですので、英語で言うとclearlyがぴったりなのではないのでしょうか?

曖昧と言う意味合いを対義語にするのであれば、やはり「明確」「疑う点がない」と言う所や、曖昧なところがないと言う意味合いの言葉を使うと良いでしょう。

毛髪が乱れた様子ということであれば、「タイト」と言うような意味合いが対義語になるのではないのでしょうか?

このように、ファジーの反対語は明確、明瞭が良いようです。

類義語

ファジーって言うと曖昧と言う意味合いですが、類義語は「漠然と」「ハッキリしない」と言うような意味合いであったり、優柔不断と言うような態度をはっきりさせない事というのが類義語に当たります。

漠然という意味合いは英語で「vagueness」と言います。

優柔不断のほうは「hesitating」もしくは「hesitant」が英語になるようです。

そこまで日本語にはなっていないようで単語を見ただけではなじみがありませんが、この言葉が逆の意味になるようですね。

慣用句

慣用句と言うとふさわしいのかどうかは謎が残りますが、この「ファジー」と言う言葉は、様々な場面で使われています。

いろいろと、使われていますので、「ファジー」と言う言葉になじみがない私たちも、どのようなものかと言うと、このようなところに使われていたのか!と気づくようなこともあるのではないのでしょうか?

では、この「ファジー」という言葉を使った慣用句について見ていきましょう。

ファジー検索

ファジー検索と言うと、この「ファジー」という言葉が曖昧という意味があります。

日本語に訳すと「あいまい検索」ですね。

このあいまい検索とは、検索条件が完全に同じではないものでも、決められたルールのもとで、検索結果を出していくような検索のことをいいます。

例えばですが、Yahoo!やGoogleなどで検索をしていると、「もしかして〇〇?」と言うような言葉が出てきますよね。

それこそがファジー検索です。

例えばですが、「投資信託」を検索したいとしましょう。

ですが、間違えて「闘志信託」と検索してしまったとします。

グーグルだと自動的に「投資信託」で検索を開始します。

もし「投資信託ではなく闘志信託で調べたかったのに!」ということであれば元の検索ワード「闘志信託」をクリックをしたらそちらで検索可能です。

ヤフーに関しても同じように投資信託で検索をしています。

われわれは、ついタイプミスとかでこのような思いだけの間違いで検索してしまうことがあります。

でも、大抵の場合「とうししんたく」と言えば多くの人が「投資信託」の漢字を当てはめますよね。

でも、間違ったワードで検索されると、もう一度入力し直して検索をする必要があります。

ファジー検索はそのようなめんどくさい作業を省略してくれるところがあります。

このように、楽に使えるようになるのは、このファジー検索があってこそです。

これがあることで検索を使うのが非常に使いやすくなりました。

ファジーコンピューター

ファジーコンピュータとは、パソコンにはなくてはならない数値化と言うものがしにくいような言葉であっても、うまく扱うことができるコンピューターのことを指します。

やはり、コンピュータはそのような数値化こそが命ですが、私たち人間はそのような数値化できるものばかりではありません。

確かに数値化できるものもありますが、そうでは無いものも多いですよね。

例えばですが、一口に「暑い」と言うと、どれぐらいの温度なのかもありますし、「早い」と言うとどれぐらいの「早さ」なのかは非常に曖昧です。

では、このような人間のあいまいな表現をどのようにデータとして扱っているのかが大変気になりますね。

その方法は、ファジー集合や、ファジー理論を使って行っているところがあります。

著者も、男性ではあるものの文系ですので、そのようなことを言われると少々頭が真っ白になります。

では、文系の我々でもわかるように、ファジー集合等の意味合いも見ていきましょう。

例えば、先程の「暑い」と言う表現ですが、暑いっていうのは人間にとって何度が暑く感じるのかは人それぞれ違います。

例えばですが、エアコンで28度に管理された室内を暑いと感じるか涼しいと感じるかは人によって違います。

このような人間の感覚に敢えて、そのような数学的なデータを持ってくることによって、人間が感じる曖昧さをデータ化することができるようになります。

そのデータ化には、メンバーシップ関数(値域は0~1)を使うことで、あえてデータ化することを指します。

では具体的にどのような使い方を有するとかと言うと、「28度と言う音温度が、暑いと感じるファジー集合に0.3 、暑くないと言う感じるファジー集合に0.7というように使います。

もちろんこのファジー集合だけではなく、後に出てくるファジー理論なるものにもデータとして使われます。

このように、ファジーコンピュータは人間の感じ方という抽象的なところにもデータを持ち込んでくるような使い方ができるコンピューターのことをいいます。

ファジー制御

ファジー制御もまた、このような人間の曖昧な感覚や直感などにデータを当てはめるようなことを指します。

例えばですが、職人と言う人たちは、長年の経験をつで培った直感や習慣などで、その作品を作るのに1番良い状態を見分けています。

ですが、やはりそのような職人を継ぐような人が減ってきている問題もあります。

このような時に役立つのがファジー制御です。

あえて、この職人の方の直感や習慣をうまくデータ化することによって、そのような難しい直感や習慣をデータ化し機械でも作れるようにするようなことをいいます。

我々の身近なところで言えば、ファジー制御は地下鉄の自動運転システムなどにも取り入れられています。

家庭においては、洗濯機や掃除機もこのようなファジー制御が使われているところがあります。

確かに、機械がこのような人間的なところに踏み込んでいくことで中には仕事を失うような人もいるのかもしれません。

でも、それと同時に人手不足で非常に困っているようなところもあり、機械が人の代わりをすることで助かることがあるのです。

ですので、もしこのファジー制御の機械がドンドンと進化をしていけば、人手不足のところに機械が入ってくれるところで我々の生活も非常に良くなるのかもしれませんね。

例えばですが、なり手が不足している看護師や介護士の方も、1部がロボットによるファジー制御を使えるようになったら病気や介護で悩んでいる人も減るのかもしれません。

ファジー理論

先ほども少し出てきましたが、ファジー理論と言うとぼやけた概念を集合という形でデータ化したようなことをいいます。

例えばですが、「少し」がどのような概念なのかというのをデータをもとに具体的なデータ管理することを指します。

このように言うと、著者のように文系の方は「?」と思うかもしれません。

でも、具体的にどのようなところに応用されているのかというのを見ると、少々ファジー理論の話が見えてきます。

例えばですが、ビデオカメラの画像は、やはり人間が持つとどうしても揺れてしまいます。

そこで、その画像の揺れ防止装置などもファジー理論が使われていると言うのです。

最近は、スマホで撮影するにあたっても撮影しやすくなりましたよね。

また、我々は普段そのようなところに使われているとは思いもよらないようなところでも、ファジー理論は使われています。

日々使う洗濯機、掃除機、エアコンなどの家電にも多く搭載されています。

また最近は自動車の事故を防ぐための制御機能なるものも開発されています。

このように、ファジー機能が家電などに搭載されていることで、私たちはさらに使いやすい家電を手にすることができているのです。

もちろんファジー理論は人間の考えだけではありません。

人間だけではなく動物のことや自然現象など、人間の力の及ばない所でもそのような理論を用いているところもあります。

このような所にもファジー理論は役立っているのですね。

このようなことから、最近は人間のみならず動物や植物の特性の調査にもファジー理論が応用されたものが利用されており、たとえば医師の手術等はどうしても経験や知識が必要ですが、総合判断をするそのような支援システムのところもあります。

このようなところにもファジー理論は役立っているのですね。

「ファジー理論」というと「?」と思ってしまいますが、このように何に使われているかを見るとファジー理論がどのようなものかが分かりますし、

1990年の流行語大賞

我々の年代だと「そのような言葉は普段使っていない!」と思ってしまいますが、意外にも1990年代に「ファジー」という言葉が流行語が流行語大賞をとっているのです。

では、この流行語大賞は1990年はどのようなものがあったのでしょうか?
「ちびまる子ちゃん」、チャーリー浜さんの「〇〇じゃ、あ~りませんか?」などがあります。

このように聞くと懐かしいなと思うようなものもありますね。

その一方で、科学の進歩によって「ファジー」と言う言葉も流行語大賞をとっているのです。

この時にはファジー工学と言うものが非常に有名になっていたのです。

我々は、このような曖昧なもののプログラミングができるようになったのはつい最近かと思ってしまいますが、意外にも1990年にはもうそのような工学が盛んになっていて、流行語大賞までとっていたのですね。

そして、それは現在も続きますが、各メーカーがファジーマーケットなる物を作り上げることに、そのような分野への参入が増えたと言います。

流行語大賞というとついつい流行ったアニメが流行した音楽を思い浮かべてしまいますが、意外にもこのような科学の進歩による言葉も流行語大賞の言葉に選ばれていたのですね。

1990年と言うと、著者は高校生でしたが、そのような分野はさっぱりでしたので、勉強になりました。

「ファジー」を使いたがる人の特徴とは?

40代の著者であってもなかなかなじみがないこの「ファジー」という言葉。

ですが、このように、ファジーなもので溢れていて、私たちの生活非常に便利にしてくれるものだということがわかりましたね。

このファジー理論などがなければ、このような便利な機械を使うのはもっと不便だったかもしれません。

ですので、言葉を知らなかったとは言え、ファジーには大変感謝したいものですね。

その一方で、何にでもこの「ファジー」と言う言葉を使いたがるような人がいます。

著者の身の回りにはいませんが、掲示板などを見ていくとそのようなことはやたら使いたがるような人もいるようですね。

では、この「ファジー」という言葉をやたらに使いたがる人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

流行語オタク

まず、とにかく流行語が好きな流行語オタクは、このような言葉を使うところがあるかもしれませんね。

例えばですが、著者も大学生になっていたものの、著者の少し下の世代の高校生で、「チョベリバ」などと言う言葉がはやりました。

もう早々に廃れてしまったので、意味が全くわからないって言う人もいるかもしれません。

正確には「超ベリーバッド」と言う意味で、とても悪かった時に使います。

このような言葉を多用する高校生は身の回りに非常にたくさんいました。

なお、鳥肌と言うのをわざわざチキン肌と言うように言い換えるような人までいました。

「普通に鳥肌って言えよ!」と思ったのを覚えています。

このように、新しい流行を使うことによって、自分が先端を行っているような錯覚をするような人もいたのです。

1990年に流行ったと言うことで、その時に、大人であったりそのような流行語を積極的に取り入れるような年代の人だと、この「ファジー」という言葉は非常によく使うようですね。

掲示板を見ていても、50代以上のおじさま以降の方がよく使われるようです。

なお、著者のときにはもう既に死語になっていた「ナウでヤング」と言うような事はありましたが、既にもうこの時には死語になっていてギャグで使っていたような人もいました。

確かに、「ファジー」というと今もそのような理論を使われているので、そのような完璧な流行語で片づけられる言葉でも無いとは思いますが、やはり、柔軟にいるときに使いたがる人は、この流行語オタクの名残なのかもしれません。

横文字大好き

流行語が好きなのもありますが、中には横文字が大好きな人もいます。

そのような人が悪いとは言いませんが、今の小池都知事がそうだと思いませんか?
彼女はひたすらよく横文字を使います。

でもだんだんと聞いているうちに、「一体何を言っているのだろう?」と思ってしまう事はありませんか?

もちろん、著者の学があまりないのは認めますが、それにしてもだんだんと聞いているうちにわからなくなってくることもあります。

やはり、どちらかと言うとそのような横文字をひたすら言うのは、著者(40代)より少し上の世代の人に多いように感じます。

やはり、それは他の人も感じているようで、必要のない場面でわざわざ横文字を使う人は、あまり良い印象持てないとおっしゃる方もいます。

類義語にも出てきましたが、あいまいではっきりしないことに関して「アンクリアー」などと言うのであればわかりやすいけど、「ファジー」という人はそこまで多くないのにと言うような声もちらほら…。

このような横文字が大好きな人はこのような言葉をよく使いたがる傾向にあり、下の世代の人がそれを少々冷めた目で見る傾向にあるようです。

自己顕示欲が高い

このような、横文字が好きな人はなぜそのような傾向にあるのかと言うと、自己顕示欲が高い傾向にあるのです。

やけに英語が多い人と言うと、インテリジェンスな感じがする一方でそれを鼻にかけている感じがしませんか?
それは、自己顕示欲が高く、自分を賢く見て欲しいと言うような気持ちがあるところにあります。

もちろん、そのような人ばかりではありませんが、どちらかと言うと人の知識に対して否定的な意見を言う人などに多いですよね。

このように、横文字を多用する人にはこの自己顕示欲が高いという傾向にあります。

ですのでその一環として欲しいと言う言葉を使うような人もいるのです。

そのような人と接する立場だとしたら、確かに少々めんどくさくありますが場合によっては非常に扱いやすい人です。

その人を認めるような発言をすると、気を良くして色々と知っていることを教えてくれるところもありますので、場合によっては非常に利用しやすい人かと思います。

物知り

中には特にそのような自分のことをよく見て欲しいと言う自己顕示欲が高いタイプではなくても物知りだからこそ、このように使ってしまうところもあります。

特に理系の方だと、このファジー理論についても色々と学習している人もいるかもしれません。

そうなると「ファジー」という言葉は、私たちが普段使っているような言葉の一環として普通にあるのです。

ですので、「賢いと思われたい」とか「横文字が大好き」というわけではなくても、横文字言葉が自然と出てくるようになります。

ファジー理論についていろいろと学んでいったら、そのような曖昧さについては色々と体感するところが出てくるので、話す時もそれらが言葉をついて出るということもあるかもしれませんね。

もちろん、理系の人ばかりではなく、本に親しんでいることが非常によく知ってる人もこのような言葉をよく使う傾向にあります。

物知りな人であれば、その知識も大変助かるかもしれませんので「物知りなんですね。」というようなことを言うと、大変喜ぶ方が多いです。

うんちく大好き

また、物知りと言う分野に入るのかもしれないけれど、うんちくが大好きなタイプの人はこのファジーと言う言葉をよく使う傾向にあります。

やはりうんちくが好きな人というのはその知識量に誇りを持っています。

ですので、いろいろと、自分が物知りであると言うことを誇示したいところがあるのです。

ですので、そのうんちくを語る上で、「ファジー」という言葉についても色々と使われるようなところがあるのかもしれません。

調べてみると、結構男性にそのような言葉を使いたがる傾向にあると言われています。

ただ残念ながら、本当に頭の良い人は難しい言葉を使わないようです…。

著者はあまり難しい言葉を使うことがないのでそのような意味では、著者のほうもあながち間違いではなかったのでしょうか?と思いたいところですが、頭がいいから難しい言葉使っていないと言うわけでもなく微妙なとこところです。

そのような人の対処方法についても載っていましたが、「難しくて理解できない」と言いたげな顔すると、優位に立てると彼の思うツボになってしまいますので、適当に相槌を受けつつ、わからない言葉はこっそりと調べる程度にしたほうが良いようです。

読書好き

読書好きの人は、自然と言葉がたくさん頭に入ってくるものです。

ただ、著者の妻がそうなのですが、確か本が好きでよく読んでいるのですが適当に感覚で理解しているところがあり、正しく使えていないところがあります。

ですので、読書好きな方は「ファジー」という言葉もよく知っていたりすると、使うところがあるのかもしれませんが、念のために、本当に正しい方法なのかというのを確認しておいてください。

時々妻の話を聞いてみると、「なんだか使用方法が違うな」と思うようなことがちらほらとあります。

外で話すと恥をかくだろうなと思い、やんわりと指摘をするに留めています。

確かに、このような読書好きな方は語録が増えるのは大変良いことです。

ですので、どんどんと本を読んで知識を増やしていきましょう。

また、下の世代の人ほど、あまり「ファジー」という言葉を使わないところがあります。

ですので、もし読書好きでそのような言葉を大変よく使うのであれば、同世代の方にはあまり通用しないところがあります。

ですので、本当に頭の良い人難しい言葉を使わないことを念頭に入れて話すときには気をつけましょう。

論理的思考

理論的思考する人もまた、このような言葉を多用する傾向にあります。

「ファジー」というともともと曖昧と言う意味で、理論的な思考する人にとってはあまり得意では無いかと思いきや、その曖昧さをあえてデータ化するときにファジーと言う言葉を大変よく使いますので、理論的思考の方にも使いやすい言葉です。

感覚的な問題と理論的思考と言うと相反するものがあるかと思いきや、この曖昧さをあえてデータ化するところに、曖昧さをデータ化するところが理論派の人に非常にウケが良いところがあるようです。

理論的思考と「ファジー」という言葉を使う関係性について調べてみましたが、調べてみると、理論的思考にもまた感情論はどうしてもあるといいます。

それは何故かと言うと、数学の公式なども人間が「良い」と思ったという感情で採用されているところがあり、理論的思考の方であっても感情論は避けて通れないところがあります。

最近はこのように科学が発達していることから、理論的思考がもてはやされるところがあります。

そして、女性は感情的だと言うような批判を繰り返すような人もいるのもまた事実です。

そして、理論的思考ができる男性が良く、感情的な女性は良くないと言うような意見があるのも事実です。

でも、その理論的思考についても、結局はその思考を言うと採用すると人間の感情が決めることであり、やはり理論的思考と感情論は避けて通れないところがあります。

少々話がそれましたが、「ファジー」という言葉はその架け橋になっているのではないのでしょうか?

オタク

オタクの人もまた、中には人とは少々違う言葉を使いたいと思うような人もいるのです。

時に、色々な人の話が電車の中などで聞こえてくることがあることもありますが、ふとその話に耳を傾けると、少々「あれ?」と思うような話し方をしている人はいませんか?

時に、オタクの人はそれほどに独特な話し方をするところがあります。

子供(女児)の友達が時に遊びに来ることがありますが、やはりそれっぽい話し方と言う子が結構います。

結構特徴的な話し方をする人や子供が多いですね。

そのような人は、時に「ファジー」という言葉を使う人もいます。

ですが、最近は、1990年代にその言葉が流行ったとは言え、だんだんと使われなくなってきた傾向にあります。

ファジーの意味、使い方を覚えておこう!(まとめ)

確かに最近は使われなくなってきた言葉ですので、あまり積極的に使うと「?」と思う人が大多数になってきます。

1,990年代に流行った言葉ですので、50代以降の方に多く使う人が多いようです。

ですので、この言葉を覚えたからといってあまり積極的に使うと、多くの年代の人に理解されない傾向にあり、横文字ばっかり使っていたい人と思われる可能性があります。

ただ、まだまだその言葉が流行って積極的に使っている年代がまだまだ定年前で現役で活躍しているのもまた事実です。

ですので、その「ファジー」という言葉を使われても意味がわかるようにしておくことが大切です。

そして、良い意味でも悪い意味でも使われますので、どちらの意味で使っているかも把握しておくことが大切です。

そうでないと、嫌味で言ったにもかかわらずうれしそうにされると、言った側がますますイライラが募ってしまい、余計につらく当たられる可能性があるからです。

やはり、社会人として働く以上、正しく振る舞うということが大切になってきます。

たとえ自分が使わないこの言葉であっても使い方や意味は覚えておきましょう。