CoCoSiA(ココシア)

ジリ貧とはどういう意味?よくある使い方を紹介します!

人と人とのコミュニケーションは様々な方法で行う事が出来ますが、当然ながら言葉を交わすコミュニケーションがメインで行われているかと思います。

当然日本人ですので、日本語を使用する機会がほとんどになるかと思いますが、たくさんの日本語があるなかで、時には理解していない単語を聞くことがあるかもしれません。

様々な言葉がある中で、それぞれの意味を正しく理解しておかなければ、話についていけないという状況が生まれてしまいます。

正しく意味を理解せずに間違った解釈や勝手な解釈をしてしまう事で、様々な場面で支障が出る可能性もあります。

なので、今回は知っていそうで知らない単語として、「ジリ貧」という言葉についてご紹介していきます。

正しく意味を理解している人は、そこまで難しい単語には聞こえないかもしれませんが、意味を知らない方にとってはさっぱりな言葉になると思います。

これを機会に正しく意味を理解しておきましょう。

ジリ貧とは

ジリ貧という言葉を聞くと、ある程度の意味合いは文字を見て伝わってくるかもしれません。

しかし、普段あまりジリ貧と言う言葉を聞く機会は少ないと思います。

インターネットの掲示板などでジリ貧と言うことを聞いたりすることなどはあるかもしれませんね。

そもそも現実で使われる機会などが少ないので、耳に触れる機会が当然少なくなってしまい、意味を正しく理解していないという方は多いのも事実です。

特に、若い方などは意味を理解していない方は多いのではないかと思います。

ただ、知らないと恥ずかしい状況にもなってしまいますし、間違った解釈をしていると、意味のすれ違いになってしまい、問題に繋がってしまう場面があるかもしれません。

なので、ジリ貧という言葉の意味、そして似ている単語などを一挙にご紹介します。

「ジリジリと貧しくなる」の略

ジリ貧という言葉を理解するにはまず意味を正しく理解しましょう。

ジリ貧と言う言葉はジリジリと 貧しくなるという言葉の略称になります。

こうしてみると意味を正しく理解できるかと思いますが、略称してみるとちょっと分かりづらいかもしれませんね。

ジリジリと貧しくなるということなので、だんだんと切羽詰まった状況になってしまうといいう事を表し、最初は勢いがあったとしてもだんだん勢いがなくなってしまったり、悪い状況へと悪化してしまうことを表す言葉になるので、間違った解釈をしないように正しい言葉の意味を理解しておきましょう。

ただの「貧しい」との違い

ジリ貧と貧しいという言葉は何が違うのかわかりますか?

貧しいと言う言葉はすでに今現在貧しいという状況を表している言葉になります。

それに反してジリ貧と言う言葉はこれからジリジリと貧しくなっていくという未来を表している言葉になります。

今か、これからの未来かという事が大きな違いになってきます。

なのでジリ貧という言葉を使い際には、間違った解釈をせずに、正しく使うようにしましょう。

間違った使い方をしてしまうと、恥ずかしいですし、こちらの伝えたい言葉の意味があべこべになってしまい、混乱してしまうので注意しましょう。

ジリ貧の類義語

言葉の意味を正しく理解したところでジリ貧と言う言葉の類義語についてご紹介していきます。

言葉は不思議なもので、とても似ている意味を持っている単語も多く存在しています。

最初は混同するかもしれませんが、言葉の意味自体が似ているので、同じように言い表す事も出来るので、安心してください。

似ている言葉の存在を知る事で、的確にその状況を言い表すことができるようになります。

相手に対して正しく、なおかつ素早く、状況を伝えることができるようになりますし、時間も節約し、話も早く済むので類義語を理解して、適切な場面で使えるように工夫しましょう。

悪くなる一方

ジリ貧の類義語として悪くなる一方と言う言葉を表現できます。

ジリ貧という言葉がこれからジリジリと貧しくなっていくという意味合いに対して、悪くなる一方という言葉はこれからどんどん悪くなっていくということを意味していますので、意味合いとしてもほぼ同じ意味として捉えることができます。

少し違う部分があるとすれば、じりじりと少しずつ貧しくなっていくという表現に対して、悪くなる一方は悪くなるペースについてまでは表現していませんので、その部分の差が生まれるぐらいでしょう。

いずれにしてもどちらの言葉も非常に似通っているので、基本的にはどちらの言葉を選択したとしても、同じ意味として相手に通じるようになります。

これから悪くなっていく状況の時には、ジリ貧という言葉を交えて使用すると、スムーズな会話が行えると思います。

右肩下がり

ジリ貧という言葉の類義語として右肩下がりという言葉を表現することができます。

右肩下がりと言う言葉は、例えばグラフの線が右に向かって下がって行く様な形から、後になるほど状態が悪くなっていくということを指し示している言葉になります。

なのでジリ貧と言う言葉と比較した時にとても似ている言葉になります。

使われる例としては、不景気で売り上げは右肩下がりだ、などという風に言葉を使いますので、不景気で売り上げがジリ貧になる、という様に言葉を置き換えても意味は通じると思います。

どちらの言葉を使っても文字数的にはそこまで変わらないので、自分自身が使いたい表現で使ってみると良いかと思います。

悪循環に陥る

悪循環に陥るという言葉も類義語として成り立つと言えます。