人と人とのコミュニケーションは様々な方法で行う事が出来ますが、当然ながら言葉を交わすコミュニケーションがメインで行われているかと思います。

当然日本人ですので、日本語を使用する機会がほとんどになるかと思いますが、たくさんの日本語があるなかで、時には理解していない単語を聞くことがあるかもしれません。

様々な言葉がある中で、それぞれの意味を正しく理解しておかなければ、話についていけないという状況が生まれてしまいます。

正しく意味を理解せずに間違った解釈や勝手な解釈をしてしまう事で、様々な場面で支障が出る可能性もあります。

なので、今回は知っていそうで知らない単語として、「ジリ貧」という言葉についてご紹介していきます。

正しく意味を理解している人は、そこまで難しい単語には聞こえないかもしれませんが、意味を知らない方にとってはさっぱりな言葉になると思います。

これを機会に正しく意味を理解しておきましょう。

ジリ貧とは

ジリ貧という言葉を聞くと、ある程度の意味合いは文字を見て伝わってくるかもしれません。

しかし、普段あまりジリ貧と言う言葉を聞く機会は少ないと思います。

インターネットの掲示板などでジリ貧と言うことを聞いたりすることなどはあるかもしれませんね。

そもそも現実で使われる機会などが少ないので、耳に触れる機会が当然少なくなってしまい、意味を正しく理解していないという方は多いのも事実です。

特に、若い方などは意味を理解していない方は多いのではないかと思います。

ただ、知らないと恥ずかしい状況にもなってしまいますし、間違った解釈をしていると、意味のすれ違いになってしまい、問題に繋がってしまう場面があるかもしれません。

なので、ジリ貧という言葉の意味、そして似ている単語などを一挙にご紹介します。

「ジリジリと貧しくなる」の略

ジリ貧という言葉を理解するにはまず意味を正しく理解しましょう。

ジリ貧と言う言葉はジリジリと 貧しくなるという言葉の略称になります。

こうしてみると意味を正しく理解できるかと思いますが、略称してみるとちょっと分かりづらいかもしれませんね。

ジリジリと貧しくなるということなので、だんだんと切羽詰まった状況になってしまうといいう事を表し、最初は勢いがあったとしてもだんだん勢いがなくなってしまったり、悪い状況へと悪化してしまうことを表す言葉になるので、間違った解釈をしないように正しい言葉の意味を理解しておきましょう。

ただの「貧しい」との違い

ジリ貧と貧しいという言葉は何が違うのかわかりますか?

貧しいと言う言葉はすでに今現在貧しいという状況を表している言葉になります。

それに反してジリ貧と言う言葉はこれからジリジリと貧しくなっていくという未来を表している言葉になります。

今か、これからの未来かという事が大きな違いになってきます。

なのでジリ貧という言葉を使い際には、間違った解釈をせずに、正しく使うようにしましょう。

間違った使い方をしてしまうと、恥ずかしいですし、こちらの伝えたい言葉の意味があべこべになってしまい、混乱してしまうので注意しましょう。

ジリ貧の類義語

言葉の意味を正しく理解したところでジリ貧と言う言葉の類義語についてご紹介していきます。

言葉は不思議なもので、とても似ている意味を持っている単語も多く存在しています。

最初は混同するかもしれませんが、言葉の意味自体が似ているので、同じように言い表す事も出来るので、安心してください。

似ている言葉の存在を知る事で、的確にその状況を言い表すことができるようになります。

相手に対して正しく、なおかつ素早く、状況を伝えることができるようになりますし、時間も節約し、話も早く済むので類義語を理解して、適切な場面で使えるように工夫しましょう。

悪くなる一方

ジリ貧の類義語として悪くなる一方と言う言葉を表現できます。

ジリ貧という言葉がこれからジリジリと貧しくなっていくという意味合いに対して、悪くなる一方という言葉はこれからどんどん悪くなっていくということを意味していますので、意味合いとしてもほぼ同じ意味として捉えることができます。

少し違う部分があるとすれば、じりじりと少しずつ貧しくなっていくという表現に対して、悪くなる一方は悪くなるペースについてまでは表現していませんので、その部分の差が生まれるぐらいでしょう。

いずれにしてもどちらの言葉も非常に似通っているので、基本的にはどちらの言葉を選択したとしても、同じ意味として相手に通じるようになります。

これから悪くなっていく状況の時には、ジリ貧という言葉を交えて使用すると、スムーズな会話が行えると思います。

右肩下がり

ジリ貧という言葉の類義語として右肩下がりという言葉を表現することができます。

右肩下がりと言う言葉は、例えばグラフの線が右に向かって下がって行く様な形から、後になるほど状態が悪くなっていくということを指し示している言葉になります。

なのでジリ貧と言う言葉と比較した時にとても似ている言葉になります。

使われる例としては、不景気で売り上げは右肩下がりだ、などという風に言葉を使いますので、不景気で売り上げがジリ貧になる、という様に言葉を置き換えても意味は通じると思います。

どちらの言葉を使っても文字数的にはそこまで変わらないので、自分自身が使いたい表現で使ってみると良いかと思います。

悪循環に陥る

悪循環に陥るという言葉も類義語として成り立つと言えます。

悪循環に陥るという言葉の意味は事態がだんだんと悪化していくことすでに起こっている問題がさらに複雑化して悪化することを意味しています。

なのでジリ貧という言葉の類義語として成り立ちますし、置き換えて使用することも可能です。

悪循環に陥ってしまい仕事がうまくパフォーマンスが出来ない状況はある程度存在するかと思いますので、そのような時に代用して、ジリ貧という言葉で表現する事ができると思います。

ジリ貧の対義語

ここまではジリ貧の類義語について詳しくご紹介をしましたが、反対の言葉の意味を知っておくと、より理解が深まるかと思います。

ジリ貧対義語を考える時にどのような言葉があるでしょうか。

ジリ貧という言葉がだんだんと貧しくなっていく、という意味合いなので、当然ながらだんだんと裕福になっていくということが対義語の意味として想像つくかと思います。

この意味を踏まえた上で対義語はどういう言葉になるか考えてみましょう。

ドカ貧

ジリ貧の対義語としておかしいと言う言葉が存在します。

名前からしてとても似ているのですが意味合いとしては対義語になります。

ドカ貧は一気に貧乏になっていく様を表している言葉になります。

ドカ貧はドカンと貧乏になるという言葉を略称していると言えます。

なので徐々に貧乏になっていく様を表しているジリ貧と言う言葉の対義語として位置しています。

徐々に貧乏になるか一気に貧乏になるかという違いの言葉になります。

一気に悪い状況に転じてしまう場合はど課金という言葉を使用してより詳しく状況を伝えることができるといえます。

状況に応じた適切な言葉を使うように意識しましょう。

ジリ高

次にご紹介する対義語はジリ高という言葉です。

ジリ高という言葉は一定の業界でよく現される言葉になります。

普段耳にしない方も多いと思いますが、特に金融の世界では一般的な言葉として使用される機会が多く、具体的な意味についてはマーケット全体を対象にした用語であり、 株などのグラフを言い表した言葉になるといえます。

どのような状況を言い表すかというと、相場の調子を表しており相場が一度に上がらないで少しずつ高くなっていくことを表現します。

なので先ほどのジリ貧と言う言葉と照らし合わせると、全く逆の意味でジリジリと高くなっていくという言葉として言い表せます。

高くなるということは良い方向に動いたり、裕福になる様を表した言葉としても捉えることができるので、ジリ貧と言う言葉の完全なる対義語であると判断できます。

ジリ貧とジリ高という言葉を覚えておくだけで、今の状況をうまく表現することができるようになります。

もともとは第一次世界大戦後にできた言葉

ジリ貧という言葉を理解するにあたり、なぜジリ貧という言葉が生まれたのかという由来について勉強することが、理解を深める大事なポイントになります。

ジリ貧という言葉が生まれたのは第一次世界対戦後にになります。

年数としては1920年代の不況の時期になり、存在している企業が不況の影響による業績の悪化を感じていました。

だんだんと悪くなっていく状況に対して、そのような状況を言い表した言葉がジリ貧という言葉なのです。

なので、ジリ貧という言葉は不況から生み出された言葉であるといえます。

言葉のルーツを考えてみると、非常に状況がわかりやすく、理解も深める言葉できると思います。

経済の様子を表したもの

経済の様子を表す上で、非常に便利な言葉がこのジリ貧と言う言葉です。

急に悪くなってしまう場合などもあれば、だんだんと悪くなっていく場合なども状況としては大いに考えられます。

経済で考えた時に、このような状況は非常に多く存在しますので、的確に状況を伝える言葉として、とても優れている言葉だと言えます。

中でも、先ほどお伝えした株価に対して使用される場合もあれば、 FXなど、為替相場としてのグラフでも言い表せる言葉にもなりますので、経済を表す言葉としては最適な言葉なのです。

ジリ貧の使い方

ジリ貧という言葉について正しい意味は類義語、そして対義語についてもご紹介をしていきました。

ジリ貧という言葉の正しい意味を理解したところで具体的なジリ貧という言葉の使い方について学んでいきましょう。

楽しく意味を理解しても正しい使い方ができていなければ、相手には伝わりませんし、学んだ意味がなくなってしまいますので、注意してください。

使われる状況と、実際に使われる例文などを踏まえた上でご紹介していきたいと思います。

現代では色々な分野で使われる

ジリ貧という言葉は上手に状況を言い表せる言葉になりますので、様々な分野で使われることが多いです。

特に金融などの業界ではよく使われることが多いですがそれ以外にも様々な場面で使用されます。

それだけジリ貧という言葉がとても便利な言葉であるということが言えます。

便利な言葉である反面、間違った使い方をしないように注意する事が大事です。

この機会に正しい使い方を学んで、日常的に適切な場面で使用してみてください。

金銭的なもの

ジリ貧という言葉を言い表す上で、金銭的な状況を言い表すことが出来ます。

ジリジリと貧しくなっていくという言葉の性質上、 お金を連想させる意味も多く含まれていますので、多くの方が金銭的な状況を表す場合が多いと言えます。

だからこそ先ほどお伝えしたように金融の仕事などでも多く用いられている言葉になるといえます。

特に経済や金融に関しては、様々なことをグラフなどで置き換えて確認したりしますし、価値が相場によって変動するような物が多いので、このような言葉を用いて表現がしやすいという背景も連動しています。

価値が変動するものについては基本的には、急に上がるか、だんだんと上がるか、変わらない状況か、だんだん下がるか、急に下がるかの五つのパターンで言い表すことができます。

そのうちの5つのパターンの一つのパターンとして表現できると言えますね。

実際にジリ貧という言葉を金銭的な意味として置き換えた時に例文を見ていきます。

長引く経済的な不況によってこのままだと売上高がジリ貧状態となってしまう

長引く経済的な不況によってだんだんと貧しくなってしまうという様を表した例文になります。

経済的な影響によって、商品の売上が上がらなくなってしまい、長い目を見るとだんだん売り上げが下がっていってしまい、このままだと最終的には売上がまったく上がらなくなってしまうという意味合いになります。

金銭的な面において、言い表せる代表的な使い方になるのではないでしょうか。

この言葉を使う状況を考えるとやはり金融的な仕事に就いている場合であったり、何らかの商品を取り扱っている会社の方が使う場面が想像つくのではないでしょうか。

どのような会社においても日本的には自社の商品やサービスを顧客に販売して売上を立てているので、様々な状況において使用することができるポピュラーな使い方となるといえます。

学校やスポーツの成績

ジリ貧と言う言葉は何も金銭的な面だけを言い表す言葉ではありません。

そもそもジリ貧という言葉は、状況を表す言葉になるので例えば学校やスポーツに関する結果や成績、内容についてもいい表すことができます。

例えば時には学校のテストの成績であったり、スポーツなどにおいての結果、そして試合状況などについても表現できるという意味です。

実際にそれぞれの状況に関してジリ貧と言う言葉を使ってる例文を考えていきます。

このまま勉強をサボってしまうと、学校の成績はジリ貧になってしまう

学生であれば毎日学校で当然勉強を習いますよね。

ただ興味がないことに関しては当然ながら勉強する意欲も触れてしまいますが、勉強サボってしまうと当然学校の成績は落ちますよね。

そんな状況を表した例文になります。

自分自身の成績という状況をだんだんと悪い方向になってしまうということを言い表した例文になり、学校の勉強以外にもスポーツなどでも状況を表す言葉出して活用できます。

例えば、スポーツの試合などを行っている場面で、だんだんと悪い状況になってしまうとおいう事であれば、「このままの試合展開だと、相手に点数を一方的に取られてしまい、ジリ貧になってしまう」という風な表現方法なども可能です。

要は、今現在の状況が悪い方向へいくという事を言い表した文章なので、様々な応用が利かせることが出来ます。

人間関係

ジリ貧と言う言葉は人間関係においても表現することができる便利な言葉です。

ジリジリと貧しくなっていく様は、目に見えるもの以外にも、目に見えないような事も言い表せます。

目に見えないものについて表す場合は表現方法が難しかったりするのですが尻銀という言葉を使えば問題だけ表現できますので便利な言葉であると言えます。

もちろん人間関係以外に関しても表現することができますが、今回はわかりやすい例として人間関係を言い表したジリ貧の例文についてご紹介します。

人間関係は煩わしいが、あまりコミュニケーションをとらないとジリ貧になってしまう

人と人とのコミュニケーションをとる事が好きだったり面倒だと感じる方が存在するのも事実ですよね。

今回の例文は人間関係についていい表した例文になりますが、意味合いとして、人間関係を築くのはとても面倒くさいことだか、コミュニケーションをとらないとだんだんと人付き合いが貧乏になってしまうというような状況を言い表した例文です。

自分自身の人脈であったり、作ってきた友達が減っていく状況を言い表した言葉であり、社会人になると忙しい状況が生まれて休みもあまり合わなくなったりして、自分自身が今まで築いてきた人間関係がおろそかになってしまうという状況も当然生まれると思います。

生活が変わると、どうしても人間関係が希薄になってしまう方もいるかと思います。

生きていく上で人と人との付き合いは欠かせないものなので人間関係は大事なものです。

人脈は様々な場面でメリットを生み出すもので、人間関係が希薄にならないように注意しましょう。

国家間関係

ジリ貧という言葉は国家間の関係などについてもいい表すことができる便利な言葉です。

例えば世界全体を見て、独立した国家も存在しますが大部分は人と人とが関わっていくように国家間で友好的な関係を築いたり、助け合ったりしていくことが一般的に多いといえます。

中には争っている国なども存在しますが、助け合っている国家が多いのも事実です。

そのような国家間の関係についてもジリ貧という言葉を用いて表すことができます。

国家間として見ると、とても大きい存在に見えるかもしれませんが、言ってみれば人間の集合体として考えてみる事ができます。

だからこそ先ほどご紹介した人間関係という部分で該当する言葉は国家間でも該当する場合が多いのです。

それを踏まえた上で例文を見てみましょう。

アメリカの言いなりになってしまうと、日本は最終的にジリ貧になってしまう。

国家間の関係を言い表す事ができる言葉としての例文になりますが、例えばこの文章の意味はアメリカの言いなりになると、日本は貧しくなってしまうという意味合いです。

アメリカは大きい国ですので、当然ながら力を持っています。

力を持っているアメリカには逆らえないですし、逆にアメリカと友好的な関係を築く事が、大事な事であるという風にも捉えることが出来ますが、ただアメリカのいいなりになってしまうと日本は搾取されてしまい、だんだんと悪い状況になる、もしくは貧乏になってしまうという心情の言葉です。

あくまで例ではありますが、国家間の関係についてもこのような表現方法を用いる事で言い表すことが出来ます。

様々な状況を言い表せる、便利なジリ貧という言葉の便利さを感じられる例文にもなるといえます。

株用語にも使われる

ジリ貧という言葉は金銭的な面で表せる言葉という事を先ほどお伝えしました。

世の中に存在する価値があるものとして、お金以外にもたくさんのものが存在しています。

例えばお金として同様の価値を持っているものとして株であったり為替、そして不動産や土地などお金としての価値を持ちながら、お金とは別での存在であるものはたくさん存在しています。

そんな中で、よく用いられるのは、株や為替などの金融商品である場合が多いと言えます。

今回は株などについてジリ貧という言葉を用いて表現する場合の例文をご紹介します。

普段から株や為替などを利用している方は、使い機会も多いかと思いますし、知らな方は理解しておくと便利な表現方法が出来るようになるので、詳しくご紹介します。

ジリ安

まずご紹介するのがジリ安という言葉です。

ジリ安という言葉は金融的な仕事で使われることが多く、よく証券会社でも用いられる表現方法になります。

具体的な意味としては一度に値を下げないで少しずつ安くなることを意味しています。

なので言ってみればジリ貧という言葉と非常に似ている言葉であるといえます。

株自体はご存知の通り、値段が相場によって変動しますよね。

株の価値が変動する様をグラフとしてみた時に、じりじりと安くなっていっているという言葉として表現できますので、ジリ貧という言葉とかけた時に表現されるようになった言葉です。

ジリ安という言葉を使って具体的な例文を考えていきましょう。

株式市場は全体的にジリ安となり、日経平均株価が最終的に前日終値を下回った。

例えば、株価をジリ安という言葉を用いると次のような例文として表現することができます。

意味合いとしては、株式市場で全体的に相場がジリジリと安くなってしまい、平均株価が昨日の終値を下回る結果となったという風にとらえることが出来ます。

このように株価の動きについて表現する事ができる使い方が出来ます。

株価については常に変動するので、このような表現方法を用いる事で、的確に状況を説明する事ができるようにもなります。

使用頻度も高いと思いますし、理解しておかなければ、意味が伝わらないものにもなりますので、正しく理解して、正しく使えるようにしておきましょう。

ジリ高

次に株用語としてご紹介する用語はジリ高です。

先ほどご説明した、ジリ安という言葉の対をなすような表現方法になります。

先ほどのジリ安はじりじりと安くなっていく様を表現した言葉ですが、今回のジリ高はじりじりと高くなっていく様を表現した言葉です。

具体的な意味は一度に値を上げないで、少しずつ高くなることと定義されています。

使い方としては、先ほどの例文を踏まえるとそこまで理解に苦しむ方はいないと思いますが、こちらの用語も同様に例文を考えてみたいと思います。

α社の株価はジリ高となり、前日比で20円高で引けた。

ジリ高という言葉を使った例文はこのような表現方法ができます。

意味合いとしてはα社の株価がジリジリと高くなり、昨日と比例すると20円高い金額となったと表すことができます。

使い方としてはそこまで難しくないかと思います。

ジリ貧という言葉から派生してこのように様々な表現方法が用いられるということを理解しておけば、様々なシーンでより細かい状況を正しく相手に伝えることができるという事ができます。

視野を広げて様々な言葉を連動して知ることで、自分自身の知識を深めることにもつながるので、この機会に様々な表現方法を覚えましょう。

ジリ貧になる理由

ジリ貧という言葉の意味、類義語、対義語そして実際に例文を交えてご紹介をしていきました。

ここで一度ジリ貧という言葉について考えてみましょう。

そもそもジリ貧になる理由について細かく考えたことがありますか?

世の中に起きる現象として基本的には必ず理由が存在しています。

理由がはっきりと目に見える場合もあれば、目に見えずに分かりづらい状況にある場合もあります。

ジリ貧という言葉について考えるときに、ジリ貧になる理由について合わせて考えてみると、より理解が深まる事へと繋がります。

具体的にどういう理由が存在するのか、多い理由について順番に詳しくご紹介していきます。

多様性がない

ジリ貧になるという事を考えた時に、起きる理由としては多様性はないからそうなってしまうと考える事が出来ます。

例えばここ20年の日本企業の稼ぐ力を考えるときに、衰退の一途を辿ってきているということが周知の事実であると言えます。

ここ数年で若干下げ止まりの兆候が見えてはいるものの、本格的な回復にはまだ程遠いとされているのが現実的です。

日本人の稼ぐ力がなくなってしまったのは1998年から始まったデフレーションが大きく影響していると言われています。

デフレが始まった時代を考えてみると、その時代はインターネットを中心としたIT分野等どのイノベーションがとてつもない勢いで進んでいた時代と見ることができます。

インターネットが普及するということは当然ながら様々な方たちと関わりを簡単に持てるということで、グローバル化した時代に突入したという風に考えることができます。

実際にインターネットを使えば、海外の人でも気軽にやり取りする事が出来ますし、海外の新しい情報を簡単に手に入れる手段が身についたとも言えます。

そしてボーダレス化が進んだと言うことにも同時に考えることができます。

言い変えてみると、過去の経験であったり、すでに持っている知識だけでは解決が困難な、答えがある時代だったものから、これからは答えがない時代という風に時代に突入したという事に繋がります。

本来であれば、この答えがない時代へ対応するために対応策を考えなければいけないのですが、まだまだ対応できていないという事が現実であり、それが稼ぐ力を衰退させている原因であるという風に解釈できます。

今の世の中では経験を積んだ人の方が、浅い人よりも正しい判断が出来るという風に考えられがちですが、これはそのように考えた方が認識が共有しやすいからという風にも繋がるのです。

いわば、その方が楽であるという風にも捉えることが出来ますが、それではいけないとされています。

違う意見を言えば、空気が読めないという扱いをされてしまいますが、先ほどもお伝えしたように既存の考え方や答えだけでは対抗できない世の中になっているので、新しい考え方が今後は必要になります。

そう考えた時に、考えを縛られてしまうこのような制度ではダメだという風に判断が出来ます。

だからこそ、多様性を身に着ける事で、今までの答えではなく、新しい答えを導き出すことが出来るという事へと繋がります。

多様性を身に着けるという事は、新しい答えを作り出すことが出来る方法へ繋がるので、長いキャリアを持った人だけで判断するのではなく、様々なキャリアを持った人と協力していくことが大事な時代であるともいえます。

今までと違う答えを導き出す事が、ジリ貧から抜け出す答えにもなっていると言えるので、多様性を身に着ける必要があると言えます。

まとめ

今回はジリ貧という言葉を中心に、類義語、対義語、ジリ貧を使った例文、そしてジリ貧という状況になる理由をご紹介しました。

たったひとつの言葉だけでも、たくさんの使い方や意味があり、理解を深めることができます。

ジリ貧という言葉を通して、現在の社会についても考えることが出来、たったひとつの事を掘り下げるだけで様々な知識を得ることが出来ます。

ひとつひとつの事について、掘り下げて考える事は自分自身を成長させるきっかけにも繋がりますし、新たな発見をする事が出来る事にも繋がります。

日常生活で気になった事は、自分自身の中でどんどん掘り下げて考えるようにしてみてください。

それがあなたの成長へと繋がると言えます。