CoCoSiA(ココシア)

ジリ貧とはどういう意味?よくある使...(続き4)

アメリカは大きい国ですので、当然ながら力を持っています。

力を持っているアメリカには逆らえないですし、逆にアメリカと友好的な関係を築く事が、大事な事であるという風にも捉えることが出来ますが、ただアメリカのいいなりになってしまうと日本は搾取されてしまい、だんだんと悪い状況になる、もしくは貧乏になってしまうという心情の言葉です。

あくまで例ではありますが、国家間の関係についてもこのような表現方法を用いる事で言い表すことが出来ます。

様々な状況を言い表せる、便利なジリ貧という言葉の便利さを感じられる例文にもなるといえます。

株用語にも使われる

ジリ貧という言葉は金銭的な面で表せる言葉という事を先ほどお伝えしました。

世の中に存在する価値があるものとして、お金以外にもたくさんのものが存在しています。

例えばお金として同様の価値を持っているものとして株であったり為替、そして不動産や土地などお金としての価値を持ちながら、お金とは別での存在であるものはたくさん存在しています。

そんな中で、よく用いられるのは、株や為替などの金融商品である場合が多いと言えます。

今回は株などについてジリ貧という言葉を用いて表現する場合の例文をご紹介します。

普段から株や為替などを利用している方は、使い機会も多いかと思いますし、知らな方は理解しておくと便利な表現方法が出来るようになるので、詳しくご紹介します。

ジリ安

まずご紹介するのがジリ安という言葉です。

ジリ安という言葉は金融的な仕事で使われることが多く、よく証券会社でも用いられる表現方法になります。

具体的な意味としては一度に値を下げないで少しずつ安くなることを意味しています。

なので言ってみればジリ貧という言葉と非常に似ている言葉であるといえます。

株自体はご存知の通り、値段が相場によって変動しますよね。

株の価値が変動する様をグラフとしてみた時に、じりじりと安くなっていっているという言葉として表現できますので、ジリ貧という言葉とかけた時に表現されるようになった言葉です。

ジリ安という言葉を使って具体的な例文を考えていきましょう。

株式市場は全体的にジリ安となり、日経平均株価が最終的に前日終値を下回った。

例えば、株価をジリ安という言葉を用いると次のような例文として表現することができます。

意味合いとしては、株式市場で全体的に相場がジリジリと安くなってしまい、平均株価が昨日の終値を下回る結果となったという風にとらえることが出来ます。

このように株価の動きについて表現する事ができる使い方が出来ます。

株価については常に変動するので、このような表現方法を用いる事で、的確に状況を説明する事ができるようにもなります。

使用頻度も高いと思いますし、理解しておかなければ、意味が伝わらないものにもなりますので、正しく理解して、正しく使えるようにしておきましょう。

ジリ高

次に株用語としてご紹介する用語はジリ高です。

先ほどご説明した、ジリ安という言葉の対をなすような表現方法になります。

先ほどのジリ安はじりじりと安くなっていく様を表現した言葉ですが、今回のジリ高はじりじりと高くなっていく様を表現した言葉です。

具体的な意味は一度に値を上げないで、少しずつ高くなることと定義されています。

使い方としては、先ほどの例文を踏まえるとそこまで理解に苦しむ方はいないと思いますが、こちらの用語も同様に例文を考えてみたいと思います。

α社の株価はジリ高となり、前日比で20円高で引けた。

ジリ高という言葉を使った例文はこのような表現方法ができます。

意味合いとしてはα社の株価がジリジリと高くなり、昨日と比例すると20円高い金額となったと表すことができます。

使い方としてはそこまで難しくないかと思います。

ジリ貧という言葉から派生してこのように様々な表現方法が用いられるということを理解しておけば、様々なシーンでより細かい状況を正しく相手に伝えることができるという事ができます。

視野を広げて様々な言葉を連動して知ることで、自分自身の知識を深めることにもつながるので、この機会に様々な表現方法を覚えましょう。

ジリ貧になる理由

ジリ貧という言葉の意味、類義語、対義語そして実際に例文を交えてご紹介をしていきました。

ここで一度ジリ貧という言葉について考えてみましょう。

そもそもジリ貧になる理由について細かく考えたことがありますか?

世の中に起きる現象として基本的には必ず理由が存在しています。

理由がはっきりと目に見える場合もあれば、目に見えずに分かりづらい状況にある場合もあります。

ジリ貧という言葉について考えるときに、ジリ貧になる理由について合わせて考えてみると、より理解が深まる事へと繋がります。

具体的にどういう理由が存在するのか、多い理由について順番に詳しくご紹介していきます。

多様性がない

ジリ貧になるという事を考えた時に、起きる理由としては多様性はないからそうなってしまうと考える事が出来ます。

例えばここ20年の日本企業の稼ぐ力を考えるときに、衰退の一途を辿ってきているということが周知の事実であると言えます。