『おっ』は驚いたときに発する『オッ』で、予期しない場面に突然出食わした驚きのため、冷静さに欠ける咄嗟の反射的行動が的外れの結果になってしまう有様を表しています。

『ちょこ』は、落ち着きがなくチョコチョコ動き回る様子を表す『ちょこちょこ』の『ちょこ』です。

『ちょい』は安易な軽はずみな行動をとる様子を表しています。

おっちょこちょいは、それぞれの語句の意味を合わせ持ったコトバなのです。

おっちょこちょいな人とは、これらの3つの意味を併せ持つ言動をする人のことです。

『おっちょこちょい』は、おっちょこちょいな行動の結果が、相手に致命的な打撃を与えるのではなく、許される範囲の軽微な影響を相手に与える場面で発せられるコトバです。

おっちょこちょいな行動をした人を強く責めるコトバではないため、使われる場面は少なくないと言えます。

おっちょこちょいとは

おっちょこちょいとは、熟慮をしない咄嗟の的外れな行動をとった人に向けられるコトバです。

日常生活の中で、自分の考えに自信が持てない人は、絶えず周りの人の言動が気になるものです。

このため、自分を取り巻く状況の変化が起きた場合、周りの人の視線が気になり、自分の考えで冷静に対応することができなくなります。

自分のとった行動を周りの人はどのように受け止めているか気になり、自身の行動を冷静に進めることができなくなることで、『おっちょこちょい』な状態に陥ってしまうのです。

また、『おっちょこちょい』は、おっちょこちょいな人を、強く攻めずにチクリと批判を込めた意味を含んでおり、まさに、日本語の『妙』といえます。

おっちょこちょいというコトバを向けられた人にとっては、反省を気付かせてくれるキッカケになります。

人は予期しない突然の出来事に直面したとき、無意識のうちに反射的行動をとることがあり、おっちょこちょいな行動は誰にでも起こり得るのです。

おっちょこちょいな行動をとった人の心を傷つけることなく、反省の気づきを促す面をもつコトバが『おっちょこちょい』です。

あわてんぼうという意味

あわてんぼうとは、目の前の状況を冷静に把握せずに早合点し即行動してしまい、的外れな言動になってしまった有様を言います。

おっちょこちょいと似たところがありますが、次の点がおっちょこちょいと異なります。

あわてんぼうは、『慌てる』から派生したコトバですので、『急ぐ』ことが前提になっています。

『急ぐ』ことに全神経が集中してしまい、早合点な的外れの行動になる有様を指すのが『あわてんぼう』です。

一方、おっちょこちょいは、急ぐことが前提になっていません。

おっちょこちょいは、急がない場面でも起きる『不用意』、『不注意』、『軽率』な言動を指します。

しかし、日々の生活の中では、厳密な使い分けは、されていないのが実態と言えます。

あわてんぼうは、あわてん『坊』と表すこともあり、『坊』=『坊や』という意味から、子供じみた言動という含みをもったコトバでもあります。

おっちょこちょいの類義語

おっちょこちょいの出典:「日本語シソーラス 連想類語辞典」ホームページ。

おっちょこちょいの類義語には、よく考えない、早合点する、不注意な、気ぜわしい、せっかちな、などがあります。

これらの類義語に共通することは、熟考、熟慮、冷静さの欠如による軽はずみな考えのため、的確な言動ができない姿です。

周りの人に影響を与え、迷惑をかけてしまうと、おっちょこちょいと言われてしまいます。

しかし、冷静さに欠ける安易な言動をしても、周りの人に全く迷惑がかからない場合は、おっちょこちょいと言われることは少ないです。

周りの人への影響の有無により、おっちょこちょいと言われることがあるのです。

おっちょこちょいな人の10個の特徴

おっちょこちょいな人は、自分の言動に自信が持てず、周りの『目』ばかりが気になり、冷静さに欠ける人です。

自信が持てない人は、自分の言動に周りの人がどのように反応するかに気を取られて、冷静に自分の考えで行動することができなくなります。

おっちょこちょいな人は、周りの人の考え次第で、どちらにもナビク、風見鶏のような人と言えます。

自分の考えよりも周りの人の考えを優先するため、周りの物事の様子が変わる度に言動も変わります。

自身の言動に自分自身が振り回される状況に陥った姿が、おっちょこちょいな人として映ってしまうことがあります。

また、人生経験が豊富ではない人の中には、思慮深さに欠けることで、予期しない咄嗟の出来事に的確な反応ができず、おっちょこちょいな人として観られることがあります。

1.相手の話を最後まで聞いていない

おっちょこちょいな人の中には、自分本位の傾向があるため、相手への気配りに欠けることから、相手の話を最後まで聞いていないことが少なくありません。

相手の存在よりも自分の立場を優先するため、相手の話に誠意をもって耳を傾けることはしません。

おっちょこちょいな人は、自分に自信が持てないことを周りの人に気付かれないようにするために、周りの人を翻弄させるコトバを考えることで頭の中がイッパイになっています。

このため、相手の話を最後まで聞く心の余裕を持てない心理状態に陥っています。

自分の発するコトバで、自信の無さを隠す『隠れ蓑』にする方法を考えていて、心の余裕がなくなり、相手への関心が失せているのです。

また、おっちょこちょいな人の中には、目立ちたがり屋も居ます。

周りの人をアッと言わせて注目を浴びようとし、心がいっぱいになっていますので、相手の話への関心が薄れてしまい、最後まで聞く姿勢が失せてしまいます。

集中が続かず大体の内容で理解したつもりになっている

おっちょこちょいな人の中には、中途半端ですぐに結論を出したがる人が居ます。

また、自己顕示欲が強くて、相手の話に集中が続かず大体の内容で理解したつもりになっている早合点な面を持っていることがあります。

自己を顕示することに全神経が縛り付けられているため、周りの人の言動に集中が続かず大体の内容で理解したつもりになるのです。

おっちょこちょいな人は、ひとつのことに腰を据えてジックリ対処することが苦手な傾向があります。

ひとつのことへの集中が続かない姿は、自己顕示欲の強さの表れといえます。

自己顕示欲の強い人は、自己をアピールすることに全神経が注がれているため、自己アピールに繋がらないことには集中が続かず、大体の内容で理解したつもりになってしまいます。

2.頼まれたことをすぐに忘れてしまう

おっちょこちょいな人は、自己中心的な考えを持つ傾向があると言えます。

自己を最優先する感覚のため、周りの人の存在は無きに等しいと考えることから、頼まれたことを『頼まれ事』と意識しませんので記憶に残らず、すぐに忘れてしまいます。

周りの人の存在を意識することが薄いため、周りの人からのコトバを軽く聞き流してしまいます。

ですから、周りの人から頼まれたことを心にとどめる真摯な態度に欠ける振る舞いをすることになります。

自己中心的な人は、周りの人からのコトバを真正面から耳を傾ける姿勢に欠けるため、頼まれたことを大切に受けとめる心の広さを持ち合わせていません。

頼まれたことは、頭の中を素通りして、すぐに忘れてしまい、記憶に残ることはありません。

優先順位を上手くつけられない

おっちょこちょいな人は、自身のことでいつも頭の中がいっぱいなので、周りの状況や出来事を冷静に把握するだけの心の余裕がもてません。

様々な課題や出来事に取り囲まれていても、個々の物事の重要性や緊急性など、周りの状況を冷静に判断することができません。

このため、物事の優先順位を上手くつけられない結果となってしまいます。

また、おっちょこちょいな人の中には人生経験の浅い人が居ますので、物事の重要性を見極める知識に乏しく、優先順位を付けるための判断ができない状態に陥ることがあります。

人生経験の浅さから自信喪失に繋がり、自分の周りの出来事を冷静に把握し、優先付けして対処する振る舞いができない状態になります。

おっちょこちょいな人は、自身のおっちょこちょいな面を周りの人に気付かれたくないという自己防衛に陥るため、世間との関わり合いを避けようとし、周りの物事から逃げようとします。

おっちょこちょいな面を払拭するためには、自身を取り囲む周りの様々な状況と真摯に向き合うことです。

真摯に向き合うことで、物事の重要性の度合いを見極める『眼』を備えることができるようになり、優先順位を上手くつけることが出来るようになります。

3.集中力がない

おっちょこちょいな人の中には、自分のおっちょこちょいな面に劣等感を抱いているケースも少なくありません。

自分が日頃抱いている劣等感を隠すことで頭や心がいっぱいになっているため、周りの物事に集中する余裕が持てなくなるのです。

『おっちょこちょいな人』というレッテルから抜け出すことで躍起になり、周りの物事が眼に入らなくなります。

自己保身に全神経が注がれるため、他の事に関心を向ける心の余裕が持てず、集中力がない人として観られることになるのです。

注意力が散漫である

おっちょこちょいな人は、『おっちょこちょい』のコトバが示すとおり、落ち着いて物事を見極めることが苦手な傾向があります。

周りの出来事を注視しながら判断するだけの心の余裕を持てないのです。

おっちょこちょいな人が最も興味を抱いているのは自分自身の事だけなので、周りのことに注意が向くことは希です。

『おっちょこちょいな人』から抜け出す方法を探すことが最大の関心事になっているため、自分以外の周りの事には注意力を注ぐことができない状況に陥っています。

このため、注意力が散漫になってしまうのです。

注意力の散漫さから抜け出すためには、『おっちょこちょいな人は自分だけではない』と自身に言い聞かせながら自分を追い詰めないことが肝心です。

自分を追い詰めないことで心に余裕が生まれてきますので自ずと、注意力の散漫さから抜け出すことができるようになります。

4.パニックになりやすい

おっちょこちょいな人は、日々の生活の中で、自分が『おっちょこちょいな人』として視られていることが頭から離れません。