CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

自己嫌悪に陥りやすい人の12個の特徴と改善策

自己嫌悪に陥りやすい人の12個の特徴と改善策のイメージ写真

失敗が重なってしまったり自分のせいで周囲に迷惑が掛かると、もう自分なんてイヤだと、自己嫌悪に陥ることがあります。

そんな苦しい状態から抜け出すために必要なのが、「何故自分は、自己嫌悪に陥ってしまうのか」という原因を知ることから始まります。

この記事では、自己嫌悪に陥りやすい人の特徴と改善策をご紹介していきます。

自分を責める生き方をしないためにも参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

すぐ自己嫌悪に陥ってしまう…

少しの失敗やミスは誰にだってあるものです。

それを「まあいいや」と楽観的に考える人もいれば、「どうしよう…、こんなことになったのも自分のせいだ」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいます。

そして、一度自己嫌悪に陥ってしまうと、なかなか気持ちの切り替えができずに生活にも影響が出てしまうのです。

そんな性格を改善したいと思う人も多いのではないでしょうか。

自己嫌悪に陥りやすい人の12の特徴

自己嫌悪に陥りやすい人
では、自己嫌悪に陥りやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.真面目

真面目な人ほど、色んなことを考えすぎてしまい、結果として自己嫌悪に陥りやすいです。

一度自己嫌悪に陥ると、自分はダメなのに、どうしてあの人は優れているんだろうかと、周りと比較し始めます。

その際に、相手の良い所ばかりを見てしまい、勝ち目の無い比較ばかりをするという悪循環に陥ります。

しかし、他人との能力差を感じて、自己嫌悪に陥ってしまうという行為は、実は自分自身は成長をしたいと考えているサインかもしれません。

まずは、自分はこうあるべきだ、此処まできちんとやらないといけないといった、真面目すぎる考え方をやめてみましょう。

自分に完璧を求めすぎてしまうと、あまりにも理想が高すぎるが故に、現実とのギャップを知った時に、直ぐに自己嫌悪に陥ってしまいます。

そうならない為にも、自分を許してあげなくてはいけません。

今日は此処まで出来たから良くやったと、まずは自分の行動を高く評価することが大切です。

真面目で完璧主義の人は、自分に甘くするくらいが、実はちょうど良かったりするんです。

そして、自分の長所を知って、好きなことを見つけてみましょう。

好きなことを考えると、自然と自分が得意なことが見えてきます。

そして、得意なことがわかれば自分に自信が持てるようになります。

そうなれば、他人と比較をした時にも自己嫌悪に陥ることも減るのではないでしょうか。

気持ちを上手に切り替えて、自己嫌悪に陥らないように少しずつ工夫していきましょう。

2.色々考えすぎる

物事を必要以上に考え込んでしまうと、不安や恐怖の気持ちに駆られます。

色々と考えすぎても問題の解決はしないため、自分に対する自信を失ってしまい、自己嫌悪に陥ってしまうのでしょう。

本当は冷静になって考えてみると大した問題ではないのに、先走って考えすぎることで、かえって問題が複雑になることもあります。

そして、正確な判断も出来なくなり、しなくても良い判断ミスをする可能性も出てきます。

周りの人にも迷惑を掛ける可能性が高くなりますので、気を付けなくてはいけません。

色々と考えすぎて、自己嫌悪に陥ってしまう人は、周囲に気を遣いすぎる人が当てはまります。

職場での人間関係において、常に自分ではなく周りを優先してしまうがために、自分を犠牲にしがちです。

相手に嫌われたくないからといって、必要以上に心配をして考えすぎてしうと、余計自己嫌悪に陥ってしまう可能性があるので注意が必要です。

時には気を抜いて、逆に周りに頼ることも大切ですよ。

【考えすぎる人の特徴と対処法は、こちらの記事もチェック!】

3.我慢しがち

頑張っているのにミスが続いて仕事が出来ないヤツだって思われているなど、些細なことを感じて自己嫌悪に陥っている人は、いろんなことを我慢している人かもしれません。

一生懸命頑張っているのに、それが思うように評価に繋がらなかったりすると、ものすごく辛いですよね。

ですが、仕事をどれだけ頑張っても、思うようにいかないことは沢山あります。

失敗をしているのは貴方だけではありません。

このように、日ごろから頑張り癖が付いている人は、ものすごく辛いことに対しての我慢が得意な人です。

苦しいことに耐えることは必要ではありますが、我慢には限界というものがあります。

ですので、本当に苦しいのであれば、回りに助けを求める勇気を持ってください。

一生懸命頑張り過ぎて、身体を壊してしまって、倒れてしまっては意味がありません。

それこそ、周りの役に立つどころか、心配や迷惑を掛けてしまいます。

また、そういう状況になることで、更に自己嫌悪に陥ってしまうのも、我慢しがちな人の特徴でもあります。

頑張り癖のある人は、心に潜む不安をきちんと解消し、周りに頼るということの大切さを知りましょう。

4.劣等感を感じやすい

劣等感を感じやすくて自己嫌悪に陥っている人

自分はみんなよりも劣っていると感じやすい人は、自己嫌悪に陥りやすいです。

自己否定をすぐにしてしまう人は、自分に対してのコンプレックスが多いため、小さな欠点でさえも許せなくなってしまうのでしょう。

コンプレックス自体は、誰もが持っている感情です。

ですが、自己嫌悪に陥りやすい人は、コンプレックスを感じるたびに、そのことでまた、更にコンプレックスを感じるようになり、頭の中がコンプレックスで一杯になってしまいます。

物事をネガティブに考えやすい人や完璧主義の人、理想が高い人などは、劣等感を感じやすいかもしれません。

ネガティブな人は、自分はダメだと直ぐに思い込んでしまいます。

自分より出来る人を見ると、比較をして更に落ち込んでしまいます。

そして、何に対しても完璧にしないと気がすまない人も、劣等感を感じやすいでしょう。

少しの間違いに対して敏感で、何をやっても完璧ではないと自己嫌悪に陥ってしまいます。

そして、こうあるべきだという理想が高い人も、理想とかけ離れた自分の状態を常にマイナスに捉えてしまい、自己嫌悪に陥りやすいです。

コンプレックスは誰もが抱えるものです。

物事をもう少しライトに考える癖を付けて、自己嫌悪に陥らないように心掛けましょう。

5.負けず嫌い

負けず嫌いの人は、誰かに負けたくないという思いから、自分自身の能力を高めようとする意識が働きます。

そのため、非常に努力家の人が多く、成功者になりやすい傾向にあります。

ところが、負けず嫌いの人は、自己肯定出来ずに、実は自分に自身が無い人が多く、自己嫌悪に陥りやすいという短所もあります。

自分に自身が無いため、自分の短所ばかりに目が行きやすく、同様に他人に対しても長所ではなく欠点や短所を見つけやすいのかもしれません。

そして、自分のモチベーションを上げるために、他人の短所を叩くこともあるため、他人から敵視されやすくなります。

そんな自分がキライで、自己嫌悪に陥ることもあります。

他人を敵視すると、当然ですが、他人からも自分を敵視されるようになります。

そのため、人間関係が上手くいかずに、壁にぶつかることもあるでしょう。

聞く耳を持たないで、意地っ張りな性格だと思われることもあります。

負けず嫌いな人は、考え方を変えればものすごく自分の能力を高めることが出来る良い性格でもあります。

他人と比較するのではなく、自分に負けたくないと気持ちを切り替えて、上手にモチベーションを保てるようにしましょう。

そうすれば、いずれ自己嫌悪を酷く感じることも無くなるでしょう。

6.マイナス思考

何かあるとすぐにマイナス思考になる人は、自己嫌悪に陥りやすいでしょう。

どんな人でも自分がイヤでたまらない時ってありますよね。

常にポジティブに物事を考えようとしても、嫌なことが立て続けに起こったりすると、流石にマイナス思考になってしまいます。

自己嫌悪に陥るとどうしても被害妄想が激しくなります。

自分で自分の事を過小評価してしまい、自分なんて!という気持ちが強くなるんです。

また、他人は自分の事を良く思っていないだろうと、常に考えがマイナス思考になってしまいます。

マイナス思考にとらわれすぎてしまうと、人に近付くことを恐れてしまい、人との関わりを自分から断ってしまう可能性も出てきます。

ですが、それはあくまでも、自分がそうだと決め付けているだけであり、実際は周りはそこまで思っていることはありません。

勝手に人の気持ちを決め付けて、機会を逃しているのは非常に勿体無いことです。

マイナス思考に陥ることが悪いことではありません。

全て物事をポジティブに考えろとは言いませんが、マイナス思考になりすぎると自分で自分を追い込んでしまうので、気をつけましょう。

7.プライドが高い

自己嫌悪に陥りやすい人の特徴に、プライドが高いというのも挙げられます。

これは、自分の意見が常に正しいと思っているために、他人の言っている意見のほうが正しいとわかっていても、ついつい反発してしまう事が原因でしょう。

そのことが原因で口論になった場合、後々そんな自分自身が嫌になって、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

8.過去のことをよく思い出す

人は誰しも何かしらの失敗をするし、恥ずかしい過去の一つくらい持っています。

ですが、年月を重ねるうちにその時の失敗話を笑い話に出来るくらい、心が成長するのが普通です。

ですが、自己嫌悪に陥りやすい人は、何時までもその時の失敗や恥ずかしい過去を笑い話にする事が出来ずに、引きずっては何をしているんだと自分を責め続けてしまいます。

嫌な記憶やイメージに何時までも苦しめられないためには、ネガティブな考えをポジティブな考えへと切り替えられるように心掛けなくてはいけません。

過去の事をよく思い出す人は、なかなか自分の事を受け入れることが出来ずに、常にマイナス思考で物事を考えます。

ですので、過去の嫌なことを思い出した場合には、心を軽くするために、深く考えるのではなく、「ま、いっか!」と割り切ってみましょう。

実際に声に出して言ってみると、案外ポジティブに心を切り替えることが出来たりします。

また、常に楽しいことや、今やるべき事などを考える癖をつけて、あまり過去の事を思い出さないようにすることも大切です。

過去の嫌なことを思い出すと、その思い出は自分への攻撃へと変わってしまいます。

すると、ストレスが溜まり、どんどんと自己嫌悪に陥ってしまいます。

嫌なスパイラルから脱却するためにも、心を切り替える努力をしましょう。

9.理想が高い

理想が高い人は、現実と理想とのギャップに苦しんで、自己嫌悪に陥ることがあります。

そのため、まずは自分の理想と現実との差を理解しなくてはいけません。

箇条書きでも構いませんので、自分が描いている理想像を書き出してみましょう。

そして、理想と現実の差の中にある、箇条書きにした項目を1つずつチャレンジしてみましょう。

そうすると、理想が高ければ高いほど、チャレンジをしても上手くいかずに落胆をして自己嫌悪に陥ることでしょう。

ですが、その中でも達成する理想があることで、小さな成功を積み重ねることが出来ます。

10.自分が嫌い

自信を持たなくてはいけないと頭では理解していても、失敗が続いてしまったりすると自己嫌悪に陥ってしまいます。

そんな自分の良いところを受け入れることが出来ずに、自分が嫌いな人は頭を一度リセットできるような場所を見つけることが大切です。

特に自己嫌悪は仕事が忙しくてバタバタしていると、そんなことを考えている余裕が無いと自然と忘れていることがあります。

そういったタイプの自己嫌悪は、他の精神的なリセット法を試すことで、同じように忘れることが出来るでしょう。

近所のカフェでも決まった公園でも何処でも構いませんので、自分が気軽に通える範囲で、自分だけの時間が作れる場所を作ってみましょう。

静かで人があまり居ないような所であれば、自分の中にある自分が嫌いだという感情も全て忘れることが出来、リセットする事が出来るでしょう。

また、自分が嫌いだという人は、自分が得意な分野を見つけるようにしましょう。

人よりも優れている部分を見つけて、それに集中をすると、自然と自分が嫌いだという感情も薄れていき、自己嫌悪に陥りにくくなります。

得意な分野というのは、技術面に限らず、性格の良い部分などでも構いません。

ここで大切なポイントは、自分の弱みではなく、強みを意識して考えるということです。

11.コンプレックスがある

何かあるたびに、酷くコンプレックスを感じる人は、自己嫌悪に陥りやすいので注意が必要です。

アドラー心理学では、他人と自分を比較した時に、自分のほうが劣っているのではないかと感じた際に得る感情の事を、劣等感といいます。

これがコンプレックスです。

コンプレックスを感じる原因は人それぞれですが、学歴や容姿、肌の色や家柄、生まれた場所など様々です。

ありのままの自分を受け入れることが出来ずに、直ぐに他人と比較をしてしまい、その都度なんで私はダメなんだろうと考えてしまうと、自然と自己嫌悪に陥ってしまいます。

劣等感は、自分が理想とするものと現実を比較して、もっと頑張らないといけないと、考えるようになるので、生産性のある自己否定だと言えます。

ですが、自己嫌悪になると全く生産性が無い自己否定となります。

単に他人と自分を比較して、自分はダメだと言って終わってしまうのです。

人と何かを比較して、それで自分が劣っているのではないかと感じた場合には、それで落ち込んでおしまいにするのではなく、そこから何かを見つけ出して、頑張ろうとする気持ちを持つようにしましょう。

そうすれば、コンプレックスも上手に味方に付けて、自分の能力を高めることが出来るでしょう。

12.よくひとり反省会をする

人と会った後に、よくひとり反省会をする人は、自己嫌悪に陥りやすい人の特徴だと言えます。

自分の振る舞いは良かっただろうか、あの時なんで、あんな発言をしちゃったんだろうとか、色々と考えているうちに、不安になって後悔を始めます。

例えば、お姑さんとのコミュニケーションなど、ひとしきり会話をして、別れたあとにすぐにさっきの話の受け答えはあれで良かっただろうか、などと、何かあるたびに都度考えてしまうのです。

ひとり反省会をする人の特徴として、皆から良い人だと思われたい、誰からも嫌われたくないという感情が、人一倍強いというのが挙げられます。

そのため、常に人の顔色を伺ったり、良い人であろうとして、頑張り過ぎてしまうのでしょう。

自己嫌悪に陥ったときの改善策

自己嫌悪に陥る時は誰にだってあります。

ですが、その気持ちを何時までも引きずっているのか、そこから反省点を見つけ出して、次は失敗しないように努力をするのかで全く違う結果になりますよね。

自己嫌悪に陥った時に、どのように気持ちを切り替えればよいのかというのをきちんと考えてみましょう。

今の自分を受け入れる

何でもかんでも完璧を求めるのではなく、今の自分を受け入れられるように心掛けましょう。

そのためには、理想の自分と現実の自分を比べないようにしましょう。

理想の自分を掲げるのは重要ですが、すぐに理想通りになれる人なんていません。

ですので、時間を掛けてのんびりと過ごすことが大切です。

考えすぎない

出来る限り考えすぎないように、毎日を過ごすことが大切です。

何か大きな壁にぶつかった時に、自分の頭の中だけで考えてしまえば、ありもしないことで悩むようになり、余計自己嫌悪に陥ってしまいます。

ですので、何か不安なことがあって考えてしまいそうな時は、頭の中ではなく紙に書いて考えてみましょう。

そうする事で、なぜ不安を感じているのか、それを防ぐために自分が出来ることは何なのか、他の考え方は出来ないのかということを、冷静に考えることが出来るようになります。

また、深く考えすぎてしまう人は、極端に自意識過剰になっているので、誰も自分のことなんて、気にしていないと考えることも大切です。

自分が思っているほど相手は自分に対して興味も持っていないし、さほど気にしてなんていないのです。

そう考えるだけでも、少し心が落ち着いてきませんか?

前向きに捉える

まず、自己嫌悪から抜け出すためにも、自己嫌悪自体を前向きに捉えてみましょう。

自分と他人を比較して自己嫌悪に陥ってしまったり、理想とする自分が完璧すぎて、自己嫌悪に陥ってしまうのは、自分が成長をしたいと考えている意欲の現われとも取れます。

そのため、自分に足りない点を見つけて、もっと自分を良くしてあげようと気持ちを切り替えることで、些細なことでも自己嫌悪に陥らなくなるでしょう。

また、完璧主義である自分をやめてみましょう。

理想は高すぎると、現実とのギャップを知った時の差が大きすぎて、自己嫌悪に陥ってしまいます。

もっと気楽に考えてみて下さい。

理想の自分になるために、自分ひとりで努力をする必要なんてありません。

時には他人に頼ってみても良いんです。

そうやって他人も少しずつ認めることが出来るようになれば、自然と自己嫌悪に陥らなくなります。

そして、何かに失敗してしまった場合には、そこで落ち込んで自己嫌悪に陥るのではなく、その失敗を前向きに捉えて、反省をして次に活かすようにしましょう。

失敗をしても仕方ないという精神を取り入れて、肩の力を抜いて仕事をしてみて下さい。

そうすれば、何事にも前向きに捉えられるようになりますよ。

とりあえず体を動かす

自己嫌悪に陥る時、ついつい物事を考えすぎてしまったり、自分が嫌になって何もする気が無くなります。

だからこそ、自己嫌悪に陥りそうになった時は、あえて身体を動かすように心掛けてみましょう。

思い切り運動をする必要なんてありません。

軽くストレッチやウォーキングをしてみましょう。

トイレ掃除をする

実は、自己嫌悪に陥らないためには、トイレ掃除がおすすめなのをご存知でしたか?

掃除をして部屋をキレイにすると、自然と心も落ち着いて、晴れやかな気分になります。

お部屋の掃除だと範囲も広すぎますし、あまり普段掃除をしていない人が、いきなり本格的な掃除をすると、かえってホコリが部屋中に舞ってしまう可能性があります。

そうすると、何で此処まで部屋を汚くしていたんだと、自己嫌悪に陥ってしまう人もいます。

トイレ掃除は部屋自体も狭いですし、家の中では一番汚い部分ではありますが、手軽でさっとキレイにする事が出来る箇所でもあります。

一生懸命掃除をすると、心の汚れも掃除する事が出来ますので、自己嫌悪に陥りそうな時は、トイレ掃除で身体を動かしてみましょう。

ページトップ