普段私たちが使っている日本語には様々な意味を持っている単語があります。

日本語には様々な単語があり、日常生活で普段よく使いものもあれば、あまり使わない事もたくさんありますよね。

普段よく耳にしたり、使ったりするものは今更意味を理解する必要がないものばかりですが、普段使わない物に関しては、日本人である私たちですらあまり意味を理解していないような単語があるのが事実です。

そんな単語の中で、刹那という言葉が存在します。

漢字もそうですが、読み方もかなりかっこいい単語ですよね。

知っている人も多いかもしれませんが、改めて意味を聞かれると説明が出来ない方がいるのも事実です。

今回はそんな刹那という単語の意味、使い方についてご紹介していきます。

「刹那」とは。

刹那という言葉は普段日常生活では使わない場合が多いと思います。

どちらかといえば、ゲームなどでよく使用される単語だったりする場合があります。

それでも、日本語としては刹那のひらめきなどと使用されたりする場合が多く、聞いたことがある人は多いといえます。

難しい単語だからこそ、いざという時に知らなかったら恥ずかしいので、この機会に意味や使い方を学びましょう。

「刹那」の意味


刹那という言葉の意味についてまずは理解を深めましょう。

刹那という言葉は複数の意味をもっており、仏語として使用される場合と単純に単語の意味として使用される場合の二通りが存在しています。

仏語という言葉は勘違いされる場合がありますが、フランス語ではなく、仏教に関連した言葉という意味です。

仏教語の意味合いを持っている特殊な単語なので、今回は仏語としての意味についても理解してください。

きわめて短い時間のこと

刹那という言葉の一つ目の意味として、きわめて短い時間という意味合いをもっています。

きわめて短い時間というのは、例えば一瞬と似ている言葉でもあります。

大体の意味合いとしてこちらの単語としての意味合いを用いられる事が多いといえます。

刹那という言葉は漢字も難しいので、意味合いがよく理解されていない場合があるので、ここで覚えておきましょう。

刹那のひらめきという言葉をよく使用されるとお伝えしましたが、意味が理解できれば、なんとなく言葉の持つ意味に関しても理解できるようになると思います。

時間の最小単位としても使われる!?

刹那という言葉の二つ目の意味は、仏語として使用されています。

先ほどお伝えしたように、仏語はフランス語ではなく仏教の言葉です。

仏教の言葉の意味としては、時間の最小単位として使用されています。

具体的には、一回指を弾く間に60~65の刹那があると言われています。

なので、その60~65の中の一回という意味合いを持っています。

そのほかにも1刹那は75分の1秒であるという風にも言われています。

そう考えると、本当に一瞬であるという事が理解できると思います。

大まかに意味としては、単語としての意味も、仏語としての意味もそこまで変わらないですが、細かい意味では全く違うという事になります。

「刹那」の類語とは。


刹那という言葉の意味合いについてご紹介しましたが、ここからは刹那という言葉に近い存在、すなわち類語についてもご紹介します。

刹那という言葉はきわめて短い時間という意味合いなので、意外と類義語は存在します。

刹那という感じだけを見てしまうといまいち連想しづらいですが、意味を理解していればそこまで難しくない言葉ですよね。

日常生活でも使っている言葉ばかりなので、理解すれば普段使用する事も出来ます。

意味を理解して、日常生活でも使ってみれば周りの反応がちょっと変わったりするかもしれませんよ。

瞬間

刹那という言葉の類義語として、瞬間という単語が存在します。

刹那がきわめて短い時間なので、瞬間もまったく同じ意味合いとして使用できますよね。

具体的に瞬間という言葉の意味は、きわめて短い時間、瞬く間、何かをしたその途端という意味を持っているので、まさしく類義語であるといえます。

実際に文章に書いてみたとして、そのまま置き換えても大体が同じ意味でとらえることが出来ますし、違和感なく使用する事ができます。

普段はあまり刹那という言葉は使いませんが、瞬間という言葉はけっこう使うので、同じ意味という事でびっくりされる方もいると思います。

難しい感じなだけで、以外と意味を知ると簡単な感じだという事が理解できて面白いと思います。

瞬時

次にご紹介する刹那という言葉の類義語として、瞬時という単語があります。

瞬時という単語はまたたく間、ほんのわずかな時間、瞬間という意味合いを持っています。

なので、瞬時は瞬間という言葉と類義語でありますし、なおかつ刹那という言葉とも類義語になっています。

全て同じ意味合いとして使用できますので、こちらも先ほどの瞬間と同様に単語を入れ替えても理解することが出来ます。

同じような言葉が複数存在するという事もびっくりですし、そのまま置き換えても大体使用できるので、冷静に考えるとこんなにたくさん似た意味が存在しているのも不思議に感じてしまいますよね。

しかし、同じ意味であっても代用すると違和感を感じてしまう場合などもあり、例えば、瞬時に駆け巡るなどと表現を代用してみると、刹那に駆け巡る、瞬間に駆け巡るという表現いなるので、なんとなく意味はわかるけど、ちょっと一瞬戸惑ってしまいませんか?
ちなみに今お伝えした一瞬戸惑うという言葉も代用してみるとちょっと変な感じになりますね。

細かい文章によって使い分けるという高度なテクニックも毎日日本語を使用している私達からすると違和感なく使い分けられているという証拠ですね。

「刹那」の慣用句とは。

ここまでは刹那という言葉の類義語についてご紹介しました。

ここからは刹那という単語の慣用句についてご紹介します。

もう学校を卒業してから数年ほどたっている方は慣用句という言葉の意味も忘れてしまっている方もいるかもしれませんね。

慣用句は2つ以上の単語が結合して全体で特定の意味を表すものという意味を持っています。

なので、簡単に言うと2つの単語を組み合わせた言葉の意味と捉えてください。

一見難しそうですが、よく考えると簡単な言葉です。

それぞれの意味を理解して使用してみると面白いと思います。

刹那的

まず最初にご紹介する刹那を使った慣用句は刹那的という言葉です。

刹那的というとなんとなくもうお分かりですよね?
刹那的という言葉は時間が極めて短いさまを表している言葉です。

なので、刹那という単語とほぼ同じ意味としてとらえる事が出来ます。

そして、もうひとつの意味合いとしては後先を考えず、今この瞬間だけを充実させようと考えたり、生きているさまであるといわれています。

なので、どちらかといえば後者の方が独自的な意味合いを持っていると捉えることが出来ます。

つまり、「刹那的な生き方をしている」という風に表現できます。

恐らく日常会話ではほぼ使わないレベルですが、知っておいて損はありません。

活字などで見かけることがあるかもしれませんので、ここで覚えておきましょう。

刹那主義

次にご紹介する刹那を使った慣用句は刹那主義です。

刹那主義という言葉は、過去や未来の事などを考えずに、ただ今現在の瞬間を充実させて、楽しければ良いという考え方を持った方です。

また、一時的な快楽などを求めるようなさまを表している言葉です。

なので、意味合いとしては刹那的と似ているかもしれません。

刹那という言葉を考えるとそこまで想像は難しくない言葉だといえます。

刹那主義という考え方をしている方はけっこういるかと思います。

あなたの周りにも今現在が楽しければそれでいいかな、と考えている人はけっこういると思います。

そんな考え方が刹那主義といえます。

いわゆる楽観的な考え方とも少しだけ似ているかもしれませんね。

「刹那」ってどうやって使うの?

刹那という言葉を使った慣用句をご紹介しましたが、意味や慣用句を理解したところで、ここからは刹那の具体的な使い方をご紹介していきます。

刹那という言葉は普段日常生活では使わない分、なかなか使い方が理解できていない方も多いといえます。

しかし日常生活の中で刹那と言う言葉を使って何かを表現したりすると自然と周りから賢く見られたりする場合があります。

先ほどお伝えしてはに難しい単語でも簡単な単語と同じ意味合いを持っていることはかなり多くあります。

だからこそ、わざと難しい単語を使うことによって、周りに対しての自分自身のイメージを頭が良いという印象に変えることができます。

ちょっと言葉の使い方を工夫するだけで相手の印象は大きく変わるので、普段の日常生活で刹那と言う言葉を一度使ってみてください。

一瞬や瞬間などの使い方

刹那という言葉の使い方として、まずは一般的に多く使われるのが一瞬や瞬間という言葉として使う場合です。

冒頭でもお伝えしたように、刹那という言葉の類義語には一瞬や瞬間という言葉が含まれています。

一瞬や瞬間という言葉は普段の日常生活でも多く使われる機会があると思います。

だからこそ、多く刹那という言葉に代用して使うことが出来るといえます。

使い慣れていないうちは、なかなかパッと頭に思い浮かぶことができないかもしれませんが、使い慣れていくうちに自然と頭の中で変換できるようになります。

慣れてきて、当然のように刹那という言葉を使えるようになれば、周りに自分の印象を変えることが出来るので、ちょっとワンランク成長した自分を味わう事ができるようにもなりますよ。

比較的代用しやすい表現方法なのでまずはこちらの意味からマスターしてみてください。

刹那に感じた。

刹那という言葉を使い時に、比較的使いやすい言葉になります。

刹那に感じたという言葉を聞くとなんだか知的でかっこいい印象を持ちませんか?
意味合いとしてはそこまで難しくないのに、言葉を変換して使うだけでこのように印象が変わってきます。

意味としては一瞬に感じた、という風に使う事が出来ます。

日常生活の中でも一瞬に感じる事ってたくさんありませんか?
例えば、辛い事を行っていると、とてつもなく長い時間のように感じて、苦痛な時間がより長く感じてしまう事ってあると思います。

その逆で、自分が興味がある事だったり、行っていて楽しい事ってすぐに時間が経っている事ってありませんか?
それと全く同じで、座学の時間はとても長いけど、体育は刹那に感じたという風に表現したりできます。

いきなり難しい言葉を使いだしたら周りからびっくりされるかもしれませんが、雰囲気があってかっこよい言葉ですよね。

日常生活で使える機会あれば代用してみてください。

刹那にひらめいた。

次にご紹介するのが、刹那にひらめいたという言葉です。

これはけっこう耳にした事がある人も多いかと思います。

刹那という言葉のそのままの意味ですが、刹那にひらめいたという言葉は一瞬でひらめいたという意味合いになります。

例えば、問題を解いている時に、難しい問題であれば知恵を振り絞って何度も何度も考えたりする事がありますが、簡単な問題や、自分自身が答えをわかった場合は当然一瞬で解けますよね。

なので、問題の解答が刹那にひらめいたという風に使うことが出来ます。

それ以外にも、自分が何かを発表する機会があったとして、発表するテーマなどを考えてすぐに浮かんだ場合なども同じく、発表するテーマが刹那にひらめいたという表現ができます。

意外と使われる機会がないですが、使いやすい言葉ですよね。

知っていると頭がよく思われるので、気になる子の前で使ってみてください。

緊張した刹那に。

次にご紹介する言葉は、緊張した刹那に。

という言葉です。

これはけっこう難しく、使われる機会などがあまりないかと思います。

しかし、文面だけを見ると異常にかっこよくないですか?
活字などで使われる機会が多いといえますが、本などを読んでいる時に出てくると一瞬意味がわからなくなりがちですが、知っていると簡単な言葉になりますよね。

訳すと、緊張した瞬間にという意味合いとして使用できます。

今までの使い方と少し違っている感じがするので一瞬戸惑ってしまいがちですが、同じような意味なので安心してください。

みんなの前で発表などを行う場合はどうしても緊張してしまうものです。

その時に、みんなの前で発表を行う緊張した刹那をふりすてて逃げたくなった、という言葉を使用する事ができます。

ちょっとこれまでの例文より難易度が上がっているので、使うのは難しいかと思います。

雰囲気を持っていえばかっこ良いかもしれませんが、一般的に使用してみると周りからは?マークが頭に浮かんでしまう場面が想像できますので、使い際には注意して使うようにしてください。

永遠を刹那に。

次にご紹介する言葉は永遠を刹那にという言葉です。

刹那を用いた言葉の中でもけっこう難しい部類に入るかと思います。

刹那という言葉の意味を理解していても、一瞬戸惑ってしまうような言葉になると思います。

永遠を刹那にという言葉の意味としては、そのまま直訳すると永遠という時を一瞬にという意味合いになります。

しかし、これは解釈がかなり難しかったりするのですが、そもそも永遠と刹那という言葉の関連性から考えて頂きたいと思います。

まず、永遠と言う言葉を考えた時に、永遠というものはたくさんの時間が積み重なったものが永遠と言う言葉で表現できます。

たとえばいま自分が生きて、 過ごしているこの時間が沢山積み重なったものが永遠と言う言葉に変わっていきます。

それに反して刹那ということはは一瞬という意味合いを持っています。

この二つの言葉を照らし合わせ時に考えることができるのが、刹那がよりたくさん集まったものが最終的に永遠というキーワードにつながりえると言うことです。

つまり、刹那がたくさん積み重なったものが永遠なので永遠というものは刹那であるということが言えるようになります。

なので、永遠は刹那であり、刹那は永遠であるという風に考えることが出来ます。

深い考え方ですが、自然とこのような考え方にたどり着く事が出来るという事です。

とてもとらえ方が難しい文章だと思いますし、日常生活で使う機会はなかなかないかと思いますが、ロマンチックな言葉でありますよね。

異性に対して使ったりすると雰囲気が出て良い関係を築くことが出来るかもしれませんね。

この思いが刹那でも

次にご紹介するには、この思いが刹那でもという言葉です。

こちらの言葉のロマンチックな物言いな言葉ですよね。

この思いが刹那でもという言葉の意味は、この思いが一瞬でも、という意味合いになります。

たとえこの思いが一瞬だったとしても、大事にしたいという言葉を表現するときには、この思いが刹那でも大事にしたいという風に表現出来ます。

日常生活では使い機会はありませんが、まるで歌の歌詞に出てきそうな言葉ですよね。

ロマンチックな言葉なので、意味を理解して使うと女性はきゅんと来たりする場面があったりするのではないでしょうか。

ただ、この思いが刹那だったとしてもずっと大事にとっておきたい思い出とか、感情などって存在しますよね。

人間は忘れてしまいやすい生き物ですし、感情というのはその時その時によって同じことが生じたとしても感じ方は常に変わってしまう生き物です。

だからこそ、感じたこの一瞬は忘れたくないと願う生き物です。

忘れてしまうからこそ良い面もあれば、いつまでも大事にしたい思いもある、反比例しますが、なんだかロマンチックな感じがしますよね。

刹那的な使い方

ここまでは刹那の使い方についてご紹介していきました。

ここからは刹那的な、の使い方をご紹介していきます。

刹那と刹那的は言葉が似ていますが、具体的には違う意味を持っています。

先ほどご紹介しましたが、刹那的という言葉の意味は、時間が極めて短いさまという意味は共通ですが、後先を考えずに、今この瞬間だけ充実させたい、楽しみたい、快楽を得たいという意味は違う意味になります。

性格であったり、その場の状況や気持ちなどを表す言葉として広く使用できる言葉であるといえます。

使い方を例題を用いて、具体的に意味も解説しながら、ご紹介していきたいと思います。

刹那の誘惑に。

ご紹介する例題文は刹那の誘惑に、です。

刹那の誘惑ににという言葉の意味は、一瞬の誘惑でも、この時間だけでもいいから楽しみたいという意味合いになります。

刹那の誘惑に身を任せるという表現などが出来ると思います。

一瞬の誘惑に負けてしまう、楽しむという言葉で、例えいけない事、続かない事だとわかっていたとしても、行ってしまいたいという心情が察することが出来る言葉だといえます。

まさに刹那的な生き方をしている人が感じる思考であるといえます。

客観的に自分の行動を見つめて、冷静に行動出来る人よりかは、衝動的な生き方をしている人が取りやすい行動であるといえます。

現実でもけっこうこのような行動はとってしまいがちです。

一瞬でもいいから、楽しみたいという感情は誰しもが持っている欲であるともいえます。

例えば、あなたには好きな人がいるとします。

しかし、その好きな人には家庭があります。

でも、その人もあなたに好意をもっています。

本来はいけない関係だけど、一瞬だけでもこの誘惑にはまって、快楽を味わってしまいたい、いけない事だとわかっていても一瞬だけ、この時だけは楽しみたいと思ってしまう行為が該当するといえます。

人間の浮気などが多く状況としては該当する言葉であるといえます。

刹那のままに。

次にご紹介する例題文は刹那のままに、です。

刹那のままにという言葉は、今この瞬間に身を任せて楽しみたいという思いがあふれた言葉です。

この一瞬に身を任せてそのままの流れで、というような意味と思ってください。

何かを行っている時に、そのまま流れに身を任せるというような事ってありませんか?
似ている言葉としては、運命に身をゆだねるという言葉に近いイメージをもっていただけると思います。

あれやこれやと考えてしまいがちですが、そんな面倒な事はやめて身を任せるような場面を想像できるのですが、例えば先ほどの刹那の誘惑の場合と似ているかもしれませんが、本来は行ってはいけないような恋愛をしていたとして、いけない、もう会ってはいけないなど、様々な事を考えたり悩んだりしていますが、この一瞬のままに流れに身を任せたいと思う心情を表している言葉だといえます。

そう考えると儚いような、ロマンチックな言葉あるかのような印象を強く受けますよね。

現実で使う事がまず、あまりないといえますが、素敵な表現なので知っておいて損はないかと思います。

刹那的な快楽。

次にご紹介する言葉は刹那的な快楽、です。

刹那的な快楽という意味は、ここまでくればすぐにピンとくるかと思いますが、一瞬の快楽だったとしても、この瞬間だけを楽しみたい、充実させたいという気持ちです。

一瞬の快楽に身を任せて楽しみたいという思いは、けっこう現実でもありえるといえます。

特に男性は一瞬の快楽に対して弱い生き物であるといえます。

例えば男性の浮気についてですが、男性は基本的に性に対して直接的に反応しますし、衝動的な一面があったりします。

例えば、ムラムラする気分を想像していただければわかりやすいかと思いますが、男性はムラムラして興奮するまでがけっこう短い事が多いと思います。

それに反して女性はムラムラするまでに時間がかかったりする場合が多いです。

違いとしては、男性は視覚的だったり、聴覚的など、目や耳から入る直接的な情報に反応しやすいので、性に関してストレートに感じます。

しかし、女性はそれに反して、目に見えるものではなく、雰囲気で感じたりする生き物なので、男性と女性ではその時の気持ちのボルテージの上りようが全く違います。

だからこそ男性が直接的で一瞬の気持ちに負けてしまいがちであるといえます。

浮気に関してもそうですが、どちらかといえば男性が行いやすい事でもあります。

なので、刹那的な快楽といえば、男性が一瞬の快楽を求めて女性を求めたりする事が多いといえます。

刹那的な快楽を求める場合、パートナーが別にいる場合は用心してくださいね。

刹那的主義。

次にご紹介するのが、刹那的主義という言葉です。

こちらに関しては、冒頭でお伝えした刹那主義と似ている言葉ですが、刹那的主義の意味は現在の瞬間を生きる事に全力を尽くしたりする考え方です。

なので、その一瞬(刹那)に対して必死に生きるという言葉と解釈することが出来ます。

つまり、全力で生きるという意味と似ている言葉です。

私は刹那的主義を持っているという例題文になれば、私はその一瞬に全力をかけているという文章になります。

難しい言葉であり、日常生活では使わない場合が多いかもしれませんが、けっこうこのような生き方をしている人は多いです。

割と男性に多い考え方になるかもしれませんが、大体学年に一人くらいは何かに対して急に熱血的な熱い考え方を持っている男性はいませんでしたか?
全力で手抜きをせずに本気で楽しんでいる男性です。

全般的にというよりは、スイッチが入ったら全力を出し切ってしまう性格といえるかもしれません。

時には暑苦しく感じるかもしれませんが、この考え方を持っている方が人生は楽しく生きられていることは確かです。

その一瞬に魅せられた人は、その人の周りにたくさんの人がついてきてくれますので、人生が充実している人が多いといえます。

しかし、継続した考え方ではなく、あくまで刹那的なので一瞬だけに全力を尽くすというスタンスなのを間違わないようしてください。

「刹那」を使う時とその意味。

刹那を使う時と、その時の使用する意味についてもご紹介しますが、基本的にはここまでご紹介してきた内容とはあまり変わりはありません。

一瞬という意味合いや、今この瞬間だけというような意味合いで用いられていますので
難しくとらえずに気軽にとらえて頂いた方がわかりやすいかと思います。

刹那主義者

何度かご紹介した内容と似ていますが、刹那主義者という言葉の意味は今この瞬間さえ楽しければそれでいい、過去や未来を考えずに今この瞬間に快楽を味わいたいという主義を持っている方の事です。

この考え方を基本として考えて行動している人の事を指し示しています。

実際に刹那主義者はけっこう多く存在すると思います。

例えば、簡単にこの思想をご紹介すると、給料が入ってすぐにお金を使い切ってしまう人ってまわりにいませんでしたか?
普通であれば、家賃がこれくらいかかり、光熱費がこれくらいかかってこれくらい残しておいて、後は貯金に回して…という風にお金の使用する使い道などを細かく考えたりしますが、刹那主義者はそのような後先の事を考えた使い方はせずに、全額趣味に使ったりする人の事を指し示します。

意外と探せば身近にいる存在なので、刹那主義者は身近にいる可能性が高いといえます。

今さえ楽しければいい。

結局、刹那主義者にとっては今が楽しければそれでいいんです。

後先の事を考えていると、どうしても今を楽しむことはできませんよね。

だからこそ常に今を楽しむ事だけを考えて行動するので、節約だったりとか、考えて使うという事は概念にはありません。

しかし、冷静に考えてみると今を楽しむために今すべてを出し切ってしまい、そのあとの今、ようするに未来の今を楽しむことができなくなるのはどっちが正しいのかと考えてしまいますよね。

一般的にみれば少しアウトローな考え方かもしれませんが、結局お金を使い切ってしまったとの今も全力で楽しもうとするので、結局ないならないで別の楽しさを導き出す力があると考えるとある意味それでいいのかもしれませんね。

今できることに全力を尽くす。

刹那主義者は今出来る事に対して全力を尽くす人なので、正しい考え方である場合もあれば、正しくない考え方である場合などもあります。

例えば先ほどお伝えしたようにお金を全力で使い切ってしまうという事は自制心のない無謀な事になるといえます。

しかし、全力を尽くすという事だけを考えた時に、今という時間を最大限に有効活用しているという風にも捉えることが出来ます。

例えば、時間をもったいなく使っている人も存在するわけで、結局与えられた時間の中で何も経験することなく無駄に時間を消費してしまったという方よりも充実した時間の過ごし方が出来ていると考える事が出来ます。

人間であれば、誰しも寿命があります。

不死の人間はいませんので、時間を大切にして行動するという事は全力で生きるという事にもつながるのである意味正しいといえるのかもしれませんね。

刹那的

刹那的という言葉は同じような意味合いですが、目の前の快楽に対して率直に求めたり、今だけを充実させるような生き方をするさま、一時的な享楽にふけるという意味合いを持っています。

結局は一瞬の時間でも今だけを楽しい時間にしたいという考え方なので、大きく意味は変わりません。

主義者は考えを持っている人間であり、刹那的は考え方という風にとらえることが出来るかもしれません。

目の前の快楽を求める。

目の前の快楽だけを求めるさまなので、人間ががむしゃらに余計な思考を捨てて、快楽だけを追求して本能に素直なる様子を表しています。

人間はその欲が大きければ大きいほどその欲に対して歯止めが利かなくなり、忠実になってしまいます。

しかし、それがある意味人間の本当の姿なのかもしれません。

理性というリミッターが外れた状態が本来の人間であり、動物としての人間なのかもしれません。

目の前の事に対して集中するという意味も持ち合わせており、まさに自分の快楽に素直に目の前の事だけしか見えないという意味で用いることができるといえます。

似たような表現ばかりですが、言葉の細かい意味や、用いる感じの違いなど微妙に違うのでよく理解しておく事が大事であるといえます。