CoCoSiA(ココシア)

ベンチマークとはどういう意味?よくある仕事での使い方を紹介します

ベンチマークとはどういう意味?よくある仕事での使い方を紹介しますのイメージ写真

もともとは測量などの分野で使われていたベンチマークという言葉ですが、最近ではほかの業種でも耳にする様になりました。

測量の分野で使われていたはずのベンチマークという言葉が何故他の分野でも利用されているのでしょうか。

また、測量の分野と同じ意味で使用されているのでしょうか。

そんなベンチマークという言葉についてご紹介していきます。

ベンチマークについて解説!

ベンチマークを初めて耳にしたという方もいらっしゃる事かと思います。

ベンチマークを良く理解する事で、より良い業績を残すことができるでしょう。

まずベンチマークとは何かという事から解説していきましょう。

ベンチマークの理解はちょっと難しい?

一言でベンチマークと言っても、5分野で使われている為少々理解に苦しまれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ベンチマークが使われている分野とは「測量、投資、IT、マーケティング、自動車」の分野で使われていますので、各分野についている方でもベンチマークという言葉を聞くだけでは言葉の持つ意味を理解する事は難しいのではないでしょうか。

また、それぞれの分野でベンチマークの意味も弱化変わっているようですので、その為余計に混乱が起きてしまいそうです。

ベンチマークの意味とは

ベンチマークは先にお話しましたように、5分野で使われているのですが、ベンチマークという言葉の意味も5つあるのかというとそうでもありません。

基本的にベンチマークの意味としては「指標、水準点、基準、また目安」等の4つほどの意味を持っています。

1つずつご紹介していきましょう。

指標

まず1つ目は指標を表すベンチマークですが、これは基本的に投資等の分野で使われることが多く特に証券用語で多く使われます。

例えば、日本の株式に投資をしている投資信託の場合は、日経225種の平均株価や東証株価数値(TOPIX)がベンチマークに該当します。

指標なので、試乗や商品などの平均値を表すことが多い為、投資信託をする際にベンチマークとして採用します。

ベンチマークが必要な理由としては、投資隠宅の場合、ファンド側の運用実績が市場の値動きに対して勝てたのかどうかが評価の分かれ目になるからなのです。

水準点

先にお話しましたが、もともとベンチマークは測量での相対的高低差を定める測量の水準という意味なのですが、一般的に何かを比較する際に評価基準を意味する用語として使われていますが、ビルなどの建物を施工する際の基準位置や基準高を決める原点としても用いられます。

基準

基準という意味としてのベンチマークの使われ方は、自動車業界で使用されます。

意味としては「完成度の高い車」的な意味をも持っているその為完成度の高い車が発表されるたびにその車がベンチマークとされる為頻繁に基準が変わってしまいます。

しかし、歴代の自動車もベンチマークとされることも多く、ポルシェやスズキワゴンRなどはスポーツカーや軽自動車の分野でベンチマークとされることが多いです。

対象を比較・評価するときに目安となるもの

ベンチマークの大枠での意味としては、ある対象を比較・評価する場合に目安となるものの事であり、比較や評価をする対象によってベンチマークの持つ意味も変わってくる様です。

使われる場によって使い方がやや異なる!

ベンチマークが使われる場所

ベンチマークンの意味が何となく分かったかと思いますが、まだまだベンチマークという言葉を使用するにはこれだけでは自信がありませんよね。

ベンチマークの使い方を覚えてベンチマークという言葉を自信を持って使用していきましょう。

パターン別ベンチマークの使い方

分野ごとに意味合いが若干違いなかなか意味を理解できませんよね。

ベンチマークをより理解しやすいようにパターンごとに、ベンチマークの使用例をご紹介していきましょう。

測量でのベンチマーク

先にもお話ししましたが、ベンチマークとは測量の分野で使用されていた、基準点を意味する言葉でした。

まずは測量の分野でのベンチマークについて見ていきましょう。

建造物の位置や高さの基準点

測量をする際に大事になるのは、絶対に動く事の無い物です。

この動くことのない物を基準(ベンチマーク)とするのですが、動く事の無い物として代表的な物には、敷地や建物の高さの基準レベル点などを意味します。

建築業では、工事中の場合撤去する事のない物や、動く恐れのない道路構造物をベンチマークに使うのです。

ベンチマークとして使用される道路構造物には、道路の縁石やマンホールなどをベンチマークとする事が多いようです。

また、建築で使う設計図にはベンチマークの事を(BM)と略して記入します。

コンピュータでのベンチマーク

コンピュータの分野でもベンチマークという言葉を使うのですが、このコンピュータの分野でのベンチマークという物は、主に指標という意味での使い方をします。

主にハードウェアやソフトウェアの性能を測定する時に使います。