もともとは測量などの分野で使われていたベンチマークという言葉ですが、最近ではほかの業種でも耳にする様になりました。

測量の分野で使われていたはずのベンチマークという言葉が何故他の分野でも利用されているのでしょうか。

また、測量の分野と同じ意味で使用されているのでしょうか。

そんなベンチマークという言葉についてご紹介していきます。

ベンチマークについて解説!

ベンチマークを初めて耳にしたという方もいらっしゃる事かと思います。

ベンチマークを良く理解する事で、より良い業績を残すことができるでしょう。

まずベンチマークとは何かという事から解説していきましょう。

ベンチマークの理解はちょっと難しい?

一言でベンチマークと言っても、5分野で使われている為少々理解に苦しまれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ベンチマークが使われている分野とは「測量、投資、IT、マーケティング、自動車」の分野で使われていますので、各分野についている方でもベンチマークという言葉を聞くだけでは言葉の持つ意味を理解する事は難しいのではないでしょうか。

また、それぞれの分野でベンチマークの意味も弱化変わっているようですので、その為余計に混乱が起きてしまいそうです。

ベンチマークの意味とは

ベンチマークは先にお話しましたように、5分野で使われているのですが、ベンチマークという言葉の意味も5つあるのかというとそうでもありません。

基本的にベンチマークの意味としては「指標、水準点、基準、また目安」等の4つほどの意味を持っています。

1つずつご紹介していきましょう。

指標

まず1つ目は指標を表すベンチマークですが、これは基本的に投資等の分野で使われることが多く特に証券用語で多く使われます。

例えば、日本の株式に投資をしている投資信託の場合は、日経225種の平均株価や東証株価数値(TOPIX)がベンチマークに該当します。

指標なので、試乗や商品などの平均値を表すことが多い為、投資信託をする際にベンチマークとして採用します。

ベンチマークが必要な理由としては、投資隠宅の場合、ファンド側の運用実績が市場の値動きに対して勝てたのかどうかが評価の分かれ目になるからなのです。

水準点

先にお話しましたが、もともとベンチマークは測量での相対的高低差を定める測量の水準という意味なのですが、一般的に何かを比較する際に評価基準を意味する用語として使われていますが、ビルなどの建物を施工する際の基準位置や基準高を決める原点としても用いられます。

基準

基準という意味としてのベンチマークの使われ方は、自動車業界で使用されます。

意味としては「完成度の高い車」的な意味をも持っているその為完成度の高い車が発表されるたびにその車がベンチマークとされる為頻繁に基準が変わってしまいます。

しかし、歴代の自動車もベンチマークとされることも多く、ポルシェやスズキワゴンRなどはスポーツカーや軽自動車の分野でベンチマークとされることが多いです。

対象を比較・評価するときに目安となるもの

ベンチマークの大枠での意味としては、ある対象を比較・評価する場合に目安となるものの事であり、比較や評価をする対象によってベンチマークの持つ意味も変わってくる様です。

使われる場によって使い方がやや異なる!

ベンチマークンの意味が何となく分かったかと思いますが、まだまだベンチマークという言葉を使用するにはこれだけでは自信がありませんよね。

ベンチマークの使い方を覚えてベンチマークという言葉を自信を持って使用していきましょう。

パターン別ベンチマークの使い方

分野ごとに意味合いが若干違いなかなか意味を理解できませんよね。

ベンチマークをより理解しやすいようにパターンごとに、ベンチマークの使用例をご紹介していきましょう。

測量でのベンチマーク

先にもお話ししましたが、ベンチマークとは測量の分野で使用されていた、基準点を意味する言葉でした。

まずは測量の分野でのベンチマークについて見ていきましょう。

建造物の位置や高さの基準点

測量をする際に大事になるのは、絶対に動く事の無い物です。

この動くことのない物を基準(ベンチマーク)とするのですが、動く事の無い物として代表的な物には、敷地や建物の高さの基準レベル点などを意味します。

建築業では、工事中の場合撤去する事のない物や、動く恐れのない道路構造物をベンチマークに使うのです。

ベンチマークとして使用される道路構造物には、道路の縁石やマンホールなどをベンチマークとする事が多いようです。

また、建築で使う設計図にはベンチマークの事を(BM)と略して記入します。

コンピュータでのベンチマーク

コンピュータの分野でもベンチマークという言葉を使うのですが、このコンピュータの分野でのベンチマークという物は、主に指標という意味での使い方をします。

主にハードウェアやソフトウェアの性能を測定する時に使います。

ソフトウェア・ハードウェアの性能測定の指標

コンピュータでは、ソフトウェア・ハードウェアの性能の測定の指標となるのですが、性能の測定の指標と言ってもピンと来ませんよね。

例えば、コンピュータの動作速度などを調整したり評価したりする際の基準という意味で使用するのですが、1つまたは複数のプログラムを実行しした結果を使用して比較又は評価しますが、この時に結果を記録したものをベンチマークスコアと呼びます。

ベンチマークテスト

実際にコンピュータの性能を比較する事を「ベンチマークテスト」と言います。

これは、同種の製品を比較するためのテストという意味で使用されます。

テストでは、テスト用プログラムを使用してソフトウェアやハードウェアの性能を計測します。

CPUの処理速度やメモリアクセス速度、またグラフィック描画速度などを評価します。

また、時にはコンピュータのシステム全体の処理性能を評価する事もあります。

これは、具体的な数字を元にシステム全体を評価する事でコンピュータシステムや製品がどの程度優れているのかを、知る事を可能にします。

オンラインゲームなどでベンチマークテスト版を配布する場合もあるので、ゲーマーの形には、やや馴染の深い言葉では無いでしょうか。

また、特定の結果を返す様なプログラムを作成するときに、複数の手法がありどの手法が最も効率的なのかを知りたい場合にもベンチマークテストを実施する事があります。

これは、既存のベンチマークソフトを使用するのではなく、数項目の調査をできる処理を作成し、プログラムに埋め込んで計測するのです。

また、同じソースでもコンパイラの設定で実行速度も変わりますので、どの設定が最善なのかを調べる際にもベンチマークテストを行い調査します。

自動車でのベンチマーク

先にお話いたしましたが、自動車の場合にはベンチマークの設定が少し違い、頻繁にベンチマークが変わってしまいます。

これは、目標という意味で用いられている事が要因でしょう。

その為、完成度の高い自動車がベンチマークとされ、更に完成度の高い自動車が発表されるとその車が新しいベンチマークになってしまいます。

しかし、歴代で評価の高い車が存在しているのですが、その様に評価の高い自動車は他にも優れた車があってもベンチマークにされることがあります。

フォルクスワーゲンのゴルフや、ポルシェであったり、BMWやスズキワゴンRなどがベンチマークとなる事が多いです。

これは、誰もが憧れる車種や、画期的だった車に多いようです。

とはいえ、自動車業界で使用されるベンチマークには、定義がほとんど無く、自動車評論家と言われる人たちの評価によって決められているので、他の分野で使用されるベンチマークとは違い、個人的な趣向等も含まれた曖昧なものの様です。

最近では、燃費を気にする方が多いかと思いますが、10・15モード燃費などカタログに記載されているような物が本来であれば、ベンチマークとされるべきですが、その様な項目がベンチマークになる事はほとんど無いようです。

カタログ数値は運転の技術によって変わってしまう事が原因かもしれませんね。

高評価の車のこと

自動車業界でベンチマークと言えば高評価の車だとお話しましたが、高評価というのはどの分野かと思われていらっしゃる方もおられると思います。

一般の方たちの高評価というと「安全性」例えばトヨタセーフティやホンダセンシング、アイサイトなどがあげられるかと思いますが、自動車に対して評価をしているのは、自動車評論家でありこの自動車評論家が評価した、乗り心地や加速感、ハンドリング等の項目でベンチマークが設定されてしまい、この項目の中で評価の高い車をベンチマーク(目標)と設定しています。

なので、最新の自動車が発表されると評価が変わりベンチマークも変更されてしまいます。

自動車業界での目標

ベンチマークの自動車を目標としては、過去に人気があった車種を目標として、更に乗り心地や燃費、安全性能を向上させてより良い車を発表しようとする傾向から、開発や設計また政策の過程で、過去の車自動車をベンチマークと設定する事があるようです。

ですので、例えば過去に人気のあった車種でも特にポルシェ等は良くベンチマークにされる事が多いようです。

経営でのベンチマーク

経営でのベンチマークとは、業界を超えて、より優れた経営手法やプロセスを取り入れるために、お手本となりうる企業や組織から、実践方法を学び、自社に適した形で導入し大きく経営を改善する為の指標や活動方針の事をベンチマークと呼びます。

また、国や企業等が製品やサービスまたはプロセスなどを継続して測定し、競合他社や優良企業と比較・分析する活動をさしますが、その企業や、パフォーマンスまたは顧客の評価に対して直接的また間接的に影響を与える物の事をベンチマークやマーケティング用語としてベンチマーキングとも言います。

最も効率的な手法をとること

最も効率的な手法を取る事で、自社のパフォーマンスを良くし、顧客にとって満足感を与える事で経営が好転する事を目標としてベンチマークを設けて活動していきますが、優れた競合他社が近くに無い場合には、優良企業の方針を取り入れる事が多いようです。

優れた経営方針の企業分析をする

優れた経営方針の企業分析をする事で、自社との比較ができ、自社の問題点が浮き彫りになり問題領域を特定させる事ができます。

更に特定した後は、自社からかけ離れた企業を選ぶよりもやはり、自社により近い企業を選ぶ事が分析をより簡単にするコツではないでしょうか。

その経営方針を取り入れること

比較・評価して、その企業の経営方針を取り入れる事をベンチマーキングと言いますが、このベンチマークには多くの種類がありますが、元は靴屋が顧客の足のサイズをベンチに腰掛させて測定ししるしを付けた物が語源とされています。

またこの手法を他の靴屋で取り入れた事から、他社の良い面を取り入れて自社の製品や、顧客満足を向上させ、経営を好転させる事をさす言葉となりました。

投資でのベンチマーク

投資信託では指標という意味になります。

例えば当ファンドでは○○をベンチマークとして運用していますというような説明をしているのを目にします。

しかし、投資初心者の方には、ベンチマークとして運用しているから、他のファンドとどこが違うのかと思われている事でしょう。

では、この投資で指標という意味で使用されるベンチマークとはどのような物なのでしょうか。

商品評価の指標

ベンチマークとは、先ほどもお話ししましたが、元々は測量の水準点を示す言葉でした。

しかし、水準点≒指標という事から金融、資産運用等のや株式投資における指標銘柄など、比較のために用いる指標を意味するものとして使用されるようになりました。

投資信託では、目標をベンチマークとして運用しており、アクティブ型投資信託では、ベンチマーク以上の運用成果を目指しているのですが、パッシブ型の投資信託では、ベンチマーク相当の運用成果を目指して活動しているのです。

例えば、株式に投資をする際に投資信託の場合に「TOPX(東証株価指数)」や「日経平均株価」などが代表的なベンチマークとなります。

その他、様々な「指数」がベンチマークとして利用されていますので、それぞれの投資信託の運用目的にしっかりと適したベンチマークを設定しています。

また、ファンドによっては「ベンチマーク」ではなく、「参考インデックス」や「参考指数」と表現していますが、同じ意味でこれもベンチマークとして理解しましょう。

しかし、投資信託上のベンチマークとは運用をする上での指標ですので、あくまでも目安ですので、絶対的な水準でも無ければ、保証もされません。

例えば東証株価指数をベンチマークとしている投資信託の場合に、マイナス成長だった場合に、投資信託の運用成績もマイナスになる事が非常に高く、この場合にも損害額は返却されることはありません。

例えば、日経平均株価をベンチマークとするファンドがある場合に年4%の成長だった場合に運用成績が4%以下の運用成績しかでなくても、違法性は無いのです。

これは、ベンチマークは年利等の確定した絶対的な水準ではなく、あくまでも目標としての市場動向に過ぎないからです。

このように投資信託におけるベンチマークは絶対的な物ではなくあくまでも目標としての意味でしかなくベンチマークをしているからと言っても投資にリスクがある事には変わりありません。

ベンチマークのメリット

ここまでベンチマークについてお話してきましたが、ベンチマークを設け二つの項目を比較させることにより、1つの選択肢からだけでは得る事ができない、より良い可能性を見出す事ができます。

そのことにより、より良い製品を生み出す事も可能になりますし、またベンチマークを取り入れる事でサービス品質が向上し顧客の満足につながります。

顧客満足に繋がる事で、ひいては自社の評価が上がり、経営が好転していくのです。

このように、ベンチマークを設ける事で自社の事を知り、また相手の事を知る事ができるため、自社の現状のみではなく他社の現状、そして他社の攻略法まで見つける事ができるのではないでしょうか。

成功に近づける

ベンチマークを設け取り組んでいくことで、漠然とした目標とは違い、確固たる目標を設定する事ができるため、成功に早く近づく事ができます。

例えば、今年上半期の目標を前期の営業成績から15%増を目指すと仮に設定したとしましょう。

しかし、同業他社の同行を調査、比較してみると前年の営業成績より10%の増を目指しているとした時に同業他社で、かつ自社より営業成績が良い会社が10%なのにどのようにして15%を目指していいのかわかりませんよね。

そんな時に、しっかりと他社の分析をし自社と比較する事で、自社に最も適した目標の設定をする事ができ、更には目標へ向かってどのようなアプローチをすると良いのかという事まで把握する事ができます。

確かにベンチマークを設定するための比較や評価に掛かる時間はありますが、それを差し引いても、より成功へ近づける事ができるのです。

より良い選択ができる

ベンチマークとは、多くの比較対象を設ける事が可能になりますので、複数の選択肢から最善策を選択する事が可能です。

例えば、Aという選択肢しか存在しない時にはAという選択肢が悪い物であっても、それを選択せざるを得ない状態になってしまい、業績は悪るくなる一方だとしましょう、しかしベンチマークを設け、複数の選択肢を見つける事により、複数ある選択肢の中から良いと思われる選択をする事ができますし、もしも最初に選択した選択肢で業績が思うように伸びない場合には、更に他の選択肢を選び業績をより良い方向へ導くことが可能です。

このように1つの選択肢では難しい事でも、ベンチマークを設定して、多くの選択肢を設ける事でその選択肢の中からより良い選択をする事ができますので、業績も徐々に良くなっていきます。

問題改善ができる

自社の問題点を、内部から見つけようとしても、なかなか客観的に自分の事を理解するのは難しい物です。

その為本当の問題点を見つけたつもりでも、それが本当に問題点なのかは確信しづらいですよね。

更には問題点が的を射ていたとしても、改善策が間違ってしまっては問題点は改善されるどころか、更に悪くなってしまいますので、なかなか問題点の改善が上手く行きません。

そんな時にベンチマークを設定する事で、他社と自社を比較しますので、自社の問題点をしっかり見つける事ができ、更には他社との比較によりしかりとした改善策を立案できます。

しかり問題点を把握して、改善策を立案する事により、真の問題点を改善していくことが可能です。

色んな手法やプロセスを学べる

ベンチマークには手法やプロセスが沢山ありますので、1つの手法や、プロセスに拘ることなく活動を続ける事が大切です。

ベンチマーク(ベンチマーキング)に取り組むことで、多くの手法やプロセスを学ぶことができますので結果的に、自分の成長に繋がっていきます。

また、当初ベンチマークが広まった際には7ステップの手法が提案されていましたが、現在は12項目の手法があります。

その方法とは、主題を見つけ、プロセスを定義し、比較対象(潜在パートナー)を特定し、データー減を特定、特定したデータを収集し、パートナーを選択し自社と比較相手との相違点を確定させます。

特定させた相違点やデータを元に、プロセスの差異を確定させ、将来の目標を決定させます、その後目標を調整した後に実施し、再調整や継続について検討していきます。

また、典型的なベンチマーク(ベンチマーキング)の方法としては、問題領域を特定させることから始まります。

これは、様々なビジネスプロセスや機能に適用しますので、様々な調査の方法が要求されます。

例えば、従業員のみではなく、顧客や仕入れ先との打ち解けた会話や、実地調査、市場調査、アンケート調査、リエンジニアリング、定量調査、品質管理報告、プロセスマッピング、財務分析等の調査技法です。

他の組織との比較を始める前に、自社の組織の機能や、プロセスを知っておくことが必要で、ベースとなる物を知っておくことで、改善成果を測定する事ができるようになります。

このようにベンチマークと言っても沢山の手法がありますのでその都度学習する事ができるでしょう。

客観視できる

また、先にも何度かお話いたしましたが、ベンチマークを設定する際には他社と比較する必要があり、そのためには自社の事を客観的に見る事が必要です。

日ごろ自社の中で仕事をしているとなかなか客観的に自社の事を見る事ができませんが、ベンチマーク(ベンチマーキング)に携わる事で、自社の状況を客観しでき、自社に対して何が弱点で、何が足りないのかと言った事が見えるでしょう。

また、マイナスな部分だけではなく、自社の強みなどのプラスの部分も見つける事ができますので、意欲的にベンチマーク(ベンチマーキング)に取り組んで行きましょう。

ベンチマークの一般的な手法

今までベンチマークについてご紹介いたしましたが、そもそもベンチマークとはどのような方法で行えば良いのでしょうか。

ベンチマークの一般的な方法は全部で6つ

先にお話ししました問題領域の特定のほかにも、ベンチマーク(ベンチマーキング)の方法は5つほどあります。

まず、一つ目は類似のプロセスを持った産業を特定する方法です。

これは、例えば、工場などで人為的な品質以上が発生していて、更にその原因が作業者間の引継ぎが問題だとする場合に、他分野で引継ぎが重視されていて更に引継ぎにより大きな成果を挙げている、航空管制や携帯電話の基地局の切り替え等の分野に特定すると上手い引継ぎの方法が見つかる事でしょう。

ベンチマーク (ベンチマーキング)の方法3つ目は、領域(分野)でのリーダー的な組織を特定する事です。

業界や、国で最良の組織を探し、どの企業が比較の対象に値するかを決定させるために、仕入れ先や、財務アナリスト、雑誌情報、業界団体又は顧客等の意見を参考に、分野でのリーダー的な組織または企業を決定します。

次に、企業と数値のプラクティスを調査する方法です。

ビジネスプロセスの変更方法と、有力な企業を特定させる事が目的に各種の測定値とプラクティスの詳細を調査します。

調査には、一般的に中立な団体などを使います。

中立企業を使う理由としては、企業秘密などのデータ情報などが漏洩する事を防ぐ意図があります。

ベンチマーク(ベンチマーキング)は古い物を取り入れても効率がなかなか良くなりません。

そこで、効率を良くするためにグループ内や複数の企業が互いに有益な情報交換を行い、グループ内で結果を共有して、最新の方法で活動していくことが大切です。

最後に最先端のプラクティスを採用し実行計画を策定しましょう。

計画には、プロジェクトへの出資や状況の識別する過程で示された価値をアイディアを他の組織に売り込む事が含まれます。

他の企業や、グループに売り込むためにレビューなどを作る必要などがあります。

ベンチマーク(ベンチマーキング)に掛かるコスト

ベンチマークを設定するためにはそれなりにコストが掛かります、これは調査するための宿泊費や時間などがあげられます。

しかし、そのコストをかけてでも、コスト以上の価値があると考える企業が多いようです。

ベンチマーク(ベンチマーキング)に掛かるコストとは

ベンチマーク(ベンチマーキング)に取り組む際に掛かるコストは大きく分けて3つあります。

1つ目は、調査の際の旅費や宿泊費または食費や通常業務が滞る事による損失などがあげられます。

これらを総称して、訪問コストと呼んでいます。

また、手土産を訪問先へ持参する場合には、この手土産も訪問のコストに分類されますし訪問しても取引には繋がらない訪問の費用が含まれます。

次に、研究対象の企業を見つけて研究するには、必ず時間が必要です。

例えば、研究対象への訪問であったり、実行に移すための時間であったりが必要です。

このためメンバーは通常業務の時間の一部を研究や実行の為の時間に割かなければなりません。

この時に必要になる時間の事を時間コストと呼んでいます。

そして3つ目は、ベンチマーク(ベンチマーキング)を日常の業務の一部として制度化する組織では、データーベースにベストプラクティス企業や、ベストプラクティスのデータを
保守する事が多いのですが、この作の為に任意のデータベースを割り振る必要があり、この時に必要とされるデータ量をデータベースのコストと呼びます。

また最近では、インターネットに埋もれているようなリソースを活用する事で、コストを大幅に削減している組織もあるようです。

このように必ずコストが掛かるのですが、経営を好転させて業績を良くする方法として最適なベンチマーク(ベンチマーキング)をする事はとても有意義とされている為、今や企業では当たり前に行われています。

逆に言えばベンチマーク(ベンチマーキング)に掛かるコストを渋る様な企業であれば、その企業に未来は無く衰退の一途をたどる可能性も大と言えるかもしれません。

また、ベンチマーク(ベンチマーキング)に積極的に取り組むような上司や経営陣が居る企業や組織では、自社の欠点や強みが明確に把握できているため将来の見通しも良く、さらには継続的に取り組んでいくことにより今よりますます経営を有利に進める事ができるのではないでしょうか。

ベンチマークの意味を理解して効率化を!

このように測量の分野で使われていたベンチマークという言葉ですが、今やいろいろな分野で活用されると共に、企業の効率化を図る活動としても利用されています。

使用される分野が変わると意味が大きく変わりますが、ベンチマークを理解し、活用する事で企業や組織全体の効率化を図り企業全体を潤す事のできる物という理解をいただき、またそれに付随するコストなども多々ありますが、コスト削減と言われる世の中ではあるのでしょうが、ベンチマーク(ベンチマーキング)に掛かるコストを惜しむことなくガンガン取り組んで社内の効率化を推奨していきましょう。

そうする事で、社員の皆さんや役員の方の生活も潤い始める事でしょう。

ベンチマーク(ベンチマーキング)に取り組むことで、企業や組織、社員の方たちの生活に潤いが出ると素敵ですね。

ベンチマークについて理解出来ましたでしょうか?理解できたならば後は行動をする事が大切です、行動をしなければ知識があるだけでは何も変わりませんよ。

より良いベンチマーク(ベンチマーキング)ができるように頑張ってくださいね。