CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

承認欲求が強い人の20個の特徴。認めて貰いたいには訳がある?

「承認欲求が強い人」って、ちょっと付き合いづらい印象がありますよね?

自分を褒めて欲しい気持ちは誰でもあるけど、何かというと自分を前面に出そうとしてくるので、いちいち褒めなければならなくて、悪いけど面倒臭い人だと思ってしまうこともしばしばあります。

でも、自己主張ができなければ、誰にも認めてもらえず、存在感もなくて、それはそれで淋しいものがありますよね。

仕事でもアピール力が弱い人は、なかなか人脈も広がりません。

身近に「承認欲求が強い人」がいたりすると、対応に困ってしまいますが、職場が同じだったり、近所の人だったりすると、避けることも出来なくて悩めるところだと思います。

「承認欲求」が強いからといって、悪い人だというワケでもないので、仲良くお付き合いできればいいのですが、なかなか簡単に仲良くなれるものでもありません。

まして、好きな人が「承認欲求が強い人」だったら、避けることなんてできませんよね。

では、どうすれば「承認欲求が強い人」と上手く付き合っていけるのか、そして、そんな気になる「承認欲求」とは、どんなものでどう対処すれば良いのか?

「承認欲求が強い人」の特徴をつかんで、対応の仕方やお付き合い上手くできるように、この記事を書いてみましたので、どうぞ参考にしてみて下さい。

承認欲求とは?

「承認欲求」とは、誰かに自分のことを『認めて欲しい』『褒めて欲しい』という欲求で、自分の『存在価値』を認めて『尊重されたい』と求める自己主張的な欲求のことです。

誰にでもある心理

「承認欲求」は誰にでもある本能的な心理で、自分の存在を知って欲しいと思う気持ちは、間違えではないと思います。

ただ、その欲求があまりにも強すぎてしまうと、周りからは、「ウザい人」と煙たがられてしまいますよね。

頑張っていることを、誰かに認めて欲しいと思うことは、誰でも思うことです。

「褒められて悪い気はしません。」という言い方も褒めて欲しいという心の裏返しです。

承認欲求が強い人の20個の特徴

では、「承認欲求が強い人」というのは、具体的にどんな人のことをいうのでしょうか?

次に、「承認欲求が強い人」の特徴を20個上げてみました。

1. 目立ちたがり

例えば、子供の頃に学級委員や生徒会などの役員をやりたいという人は、大抵、クラスでも目立ちたがりの人ですよね?

物事に意欲的に率先して取り組むことは、決して悪いことではありません。

ただ、何でも自分が一番目立たなければ気が済まないところがあるので、自分より目立つ人がいると、ライバル心を持って嫉妬してしまうこともあります。

2. 自尊心が強い

「承認欲求が強い人」は、自尊心も強く、誰よりも自分が優れていて、愛されるべき存在だと信じています。

自分自身を尊重してあげることで、自分の存在価値を守りたいという、自己愛からくるものです。

でも、悪く言ってしまえば、「ナルシスト」のような人ですよね。

3. 自分は周囲に必要とされていると思っている

何ごとにも率先して積極的に行動するので、「自分がいなければダメだ。」と、周りの人から必要とされていることを、自分自身が思いたい欲求が強いのです。

そのため、常に目立つようにして、自身の周囲からの存在感を保っているのです。

本当は、誰かに必要とされていなければ、自分の存在価値がないのではないかと、不安になってしまう心理の表れだということです。

4. 負けず嫌い

負けず嫌いと聞くと、あまり良い印象ではないかも知れませんが、負けず嫌いの人は努力家でもあります。

何ごとにおいても、自分が一番になれるように、周りに気付かれないよう影でコツコツと努力をしていたり、勉強やスポーツだけではなく、美意識もとても高く、常に上を目指して追求します。

5. かまってちゃん

誰かに存在する価値を認めて欲しいという心理から、誰にも相手にされないと不安になって、寂しがり屋の「かまってちゃん」になってしまいます。

でも、この「かまってちゃん」も誰にでもある心理ですが、それが強く出てしまうと、面倒臭い人だと思われてしまいます。

例えば、女性が彼から連絡がなくて、「かまってちゃん」になってしまった時、彼が仕事が忙しくて連絡できないことを知りながら、しつこく何度もLINEを送ったりしてしまうと、彼も段々精神的に疲れて面倒臭がられてしまいますよね。

こんな自分の気持ちばかりを押し付けてしまう「かまってちゃん」も「承認欲求が強い人」の特徴です。

【かまってちゃん診断は、こちらの記事もチェック!】

6. 自慢が多い

ページトップ