「承認欲求が強い人」って、ちょっと付き合いづらい印象がありますよね?

自分を褒めて欲しい気持ちは誰でもあるけど、何かというと自分を前面に出そうとしてくるので、いちいち褒めなければならなくて、悪いけど面倒臭い人だと思ってしまうこともしばしばあります。

でも、自己主張ができなければ、誰にも認めてもらえず、存在感もなくて、それはそれで淋しいものがありますよね。

仕事でもアピール力が弱い人は、なかなか人脈も広がりません。

身近に「承認欲求が強い人」がいたりすると、対応に困ってしまいますが、職場が同じだったり、近所の人だったりすると、避けることも出来なくて悩めるところだと思います。

「承認欲求」が強いからといって、悪い人だというワケでもないので、仲良くお付き合いできればいいのですが、なかなか簡単に仲良くなれるものでもありません。

まして、好きな人が「承認欲求が強い人」だったら、避けることなんてできませんよね。

では、どうすれば「承認欲求が強い人」と上手く付き合っていけるのか、そして、そんな気になる「承認欲求」とは、どんなものでどう対処すれば良いのか?

「承認欲求が強い人」の特徴をつかんで、対応の仕方やお付き合い上手くできるように、この記事を書いてみましたので、どうぞ参考にしてみて下さい。

承認欲求とは?

「承認欲求」とは、誰かに自分のことを『認めて欲しい』『褒めて欲しい』という欲求で、自分の『存在価値』を認めて『尊重されたい』と求める自己主張的な欲求のことです。

誰にでもある心理

「承認欲求」は誰にでもある本能的な心理で、自分の存在を知って欲しいと思う気持ちは、間違えではないと思います。

ただ、その欲求があまりにも強すぎてしまうと、周りからは、「ウザい人」と煙たがられてしまいますよね。

頑張っていることを、誰かに認めて欲しいと思うことは、誰でも思うことです。

「褒められて悪い気はしません。」という言い方も褒めて欲しいという心の裏返しです。

承認欲求が強い人の20個の特徴

では、「承認欲求が強い人」というのは、具体的にどんな人のことをいうのでしょうか?

次に、「承認欲求が強い人」の特徴を20個上げてみました。

1. 目立ちたがり

例えば、子供の頃に学級委員や生徒会などの役員をやりたいという人は、大抵、クラスでも目立ちたがりの人ですよね?

物事に意欲的に率先して取り組むことは、決して悪いことではありません。

ただ、何でも自分が一番目立たなければ気が済まないところがあるので、自分より目立つ人がいると、ライバル心を持って嫉妬してしまうこともあります。

2. 自尊心が強い

「承認欲求が強い人」は、自尊心も強く、誰よりも自分が優れていて、愛されるべき存在だと信じています。

自分自身を尊重してあげることで、自分の存在価値を守りたいという、自己愛からくるものです。

でも、悪く言ってしまえば、「ナルシスト」のような人ですよね。

3. 自分は周囲に必要とされていると思っている

何ごとにも率先して積極的に行動するので、「自分がいなければダメだ。」と、周りの人から必要とされていることを、自分自身が思いたい欲求が強いのです。

そのため、常に目立つようにして、自身の周囲からの存在感を保っているのです。

本当は、誰かに必要とされていなければ、自分の存在価値がないのではないかと、不安になってしまう心理の表れだということです。

4. 負けず嫌い

負けず嫌いと聞くと、あまり良い印象ではないかも知れませんが、負けず嫌いの人は努力家でもあります。

何ごとにおいても、自分が一番になれるように、周りに気付かれないよう影でコツコツと努力をしていたり、勉強やスポーツだけではなく、美意識もとても高く、常に上を目指して追求します。

5. かまってちゃん

誰かに存在する価値を認めて欲しいという心理から、誰にも相手にされないと不安になって、寂しがり屋の「かまってちゃん」になってしまいます。

でも、この「かまってちゃん」も誰にでもある心理ですが、それが強く出てしまうと、面倒臭い人だと思われてしまいます。

例えば、女性が彼から連絡がなくて、「かまってちゃん」になってしまった時、彼が仕事が忙しくて連絡できないことを知りながら、しつこく何度もLINEを送ったりしてしまうと、彼も段々精神的に疲れて面倒臭がられてしまいますよね。

こんな自分の気持ちばかりを押し付けてしまう「かまってちゃん」も「承認欲求が強い人」の特徴です。

6. 自慢が多い

とにかく、自分が優れている人だと言うことを、周りに知って欲しいという欲求が強いので、自慢話が多いのも特徴のひとつです。

自分の武勇伝や過去の栄光を誇るように、何度も同じ話を自慢げに話します。

例えば、運動会で優勝した時のことを、自分のお陰だと言わんばかりに延々と話したり、ひとつの成功にしつこくこだわります。

そして、「承認欲求が強い人」は、人の自慢話は聞きたくありません。

7. 兄弟が多い

兄弟が多いと、どうしても親は自分だけを見てくれないので、誰かに自分の存在を認めて欲しいという欲求が強くなってしまいます。

私の周りにも「承認欲求が強い人」がいますが、やはり兄弟が多いです。

8. 他人と自分をすぐ比べる

先ず、他人と自分を比べたがるという心理は、優れている人や幸せそうな人が周りにいると、自分の方が優れていることを確認したいからなのです。

そして、何かと理由を付けて、自分を優位にしようとするのです。

例えば、本当は自分の方がピアノが上手いのに、指にケガをしてしまったから失敗してしまったなどいうのも、自分の方が相手より優れていると思いたいからです。

でも、本当は心のどこかで羨ましいと思う気持ちがあるから、他人と自分を比較してしまうのです。

9. 嫉妬深い

常に自分が一番注目される存在でなければ気が済まないので、自分より成功している人がいると、嫉妬してしまいます。

人の何倍も努力してきた人なので、何も努力なく成功する人に対して、根深い嫉妬心を抱いてしまいます。

例えば、今までクラスで一番人気者だったのに、転校生が来たら、みんな転校生ばかりに注目してしまって、転校生を仲間外れにしてイジメたりしてしまいます。

よくそんなイジメのドラマや映画がありますが、そのイジメっ子も「承認欲求が強い人」だからなのです。

10. 外見に気を遣う

自意識が高く自尊心も高いので、当然、外見にも気を遣う人です。

身だしなみだけではなく、美的センスも優れているので、必ずしも美男美女というワケではありませんが、常に自分磨きをしているので、パッと見はイケメンまたは美人に見えます。

子供の頃は、それほどイケメンでも綺麗でもなかった人が、久しぶりに同窓会で会ったら、整形でもしたかのように見違えるほど別人(良い方に)なっていたなんてことありませんか?

そういう人は「承認欲求が強い人」に多いタイプですね。

11. モチベーションが高い

モチベーションが高いことは、とても良いことだと思います。

何があっても前向きに向上心がある人は、モチベーションが高く仕事でも活躍して成功することができる人です。

自分の気持ちを高める力を持っているので、多少の困難には、めげて諦めたりしません。

12. 喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽が激しいことは、良くも悪くもありますが、「承認欲求が強い人」は、波がありすぎてしまうのです。

さっきまで、お笑い番組をみて爆笑していたかと思えば、突然、感情的になって怒り出したりします。

でも、その逆に落ち込んでいても、すぐ立ち直ることもできます。

13. 短気である

ちょっとしたことで、すぐ怒ってしまう短気なところも特徴です。

瞬間湯沸かし器みたいに、大したことじゃなくても、急に激怒する人っていますよね。

「何であんなことくらいで、そんなに怒ってるんだろう?」って、周りからは怒りっぽい人だと思われがちな人です。

普段は怒らないことでも、その日の気分で怒ったりすることもあります。

14. 子供っぽい

勉強ができないということではなく、どちらかと言えば頭も良い方なのに、精神的に子供っぽくて、大人げない発言や行動をしてしまい、顰蹙を買ってしまうことがよくあります。

自分ができあがった人間だと思う自尊心から、他人からみると常識知らずだと思われるようなことをしてしまうことが多々あります。