CoCoSiA(ココシア)

すぐキレる人の8個の原因と上手な対処方法

小さなことでもカッとなってすぐキレる人。

周囲の人は、なんでそんなにすぐにキレるのか不思議に思うでしょう。

それに毎回小さなことでキレられてしまっては、周りの人も対応に困ってしまいますよね。

では、すぐキレる人にどんな対応をしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、すぐキレる人の原因と上手な対処方法をご紹介します。

なんですぐキレるの?考えられる8個の原因


そもそも何で「すぐキレる」のでしょうか?

これには色々な理由が絡んでいると思います。

単に「○○が原因」とは中々言いづらいところはありますが、少しずつ項目を分けて、ご紹介いたします。

あなたの身近にいる「すぐキレ人」は、一体どのパターンでキレているのでしょうか?

考えていきましょう。

1.プライドが高いかも


あなたの身近なすぐキレる人は、もしかしたらプライドが高いことでキレやすくなっているのかもしれません。

すぐキレる人は、ざっくり言うと今の環境が、自分の思い通りになっていないからキレているのではないでしょうか?

いつでも自分が物事の中心にいないと不安になったり、寂しくなったり、「嫌われたのかな?」と思ったり。

すぐキレる人は、孤立することにものすごく神経質になっているのです。

つまり、すぐキレる人は、自分が一番カワイイと思っている。

さらに言うと自己愛が強い、すなわちプライドが高いという性質が関係しているのだと私は思います。

【プライドが高い人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

2.視野が狭くて自分が正しいと思っているかも


すぐキレる人は、自分を守るためにキレているのです。

自分を守れるのは自分だけと考えているため、「自分は絶対」でなければならないのでしょう。

そのことから、自分の頭で考えられることは全て正しいと思いこみます。

相手と話しが噛み合わないと、絶対的なはずの自分への否定、自分を脅かす危険な存在と思ってしまいます。

そして、キレるという方法で攻撃してくるのではないでしょうか。

相手の考えを聞ける程の余裕があれば、すぐキレる人にはならないでしょう。

3.普通は気にならない些細なところを気にしてるのかも

普通は気にならない些細なところを気にしてしまい、すぐにキレてしまう人もいるかもしれません。

人よりも細かい所まで気になってしまい、重箱の隅をつつくような本質とはあまり関係のない所で、相手のアラや欠点を見つけてしまうことも。

それを周りに見せることで、「この人には敵わない、くやしい」「○○さんより、××さんの方が、仕事が出来る」という一種の評価を周りからされたいのかもしれません。

4.周りの目を異常に気にしてるかも


すぐキレる人は、周りの目をものすごく気にしています。

絶対的な自分を形作りたいのはなにも、向上心から来ている訳ではないのです。

というのは、周りから否定されたくないことから、絶対的でなければならないという発想の人がいるからです。

言わばこれはマイナス思考から来る発想ですよね。

自分と相手は独立していて、周りの評価なんて関係ないと思っていてくれれば、自分の自己評価が大切と考え、自分も周りもみんな大切にします。

それに、意味のない所ですぐキレる人にはならないと思います。

しかし、すぐキレる人の厄介なところは、「相手の評価が第一」なのです。

5.強がってるだけで本当は小心者!


すぐキレる人の特徴として、相手をみて自分の態度を変える人が多いように思います。

先ほどから何度か言っていますが、「自分の立場を守るため」、「相手の評価が重要」なのです。

つまり、自分よりも強い人間には媚びへつらっておいた方が良いと考えているのではないでしょうか。

6.キレることで思い通りに事を進めようとしてるかも


キレる事で相手を戦意喪失させ、物事を自分の思い通りにさせたいのかもしれません。

何事も自分の思い通りになっていないと落ち着かない。

いつも自分が話の中心に成っていないと不安で仕方がない。