世の中にはたくさんの仕事が存在しています。

一般的に広く知られているような仕事もあれば、あまり多くの方が知らないような珍しい仕事があるのも事実です。

そこまで多くの需要がなくても、やはり一定の需要が存在する事もあるわけで、珍しい仕事が存在していることがあるのもおかしくはありません。

しかし、なかなか普段目にしないような仕事だったり、その事に対して興味を持っていない人からすると存在すら知らない事も多くあります。

今回は変わった仕事をテーマにして、変わった仕事をご紹介していきます。

変わった仕事をして充実した人生を送ろう

一般的に多くの方が就いているような仕事は社会人になり、色々な知識や見識を持つようになれば認知できるようになりますが、珍しい仕事に関しては知る機会すらあまりないので、知らないまま年齢を重ねている人も多いかもしれません。

しかし、知られていない仕事の中には自分自身が興味をもって行えそうな仕事が存在する可能性がとても高いです。

知らないだけで、存在を知っていれば自分自身の夢となっていた職業も可能性としてはゼロではありません。

なので、早い段階で変わった仕事を知り、知識として知っておく事は新しい可能性を増やすことが出来るといえます。

充実した人生にする事にも繋がるので、夢を持っていない人、そして今の仕事に対して満足感を感じていない人にこそ、一つの新しい選択肢という風に考えてみてください。

世の中の変わった仕事16選

具体的に変わった仕事に関してご紹介していきます。

興味をもって調べなければ存在すら知られない仕事ばかりなので、新しい知識として知る事ができると思います。

もしかしたらご紹介する中から、自分自身の夢へと繋がる選択肢が生まれる可能性もありますし、変わった仕事だからこそ、自分の中での今までの仕事への価値観が変わるきっかけになる可能性もあります。

ご紹介する仕事があなたを変えるきっかけになれば幸いです。

LEGO投資家

まずご紹介する変わった仕事はLEGO投資家です。

LEGO投資家は名前の通り、LEGOに対して投資をする職業として存在しています。

LEGOといえば、誰でも知っているあのブロックです。

既に広く知られている通り、LEGOは小さなブロックを組み合わせて物を作ったりして楽しむ子どもが好きな遊びですが、最近は大きなブロックを使ったり、非常にたくさんのブロックを使ったりして、大規模な作品を作ったりする事でも知られています。

LEGO自体は知っている人が多いですが、投資家となると少し違和感を覚える方も多いといえます。

LEGO投資家とは、具体的にはLEGOで作った作品を商品として購入し、高く売るという取引をする事です。

例えば、スターウォーズに出てくる機械をLEGOで再現している作品を購入し、販売した場合、元々約8万円の金額のものが、約123万円で取引されるなど、需要がある方にとってはとても高い値段で販売することが出来ます。

もちろん今現在多く市場に流出しているものはすぐに手に入るので、価値が低いですが
極端な話、10年前に購入した1万円の物が10年後には100万円になるという事へ例えることが出来ます。

寝かせれば寝かせるほど、価値がどんどん上がる商品が存在するので、その商品を見定めて購入しておく、これがレゴ投資と呼ばれる所以です。

成功すれば、先ほどの実際の例でいくと、8万円で購入したものが123万円で販売できた場合は約115万円の利益を得ることが出来ます。

利益率で言えばかなりの率を誇る投資だといえます。

これを仕事として行っている人も世の中には存在しています。

これがLEGO意外にも通用するといえる投資です。

あなたの何か好きな事があるならば、この考え方が通用する商品であればトライしてみると面白いですよ。

ひよこ鑑定士

次のご紹介する変わった仕事はひよこ鑑定士です。

ひよこ鑑定士という名前が可愛らしいですが、世間一般的にはあまり知られていない職業だといえます。

求人サイトなどでもあまり見かけることはないかと思います。

ひよこ鑑定士は名前の通りひよこを鑑定する仕事です。

つまり、養鶏場に勤める形になり、雄と雌を判別する仕事です。

周りが思っているよりも大変な仕事であり、瞬時に判断する必要があるという事と、完璧な精度が求められる仕事なので、実際は難しい職業だと言えます。

具体的なパーセンテージで精度を表現すると、実に99.8%の割合を誇るといわれています。

ほぼ間違えることは許されないという厳しい環境だといえます。

ひよこ鑑定士は初生雛鑑別師という名称でも呼ばれており、日本国内には養成所がなんと一か所にしかないという環境になっています。

なので、なりたいと思ってもなかなかなりづらい環境なので、携わっている人があまり多くないという実情もあります。

しかし、ひよこ鑑定士は年収が高い事でも知られており、実に平均給与はなんと約38万円といわれています。

年収ベースだと、500.600万円といわれており、ある程度高給であるといえます。

ひよこ鑑定士になるには、資格が必要であり、養成講習を受ける必要があります。

養成講習は畜産技術協会が行っており、受講するには条件があります。

例えば、年齢が25歳以下で高校卒業の資格が必要です。

また、視力が1.0以上など、細かい身体検査なども存在しており、人によってはなりたくても慣れない人がいる職業だといえます。

ちなみに受講料は113万円かかるともいわれており、そのほかの諸経費などもかかりますので、ある程度のお金が必要であるともいえます。

飛行船パイロット

飛行船パイロットも変わった仕事であるといえます。

当然ながら、飛行船があるからにはパイロットも存在しています。

しかし、身近にパイロットをしている人があまり存在しないので、珍しい仕事であると判断されがちです。

さらに、あまり知られていないのが、飛行船パイロットには三種類存在するという事です。

定期運送用操縦士、そして事業用操縦士、自家用操縦士という三種類が存在しており、それぞれ意味合いが違います。

例えば、一般的に想像されるのが定期運送用操縦士です。

ANAやJALなどの航空会社の飛行機を操縦する人達の事であり、一般的にパイロットと言われると大部分の人がこちらの職業を想像されます。

次に、専業用操縦士ですが、こちらは例えば農薬などを散布するときに使用する時、そして警察や消防などでパイロットとして活躍される人達の事を指し示しています。

最後の自家用操縦士ですが、こちらは個人で楽しむパイロットといえます。

なので、職業としてみると一般的には前者の2つが多く該当するといえます。

ちなみに、飛行船パイロットとして活躍するには3つの方法があり、まずは学校卒業後、航空会社に勤務し必要な技術を習っていくという方法です。

航空会社の正社員として必要な技術を培っていき、いずれパイロットとしてデビューするために毎日訓練を行うという方法ですが、こちらはライセンスを後から取得する方法だといえます。

それに反して、もう一つは学校に入学し、ライセンス取得のために学校で勉強し、必要な訓練を受けるという方法です。

ライセンスを後から取得するのか、先に取得するのかという違いになり、自分自身の考える方法でライセンスを取得する方が良いといえます。

それ以外にも、防衛大学に入学して自衛隊としてパイロットを目指すという方法もあります。

あまり目指す人がいないからこそ、必要な学歴や経験が気になる方も多いといえます。

学歴は大手航空会社は大卒新卒者、もしくは大学院を卒業予定者が対象になっている場合が多いです。

ちなみに、絶対に大学を卒業していないとダメというわけではなく、場合によっては高卒でも雇用される場合があるそうです。

ちなみに、新卒以外でも中途採用なども存在しており、こちらは自費でライセンスを取得した人を積極的に採用している場合が多いそうです。

パイロットはその職業上、多くの人の命を預かる仕事なので、かなりの責任感と判断力が必要な仕事です。

しかし、大変な仕事だからこそ、年収もかなり高い事でも知られており、年収1000万円以上は稼げる仕事です。

やりがいのある、価値の高い仕事であるといえるので、夢として追いかける価値がとても高いといえます。

都会のトレジャーハンター

変わった仕事として、都会のトレジャーハンターも珍しい仕事だといえます。

名前だけを見るととてもかっこいい仕事ですよね。

具体的にどんな事をするのかといいますと、街中で金やダイヤを発掘するという仕事です。

これだけを聞くと意味が分からない方も多いかもしれませんが、都会にはたくさんの人が存在しており、潤っているので、お金を持っている人や稼いでいる人達が集まっており、なおかつせわしなく仕事をしている人が多いので、落し物が多くあるそうです。