CoCoSiA(ココシア)

変わった仕事14選

世の中にはたくさんの仕事が存在しています。

一般的に広く知られているような仕事もあれば、あまり知らないような珍しい仕事があるのも事実です。

なかなか普段目にしないような仕事だったり、その事に対して興味を持っていない人からすると存在すら知らない事も多くあります。

この記事では、変わった仕事を14個ご紹介していきます。

気になるものがあれば求人を探してみるのもいいかもしれませんね!

この記事の目次

世の中の変わった仕事14選

具体的に変わった仕事に関してご紹介していきます。

興味をもって調べなければ存在すら知られない仕事ばかりなので、新しい知識を得る事ができると思います。

もしかしたらご紹介する中から、自分の夢へと繋がる選択肢が生まれる可能性もあります。

また、変わった仕事だからこそ、自分の中での今までの仕事への価値観が変わるきっかけになる可能性もあります。

ご紹介する仕事があなたを変えるきっかけになれば幸いです。

1.葬儀関係の仕事

あまり知られていない変わったお仕事として、葬儀関係の仕事が挙げられます。

あまり身近に葬儀関係の仕事を営んでいる人はいないと思います。

しかし、人が存在する以上は需要があるお仕事だといえます。

人は死んだら葬儀をしてもらうわけですから、言ってみれば一定の需要が存在し続けるとても安定したお仕事であるといえます。

葬儀関係の仕事は大手もありますが、個人や小規模な会社が営んでいる場合もあります。

葬儀関係の仕事の気になる給与ですが、初任給で大体20万円ほどといわれています。

年収としては平均して500万円ほどと言われており、平均的なサラリーマンと同等だと思います。

ある程度仕事に慣れてくると当然立場もあがり、ディレクターとして葬儀の担当ができるようになり、給料なども上がっていくことがほとんどでしょう。

ちなみに、経営者の場合は安定した契約を取得し、たくさんの方に利用していただければ年収が1000万円以上を越している場合もあるようです。

このことから、需要があり、高収入を目指せるお仕事であるといえます。

あまり夢として挙げられる場合は少ないかもしれませんが、人生の終わりを締めくくるお手伝いをする、魅力的なお仕事だと思います。

葬儀関係の求人を探すなら「リクナビNEXT」がおすすめ

おそらく日本で一番有名だと思う求人サイトのリクナビNEXTで、葬儀関係の仕事がたくさん募集されています。

どんな仕事があるのか?自分にも出来そうか?を見るためにも一度チェックを♪

.
会員登録後、リクナビNEXTのトップページにある検索フォームから「葬儀」のキーワードで検索してみてください!

オトクな使い方

ちなみに、リクナビNEXTに登録した後は、「スカウト機能」に登録しておくことをオススメします。

登録しておくと、自分にあった良いオファーを貰えることが多々あるんです。

二人に一人が利用してますし、無料なので会員登録後、やってみて下さいね!

2.LEGO投資家

次にご紹介する変わった仕事はLEGO投資家です。

LEGO投資家は名前の通り、LEGOに投資をする人のことです。

LEGOといえば既に広く知られている通り、小さなブロックを組み合わせて物を作ったりして楽しむ子どもが好きな遊びです。

最近は大きなブロックや、非常にたくさんのブロックを使って、大規模な作品を作ったりする事でも知られています。

LEGO自体は知っている人が多いですが、投資家となると少し違和感を覚える方も多いと思います。

LEGO投資家とは、具体的にはLEGO商品を購入し、値上がりしたところで定価より高く売るという取引をする事です。

例えば、スターウォーズに出てくる機械をLEGOで再現している商品を購入し、販売した場合、元々約8万円の金額のものが、約123万円で取引されたことがありました。

需要がある方にはとても高い値段で販売することが出来ます。

もちろん今現在多く市場に流出しているものはすぐに手に入るので、価値が低いですが極端な話、10年前に購入した1万円の物が10年後には100万円になるという事へ例えることが出来ます。

寝かせれば寝かせるほど、価値がどんどん上がる商品が存在するので、その商品を見定めて購入しておく、これがレゴ投資と呼ばれる所以です。

成功すれば、先ほどの実際の例でいくと、8万円で購入したものが123万円で販売できた場合は、約115万円の利益を得ることが出来ます。

利益率で言えばかなりの率を誇る投資だといえます。

これを仕事として行っている人も世の中には存在しています。