マザコンはマザーコンプレックスの略です。

もともとは精神分析上の呼び名で男性が無意識のうちに母を奪う存在である父親を恨み母を慕う状態のことをいいます。

マザコン男性は女性の敵かのうように思われていますね。

たしかにとてもやっかいな存在といえます。

本来は男性の母親に対するものなのですが、ここでは女性の方と母親の関係と見ていただいてもいいですね。

マザコンな人と母親思いな人の違いはなんでしょうか?

今回はマザコンな人の16の特徴をみてみようと思います。

マザコンな人の16個の特徴

1. 母親が最優先

なにかを決定するとき、行動するとき最優先させるのが母親の存在だという人はマザコンの可能性が大です。

子どものときは自分の身の安全は親に守ってもらうより術がありません。

特に身近にいる母親というのは自分の命を守る上で欠かすことができない存在だと認識されます。

誰でも自分のことが一番可愛いというのは人間の本能です。

かわいい自分を優先させたいというのも本能ですが、自分と母親との境界線があまりない幼少期ならまだしも大人になっても母親を優先させるというのは、そんな幼少期の傾向を大人になっても持ち続けているということでやはり普通の男性の心理よりは成長していないといえますね。

大人になればいろいろな人間関係の中で生きて行かなければいけないようになります。

恋人や妻や子、職場、友人などその時その時の状況で優先させなければいけない人や状況も
変化するものですが、どんなことも母親に頼り母親を一番気にかけ、母親を最優先させるという人はマザコンと言わざるを得ないですね。

2. 自分でいろいろな意思決定ができない

マザコンな人は自分でいろいろな意思決定ができません。

母親の言う通り、希望どおりに生きようとしてきたせいで、意思決定するという機能を成長させていないのです。

それは母親の方が子どもから意思決定するという力を奪っている、成長させないように無意識的に抑え込んできたのですが、本人たちはそれを認めないでしょうね。

自分で決めるということができないマザコンな人は「意思」を母親に牛耳られているのです。

人に決めてもらうと楽といえば楽ですね。

たとえ失敗しても相手が悪いのであって自分の責任ではないのですから。

マザコンは楽だから母親にゆだねているなどとは考えていません。

ただ、そうするしかないというのが本当のところだと思います。

3. 母親と頻繁にメールをしている

ある年齢になれば子どもは親から離れたいと思うのが普通です。

ライオンが子どもを谷に突き落すように人間も、子どもがある程度の年齢になれば寂しいけれど母親の力だけでなく自分の力で社会で強く生きて欲しいと願うものです。

特に子どもの方からすると、母親はこれまで生んで育ててくれた恩などどこへやら、とにかく母親は鬱陶しい存在という時期があるもので、連絡を取り合うということも嫌がるものです。

目は外へ外へ、友人や恋人、学校生活、社会へと向いていくのが自然ですが、いつまでたっても母親と頻繁にメールのやり取りをしている、それが苦にならないという人はマザコンと言わざるを得ないですね。

ある有名プロデューサーがまだ飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していた時期に、成功した今でも
母親と長電話をすると言っていました。

親孝行なのかなあと思ったものです。

でもその後ある事件を起こしてしまいました。

マザコンだからだというわけではありませんが、どんなに社会的に成功していても、それは才能や時代の流れに上手く乗れたということであって精神的な自立とは関係なかったのかもしれません。

今の奥さんと知り合ってから始めて、家庭的な生活や行事を行うのを見て新鮮だったということを以前テレビで話していました。

それほどお母さんと仲がいいのに不思議だなあとおもったものです。

もしかしたら、息子には生活面でいっさい何もさせなかったのかもしれないですね。

4. 母親に昔のままのあだ名で呼ばれ続けている

母親が子どもを呼ぶとき、小さいときは子どもが自分の名前を上手く発音できないなどであだ名で呼ぶことも多いものです。

たとえば「たかし」という名前だとすると、幼いころは「たっくん」と呼ばれていたかもしれないですね。

それがマザコンの人は大きくなっても「たっくん」と呼ばれ続けている場合があります。

ある程度の年齢になると、人前で子どもの頃のあだ名を呼んだり呼ばれるのが少し恥ずかしくなって呼び方が自然に変わっていくものです。

母親の方は、子どもの自立のことを考えるとちゃんとした名前を呼んであげようと気遣うものですがマザコン母も子どもも自立への気持ちがありませんから、呼び方にもその傾向が表れるのでしょうね。

5. 母親の自慢話をする

子どものほうからみてみると、なにかと母親の自慢話をする傾向があります。

母親から離れたいという思春期特有の気持ちがあれば友人や恋人といるときには母親の話にはあまり触れないようにする傾向があります。

そんな時期にも関わらず母親の話、ましてや母親の自慢話をするというのは気持ちがいつも母親にべったりくっついているということです。

日本人の気質として、身内のことは謙遜して話す傾向にありますが大人になっても母親の自慢話をするというのは、そんな常識を乗り越えて自慢したいという気持ちがあふれているという意味かもしれません。

本当に精神的に成熟した人が、感謝の気持ちから自分の両親のことを褒めるということはもちろんありますが、マザコンでない人がする母親の自慢話は頻度は多くなく、聞いているほうは、そんな母親想いの姿に清々しさを感じるものです。

6. 彼女や奥さんを母親と比較する

マザコンは、自分にとって母親ほど素晴らしい女性はいないと思っているかのように、彼女や奥さんを何かと母親と比較してしまいます。

実際のところ、母親が素晴らしいというより自分にとって一番都合がいい女性が母親なのです。

幼いころから自分の世話を焼いてくれて、自分のことを一番見てくれてきたのは母親だということは間違いありませんから。

自分のすることをなんでも許してくれて甘えさせてくれる、自分が子どもの状態、成長していない状態でいられる存在である母親は居心地がいいのです。

母親の前では虚勢を張ることも必要なく、むしろ子どものままでいた方が母親自身も喜んでくれるのですから。

成熟していない人にとっては子どものままでいられる状況が嬉しくてたまりません。

成熟した彼女や奥さんは同じように成熟した男性として接してくるので、マザコンにとっては鬱陶しく感じられるのです。

普通ならいつまでも子ども扱いする母親のことを鬱陶しく感じる年になっても、彼女や奥さんのことを母親と比較して劣っていると感じるのがマザコンです。

自分に対する態度から食べ物の味付けまで母親と比較されると周りもやっていられないですよね。

7. 何でも真っ先に母親に相談する

マザコンは何でも真っ先に母親に相談する傾向があります。

精神的に母親との密着感が強いので、すぐに母親の顔が思い浮かぶのでしょうか?

幼いころからの癖だという人もいますが心の中に母親がいつも存在していて、成熟しきれていないので母親のことが怖かったりでも愛着があったりで、つい真っ先に相談してしまうのでしょうね。

そして、母親が一番適切なアドバイスをしてくれると信じているからこそだと思います。

8. 食べ物の好き嫌いが多い

マザコンには食べ物の好き嫌いが多い人がとても多いのですが、なぜでしょうか?
おそらく小さいころからわがままを聞いてもらい、許してもらってきたからでしょうね。

嫌いな物は食べなくてもいいと言われて育ったのです。

母親は嫌いな物もなんとか食べるように工夫するものですが、こどもが嫌がるのを見るのがつあらいあまり、自分も子どもに嫌われたくないということもあり、強く言えなかったとのです。

9. 自分に自信が無い

マザコンは母親からの圧力が強い環境に育ってきています。

優しく高圧的なタイプの母親ではなくても子どもにとっては影響力が強すぎたという点においてはものすごい圧力といえます。

そんな母親とマザコンの子どもの関係では子どもの自立心や創造性を思う存分に発揮することができなくなってしまいます。

母親に頼り、母親がなんでもやってくれた環境の人が多く、自分自身の力を発揮する術を知らないので自分自信に自信が持てません。

10. 母親をママと呼ぶ場合が多い

母親の方が子どもを、小さいころからのあだ名で呼ぶことが多いと同時に母親を「ママ」と呼ぶ場合が多いです。

小さいときはママというのが一番発音しやすいので、そう呼ぶ子どもがとてもおおいですが、大人になってもママと呼んでいる人はマザコン傾向があるかもしれません。

11. すぐに母親に報告する

一番に母親に相談する人が多いと言いましたが、相談するほどのことではないにしてもすぐに母親に報告する人がいます。

子どもから見たら母親は乗り越えたい存在だといえるので小さなことは母親には相談したがらないというのが普通の感覚です。

相談することで母親からの干渉があるということを避けたい気持ちもありますよね。

もちろん母親に心配をかけまいとして報告しないことも増えてきます。

それがすぐに母親に報告するとなるとマザコン傾向があるようです。

12. 恋人や奥さんに母親に似ている部分を求める

そんなマザコン男性は、恋人や奥さんに母親に似ている部分を求めてしまいます。

一般的に男性はそういう傾向にあるといわれています。