CoCoSiA(ココシア)

マザコンな人にあるあるな16個の特徴

マザコンはマザーコンプレックスの略です。

もともとは精神分析上の呼び名で、男性が無意識のうちに母を奪う存在である父親を恨み母を慕う状態のことをいいます。

マザコン男性は女性の敵かのように思われていますね。

たしかにとてもやっかいな存在といえます。

本来は男性の母親に対するものなのですが、ここでは女性の方と母親の関係と見ていただいてもいいですね。

マザコンな人と母親思いな人の違いはなんでしょうか?

今回はマザコンな人の16の特徴をみてみようと思います。

マザコンな人の16個の特徴

1. 母親が最優先

なにかを決定するとき、行動するとき最優先させるのが母親の存在だという人はマザコンの可能性が大です。

子どものときは自分の身の安全は親に守ってもらうより術がありません。

特に身近にいる母親というのは、自分の命を守る上で欠かすことができない存在だと認識されます。

誰でも自分のことが一番可愛いというのは人間の本能です。

かわいい自分を優先させたいというのも本能ですが、自分と母親との境界線があまりない幼少期ならまだしも、大人になっても母親を優先させるというのは、そんな幼少期の傾向を大人になっても持ち続けているということです。

そういう男性は、普通の男性よりは精神面が成長していないのかもしれません。

大人になればいろいろな人間関係の中で生きて行かなければいけないようになります。

恋人や妻や子、職場、友人などその時その時の状況で優先させなければいけない人や状況も
変化するものです。

ですが、どんなことも母親に頼り母親を一番気にかけ、母親を最優先させるという人はマザコンと言わざるを得ないでしょう。

2. 自分で意思決定ができない

マザコンな人は自分で意思決定ができません。

母親の言う通り、希望通りに生きようとしてきたせいで、意思決定するという力がないのかもしれません。

それは母親の方が子どもから意思決定するという力を奪っている、成長させないように無意識的に抑え込んできたのかもしれませんが、本人たちはそれを認めないでしょう。

自分で決めるということができないマザコンな人は、「意思」を母親に牛耳られているのです。

人に決めてもらうと楽といえば楽ですね。

たとえ失敗しても相手が悪いのであって自分の責任ではないのですから。

しかし、マザコンな人自身は楽だから母親にゆだねているなどとは考えていません。

ただ、そうするしかないというのが本当のところだと思います。

3. 母親と頻繁にメールをしている

ある年齢になれば子どもは親から離れたいと思うのが普通です。

ライオンが子どもを谷に突き落すように、人間も子どもがある程度の年齢になれば寂しいけれど母親の力だけでなく自分の力で社会で強く生きて欲しいと願うものです。

特に子どもの方からすると、母親はこれまで生んで育ててくれた恩などどこへやら、とにかく母親は鬱陶しい存在という時期があるもので、連絡を取り合うということも嫌がるものです。

目は外へ外へ、友人や恋人、学校生活、社会へと向いていくのが自然です。

そんな中、いつまでたっても母親と頻繁にメールのやり取りをしている、それが苦にならないという人はマザコンと言われてしまうのかもしれません。

4. 母親に昔のままのあだ名で呼ばれ続けている

母親が子どもを呼ぶとき、小さいときは子どもが自分の名前を上手く発音できないなどであだ名で呼ぶことも多いものです。

たとえば「たかし」という名前だとすると、幼いころは「たっくん」と呼ばれていたかもしれないですね。

それがマザコンの人は大きくなっても「たっくん」と呼ばれ続けている場合があります。

ある程度の年齢になると、人前で子どもの頃のあだ名を呼んだり呼ばれるのが少し恥ずかしくなって呼び方が自然に変わっていくものです。

母親も子どもの自立のことを考えるとちゃんとした名前で呼んであげようと気遣うでしょう。

ですがマザコンの場合、母も子どもも自立への気持ちがありませんから、呼び方にもその傾向が表れるのでしょう。

5. 母親の自慢話をする

マザコンな人はなにかと母親の自慢話をすることが多いかもしれません。