マザコンはマザーコンプレックスの略です。

もともとは精神分析上の呼び名で、男性が無意識のうちに母を奪う存在である父親を恨み母を慕う状態のことをいいます。

マザコン男性は女性の敵かのように思われていますね。

たしかにとてもやっかいな存在といえます。

本来は男性の母親に対するものなのですが、ここでは女性の方と母親の関係と見ていただいてもいいですね。

マザコンな人と母親思いな人の違いはなんでしょうか?

今回はマザコンな人の16の特徴をみてみようと思います。

この記事の目次

マザコンな人の16個の特徴

1. 母親が最優先

なにかを決定するとき、行動するとき最優先させるのが母親の存在だという人はマザコンの可能性が大です。

子どものときは自分の身の安全は親に守ってもらうより術がありません。

特に身近にいる母親というのは、自分の命を守る上で欠かすことができない存在だと認識されます。

誰でも自分のことが一番可愛いというのは人間の本能です。

かわいい自分を優先させたいというのも本能ですが、自分と母親との境界線があまりない幼少期ならまだしも、大人になっても母親を優先させるというのは、そんな幼少期の傾向を大人になっても持ち続けているということです。

そういう男性は、普通の男性よりは精神面が成長していないのかもしれません。

大人になればいろいろな人間関係の中で生きて行かなければいけないようになります。

恋人や妻や子、職場、友人などその時その時の状況で優先させなければいけない人や状況も
変化するものです。

ですが、どんなことも母親に頼り母親を一番気にかけ、母親を最優先させるという人はマザコンと言わざるを得ないでしょう。

2. 自分で意思決定ができない

マザコンな人は自分で意思決定ができません。

母親の言う通り、希望通りに生きようとしてきたせいで、意思決定するという力がないのかもしれません。

それは母親の方が子どもから意思決定するという力を奪っている、成長させないように無意識的に抑え込んできたのかもしれませんが、本人たちはそれを認めないでしょう。

自分で決めるということができないマザコンな人は、「意思」を母親に牛耳られているのです。

人に決めてもらうと楽といえば楽ですね。

たとえ失敗しても相手が悪いのであって自分の責任ではないのですから。

しかし、マザコンな人自身は楽だから母親にゆだねているなどとは考えていません。

ただ、そうするしかないというのが本当のところだと思います。

3. 母親と頻繁にメールをしている

ある年齢になれば子どもは親から離れたいと思うのが普通です。

ライオンが子どもを谷に突き落すように、人間も子どもがある程度の年齢になれば寂しいけれど母親の力だけでなく自分の力で社会で強く生きて欲しいと願うものです。

特に子どもの方からすると、母親はこれまで生んで育ててくれた恩などどこへやら、とにかく母親は鬱陶しい存在という時期があるもので、連絡を取り合うということも嫌がるものです。

目は外へ外へ、友人や恋人、学校生活、社会へと向いていくのが自然です。

そんな中、いつまでたっても母親と頻繁にメールのやり取りをしている、それが苦にならないという人はマザコンと言われてしまうのかもしれません。

4. 母親に昔のままのあだ名で呼ばれ続けている

母親が子どもを呼ぶとき、小さいときは子どもが自分の名前を上手く発音できないなどであだ名で呼ぶことも多いものです。

たとえば「たかし」という名前だとすると、幼いころは「たっくん」と呼ばれていたかもしれないですね。

それがマザコンの人は大きくなっても「たっくん」と呼ばれ続けている場合があります。

ある程度の年齢になると、人前で子どもの頃のあだ名を呼んだり呼ばれるのが少し恥ずかしくなって呼び方が自然に変わっていくものです。

母親も子どもの自立のことを考えるとちゃんとした名前で呼んであげようと気遣うでしょう。

ですがマザコンの場合、母も子どもも自立への気持ちがありませんから、呼び方にもその傾向が表れるのでしょう。

5. 母親の自慢話をする

マザコンな人はなにかと母親の自慢話をすることが多いかもしれません。

母親から離れたいという思春期特有の気持ちがあれば、友人や恋人といるときには母親の話にはあまり触れないようにする傾向があります。

そんな時期にも関わらず母親の話、ましてや母親の自慢話をするというのは気持ちがいつも母親にべったりくっついているということです。

日本人の気質として、身内のことは謙遜して話す傾向にありますが、大人になっても母親の自慢話をするというのは、そんな常識を乗り越えて自慢したいという気持ちがあふれているという意味かもしれません。

本当に精神的に成熟した人が、感謝の気持ちから自分の両親のことを褒めるということはもちろんあります。

ですが、マザコンでない人がする母親の自慢話は頻度は多くなく、聞いているほうは、そんな母親想いの姿に清々しさを感じるものです。

6. 彼女や奥さんを母親と比較する

マザコンは、自分にとって母親ほど素晴らしい女性はいないと思っているかのように、彼女や奥さんを何かと母親と比較してしまいます。

実際のところ、母親が素晴らしいというより自分にとって一番都合のいい女性が母親なのではないでしょうか。

幼いころから自分の世話を焼いてくれて、自分のことを一番見てくれてきたのは母親だということは間違いありませんから。

自分のすることをなんでも許してくれて甘えさせてくれる、自分が子どもの状態、成長していない状態でいられる存在である母親は居心地がいいのです。

母親の前では虚勢を張ることも必要なく、むしろ子どものままでいた方が母親自身も喜んでくれるのですから。

成熟していない人にとっては子どものままでいられる状況が嬉しくてたまりません。

成熟した彼女や奥さんは同じように成熟した男性として接してくるので、マザコンにとっては鬱陶しく感じられるのです。

普通ならいつまでも子ども扱いする母親のことを鬱陶しく感じる年になっても、彼女や奥さんのことを母親と比較して劣っていると感じるのがマザコンです。

自分に対する態度から食べ物の味付けまで母親と比較されると周りもやっていられないですよね。

7. 何でも真っ先に母親に相談する

マザコンは何でも真っ先に母親に相談する傾向があります。

精神的に母親との密着感が強いので、すぐに母親の顔が思い浮かぶのかもしれません。

幼いころからの癖だという人もいますが心の中に母親がいつも存在していて、成熟しきれていないので、母親のことが怖かったりでも愛着があったりで、つい真っ先に相談してしまうのでしょうね。

そして、母親が一番適切なアドバイスをしてくれると信じているからこそだと思います。

8. 食べ物の好き嫌いが多い

マザコンには食べ物の好き嫌いが多い人がとても多いのですが、なぜでしょうか?

おそらく小さいころからわがままを聞いてもらい、許してもらってきたからでしょうね。

嫌いな物は食べなくてもいいと言われて育ったのです。

母親は嫌いな物もなんとか食べるように工夫すると言う人も多いでしょう。

しかし、子どもが嫌がるのを見るのがつらく、自分も子どもに嫌われたくないということもあり、強く言えなかったという人もいるかもしれません。

その場合、嫌いなものは食べなくてもいいと思い、好き嫌いが多いまま大人になってしまうのでしょう。

9. 自分に自信が無い

マザコンは母親からの圧力が強い環境に育ってきていることが多いでしょう。

優しく高圧的なタイプの母親ではなくても、子どもにとっては影響力が強すぎたという点においてはものすごい圧力といえます。

そんな母親とマザコンの子どもの関係では、子どもの自立心や創造性を思う存分に発揮することができなくなってしまいます。

母親に頼り、母親がなんでもやってくれた環境の人が多く、自分自身の力を発揮する術を知らないので自分自信に自信が持てないのでしょう。

10. 母親をママと呼ぶ場合が多い

母親が子どもを小さいころからのあだ名で呼ぶことが多いのと同時に、マザコンな人は母親を「ママ」と呼ぶ場合が多いです。

小さいときはママというのが一番発音しやすいので、そう呼ぶ子どもがとても多いですが、大人になってもママと呼んでいる人はマザコン傾向があるかもしれません。

11. 小さな出来事でもすぐに母親に報告する

相談するほどのことではない小さな出来事でもすぐに母親に報告する人がいます。

子どもから見たら母親は乗り越えたい存在だといえるので、小さなことは母親には相談したがらないというのが普通の感覚です。

相談することで母親からの干渉があるということを避けたい気持ちもありますよね。

もちろん母親に心配をかけまいとして報告しないことも増えてきます。

それがすぐに母親に報告するとなるとマザコン傾向があるようです。

12. 恋人や奥さんに母親に似ている部分を求める

そんなマザコン男性は、恋人や奥さんに母親に似ている部分を求めてしまいます。

一般的に男性はそういう傾向にあるといわれています。

たとえ表面的には母親と正反対の異性を選んだつもりなのに、実際は母親によく似た人だったという話も聞きます。

心の奥底では母親似の異性を望んでいたのではないのかと言われる所以です。

母親が自分にとっては一番都合のいい理想の異性なので、恋人や奥さんには似ている部分を求めるのは当然と言えば当然の話なのかもしれません。

13. 彼女や奥さんよりも母親の肩を持つ

マザコンは彼女と奥さんよりも母親の肩を持ってしまいます。

マザコン夫と妻とのいざこざで一番厄介なのはこれでしょう。

姑と嫁の間の些細ないざこざの場合、夫は妻の肩を持った方が円満にいくことが多いようです。

それを知っていてか、妻の肩を持つ、もしくはまったく中立の立場を貫くことでその場をしのぐ男性が多いのですが、マザコン夫は母親の肩をもってしまいます。

母親が一番正しいと思ってこれまで生きてきているのでそうしてしまうのでしょうね。

【マザコン夫の特徴は、こちらの記事もチェック!】

14. 甘え上手

マザコン男性は甘え上手です。

なんといってもこれまでの間、母親に甘え続けてきたのでどう甘えたら自分の希望が叶うのかということを学習し続けてきました。

そんなマザコン男性はしっかりものの女性にとってはなんか放っておけないような魅力を感じてモテることも多いようです。

15. 人当たりはソフト

甘え上手に加えて人当たりはソフトときていますから、深く付き合わない限り周囲からのウケがいいのです。

マザコン男性になってしまうということは、母親の影響がとても大きいのはもちろん言うまでもありませんね。

母親との精神的な境界線が少ないので母親の女性性に慣れ親しんでいます。

必然的に女性的な物腰に慣れているということ、そして自分もそうなってしまっていることも多いのです。

16. やんちゃな男友達はいない

ということは自分の周りにもやんちゃな男友達が少ないことへとつながります。

男性的なことが苦手になる傾向があるといってもいいですね。

やんちゃをすると母親にびっくりされてきたかもしれません。

マザコンの定義とは?

そもそもマザコンの定義とは何なのでしょうか。

最初に述べたようにマザコンとは精神分析上の言い方だったのです。

いまではなんの気なしに、母親と密着し過ぎる男の人や、お母さん第一の男の人などのことを見て、マザコンと呼んでいますよね。

母親と息子の間の強い依存関係、依存コンプレックスがあることを言います。

母親から甘やかされ、その依存関係から離れられないマザコンとは別に、その逆のパターン、母親の愛情を幼いころに十分に受けられないことによって、大人になっても母親から離れることへの不安が起き、幼いころの不十分さを求めるためのマザコンも存在するそうです。

マザコンは何の略?

マザコンとは「マザーコンプレックス」の略というのは広く知れ渡っていることだと思います。

今ではマザーコンプレックスの定義から外れて、母親との親しげな場面を見た周囲の人が
「マザコン」と揶揄するように使うことも多いようですね。

マザコンになってしまう原因

では、どうしてマザコンになってしまうのでしょうか?

原因は一つではないようです。

その理由として多いものを調べてみました。

1. 母親が過保護だった

一番多いのが母親が過保護だったということでしょうね。

子どもがかわいいのはわかりますが、自分が不安なことをすべて子どもに転化しているかのように育ててしまったのです。

自分の体の中から生まれてきたのは紛れもない事実ですが、子どもは親とは別な人格を持った存在だということが理解できていません。

この世の不安や悪から守らないといけないとばかりに、過保護に過保護に育ててきてしまった挙句マザコンになってしまうことが多いのです。

2. 母親が教育熱心

母親が教育熱心すぎるのもマザコンになってしまう要因です。

勉強ができることは確かに素晴らしいことですが、勉強ができるということ、よい成績を取ると母親が喜ぶということで子どもは母親を喜ばしたいため一生懸命がんばります。

母親の期待にこたえることが自分の幸せのように育ってしまうのです。

でも子どもの本心は、遊びたい、走り回りたいということですよね。

そんな子ども本来の欲求はどこかへ葬り去られて、母親のいいなりの良い子が育って行きますが、その反動が大人になって出て来ることも多いものです。

抑圧されたものは必ずどこかで外へと出て来るものだということを、お母さん方もよく知っておいた方がいいですね。

マザコン、と人に揶揄される程度のマザコン度なら被害が少なかったと喜ぶべきかもしれません。

3. 父親の存在感が薄かった

子どもをマザコンにしてしまう母親、その家庭は父親の存在が薄かったという場合が多いようです。

子どもは母親からその女性性を、父親や目上の男性からは男性性を学習して育って行きます。

成長にはモデルが必要といえます。

家庭に父親の存在感が薄い場合、学習モデルとしての父親の力が弱いといえますが、母親の夫である存在が不在ということで母親がどうしても不満を心のうちに溜めこんでいるということも多くなります。

家庭に温かさがなくなっています。

その結果母親は子供が命ということになりかねません。

不満を子どもをかわいがることで解消しようとするのです。

それが男の子であったなら、息子であり夫の代わりとしての男性という目で見てしまうことも考えられます。

マザコンが理由で起こる問題

では、マザコンが理由で起こる問題はどういうものがあるのでしょうか?

1. 彼女が出来ない

年頃になっても彼女が出来ないということが考えられます。

自分を理解してくれるのはこの世で母親だけだと思っているかもしれません。

そうでなくても、すぐに母親と女性を比較してしまい、女性の欠点が目についてしまうかもしれません。

母親にあまりにも過保護に育てられてしまったため、女性へアタックする勇気がないということも多いようです。

そしてもし好きな人が出来て上手くいったら母親を悲しませてしまうだろうと思ってしまうのです。

母親の方も子離れできていないのをマザコンの息子は十分理解しています。

今の母と自分との関係を壊す勇気も持ち合わせていないということですね。

2. 嫁姑問題が起こり離婚

運よく恋愛、お見合いにしろ結婚できたマザコン男性には最大の難所である、嫁姑問題が待ち構えています。

たとえ表面には出していないとしても、嫁に息子を取られたマザコン男性を育てた母の悲しみは大変なものです。

心の中では嫁のいたらないことが目につきイライラしているかもしれません。

私の知り合いにマザコン男性と結婚して離婚した女性がいました。

別居していたのですが、しょっちゅう電話をかけてきては息子の様子をそれとなく聞いてきたそうです。

美味しいものを作ったと言っては持ってきてくれるのはありがたいと思わなければいけないでしょうが、息子が留守にしがちだと言っては「あなたがもっと家にいるようにいわないといけない」と言って嫁を責めたと言います。

不在がちな夫とうらはらに義母がしょっちゅう家にやってくるようになり、夫も気遣ってくれる様子がなかったということで不信感を募らせすったもんだの末離婚しました。

夫も義母も世間体を気にして、離婚はぜったいにさせないと頑張っていたそうですが、結果、しぶしぶ離婚届に判を押したようです。

「母親思い」との違いは?

マザコンは母親思いとは違います。

どういった違いがあるのでしょうか?

母を想い、心配したり、いたわることをマザコンと言われてしまっては悲しいですよね。

一番の違いは、自立できているかどうかということです。

なんでも母親の言う通り、母親に決めてもらわないと何も決められないなど、依存度が高い男性は、どんなに母親を大切にしているように見えてもマザコンの可能性が高いです。

そんな男性は自分の母親にだけはいい顔をして、良好な関係を築けますが、妻や妻の家族を大切にはできません。

母親のように自分を子供のように甘やかしてくれず、何かと頼りにしてくる存在は疎ましくなってくることでしょう。

一方、母親思いの男性は自分と母親の存在は別なものときちんと認識したうえで、生んで育ててくれた母を思い、感謝の気持ちを持って優しく接しているのです。

自分のことは自分で決められ、弱いものを守る強さも持ち合わせています。

結果として、妻や妻の家族への優しさも発揮してくれることでしょう。

マザコンではない「母思い」の人は、他の人へも愛情を示すことができるのです。

1. 依存しているかどうか

自立をしているかどうかはどうしてわかるのでしょうか?

表面上は自立をしているように見えても、実のところ自立していない人もいます。

そもそも自立というのはどういう状態なのでしょうか?

わかりやすいところでは1人で生活しているということなのかもしれませんが、それなら結婚していて妻や子までいるのにマザコン状態というのは少しおかしな気がしますよね。

1人で暮らしているか、母親と一緒にくらしているかはあまり関係がないようです。

もちろんいい年をして親のすねをかじってばかりというのはおかしくはありますが。

マザコンの精神状態においては依存しているかどうかが大きなポイントになります。

母親に依存しているというのはどういう状態かというと、人に頼らないと生きていけない状態の人といえます。

自分では何も決められないことだけではなく、自分がなにを欲しているのか、どうしたいのかなど自分の感情までもがわからないという人もいます。

すべてを母親に面倒を見てきてもらったのですから、そういった感情を自分自身で確認して行動行動するという術を知りません。

母親に世話を焼いてもらっていることで幸福感を感じた幼いころが忘れられないのでしょうか。

とにかく人に世話を焼いてもらっていると気持ちが落ち着くのです。

愛されていることイコール世話を焼いてもらうことという図式が、マザコンの人のなかには出来上がっていてそこから逃れることができません。

母親にとってもいつまでもかわいい子どものままでいてほしいという欲求があり、子離れ親離れの不安に耐えられなくて、過保護や過干渉を続けてしまいます。

母親思いの場合は、しっかりと自立していますから、どんなに母親と仲が良く、一緒にいる時間が長く、いたわりの言動が多くても、依存しているということはありません。

どんなに重要な決定も自分で行うことができ、母親がいなくても1人でもしっかりと生きて行くことができるのです。

幼いころは母親に頼っていたとしても成長するにつけ親離れができ、年老いた母親をいたわることができます。

それはその母親がちゃんと子離れできていたことにほかなりません。

2. コントロールされているかどうか

子どものほうから見た場合、母親にコントロールされているかどうかが判断基準になります。

何かを決定する場面では、自分の意見を通しているかのように見えても実は母親の好みや、母親の希望に無意識に沿った決断をしている場合があります。

そうすることが子どもの頃からあたりまえだったからです。

そして、母親の期待にこたえることこそが、マザコン男性の喜びになってしまっているからです。

コントロールされているか、コントロールしているかは当事者にとっては認めたくない事実だと思いますが、周囲から見るとはっきりわかります。

母思いの場合は自分と母親が別な人格だということをハッキリ認識できていますから、意思決定の際も自分の判断基準で行う事ができます。

たとえ母親が悲しむ決断であっても自分の気持ちや状況を大切にすることができます。

それは決して親を悲しませて平気でいられるということではありません。

どんな人でも自分の親が悲しむのは辛いものです。

できればみんな平和に生きて行く道を模索したいのは当然です。

自分の生活や人生を自分で舵取りできるということです。

そして、その結果を自分の責任として受け入れることができるということです。

ある芸能人の話ですが、奥さんに靴下まで履かせてもらうと言っていました。

なにからなにまで奥さんに世話を焼いてもらわないと生活できないそうです。

そしてその奥さんがある日病気になってしまいました。

手術をして無事退院をしたのはいいのですが、そこからお互いよりいたわり合って夫婦関係を深めて行くべきなときにもかかわらず、その男性芸能人は若い女性をつくって、最終的には離婚となりました。

男性側の言い分として、奥さんを女性として見られなくなったということでした。

離婚を言い出したのは奥さん側のようです。

夫に女性として見られなくなり、女性を作り暴力まがいのこともあったそうです。

それでも夫側は離婚したくないと最初は言っていたそうです。

女性として見られなくなったから他に女性を作りたい、でも母親のように自分のそばにはいてほしいというのが本音のようです。

マザコンは恋人や妻をまるで母親のように見てしまい、自分にとっては母親と同じような存在でいて欲しいと願うのです。