善行について深く考えたことはありますか?
 何となく善行というと、自分とはかけ離れた場所にあるものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。

あまり人間味がないという印象を持っている人もいるかもしれませんね。

善行というと積極採用なイメージもあり、日常生活の中ではあまり、積極的に選好を積もうと考えている人が少ないでしょう。

ですが、善行には良いこともあるのです。

善行を積むべき理由や、善行とはそもそも何なのか、偽善とは異なるものであるのかということについて見てみることにしましょう。

善行をするべき4個の理由

 善行をしても意味がないと思っている人も多いでしょう。

実際に、今の世の中では善行をしても何も返ってこないと思われているような風潮もあります。

ですが、善行をする方が良い理由があります。

善行をするべきような4個の理由を以下に挙げました。

1、感謝されなくても良い気分になる


 善行というのは、そもそも相手に見返りを求めないようなものです。

そのため、感謝されない可能性もあります。

ですが、相手に対して良いことをしたという自分の気持ちは良くなるでしょう。

普段の生活の中では感じないような、気持ちの良さを感じることができるのは、善行を積むことの魅力的なポイントです。

感謝されないことがあっても、自分の気持ちがすっきりするのです。

2、善行をすると善い人物になる

 もちろん、評判を求めて善行を行うことは行けません。

それでは偽善となってしまいます。

ですが、善行を積むことで、周囲から良い人だとして見られることは間違いないでしょう。

そればかりを気にしていることは良くありませんが、それらが善行を積むことの魅力的なポイントであることには間違いないでしょう。

3、他人に優しくなれる

 善行を積むことを習慣にしていると、他人に優しくなれるという特徴があります。

常に他人のために働いているような状態なので、他人に優しくすることが習慣になってしまうのです。

これは、生きていく上ではとても良い習慣ですよね。

4、良い事をした見返りは必ず帰ってくる


 良いことをした見返りは必ず帰ってきます。

それを目的にすることは言語道断です。

ですが、それが善行を積むべき理由の一つにはなるでしょう。

「情けは人の為ならず」とよく言われますが、辛くなった時には、善行を積むとすれば理由があるのだということを思い出してみても良いかもしれません。

どんなことが善行なのか

 そもそもどんなことが善行として挙げられるのでしょうか。

いきなり善行と言われても、何となく積極再イメージがあるだけで、どんなことが善行なのか分かっていない人も多いでしょう。

ここでは、そもそもどんなことを善行と呼ぶのかということについてご紹介します。

他人が幸せになる様なことをする

 善行としては、他人が幸せになるようなことをするのが一番です。

他人が幸せになるというのは、自分を幸せにするよりも難しいことです。

人間は自己中心的な生き物ですから、他人のために生きるのは難しいのです。

それを行うのが善行です。

人が笑顔になれるように、相手に親切なことをしてあげるのが善行の一番大切なポイントなのです。

祖先(親も)を大切にする

 善行を積むときには、祖先を大切にするというようなイメージを持って行いましょう。

元々は仏教的な考え方ですから、自分と繋がる親や祖先を大切にすることも大切なのです。

普段親にあまり感謝していないような人は、まずは感謝するようなことから始めてみてはどうでしょうか。

善行は全くの他人に対して行われなければいけないと考えている方もいるかもしれませんが、それは違います。

自分とつながっている大切な親や祖先を大事にするというのも、十分な善行なのです。

全くの他人に対しての善行が難しいという方は、祖先を大切にするということを最初に行ってみてはどうでしょうか。

ボランティア活動

 人助けの大きなものとしてはボランティア活動でしょう。

無償の愛と呼ばれるものがボランティア活動ですよね。

何かを帰ってくることを求めずに自分の労力を差し出すというのは、まさに善行の考え方にぴったりです。

一度、ボランティア活動に携わって、善行がどのようなものであるのかを体験してみると良いのではないでしょうか。

ボランティア精神というのは国によっても少し違うかもしれませんが、善行というものと考え方が似ていることは確かです。

嫌みにならないお節介

 嫌味にならないお節介も前項の一つになりますね。

自分には大きなことからはできないと思う方は、嫌味にならない程度のお節介を焼いてあげるのが簡単で良いでしょう。

最も、お節介というのは適度にするのが難しいものなので、嫌味になってしまう可能性があります。

加減に気を付けて相手の世話を焼いてあげると良いはずです。

善行をする際に覚えておくこと

 善行はすれば良いというものではありません。

もちろん、何の下心もなく善行を行うことができれば良いですが、善行を積みなれていない人は、最初の内は無心で善行を積むことができないのです。

善行を積もうとすることで傷ついてしまうこともあるでしょう。

善行を積むときに覚えておかなければいけないことを下にまとめました。

初めて、善行を意識するという人は、ぜひ下記のことを覚えておいてください。

善行をしても嫌な結果で帰ってくる時もある

 善行をする場合に覚えておかなければいけないのは、善行をしても嫌な結果で帰ってくることもあるということです。

善行を施したからと言って、必ずしも感謝されるわけではありませんし、嫌な思いをさせられることもあるかもしれません。

相手が思ったように受け取ってくれない可能性もあるのです。

それが善行の特徴です。

偽善でないか試されている

 相手にしたことに対して、必ず良いことであると考えてしまううちは、それがまだ偽善であるということでしょう。

無意識のうちに「私はこれだけ良いことをしているのだから、良い結果になって帰ってくるはずだ」と思ってしまうのです。

善行はそこまで甘いものではありません。

偽善ではなく善行をするためには、嫌な結果になって帰ってくるということをきちんと覚えておかなければいけません。

そして、嫌な結果になったことに対して憤りを覚えないことです。

憎しみを覚えると2倍になって返ってくる

 嫌な結果になって返ってきてしまったからと言って、憎しみを覚えてはいけません。

感じてしまった憎しみは、いつか二倍になって返ってきてしまいます。

善行を積もうとするような場合には、憎しみから解き放たれた広い心の状態で行うようにしましょう。

最初の内はそれが難しいかもしれませんが、それを心がけていることで、いつかできるようになるのではないでしょうか。

許しながら善行を行う

 相手のことを許しながら善行を行うというのも大切です。

許しというのは広い心がなければできないことです。

善行を積もうとする場合には、そうした広い心で相手のことを許すようにしてください。

どうしても憎しみを抱いてしまうようなときには、相手のことを許しているのだと思い、憎しみを打ち消すようにして見てくださいね。

善行したことってありますか?

 善行を積むことが良いことだというイメージを持っていても、実際に善行を積むようなことをしたことがある人は少ないものです。

それでは、しようと思っているのに、どうしてできないのでしょうか。

善行をしたことがある人が少ないのはなぜなのでしょうか。

そもそも興味がない人が多いのでしょうか。

しなきゃと思っても出来ない人は多いはず

 善行というと良いイメージがありますし、善行を積むべきだという道徳的な授業を聞いたことがある人もいるでしょう。

そのために、しなければと思っている人も少なくないはずです。

ですが、実際に善行をしようと思っている人が多かったとしても、それを実行できる人は少なくありません。

心のどこかで、善行を積むことが良いことだということを知っていながらも、それをできる人は少ないのです。

知っているだけで、実際にできないとの方が多いのです。

興味がないわけではないのです。

しなきゃと思ってもできない人が多いのです。

その理由には、善行がそもそもどのような行いであるのかを考えると分かるでしょう。

善行ってどういう行い?

 基本に立ち返ってみましょう。

善行とはどのような意味合いがあって行われるものなのでしょうか。

善行の意味が分からなければ、自分行っているものが本当に善行であるのかということが判断できないですよね。

そもそも善行とはどのような意味のものであるのかをまとめました。

お礼や見返りを求めない行為や行動

 善行というのは、相手に対してのお礼や見返りを求めない行為や行動のことを指します。

お礼の言葉さえも求めないというのが難しいところだと言えるでしょう。

見返りを求めるのが良い行動であるとはもちろん、言えません。

ですが、お礼の言葉さえも求めないというと、なかなかできていない人も多いのではないでしょうか。

誰でも、お礼の言葉を求めないというのは難しいもので、自然と相手から「ありがとう」と言われることを前提に動いてしまっていることがほとんどなのです。

何も求めずに与えるだけというのは、精神的な余裕がなければできない側面もあるかもしれませんね。

そのために、善行を施すのはそう簡単なことではないというイメージを持っている人も多いのでしょう。

偽善とどう違うの?

 善行と良く勘違いされるのが、偽善です。

偽善と善行は全く正反対のものに思えますが、実はこれらはとても似通っています。

善行を積んでいたはずなのに、それがいつの間にか偽善になってしまっているということも珍しくありません。

偽善は見返りを求める行為

 善行と偽善の大きな違いは、偽善が見返りを求める行為であるということです。

偽善は、「相手のためを思っている」というような顔をしながら、相手のためではなく自分のために行動することです。

見返りを要求するので、相手にとっては良いことをされたという気持ちにはならないでしょう。

結局は自分がしてほしいことを要求するための好意が「善行」であるはずがありません。

善行に対して嫌なイメージを持っている人は、無意識に偽善と善行を混ぜて考えてしまっているのではないでしょうか。

確かに、とても似通った行動をするのが偽善と善行です。

善行は何も求めず与えるだけ

 善行は偽善とは違って、何も求めることがありません。

確かに、幸せのことは思っていますが、相手から代わりに何かをしてもらおうとは思っていません。

相手から何かをしてもらおうと思ってする行為は、偽善に区別されてしまいます。

そのため、最初は善行だったはずが、いつの間にか見返りを求める偽善になってしまうということはあります。

また、それとは反対に、最初は偽善だったものが前項になるということもあるでしょう。

善行は仏教の教えにも出てくる

 善行というと宗教的なイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

説教くさいというイメージは、学校で教わる道徳に近いというだけではなく、宗教的な説教に近いからというところから作られているのでしょう。

実際に善行は仏教の教えにも出てきますから、部吉凶と無関係というわけではありません。

仏教においては、善行をすると幸せになると言われています。

つまり、誰かのために行うものではなく、自分の幸せのために行うということですね。

そのために、人々に善行を積むように門徒に勧めているのです。

宗教的な意味で使われるというイメージを持っている方は、そういった仏教の説教で聞いたことがあるからかもしれませんね。

自分から挨拶をするなど小さな善を積み重ねていきましょう

 いかがでしたか?
 善行を積むというのはそう簡単にできるものではないと考えている方もいるかもしれません。

大変な努力をしなければいけないというイメージを持っている人も少なくないでしょう。

ですが、善行というのはそう難しいものではありません。

善行を積むためには、まずはz分から挨拶をしてみるなど小さなことからで良いのです。

善行を積もうとして大きなことを行う必要はありません。

自分にできることから進めて行けば、いつか人に感謝されるようなこともできるようになるのではないでしょうか。