CoCoSiA(ココシア)

善行をするべき4個の理由


 善行について深く考えたことはありますか?
 何となく善行というと、自分とはかけ離れた場所にあるものだというイメージを持っている人もいるかもしれません。

あまり人間味がないという印象を持っている人もいるかもしれませんね。

善行というと積極採用なイメージもあり、日常生活の中ではあまり、積極的に選好を積もうと考えている人が少ないでしょう。

ですが、善行には良いこともあるのです。

善行を積むべき理由や、善行とはそもそも何なのか、偽善とは異なるものであるのかということについて見てみることにしましょう。

善行をするべき4個の理由

 善行をしても意味がないと思っている人も多いでしょう。

実際に、今の世の中では善行をしても何も返ってこないと思われているような風潮もあります。

ですが、善行をする方が良い理由があります。

善行をするべきような4個の理由を以下に挙げました。

1、感謝されなくても良い気分になる


 善行というのは、そもそも相手に見返りを求めないようなものです。

そのため、感謝されない可能性もあります。

ですが、相手に対して良いことをしたという自分の気持ちは良くなるでしょう。

普段の生活の中では感じないような、気持ちの良さを感じることができるのは、善行を積むことの魅力的なポイントです。

感謝されないことがあっても、自分の気持ちがすっきりするのです。

2、善行をすると善い人物になる

 もちろん、評判を求めて善行を行うことは行けません。

それでは偽善となってしまいます。

ですが、善行を積むことで、周囲から良い人だとして見られることは間違いないでしょう。

そればかりを気にしていることは良くありませんが、それらが善行を積むことの魅力的なポイントであることには間違いないでしょう。

3、他人に優しくなれる

 善行を積むことを習慣にしていると、他人に優しくなれるという特徴があります。

常に他人のために働いているような状態なので、他人に優しくすることが習慣になってしまうのです。

これは、生きていく上ではとても良い習慣ですよね。

4、良い事をした見返りは必ず帰ってくる


 良いことをした見返りは必ず帰ってきます。

それを目的にすることは言語道断です。

ですが、それが善行を積むべき理由の一つにはなるでしょう。

「情けは人の為ならず」とよく言われますが、辛くなった時には、善行を積むとすれば理由があるのだということを思い出してみても良いかもしれません。

どんなことが善行なのか

 そもそもどんなことが善行として挙げられるのでしょうか。

いきなり善行と言われても、何となく積極再イメージがあるだけで、どんなことが善行なのか分かっていない人も多いでしょう。

ここでは、そもそもどんなことを善行と呼ぶのかということについてご紹介します。

他人が幸せになる様なことをする

 善行としては、他人が幸せになるようなことをするのが一番です。

他人が幸せになるというのは、自分を幸せにするよりも難しいことです。

人間は自己中心的な生き物ですから、他人のために生きるのは難しいのです。

それを行うのが善行です。

人が笑顔になれるように、相手に親切なことをしてあげるのが善行の一番大切なポイントなのです。

祖先(親も)を大切にする

 善行を積むときには、祖先を大切にするというようなイメージを持って行いましょう。

元々は仏教的な考え方ですから、自分と繋がる親や祖先を大切にすることも大切なのです。

普段親にあまり感謝していないような人は、まずは感謝するようなことから始めてみてはどうでしょうか。

善行は全くの他人に対して行われなければいけないと考えている方もいるかもしれませんが、それは違います。

自分とつながっている大切な親や祖先を大事にするというのも、十分な善行なのです。

全くの他人に対しての善行が難しいという方は、祖先を大切にするということを最初に行ってみてはどうでしょうか。

ボランティア活動

 人助けの大きなものとしてはボランティア活動でしょう。