CoCoSiA(ココシア)

神隠しって本当にあるの?昔から伝わる話を優しめに伝えます!


人間が生きる上で、防ぎようがないのが様々な事件が起きてしまう事です。

事件を起こしてしまっている人は軽い気持ちからかもしれませんが、社会全体で見るとものすごく凶悪な事件なども数多く存在する一方で比較的軽度の事件などもあります。

例えば、万引きなんかは比較的軽度の犯罪ですが、殺人となるとどうしても悪質であり、殺害するという事はどんな理由があっても行ってはいけない事です。

必ず事件に関しては被害者と加害者が存在しており、加害者は本当に行っているのであればしかるべき罰をうけるべきです。

しかし、世の中に存在している事件の中にはすべてに加害者が存在しているわけではないかもしれません。

例えば、あなたは神隠しという言葉を聞いた事がありますか?
神隠しによっていなくなってしまったと言われている人達や事件が存在しています。

神隠しによっていなくなってしまったのだとしたら、それは加害者はおらず神様が行っている事だと認識する事が出来ますが、にわかには信じられないのも事実です。

さて、今回は神隠しをテーマにして昔から伝わる神隠しをやんわりと柔らかくお話ししていきたいと思います。

不思議な事件ってなんとなく興味をひくものものがありますよね。

不思議な事が好きな方には必見の内容となっています。

神隠しは本当にあるのか

神隠しが本当にあるのかと聞かれると自信を持ってはいと答えることはなかなか出来ませんよね。

事実神隠しと言われているケースに関してはどこに行ったのか分からなくなってしまうということで事件が解決しないからこそ神隠しと言われているのであって、結局わからないと言う事実で終わってしまうから神隠しになってしまっています。

ある意味神隠しという言葉で片付けられてしまっているという風に考えることもできます。

しかしながら基本的には何かしらの事件に巻き込まれた場合なれば証拠が残っているはずですし事件に巻き込まれずに単純にいなくなってしまったとしても、今の状況から逃げるために行動しているのであれば生きながらえている可能性もあり、どこかでひっそりと生活をしていると考えることもできます。

しかしながら大切に育てていたからこそ捜索願なども出されるのであって、捜索願を出されても判明が分からないというケースを考えるとその人が置かれていた状況から逃げるために行動したと考えるのも、捜索願いが出されるほど思いやられていた状況を考えると、あまり納得がいきませんよね。

単純にどこかで亡くなってしまったという風に考えたとしてもその現場の近くであったり付近に遺体が見つかったりそれらしき骨が見つかったりしていないと考えると別の可能性を考えられる可能性も出てくるなど、やはり捜査のプロがつまづいてしまうほどの難易度を持っている事件であるとはいえます。

しかしながらなかなかオカルト的な話でもあり、神隠しが本当に存在するというのはどこか信じられない部分が人間であれば持っていると思います。

神隠しとは具体的になにか


信じている人もいればあまり深くは信じていない人もいる神隠しですが、神隠し自体がどういう意味合いを持っているのかわからない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に神隠しの意味があったり使い方などについてご紹介していきます。

意味

まず神隠しの意味合いについて一般的に広く用いられている言葉の意味としては人間がある日突然に姿を消してしまうという現象のことを表しています。

例えば神域である山や森などに関して人が突然行方不明になってしまったり、町や里から何の前触れもなく人間がいなくなって失踪してしまうことを、誰かが行ったわけでもなく何らかの理由によっていなくなったと捉えることによって神の神話であるという結論に達した故の概念です。

ちなみに別名としては天狗隠しと呼ばれています。

基本的に突然人がいなくなると言うこと自体は考えられないことです。

神隠しという言葉が用いられる背景として山や森などで人が突然行方不明になってしまうということを意味しているので、おそらく可能性としては山や森などで道がわからなくなってしまって迷ってしまった挙句に餓死してしまったりとか、一目につかない場所でなくなってしまったというケース自体はかなり高いといえそうです。

使い方

神隠しの使い方についてですがそこまで難しく捉える必要はありません。

例えば自分の子供がいなくなった場合に関しては私の子供が神隠しにあった、という風に使うことができます。

神隠しという言葉自体、近年ではあまり使われなくなった言葉ですし、 なかなか普段耳にするような演技の良い言葉でもないので、使う機会もかなり少ないと言えます。

語源


神隠しの語源について簡単にご紹介していきます。

神隠しの神と呼ばれる部分に関しては、古くから伝えられている古神道の神だけではなく、天狗などに代表されるような山の神や鬼、キツネなども含まれておりいわゆる妖怪の類なども関わっているとされています。

子供が神隠しに行ってしまうケースが多いということも関係しており子供を亡くした雨女の妖怪の仕業であるともいわれたりしています。

ちなみに地方によっては読み方などが変わっており沖縄県なのでは神隠しを物隠しと呼んだりする場合も存在しています。

ちなみに沖縄県に関しては物隠しにあった人に関しては自分の櫛を持って帰ろうと戻ってくると言われておりそして再び出て行ってしまうとされています。

なので一度もの隠しにあった人が自分の口を持って帰ろうと家に帰ってくるので必ずそのもの隠しにあった人の口を隠してとられないようにすることが大切であると言われています。

しかしながらそれでも知っている部屋の中から知らない間に櫛が取られてしまうということもあると言われており、理由としては神を祀るものに関しては櫛を必要としていると昔から言われておりもの隠しにあったものについてはそういった理由から櫛を取りに戻ると言われています。

行方不明の数

神隠しと言う言葉は結局のところが行方不明という状況と同じ意味合いだと認識することができます。

どこへ行ったかわからなくなり消息がつかないという状況を何らかの言葉で意味しようと考えた時に神隠しと言う言葉が適切であったと考えるのが自然な例ですよね。

では実際に行方不明として処理されている件数はどれくらいあるのか気になりませんか?
正確な数字ではないかもしれませんが警察が発表している日本の行方不明者に貸した毎年8万人を超えていると言われています。

毎年8万人を超えた行方不明者がいると考えるととても怖いことですよね。

8万人という数字を1年間では生きると219人という数字に近くなるので、1日に換算すると1日219人の人が行方不明になっているという計算になります。

そう考えてみるととてつもなく怖い状況だと考えられますよね。

特に日本に関しては島国なので、隣接している国がないという状況もあるので他の国に行ったということもなかなか可能性としては低いでしょうし、島などにに移り住んだとしても家族に報告もせずに行くと言う事は考えにくいですよね。