CoCoSiA(ココシア)

口下手を克服するための15個の方法

あなたは話すことが不得意で、思うことをうまく人に言えなくて悩んでませんか?

これは、いわゆる『口下手』ですね。

しかし、口下手の悩みは、病気ではないのでお薬で治すことができません。

口下手を克服するには、あなたの精神的な問題と行動を見直していきましょう。

そして、口下手を克服して自信に満ち溢れたあなたになってください!

言いたいことはあるのに言葉が出ない…

家族でいる時は言いたいことを言えるのに、外にでた途端に「だんまり」になってしまいます。

外にでると、言いたいことが言葉にできなくなってしまう原因は人見知りに隠れてます。

初対面の人や好きな人の前にでてしまうと、恥ずかしくて言葉が出なくなりますよね。

そんな時は勘違いされないように、表情に感情をだすようにすると良いでしょう!

だんまりの無表情だと、相手には何も伝わらないので気を付けましょうね。

多くの人が口下手に悩んでいる

自分だけが口下手ではないかと自信をなくしては、余計に口下手になってしまいます。

わたしも口下手です。

物心ついた頃から人見知りからくる口下手がひどく、心を許して話せる友人はわずかです。

普段は口下手ですが、頭では色んな事を考えているので手紙を書いたりブログを書くことは得意です。

口下手を克服するには接客業につくことが一番だと思っています。

話さなくてはいけない状況から、話のスキルが自然と身につくからです。

日本人は相手の事を過剰に気にしたり、相手の反応を見たりする兆候があるので、口下手な人は多いと思います。

周りを考えずに余計なことをペラペラ喋るより、口下手のほうが嘘もなく誠実ではないでしょうか。

リラックスして話したいのに緊張する

リラックスして話したいのに緊張しないようにする為にも、口下手を前向きに捉える努力をしましょう。

そうしないと、緊張感から声が小さくなったり吃って聞き取れない話し方になってしまいます。

うまく話せない時は、メールを使って気持ちを伝えたりと他の手段を取るようにするです!

沈黙も怖い

口下手がコンプレックスになると、友達と話してるときにある沈黙すら怖くなりますよね。

沈黙になった時に無理に話そうとしてはいけません。

沈黙の余韻にも耐えれるように、自信をつけましょう。

伝えたいのに伝えられない

口下手の人は、話したいことを頭の中で整理ができてないことが多いです。

それなのに、話してしまうので、内容が支離滅裂になり相手に伝わらないのです。

このような場合は、伝えたい要点を頭の中でひとつにまとめてみましょう。

伝えたいことをひとつ、先にもってくるだけで相手に聞く姿勢ができ話しやすくなります。

要点を先に持ってきたことで、あなたも話しやすくなり、リラックスして会話ができるようになるでしょう!

口下手を克服するための15個の方法

口下手を克服するには早ければ早いほど、楽な話し方が身につくでしょう。

自分の言いたいことが相手に伝われば、もっとおしゃべりが上達します。

そのためには口下手を克服して、上手な話し方をする人になりましょうね!

これから、口下手を克服するための15個の方法を教えていきますので、参考にしてみてください。

1、話しやすい人と話し、慣れる

普段から話しやすい人はいますか?

緊張感せず話せる人とうまく会話のキャッチボールをすることで、話すことに慣れてきます。

話すこと自体に慣れることで、会話に自信がつきます。

会話を楽しんでみる

会話に自信がつくことで、口下手の不安が少しづつ解消されることでしょう。

あなたは、うっかり不適切なことを話したりしてしまわないか慎重な気持ちからくる口下手なのです。

それだけ、慎重に人と接しようとしてるのです。

ですので、相手にフォローしてもらえるよう先に口下手だという事を話しておきましょうね。