あなたは話すことが不得意で、思うことをうまく人に言えなくて悩んでませんか?

これは、いわゆる『口下手』ですね。

しかし、口下手の悩みは、病気ではないのでお薬で治すことができません。

口下手を克服するには、あなたの精神的な問題と行動を見直していきましょう。

そして、口下手を克服して自信に満ち溢れたあなたになってください!

言いたいことはあるのに言葉が出ない…

家族でいる時は言いたいことを言えるのに、外にでた途端に「だんまり」になってしまいます。

外にでると、言いたいことが言葉にできなくなってしまう原因は人見知りに隠れてます。

初対面の人や好きな人の前にでてしまうと、恥ずかしくて言葉が出なくなりますよね。

そんな時は勘違いされないように、表情に感情をだすようにすると良いでしょう!

だんまりの無表情だと、相手には何も伝わらないので気を付けましょうね。

多くの人が口下手に悩んでいる

自分だけが口下手ではないかと自信をなくしては、余計に口下手になってしまいます。

わたしも口下手です。

物心ついた頃から人見知りからくる口下手がひどく、心を許して話せる友人はわずかです。

普段は口下手ですが、頭では色んな事を考えているので手紙を書いたりブログを書くことは得意です。

口下手を克服するには接客業につくことが一番だと思っています。

話さなくてはいけない状況から、話のスキルが自然と身につくからです。

日本人は相手の事を過剰に気にしたり、相手の反応を見たりする兆候があるので、口下手な人は多いと思います。

周りを考えずに余計なことをペラペラ喋るより、口下手のほうが嘘もなく誠実ではないでしょうか。

リラックスして話したいのに緊張する

リラックスして話したいのに緊張しないようにする為にも、口下手を前向きに捉える努力をしましょう。

そうしないと、緊張感から声が小さくなったり吃って聞き取れない話し方になってしまいます。

うまく話せない時は、メールを使って気持ちを伝えたりと他の手段を取るようにするです!

沈黙も怖い

口下手がコンプレックスになると、友達と話してるときにある沈黙すら怖くなりますよね。

沈黙になった時に無理に話そうとしてはいけません。

沈黙の余韻にも耐えれるように、自信をつけましょう。

伝えたいのに伝えられない

口下手の人は、話したいことを頭の中で整理ができてないことが多いです。

それなのに、話してしまうので、内容が支離滅裂になり相手に伝わらないのです。

このような場合は、伝えたい要点を頭の中でひとつにまとめてみましょう。

伝えたいことをひとつ、先にもってくるだけで相手に聞く姿勢ができ話しやすくなります。

要点を先に持ってきたことで、あなたも話しやすくなり、リラックスして会話ができるようになるでしょう!

口下手を克服するための15個の方法

口下手を克服するには早ければ早いほど、楽な話し方が身につくでしょう。

自分の言いたいことが相手に伝われば、もっとおしゃべりが上達します。

そのためには口下手を克服して、上手な話し方をする人になりましょうね!

これから、口下手を克服するための15個の方法を教えていきますので、参考にしてみてください。

1、話しやすい人と話し、慣れる

普段から話しやすい人はいますか?

緊張感せず話せる人とうまく会話のキャッチボールをすることで、話すことに慣れてきます。

話すこと自体に慣れることで、会話に自信がつきます。

会話を楽しんでみる

会話に自信がつくことで、口下手の不安が少しづつ解消されることでしょう。

あなたは、うっかり不適切なことを話したりしてしまわないか慎重な気持ちからくる口下手なのです。

それだけ、慎重に人と接しようとしてるのです。

ですので、相手にフォローしてもらえるよう先に口下手だという事を話しておきましょうね。

そうすることで、もっと楽しい会話ができると思われます。

2、相槌上手になる


口下手な人は「聞き上手」です。

相槌こそ、話したい相手のこころを掴みます。

相槌をすることで、相手の話に同調してて聞いてるよのサインを出せるわけですから。

また聞き上手だと相手は嫌な気持ちになりませんので、あなたの印象も上がります。

話を聞きながら考える

誰でもすぐに相手の話を聞いてすぐ返答できるほど器用じゃありません。

相槌を打ちながら、なんて返そうかとゆっくり考えればいいのです。

また聞き上手でいることで、相手から話しも振られることでしょう。

自分から無理に話題を振ることもないので、振られたことに対しての受け答えを丁寧にできます。

話し手より聞き手に回ることから始めてみましょうね。

3、質問上手になる

話すことが苦手であるなら、聞き手に回りに、さらに質問上手になると、相手を飽きさせません。

特に女性は自分の話を聞いてくれて、同調されて、さらに話を引き出してくれると喜ばれるでしょう。

その話を引き出す為には、質問が大切になってきます。

相槌を打ちながら、「それでどうなったの?」とか、「それはどれくらい?」というように、経過状況や数字上を聞くと、話が盛り上がりやすいでしょう。

また男性が相手の場合、相槌はもちろんですが適度なリアクションも喜ばれるでしょう。

相槌を打ちながら、「本当ですか?」や「すごいですね!」といったような要領です。

相槌からの質問やリアクションをすることで、ステップアップしてみてくださいね。

話を腰を折らない様にする

口下手ならではの、自分の言葉が相手にどのような影響を与えるか分からずに発言してしまい傷つけてしまうことがあります。

相手が夢中で話してる最中に、「それは違うよ」と、否定してしまわないようにしましょう。

相手はあなたに話を聞いてほしいのです。

話が終わってないのに、質問されたりしてしまったら不快ですよね。

楽しく話してる相手の話の腰を折らないようにしましょう!

4、話し相手に共感する


相手の話に共感することで、さらに話が盛り上がり相手にも安心感を与えます。

口下手を克服して、楽しい会話をするためには、「そうだよね〜」「私もそう思ってたよ〜」と、共感したことに対して、素直に同調しましょう。

そこで無理に自分の意見を変える必要はありません。

ですが、相手の意見に対して少なからず気持ちを理解できる点は見つけられると思います。

話し相手に同調することで、あなたのイメージもよくなります。

自然と楽しい会話になりますよ。

自分の意見も付け加えられれば◎

そして共感する際に、さらに自分の意見を付け加えると効果的です。

「へー」や「ふーん」や「ほー」で流さないようにしましょう。

そして、相手の話を聞きながら、「自分でもこうする」や「わたしもそう思う」等と、共感の言葉を伝えるようにしましょう。

相手の話に共感しているうちに、口下手はだんだんと解消されます!

5、口下手を個性と受け止める

口下手な人は、人に気持ちを伝えようと試行錯誤する分もどかしさを感じてしまうかとしれませんが、伝えようと努力をとてもする人です。

世の中には、何も考えずにペラペラと話す人やお話上手で話しやすい人もいます。

口下手は、上手な言い回しができなくて口ごもったり支離滅裂になってしまう為、変わった人だと思われてしまうかもしれません。

ですが、その嘘のない話し方が本当の自分あり、個性だと思って受け止めてくださいね。

口下手なのをマイナスだと考えない

口下手な人こそ、話の中身を吟味しながら話してくれるので、口先で誤魔化してどうにかしようというズルさがありません。

口下手はマイナスどころか、信用できる人です。

あなたにとって口下手は悩みかと思います。

でも、周りからしてみたら、誠実に聞いてくれるあなたにもっと相談したくなると思われます。

自分の口下手を受け入れることで、もっと前向きに考えて行動していきましょう!

6、自分の意見を話せなくても気にしない

口下手だと相手の話を聞くほうが多くて、自分の意見を言えなくて落ち込んだりしますよね。

実は私も口下手ですが、公の場でよく自分の思ったことを周りに発表できなくて慌てたりしてました。

焦りから変なことを言って周りの引かれるよりは気にしない気持ちでいることのほうが、いつもの自分でいれることに気づきました。

自分を主張するより、相手の話に適度に合いの手をいれるくらいが丁度良いのではないでしょうか。

どんなことでも良いから何か言う

口下手でも、社会にいると筆頭に立って発言しないといけない時があります。

そんな、ど緊張する時には前もって話すことをメモにまとめておきましょう。

それを見るだけで、話したかったことを思い出しますし、うまく言葉にもしやすいかと思います。

また初対面でお話しをしなければいけない時は、天気や周りの雰囲気など、どんなことでもいいので言ってみましょう。

必ず相手はそれに対して返してくれますので、口下手でも最初の一言は気さくに話しかけてみる事ですね!

7、成功体験を積み重ねる

口下手は勇気をだして相手に話そうと思うかどうかで暗雲が決まります。

もしかしたら相手も口下手で勇気を出して話してくれているかもしれません。

口下手からうまく話せずに、失敗することもあると思います。

失敗もあれば、相槌や共感や質問をすることで話が弾み、会話を成功することもあります。

おのずと自信が付く

あなたは口下手な分、人一倍に相手を不快にさせないよう考えれる心をもっています。

あなたのような誠実な存在は、いつか周りにも伝わり頼りにされるようになります。

「相談に乗ってくれてありがとう」と言われるように、成功体験を積み重ねていきましょう。

だんだんと歳と共に自信がつき、口下手を克服できて、さらに人格に磨きがかかることに期待してます!

8、話すネタをあらかじめ用意しておく


話すと言うと、多くの人はあまり深く考えず、その場その場で臨機応変に話をするということが多いように思いますね。

ですが話が苦手ということであれば、あらかじめ話のネタを用意しておく必要があります。

その時に、その話を聞いて不快になる人がいないかどうかということも併せてチェックしておくことが大切です。

嬉しかったこと、面白かったことなど書き留めておく

基本的にポジティブな話にまとめると人には良い印象を与えることができます。

ですので嬉しかったことや面白かったことなどを、積極的に書き留めておくようにしましょう。

話が苦手ということであれば、書くことによってその記憶なども残りますし、話しやすくなること請け合いです。

イベント情報などのアンテナを常にはっておく

イベントや情報なども、話しの旬の話題になることです。

ですので、そのようなアンテナは常に貼っておくようにしましょう。

新聞を取っているのであれば、広告をチェックしてみるのもいいですし、インスタグラムなどのSNSを持っているのであれば、そこで何が流行っているのかを確認しておくのも良いでしょう。

9、返答の仕方を変える

返答の仕方についてですが」ついついワンパターンになりがちです。

ただあまりにもワンパターンだと、本当に話を聞いてくれているのかと思われてしまうところがあります。

ですので返答のパターンは色々と準備しておきましょう。

ただその時に気をつけるべき点として、相槌だけにならないように気を付けるべきです。

2文以上で返答する

でもどうしたらよいのかと言うと、基本的に2問以上の返答をするということが必要です。

例えば、「ふーん」だけではなく、「へー、すごいね。」というような感じで、2問以上の返答することによって、話を聞いてもらえてるような気がします。

それでさらに、「それで?それで?」話を促すようにすると、相手はより話すのが楽しくなってきます。

聞かれたことを同じく質問してみる

そして聞かれたことに関して、同じような質問してみることで、さらに話が続きます。

「うちはこうでね。あなたは?」というような感じで、聞くことによって相手の話も聞き出すことができるので、それによってさらに話が広がるところがあります。

一方で、嫌な質問をする人に対しても、このように返すことによって、その人が純粋にその質問しただけなのか、根掘り葉掘り聞くだけで自分は答えたくない人なのかというのは分かるところがあります。

「別に…」など相手が返答に困る言葉はNG

質問の返答に関しては、素直にするのが一番ではあるものの、やはり困る返答というものもあります。

例えば、「別に…」と言われたら、そこで話が終わってしまいます。

ですので、そのような返答に困るような答えではなく、例え分からないことを聞かれたとしても「実はこれについてあまり詳しくなくて…。〇〇さん、色々教えてくれる?」というような話で話を途切れさせないように気をつけましょう。

10、質問の仕方を変える

もしなかなか会話が続かないなと思ったら、質問の仕方を変えるようにしましょう。

もしかしたら質問の仕方によって、会話がうまく続かないという可能性もあります。

そしてそれは人それぞれによって違うところがありますので、この質問はうまくいかないなと思ったら、違う質問方法を試してみるということもしてみましょう。

結論の見えない質問をしない

話の内容を考えないと、ついついそのような質問形式になってしまうところがあります。

そのため、ついあれこれと言いたくなってしまうところはあるのかもしれないけれど、その時はあえてあまりあれこれと話を盛らないようにしましょう。

単純な質問であれば、そのような単純な質問をし、もしもう少し入り組んだ話をする必要があるということであれば、結果から先に伝えるということで話を完結させるようにしましょう。

クローズドクエスチョンばかりすると会話が止まる

このクローズドクエスチョンとはなにかと言うと、イエスかノーかで答えられる質問のことです。

答えやすくするという意味合いでは、大変意義のある質問方法ではあります。

しかし、話の内容を広げるということを考えると、相手の方にイエスかノーではなく、もっと相手の方に話をさせるような質問が必要になるのです。

ですので「映画鑑賞は好き?」という質問ではなく、「趣味は何?」というような感じで相手の話を引き出すようにしましょう。

11、相手の話を深掘りする


そして相手の話をなるべく深掘りをして、相手のことを聞き出すようにしましょう。

多くの人は自分のことを話したいと思っている人が多いです。

ですので、ついつい「私も…」と言ってしまいたくなるところはあるのかもしれません。

しかし、相手の方に気持ちよく話していもらうためには、相手の話ばかりを聞くような感じで掘り下げていきましょう

他の話や自分の話に移行しない

ついつい自分のことと当てはめて、「私もこうで…」と言いたくなってしまうところはあります。

ですがこのような会話方法は、多くの人は不快に思うことが多いです。

話を聞くことが好きということであれば、多くの人は話したいと思っていますので、そのような話をされると「この人は自分のことしか話さないので、あまり話したくない」というような印象を与えてしまうことがあります。

会話を膨らませるイメージ

話し下手な人にとっては、この会話を膨らませるというのが大変難しいところがありますが、あくまで会話を継続させるというイメージを抱くことで大分違います。

先ほども触れたようにクローズドクエスチョンではない会話方法などを心がけると良いです。

口下手で悩んでいるという人は、聞き上手になることによって「この人と話していて楽しい!」と思うことができます。

ですので、そんなに面白いことを言おうと思わず、相手の方も話に乗り、会話を膨らませると思ったら、そこまで難しいというような感じでもありません。

相手の話を引き出す

そしてどんどんとそれでと聞いたりして、相手の話を聞き出してみましょう。

特に女性の場合は、話好きな方が多いです。

相槌をうまく打ち話を聞き出そうとすることで、どんどんと話し始めることがあります。

12、英語の勉強をしてみる

そして他の言語の勉強をするのも、大変意義のあることです。

英語の勉強してみることで、話の裾野が広がることがあります。

例えば英語は、文法的に主語述語それから目的語なのです。

ですので、端的に話をすることができるところがあるのです。

このように結論が先に見えるような話し方というのは、好まれる話し方の一つですので、英語の勉強がそれに役立つ可能性が非常に高いです。

13、相手に興味をもつ

そしてやはり相手に興味がないと、話を引き出したいという気持ちにすらなれないものです。

多くの人は、表情などを見て感じているところがあるので、興味がないのに無理やり話をしようと思っていても、なんだか根掘り葉掘り聞かれているような感じになったりして、不快に感じることが多いです。

ですので相手の方に気持ちよく話してもらうためには、相手に興味を持つというようなポジティブな気持ちを併せ持つことも大切です。

14、相手が話していた内容を覚えておく


人に興味がないと、ついつい忘れがちになってしまうところがあるかもしれないけれど、相手に興味を持っているのであれば、是非とも相手の話した内容を覚えておくことが大切です。

そうすることで、機会がある時に「確か〇〇だったよね」というような話をすることによって、覚えておいてもらえたというような喜びを感じるところがあります。

「今度○○にいく予定なんだ」→次回会ったときに感想を聞く

「今度〇〇に行くところがある予定なんだ」という話を聞いたら、次回会った時にその感想を聞いてみましょう。

ちょっと話したことをずっと覚えておいてくれたのだと嬉しく思う人が多いです。

人に興味がある人はさりげなく、それをこなしている人が多いです。

ですが苦手ということであれば、その人と別れた後にさりげなくメモっておくなど対策をしておきましょう。

15、とりあえず笑顔でいる

そしてブスっとしている人には近寄りがたいところがあります。

ですので、とりあえず笑顔でいるということも大切です。

笑顔であれば「この人は付き合いやすそう」と思ってくれる可能性もあります。

ですのでひとまずは笑顔でいるということを心がけるようにしましょう。

口下手な人の特徴

本当に愛想がない寂しい人なのか、愛情溢れる口下手な人なのか、パッとみ分かりづらいことがあります。

口下手な人を誤解してしまわないように、口下手な人の特徴と解決法を紹介します。

自信がなさそうな雰囲気

なんとなくうつむき加減で、立ち姿に自信がなさそうな雰囲気の人は口下手な傾向があります。

まず話しかけやすい風貌はとても大切なので、見た目や顔つきに注意するようにしましょう。

内向的

何を話しても内向的で自己保身の強い人は、口下手の傾向があります。

自己保身も大切ですが、外交的になれるように外に気を向けてみましょう。

人見知り

初対面の人や仲良くない人だと緊張から人見知りしてしまう人は、口下手の傾向があります。

人見知り解消法としては、心を落ち着かせれるように相手に集中しすぎないようしましょう。

人目を気にする

周りから自分がどう思われているのか不安になる人は、口下手の傾向があります。

そこまでいうほど、周りはあなたのことをかなり気にしているわけではないので気楽にいきましょう。

会話中、目を合わせない

会話中に目が泳いだり合わせない人は、口下手の傾向があります。

目を合わせるのは恐ければ、なんとなく相手の口元上ら辺をみるようにしましょう。

話しかけても反応が薄い

話しかけても意思表示が乏しく反応が薄い人は、口下手の傾向があります。

反応が薄いと勘違いされたり下手すると怒らせてしまうことがあるので、相槌をたくさん打ちましょう。

コミュニケーションが苦手


上手く会話のキャッチボールができなく関係のないことを口走る人は、口下手の傾向があります。

コミュニケーション能力を克服するためには、自分の言いたいことを頭の中でまとめてから話すようにしましょう。

よく沈黙が生まれる

話途中に会話が途切れたりして沈黙が生まれる人は、口下手の傾向があります。

沈黙の際に無理に話そうとしたりアタフタとしないように、余韻を楽しむくらいの気持ちでいましょう。

なんでも自分でやろうとする

あまり周りに相談することをせず自分で決めて行動する人は、口下手の傾向があります。

自立していること素敵なことですが、人に相談したり頼ることで話し方が分かるようになるでしょう。

会話に困ったらとりあえずこれ!話のネタ


そして会話に困った時というのは、どうしてもあります。

中には相手の方が、そのように話すのが苦手で、ついつい途切れがちになってしまうということもあるでしょう。

その時のために引き出しに色々な会話のネタを持っておく必要があります。

天気の話

基本的に天気の話は、非常に話のとっかかりとしてはもってこいです。

多くのケースでは、天気のことで傷つくという人はあまりいません。

特にその人の人生観には関係のないことになってくるので、気軽に話に応じてくれる人が多いです。

例えば「いい天気ですね。」とか「雨が降っていますね。」はもちろんのこと「暑いですね。」とか「寒いですね。」というのも会話のとっかかりとしては非常にオススメです。

趣味の話

そして好きなことというのは、話していてポジティブな気持ちになりますので、趣味の話もストックとして持っておくと良いでしょう。

その時に、表に出してもいい趣味にしておくことが大切です。

例えば大人の人であっても、アニメやゲームが好きな人がいるかもしれません。

ですが、中にはそのような理解されない可能性があったり、オタクだと勘違いされてしまうこともあります。

ですので、どちらかというとメインカルチャーの趣味を準備しておくと良いでしょう。

テレビの話

そしてテレビの話というのも、話のネタとしてはうってつけです。

それはなぜかと言うと、多くの人はテレビを所有しています。

仮に生活保護を受けていらっしゃるという方であっても、テレビの保有は認められているほどに多くの国民が持っていると言っても良いでしょう。

ですのでテレビを好まない人であれば別ですが、多くの場合ではテレビの話というのも非常にポピュラーな話題の一つです。

食べ物の話

人間の三代欲として食欲があります。

ですので、人は物を食べずに生きていくということは不可能です。

ですので食べ物の話をすることは、多くの人にとっては非常にわかりやすい話となるでしょう。

できれば美味しい食べ物などについて話してみるのもいいですね。

また目玉焼きに何をかけるかというような、人によって返答が分かれるような質問をしてみても面白いですよ。

美味しいお店の話


また外食をされる時に、美味しいお店があったら、是非ともそのお店の話題も取り入れておきましょう。

やはり、そのような外食は人にとってメインな娯楽の一つです。

ですので、「この人が言うのだから、行ってみよう」と思ってもらえたら、もしかしたら食べに行った感想を聞けるかもしれません。

そんなことからどんどんと会話が進んでいくところがあります。

名前の話

名前というのも、生まれた時にもうもらっているもので、名前がないという人は基本的にいません。

ですので、名前の話も非常に有効です。

最近は名前にこる方がいて、読み方が難しかったりすることもあるでしょう。

それも重要な話のネタです。

健康の話

若い頃はそこまでではないかもしれないけれど、年齢を重ねていくとだんだんと健康の話はメインな話題になってきます。

体をいたわらないと、どんどんとガタがくる年代になると嫌でも健康を意識しないといけなくなります。

そこで健康についての情報交換をすることによって、話が非常に盛り上がるところがあります。

運動の話

また運動も非常にメジャーな趣味ですので、運動が好きということであれば、是非ともその話題を出してみましょう。

ただ中には運動が苦手という人もいるかもしれません。

そのような人であれば、苦手な人でも継続できる運動について話をしてみると良いでしょう。

例えばですが、駅を使わずに歩いているというような感じで運動が苦手だけどやっている運動について話してみるというのも、運動嫌いな人にとっては非常に有意義なネタの一つになります。

避けた方がいい会話ネタ


その一方で、やはり避けた方が良い話題というのもあります。

では、その避けた方がいい会話ネタというのは、どのようなものがあるかを見ていきましょう。

宗教

宗教というのは、その人の人生の中で非常に大きなウエイトを占めます。

ですので、とある宗教に関して否定的であっても、決して話題に出さない方が良いことです。

むしろこの宗教のことで、世界では戦争が起きているぐらいですので、日本においてもそのような会話は避けるようにしましょう。

例えばとある宗教について好ましく思っていなくて、「怖い」と言ったら、実は相手の方がその宗教の信者だったというようなこともあるようです。

政治

政治のことも世界では戦争になったりすることもあるぐらいですので、こちらも思考が強く影響があるものです。

ですので、政治の話というのも極力やめておきましょう。

思うことがあっても、よほど心を開いた親友ではない限りは、なるべく伏せておいた方が良い話題の一つです。

地道にコツコツと成果を積み上げることが克服への近道

口下手な人は、とっつきづらく付き合いにくそうなイメージがあります。

でも、実はとても豊かな人が多いです。

口下手を克服する為には、色んな失敗を繰り返しながら、人とコミュニケーションをとる勇気をつけることです。

失敗は成功のもとです!

笑顔で口角をあげていれば、きっと周りの人たちから親身に話しかけられることも増えます。

少しづつ、口下手を克服できるようにコツコツと成果を積み上げていきましょう!