フレッシュという言葉は、新鮮な果物に対してだけでなく、時に人に対しても用いられます。

職場や大勢の集まりの中で、「あの人はフレッシュだよね」という意見を聞くことがありますが、フレッシュという言葉自体は良い意味として用いられています。

そのため、フレッシュだと評価されること自体が、その人が周りの人にとってはとても好印象であると言えるでしょう。

フレッシュだと評される人は、具体的にどのような性格をしているのでしょうか?フレッシュな人の特徴をまとめました!

フレッシュな人の23個の特徴

フレッシュという言葉は、「新鮮なさま」や「新しく生き生きしているさま」を意味します。

多くは果物に対して用いられる言葉ですが、時には人に対して「あの人はとってもフレッシュでいいね」などと例えることがあります。

人に対して用いられる際にも、意味は概ね同じです。

春からの新社会人に対して、新しく社会に入ってくることをフレッシュだと例えることがあります。

また、いつも生き生きとしている人のことをフレッシュだと例えることもあります。

もっと具体的に、どのような特徴の人をフレッシュだと評価するのでしょうか?以下に具体的にご紹介していきます。

やる気がある

フレッシュな人は、いつでもやる気に満ち溢れています。

それはフレッシュな人が、日頃から何事にも前向きな姿勢でいるため、自然と何をする時にもやる気が起きやすいのです。

勉強や仕事に対しても積極的に取り組み、面倒だと思いそうなことも「これが終われば友達と出かけられる」など気持ちを切り替えることで、上手にやる気に繋げます。

また、自分のことだけでなく、人から何か頼まれごとをされた時にも笑顔でそれを受けて積極的に取り組むため、周囲の人からの好感や評価も高いです。

そしてやる気があるということは、何に対しても積極的です。

一見面倒に思える仕事にも自ら進んで取り組むため、その結果それが上司からの評価に繋がることもあり、また昇進のチャンスを掴む機会も増えます。

さらには他の人よりもあらゆる出来事に対して関わることが増えるため、人並み以上の経験を積んだり、さまざまな体験をしたりすることが出来、人生をより豊かにするチャンスにも恵まれています。

エネルギーが溢れている

フレッシュな人はやる気と同様に、常にエネルギーにも溢れています。

フレッシュな人は健康的な生活リズムを保っている人が多いので、自然といつでも体の内側からはエネルギーが溢れてきます。

そしてまた、溢れんばかりのそのエネルギーを上手に人生に活用しています。

エネルギーだけがただ有り余ってしまって、その使い方を自分で理解していない人は、誤った方向にそのエネルギーを向けてしまうことがあります。

例えば一日中家に引きこもったままゲームや自分の好きなことだけをして過ごしたり、力が有り余って人に暴力を振るってしまったりと、正しい使い方が出来ていない人は時々います。

もしその正しい使い方を指摘してくれる第三者がいれば、引きこもりの人は仕事と趣味とのバランスが上手に取れるようになるでしょうし、また力が有り余っている人はスポーツにぶつけることで解消することが出来ます。

フレッシュな人は、誰に指摘されなくても、自分自身でエネルギーの使い方を理解している場合が多いです。

力が有り余っているのなら、休日はジムに通うなりスポーツをするなりにして、思い切り汗を掻いて運動します。

また、趣味があれば予め準備をしておいて、休みの日に好きなだけ没頭します。

メリハリのあるエネルギーの使い方をしているため、毎日を生き生きと過ごせているのです。

いつも元気で明るい

フレッシュな人が持つ大きな特徴の一つに、いつも元気で明るいことが挙げられます。

元気さと明るさは深く関係していて、元気がある人は明るいですし、明るい人も元気があるように見えます。

フレッシュさの中には快活さが目立つため、「フレッシュな人=いつも元気で明るい」という印象が世間一般には定着しています。

また、元気で明るいさまは、その人を生き生きとしているように感じさせます。

その生き生きとしているさまが、まさにフレッシュな様子に周囲の人の目には映るのです。

いつも元気で明るい人の周りには、自然と人が集まってきます。

それは、その人の持つ明るさに純粋に惹かれる人や、その人から元気や明るさをあやかりたいと無意識に思って寄ってくる人もいます。

「この人の側にいると自分も元気になれる」「この人の近くにいれば幸運にあやかれるかもしれない」そんなさまざまな気持ちから、フレッシュで明るい人の周りにはいつも誰かしらがいるのです。

しかし、フレッシュな人はいつもただ元気で明るいかというと、そういうわけでもありません。

その人にだって、人並みの悩みがあり、時には落ちこむこともあります。

しかし、それを表には出さないように陰ながら努力をしている場合が多いのです。

そのため、周りの人から見たときには決まっていつも明るく元気な様子に見えているのです。

ポジティブ

フレッシュな人には、ポジティブな人が多いです。

常に何事に対しても前向きで、辛いことがあってもいつまでもそれを引きずることはあまりありません。

どんなに自分にとって辛いことや苦しいこと、悲しいことが起こったとしても、それでくよくよと悩んでいても何も解決しないことをよく理解しているからです。

もし、本当に心が苦しくてたまらなくなってしまった時には、暫く休息を取って自分の心を労わります。

しかし、そのままどんどん落ちていってしまうことはなく、十分に休んだ後にはまた前を向く強さも持っています。

辛いことは自分の中できちんと消化をして、その上で次に進んでいけるため、常にポジティブな思考でいられるのです。

そして、ポジティブな人はどんなことに対しても前向きに気持ちを切り替えられるため、面倒なことにも積極的に取り組んでいくことが出来ます。

そしてその結果、思わぬ幸運を引き寄せることも少なくはありません。

ポジティブでいることは、自分にとって幸運を呼び込むだけでなく、周囲との人間関係も上手に運ぶことが出来ます。

挨拶をしっかりする

フレッシュな人は、いつも明るく元気で、また前向きな性格をしています。

そのため、どんな相手に対しても物怖じせずに、笑顔で振舞うことが出来ます。

職場の上司や同僚だけでなく、ほとんど面識のない人に対してもしっかりと挨拶をすることが出来ます。

挨拶は社会の中で生きていく上で基本中の基本の行為ですが、それがきちんと出来る人は意外に多くはありません。

落ち込みや苛立ちなど、その時の感情で周囲の人に対する挨拶をしなかったり、余所事に集中する余り人からの挨拶に気付けなかったりすることがよくあります。

また、よく顔を知らない相手に対して人見知りをする人や、「挨拶しても良いのか分からない」「自分とは無関係の相手だからいいや」と思うことでわざと挨拶を避けることもあります。

ひと昔前までは、道端で会った見知らぬ子どもと大人が当たり前に挨拶を交わす光景が見られましたが、最近ではあまり見かけなくなった上に、地域によっては「見知らぬ人とは言葉を交わしてはいけない」といった不審者対策まで出始めました。

そのため、よく知らない相手に挨拶をされることに対して驚くことも増えました。

このように、最近では挨拶という行為自体が当たり前のものでなくなってきていることや、挨拶を嫌がる、または面倒臭がる人が増えてきているため、基本中の基本の行為が出来ない人も増えています。

そんな中だからこそ、フレッシュな人の快活な挨拶は、受け取る側によってはとても好印象に映ります。

貪欲さがある

フレッシュな人は、いつでも爽やかで物事にそこまで執着しないイメージがあります。

しかし、明るい笑顔の裏側には、人一倍の情熱や貪欲さを持っています。

他者に対する優しさや、譲り合いの心はもちろん持っていますが、自分が将来「こうなりたい」「ああなりたい」という願望もとても強いです。

他の人を押しのけてでも無理矢理前に出ようとする強引さはなくとも、自分の望むものを手に入れるまでは決して諦めず、それに繋がることであれば何でも吸収していく貪欲さを持っています。

その貪欲さが良い方向へと働くことが多いため、周囲からは一生懸命に見えたり、積極的に取り組む様子に見えたりしています。

そしてまた、決して途中で挫折しない心の強さも持ち合わせているため、最終的には自分の望みを果たす人が多いのです。

学ぶ姿勢がある

ポジティブな人は、常に前向きで積極的に物事に対して取り組みます。

そのため、何に対しても学ぶ姿勢を持っています。

勉強一つとっても、それが自分にとって必要なものだと理解出来れば、余計な雑念に邪魔されることがあっても、しっかりと勉強に取り組んでいけます。

また、仕事であればどんな仕事でも、そこから何かを学ぼうと一生懸命になります。

どんなに単純作業でも、常に周囲に気を配って、自分が学べるものがあるかを積極的に探します。

その積極性が功を奏することが多いのです。

爽やかさがある

フレッシュな人には明るさだけでなく、爽やかさもあります。

髪型や服装などにも最低限はきちんと気を遣うため、清潔感があり、暑苦しい明るさではなくスッキリとした爽やかで明るい印象があります。

爽やかな印象の人は初対面の人から見ても好印象に思えますし、一緒にいて過ごしやすく思われることが多いです。

仕事上の付き合いでも、爽やかな笑顔でしっかりとした受け答えをしていれば、それだけで取引先の相手や上司に気に入られやすくなるでしょう。

爽やかさがある人は、人間関係も上手くいっていることが多いです。

また、爽やかさに惹かれて周囲には人が集まってくることも少なくはありません。

若々しい

フレッシュな人には、とても若々しい人が多いです。

もちろん実際に年齢が若くてフレッシュな人もいますが、どれだけ年齢を重ねても、実際の年齢よりも若々しく見えるような人もいます。

それは、その人のまとう元気で明るい雰囲気や、前向きな姿勢が若々しく見せているのです。

また、健康的な生活を送っていると、体の内側からもエネルギーが溢れてきますので、その人の雰囲気や言動だけでなく、快活さからも若々しさを感じさせます。

ネガティブな人や内気な人、周囲の人との関わりを極力避けようとする人は、人と接する時にも俯きがちで、あまり顔をあげて積極的に話そうとはしません。

そのため、どうしてもどこか暗い雰囲気になってしまい、周りの人も関わり難くなってしまう上に、周囲からの印象もあまり良くはありません。

一方で、いつも明るく前を向き、人との関わりも積極的に取っていけるような人は、周りの人から見てもポジティブで実際の年齢よりも若く見られることが多いです。

フレッシュな人は明るく元気で、常に前向きな姿勢でいるため、自然と若々しく見られるのです。

悪口を言わない

周囲から「あの人はフレッシュだな」と思われる人は、人の悪口を言うことがほとんどありません。

とはいえもちろん人間ですので、フレッシュと言われる人でも他人から嫌なことを言われたりされたりすれば、内心は面白くないでしょう。

しかし、それをわざわざ口にすることはありません。

人の悪口を口に出せば角が立ち、人間関係にひびが入ってしまうこともあります。

また、口に出すことで自分自身のストレスも増して、いつまでももやもやと相手に対する嫌な気持ちが消えないこともあります。

それはその人自身にとって決して良いことではなく、また悪い結果を生み出すことにもなりかねません。

フレッシュな人は、人の悪口を言うことで自分が不利になることをよく理解しています。

また、いつまでもぐちぐちと愚痴を零していても、それが何の解決にもならないこともよく分かっています。

そのため、悪口を言うことで無駄な労力や気力を消費しないように、口に出さないことが多いのです。

イライラすることがあれば、思い切り体を動かしたりカラオケや買い物をしたりして、自分なりにストレスを発散させます。

また、もしどうしても口に出したいことがあれば、身内や本当に親しい一部の相手にしか話さないため、他の人からすればフレッシュな人がまったく悪口を言わないように思えるのです。

文句を言わない

フレッシュな人は人の悪口を言わないのと同様に、文句を口にすることもあまりありません。

そもそも文句というのは、自分が不満や理不尽に思うことがあるからこそ出てくるものです。

また、面倒臭いという気持ちがあったり、やる気がなかったりする時などにも思わず口を突いて出てしまうことがあります。

フレッシュな人は、いつもポジティブでどんなことに対してもやる気を持っているため、面倒ややる気がないことで文句を言うことはありません。

また、不平不満を持ちそうな時には考え方や気持ちを上手に切り替えて、自分自身で納得するように努めます。

理不尽なことがあっても、それも自分の経験値として活かすことが出来るため、文句を言うことがあまりないのです。

また、文句や愚痴も悪口同様に、そこから何の良い結果も生み出しません。

口から零すだけ時間と労力の無駄だということをよく理解しているからこそ、口を動かす前にさっさと行動に移してしまえるのです。