フレッシュという言葉は、新鮮な果物に対してだけでなく、時に人に対しても用いられます。

職場や大勢の集まりの中で、「あの人はフレッシュだよね」という意見を聞くことがありますが、フレッシュという言葉自体は良い意味として用いられています。

そのため、フレッシュだと評価されること自体が、その人が周りの人にとってはとても好印象であると言えるでしょう。

フレッシュだと評される人は、具体的にどのような性格をしているのでしょうか?フレッシュな人の特徴をまとめました!

フレッシュな人の23個の特徴

フレッシュという言葉は、「新鮮なさま」や「新しく生き生きしているさま」を意味します。

多くは果物に対して用いられる言葉ですが、時には人に対して「あの人はとってもフレッシュでいいね」などと例えることがあります。

人に対して用いられる際にも、意味は概ね同じです。

春からの新社会人に対して、新しく社会に入ってくることをフレッシュだと例えることがあります。

また、いつも生き生きとしている人のことをフレッシュだと例えることもあります。

もっと具体的に、どのような特徴の人をフレッシュだと評価するのでしょうか?以下に具体的にご紹介していきます。

やる気がある

フレッシュな人は、いつでもやる気に満ち溢れています。

それはフレッシュな人が、日頃から何事にも前向きな姿勢でいるため、自然と何をする時にもやる気が起きやすいのです。

勉強や仕事に対しても積極的に取り組み、面倒だと思いそうなことも「これが終われば友達と出かけられる」など気持ちを切り替えることで、上手にやる気に繋げます。

また、自分のことだけでなく、人から何か頼まれごとをされた時にも笑顔でそれを受けて積極的に取り組むため、周囲の人からの好感や評価も高いです。

そしてやる気があるということは、何に対しても積極的です。

一見面倒に思える仕事にも自ら進んで取り組むため、その結果それが上司からの評価に繋がることもあり、また昇進のチャンスを掴む機会も増えます。

さらには他の人よりもあらゆる出来事に対して関わることが増えるため、人並み以上の経験を積んだり、さまざまな体験をしたりすることが出来、人生をより豊かにするチャンスにも恵まれています。

エネルギーが溢れている

フレッシュな人はやる気と同様に、常にエネルギーにも溢れています。

フレッシュな人は健康的な生活リズムを保っている人が多いので、自然といつでも体の内側からはエネルギーが溢れてきます。

そしてまた、溢れんばかりのそのエネルギーを上手に人生に活用しています。

エネルギーだけがただ有り余ってしまって、その使い方を自分で理解していない人は、誤った方向にそのエネルギーを向けてしまうことがあります。

例えば一日中家に引きこもったままゲームや自分の好きなことだけをして過ごしたり、力が有り余って人に暴力を振るってしまったりと、正しい使い方が出来ていない人は時々います。

もしその正しい使い方を指摘してくれる第三者がいれば、引きこもりの人は仕事と趣味とのバランスが上手に取れるようになるでしょうし、また力が有り余っている人はスポーツにぶつけることで解消することが出来ます。

フレッシュな人は、誰に指摘されなくても、自分自身でエネルギーの使い方を理解している場合が多いです。

力が有り余っているのなら、休日はジムに通うなりスポーツをするなりにして、思い切り汗を掻いて運動します。

また、趣味があれば予め準備をしておいて、休みの日に好きなだけ没頭します。

メリハリのあるエネルギーの使い方をしているため、毎日を生き生きと過ごせているのです。

いつも元気で明るい

フレッシュな人が持つ大きな特徴の一つに、いつも元気で明るいことが挙げられます。

元気さと明るさは深く関係していて、元気がある人は明るいですし、明るい人も元気があるように見えます。

フレッシュさの中には快活さが目立つため、「フレッシュな人=いつも元気で明るい」という印象が世間一般には定着しています。

また、元気で明るいさまは、その人を生き生きとしているように感じさせます。

その生き生きとしているさまが、まさにフレッシュな様子に周囲の人の目には映るのです。

いつも元気で明るい人の周りには、自然と人が集まってきます。

それは、その人の持つ明るさに純粋に惹かれる人や、その人から元気や明るさをあやかりたいと無意識に思って寄ってくる人もいます。

「この人の側にいると自分も元気になれる」「この人の近くにいれば幸運にあやかれるかもしれない」そんなさまざまな気持ちから、フレッシュで明るい人の周りにはいつも誰かしらがいるのです。

しかし、フレッシュな人はいつもただ元気で明るいかというと、そういうわけでもありません。

その人にだって、人並みの悩みがあり、時には落ちこむこともあります。

しかし、それを表には出さないように陰ながら努力をしている場合が多いのです。

そのため、周りの人から見たときには決まっていつも明るく元気な様子に見えているのです。

ポジティブ

フレッシュな人には、ポジティブな人が多いです。

常に何事に対しても前向きで、辛いことがあってもいつまでもそれを引きずることはあまりありません。

どんなに自分にとって辛いことや苦しいこと、悲しいことが起こったとしても、それでくよくよと悩んでいても何も解決しないことをよく理解しているからです。

もし、本当に心が苦しくてたまらなくなってしまった時には、暫く休息を取って自分の心を労わります。

しかし、そのままどんどん落ちていってしまうことはなく、十分に休んだ後にはまた前を向く強さも持っています。

辛いことは自分の中できちんと消化をして、その上で次に進んでいけるため、常にポジティブな思考でいられるのです。

そして、ポジティブな人はどんなことに対しても前向きに気持ちを切り替えられるため、面倒なことにも積極的に取り組んでいくことが出来ます。

そしてその結果、思わぬ幸運を引き寄せることも少なくはありません。

ポジティブでいることは、自分にとって幸運を呼び込むだけでなく、周囲との人間関係も上手に運ぶことが出来ます。

挨拶をしっかりする

フレッシュな人は、いつも明るく元気で、また前向きな性格をしています。

そのため、どんな相手に対しても物怖じせずに、笑顔で振舞うことが出来ます。

職場の上司や同僚だけでなく、ほとんど面識のない人に対してもしっかりと挨拶をすることが出来ます。

挨拶は社会の中で生きていく上で基本中の基本の行為ですが、それがきちんと出来る人は意外に多くはありません。

落ち込みや苛立ちなど、その時の感情で周囲の人に対する挨拶をしなかったり、余所事に集中する余り人からの挨拶に気付けなかったりすることがよくあります。

また、よく顔を知らない相手に対して人見知りをする人や、「挨拶しても良いのか分からない」「自分とは無関係の相手だからいいや」と思うことでわざと挨拶を避けることもあります。

ひと昔前までは、道端で会った見知らぬ子どもと大人が当たり前に挨拶を交わす光景が見られましたが、最近ではあまり見かけなくなった上に、地域によっては「見知らぬ人とは言葉を交わしてはいけない」といった不審者対策まで出始めました。

そのため、よく知らない相手に挨拶をされることに対して驚くことも増えました。

このように、最近では挨拶という行為自体が当たり前のものでなくなってきていることや、挨拶を嫌がる、または面倒臭がる人が増えてきているため、基本中の基本の行為が出来ない人も増えています。

そんな中だからこそ、フレッシュな人の快活な挨拶は、受け取る側によってはとても好印象に映ります。

貪欲さがある

フレッシュな人は、いつでも爽やかで物事にそこまで執着しないイメージがあります。

しかし、明るい笑顔の裏側には、人一倍の情熱や貪欲さを持っています。

他者に対する優しさや、譲り合いの心はもちろん持っていますが、自分が将来「こうなりたい」「ああなりたい」という願望もとても強いです。

他の人を押しのけてでも無理矢理前に出ようとする強引さはなくとも、自分の望むものを手に入れるまでは決して諦めず、それに繋がることであれば何でも吸収していく貪欲さを持っています。

その貪欲さが良い方向へと働くことが多いため、周囲からは一生懸命に見えたり、積極的に取り組む様子に見えたりしています。

そしてまた、決して途中で挫折しない心の強さも持ち合わせているため、最終的には自分の望みを果たす人が多いのです。

【貪欲については、こちらの記事もチェック!】

学ぶ姿勢がある

ポジティブな人は、常に前向きで積極的に物事に対して取り組みます。

そのため、何に対しても学ぶ姿勢を持っています。

勉強一つとっても、それが自分にとって必要なものだと理解出来れば、余計な雑念に邪魔されることがあっても、しっかりと勉強に取り組んでいけます。

また、仕事であればどんな仕事でも、そこから何かを学ぼうと一生懸命になります。

どんなに単純作業でも、常に周囲に気を配って、自分が学べるものがあるかを積極的に探します。

その積極性が功を奏することが多いのです。

爽やかさがある

フレッシュな人には明るさだけでなく、爽やかさもあります。

髪型や服装などにも最低限はきちんと気を遣うため、清潔感があり、暑苦しい明るさではなくスッキリとした爽やかで明るい印象があります。

爽やかな印象の人は初対面の人から見ても好印象に思えますし、一緒にいて過ごしやすく思われることが多いです。

仕事上の付き合いでも、爽やかな笑顔でしっかりとした受け答えをしていれば、それだけで取引先の相手や上司に気に入られやすくなるでしょう。

爽やかさがある人は、人間関係も上手くいっていることが多いです。

また、爽やかさに惹かれて周囲には人が集まってくることも少なくはありません。

若々しい

フレッシュな人には、とても若々しい人が多いです。

もちろん実際に年齢が若くてフレッシュな人もいますが、どれだけ年齢を重ねても、実際の年齢よりも若々しく見えるような人もいます。

それは、その人のまとう元気で明るい雰囲気や、前向きな姿勢が若々しく見せているのです。

また、健康的な生活を送っていると、体の内側からもエネルギーが溢れてきますので、その人の雰囲気や言動だけでなく、快活さからも若々しさを感じさせます。

ネガティブな人や内気な人、周囲の人との関わりを極力避けようとする人は、人と接する時にも俯きがちで、あまり顔をあげて積極的に話そうとはしません。

そのため、どうしてもどこか暗い雰囲気になってしまい、周りの人も関わり難くなってしまう上に、周囲からの印象もあまり良くはありません。

一方で、いつも明るく前を向き、人との関わりも積極的に取っていけるような人は、周りの人から見てもポジティブで実際の年齢よりも若く見られることが多いです。

フレッシュな人は明るく元気で、常に前向きな姿勢でいるため、自然と若々しく見られるのです。

悪口を言わない

周囲から「あの人はフレッシュだな」と思われる人は、人の悪口を言うことがほとんどありません。

とはいえもちろん人間ですので、フレッシュと言われる人でも他人から嫌なことを言われたりされたりすれば、内心は面白くないでしょう。

しかし、それをわざわざ口にすることはありません。

人の悪口を口に出せば角が立ち、人間関係にひびが入ってしまうこともあります。

また、口に出すことで自分自身のストレスも増して、いつまでももやもやと相手に対する嫌な気持ちが消えないこともあります。

それはその人自身にとって決して良いことではなく、また悪い結果を生み出すことにもなりかねません。

フレッシュな人は、人の悪口を言うことで自分が不利になることをよく理解しています。

また、いつまでもぐちぐちと愚痴を零していても、それが何の解決にもならないこともよく分かっています。

そのため、悪口を言うことで無駄な労力や気力を消費しないように、口に出さないことが多いのです。

イライラすることがあれば、思い切り体を動かしたりカラオケや買い物をしたりして、自分なりにストレスを発散させます。

また、もしどうしても口に出したいことがあれば、身内や本当に親しい一部の相手にしか話さないため、他の人からすればフレッシュな人がまったく悪口を言わないように思えるのです。

文句を言わない

フレッシュな人は人の悪口を言わないのと同様に、文句を口にすることもあまりありません。

そもそも文句というのは、自分が不満や理不尽に思うことがあるからこそ出てくるものです。

また、面倒臭いという気持ちがあったり、やる気がなかったりする時などにも思わず口を突いて出てしまうことがあります。

フレッシュな人は、いつもポジティブでどんなことに対してもやる気を持っているため、面倒ややる気がないことで文句を言うことはありません。

また、不平不満を持ちそうな時には考え方や気持ちを上手に切り替えて、自分自身で納得するように努めます。

理不尽なことがあっても、それも自分の経験値として活かすことが出来るため、文句を言うことがあまりないのです。

また、文句や愚痴も悪口同様に、そこから何の良い結果も生み出しません。

口から零すだけ時間と労力の無駄だということをよく理解しているからこそ、口を動かす前にさっさと行動に移してしまえるのです。

分け隔てなく接する

フレッシュな人は、どんな相手に対しても誠意や敬意を持って接します。

関わっていく上でその気持ちに変化が生じることはありますが、初対面の時点で相手を差別することや、偏見の目で見たりすることはほとんどありません。

そのため、どんな人に対しても分け隔てなく接します。

例え初めて会う人の悪い噂を事前に聞いていたとしても、それで最初から相手の性格を「この人は悪い人だ」と決めつけることがありません。

あくまでも、自分自身で接した結果として、相手の性格の善し悪しを判断します。

そんなフレッシュな人の接し方に対して、周囲も当然良い評価や好印象を抱くことが多いです。

第一印象や周囲の噂、偏見などに左右されないフレッシュな人の言動は、周りの人からすればとても好感度が高く、また精神的にも頼もしくて信頼しやすいと言えるでしょう。

アクティブに行動する

フレッシュな人はいつでもポジティブです。

そのため、何をするにも積極的に進んで行動に移すことが多いです。

遊びのようなプライベートに限らず、仕事でもアクティブに行動します。

あれこれと考え込むのではなく、とりあえず行動に移してから分からないことがあればその場で分かる人に聞きに行きます。

他の人や周囲に気を配りながらも、自分が気になったことややりたいことはしっかりとやり遂げる器用さも持ち合わせています。

フットワークが軽いため、突然の誘いにも乗ってくることも多く、何もせずに一日ぼんやりと過ごすことはそうありません。

もちろんゆっくり休む時は休みますが、休息を取った後は他の人以上によく動きます。

明るく元気なその姿は、周りの人から見ればとてもアクティブに映ることも多いです。

負けず嫌い

フレッシュな人はとても行動的です。

そして、あらゆることに対して前向きで向上心に満ち溢れていますので、その分負けず嫌いな性格をしています。

例えば仕事で、全員に同じ仕事内容を任された場合には、誰よりも早く一番乗りで仕事を片付けようと一生懸命に取り組みます。

また、営業のような仕事であれば、営業成績を誰よりもあげたいと休憩もそこそこに必死で頑張ります。

その結果、見事他の人たちから群を抜いた好成績を上げることが出来れば喜びますし、また自分が負けた時には悔しさをバネにして次回に臨みます。

負けず嫌いな人の中でも、自尊心が高すぎて自分の負けを認められないタイプでは、負けたことを他の人や環境のせいにして愚痴を零したり、自分が負けた相手を妬んだりします。

しかし、フレッシュな人は負けず嫌いではありますが、その根性はまったくいやらしくなく、自分が負ければ素直に相手の健闘を称える潔さも持ち合わせています。

また、負けず嫌いな性格だからこそ、人並み以上に努力をしたり、成果をあげたりすることが出来ています。

【負けず嫌いな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

自信に満ちている

フレッシュな人は自信に満ちています。

それは、本人が自信を持てるだけの努力を日々行っている自覚があるからこそでしょう。

フレッシュな人はいつでも物事に対して前向きに、そして全力で取り組みます。

どんな些細なことでも決して気を抜かず、例え結果が失敗したとしても、「やれるだけのことはやった」と後悔なく言い切れるだけの努力をします。

だからこそ、自分に取って不利な結果になったとしても、自信を失くすことはあまりないのです。

もちろんどんなに前向きな人でも、失敗が続いたり、自分が信じていたものが間違っていたりした時には、それなりに落ち込むこともあるでしょう。

フレッシュな人も同様で、時には自分の自信が揺らぐことだってあります。

しかし、自分が間違っていることに気付いたなら、直ぐに反省して気持ちを新たに切り替える強さを持っていますので、いつまでも落ち込むことはありません。

そうしてまた自分に出来る懸命の努力を日頃から怠けることなく行っているため、いつでも自信に満ち溢れていられるのです。

なんでも挑戦する

フレッシュな人は非常にアクティブに行動しますので、何に対しても臆することなく挑戦していきます。

高いところや怖いものが苦手であっても、それを避けるまでに一度は克服しようと果敢に試みることが多いです。

その結果どうしても自分にとってダメなものがあれば、その状況に陥る前に上手に回避する方法を考え出します。

また、自分が経験したことがないものに対しては、食わず嫌いをすることなくとりあえずは挑戦します。

そして挑戦してみた上で、それが好きか嫌いか、得意か苦手かを判断します。

やってみて後悔することは善しとしても、やらずに後悔することを善しとはしない性格のため、なんでもまずは挑戦してみる積極性を持っています。

清潔感のあるファッション

フレッシュな人は、ファッションにも最低限気を配っています。

それも、ゴテゴテと自分を飾り付けるのではなく、シンプルで、かつダサすぎない程度のファッションをチョイスすることが多いです。

また、シンプルな服装でも靴や帽子、腕時計などちょっとした小物に気を遣うことが多く、いかにも全身ブランドもので包むような品の無さは見られません。

一見するとごく一般的な、何気ないファッションをしていることも多いですが、きちっと見る側に清潔感を感じさせます。

どんなにシンプルなファッションでも、服のシワはなく、靴の汚れもないなど、見た目の印象も良いです。

キリッとした表情

フレッシュな人の笑顔は、ヘラヘラしておらずニコニコしています。

また、普段は落ち着いた穏やかな表情をしているか、キリッとした精悍な表情をしていることが多いです。

真面目そうな表情をしている時でも、堅苦しさや窮屈な印象を相手には与えません。

自分の顔つきや表情で、相手の抱く感情が容易に変化することもよく理解しています。

そのようにキリッとした表情をしているため、いい加減な印象や怠けた印象はなく、接する人からは良い印象を受けることが多いです。

屈託のない笑顔

フレッシュな人の笑顔は、見ている人の気持ちを安心させます。

普段はキリッとした表情をしていても、笑うとにっこりとして屈託のない笑顔になることが多いため、その無防備な笑顔とのギャップに良い意味で絆される人も少なくはないでしょう。

笑顔でいることは、自然と相手の警戒心を解き、心の距離を近づけます。

不愛想な人には誰も近寄ろうとはしませんが、いつもニコニコと明るい笑顔でいる人の側には、自然と人が集まってきます。

笑顔にはそれだけの力があり、またフレッシュな人の屈託のない笑顔は、「この人といると安心出来る」というリラックスした気持ちになることが出来ます。

可能性を信じている

フレッシュな人はいつでもポジティブで前向きです。

また、常に物事を良い方向へと考える癖も付いているため、どんなに困難な状況に陥っても諦めることはしません。

本当にどうしようもなく動かせない事態にならない限りは、どうにかして良い方向へと道を切り開いていこうとします。

他の人たちが「これはダメだね」と諦めてしまっている状況になったとしても、それをどうにか出来る可能性を最後まで信じて行動に移します。

そんなフレッシュな人の行動は、時に周りの人を無言で励ましたり、可能性を同じように信じさせたりします。

普通の人では諦めてしまうような状況でも、周りに流されることなく可能性を信じ続けることが出来る芯の強さを持っています。

話を真剣に聞く

フレッシュな人は、いつでもどんなことに対しても一生懸命になれます。

くだらない冗談を話している時でも、相手をよく観察しているのでその言葉の奥にある本心や感情を無意識に読み取ろうとします。

人と話をしている時にも、真剣になって聞きます。

それが真面目な話や相談事であれば余計に真剣に、そして親身になって話を聞きます。

どんな話の内容であっても、決して他人事だと聞き流したり、いい加減な態度で聞くことはありません。

まさに「聞く」のではなく、「聴く」ことをします。

もし誰かから相談事をされたなら、それがもしも自分に起こった出来事だったとしたら・・と想像しながら話を聞いたり、相手の性格を考慮した上で出来る限りのアドバイスをしたりします。

仕事に関する話であれば、自分にとって重要な内容があるかもしれないと、話の最初から最後までしっかりと耳と意識を傾けて話に聞き入ります。

そんな真剣な態度は、話をする側の相手にも伝わるため、「この人は真剣に自分の話を聞いてくれている」と好印象を抱かれやすいのです。

たくさん食べる

フレッシュさと食欲とは無関係のように思えますが、実際には関係しています。

フレッシュな人はとても健康的な生活を送っていることが多いため、食事も毎日三食きちんと摂ります。

暴飲暴食をすることはあまりありませんが、毎日しっかりと食事を摂っているため、食べる時にはたくさん食べる人が多いです。

また、食べたものはエネルギーに変わりますので、それが毎日のアクティブな行動力に活かされています。

よく眠る

フレッシュな人はよく食べ、そしてよく眠ります。

しっかりと睡眠時間を確保することで、朝起きてから一日の行動を元気に送ることが出来ています。

睡眠不足の状態では、集中力は切れやすくなり、気力は起こらず行動や意識が適当なものになりがちです。

しかし、フレッシュな人はきちんと自分に適した睡眠時間を毎日摂っているため、朝起きてから夜眠るまでの間を全力で行動することが出来ているのです。

フレッシュな人のメリットは?

フレッシュな人には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

これまでにフレッシュな人の特徴を挙げてきましたが、そのどれか一つでも同じように振舞うことが出来れば、恐らくはこれまで以上に周囲との関係や、自分の生き方を良くしていくことが出来るようになるでしょう。

フレッシュな人が持つメリットについて、以下にご紹介していきます。

第一印象が良い

フレッシュな人の持つ特徴は、清潔感のあるファッションに、キリッとした表情。

そしていつでも明るく元気で、屈託のない笑顔。

それだけでも、周囲の人からの印象は良いでしょう。

そんなフレッシュな人では、第一印象も同じく良いです。

大抵の人は、清潔感があって爽やかで、何事にも積極的な明るい人に対して良い印象こそ抱いても、悪い印象など抱きません。

フレッシュな人は、初対面の人からの印象が良いという大きなメリットがあるのです。

愛されやすい

フレッシュな人は、いつでも全力で物事に取り組みます。

例えそれが自分に関係のないことだとしても、それでやる気を失くすことなく一生懸命なため、周囲からの評価は高く、また人間性でも愛されやすいです。

「この人なら安心」という確かな信頼や安心感を抱かれやすいため、常に誰かしらと一緒にいたり、人だかりの中心にいたりすることも多いです。

誰でも人から愛されたいと望むものですが、フレッシュな人は自分らしくいることで、自然と人から愛されやすくなっているのです。

サポートしてもらえる

フレッシュな人は自分のことだけでなく、他人のことでも一生懸命になったりアクティブに行動したりします。

それは他者からの信頼や愛情を得る結果に繋がるため、フレッシュな人自身が困難な壁にぶつかることがあれば、自然と周囲の人たちがサポートしてくれる形になります。

日頃無償で他人を助けることも多い分、自分が困った時には周りに頼み込まなくても、相手の方から「手助けするよ」と声をかけてくれる機会が増えるのです。

成長できる

フレッシュな人はいつでも物事に積極的に挑戦していきます。

そのため、自らさまざまな出来事を体験し、未知のものにも触れていく機会を得ています。

狭く深く物事を知ることも時には大切ですが、一方向しか見ることが出来なければ、万が一のことがあった時には上手くそれに対応することが出来ません。

しかし、日頃から浅く広く触れておくことで、何かあっても臨機応変に対応することが出来ます。

フレッシュな人は、積極的にたくさんのものと触れ合うことで、自らの成長に繋げているのです。

フレッシュな人は印象バツグン!

爽やかで清潔感のある外見に、屈託のない笑顔。

親身になって自分の話を聞いてくれて、いつでも明るく前向きに行動している。

そんな人が周りにいれば、あなたも自然とその人に近づきたい、仲良くなりたいと思うことでしょう。

もしくは、自分にないものを持っているフレッシュな人に対して、「羨ましい」という気持ちが沸いてくるかもしれません。

フレッシュな人は、その人の振舞いだけで周囲からの印象は抜群です。

自分もまったく同じようになるのは難しいかもしれませんが、フレッシュな人の持つ良い部分をほんの一部でも自分も取り込むことが出来るようになれば、それまで以上に周囲から良い印象を得ることが出来るようになれるかもしれません。

この機会に少しでも、フレッシュな人から良いところを学んでみましょう!