CoCoSiA(ココシア)

かわいそうだと思う人の26個の特徴

あなたの周りに、「あの子、かわいそう・・・」と思う人はいますか?

人から嫌われていたり、いつもうまくいかなかったり、本人は気づいていないようだけど人から浮いてしまっていたり・・・、人として哀れに感じる人っていますよね。

というか、自分がそんな風に思われていたらすごく嫌だし、ショックですよね!

では、そんな周りから「かわいそう」って思われちゃう人って、どんな人なんでしょうか??

じつは、自分も周りから「かわいそうな人」として見られていないか!?

検証してみましょう!

かわいそうな人の特徴26個

人をいつもイライラさせてしまう人とか、人から嫌われてしまう人とか、信用されなくて人間関係がズタズタな人など、周りからもう「かわいそうな人間」として扱われちゃっている人っていますよね。

注意されたり、人からバッシングを受けたりすることって、まだ興味を持たれている証拠だし、まだあきらめられていない証拠かもしれませんけど、「かわいそうな人間」とも割れちゃっていると、もう誰からも注意もされなくて当たり障りのない対応しかしてもらえなくなったりしています。

そのせいか、本人は自分が「かわいそうな人間」と思われていることに全然気づかなかったりするんですよね。

それって、もし自分がそうだったらかなり怖いことです・・・。

そうならないために、かわいそうな人の特徴をここでチェックしてみませんか?

あなたの周りにも「あ~、こうゆう人いるいる!」っていう特徴があるかもしれません。

哀れになるかわいそうな人の特徴

「かわいそうな人」と言っても、その気持ちにはちょっとした違いがあるかもしれません。

本当に境遇がかわいそうとか、純粋にかわいそうと思う時と、哀れな気持ちになってかわいそうと思う時があります。

哀れに感じるときは、最初はその人に対してイライラさせられていたのに、もうそれを通り越して気の毒に感じるときかもしれません。

気の毒に思うと、その人のことをちょっと同情していますよね。

でも、心の奥底では「ああはなりたくないものだな」と感じているでしょう。

では、そんな気の毒に感じるような、哀れになるかわいそうな人の特徴とは、いったいどんなものなのでしょうか?

常識を知らない

まず、常識を知らない人。

常識って、人によって捉え方が違ったり、感じ方が違う点もあることかもしれません。

特に世代が違ったり、育ってきた環境が違うと、常識にずれや通用しない感覚というものが生まれてしまうことがあります。

でも、社会にはある程度の共通した常識という、当たり前の知識や行動の基準や考えというものがあります。

「常識」という言葉を調べると、それは一般の社会人が共通に持つべき普通の知識や判断力という、考えがあることがあります。

つまり、常識とは普通のことなのです。

しかし、その”普通”が通用しない人がいるのも事実。

非常識な人は、本当に常識を知らないので、自分がみんなが持っている普通の共通の知識やそれに基づく行動からそれていること、そしてそれゆえに人にイヤな思いをさせていたり、失礼な言動をしていたり、価値観がズレていることを認識できないから、人からどういわれても自分を変えることが難しかったりするようです。

自分が育ってきた環境ゆえに、一般の人と感覚がズレているという人も、常識がなくて周りの人から嫌われるような言動をすることがありますけど、自分とは違う人の感覚や世の中の常識を理解し、受け入れようという心構えがある人は、まだいいですよね。

ただ、そのような常識を知らない人たちの中には、人の目は気にしないとか、人に自分の価値観を押し付ける人は最低とか、そのような考えに誇りを持っているかもしれません。

確かに、その意見には正しいところがあるのかもしれませんが、常識は社会という人と人との繋がりの中で生きているわたしたちが当然持つべきマナーであったり、他の人への思いやりの行為でもあったりするのです。

なので、常識を持たない人は人に不快な思いをさせていることが多いし、常識を否定する人はその自分勝手すぎる考えに人から信頼を無くすことでしょう。

正しい判断ができない

判断力というのは、生きていく中でかなり必要なものでしょう。

毎日の生活の中で、わたしたちはあらゆる選択肢の中から、自分で「よい」と思えるものを選んでいます。

そのように、正しい判断ができる、ということはプライベートにおいても、仕事においてもとても成功するために、とても重要な能力と言えます。

結局、わたしたちの生活は、過去に選択し自分で選んできたことに基づいて成り立ってるので、正しい判断力は自分の将来にとってもかなり重要になるわけです。

さらに、仕事で上の立場になったなら、即座に正しい判断力をもってチームを導いていかなくてはいけないこともでてくるでしょう。

でも、正しい判断力に欠けている人もいます。

選択する、決定するというときに、物事を冷静に考え整理して、今必要なことや、正しいことを選ぶことができないと、いつまでたっても人頼みで生活したり、人任せに仕事をすることになりかねません。

そのような判断基準があいまいな人は、周りの人の意見に大きく依存してしまう傾向があるでしょう。

そうすると、人からの意見や自分の一時の感情に大きく大きく左右されて失敗したり、さらに結局自分で責任を負えなくなる、という人もいます。

その判断の間違いによって、さらには判断が遅れることによって、周りの人は大きな迷惑をこうむることもありますよね。

正しい判断基準を持っていない人は、一人前の人として信頼されたり、責任を負える状態とは言えないので、かわいそうな人でしょう。

狭い世界で生きてる

とにかく、自分の中の世界だけで物事を見ている人っていますよね?

そして、それが世の中のすべてだと感じています。