CoCoSiA(ココシア)

淑女とはどういう意味?そうなるために身につけるべき12個のこと


あなたはどんな女性に憧れますか?

この先どんな女性になりたいと思っていますか?

女性は、こうなりたい!と思う女性像を誰もが持っています。

その理想の女性となるために日々美意識を高めて努力するわけです。

その中でも人気なのは淑女です。

女性は最終的には淑女になりたいと憧れ、淑女になるために努力する人が多いのです。

でも淑女の本当の意味を知っているでしょうか。

また淑女になるために必要なことを心得ているでしょうか。

今回はただ漠然と憧れるのではなく、具体的に何をどうすれば良いのかを考えて実現できるように勉強していきましょう。

ここからは『淑女』についてを掘り下げて紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

淑女とは

まず淑女という言葉について説明していきましょう。

少し読み方が難しいように感じますが、「しゅくじょ」と読みます。

どのように使うかいくつか例文を見ていきます。

・淑女にいくつかの質問された
・淑女の耳には届かなかったようだ
・淑女を見ると平然としていた

淑女とは自分を指す言葉ではありません。

他人が女性を見て「淑女」と評価して、そう呼ぶのです。

気品のある女性のこと


淑女とは、しとやかで上品な女性のことをいいます。

気品のある人。

そして品格や徳行のそなわった婦人のことです。

女性に対する丁寧な呼び名となります。

気品のある女性だと周りが判断して、その人に対して呼ぶ時に使われるのが淑女という言葉になるのですね。

【品格がある人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

類義語

・レディー
・貴婦人(身分の高い婦人)
・貴女(きじょと読み、女性の二人称単数)
・刀自(とじと読み、年配女性の敬称や主婦を指す)
あとはマダム、お嬢様なんて言葉も類義語になるでしょう。

言われたら嬉しい敬称と思っていて良い言葉です。

対義語

・紳士
淑女の対義語は紳士となり、上流社会の男性のことをいいます。

上品で礼儀正しい男性のことを紳士というのは、淑女よりも多く使われていますね。

紳士服というのも、気品のある男性が着る服という意味で使われています。

淑女になるために身につけるべき12個のことを紹介!


さて、では気品のある女性である淑女になるために気をつけることとはどのようなことでしょうか。

淑女とはいったいどうしたら呼ばれるものなのでしょうか。

ここらは淑女になるために身につけるべきことを紹介していきます。

一日ではなく、日々の言動を意識することで淑女は作られていきます。

さっそく今日から身につけるべく意識してみてください。

1.動きが落ち着いている

淑女はいつだって落ち着いています。