CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

酒乱な人の12個の特徴と心理。お酒を飲むと暴言を吐く人の対処法もご紹介!


お酒を飲むと暴言を吐くなどの酒乱になる人がいます。

お酒を飲むとストレス解消になったり、疲れが取れて気分が晴れることもあるので 本人にとっては楽しい時間 になるでしょう。

しかし周りの人は、酒乱な人の対処にてこずってしまうことがあります。

特に職場にそのような人がいると対応に困ってしまうのではないでしょうか?

そこでこの記事では、酒乱な人の特徴と心理、周りの人がすべき対処法、直す方法などをご紹介します。

酒乱な人の対応に困っている人は参考にしてみてください!

酒乱にてこずっているあなたに


あなたの身の回りにも酒乱な人はいませんか?

普段は良い人だけど、ついついお酒の場になってしまうといつも飲みすぎてしまい、最終的に出来上がってしまうと暴言を吐くようになったり、扱いが面倒になったりなど、 何かと面倒な一面 をもっている人はいませんか?

飲み方に気を付けてもらえればいいのですが、酒乱な人はいつも自分を制御できずにその状態になってしまいます。

そのため、周りの人が言葉で注意してもあまり意味がなく、いつも飲みすぎてしまうことがほとんどです。

酒乱とは

酒乱な人
まずは酒乱の意味についてご紹介します。

酒乱という意味は、その名前の通りお酒を飲むと人が変わったかのように暴力をふるったり、暴言を吐いたり、暴れたりする人の事を指し示しています。

よくドラマでもあったりしますが、お酒を飲んで酔っ払ってしまったら 性格が変わったかのように別人 になってしまう描写があるかと思います。

お酒が強い弱いに関係なく、お酒の力で別人になってしまう人が酒乱ということになります。

お酒との付き合い方の問題になるかと思いますが、自分が覚えていないくらいまで飲んでしまうのは危険です。

大人であれば、自分がどこまでだったら問題なく飲めるのかという事を把握して飲まなければいけません。

これ以上は少しやばいかも…というラインくらいは誰だってわかるはずです。

しかし、いつも飲んでいるメンバーだったり、慣れ親しんだ仲間と飲んでいると楽しくてついついお酒を飲みすぎてしまう場合があり、そうなってしまうと どうしても止まらなくなってしまう 人が多いようです。

周囲は非常に迷惑する

酒乱な人が一人でも存在してしまうと、周りは迷惑してしまいます。

酒乱な人は先ほどお伝えした通り、暴れたり、暴言を吐いたり、人に対して迷惑になるような行動を取ってしまいがちです。

なので、当然同席している人は迷惑でしかありません。

飲みすぎないように注意を促しても、すでに出来上がっている場合はいう事を聞きませんし、暴言を吐かれる事にも繋がりますので、強く注意できないのです。

周りに迷惑をかけるという事は、 社会的な信頼をなくす行為 にもなります。

例えば、あなたが好きな人がいたとして、普段とても親切で優しくて礼儀正しい人でも一緒に飲みに行った時に、お酒を飲みすぎて、酒乱な人だったらどう思いますか?

暴れたり、周りに対して迷惑になるような行動を平然と行い、最終的に記憶にないなどの言い訳を言っている場合、おそらく信頼をなくすのではないでしょうか。

酒乱な人の特徴12個


ここからは酒乱な人の特徴についてご紹介します。

酒乱な人の特徴はある程度決まっている場合が多く、自分の周りにいる酒乱な人と比べてみてください。

初めて飲みにいく場合でも、これからご紹介する特徴が当てはまっている場合は、注意が必要かもしれません。

飲みに行くと案の定酒乱になってしまう可能性がありますので、確認項目として 一緒に飲みにいく人の特徴 を把握しておきましょう。

酒乱ではない人も、酒乱になってしまう人の特徴を把握しておけば事前に被害を抑える事が出来ますよ。

1. ストレスが溜まっている

酒乱な人の特徴として挙げられるのがストレスが溜まっているという事です。

常に大きいストレスにさらされている場合は、ストレスを解消したいと心のどこかが悲鳴を上げている場合があります。

その溜まった大きなストレスを飲み会の場で発散しようとしてしまうのでしょう。

また、お酒を飲むと気分が良くなりますし、 酔っている間は嫌なことに目を向けなくて済む のでついつい飲みすぎてしまうのです。

このような場合、お酒だけでなく他のストレス発散方法を見つけた方がいいでしょう。

2. 自制が効かない

酒乱な人の特徴として、自制が出来ない事も挙げられます。

ページトップ