日本語には、私たちが日常的に使っているのにも関わらず、あまり意味の知られてない言葉や、具体的に何を指しているのかはっきり認識されていないものがあります。

だいたいの使い方や、ニュアンスは浸透しておいので、その言葉を聞いた方も使った方も共通理解が得られ、誤解が生まれることはないのですが、改めてどんな意味ですか?と聞かれると少し考えてしまう言葉があります。

そんな言葉の一つである「不甲斐ない」という言葉の意味や使い方、また不甲斐ないと言われてしまう人の特徴を考えてみましょう。

不甲斐ないとは?

無力さを感じたときなどに、「不甲斐なく思っております」など言ったり、「不甲斐ない結果」と使ったりします。

では、「不甲斐ない」とはそもそもどう意味でしょうか?

テレビなどで耳にすることもありますし、実生活の中でも自分が使ったり、人からいわれたこともあるかもしれません。

しかし、はっきりと言葉の由来や意味を説明できる人は少ないでしょう。

辞書によりますと、不甲斐ないの意味は、「意気地がない」「情けない」「だらしがない」「弱々しい」となっています。

確かにみなさんのイメージ通りの意味ではないでしょうか?

みなさんこのような意味で使ったり、理解していますよね?

後で、ここにあげられている、それぞれの言葉の意味を考えてみますが、まず、不甲斐ないという言葉を、より細かく区切っていくともっと面白くなります。

最初に「甲斐」という言葉に注目してみましょう。

「やりがい」「年甲斐」「頼りがい」など、この「甲斐」という言葉を使った他の言葉もたくさんあることに気付かれるでしょう。

甲斐には、「価値のあるもの」「効能」という由来があり、「行動の結果として表れるしるし」「努力した結果」という意味があるそうです。

「甲斐性のある男」などという言葉もありますが、この甲斐という言葉の意味を当てはめて考えると、「はつらつ働いて頼もしい男」「努力して結果を刈り取る男」という意味であることも分かります。

ですから、甲斐のもつ良い意味の反対、もしくは甲斐がないということで「不甲斐ない」となったわけです。

意気地が無い

意気地がないとは、「困難や苦しみに耐えて、やり遂げるだけの気力がない」「精神力や生命力が弱い」「勇気がない」という意味になります。

ですから決して褒め言葉ではないですよね。

男性に対しても、女性に対しても使うことができますが、特に男性には、最後まで頑張り通す気合いや、大変な状況でも諦めない心の強さを期待するので、意気地がないと見られると、かなりのマイナスポイントになってしまいます。

やはり、何事も諦めないという強さは、周りも元気づけますし、結果を刈り取るには欠かせない特質でしょう。

情けない

情けないという言葉にも、様々な意味や使い方があります。

まず一つ目は、「思いやりがない」「無情」という意味があります。

「そんな情けもないことをよくできるな」「情け容赦のない仕返し」などという使い方がされています。

二つ目は、「惨め」「見るにしのびない」という意味です。

「ずぶぬれの情けない姿」などと使用されます。

三つ目は、「情けない成績に終わった」「こんなひどいことをした自分が情けない」などと用いる場合の、「嘆かわしい」「同情の余地がない」「残念な」という意味です。

不甲斐ないという意味に含まれるのは、三番目や二番目でしょうか?

自分が努力しないで良い結果が得られなかった時や、性急な判断や思い込みで行動してしまい、誰かを傷つけたり、失敗した時などに「不甲斐なく思う」と言い、これらの様子を表しています。

だらしない

「だらしない」という言葉も、日常生活でよく使う言葉です。

人に対しても、物に対しても、ライフスタイルに関しても使います。

「だらしない服装」「だらしなく寝ている」など、「きちんとしていない」「整っていない」という意味や、「お金にだらしない」「時間にだらしない」というように、「節度がない」「しまりがない」という意味も含まれます。

また、「これくらいで疲れるなんてだらしがないな」などと「根性がない」「体力や気力がない」という意味合いもあります。

ですから、髪型や靴を含め着ているものなどが、よれよれしていたり、汚れていたりする外見からだらしない印象を与えてしまうこともありますし、いつも遅刻していたり、やり始めたことを直ぐにやめてしまうなど生き方でもだない人と判断されてしまいます。

弱々しい

大人の女性に対して弱々しいという時には、非常に女っぽい、繊細、華奢などの、女性らしさの特徴を持っているという、褒め言葉とも取れるような使い方をすることもありますが、「不甲斐ない」ということを言いたい時の「弱々しい」という意味は、「ひ弱」「度胸がない」「力のない」という、心身の弱さを強調した意味合いになります。

何かを成し遂げるには、気力と体力は大切です。

それら両方がないならば、成果を上げるまでに体力が持たずダウンしてしまったり、プレッシャーに耐えられずにメンタルが落ちてしまい、身体も動かなくなってしまうかもしれません。

ですから、本人も周りも残念に思うことでしょう。

不甲斐ない人の15の特徴

これまで「不甲斐ない」という言葉の意味について考えてきました。

意気地がない・情けない・だらしない・弱々しいとどれもネガティブな意味合いですが、それらが人に適用される時にどんな意味合いを持つのでしょう。

周りに「不甲斐ない」と感じる人はいますか?

友達、家族、職場の上司や同僚の中にいませんか?

また、自分自身はどうでしょうか?

わざわざ人の悪い所を探す必要もないのですが、自分自身を改めるきっかけにもなりますのし、身近な者として、親切かつ率直にアドバイスできることもあるかもしれないので、これから不甲斐ない人の特徴を見ていきましょう。

どんな特質や行動を見た時に、人は、「この人は不甲斐ない人だ」と判断するのでしょうか?

あなたも同意されるポイントがあるでしょうか?

自信がない

日本人は謙虚な国民性と言われています。

「この仕事をあなたに任せても大丈夫ですか?」と聞かれた時に、大抵の方は、100%できると思っていても「私が適任かどうか分かりませんが、最善を尽くします。」などと答えますよね。

そのように答えると、文化の違う欧米などでは、自信がない人、無能な人と見なされます。

ですから「もちろんです。お任せください」と答えるのです。

しかし、日本の社会の中で、共通の謙虚さ、美徳意識を持っている間柄であったとしても、自信がない人だなと感じさせてしまう言動があるのです。

それはどんなポイントでしょうか?それは、自己評価が非常に低く、「自分は何をやってもダメ」と常に言っていたり、他の人の評価を気にしすぎているような態度です。

そうなると、謙虚ではなく、自信がない人と日本人の間でも見られます。

しかし、自分のダメな所を意識したり、人の意見を聞くことは、成長するために必要な良い特質にもなり得ます。

今はウィークポイントである自信のなさを、プラスに繋げて甲斐性のない人を脱却しましょう。

意見を言えない

自分の意見を言えないことも、自信のなさや意気地のなさの現れと言えます。

自分はそうは思わなくても、相手の言うことに黙って合わせたり、いつも同意することしかしないと、人から意見を求められることがなくなってしまいますし、自分でも自分を認めてあげることがますます難しくなります。

ですから、たまには自分の考えをはっきりと伝えてみましょう。

自分の意見を言うからといって、 相手と衝突したり、空気が悪くなるわけではありません。

むしろ、敬意をもって扱われることが増えると思いますよ。

メンタルが弱い

不甲斐ないこととは、弱々しいことという意味がありますが、考え方が弱いことも含まれます。

メンタルの弱さは、すぐに動揺したり、うじうじとリスクやネガティブなことを考え続けているという行動に表れます。

メンタルが強い人は、突発的な事態や、予期していないことが起きても、冷静に平常心で対応でします。

しかし、メンタルが弱いとパニックを起こして、的確な判断ができなかったり、感情的になりすぎて精神的にダメージを受けてしまいます。

そうすることによって、いろんなことがトラウマになってしまい、びくびくした毎日を送ることになるのです。

さらに、自分ではどうしようもできないことや、今はまだ起きてもいないことで悩んだり落ち込む人も、メンタルが弱いと周囲は判断します。

解決策がないことを考え続けるのは時間のムダです。

メンタルは時間をかけて、ゆっくりと鍛えて強くすることができます。

ネガティブなことをうじうじ考えるのではなく、物事の良い面や、楽観的な考え方をあえてするように務めましょう。

責任感がない

責任感は、結果を出すまで頑張る甲斐性のある人と、まさに正反対な人と言えるかもしれません。

責任を持つということは、プレッシャーがかかりますし、面倒なことです。

ですから、責任感がない人は、そのプレッシャーを逃れようとする弱い人ともなります。

さらに、「他の人がなんとかしてくれるだろう」「面倒なことは嫌で、楽しいことだけしたい」という幼稚な考え方がベースになっていることも多いです。

後先考えずに自分のやりたいことだけをやり、その後何かトラブルになっても、「知らない」「自分には手に負えない」と見ないことにするのです。

責任感のない人は、家族や友達、また会社で人に迷惑をかけて、自分の責任を身近な人に負ってもらうことになるので、いずれ相手にされなくなってしまいます。

そうなる前に、逃げ腰な考え方を改めるようにしましょう。

ネガティヴすぎる

ネガティブとは、「消極的」「否定的」「悲観的」という意味になりますが、それが「過ぎる」わけですから、常に複雑に、暗く考えてしまうわけです。

人は誰でも、落ち込むことも、悲観的になるタイミングもあります。

しかし、あまりにそれが進むと、自分の心身を傷つけてしまいますし、周りの人の気分まで下げてしまいます。

ネガティブ過ぎる人は、海外旅行に行きたいと思っても、飛行機事故にあうこと、パスポート盗まれることなどを次々考えて、結局旅行はやめておこうとなるでしょう。

そうすると、起きる可能性がかなり低いことによって、素晴らしい経験や、新しいことを学ぶ機会を逃してしまいます。

本当にもったいないことですよね?

これは危険やリスクを想定して、備えるという現実的で健全な見方を遥かに超えた、ネガティブ過ぎる意味のない心配です。

いつもこのような考え方をしていると、表情も暗くなったり、疲れた感じの雰囲気になるので気をつけましょう。

勇気がない

頭の中では良いプランが出来上がっていたり、思いがあっても、実行できない人がいるかもしれません。

そんな人に必要なのが「勇気」ですよね。

勇気が出ない理由としては、周りの反応が気になりすぎてしまったり、実行する前にネガティブなことが浮かんで気力が萎えてしまったり、単に踏み出すのが怖いという気持ちかもしれません。

しかし、目標を達成するためには、一歩踏み出さなければ始まりません。

これは、仕事でも恋愛でも言えることです。

ですから、度胸を付けるために、小さな成功体験を繰り返すようにしましょう。

大きなことをする勇気がなくても、徐々にならして、自分の勇気をレベルアップさせていくのです。

例えば、好きな人に告白する勇気がないなら、まずは、必ず挨拶することを目標にします。

それができるようになったら、目を見て話すことに取り組みます。

このように、一つ一つ、自分が思いつき決めたことができた、という成功体験を積み重ねるなら、自信に繋がり、告白する勇気も出てくるでしょう。

頼りにならない

頼りにならないとは、信用ならない、任せられないとにたような言葉ですが、肝心な時に頼りにならない人には本当にがっかりさせられます。

何かをお願いした時に「いいよ、任せといて」というのに、実際は、口ばっかりで何もしてくれないと、責任感のないだらしない人だなと思いますね。

また、トラブルの時にパニックになりあたふたとしている人も、情けない人だと感じます。

また、助けが必要な状況なのが分かっているのに、自分が巻き込まれるのを怖がったり面倒がって、遠くで見ている人にも、なんて意気地がないと腹立たしさを感じます。

このように不甲斐ない人だなと感じてしまう要素が、頼りにならない人にはいっぱいあるのです。

家族を持っている男性や、部下がいるような人は、あなたを頼りにしている人がいることを肝に銘じ、このような行動をとっていないか正直に自己吟味しましょう。

気弱で弱腰

優柔不断な態度を取ったり、常に受け身な考え方をする人、または成り行きにまかせる人などは気弱で弱腰と見られます。

やはり、意思をしっかり持ち、多少の困難があったとしても、周りを説得しようとか、やり遂げようという心意気がないと、不甲斐ない人だなと感じます。

物腰が柔らかいとか、柔軟、道理にかなっているという積極的な柔らかさは、強い信念と実行力があって成り立つものです。

そのような芯がないなら、常に周りに押されて、望まない方向に向かっても、改善する力もなくなってしまう情けない状況に甘んじるしかなくなります。

そんなことにならないように、自分の意思を上手に伝えるコミュニケーション力を磨くようにしましょう。

相手との意思疎通がストレスなくスムーズのできるような技術が身に付くと、たとえ言葉が少なくても、相手にとって聞きやすい表現やタイミングで、自分の考えを伝えられるようになります。

能力がない

能力がないと言われると、絶望的な感じがしてしまいますよね。

能力にも様々な分野がありますが、何をやってもうまくいかず自暴自棄になると、自分には能力がないと思うかもしれませんし、職場で仕事ができなかったり、上司からいつも怒られている人を見ると、能力がないと考えるかもしれません。

また、どんなに教えてもできない人をみて能力がないから仕方ないと諦めるかもしれません。

しかし本当に能力のない人などいないという見方もあります、人によって、得意なこととそうでないことがありますし、だいたいの仕事上のトラブルは、意思や目的が伝わっていないことによって起きているそうです。

ですから、結果の出せない不甲斐ない人と思われる前に、自分の得意分野を見つけたり、多少時間がかかっても、指示されていることが理解できるまで確認するようにしましょう。

すぐ泣く

映画やドラマで感動して泣くのではなく、都合が悪くなると泣く人は、周りから情けない、弱い人と見られます。

そういう人は、面倒を回避したり、自分の願いを通すための武器として涙を使うのです。

たとえ泣いている本人が悪くても、目の前で泣かれてしまうのて、罪悪感を感じたり、話が先に進まないのでイライラしてきますよね。

ですから、ずるい、うざいという存在になってしまうのです。

どんなに可愛い女の子であっても、この方法を使って人を操ろうとすると、その根性の悪さが顔に出ますし、全うな大人は相手にしてくれません。

ですから、泣いて何とかやり過ごそうという考えは、早々に捨てましょう。

オロオロしている

目が泳いでいたり、落ち着きを失っていたり、動揺や焦りが表情や行動に表れている様をオロオロしていると表現します。

知らない場所に行ったり、近くで誰かが大声を出していた時に、ドキドキしたり、ビックリしたりしてそうなるかもしれません。

このような人のことを、小心者と表現することもあるでしょう。

少しのことで動揺してしまうなら、メンタルの弱い人と思われますし、それが、逃げ出したり、黙り込むなどのネガティブな行動に出てしまうなら、本当に弱い人だと思われ、威厳を失ってしまうので、多少ドキっと心が反応しても、表情はクールでいられるように、早めに心を整えるテクニックを身につけましょう。

この点での早道は、新しいことに対する恐怖感をなくすことです。

初めての場所、初対面の人、食べたことのない物、初めての仕事などに直面する度に、いちいち心が乱されていると、人生ずっとオロオロしていなければなりません。

新鮮さや感動を感じるドキドキならプラスに働くので、焦りや恐怖心をワクワクに切り替えられるようにしましょう。

受け身

受け身な人とは、主体性がなく、何も考えずに言われたことだけをするとか、他からの働きかけを待つ消極的な態度の人です。

つまり、自分で考えて行動することのない人です。

いつも、指示がない限りポケーとたっている人、職場にいませんか?できるだけエネルギーを消費したくないのか、そもそも持っていないのか分かりませんが、力を出し惜しみしているように感じますよね。

また、指示されるまで何もできないと、考える力がないのかとあきれてしまいます。

指示しないのが悪い、言われたことはしていれば悪くないだろうと本人は考えているのかもしれませんが、周りを観察して、自分の役割を認識し、それを確認しながら実行する力は、周りの信用を勝ち得、自分が成長するために欠かせません。

有意義な人生をおくるためにも、自分で考える習慣を身につけましょう。

見て見ぬ振り

悪事を目撃した時に、誰にもそれを報告しなかったり、何も行動を起こさない時に、見て見ぬ振りをしたと言いますね。

実際は見たのに、見なかったように振る舞うという意味です。

「黙認した」「スルーした」と表現することもあります。

そうする心理は、面倒に関わりたくない、トラブルに巻き込まれたくないというものでしょう。

確かにそのような心理になることもあると思います。

しかし、自分が困っている状況や、助けが必要な時に、見て見ぬ振りをする人のことをどう感じますか?不甲斐ない人と思いますよね。

そのようなピンチの時こそ、人の本性が出ます。

いつも仲間のように接してくれた人や、いつでもフォローすると言っていた人が、困った時にスーッといなくなったり、黙っていると裏切られた気持ちにさえなります。

トラブルにあえて突っ込んで、事を荒立てる必要はありませんが、陰からの助け舟を差し出したり、気遣う姿勢など、自分にできる事は精一杯行うなら、信頼を勝ち得る事ができるでしょう。

自立してない

自立するとは、他の人に助けてもらったり、支配されずに、自分の力だけで生きる事と定義されています。

簡単に言うと、政府の援助や、親のすねをかじらないでも立派に生きていくことと言えます。

もちろん社会は助け合いのもとで成り立っており、人は一人では生きていけません。

ただ、自立している人は、親がいないと生きていけないというように、自分の命が一つのものに依存していない状態なのです。

これは、経済力、生活力、精神力など様々な分野に当てはまります。

反面、自立していない人は、精神的に未熟で、誰かに頼りきっていたり、だらしなさから金銭管理ができなかったり、栄養バランスを考えた食事をとったり、健康な生活リズムを自分では実行できない情けない人なのです。

20歳を過ぎて、これらの全ての面が当てはまる人はさすがに少ないとは思いますが、どれの分野が当てはまるなら、苦手分野を克服するように努力しましょう。

心が狭い

心が狭い人と言われたら、寂しいですね。

自分ではなかなか気付かないかもしれませんが、心の狭い人の特徴として、人に厳しく自分に甘いこと、常にイライラして小言を言っている、否定的、人の話を聞かない、自分の話ばかりするという点が上げられているので、正直に自分を見つめ直さないとなかなか気付かないかもしれません。

心が狭い人は、基本的に自己中心的な人です。

ですから、周りの人から、関わりたくない、一緒にいても嫌な思いをすると嫌がられしまいます。

周りを見渡して、友達がいないとか、食事に誘われないと気付いたら、自分の心が狭い事が原因かもしれないと自分の行いを振り返ってみ見ましょう。

そして、手遅れにならないうちに人間関係を修復するように務めましょう。

不甲斐ないと感じるパターン

今まで見た不甲斐ない人の特徴はどれも、人をがっかりさせたり、嫌な思いにさせたり、イライラさせてしまうものです。

ですから、自分にあるなら改めたいですし、身近な人にあるなら直して欲しいですよね。

そのためにも不甲斐ないと感じる、具体的なパターンを幾つか見てみましょう。

自分の不甲斐なさ

若い頃から自信にあふれ、バリバリと仕事をしていたキャリアウーマンが、出産を機に思うように仕事ができなくなり、今までのような結果が出せなくなった時に自分を不甲斐なく感じたという例があります。

このように、しっかりしたポジティブな人であっても、以前できていた事ができなくなった時に、自分にがっかりしてしまうというパターンがあります。

また、ダイエットを始めた人が、食欲を抑えきれずに食べてしまった時や、仕事のノルマを達成できなかった時など、目標や自分に課していた事が、自分の弱さによってダメになってしまった不甲斐なさもあります。

恋人の不甲斐なさ

恋人が責任感がなかったり、ネガティブで愚痴を良く言っていたり、自立していないで、親にも自分にも甘え、その状況すら分かっていない発言を繰り返したり、事故に遭いそうになった時に、自分だけ一目散に逃げたりしたら、そんな事をする恋人の事を、信頼できなくなったり、重く感じたり、逆に物足りなく感じますよね?

そう言う時は不甲斐ない人だなと、別れるのも一つの選択肢です。

しかし、恋人は自分といる事を心地よく感じているのに、「自分の不甲斐なさがあなたを不幸にするから別れよう」と言うのは、「あなたのために努力するのは無理」と言っている事と変わりません。

ですから、本当に不甲斐ののない人になってしまいます。

相手が良いとしているなら、恋人を幸せにするために自分を磨く事や、仕事を頑張る事に注意を集中しましょう。

先輩の不甲斐なさ

先輩なので、教えてくれる人だし、敬意を払わないととは思っていても、昔の武勇伝は語るのに、今の仕事では成果一つ出せない人、自分のミスを後輩のせいにする先輩、上の人にはぺこぺこしているのに、下の自分たちには威張ったり、偉そうにはなすなど、立場によって態度が全く違う人などは、不甲斐先輩だ〜とあきれてしまいますよね。

さらに、ミーティングと称して、ネチネチと嫌みを言ったり、イライラをぶつけられるパターンも先輩に対する評価がグット下がります。

友人の不甲斐なさ

友達だと思っていたとに、自分の悪口を陰で言っていたり、お金を貸してあげたら、そのまま何も言ってこないし、返すそぶりもない場合は、その人のだらしなさや弱さにいやけがし、なんで友達になってしまったんだろうと思いますよね。

そんな本性を見抜けなかった自分に落ち込むかもしれまん。

親の不甲斐なさ

親の立場の人は、子供が大学に行きたいと言った時に学費が出せない時や、離婚した時に不甲斐なさを感じるそうですが、子供としては、やはり親が自分の事しか考えずに、好きなようにお金や時間を使い、子供の事は二の次だった時に、親に対して不甲斐なさを感じるという意見が多かったです。

ですから、経済的に苦境であっても、片親であっても、その状況だけで親に対して複雑な思いになるのではなく、大切なのはそうなった理由という事です。

やむを得ない事情、親が子供の事を真剣に考えている場合は、たとて苦労させられたとしても親に対して感謝の気持ちが芽生えます。

不甲斐ない部分、見直してみよう

不甲斐ないとはどういう意味か、また不甲斐ない人の特徴についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

自分に当てはまる所や、身近な人にいつも感じている不満や、直して欲しいと思っている部分が見つかり、”そうそう”と、うなづきながら読まれたでしょうか?

人の事は冷静に見れるので、簡単に分析できても、自分がどういう人間で、どんな弱さを持っているか、また、ずるい考え方をしていないか、心の弱さを人に負わせていないかを認識する事はとても難しいですね。

しかし、悪い所も含め、ありのままの自分を知らないと、改善のしようがありません。

人はどうしても自分に甘い点数を付けてしまいます。

自分はだらしなくてダメだなのと言いながらも、心のどこかで、そんな自分を正当化したりしていませんか?

ですから、不甲斐ない自分とお別れするために、自信をもつことと、自分の悪い所に目をつむる事は違うという事をはっきりと意識しましょう。

そして、15個の特徴で考えたようなウィークポイントがあるなら、改善するための処置をこうじましょう。

できそうな事から、一つ一つクリアしていくなら、不甲斐ない人を卒業し、結果を出すために努力を惜しまない人、目標に達成するまで諦めない甲斐性のある人になったといえるでしょう。