あなたは何か趣味を持っていますか?

人の人生はとても長く様々なことを経験して自分自身を成長させていきます。

人生全てが正しいことだけではなく、辛いことや、時には苦しいこともあります。

それを乗り越えて、楽しいことや幸せなことを経験していくからこそ、楽しい人生であり、充実した人生であると感じることができます。

そんな人生の楽しい部分の中には、人それぞれが持っている趣味という楽しみが大きな影響力を与えています。

趣味は様々なものがあります。

例えば、スポーツなどの体を動かすような趣味が楽しいと感じている人もいます。

漫画を読んだりインターネットをすることが楽しいと感じる人もいます。

車やバイクなどの乗り物が好きな人もいたり音楽を聴くことが楽しいという人。

ライブに行ってアーティストの音楽を聞くのが好きだという人もいます。

そんなたくさんある趣味の中でも、ライブに関しては、テレビの中でしか見れないような有名人と実際に会って、なおかつ歌を聴くことが出来るような素敵な時間を楽しめる趣味です。

実際に聞いてみると、臨場感もあり、今まで想像でしかできなかったような音楽を生歌で聞くことが出来ます。

夢のような時間を味わうことが出来るのです。

そんなライブですが、楽しむ方法は音楽を聴いたり、実際に見る以外にも、様々なグッズなどを購入したり。

ライブに向けて準備をするのも楽しい時間です。

そんなライブのグッズの中には、キンブレというアイテムが今とても人気です。

キンブレがあれば、ライブがさらに楽しくなるようなそんな負荷効果を持っているアイテムです。

今回はそんなライブで使用する、キンブレについてご紹介をしていきたいと思います。

キンブレをもってライブに行こう!

実際にライブに行ったことがある人は、キンブレだと言われてるかどういうものなのか分かると思います。

あまりライブに行ったことがない人は、キンブレというアイテムがどういうもなのか分かりませんよね。

キンブレというアイテムがあるだけで、まったく違った楽しさを味わうことが出来ます。

そしてさらに、ライブの時間を盛り上げるアイテムになり得ると考えることができます。

もはやライブにとってキンブレは欠かせないものなのです。

ここでは、そのキンブレがどういうものなのかということについて簡単にご紹介をしていきたいと思います。

これからライブに行こうと考えている人や、これから先ライブに行く予定があるという人。

事前にキンブレの素晴らしさや必要性を理解していただくとより準備もはかどると思います。

ライブを思いっきり楽しむことも出来ると思いますので、ぜひチェックしてください。

キンブレってなに?

キンブレは、アーティストのライブであったり声優さんなどのイベントなので欠かせない必要なアイテムです。

先ほどからお伝えしてるように、ライブに参加する人にとっては必需品と考えることができることです。

またいったん購入すれば継続的に使うことができるようです。

そこまで大きな費用もかかりませんし、長く使っていただけるアイテムので購入して損はありません。

具体的にキンブレというものについてご紹介をすると、いわゆる電池式のペンライトという認識を持っていただければと思います。

自分が応援しているアーティストを応援するためのペンライトを持っている方はたくさんいると思います。

例えば自分が応援したいの名前が入ったペンライトを持っている方も多くいます。

ペンライトは手に持つ棒状のアイテムで、そのライトが光るので、その光を動かしながら応援したり、光をもって楽しむことが出来るのです。

これがあると、さらにライブが盛り上がる事間違いなしなんです。

販売会社

ちなみにキンブレをあまり知らないという方は、どうしてこのペンライトがキンブレと言う名前なのか違和感を感じる方も多いと思います。

確かにそのままペンライトと呼べばいいのにと思う方もいるかもしれませんね。

ペンライトを販売している会社もいくつかあります。

その中でもキンブレと呼ばれているものは、ルイファンジャパンという会社が販売している電池式ペンライトの商品シリーズであり、元々の名前はキングブレードと言う名前で販売をされています。

このキングブレードシリーズのことを言われる略称言葉で、キンブレというような言葉で親しまれています。

名前はとてもかっこいい武器みたいなものですが、電池式ペンライトであることに変わりはありませんので、危険な物ではありません。

購入できる場所

ライブに参加する前にキンブレを買い求める方もたくさんいるのですが、具体的にキンブレを購入すると考えた時にどこに販売しているかわからない方も多いと思います。

実際にキンブレを購入したことが無い方は、ペンライトを買おうと思ったことがない方が圧倒的に多いので、購入するならネット通販以外どこで探せば良いのか分からない方も多いと思います。

キンブレを買おうと思った時にどこで購入すれば良いのかということについて簡単にご紹介していきます。

東急ハンズ

キンブレを購入しようと思ったときにまず一番に考えられる場所は、東急ハンズです。

東急ハンズは大都市を中心にホームセンターをチェーン展開している株式会社東急ハンズが行っているお店です。

東急ハンズを知らない方はあまりないと思います。

東急ハンズは様々なグッズが存在しているお店です。

生活用品であったり家電であったりヘルスケア商品であったりキッチン用品であったり文房具や紙製品、事務用品、などさまざまのものが用意されているお店です。

自分が欲しいと思ってるものは東急ハンズに行けば大抵そろってしまうかと思います。

東急ハンズにもキングブレードは販売されているようです。

ライブへ行く前の準備として東急ハンズでペンライトを購入される方もたくさんいます。

ドンキホーテ

キンブレを購入しようと思った時に次に挙げられる購入場所はドンキホーテです。

激安の殿堂ドンキホーテには、様々なものが販売されています。

ドンキホーテに関しても大都市はもちろん、最近は様々な地方にも出店しています。

ドンキホーテが家の近くにあるという方もたくさんいると思います。

東急ハンズのように、ドンキホーテなども幅広い商品が販売されており、その中にキングブレードの販売もされています。

自宅の近くに東急ハンズなどがない場合は、ドンキーホーテへ通ってみるとキングブレードが販売されている可能性はとても高いですよ。

LOFT

その他にキンブレを購入しようと考えた時にあげられる場所はLOFTです。

雑貨以外やそれ以外にも多くの商品が販売されているので、キングブレードのとも販売されている可能性がとても高いです。

キンブレの様なペンライト以外にも幅広いアイテムがあります。

単純にペンライトを探しに行く以外でも、たくさん商品を楽しむことができますよ。

興味がある方は一度足を運んでお店を楽しんでみてください。

いつから使われるようになったの?

今でこそたくさんのライブに参加される方からは、キンブレが愛されています。

具体的にいつからキンブレが使われるようになったのかと考えた時にわかる方はあまりないと思います。

気づいてみればペンライトを持ってライブへ行くと言う事は、なんとなく当たり前になっていたという方も多いと思います。

具体的に何時からペンライトが使われてアーティストのライブに参加するのか、という事を知っている人は相当ライブに頻繁に通っていないと気づく機会はそこまでないと思います。

なのでここからは今でこそたくさんの人に親しまれているペンライトが、いつから使われるになったのかということについて簡単にご紹介をしていきたいと思います。

ペンライトの歴史を考えていきましょう。

まず1979年に福岡県にて創業されたルミカと言う会社がありました。

そのルミカと言う会社は、ケミカルライトというペンライトを販売している老舗企業なのです。

その企業曰くペンライトの歴史は1960年代までさかのぼると言われています。

元々ケミカルライトの大元はアメリカのアポロ計画で発明されたものだそうです。

宇宙空間で安全な光を求められた際に、火や電気を使わないケミカルライトが発案されたと言われています。

ペンライトの歴史の中では、アポロ計画が発端になっていると考えられることがわかります。

宇宙での使用を目標にして開発が進められていき、最終的にその前にいち早く注目をしたのが日本のルミカの社長だったと言われています。

そしてルミカが発案したのがケミホタルという商品であり、水中でも使えるという特性を生かして夜釣りなどでの使用を目的とされていたそうです。

そこからアウトドア用品として用いられていました。

1974年に行われた西城秀樹さんのコンサートが夜のライブだったので、懐中電灯を持ってくるように呼びかけたファンがいたそうです。

そこからライブに光という物が話題を呼び、次第にライブに定着していったとされています。

ペンライトといえども、このような歴史が存在しているという事を理解いただけるととても面白いと思います。

サイリウムとの違いは?

ここまでは具体的にキンブレがどういう商品なのかということやペンライトの歴史について簡単に紹介をしていきました。

ペンライトと考えた時にペンライトではなくて、サイリウムを持ってライブに行くのは何が違うの?と思う方もたくさんいると思います。

実際にサイリウムを使ってコンサートで楽しんでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

サイリウムとペンライトの違いについても併せてご紹介をしていきたいと思います。

サイリウムとは?

まずサイリウムを知る前に考えていただきたいところとしては、ケミカルライトというものが化学発光による照明器具の総称であるということを覚えてください。

そして、その前半を通称としてサイリュームやシアリウムと呼ばれており、日本ではサイリウムと呼ばれているものになります。

しかしながら、もともとサイリュームやシアリウムと呼ばれるものは商品名であり、登録商品としてアメリカのオムニグローコーポレーションが販売をしているものです。

日本ではサイリューム・テクノロジーズ・インコーポレーテッドというアメリカの会社と、釣具や玩具としては日本の株式会社ルミカが保有しているものになります。

そしてサイリュームは商品名ですが世界初のケミカルライトとして知られているものになります。

結局結論としてはサイリウムと呼ばれることも多いのですが、サイリウムという商品はケミカルライトの商標としては登録をされていません。

他社商品をサイリュームとして売ることができないので、販売名称をあえてサイリウムとして販売されているということです。

たった少しの違いですが、このような事もペンライトの成り立ちを考えると判明しています。

①半永久的に使える

具体的にペンライトとサイリウムの違いについてあげるとすれば、サイリウムに関しては基本的には使い捨ての商品であるということを知っていただく必要があります。

それを知らずにサイリウムを購入してしまうと、次のライブの時に使えなかったりして、不便な思いをしてしまうことにもなりかねません。

しかしながらペンライトに関しては、一度購入すればいい永久的に使用することができるのです。

最終的にライブに行く回数がとても多い方については、ペンライトをあらかじめ購入しておいた方が安く済ませることができます。

長期的にライブ参加をされる方についてはペンライトを購入するようにしてください。

②色を自由自在に変えることができる

そして次にペンライトとサイリウムの違いについてあげるとすれば、ペンライトに関してはサイリウムと違って色を変化させることができるということです。

この線がかなり魅力的に感じている方も多いと思います。

ペンライトの色を変えることによって様々な色を楽しむことができるのはもちろんですが、ライブの会場でその気分によって色を変えたりすることができるので楽しい使い道として考えることができます。

基本的に明るさの調整はできないということですが、明るい赤から青へ変化させるようなことが可能です。

発色も色鮮やかでとても綺麗なので、ペンライトを購入するのであれば色を変えられるタイプを購入した方がより楽しくライブに参加することができます。

ちなみに色を自由に変えられないようなペンライトもありますが、色がとても鮮やかに発色するので、自分自身がどの商品が良いのかということを考慮して購入することが大切です。

キンブレの良いところ

ここまではペンライトとサイリウムの違いについて簡単にご紹介をしていきました。

ここからはペンライトであるキンブレの良い部分について触れていきたいと思います。

キンブレはとてつもない人気を誇っている商品であり、ペンライトについてはたくさんの商品がある中でなぜキンブレが良いのかということが気になる方も多いと思います。

特にこれからペンライトを購入してライブに参加したいと思っている方や、近いうちにライブに参加される方についてはどうしてキンブレが良いのかということは一番気になるポイントになるかと思います。

具体的になぜキンブレが良いのかということについて意見の多いものについて簡単にご紹介していきます。

アマゾンランキングで1位

まずキンブレの良いところについてご紹介するとすれば、アマゾンのランキングで1位を獲得しているということです。

アマゾンは、通販サイトとしてかなりの実績を誇っているインターネットショッピングのサイトであり、現在では通販サイト以外にも映像サービスなども行っているかなり大きな企業です。

まず性能が悪い商品や性能が悪い商品が1位を獲得するということはあまり考えにくいですよね。

1位を獲得しているということはそれなりに性能が良くたくさんの人が認めている商品だと認識することができます。

アマゾンのランキングで1位を取っているというのは、キンブレがたくさんの人に認められているというひとつの証拠として考えることができます。

シンプルなボタン構造

キンブレはペンライトの中でも、よりシンプルなボタン構造になっているということがメリットの一つとして挙げられます。

キンブレのペンライトを触ったことがない方からすれば、どこにボタンがあるのかということについてもわからないと言う人が多いと思います。

簡単に説明をしておくと、 まずペンライトを持つ部分の一番下の所にスイッチが存在しておりスイッチには2種類あり、aとb が存在しています。

スイッチの a と b を同時に軽く押していただくとスイッチが入るになってるので電源が入ります。

この時注意していただきたいのは軽くをしてそのあと指で話していただくということです。

そしてスイッチ a と b を同時に一秒間押していただくとスイッチの電源がオフになるという切り替え方法になっています。

そしてキンブレの種類によっては色を変えることができます。

スイッチを押していただくとそれぞれ決まった順番に色が変化する様になっています。

スイッチ b を押すと色順が逆に変化するようになっているので、自分が好きなカラーチェンジに関しても、スイッチ a と b を片方ずつ操作していただくことによって、簡単にチェンジすることができるという事です。

そのように、かなりシンプルなボタン構造になっています。

なおかつボタン自体も2つしか存在していないので、操作方法などもある程度簡単なものになっています。

キンブレが支持されるひとつの理由として考えることができます。

ライブへ足を運ばれる方は、若い方だけではなくて、ある程度年配の方が年上の方もたくさんいると思います。

そのような方がペンライトを持った時に難しい操作方法ではないと言うことはとてもありがたいことですよね。

消す前の色を記憶する

またキンブレの機能面のメリットについて合わせて紹介していきます。

キンブレの性能の中にはメモリー機能が備わっています。

例えば、先ほどご紹介したように色順は決まった色に変化するようになっているので、15色あったと考えると、真ん中の吸盤の色を付けていた時にその色を再び出したいと思った時、いちいち色を変化させるのがめんどくさいこともあると思います。

そのような時はオフにした状態でスイッチ b を5秒間などを持していただくと、赤色が点滅する様になっておりスイッチ a を押すと色が変化するようになります。

そしてスイッチ b を押すと色が選択されて点滅が早くなりますので、設定したい順などに色を選択しておくことによって最大30番まで設定が可能になっています。

そして色をすべて選んだらスイッチ b を長押しして叩くとオフになり、設定が完了となります。

色順や色数の変更などを行うことができますので、より使いやすく色を設定することができるということもメモリー機能の一つの優れたメリットだと考えることができます。

有名店ならどこにでも売ってる

次にご紹介するキンブレのメリットの一つとしては有名店であればどこにでも販売されているということが大きなメリットとして考えることができます。

どんなに良い商品だったとしても販売されてる場所があまり少なかったりすると購入すること自体が困難になったり面倒な手順を行わなければいけなくなりますのでなかなか購入することができないという方もいると思いますがキンブレに関してはあるけど知名度があり重要もたくさんありますので全国的に有名店であればどこでも販売されているという事になりますのでたくさんの方が気軽に購入できるというても手に入りやすいメリットの一つとして考えることができます。

また足を運ぶのがめんどくさいと考えてる人であればインターネットの通販などでも比較的簡単に購入することができますので、基本的には購入するのにそこまで手間がかかったり面倒なことはありませんのでご安心いただければと思います。

自分で色を変えることができる

なおキンブレが支持されている理由のひとつとしては自分自身で色を変えることができるということが大きなメリットとして挙げられています。

具体的にどういう風に色を変えていくのかということに関してはキングブレードのインターネットサイトなどで確認をしていたとことができますが、キンブレとスマートフォンをスマホのイヤホンジャックでプラグを差し込んでいただいて接続をしていただいた後にペンライトの受信ポートに送信部を差し込んでいただいて、キングブレードのアプリが存在していますのでアプリを操作しながら機種を選択してそこから新規ブレードの作成を行っていただいて、 なんか自分自身でカラーチューニングを行うことができるということです。

カラーチューニングに関しては画面表示が赤と緑と青と白色若しくは黒のパーセンテージを決めていただいて、そのパーセンテージに沿った色味が出てくるようになりますのでその後で自分の色味を選択して作ることで自分の好きな色に変化させることができるという方向です。

色味を自分で決めていただけると言うことはとてもわくわくすることですし、自分自身で自分の好きな色を調整することができますので、複雑な色でも表現することができると考えるとキングブレードが人気の理由がお分かりいただけると思います。

キンブレの悪いところとは?

ここまではキンブレの良い部分についてご紹介をしていきましたが、ここからはキンブレの悪いところについても併せてご紹介していきたいと思います。

値引率が低い

まずキンブレの悪い所については人気商品であるというわけなので値引き率が極端に悪いということが言えます。

そもそも人気商品であるが故にであるがゆえに、値引きを行う理由がありませんので、どうしても値引きなどが行われていないと考えると、商品購入代金が高くついてしまうという事が挙げられます。

金銭的に余裕がある方であれば問題ありませんが、グッズ購入などでそっちにお金をかけたいと考えている方からするとちょっと痛い話になってしまうかもしれませんね。

オリジナル感がない

先ほどご紹介したようにキンブレシリーズはとても人気があるものなので一緒にライブに参加される方もみんながキンブレシーズを持ってライブに参加していることが考えられますのであまりペンライトの中でもオリジナル感があるとは言い難い商品になります。

ペンライトなどでも個性を出したいと考えているかでオリジナル感があるようなものを使いたいと思ってるからそれとキンブレシリーズを持っていくことはちょっと気が引けるかもしれませんね。

キンブレ以外におすすめするペンライト

ここまではキンブレの良いところや悪いところなど、キンブレ商品に関するご紹介を行ってきましたが、キンブレ以外におすすめをするペンライトについても簡単にご紹介をしていきたいと思います。

ライブなどでペンライトを購入しようと考えている方はたくさんある中で自分が良いと思ったものを選択してたことが一番良いと思いますので、たくさんの類似商品の中から自分がおすすめの一つを見つけてみてくださいね。

ケミカルライト

まずキンブレ以外のものとして一番初めに考えられる商品はケミカルライトです。

ケミカルライトはいわゆる使い捨てのサイリウムに該当するものでありサイリウムと考えた時に一番初めに想像するアイテムだという方もたくさんいると思います。

なんといってもケミカルライトの一番のおすすめの理由としては購入費用がとても安く済むと言うことです。

具体的にケミカルライトがいくらぐらいなのかと考えるとドンキホーテなどで1本100円から200円程度で販売されている金額になります。

ごくたまにですが発行しないとされる不良品なども混じっていることから複数程度を持っていくことで安心して使っていただけることができると思いますが、それでもそこまで効果な物ではないので、使い捨てという事もあり、数本ほど予備をもっていけば問題ないかと思います。

使い捨てなどで振れば振るほどだんだんと色合いが暗くなっていくっていう弱点を持っていますがそれを考えても一腰椎効果がかなり高いのでおすすめの一品になります。

ペンライト

次にオススメするキンブレの代わりになる商品はペンライトです。

ペンライトについてはケミカルライトと同じような使用間隔で楽しんでいただけるペンライトであり、 明るさ自体も普通のケミカルライトと大差はありませんしボタン電池式なので繰り返し何度も使うことができる商品になっているので、キンブレの代わりとして使用する事ができるペンライトです。

よくライブ会場に足を運ぶ方についてはよく使う色を単色ペンライトで購入してそれ以外の色については別のペンライトで補ったりする使い方なども存在しているので併用して使うということを考えた時に一本持っておくととても便利な使い方ができると思います。

オススメのキンブレ

ここまではキンブレ以外の商品のおすすめのペンライトについてご紹介していきましたがここからはキンブレの中でも特におすすめとされているものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

①キングブレードX10III Neo シャイニング

まず初めにご紹介するのは、キングブレードX10III Neo シャイニングです。

キングブレードX10III Neo シャイニングはAmazon なので金額は3200円程度で販売されており、 発光色が無限大でカラーチューニング機能なども搭載されておりデフォルトで15色存在して無限大の光を楽しむことができる商品です。

自分専用にカスタムなどもできるようになっているのでキングブレードの中でも一番定番の商品となっています。

なお、このシャイニングについては特徴としては筒部分がキラキラ状になっているので、スタンディングライブなどでちょっとふる程度の時に使うと特徴的な光になります。

②キングブレードX10III Neo スモーク

次にご紹介するのはキングブレードX10III Neo スモークです。

キングブレードX10III Neo スモークは アマゾンなどで、2691円程度で販売されており、 先ほどご紹介したシャイニングと比べて価格があるけど休めに販売されています。

しかしながら発光色も無限ないでカラーチューニング機能も搭載されているのでとても使いやすい商品であることに変わりはありません。

デフォルトのカラーの15色存在されており、比較的安めの金額なので、こちらのスモークをよく購入して使われる方も多いです。

先ほどのシャイニングと違ってスモークはキラキラがついていない特徴になります。

③キングブレードX10III Neo スーパーチューブ

次にご紹介するのはキングブレードX10III Neo スーパーチューブです。

キングブレードX10III Neo スーパーチューブは 今回ご紹介しているキングブレードシリーズの中でも一番価格が安くなっておりアマゾンなどで2218円で販売されています。

なおこの商品もカラーチューニング機能も搭載されてデフォルト15色と無限大の光で発光色は無限大になっているのでカスタマイズ機能は付いているのでそこまで使用するのに不便に感じることはないと思います。

なお、この商品はスモークがついていない商品になります。

コスパの良いキンブレがおすすめ!(まとめ)

今回はキンブレという商品について詳しくご紹介をしていきましたが、 ペンライトと言っても様々なブランドが存在しておりそれぞれのブランドによって特徴であったり機能はまったく違ってきます。

ライブに行こうと考えてる方はどの商品が自分に一番合っているかということを様々な機能や金額面で考慮した上で、自分が一番欲しいと思うものを選んでいただいてライブをさらに楽しいものにしていただければと思います。

楽しい思い出をキンブレを使ってさらにより充実したものにしてみてください。