CoCoSiA(ココシア)

三角関係な恋愛の6個の特徴と解決方法


あなたは、今三角関係について悩んでいませんか?

三角関係は色々とややこしい面が多いようです。

さらに、三角関係になってしまったことで、誰に相談していいかもわからなくなってしまっていませんか?

今回、なかなか相談しにくい内容の三角関係について特徴や解決方法をお伝えしていきます。

もし、三角関係に悩み、思い詰めたらどのような解決方法があるのか知りたくなりますよね。

さらに、三角関係をうまく解決できるためにはどのような手段があるのかも気になります。

また、三角関係の恋愛において注意しておきたいことについてもお伝えしておきます。

こちらの記事を読むことで、三角関係にピリオドを打ち、素敵な恋愛ができるようになるといいですね。

️三角関係な恋愛ってややこしい…

三角関係の恋愛を経験したことがありますか?

三角関係になってしまうことで友達関係が崩れたり、また身近な人がライバルになる可能性も考えられます。

さらに、好きな人を取り合いするような形になれば、関係はややこしくなっていきます。

三角関係にはできれば関わりたくないと思う人が一般的でしょう。

しかし、好きになった時点では三角関係とは知らず、恋愛を進めていくうちに三角関係だと気づく場合もありますよね。

この場合、どのように解決していったらいいのかもお伝えしていきます。

ややこしい三角関係の恋愛を、できるだけ良い方法で解決していけるようにお手伝いしていけたら幸いです。

️三角関係の2つのパターン

それでは、ここからは三角関係の2つのパターンいてお伝えしていきます。

2つのパターンとは一体どのようなパターンが存在するのでしょうか?

また、その2つのパターンからうかがえる人間関係の様子や、その人たちの人間模様も明らかになりそうです。

そして、どのような経緯で三角関係に至ってしまったのかは人それぞれです。

三角関係となった今、どのように解決したらいいのか悩む人も増えているようです。

このように、三角関係のパターンによる分析から、どのような解決方法が合うのかもご説明していきたいと思います。

1人で悩まず、様々な解決方法を一緒に考えていきましょう。

男1:女2

2人の女性が、1人の男性を取り合う三角関係になります。

この場合、女性のライバルがいるということになります。

どのような関係か関係性にもよりますが、女性同士が知り合いの場合、大変気まずい関係になることが予想されます。

お互いに切磋琢磨し、1人の男性を取り合うとことはなかなか難しいようです。

さらに、先に好きだった方に優先権があるような流れもあります。

ですが、後から好きになった人が、万が一その男性とお付き合いになった場合。

2人の関係はたちまち破綻してしまい、絶交状態になってしまうことも考えられます。

男を取るか友達を取るかで悩んでる人も多いのではないでしょうか?

男2:女1


男性2人で、1人の女性を取り合う三角関係になります。

男性がもう一人の男性に遠慮してしまう形であれば、三角関係にはなりません。

しかし、双方とも譲らない場合、三角関係に発展してしまいます。

さらに、その1人の女性を取り合うために、様々な手段を使うことも考えられます。

男性が他の男性の悪口を言っている姿をあまり見たいとは思いませんよね?

しかし、男性2人が女性1人を奪い合う場合、姑息な手を使ってでも女性を落としたいと考える男性もいるようです。

ですが、女性もそのような男性とお付き合いしてしまうとなかなか別れられません。

お付き合いした後に思っていた男性と違う…という現象が起きてしまうこともあります。

この場合、女性がしっかりと見る目を養わないとたちまち不幸な目に会うことも考えられます。

️三角関係な恋愛の6個の特徴

では、実際に三角関係の恋愛について詳しく解説していきたいと思います。

三角関係な恋愛の6つの特徴についていろいろとリサーチしてみました。

さらに、三角関係についてどのような形で三角関係に至ってしまったのか。

また、なぜ三角関係のような煩わしいものに発展してしまったのか、などをあらゆる面から考えていきたいと思います。

あなたが考えられる全てを以下の6つの特徴の中から探し出してみてはいかがでしょう?