あなたは、今三角関係について悩んでいませんか? 三角関係は色々とややこしい面が多いようです。

さらに、三角関係になってしまったことで誰に相談していいかもわからなくなってしまっていませんか?今回、なかなか相談しにくい内容の三角関係について特徴や解決方法をお伝えしていきます。

もし、三角関係に悩み思い詰めたらどのような解決方法があるのか知りたくなりますよね。

さらに、三角関係をうまく解決できるためにはどのような手段があるのかも気になります。

また、三角関係の恋愛において注意しておきたいことについてもお伝えしておきます。

こちらの記事を読むことで、三角関係にピリオドを打ち、素敵な恋愛ができるようになるといいですね。

️三角関係な恋愛ってややこしい…

三角関係の恋愛って、経験ありますか?三角関係になってしまうことで友達関係が崩れたり、また身近な人がライバルになる可能性も考えられます。

さらに、好きな人取り合いするような形になればさらに関係はややこしくなるように感じます。

このように、三角関係な恋愛はややこしい面をはらんでいるため、できれば関わりたくないと思う人が一般的でしょう。

しかし、好きになった時点では三角関係とは知らず、恋愛を進めていくうちに三角関係だと気づく場合もありますよね。

この場合、どのように解決していったらいいのかもお伝えしていきます。

ややこしい三角関係の恋愛をできるだけ良い方法で解決していけるようにお手伝いして行けたら幸いです。

️三角関係の2つのパターン


それでは、ここからは三角関係の2つのパターンいてお伝えしていきます。

2つのパターンとは一体どのようなパターンが存在するのでしょうか?また、その2つのパターンからうかがえる人間関係の様子や、その人たちの人間模様も明らかになりそうです。

そんな三角関係になるためにどのような経緯で三角関係に至ってしまったのかは人それぞれですが、三角関係となった今どのように解決したらいいのか悩む人も増えているようです。

このように、三角関係のパターンによる分析からどのような解決方法が似合うのかもご説明していきたいと思います。

1人で悩まず、様々な解決方法を一緒に考えていきましょう。

男1:女2

2人の女性が、1人の男性を取り合う三角関係になります。

この場合、女性のライバルがいると言うことになります。

さらに、どのような関係か関係性にもよりますが女性同士が知り合いの場合、大変気まずい関係になることが予想されます。

お互いに切磋琢磨し1人の男性を取り合うと言う事はなかなか難しいようです。

さらに、先に好きだった方に優先権があるような流れも伺います。

しかし、後から好きになった人が万が一その男性とお付き合いになった場合、2人の関係はたちまち破綻してしまい絶交状態になってしまうことも考えられます。

男を取るか友達を取るかで悩んでる人も多いのではないでしょうか?

男2:女1

男性2人で、1人の女性を取り合う三角関係になります。

そのため、男性が相手の男性に遠慮してしまう形であれば、三角関係にはならないのですが、双方とも譲らない場合、三角関係に発展してしまいそうです。

さらに、その1人の女性を取り合うために様々な手段を使って女性を取り合うことも考えられます。

男性が他の男性の悪口を言っている姿をあまり見たいとは思いませんよね?しかし、男性2人が女性1人を奪い合う場合、姑息な手を使ってでも女性を落としたいと考える男性もいるようです。

しかし、そのような男性とお付き合いしてしまうとなかなか別れられなかったり、お付き合いした後に思っていた男性と違うと言うような現象が起きてしまうことも考えられます。

この場合、女性がしっかりと見る目を養わないとたちまち不幸な目に会うことも考えられます。

️三角関係な恋愛の6個の特徴


では、実際に三角関係の恋愛について詳しく解説していきたいと思います。

三角関係な恋愛の6つの特徴についていろいろとリサーチしてみました。

さらに、三角関係についてどのような形で三角関係に至ってしまったのか、またなぜ三角関係のような煩わしいものに発展してしまったのかなどをあらゆる面から考えていきたいと思います。

あなたが考えられる全てを以下の6つの特徴の中から探し出してみてはいかがでしょう?解決策が見つかれば考え方も前向きになり、またそうすることで、少しはあなたの気持ちも楽になるかもしれません。

普通の恋愛にくらべ特殊な苦しみ

普通の恋愛では比べ物にならないくらい、特殊な苦しみがあるようです。

2人で1人を取り合いしていることになりますので、一対一の恋愛のようにはうまくいきません。

さらに、取り合いされている方は2人の異性を天秤にかけている可能性も考えられます。

誰しも、他人と比べられることすら嫌がることですが、さらに大切に思う人から他の同性と比べられると言う苦しさが重なります。

このように、普通の恋愛のようにサシであなたのことを見てくれる相手ではありません。

常にあなたともう1人の同性を天秤にかけまたふるいにかけているのかもしれません。

しかし、その期間が長ければ長くなるほど好きでいることに自信がなくなったり、比べられることに疲れてしまったり、諦めたくなるような気持ちになるのかもしれません。

どっちつかずになっている

取り合いされている1人が、どっちつかずになっている場合があります。

この場合、2人とも降りましてしまうことになりますので、振り回されている2人は元はどっちつかずになっていることに気がつきませんが、付き合いが伸びていくうちに取り合いされている1人がどっちつかずになっていることに気がつきます。

このようなことが長く続いてしまえば、当然三角関係になっていることがアホらしく感じてしまうことも考えられます。

取り合いされている1人が2人を天秤にかけどちらがいいのかがわからなくなってしまっていることも考えられます。

さらに、2人といることが居心地が良くなりどっちにも断るができなくなっていることも考えられます。

その場合、三角関係を早く終わらせることがいいかもしれません。

結果、答えが出ないと言う可能性も考えられるからです。

その間に、素敵な異性と出会う時もあるかもしれません。

そんなどっちつかずの相手に時間を無駄に使われてはあなたの出会いの時間が削られてしまっていることも考えられます。

ライバルがいる

三角関係は、当然のことライバルがいます。

さらにそのライバルがどのような手を使い取り合いしている1人の人を落とそうかを考えているのでしょう。

さらに、一対一の関係ではなく初めからライバルがいることからスタートしていますので、さらに苦しい恋愛が予想されます。

常に、知ってはいるけど見えない相手と戦う者も酷な感じがします。

さらに、取り合いをさせている1人の人にも自分が三角関係の追う側であればどのような気持ちになるのかも考えながら行動してほしいと考えちゃいそうですよね。

当然、ライバルがいることで気持ちが萎える人もいます。

さらに、却ってライバルがいることで燃える人もいますので、ライバルがいることで今後どのような三角関係になるのかがその相手によるところも大きく考えられます。

元々の人間関係が絡んでくる

その三角関係が幼なじみなのか、またはスポーツのマネージャーを2人で取り合いしているのかなどもともとの人間関係が絡んでくるため、余計にややこしいことになりそうです。

さらに、三角関係になる意図として1人が2人の人をもて遊ぶ傾向も考えられます。

このことから、モテたい願望の強い人が三角関係へと発展させてしまっている可能性も考えられます。

このように、もともとの人間関係が絡んでくるため元に収まると言うケースも非常に難しくなってしまいます。

また、取り合いされている1人の人の行動により、追う側の2人は絶交してしまうことも考えられます。

このように、人間関係をめちゃくちゃにしてしまうことも考えられますので慎重になって行動していきたいと感じます。

ドロ沼化しやすい

やはり、三角関係の場合泥沼化しやすい事は実に見えています。

2人で1人の人を取り合いするわけですから、当然やきもちやライバル心も普通の恋愛よりはかなりハードルが上がることでしょう。

さらに、取り合いされているうちの1人が天秤にかけるようなことばかりをするタイプであれば、さらに追っている側の2人にも関係にヒビが入り最悪の場合、絶交してしまうことも考えられます。

このように、三角関係は非常に人間関係で複雑になり様々な思いや念が飛ぶため泥沼化しやすいと考えられます。

昼ドラのようにドロドロとした関係を好まない人であれば、早く決着をつけたいと感じるのではないでしょうか?基本的には人は平和主義です。

このように泥沼化しやすいと実に見えてわかれば、賢い人なら足を突っ込まないことを考えるでしょう。

変わった恋愛観の人が絡んでくる

変わった恋愛観の人が絡んでくるのも予想されます。

もともと幼なじみやスポーツを通して知り合った仲間とは違うタイプの人が関わってくる可能性も考えられます。

そのため、非常に三角関係が複雑になりすぎて三角関係自体をあきらめたいと考えるのも無理は無いでしょう。

このように、三角関係になる場合変わった恋愛観の人が絡んでくることによりさらにややこしくなることが予想されます。

変わった恋愛感の人は普通の恋愛では物足りない人が多いため、何か刺激を求めていることも考えられます。

そのため、私たちが一般的に考えるような恋愛ができないこともそうです。

では、変わった恋愛観の人が絡んでくることによりどのように三角関係が発展してしまい、またどのような変わった恋愛観の人たちが絡みやすいのでしょう?

人のものに燃えるタイプ

人のものに燃えるタイプの人は、誰か他の人が好きだろうが、お付き合いをしていようが全く関係なく割り込んできます。

そのため、もともとから好意を寄せていた同性からかなりバッシングを受けてしまうことも考えられます。

しかし、人のものに燃えてしまうタイプですので完全にフリーな人にはあまり興味を示さないことも考えられます。

そのため、お付き合いをしている2人の仲を荒らしたり、三角関係になることがよくある人なのかもしれません。

そんな人に目をつけられないためにも、たくさんの人に恋愛相談をするのではなく絞った信頼できる人間関係の範囲で相談をするといいでしょう。

きちんと信頼できる相手にのみ恋愛相談をすることで、人のものに燃えるタイプの人から遠ざかることができるかもしれません。

自分の身は、自分で守ることも考えなくてはなりません。

常に男がいないとダメなタイプ

女性にありがちなパターンですが常に男性がいないとだめなタイプに捕まると三角関係が起こりやすいと考えられます。

さらに、常に男性がいないとだめなタイプは人のものに燃えるタイプと種類が違いますが、やや似た行動をとる場合があります。

人のものでもいいなと自分が感じれば手を出しに来たり、奪う気持ちでかかってくるので、三角関係に発展しやすいと言えるでしょう。

このように、常に男がいないとだめなタイプは甘え上手で男性の気持ちも操ることがうまいため、いちど目に止まった男性は獲物をとらえるかのごとくぐいぐいとその女性に引き込まれてしまうことも考えられます。

このように、常に自分の側に男性がいてくれないと落ち着かない女性に捕まれば、ややこしい三角関係は免れにくいと感じます。

二番目でもいいタイプ

変わった恋愛観の人の中には、1番でなくとも2番目でもいいと思うタイプもいます。

そのため、三角関係になったところで取り合いされている1人の人が二股をかけるような人であれば、当然二股をかけた三角関係がスタートする可能性も考えられます。

そのため、2番目でもいいタイプは普通にお付き合いし、自分も1番でなくてもお付き合いしている事と同じように扱われることでそれでいいと思えるタイプなのです。

このように、端から見れば一見不思議なタイプの2番目でもいい人は、お付き合いしていようがしていまいが自分が1番でなくてもいいので、普通に三角関係の中に入ってきます。

このように、1番目がいいと思っている方がまだマシなのかもしれません。

2番目でもいいタイプは、多くを求めないので壊れるほうも相手にしやすく感じます。

そのため、浮気性や二股をかける人にはぴったりな相手なのかもしれません。

人の幸せより自分の幸せなタイプ

常に、自分が大好きで自分が1番でいないとだめなタイプがこのタイプになります。

人の幸せを考えるより自分がいかに幸せでいるかを考えるため、周りに迷惑をかけることや自分の好きな人が幸せになってほしいなどと言う考えは毛頭ありません。

さらに、自分が幸せであればたとえ好きな人が不幸になったところで関係ないと考える怖いタイプ思います。

このように、人の幸せより自分の幸せを選べる人は、自分のことしか考えていないため周りが合わせることが大変だったり、また人の苦労何とも思わない面もありますのでできれば、三角関係内に入ってきて欲しくないタイプと言えるでしょう。

このように、人の幸せが自分の幸せを常に考えているタイプはもちろん三角関係になった相手のことも考えてはいません。

自分さえよければいいという考えですので、当然相手の人を潰しにかかってくる可能性も考えられます。

️三角関係の解決法

では、ここからは三角関係の解決方法についてお伝えしていきます。

わずらわしくややこしい三角関係の解決法の糸口を早く見つけていきたいと感じていますよね。

当然のこと、三角関係に早くピリオドを打ち、幸せな恋愛をしたいと感じますよね。

そんな三角関係の解決方法を確認し、あなたができそうな解決方法から進めていきましょう。

またさらに三角関係の解決方法を探るうちに三角関係内で揉め事が起きてしまう可能性が出てきます。

その場合、できるだけ穏便に感情的にならず三角関係の解決を目指していきましょう。

ただでさえ、煩わしくややこしい三角関係ですので、これ以上三角関係の問題で揉めたくありませんよね。

早く解決できることを心から願います。

誰かが妥協する

三角関係で、誰もあきらめない場合誰かが妥協することで解決糸口が見つかりそうです。

もし、あなたが三角関係に疲れ果てているのであれば、妥協してみることも1つの視野に入れてはいかがでしょう?誰かが妥協することで、三角関係ではなくなりますので、後は2人で煮るなり焼くなり好きなようにやってもらいましょう。

三角関係は、ライバルがいるからこそもいると言う人もいます。

しかし、ライバルがいなくなればそのライバルから離れるわけですから当然熱も冷めるかもしれません。

誰かが妥協し諦めることで三角関係も終わりを迎えることになりそうです。

このように、誰もあきらめない状況が続いてしまえば三角関係が続行してしまいますので苦しい関係が続いてしまうことも予想されます。

そのため、誰かが妥協することで、早急に問題が解決することも考えられるのです。

誰かと誰かが進展する

三角関係のうち、追われている1人と追っている2人のどちらかがくっつけば、問題も解決しそうです。

そのためには、追われている1人が早く答えを出し決着をつけないといけません。

そこは、思い切ってあなたが追われている人に告白してみてもいいかもしれませんね。

また、いつまでもダラダラと三角関係を悩み、2人をもてあそぶような人であれば、なかなか三角関係は解決しないでしょう。

さらに、2人からモテる喜びからなかなか三角関係を切れない人思います。

その場合は、あなたも早く縁を切り新しい恋へと出発することも考えなくてはなりません。

いつまでもそんな相手に振り回されていては、あなたの恋愛価値観が歪んだり、すでに出会えたかもしれない運命の人と出会えない結果になることも考えられます。

このように、誰かと誰かが進展することで、早く解決できることも考えられます。

思いをぶつける

あなたが今感じていることを三角関係の人にぶつけてみてはいかがでしょう?例えば、好きな相手に思いをぶつける。

また三角関係のライバルである人に想いをぶつける。

それはあなた次第で、相手にあなたの思いをぶつけることで案外簡単に解決することも考えられます。

あなたが今後どのようにして三角関係を解決していきたいと考えているのかなどを明確に話し合うことで、より揉めることがなく三角関係の終止符が打たれるのかもしれません。

もし、思いをぶつけるのが怖いのであれば、いつまでも三角関係のループから逃れることができないかもしれません。

しかし、あなたが心で思うことや三角関係について感じることなどを素直に、感情的にならずに相手に伝わる伝え方をすることで、さらに、ぎくしゃくした三角関係にならずに終わることができるのかもしれませんよ。

友情を選ぶ

やはり、1人の異性を取り合いしてるのがあほらしいと感じるのであれば、友情選ぶことをお勧めします。

友情を選ぶことで、あなたが妥協したことにはなりますが、相手は後ろめたい気持ちからお付き合いすることがないかもしれません。

しかし、あなたが友情を選ぶことで今まで煩わしかった三角関係に終止符が打たれますので感謝されることとなりそうです。

このように、友情を選ぶことによりあなた自身の評価も上がり、さらにあなたも素敵な人と出会えるのかもしれません。

友情を選ぶと言う事は、ライバルの相手に好きな人のことを委ねますので、その後2人が進展して文句はいえません。

しかし、友情を選ぶことにより三角関係のライバルである相手からは恨まれる事はなさそうです。

このように、三角関係で友情選ぶことによりさらにあなたの株が上がることもあるのです。

友情を捨てる

先程のパターンとは逆になりますが、友情を選ぶのではなく、友情を捨てて好きな人の元へ行ってしまうパターンになります。

もちろん反感や反発を買うこともあります。

さらには、周りからの圧力で責められることも予想されます。

しかし、友情捨てて交際を申し込んで相手に断られることも考えられます。

そうなれば最悪です。

友達からも見放され、さらには思いを寄せていて相手にも断られるため一人ぼっちになってしまうことも考えられるのです。

友情捨てると言う行為は非常に勇気のいることですが、非常に自分勝手に見える一面もはらんでいます。

このように、周りのことも考えながら動いていければ良いのですが、感情が先走ってしまいなかなかうまく回せないことも考えておきましょう。

3人目の存在を気にしない

たとえ三角関係になり、3人めの存在を知っていたとしても、知らない相手であれば3人めの存在を気にしないことも1つの手になります。

3人めの存在を意識したり気にするあまり、あなたらしさが欠けてしまい、さらに3人めの存在と自分を比べてしまうことにつながります。

見えない相手と比べてしまう事は、非常に苦しいことにつながります。

このように、3人めの存在を気にしないことで三角関係を続行していくと言う考えも1つの考えかもしれません。

それぞれがどのような方向性で進むかをきちんと考えこれでやっていくと言う自信があるのであれば、三角関係を続行しても構わないように感じます。

しかし中途半端に3人めの存在を気にしたり、やっぱり自分が1番でないとダメだと感じるのであれば、3人目の存在を気にしなくてはならなきなるでしょう。

3人で仲良くする

三角関係である3人で仲良くすることで、案外ことが丸く収まることも考えられます。

3人で仲良くすると言う事は端から見れば異様な光景に移りますが、案外3人で仲良くすることもできそうです。

ライバル関係であるもう1人の相手と連絡を取り合い、どのような状況なのかを探り会うこともあるかもしれません。

3人で仲良くすることにより、追われる1人は気まずくなり結果を早く出さなければと考えるようになるかもしれません。

また、3人で仲良くすることで恋愛関係の3人ではなくても、友達同士のような関係になれるのかもしれませんので、友達同士の関係であれば、恋愛関係である三角関係のように苦しくなることもありません。

3人で仲良くすることも視野に考えてみてはいかがでしょう?

なるようになる精神

「なんくるないさ!」と言うように、なるようになると言う精神が大切です。

状況が悪い時に、さじを投げるのではなくこのまま進むべき方向が定まるまでじっとしていることも大切です。

そのように、なるようになると言う気持ちでいることで頑張りすぎずゆったりと過ごすことができるかもしれません。

あれもこれもと考えすぎ、何もしない、何もできないとがんじがらめのように感じるのではなく、このままジタバタしていても何も解決しないと分かっているのであれば、なるようになると言う考えも必要なく場合があります。

時間をおくことで見えてくる場合もあります。

このように、三角関係になってしまったことでジタバタするのではなくそっと見守りながらどのように展開していくのかを観察していくことも必要かもしれません。

全く違う人に目を向ける

三角関係から抜け出したい場合、全く違う人に目を向けてみてはいかがでしょう?三角関係に煩わしさや疲れを感じているなら、そこにしがみついている必要はありません。

あなたにもっとふさわしい相手が外にごろごろ転がっている可能性もあるのです。

このように、全く違う頭に目を向けることで三角関係の煩わしさから離れられることも考えられます。

好きな人だけがあなたの理想の相手ではありません。

あなたが気づいていないだけで、もっと他に素敵な人はたくさんいるのです。

一度、外に視野を向けてみてもいいですね。

外からどう見えるか聞く

あなたたちの三角関係を、端から見ている人に客観的な意見を言ってもらいましょう。

どのようにこの3人が写っているのか、また周りにも嫌な雰囲気や思いを与えているのであれば、良い恋愛をしているとは言えません。

この場合、外からどう見えるかを聞くことで客観的に自分のことを見ることができます。

外からどのような姿で見えるかを知ることにより、今後あなたがどうしていきたいのかも決められるかもしれません。

今後の参考に、いちどどのように端から見られているのか本音で答えてもらうことも大切です。

三角関係経験者に話を聞く

三角関係を経験したことのある人に、ズバリどのような本音かを聞いてみましょう。

三角関係経験者はどのような思いで、最後はどのようにエンディングやハッピーエンドを迎えたのかも聞く必要があります。

そのため、三角関係の経験を聞き出すことにより、今後のあなたのアドバイスにつながることも考えられます。

このように、三角関係経験者によりあなたの気持ちが救われることも十分に考えられます。

いちど、気になることや参考にしたいことなど三角関係経験者に話を聞いてみてはいかがでしょう?

3人での話し合い

そろそろ、三角関係に終止符を打ちたいと考えているあなたは、3人で話し合いをしてみてはいかがでしょう? 3人で話し合いをすることで思わぬ解決方法が出てくるかもしれません。

追われる1人が2人のどちらかを選択することになるのか、追われる1人が2人とも選ばないと言う答えも考えられます。

このように、3人での話し合いにより三角関係を終わらせることができるのかもしれません。

辛くて苦しい三角関係を早く終わらせたいと感じているのであれば、ぜひ3人での話し合いはお勧めです。

あくまでも、3人での話し合いですので感情論や喧嘩等に発展してしまわないよう注意が必要です。

このように始める前からセッティングをしっかりとしておくことで、3人での話し合いが実現するのかもしれません。

️三角関係の恋、そろそろ決着をつけよう

いかがでしたか?あなたにぴったりな解決策は見つかりましたか?今まで、散々苦しい三角関係の恋をしてきたあなたは、そろそろ決着をつけたいと感じているため、こちらのコラムにたどり着いたことでしょう。

そのため、どのようにすれば三角関係の糸口が見えたり、対策や解決方法が見つかったりするのかを悩んだり、探ってきたりしたことでしょう。

三角関係は、普通の恋愛とは違いライバルと競い合うような形になる場合も少なくありません。

そのため、精神的に疲れることも、また悩まされることも多々あったのではないでしょうか。

そんな異質な三角関係とも縁を切りあなたが心の底から楽しめる恋愛を目指し、素敵な相手を探しに出かけてみてもいいですね。