気になる女性に告白するのは勇気が要ります。

ですが、自分からアクションを起こさなければ始まらない恋愛もあります。

しかし何にも考えずに告白すれば、悪い結果になってしまうかもしれません。

せっかく意を決して告白をするなら、前もって計画を立てておいた方が良い結果が期待できるでしょう。

今回は、「告白に日」を決めるときに役立つ情報を紹介しますよ!

告白する日はいつがいい?

告白をする日を決めることで心の準備ができます。

どうせなら彼女が喜んでくれるような日を選んで、快く「YES」と言ってもらえるような状況で告白したいですよね。

おすすめの告白の日

では告白するなら一体どんな日が良いのでしょうか?

思い立ったその日でももちろん良いですが。

何か意味のある日に合わせて告白をしてみると、相乗効果が期待できるかもしれません。

是非参考にしてみてください。

好きな人の誕生日


好きな女性をお祝いできる誕生日は、定番ではあるものの、やはり告白をするには最適な日と言えます。

まず誕生日を一緒に過ごしてくれるだけでも脈ありとみなすことができます。

告白の成功率はかなり上がりますよね。

さらに誕生日を祝ってもらう喜びや、ケーキやプレゼントなども用意すれば嬉しくないわけがありません。

ただしあまり高価なプレゼントを用意すると、逆に引かれてしまう可能性もあります。

まだ付き合っているわけではないので、簡単なプレゼントと花束を用意しておけば十分でしょう。

クリスマス

街がイルミネーションで綺麗に彩られるクリスマスも、告白をするにはおすすめの日です。

誕生日と同じくクリスマスに二人でデートをするだけでも、ただの友達よりは深い仲と言えます。

もしかしたら相手も告白されるのを期待しているかもしれません。

せっかくならロマンチックな雰囲気で食事を楽しみたいですよね。

クリスマスはどこも混雑するので、あらかじめ予約をしておいた方が良いですね。

クリスマスに告白をした結果付き合うことができたら、毎年クリスマスが二人にとって記念日になるなんてロマンチック!

女性ウケの良い告白の日でもあります。

【クリスマスに告白するなら、こちらの記事もチェック!】

ホワイトデー・バレンタインデー


ホワイトデーやバレンタインデーも告白をしやすい日です。

例えばバレンタインデーにチョコをもらった場合、それが本命チョコであるならホワイトデーまで告白するのを待つ必要はありません。

その日に告白しても100%上手くいきます。

ただし義理チョコの場合は、ホワイトデーまで待った方が成功率は上がります。

チョコのお返しとしてクッキーやマシュマロでも良いですが、可愛らしいぬいぐるみやお花を一輪用意するのも好感度が上がりますよ。

11月22日(夫婦の日)

語呂合わせで「11(いい)22(夫婦)の日」となっている日の告白は、結婚を前提とした真剣なお付き合いの告白をするのにおすすめの日です。

婚活の場で出会った相手や、友人関係が長く相手のことを知り尽くしている場合には、あえてこの日を告白の日として選ぶのも喜んでもらえる可能性が高いです。

覚えやすい日

男性にはいまいち理解できないでしょうが、女性は彼氏との記念日を大切にします。

当然告白をされた日や自分からした日は「告白記念日」となり、付き合ってからは毎年二人でお祝いをするのが理想です。

彼氏がそんな大切な記念日を忘れてしまったらショックを受けて、中には怒ってしまう女性もいます。

逆に覚えていてくれたら嬉しいのです。

あなたに対する愛情もさらに増すというわけなので、後々のことを考えて覚えやすい日の告白はおすすめですよ。

休日や祝日

社会人の場合は告白をされるなら、休日や祝日の方がありがたいという意見が多いです。

やはり平日は仕事モードになっていることが多く、仕事が終わっても切り替えるのが難しい場合もあります。

告白をされたら、頭の中が混乱してゆっくり考えることができないかもしれません。

そんな時にはあまり考えずに「無理!」と言われてしまう可能性もあるかもしれません。

特に普段忙しい人には、休日デートで告白するのがおすすめです。

次の日が休みの日

休日も良いですが、次の日が休みの日でもゆっくりと考える時間を与えてあげることができます。

週末がお休みの場合は、金曜日の夜にデートに誘いましょう。

そして、別れ際に告白をして「返事はまた今度で良いから」と伝えれば、相手もじっくりと考えて自分の気持ちに素直になることができます。

せっかくそれまで良い関係が続いていたのに、焦って水曜日などに告白をしてチャンスを逃してしまうのは勿体ないので気を付けましょう。

告白に大事なのはタイミング

告白が失敗する原因は、タイミングにあると言っても過言ではありません。

タイミングが早すぎても遅すぎても失敗に終わる可能性は高いのです。

二人にとってベストなタイミングを見極める必要があります。

女性の対応を見て決める

自分に全く興味のない相手に告白をしたところで、勝算は薄いです。

ある程度自分に対して興味を示してくれているかどうかは、自分に対する対応で判断しましょう。

例えば、メールやLINEに必ず返信してくれたり、相手から質問をしてきてくれたり。

日々の出来事を報告してきてくれるようならかなり脈ありの可能性が高いです。

逆にぞんざいに扱われているように感じるなら、まだ告白のベストタイミングとは言えないでしょう。

毎回のデートを受け入れてくれる時

余程暇な女性ではない限り、全く興味のない相手とデートなどしません。

デートに誘うたびに快くOKしてくれるようなら告白するタイミングが訪れています。

また断ったとしても、次の日程を確認して提案してくれるようならセーフです。

ロマンチックなデートプランを練って告白の日を迎えましょう。

コメントが前向きの時

会話の中であなたに対するコメントが前向きであれば、もしかしたら彼女の方は告白を待っているのかもしれません。

「モテるでしょ!」「一緒にいると楽しいな」など、言われて嬉しいようなセリフは、もはや告白に近いですよね。

その場合、女性に恥をかかせないよう男性の方から告白をしましょう。

友達に自分のことを紹介してくれた時

女性は自慢の彼氏を友達に紹介して、優越感を得たい気持ちが強いのです。

たとえまだ付き合っていなくても、意中の男性を友達に紹介します。

「私のモノだから!」と友達に見せつけることで、周りからすればもはやカップル同然です。

あとは告白を待つのみという状態です。

恋愛事情を探ってきた時

好きな人の恋愛事情は気になって当然ですが、男性の場合はなかなかストレートに聞けないこともありますよね。

しかし女性は「今彼女いないの?」と「気になる人とかいないの?」などと、意外とわかりやすく恋愛事情を探ってきます。

これは裏を返せば「私なんかどうかしら?」と言っているようなもの。

告白のGOサインと捉えてください。

告白する時の注意点

告白する決心がついたら、いよいよ自分の言葉で思いを伝えます。

最近はメールやLINEで告白をするという男性もいるようです。

ですが、やはり告白は面と向かって相手の目を見ながら直接「好きだ」という気持ちを言葉にした方が、女性も胸がキュンとしますよ。

セリフはハッキリと

女性はハキハキとした男らしい男性に魅力を感じます。

告白のセリフも曖昧にごまかすのではなく「好きです。付き合ってください!」とハッキリと気持ちを伝えましょう。

どこが好きなのかをダラダラと話すよりも、簡潔に気持ちだけを伝えた方が本気度も伝わりやすいです。

良い返事がもらえたら、それから彼女の魅力についてゆっくりと時間をかけて伝えていけばよいのです。

まずはシンプルな言葉で告白することを優先してください。

思いが先走って焦らないこと

早く告白しなければ誰かに取られてしまうかもしれない!と焦る気持ちもわかります。

ですが、ある程度お互いを知ることは告白を成功させるポイントでもあります。

あまりよく知らない相手に告白されたところで「本当に私のこと好きなのかな?」と疑われてしまいます。

快くOKしてくれる女性は少ないはずです。

たとえ一目惚れをした相手でも、二人でご飯を食べたり、プライベートな会話をするようになってから告白をしましょう。

告白するタイミングを間違ってしまう

告白のベストタイミングは人によって違いがあるものの、基本的なバッドタイミングは覚えておく必要があります。

例えば初デートでの告白は成功率が低いです。

女性にしてみれば「とりあえずデートしてみようかな」という気持ちだったにもかかわらず告白されたら、重く思われてしまうかもしれません。

またデートの中盤で告白をするのも、その後気まずい雰囲気になってしまうのでおすすめできません。

一般的には「3~5回目のデートの別れ際」が成功しやすい告白のタイミングと言えるでしょう。

回りくどい言い方をしないこと

告白をする時にはできる限りわかりやすく簡潔な言葉で済ませましょう。

緊張するとそれを隠そうとしてとついつい言葉数が多くなります。

特に男性の場合は、回りくどい言い方をすると、男らしさが感じられません。

告白の時から印象を良くするためにもビシッと男らしくキメましょう。

日本には告白の日がたくさんある

実は日本には「告白の日」があるのをご存知でしょうか?

告白と言えば誕生日やクリスマスが定番です。

しかし、タイミングが合わずその日を逃してしまえば1年待たなければいけないですよね。

ですが、年に何回もある告白の日を知っていれば、それを口実にしてスマートな告白をすることができます。

8月2日

この日は男性から告白をする日と言われていますが、実は何の根拠も理由もありません。

プロポーズの日である6月1日のツイートの日付のみが修正されて出回ったという説もあります。

女性から告白をする日である、7月30日とセットになっているので、告白をする勇気を与えてくれる日だと捉えてみると勢いがつきそうですね。

5月9日

男性から女性に告白をする日で、2011年に日本記念日協会にも登録されている告白の日です。

元々はセクシーなCMで話題となった男性用整髪料「AXE(アックス)」が制定した告白の日です。

「5(こ)9(く)はく」という語呂合わせに由来しています。

最近は肉食系男子の数が圧倒的に少なくなり、男性から告白をする機会が少なくなりました。

もっと勇気を持って女性に告白をして欲しいというコンセプトがあります。

6月1日(プロポーズの日)

正確に言うと6月の第1日曜日が「プロポーズの日」とされています。

これは有名人御用達のウエディングドレスブランドのデザイナーである桂由美さんが制定した日です。

しかしある人がツイッターで「今日は告白の日」とつぶやいたことがきっかけで、情報が拡散されて以来なんとなく「告白の日」になってしまいました。

しかし結婚を前提とした告白であれば、ちょうど良いタイミングになるでしょう。

6月12日(恋人の日)

本来は地球の裏側にあるブラジルの記念日として「告白の日」とされていたのがこの日です。

ブラジルと日本は親交が深く、日本に住んでいるブラジル人が多いことが関係しているのかもしれませんね。

情熱的なブラジル人を見習って、ロマンチックな告白をしてみるのにぴったりの日になりそうです。

9月17日(韓国の告白の日)

涼しくなりはじめるこの日は、そもそも韓国で定められた「告白の日」です。

韓流ブームに乗って日本にやってきて、今ではすっかり定番となりました。

と言うのも、この日に告白をしてカップルになると、付き合って100日記念日がクリスマス当日になるのです。

記念日とクリスマスをダブルで迎えることができるなんて、女性にとっては非常に魅力的なロマンチックなシチュエーションと言えます。

11月4日

この日に告白をした場合「1(い)1(い)4(よ)」という返事がもらえるという数字の語呂合わせが由来です。

単純な理由ではありますが、なんだか成功しそうな気がして勇気が湧いてきますよね。

また翌日の11月5日は「1(い)1(い)ご(5)えん」という語呂合わせの「縁結びの日」ということ。

付き合った翌日が縁起の良い日であるということも関係しているようです。

告白する日は覚えやすい日に!(まとめ)

気になる女性をモノにするためには、最高の告白で男らしく自分の気持ちをストレートに伝える必要があります。

告白のタイミングを間違えることで結果に影響することがわかっていただけたと思います。

是非2人にとって思い出に残る最高の告白にするためにも、ご紹介したような告白の日に実践してみてくださいね。