CoCoSiA(ココシア)

振られたあとに気持ちを切り替える方...(続き6)

相手がいなくなり初めて相手の存在が大きかったことに気づきます。

しかし、それでは遅いのです。

その人の事をズルズルと引きずり悲しい思いに明け暮れてしまうことでしょう。

精神が崩壊する

お付き合いしていた人の存在が大きかったことに気づいた後、後悔し自分や相手を恨んだり悔やんだりした後、泣いたり悩みすぎたりして食事も喉を通らなくなったりしてしまいます。

徐々に精神が崩壊し、何も手につかなくなる場合もあります。

大好きな相手から振られ、精神が崩壊し過食症や拒食症になる人も少なくありません。

精神が崩壊する前に、なんとか自分の持ち答えられるといいですね。

怒りの念が湧く

大好きだった相手の愛情が、いかりや憎しみの念に変わる場合があります。

大好きだった相手なのに、自分のことを棚に上げいかりや憎しみの念に駆られれば、いつまでもお付き合いしていた相手の事を忘れられず、前に進めないままずるずるといかりや執着に引きずられてしまうのかもしれません。

そうなれば、素敵な出会いがいくら目の前に転がっていたとしても、到底気づくことはできません。

まとめ

いかがでしたか?ふられた後ってとっても辛い気持ちと悲しい気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、ふられた原因や相手の気持ちを考えればお付き合いしている間に何とかできたこともあったはずです。

あなたを振った相手は、きっとあなたにそのことを気づかせてくれたのではないでしょうか。

相手が気づかせてくれた事をバネにし、さらに素敵な人と出会い、素敵なお付き合いが出来るよう、努力していく必要があります。

未来の素敵な恋人に出会うため、今しなくてはいけないことや手放さなくてはいけないものを手放し、自分磨きに専念してみてはいかがでしょうか。