自分が「人間嫌いだな」って思う瞬間はありますか?他人とのコミュニケーションを億劫に感じる人や、自分が人に嫌われていないかと不安に感じることが多い人では、人間嫌いになってしまうケースが多いようです。

しかし、生きていく以上は、最低限は人と関わっていかなければならないため、ある程度人間嫌いを克服しておいた方が良いでしょう。

人間嫌いな人に見られる特徴や、人間嫌いを直すための6個の方法をご紹介します。

人間嫌いな人の特徴

人間嫌いな人には、どのような特徴があるのでしょうか。

そもそも、人間嫌いな人も同じ種類の人間です。

それが何故、自分以外の人間を嫌いになってしまうのでしょうか。

その答えは、人間が持つさまざまな感情にあります。

人間は他の動物とは違い、本能よりも理性の方が強い生き物です。

そのため、物事を行う際には必ずあれこれと頭で思考します。

また、喜怒哀楽といった感情も豊富なため、自分以外の存在に対して好き嫌いの気持ちが生まれます。

それが同じ人間である他者を好きになったり、嫌いになったりする理由なのです。

では、自分以外の人間を嫌いになってしまう人には、具体的にどのような特徴が見られるのでしょうか。

以下にご紹介していきます。

嫌われているという思い込みが激しい


人は相手の反応が自分の反応を映す鏡だと言われています。

例えば自分が好感を抱く相手には優しくなりますが、自分が優しくすることで相手も優しくなることが多いです。

また、相手が優しければ自然と自分も相手に対して好感を抱き、優しくなるでしょう。

一方で相手の反応が悪ければ、こちらの反応も悪くなります。

そしてこちらの反応が悪ければ相手の反応も悪くなるといった具合に、人は相手の態度によって自分も態度を変える生き物なのです。

大抵は「相手がこうしたから自分もこうした」と考えていますが、実は自分の方が先に相手に対して良い、または悪いアプローチをしていることもありますが、ほとんど無意識です。

このように、相手からあまり良くない印象の態度を取られた場合には、自分が相手から嫌われているという思いが激しくなり、相手を嫌いになってしまうということがあります。

実際には相手はこちらに対して何も思っていなくても、相手の些細な態度や言動によって、「嫌われている」と思い込んでしまうのです。

自分から相手を嫌いになっていく

内向的でネガティブな性格の人ほど、この「自分が嫌われている」という思い込みが激しいです。

その大きな原因は、その人が自分自身のことを嫌っているためです。

自分自身を嫌っている人は、常に自分のことを否定しています。

「自分なんか」と他者よりも自分の位置を低く置き、何かあれば直ぐに卑屈になったり自分を否定したりすることで、自分の願いや希望が叶わなくても「仕方がない」と諦めを付けるのです。

ネガティブな人はそれが癖になってしまっているため、「自分で自分のことが嫌い=他人も自分のことが嫌いなはずだ」と思い込んでしまっています。

その結果、周りの人が皆自分のことを嫌っていると考えてしまい、それによって自分がこれ以上傷つく前に相手を嫌いになることで、自分の主観から相手をシャットアウトしてしまうのです。

そうなると、こちらがいくらその人を「好きだよ」と言ったところで、「本心はきっと嫌っているはず」と疑って信じようとはしなくなります。

それが酷くなると、人間不信に陥ってしまいます。

他人と比較し過ぎる

人は常に他人と自分とを比較して生きています。

どんなに口では「平等だ」と謳っていても、実際には心の中で自分の立場と相手の立場とを比べてしまっていることがほとんどです。

本当に心の底から他者と自分とを比較しない人など、聖人でしかありえません。

それほど、人は自分と他人とを比較して生きている存在なのです。

そしてそれは、決して悪いことではありません。

人のやる気や活力はどこから沸いてくると思いますか?答えは「欲望」です。

「もっとこうなりたい」「いつかはああなりたい」という欲望があるからこそ、人は毎日の生活をエネルギッシュに送ることが出来ます。

しかし「欲望」という表現では悪い印象の方が強いため、ここでは「目標」としておきましょう。

その目標を人が定める時、「あの人よりは仕事が出来るようになりたい」「あの子にスポーツで勝ちたい」といった自分の中でライバルの存在が生まれることがあります。

これは自分とライバルとの力関係の差や実力の差を明確にさせた上で、その相手に勝ちたいと望むのです。

この目標は自分と他者とを比較したことから生じたものですが、結果として自分が頑張ろうとする気力が生まれ、これまで以上に努力をして自分を成長させることが出来ます。

このように、場合によっては自分と他者とを比較することで、自分のモチベーションを上げることも出来るのです。

劣等感が強い


自分と他人とを比較することがモチベーションのアップになればプラスに繋がりますが、劣等感が強いと自分と他人とを比較して、さらに気持ちが落ち込んでしまったり、嫉妬や妬みの感情から相手を嫌いになったりすることもあります。

例えば自分が貧乏だと感じている人がいるとします。

その人が「自分を貧乏だ」と感じるのは、自分よりも裕福だと思える他者の存在があるからこそでしょう。

そしてまた、その相手から自慢話や裕福さをアピールされることで、自分と相手との差を実感し、嫌になってしまうのです。

他人と自分とを比較してどんどん気持ちが落ち込んでしまうと、その内に自分が傷つくのが嫌になり、相手を攻撃し始めます。

相手が何気なく口にしたことに対しても、勝手に自分で「また自慢話だ」と思い込み、相手の性格を悪く思うことで自分の劣等感を誤魔化そうとします。

そして自分の周りの人に対して悪く思い続けると、ついには相手の存在自体を嫌いになり、「人間嫌い」になってしまうのです。

群れることが苦手・嫌い

日本人はどちらかと言えば集団で群れる性質を持っていますが、中には群れることを苦手とする人もいます。

マイペースな性格の人や、子どもの頃から一人で過ごす環境に慣れている人、また他者とのコミュニケーションを苦手とする人が群れることを嫌がることが多いです。

何でも自分一人だけで積極的に取り組んでいけるタイプの人では、無駄に大人数で群れることを鬱陶しく思うため、人間嫌いというよりは「自分の世界」を重視していることが多いです。

一方で、他者とのコミュニケーションを取るのが苦手なタイプの場合、本当に一人きりになるのは寂しいですが、他人といることで自分の心が傷つくのが嫌だという、繊細な性格をしていることが多いです。

このタイプの人は生まれつきの人間嫌いではなく、育った環境によって人間嫌いになってしまったことがほとんどです。

例えば両親から十分に愛されずに育った人や、虐めや人からの裏切りを受けた経験がある人、人間関係で心に何らかの傷やトラウマを抱えた人などが、人との関わりが原因で人間嫌いになってしまうことが多いのです。

集団の中に居るのが不安

心の傷や、過去のトラウマが原因で人間不信になってしまった人の場合、集団の中に居ることに不安を感じたり、居心地の悪さを感じたりすることが多いです。

自分に自信がなく、人に依存したがるタイプの人は集団の中にいることで安心感を得ることが出来ますが、他人を信用出来なくなってしまっている人では、集団の中に居ると自分の周りが敵だらけに感じてしまうこともあり、大人数で群れることや、集団の中に馴染むことが出来ません。

「また誰かに傷付けられるのではないか」「人から嫌な目で見られているのではないか」と不安ばかりが頭に浮かび上がって切りがありません。

それに耐えられなくなると、家に引きこもりがちになってしまったりします。

コミュニケーション能力が低い

人とのコミュニケーションが苦手な人は、普段から積極的に人と話をすることがあまりありません。

家族や親しい友人に心を開いて話すことは出来ても、それ以外の人に対しては極端に心を閉ざして、会話も最低限になってしまう人がいます。

そんな人はコミュニケーション能力が低く、初対面の人とも流暢に会話をすることは困難です。

コミュニケーション能力が低い人では、自分でおろおろと会話がもたついてしまうことに対し自己嫌悪を抱く人も少なくありません。

それが何度もあることで、次第に人と話すのが億劫になり、人との接触を避けるようになってしまいます。

そうなると余計にコミュニケーション能力が低下してしまうため、人と関わることが嫌になってしまうのです。

変な誤解や思い込みに陥りやすい

コミュニケーション能力が低い人は、自分の気持ちや言いたいことを上手に言葉にして発することが出来ないことが多いです。

何かを言いたいのにもごもごと口ごもってしまったり、「ええと、その、」などしどろもどろになってしまったりします。

すると会話をする相手からは良くない印象を受けたり、また誤解をされたりすることも少なくありません。

言葉足らずで発した内容が、受け取る相手からすれば侮辱や悪口に感じることもあります。

そのため、コミュニケーション下手な人ほど変な誤解や思い込みに陥りやすく、それが結果として人間嫌いになってしまうこともあります。

人間嫌いの6個の治し方

人間嫌いな人にはどんな特徴があるかを説明してきました。

大抵はネガティブな性格をしていたり、人との関わりを苦手としたりする人が結果として人間嫌いになることが多いようです。

では、一度人間嫌いになってしまったものは、もう治すことは出来ないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

病や怪我でも治療法によっては治るように、人間嫌いもまた、その人が取る方法によって治すことは可能です。

人間嫌いでいることが悪いということではありませんが、社会の中で生きていく上では、やはり人間嫌いは治しておいた方が後の自分のためにもなります。

どのように人間嫌いを治していけば良いのか、おすすめの方法を6個ご紹介していきます。

1、好きになれる人を探す

どんなに人間嫌いの人でも、たった一人の孤独感には耐えられないものですし、実際に周りの人と関係していかなければ生きていくことは出来ません。

そのため、少しでも自分が生きていきやすくするためにも、少人数でいいので自分が好きになれる人を探しましょう。

いきなり探そうと思っても、一体どの人のことを自分が好きになれるのか、よく分からないと思います。

そのため、まずは自分と趣味や特技など、共通点がある人から探していきましょう。

好きなことや趣味の共通点が合うと、その部分だけでも話が合いますし、時には会話も弾みます。

そうなるとお互いに好印象になるため、まずは自分と共通点のある人を意識して探すようにしましょう。

相手を見つけたら、共通の部分から少しずつ他の部分も探っていきましょう。

どんな性格をしているのか、どんな物の考え方をしているのかなど、自分が一緒にいても嫌にならない相手を側に置いておきます。

すると類は友を呼び、気付けば周りには自分が「嫌いではないタイプの人」が多く集まるようになります。

その中から、自分が無理なく関係を築けるような、好きになれる人を探していきましょう。

良い人と出会える様行動していく

自分が好きになれる人を探す、とは言っても、それは実際に行動しなければまず見つかることはないでしょう。

人間嫌いだからといって、いつまでも自分の殻に閉じこもっていると、周りからどんどん孤立していってしまいます。

子どもの内はまだ良いですが、いい大人になってからもぐずぐずしていては、折角のチャンスも逃げていってしまいます。

自分にとって良い友人を見つけたいと思ったら、自分から進んで探しにいかなくてはなりません。

そのため、最初の一歩に勇気を出すことが大切です。

2、他人に対して素直になる

日本人はよく人から褒められると、「そんなことないよ」や「全然だよ」と謙遜します。

日本人にとって謙遜は美徳とされていますが、それも度が過ぎてしまうと周りからは一歩引かれてしまいます。

自分のことを褒められると、例えそれがお世辞だと分かっていても本心では嬉しいものです。

しかし、それを堂々と態度に出すと周囲からは叩かれてしまうことが多いため、必然的に嬉しさを態度に出さない人は多いです。

人間嫌いの人の場合、相手から褒められてもそれがお世辞だと思い込むか、「そんなこと本心では思っていない癖に」など、卑屈に受け取ってしまうことが多いです。

しかし、他人の言葉のすべてが嘘ということはありません。

例え相手の本心が読めなかったとしても、相手の言う言葉や態度を時には素直に受け取ることで、次第に自分の中の考え方も変わっていけます。

新しい自分の発見に繋がる

相手の意見や話を素直に聞き入れることに慣れてくると、それまでは気付くことが出来なかった新しい自分を発見しやすくなります。

例えば人から「〇〇さんはいつも目の前の目標にぶれずに真っすぐですごいね」と褒められれば、それまでは意識していなかった、自分の「目標に向かって真っすぐに進める」という長所が見えてきます。

また、他人が出来ないことを自分が出来て羨ましがられることがあれば、自分が人より秀でている能力があるのだということに気付くことが出来ます。

他人のすべての言葉を鵜呑みにするのも良くありませんが、時には素直に聞き入れることで、新しい自分の発見に繋がることもあるのです。

3、無理に好きになろうとしない

自分が「嫌いだな」と思う相手を、無理に好きになろうとする必要はありません。

人間嫌いを治すことで重要なのは、あくまでも自分が好きになれそうな人を探すことであって、嫌いな人を無理矢理に好きになることではないからです。

無理に好きになろうと思っても、余計に嫌になってしまったり、その人に対しておかしな態度を取ってしまったりします。

その結果余計に周りから変に思われてしまいかねませんので、自分に負担がかかるような無理は止めておきましょう。

少し意識して変化しようとする

嫌いな人をいきなり真逆の好きになろうとしたところで、よほどの吊り橋効果でもない限りは不可能です。

好きになろうとするのではなくて、「嫌い」という感情を少し意識して、嫌い以外の別の感情に変化させるように努めましょう。

例えば「変わっている」や「ちょっとおかしいところもある」など、「嫌い」で一括りにしてしまうのではなく、相手の個性として認めるようにしましょう。

そうすることで、相手に対して「好きにはなれないけれど特別嫌いなわけでもない人」と思うことが出来るようになります。

4、恐怖心を抑える

人間嫌いは、他人に対する恐怖の感情から来ていることも多いです。

特にこれまでの人生の中で、他者によって自分の心身が傷つけられた経験のある人では、トラウマのようになって人を拒絶してしまっていることも少なくはありません。

しかし、すべての人が自分を傷つける存在というわけではないことにまず気付くことが大切です。

「皆が敵」なのではなく、「自分にとって敵もいるが味方もいる」と思えるようになれれば、少しずつでも恐怖心を抑えることが出来るようになってきます。

強い気持ちを持つ

誰とでも仲良くなれる人もいますが、大抵の人は自分にとっての味方もいれば敵もいます。

人間嫌いで他者に対して恐怖心の強い人では、この自分の敵となる相手に対して必要以上に怖がってしまう傾向があります。

しかし、自分にも味方がいるという事実は、少なからずその人にはとっては心強い支えとなるはずです。

まずは自分にとって「この人は味方だ」と思える人を見つけましょう。

味方を見つければ、次第に恐怖に負けない強い気持ちが持てるようになってきます。

5、自分自身を認める

人間嫌いの人は、同じように自分自身も嫌いな人が大半です。

自分に自信がなく、自分を否定しているからこそ、自分と関わる他人をも否定してしまい、嫌いになってしまうのです。

しかし、人間嫌いを克服するためには、自分自身のことも好きにならなければなりません。

それにはまず、自分自身を認める必要があります。

自分に他人から褒められる部分があればそれを素直に受け入れるようにします。

また、自分で「これは自分の欠点だ」と思う部分もまた、目を逸らさずにきちんと認めましょう。

そうして善い部分も悪い部分も自分なのだと認めましょう。

自分自身を認めることで、まずは自分嫌いを治していくことが出来ます。

そして、自分嫌いを治すことが出来れば、人間嫌いを治すこともそう難しくはないでしょう。

成功するイメージを持つ

ネガティブな人ほど、自分が失敗した時のことばかり想像してしまいがちです。

しかし、誰でも好きで失敗などしたいわけではありません。

良い結果を想像すれば誰でも嬉しくなりますし、実際にそうなったらいいなと思いますよね。

その「そうなったらいいな」という気持ちをなるべく強く持つことで、自分が成功するイメージを持つことが出来ます。

そして、成功するイメージを持つには、自分が成功出来るだけの努力を重ねる必要もあります。

自分で「やり切った!」と思えるほどに努力を重ねていれば、失敗するイメージよりも、成功するイメージの方が浮かびやすくなります。

成功するイメージを常に持てるように、日頃から自分自身で努力を重ねることも怠らないようにしましょう。

6、過去のトラウマを払拭する

過去に人間関係で酷く傷ついた経験をしたことのある人は、人間嫌いになってしまうことがあります。

そしてその傷はトラウマとなり、ふとした時にフラッシュバックをしてはその人の心をさらに頑ななものにしてしまいます。

誰かに裏切られた経験があれば、人を信じることに抵抗が出来てしまう人もいます。

また、陰口を言われて傷ついた人は、例え人と仲良くなっても本当の意味で心を開くことは難しいでしょう。

しかしそのトラウマにいつまでも振り回されていては、人間嫌いを克服することは決して出来ません。

ゆっくりのペースでも良いので、心の傷を癒して人間嫌いを治していくように努めましょう。

環境を変えれば払拭されやすい

大抵のトラウマは、トラウマを負った原因となる人物や当時の環境が大きく関係しています。

中学時代に同級生に虐められたことがトラウマになっている人では、中学時代を過ごした地域や当時の同級生たちがトラウマの対象となり、それから何年経っても当時の同級生に対しては嫌悪感が消えないことは珍しくはありません。

また、両親から暴力を振るわれたことがトラウマになっている人の場合は、両親に対してはもちろんですが、乱暴な動作や怒鳴り声など、暴力を彷彿とさせることに対して強い恐怖心や拒絶の気持ちを持っていることも多いです。

それらのトラウマを払拭するためには、自分が今過ごしている環境を変えることがもっとも手っ取り早い手段です。

もし虐めがトラウマになっているのなら、思い切ってまったく住んだことのない地域へ引っ越しをすることで、当時の環境とは離れることが出来ますし、また同級生とも会う可能性がかなり低くなります。

また、暴力がトラウマであれば、自分の身近には暴力を連想させるような人物や物は一切置かないなど、自分で出来る限りのトラウマの払拭を試みましょう。

心の傷はそう簡単には癒えるものではありませんので、完全になくなるまでには長い時間を要します。

しかし、トラウマの原因となる環境から離れることで、払拭するペースが多少なりとも変わってきます。

生きていくと必ず関わる必要があるのが人間関係

人は生きていく上で、誰とも関わらずに生きていくことは不可能です。

例えば生まれてから自立するまでの間、嫌でも多くの人たちの手を借りて生きていかなければなりません。

一人だけでお金を稼ごうと思っても、どこかの会社へ勤めたり、取引先と契約をしたりしなければ収入を得ることは出来ません。

例えSNSやネット越しの会話だけだったとしても、必ずそこには第三者の存在があります。

本当にまったく誰一人とも関わることなく生きていくことは、現代社会では不可能と言えるでしょう。

そして、不可能であればそれを受け入れて、ある程度他人と関わって生きていかなければなりません。

そんな中、人間嫌いでいることは、自らを生き難くしてしまっている状態なのです。

会社や学校など様々な所に出会いは転がっている

人は成長していく過程で、さまざまな場所に所属し、多くの出会いを経験します。

最初は家庭の中、そこから幼稚園や保育園、学校へと通い、成人してからも会社に所属することになるでしょう。

そしてまた、学校や会社などへ所属していなくても、外へ出れば思わぬ出会いがあったりもします。

すなわち人は死ぬまでの間、ずっと自分の周りには出会いの機会が転がっていることになるのです。

多くの出会いの中から、自分が何を選択するかで人生が変わってきます。

また、もしかしたら自分が無意識の内に出会いの機会を拾っているのかもしれません。

どちらにせよ、そんな風に出会いの機会が多ければ、嫌でも人と関わって生きていくことになるのです。

良い人間関係が築ければ嬉しい

どうせたくさんの出会いの機会があるのなら、出来るだけ自分にとって良い人間関係を築きたいと思いますよね。

良縁になれば誰でも嬉しいと感じますし、悪縁の場合には要らぬ巻き添えを食ったり引っ張りまわされたりしてしまいます。

どんな人との縁がどんなふうに実っていくのかは、自分の努力次第で大きく変わってきます。

あなたが人との縁を大切にしていれば、相手もきっとそれに応えてくれて良い人間関係を築くことが出来るでしょう。

すべては自分の気持ち次第なのです。

裏切られることも時にはある

どんなにこちらが良い人間関係を築こうとしても、すべての人がそれに好意的に応えてくれるわけではありません。

例えあなたが相手に優しくしても、相手は優しくしてくれないこともあるでしょう。

また、もしあなたが相手を信頼して行動したとしても、もしかしたら相手はあなたを裏切るかもしれません。

人の性格は十人十色ですので、あなたの思惑と他の人との思惑が違っていることも珍しくはないでしょう。

他人が信じられなくなり人間嫌いに

自分が純粋であればあるほどに、人から裏切られたり、邪険にされたりすると深く傷つきます。

また、相手を信頼している人は、無意識に相手に対して「この人は信頼に足りる行動をしてくれるはず」という期待をしてしまっていることが多いです。

相手から「信頼しろ」と言われたわけではなく、こちらが勝手に相手を信じたり、期待したりしている場合には、相手がそれに応えてくれなかった時に一気に「裏切られた」という気持ちになることも多いのです。

相手の酷い振る舞いにせよ、こちらの勝手に期待に相手が応えてくれなかったにせよ、一度他人に裏切られた経験をした人は、他人を信じることが難しくなってしまいます。

そして、人を信じることが出来なくなってしまうと、他人に対して冷たくなったり、人間嫌いになってしまったりするのです。

人間嫌いってどんな感情なの?

人間嫌い、とはどのような感情なのでしょうか?自分という人間が嫌いだから、「自分を含めたすべての人間が嫌い」という人もいれば、「自分以外の人間が嫌い」という人もいるでしょう。

しかしどちらの人間嫌いでも、他人に対して極度に距離を置き、コミュニケーションや人間関係の構築を積極的に図ろうとはしません。

自分であれ他人であれ、とにかく「人間が嫌い」という点で共通しています。

『他者との距離感や付き合い方が分からない』

他者との距離感や、付き合い方が分からないから人間嫌いだという人の場合は、子どもの頃からあまり他人と親密に関わる機会がなかったことが多いです。

例えば子どもの場合、見ず知らずの子と会った時に、まずはその相手との距離を図ろうとします。

話しかけたり、一緒に遊んでみたりして、自分と相手の子どもとが仲良く出来るかどうかを無意識に考えます。

子どもでもそうして自分から相手との距離感を図ったり、付き合い方を模索したりします。

しかし、大人でそれが出来ない人の場合には、小さな頃から家族や他の子どもと関わる機会が少なかった人が多いです。

また、早い内から人間関係でトラウマが出来てしまって、そこから長い間他人との接触を避けていた人の場合にも、いざ外に出た時に他者との距離の図り方が分からないことも多いです。

「人間なんて滅ばしてやる」と言ったものではない

人間嫌いな人は、では「人間なんて皆滅ぼしてやる」といった凶暴な考えを持っているかというと、そういうわけではありません。

自分の世界に閉じこもってしまっていて、外に出て他者と関わることに恐怖を感じているだけなのです。

そのため、自分や周囲の人間のことを嫌いとは言っても、それが憎いというわけでもなく、また消えてしまえ、滅ぼしてしまいたいと考えているわけではありません。

例えるなら、未知のものに怯えて自分を守るために周りを攻撃している子どものような存在が、「人間嫌い」なのです。

家族であっても上手く接することが出来ない

心の壁というのは、本人が堅く閉ざしている内は、例え家族であっても簡単にその内側へと入ることは出来ません。

むしろ、家族だからこそ拒絶するという人も中にはいます。

どれだけ親しい間柄であっても、本人の気持ちは本人にしか分からないものです。

そのため、親が子どもを理解しようとしたところで、当の子どもが親に心を開かない限りは、子どもの気持ちを親が理解することは出来ないのです。

そのため、家族であっても当人とは上手く接することが出来ない場合も少なくはありません。

克服したい気持ちがあれば克服できる

人は気持ちの持ち方によって、何だって出来ます。

パイロットや宇宙飛行士になりたいと思ったら、懸命に努力をすればなれないことはないのです。

それと同じで、人間嫌いも本人が克服したいと思えば、必ず克服出来ます。

それは、「克服したい」という本人の気持ちがすでに前向きなので、積極的に自分から治していくことが可能なのです。

しかし、裏を返せば本人にその気がなければ恐らく一生人間嫌いを治すことは出来ないでしょう。

何故なら、本人に「克服したい」という気持ちが一切ないからです。

人は生きていく上で、どんなに機会を減らしても、必ず他者と関わっていかなければ生きてはいけません。

それならいっそのこと、人間嫌いを克服して、自分が生きていきやすいような環境を作っていった方が、自分自身のためになるというものです。

苦痛のない他者との関係を築き、人間関係をより円滑なものにするためにも、人間嫌いはぜひ克服しておきたいものですね。

【人が嫌いと思った人は、こちらの記事もチェック!】