よく、優しい男は女性にモテる、やさしくない男はモテないという言葉がありますよね。

その通りなので女性は男性に優しさを求めています。

ではなぜ優しい男はモテるのでしょうか。

またよく「優しいね」と言われるのにモテないという方はいませんか?優しいのにモテなという事にはしっかりとした理由があります。

また、優しいと言ってもどんな優しさがモテるのかという事についてもご紹介します。

実は自分の彼や好きな人が優しい人だと思っていても実は優しくない男かもしれませんよ。

優しいと思って付き合ったのに付き合ったら最悪だったなんてことも回避するために優しい男の特徴を知っておきたいですね。

優しい男の10個の特徴

優しい男とは具体的にどんな男性の事を指すのでしょうか。

優しい男の10個の特徴を挙げていきたいと思います。

1.彼女を一番に考えてくれる

優しい男は彼女を一番に考えてくれます。

あなたの彼はあなたの事を一番に考えてくれていると胸を張って言えますか?
例えばあなたの調子が悪い時、彼はいつもどんな対応を取りますか?まさか電話一本の「大丈夫?お大事にね」だけではないですよね・・・。

遠距離でどうしても駆けつけられないという場合などは電話だけでという事もあるかもしれませんが、近くに住んでいるのに駆けつけてくれないという場合、本当にあなたの事を一番に考えているのでしょうか。

「仕事で疲れているから」「友人の付き合いで飲み会がるあるから友人」「友人が悩んでいて励ましてやりたい」などという理由で会いに来ないという場合、彼女を一番に考えてくれているとは考えにくいですね・・・。

結局は自分、自分を取り巻く環境が一番大切で考えるべきこととなってしまっているのでしょう。

特別感がある

友人と遊ぶ予定があったのに電話の声が元気なかったからという理由で駆けつけてくれたり、他の友達とBBQなどで集まっているときに「暑くない?」「大丈夫?」などとこまめに気にかけてくれたり、自分だけに優しくしてくれているというのを感じられると優しいと思うとともに増々好きになっちゃいますよね。

女性は特別扱いされるのが大好きなのです。

自分の事を一番に考えてくれる人の事は一番に考えてしまいますし、お互いに良い関係性が続くでしょう。

2.みんなに平等である

みんなに平等に接することが出来る男性って優しくて素敵ですよね。

例えば友人同士で話しているときも、みんなで楽しく話せるように話を振っていたり、困っている人が居たら誰でも助けるという姿です。

嫌な男の例としては、優しい男として見られたいがために優しくするのだが、困っている人が好きな人や自分のタイプの人の時だけ助けて、困っている人が高齢の方だったりタイプではない、中が良くない人の場合は焚透けそうとしないなどという場合です。

人を選んで優しさを与える男は優しくありません。

誰にでも平等に接することが出来る男は優しい男でしょう。

更に、食事に行ったときに、店員さんに横暴な態度を取る男も優しい男とは言えません。

「客をなんだと思っているんだ」なんて決め台詞が出たら本当に終わりですね。

気遣いができる

また、誰にでも平等に接することが出来る男性を見てみてください。

大人数で話しているときに話に混ざれていない人が居たり、楽しくなさそうにしている人が居たら、話題を変えてみたり、その人に話題を振ったりしていませんか?

また誰かが頑張って作業をしているときに自分だけ休んでいたりすることもなく、作業が遅れている人に対して手を差し伸べてあげることもあるでしょう。

本当に優しい男は気遣いも出来るため、周囲をよく見て気を配っているのです。

優しさがあるからこそ気づくことであり、優しさを演じている男は、そんな少しの異変にも気づかず自分が楽しいという事で盛りあがっているでしょうね・・・。

気遣いがうまくできないという事は、その男性と付き合っても、彼女の小さな変化には気づいてくれないという事になります。

落ち込んでいるけど元気を装っている時など、好きな人には気づいてほしいものですね。

しかし、気遣いのできない男は大抵気づきません。

3.何があっても見捨てない

本当に優しい男は大切な人に何が起きても見捨てたりしません。

それが一緒にいると大変な思いをするとしても見捨てたりしないでしょう。

例えば、ペットが無くなってしまい、数十年一緒に過ごしたことでショックが大きく、毎日泣き続け食事も摂ることが出来ないという状態になった時、その男性は傍で励まし続けくれる男性ですか?

もし「そんなに泣いたって戻らないよ」「そろそろ泣き止んだら?」などと面倒に思っているかのような態度で、悲しみを共有しないような男なら、優しい男ではありません。

この先長く一緒にいることはやめたほうが良いですね。

男にとっては小さな悲しみ、女子にとっては大きな悲しみを一緒に共感したり慰め続けてくれないような男は、あなたに何かあったとき、何事もなかったかのように逃げてしまう可能性がかなり高いですよ。

気を付けてください。

また、風邪引いた時も、「風邪が移るからあっち行ってて!寝てなよ!」なんて言葉をかける男も、何かあった時見捨てていくでしょうね。

緊急事態が起きても寄り添う

悲しみに暮れている時、病気の時、傍にいて介助してくれるような男性は本当に優しい男ですね。

そんな些細なことで寄り添うだけと思うかもしれませんが、小さなことでも相手の気持ちを考え、傍にいてくれるという事は、もし大事故に遭い体が不自由になった、母親が亡くなったショックで精神的に不安定になってしまったという場合でも、一緒に逃げずに傍で支えてくれるでしょう。

また、火事・事故・地震などで身の危険を感じたときも、自分だけが逃げるのではなく、あなたの事も必死に守ってくれるような頼りがいのある男性である可能性も高いですね。

4.正直者である

本当にやさしい男は正直者です。

嘘で固めて女子をだますような男は優しいとは言えませんね。

もし何か一つ小さな嘘がばれると、嘘を真実にちかづけるための嘘を重ねる必要があるため、そこから次々と嘘がばれてしまうのですね。

嘘がばれたときに女性が悲しむ、ショックを受けるということを考えず嘘をつくことで円滑に物事を進めているという事です。

本当に優しければ嘘をつくことでばれたときにショックを受けるという事まで考えているでしょう。

又は、嘘をつくこと自体に罪悪感を感じ嘘をつけないはずです。

その正直さがデリカシーが無いなと思われてしまうこともありますが・・・。

女性が髪を切った時に前のほうが似合ってると思う、可愛い服を着たときにいつもの感じのほうが好きなどと意見をしてしまうことがあります。

いつもの方が似合っているかもしれませんが、変わろうと、もっと可愛くなろうと努力し踏み出した時に貶されてしまうとショックなのですね。

しかし、正直になんでも言ってくれるという事は嘘がつけない正直で優しい男の人という事ですね。

【正直な人については、こちらの記事もチェック!】

女性は嘘が嫌い

女性は嘘が大嫌いです。

たとえば浮気をしてしまったとします。

どんな状況に成ろうとも浮気によるショックや怒りはこみあげてくるでしょう。

しかし、自分から白状し誤ってきた場合と、しばらくの間隠すための嘘をいくつもつかれていた挙句、浮気に気づいたとしたら、怒りは正直に謝られた時の倍以上となるでしょう。

浮気に限らずしてしまったものはしょうがないので正直に謝ったほうが嘘をつくよりも女性は許すことが出来るかもしれません。

また、小さな嘘も良くありません。

会社の飲み会なのにも関わらず、仕事が忙しくて・・・。

なんてことを言われて、実際は飲み会に行っていたなんてことを知ったら、始めから飲み会と知っていたら怒ることもなかったのに、何で嘘をつくの!と怒り出します。

優しさで嘘をつくのは間違いです。

女性には正直に気持ちを伝えたほうが良いという事ですね。

5.人をバカにしない

優しい男は人を馬鹿にするような発言をしません。

他人を馬鹿にしているときに一緒になって笑い、この人は優しいし面白いななんて思っていませんよね?
そんな男性はいつかあなたの事もばかにして笑うでしょう。

馬鹿にされている標的が自分になるという可能性があるという事ですよ。

誰かを馬鹿にして笑っている男は本当に優しい人でしょうか。

自分を棚に上げ、揚げ足を取る人ですよ・・・。

その人のことをしっかり見ている

人の事を馬鹿にしたりしない男の人は、人の本質をしっかりと見ています。

人を馬鹿にしている人は、他人をパッと見たときに得られる情報、見た目の事を馬鹿にすることが多いのではないでしょうか。

そんな人は女性の事も見た目でしか判断していません。

「可愛い」「スタイルが良い」「キレイ」というだけで好きという感情を持ち内面を見ようともしていないでしょう。

という事はもし外見に支障がでたり、病気や妊娠で今の状態を保つことが出来なくなったとき、本当に大切にしてくれる優しさをもっているのでしょうか。

逆に人を馬鹿にしない男の人は人の内面までしっかりと見ているので、もし容姿が変わってしまったとしても、変わらず優しく接してくれるでしょう。

優しいですね。

6.厳しいことも言える

普段優しい彼は、あなたが悪いことをした時、しっかりと叱ってくれますか?

ダメなところをダメだとしっかりと厳しく叱ってくれるという事は、あなたを一番に考えているからこその対応です。

叱ってくるから優しくないのではなく、叱ってくれるからこそ、彼女を自分の事のように考え叱ってくれている優しさなのです。

仕事をさぼりがちなあなたと共に遊んじゃおうと盛り上がっちゃうよな男性はやさしい彼氏ではなく、一緒にいてもお互いに成長できない関係となってしまいますよ。

大切に思っているからこそ

大切に思っているからこそ、相手に悪い方向に進み後悔したり苦労してほしくないと思い、悪いことは悪いと厳しく指摘するのですね。

大切に思っていなければ、相手に嫌われるかも、相手を怒らせるかもというリスクを負ってまで叱ったりしないでしょう。

本当に大切だからこそ、自分が悪者になったとしてもダメなことに気づいてほしいという気持ちで厳しいことも言うのですね。

厳しいことをいわれた時に、その男の人を突き放してしまうのはかなり勿体ないですよ。

社会人になると、親以外に厳しく愛情を持ってしまってくれる人はほぼいないでしょう。

それだけ愛情を持ち厳しいことも伝えるという事は難しいことなのにしてくれる男性、大切にした方が良いですよ。

7.少しの変化にも気付いてくれる

少しの変化にも気づいてくれる男性は優しいというか、優しいからこそいつもそばにいてあなたの事を見てくれているのですね。

小さな変化は良く見ている人じゃなければ気づくことは難しいでしょう。

特に男性が女性のおしゃれの変化に気づくのはとても難しいことなのです。

しかし些細な変化にも気づいてくれる彼はいつも見ていてくれる優し男ですね。

女性は言わなくても気付いてほしいもの

女性は少しの変化でも気づいてほしいものです。

自分から変えたという事を言っていないのに気付かれることに対してかなり喜びます。

優しい男性は女性が喜んでくれることをしたいと思うはずです。

女性の変化に気づくためにはネイルや髪型、ピアスやネックレス、カバンなどをよくチェックしておくと良いでしょう。

気づいてあげられたら女子はうれしい気持ちでいっぱいとなりますよ。

8.無理に干渉しない

優しい男性は無駄に干渉しません。

干渉するという事は相手が何をしているのか誰といるかなどが気になるのですね。

最低限の情報や安心できることは伝えているのに、干渉してくるという場合は、完全に信頼していないという事ですね。

また、干渉が度を過ぎると恐怖すらも感じるような状態となってしまう場合があります。

一日に何百件ものラインやメールが来て何をしているか誰といるかを伝えなければいけない、連絡ん返事が遅くなってしまっただけで何件もの電話やメールが来ていて、返事をすれば怒られたり浮気を疑われたり・・・。

それは本当に優しさなのでしょうか。

初めは愛されているのだなと感じるかもしれませんが、徐々に気持ち的に辛くなって来たり、エスカレートする干渉に耐えれなくなってしまうこともあるでしょう。

無理に干渉する男は、優しいのではなく、自分が独占したいという気持ちや心配する気持ちを押さえたいだけであることが多く、女性の事を思っているからという訳ではないと考えられますね。

お互いが自立した関係でいられる

干渉し合う関係という事は、お互いに信用し合っていません。

その時点で長い期間ともに過ごすのはお互いの負担となってしまうでしょう。

逆に干渉しないから愛し合っていないという訳ではないですね。

相手の事を心から信用するといういことが相手の事を思っている証拠ではないでしょうか。

相手の女性を所有物として見ているのではなく、ひとりの人間として尊重し認められれば、干渉などしなくても安心して過ごせるのです。

また、二人が付き合っていたとしても、二人は別々の一人の人間です。

長続きするカップルはお互いに自立している傾向があります。

相手がいなければ生きられない、何もできないという状態は、どちらかに強い負担をかけてしまい、良い関係性は続きません。

お互いを尊重し合い、自立できている状態だからこそ、関係がうまく続くのですね。

干渉したからと言って浮気をしないという訳ではないでしょう。

浮気をするという事は気持ちが離れている証拠です。

干渉し繋ぎとめていても気持ちは他者をむいているなんて悲しいですよね。

干渉はほどほどにいい関係を続けたいなら信頼し合った関係で居られるようにしましょう。

9.子どもに優しい

子供に好かれる男性は優しいですね。

子供と遊んであげている姿にきゅんとするという
女性も少なくないのではないでしょうか。

自分との子供が生まれたときもこうして遊んでくれるのだろうと想像できるからなのですかね・・・。

また、目の前で転んだ子供を見て見ぬふりする姿などを見たらもちろん優しくないなと思いますが、転んだ子供に声を掛け立たせてあげている姿なんて見たときには、女性は好きになってしまうほどかっこよく見えるでしょう。

子どもからも好かれる

実際に子供は大人の心理を読み取るかのように敏感に人の気持ちに気づくことができます。

大人が本当は楽しくないのに、女性の前だからと演技をしつつ遊んであげていても、その気持ちを察し、子供は寄り付きません。

しかし、本当に子供が好きで、子供と遊ぶことが本当に楽しいと感じている人は、子供がよりついてきます。

子供は嘘をつけません。

男性の本性は子供との関係性で見えてくるかもしれませんね。

10.相手のことを心から思いやる気持ちがある

相手の事を心から思いやることが出来る気持ちを持っている人は優しい男です。

しかし、思いやりがあるかどうか、どうやって見分けたらよいのか分りませんよね。

思いやりのある人は、人の立場に自分が立った時のことを想像し、相手の気持ちを察することができます。

例えば、思いやりのある男は、相手の気持ちを理解しようとします。

しかし理解に苦しむときはとことん相手話を聞き、理解しようと努力します。

また、アドバイスをするときは相手の意思を摘むのではなく、相手の意思を踏まえながら程よく自分の意見を伝えられます。

相手に対してベストは行動をとるために慎重に行動しますし、相手が求めているところまでの手助けはするものの、踏み込んでほしくないと思っているであろう場所には踏み込みません。

一方で思いやりのない男は、人の気持ちに土足で踏み込んできます。

相手の気持ちなど考えず、お節介だと思われるような行動をズケズケと行ってしまうのです。

また、自分勝手で他の人のきもいを考えた行動や発言が出来ず、自分が良ければいい人なんだなと思われてしまうような人間です。

相手の気持ち理解しようともせず、自分の考えを押し付けようともしますね。

安心感がある

思いやりのある男には安心感があります。

人の気持ちを考えて行動しているため、踏み込んできてほしくないところには踏み込んでこないのに、傍で支えてくれています。

そして自分では抱えきれなくなったときに助けてくれるような、そんな安心感を感じさせるのです。

良く理解してくれようとする分、アドバイスも的確であるため、頼ったらわかってくれそうと感じるのでしょう。

残念!優しいけどモテない男の特徴

よく「○○君って優しいよね~」と言われるのにも関わらず、モテない、好きな人に振り向いてもらえなし、恋愛がうまく続かないという方は少なくないのではないでしょうか。

それには原因があり、優しさの使い方を間違えてしまっているのです。

自分のためにはならずただのお人よしになってしまいます。

どうしてモテないのかをチェックしてみてください。

1.「ごめん」が口癖になっている

まずは「ごめん」など謝る言葉が口癖になってしまっている男は優しいと思われがちですがモテません。

なにか少し冗談で責められているときも「ごめんごめんー」、「そこのものを取って」くらいの何かを軽いお願を頼むときもお願いと言えばよいのに「ごめんなさい」と言っていませんか?

謝罪の言葉は本当に謝りたい時だけ使いましょう。

頼りなく映ってしまう

ごめんという言葉をよく使ってしまう男性は、普段から周囲の多くの人にごめんと言ってしまっているでしょう。

ごめんが口癖だと、いつでも低姿勢で相手を恐れている予で、女性の目には頼りなく映ってしまうのです。

嫌われるかも、相手に優しくしようと気持ちが強すぎます。

ごめんという口癖よりも、ありがとうが口癖のほうが素敵ですよ。

2.女性みんなに優しい

女性は自分よりも弱い生き物だから、自分は女性に優しくしなければいけないからと思い、周囲の女性みんなに優しい姿は、自分が好きな女性に振り向いてもらえなくなる原因となります。

好きな女性の目線としては○○君って優しいけど、みんなに優しいから彼女になるのはやきもちを焼いてしまって苦しい気持ちになりそうなどと思われているでしょう。

また、自分は好きな女性に優しくして好きという気持ちに気づいてほしいと思っているかもしれませんが、みんなにも優しい対応を取っているため、なかなか傷かれませんよ。

特別感がない

女性は特別が好きです。

優しい男だということは、人を馬鹿にしない姿や思いやりのある姿などでわかります。

ただ、周囲の女性がよっぽど困っているとき以外は、好きな人だけを見て、好きな人が少しでも困っていたらすぐ助けるなどの差をつけるとよいでしょう。

また、付き合っている場合も、女友達が困ってくるから行くねなどと2人の時間を壊してまで駆けつけるような行動は、嫌われてしまう原因となります。

優しいあなたがみんなに優しくしたいという気持ちがあるのはわかりますが、スーパーマンではありませんよね。

少しは自分の幸せについても考え手に入れるために必死になっても良いのです。

3.デートプランをすべて女性に任せる

「どこに行く?」「何をする?」「何食べる?」という会話の中で、女性に好きなことをしてほしいという気持ちのあまり、自分は女性が決めたところならどこでも良いという優しさで、デートプランを彼女が毎回すべて考えているという事はありませんか。

しかしその態度は優しさとして受け止められることは無く、デートが楽しみではないんだ、無関心なんだと思われてしまう原因となります。

女性はリードしてほしい

そして女性もあれこれ良いものの中から決めるという事を難しいと感じます。

また、決めるのが自分であっても決める過程でいろいろ話し合ったり、出かけることを楽しみにしている気持ちを共感したいのです。

一緒に雑誌などを見て決め、候補が2つ決まったらどっちにするかは女性に選ばせると方法を取ると良いでしょう。

一緒に決めようとする姿だけで、「行きたくないのかな」「楽しみじゃないのかな」という女性の不安な気持ちは消えますし、二人で決めたという嬉しさから、いつもよりも女性が楽しむ姿が見られれうでしょう。

そしてたまには男性が最終決定をするのも良いです。

地元やよく言ったことのある場所へ連れて行き、エスコートしてあげましょう。

女性はリードしてほしいと思っているため、男性が良く知っている場所で様々な知識などを披露されたり、美しいもの面白い体験をさせてくれた彼を頼りがいのあるカッコイイ彼氏だと思うでしょう。

また楽しませてくれたという事でやさしいなと思われるでしょう。

4.女性をやたら送りたがる

女性を送ってあげようとしてやたら誘うのはやめましょう。

優しさで言っているとしても、無理に送りたがるような「送ってあげるよい家まで、むしろ送らせてよ」なんて誘うのはやめましょう。

この人なんでこんなに家に来たがっているのだろうと怖がられてしまいます。

逆に女性がこの人本当に優しいかもと感じてしまう方法があります。

それは強引に送るという事をい決定するのではなく、「送る?1人で大丈夫?どっちでもいいけどどうする?」と選択肢を相手に与えるのです。

そして自分は送っても送らなくてもどっちでもいいよという雰囲気を出します。

すると無理やり家に押し寄せたいという形にならず、女性も恐怖心を覚えない為、送ってもらおうと思う可能性が高いのです。

下心が丸見え

送るよ。

送らせてよ。

という言葉は、家まで行きあわよくば・・・。

なんて男の下心が女性に丸見えです。

もし本当に優しさで言っていても、女性は下心があるんだなと思ってしまうことがあるので注意してください。

送った時に車の中でさっと別れれば、次回からは心を許して送ることを頼まれ、徐々に良い関係になるかもしれません。

焦らず慎重に・・・。

5.お世辞がバレバレである

「そのバック可愛いね!次の日もそのバック可愛いね!バックが変わってもそのバック可愛い!前に持って行ったことがあるバックを見ても、それ新作?!可愛い!」

こんなことがあったらお世辞だという事がバレバレですよね。

バッグなど以外でも、髪型や化粧、今日も似合うねと言い続けたり、何でも似合うねと褒めるのはお世辞という事がバレバレです。

相手も反応に困ってしまうのでやめましょう。

とりあえず褒めとく感がある

優しさでいい気分になってもらいたくてたくさん褒めているのかもしれませんが、とりあえず褒めると言うのはやめましょう。

とりあえず褒めるという事では女性はうれしくありません。

いつも褒められることが無い人に少しの髪型やネイル、化粧や持ち物の変化を褒めてもらえるからうれしいのです。

よく観察し、何でも褒めている感が出ないようにしましょう。

ピンポイント変化した場所は分らないという時は適当に褒めるのではなく、「何か雰囲気変わった?可愛いね」などと大まかに褒めればよいのです。

6.消極的である

優しい男性はモテないという訳ではなく、どちらかと言えば優しくされた女性に気になられてモテるというケースの方が多いのです。

しかし優しさのあまり自分の気持ちよりも相手の気持ちを良く探ってしまうのです。

探れば探るほど相手が自分の事をド思っているのか分らなくなり不安を感じますね。

ここぞと言うときにアプローチしない

相手の気持ちを察してアプローチのタイミングを見計らっているときには女性の気持ちは違う人に向いているという事もあります。

人間の気持ちはいつどう変化するかわかりません。

二人が両想いかな?と感じている時間はそう長くは続かないのです。

どちらかが行動しなければそれ以上の関係にはなれません。

そこはやっぱり男らしくいつまでもグダグダせずにアプローチしてみましょう。

まとめ

優しい男の特徴、あなたの彼や好きな人は当てはまっていましたか?

今までやさしいと思っていたのに、優しさではなかったんだという行動もあったでしょう。

また、普段モテない男性はモテない原因を作ってしまってはいませんでしたでしょうか。

優しい男がモテるというのは確かなので、優しさの使い方に注意し、理想好きな人に近づいてみましょう。

思いやり優しさはとても素敵なものですが、残念ながらその優しさに付け込んで、酷いことをするような人もいます。

優しい人は人に優しくするという事はとても良いことで素敵なのですが、自分の事を守るのも忘れずに行ってくださいね。

幸せに満ちている人は、更に人に優しく出来るようになるでしょう。

幸せなカップルが誕生しますように・・・。