物事を正直に生きていくという人はいると思います。

正直な人というのは物事に関して何でも正直になってしまいますよね。

ですが正直になることが難しいという人もいると思います。

個性というのは人により違うので、例えば「いつも嘘をついてしまう」という人と「ワガママ言ってしまう」というような人もいますが中には「嘘をつくのは嫌だから正直になっている」というプライドからその様になるという人もいますし「嘘をつかれるのが嫌いだから正直に言う」なんていう人もいると思います。

正直になりたい人というのは多くいると思いますが、いざ正直な人になりたいと思っていても難しいことですよね。

性格というのは直ぐには変えられないのが特徴で、人に対して何かを言う際にもつい「嘘を言ってしまう」というような人も多いのではないでしょうか?

正直な人というのはまれに馬鹿を見るとも言われたりしますよね。

これは嘘をつかれたとしても見抜けず、嫌な思いをしたりするという人もいるのではないでしょうか?

ですが正直な人というのは良いようなこと、メリットも多いよう見えてしまいますが、先ほど言ったようなデメリットも存在するということを忘れないようにしましょう。

今回はそんな正直な人になりたいと思う人、今一度正直な人の特徴を知りたいという人に17個の特徴についてお教えしたいと思います。

正直になるというのはとても難しいことですが、メリットもありデメリットもある性格なので、一苦労をしているという人も多いのではないでしょうか?

正直な人になりたいと思う人がいるのであれば、まずは気をつけるべきことが多くあると思います。

正直な人というのはどの様なことをしている人や考えを持っている人なのかを考えることが重要になるのです。

では詳しく見てみたいと思います。

正直な人になりたいあなたへ

正直な人になりたいという人も多いでしょう。

自分はよく嘘をついてしまったり、ワガママを言って相手を困らせるというような人もいると思います。

正直になりたいのにその時には言えないままで関係が終わってしまったカップルの人もいたりするのではないでしょうか?

正直になるというのは時には必要なことであり、直ぐに正直に言うというのは難しいですよね。

例えば喧嘩などがそうですが、どちらに非があるのかという前にまずは話しあうことが必要になると思います。

仮にこちらが悪いとなっても直ぐに「ごめんなさい」とは言えずに相手のことを指摘したりしてしまいがちですよね?

その様な時にも直ぐに「ごめんなさい」と言えることができれば、相手も直ぐに聞いてくれたりする可能性があるのに、つい自分の意見をぶつけたりして喧嘩が更に白熱するなんていうようなこともあるのではないでしょうか?

では素直になるためには何か気をつけるべきことなどはあるのでしょうか?

よく「素直」という言葉を聞きますがそれとは違うのでしょうか?

いろいろと思ったりする人もいますよね。

では具体的にどの様なものなのか見てみたいと思います。

「素直」と同じ?


素直という言葉をよく聞くと思います。

「素直じゃないんだから」というようなことを言われたりすることもありますよね?これは正直と意味は同じなのかと考える人もいると思います。

基本的に素直と正直というのは似ている部分が多いですが、客観的なものか、主観的なものかの違いと考えてみてはいかがでしょうか?

例えば素直という言葉に関しては自分では意識していないつもりでも行動的に起こしてしまうということがありますよね。

その時は相手から見て解るものという風に捉えることができます。

自分では素直ではないということは解らないのです。

ですが正直というものは逆に他から見ても解りません。

何故なら嘘か本当なのかというのは自分自身にしか解らないことであり、相手から見ても本当なのか嘘なのか見抜けることができないということになりますよね。

この様にして素直と正直というものがあるのではないかと思います。

なので大体の意味は同じですが、相手から見た場合なのか自分から見た場合なのかの2つです。

基本的には同じと考えて良いと思います。

「正直者は馬鹿をみる」とも言われる

正直者は馬鹿をみるという言葉をご存知でしょうか?

この言葉というのは正直にしている人の方が嫌な目にあったり損をしたりすることが多いという言葉です。

よく「賢い人」という人がいると思いますが、この時の賢いというのは「ずる賢い」という言葉でよく言うのではないでしょうか?

例えばマニュアルがあったとしてその通りに正直に動く人と、少し改良を加えて楽をしたり手順を変えて直ぐに終わらすことができるという人もいると思います。

その時は正直にやっている人が損しているように感じることが多いとおもいませんか?マニュアル通りと言われても賢く動く人というのは多くいるのです。

今の社会では正直に生きていれば良いこともありますが損することも多いですよね。

これの代表的な例が閉店セールです。

正直な人は閉店するから安いと思っていても、他の人達から見ると何回も見ている光景なので、またかと思うことも多いでしょう。

そこで買ってみていざ他で見ると他の方が安かったなんていうようなこともあると思います。

正直者は馬鹿をみるとありましたが、この様な場面でもあるので、正直者の人は見抜く力が必要になるのではないかと思います。

正直な人の17個の特徴


では正直な人になりたい、正直者の特徴について知りたいと思う人のために17個の特徴についてお話をしたいと思います。

正直というのは基本的に裏と表が無いような人達が多いです。

天然とは少し違いますが、とても純粋であったり直ぐに人を信用したり、また顔に直ぐ表情が出るという人もいますよね。

この様な人も実は正直な人の特徴の1つになるのです。

よく相手のことを考えたり、ドラマや映画などを見て感動してもらい泣きしたりする人がいますよね?あの様な人達も実は正直な人なのです。

意外にも正直な人というのは多く、それを表に出さないという人もいると思います。

それが「正直」ではなく「素直」に繋がるのです。

素直でない人というのはたくさんいますよね。

自分の中ではこうだと思っていても行動が正直に出たりするような人もいると思います。

正直な人というのは特徴が多くありますが、メリットと同時にデメリットの存在もあるということを忘れないようにしましょう。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見たいと思います。

1.心が清らかで純粋

心が清らかで純粋な人というのは正直な人の特徴でもあります。

とにかく荒んだような考え方をせずに、常に純粋に生きている人もいるのです。

この様な人は裏表がなく、常に清らかであり、純粋な心を持っている人で、正直者の特徴でもあります。

嘘やその様なことを苦手として何か嫌なことがあったり、嫌なことをしてしまうと直ぐに謝る人とかもいますよね?

自分自身はそうでもないのに根気よく謝れたりするというようなこともあると思います。

心が清らかで純粋な人というのはその様なこともあるので、直ぐにあの人は正直な人だと解ることもあるのではないでしょうか?

心が清らかというのは中々難しいことではあると思います。

なるべく意識をすることで性格というのも変わりますが純粋になるというのも時間がかかりますよね?正直な人になるというのはとても辛いことが多いと思います。

諦めないようにしましょう。

2.人をすぐ信用する

人をすぐに信用するというような人も正直者の特徴なのではないでしょうか?

先ほど言った「正直者が馬鹿をみる」というような言葉があるように人をすぐに信用したりするということはとても素晴らしいことだと思います。

ですが信用して嘘をつかれた時はとても辛い思いをしたり、嫌な思いをしますよね。

人をすぐに信用するというのは、それほど相手のことを信頼して接しているということなので、基本的に全て正直に言ったりするような人のことを言います。

人をすぐに信用するということは、それほど嘘などがなくこちらも接しているということになるので、相手が嘘をついたとしても見抜けないという難点があると思います。

損をしたりするようなことも多いので、すぐ信用をするのではなく、たまには疑うというようなことも大切にしなければいけないと思うのです。

3.ポーカーフェイスができない

ポーカーフェイスができないのも正直者の特徴と言っても良いでしょう。

よくトランプであるババ抜きとかありますよね?顔に表情が出てしまうなんていう人もいるのではないでしょうか?

どちらか1枚がババ、どちらかを取られたら上がられてしまうという状況の時には手札を入れ替えたりしてフェイクを入れても顔で解ったりするような人も多いのではないかと思います。

その時によく表情に出るタイプの人はポーカーフェイスができないということになり正直者の可能性が高くなるのです。

ポーカーフェイスというのはどんな事があろうとも無表情になり、そのままをやり通すことを言います。

例えばお笑いなどではありますが、笑いそうになっても笑わないでいるという表情がありますよね。

あれと同じような形をすることができず、直ぐに顔に出てしまうような人は正直者なのではないでしょうか?

ですがこれは表情が豊かであるということになるので、とても良い性格だと思います。

正直者というのにもメリットはあるので、是非なってみたいという人は表情を豊かにしてみてはどうでしょうか?

4.感動しやすく涙もろい

感動しやすく涙もろい性格なのもポーカーフェイスの特徴でもあります。

感動するということは相手のことを考えられるような人であり、涙もろいというのは感情移入をすることができるということです。

正直者の人は嘘や嫌なことを嫌うので、常に相手の言うことを聞いたりすることが多いと思います。

また相手の相談事にも心身になって聞いてくれたり、力になってくれたりするような人が多いでしょう。

感動しやすく涙もろい人というのは相手の言うことをまず信じて、そこから感情移入などをしているのです。

感情が豊かであり、喜怒哀楽の表情を直ぐに出せるという人も正直者の特徴です。

よく映画やドラマを見て泣くという人、もしかすると正直者かもしれません。

その様な人はよく素直だなと言われたりすることもあるのではないでしょうか?

5.人の悪口を言わない

何よりも人の悪口を言わないのが特徴でもあります。

例えば相手に対してどんなことを思っていても悪口を言わない人っていますよね。

それは相手が悪いからではなく、まず自分が悪いから相手を怒らせてしまったという風に考えることが多いからです。

人の悪口というのは愚痴として言ったりする人も多いと思いますが、その様なことをあまり言わない人、聞き手に回っているという人も多いのではないでしょうか?

人の悪口を言わないということはそれほど相手のことを思っていることでもあるのです。

正直者の人は常に相手に対して思うことを言いますが、その時もまずは自分に非があると思い込んでしまいがちになると思います。

人の悪口を言わないという人がいるのであれば、それは正直者である証なのかもしれません。

6.自分と人を比べない

自分と人を比べない人も正直者の特徴です。

どんな事があっても相手と比べるのではなく自分だけを見るようにしています。

これは競争心などが無いということではなく、見下したり、尊敬したりということをせず、まずは一定の位置からその人を見るというような人に多いのです。

これはどういう事かと言うと、自分というのは常に人と比べたりするという人が多いと思います。

その様な人は人と比べて自分のダメな所を見つけ出し、そこからどうするかということをするのですが、正直者の人の場合は自分と相手を比べず、常に自分だけを焦点に当てて考えて行動をしているということになります。

それは例えば「他の人の迷惑をかけないように動く」であったり「常に相手のことを考える」というような思考を常に持っているので、相手が気をつけるというのではなく自分を気をつけようと考えてしまうのです。

そこで自分だけをずっと見てしまうので、何かあっても正直に話をしたり嘘を交えるということが無いような性格になるので、正直者になってしまうということになるでしょう。

7.人を妬まない

人を妬まない人も正直な人の特徴です。

例えばどんな事があっても妬んだりすることが無い人っていますよね。

相手のことを素直に認めたりするような人というのは多いと思います。

妬んだりしてしまうと相手と比べてしまったり、悪口や愚痴などを言ってしまいがちになりますが、人を妬まない人はその様な考えではなく、純粋に「おめでとう」という気持ちでいっぱいになるのです。

正直というのは素直なことであり、周りから見てもそのように思われることが多いと思います。

基本的に友達と一緒にいる時や、他の人といる時でも変わらずに接したりする人っていませんか?その様な人は基本的に人を妬まない性格の人でもあるのです。

自分は素直に相手と接するという気持ちが強いので、裏表がなく相手と会話をすることを得意とし、何か言われても直ぐに答えたりすることができる人でもあります。

この様な人とは大事にしたいと思ったりしますよね。

とても純粋であればあるほど大事にしたいと思う人もいると思います。

正直者になりたいと思う人がいれば、まずは妬んだりすることを1度止めてみてはいかがでしょうか?

8.嫌味を言わない

嫌味などを言わない人もいると思います。

必ず人というのはストレスというものが溜まりそれが溜まると嫌味を言ったり愚痴を言ったりするようになると思うのです。

正直な人の特徴の中にはその嫌味を言わないような人もいます。

ではストレスなどが誰でも溜まるのにどうやって解消をしているのかというと定期的にどこかで時間を使い、趣味やカラオケに行ったりして解消をしているのです。

基本的に人に嫌味を言わないという人はストレスなどを発散する際にも1人で行動をしていることが多く、他の人に見せないという人もいると思います。

ストレスの発散方法は様々ですが、例えばゲームなどをする、本を読むということでもストレスの発散になるので、正直な人というのはこの様な形でストレスを除けていくのです。

嫌味を言わないというのはとても難しいことですよね。

性格を変えるのには時間がかかりますが、嫌味を言わないという人はとても正直な人だということを忘れないようにしましょう。

9.一途な言動

とても言動が一途であるという人もいます。

自分の言ったことに対して必ず有限実行をする人、選択肢があっても「これだ!」と言い切れる人というのはたくさんいると思います。

一途な言動というのはとても素晴らしいことであり、中々真似をするというようなことはできないと思います。

いわゆる自分の意見を必ず持っているという人のことを言う場合もあります。

一途な言動であればあるほど、自分の意見はこれだ!と突き通す気持ちから正直な人だと思わせられることもあるのではないでしょうか?

人の意見に左右をされたり、よく優柔不断になってしまって考えがまとまらないという人もいると思います。

ですが一途な言動であればあるほど、それだけ自分に正直になっているという事でもあるので、まずは自分の言いたいことを言うというのも大事なのではないでしょうか?

10.駆け引きが苦手

駆け引きというものが苦手なのも正直者の特徴です。

例えば相手との駆け引きをしている際に、相手が言うことを直ぐに信じてしまったり、信じてゲームに負けてしまったなんていうこともありますよね。

よくある「人浪」というゲームがありますが、これは嘘かどうかを見抜く駆け引きなゲームです。

この人浪でさえもつい「私本当は◯◯なんだけど」と言ったりしてしまい駆け引きをしようとしてボロが出たりするというようなこともあるのではないでしょうか?

駆け引きが苦手ということはそれほど影響も受けやすいということを覚えておきましょう。

これは一途な言動とは少し正反対の性格にもなってしまいますが、この駆け引きが苦手だということも正直な人の特徴であるということを忘れないようにしましょう。

自分の意見を持って行動する人、相手から言われて考えを変えて行動をする人、このどちらも正直者であるということになるのです。

11.言われたことをそのままする

言われたことをそのままするという人もいると思います。

これはマニュアルなどを見てそのままやるというような人のことを言います。

言われた通りに動くというのは俗にいう「マニュアル人間」と呼ばれることもありますよね。

ですが他の余計なことをしないというのは実はとても大事なことなのです。

行動をちゃんとすることで、マニュアル通りに動き、仮に早く仕事が片付いた場合は違う時間にあてることもできると思います。

マニュアルというのは基礎ということなので、その基礎をしっかりそのままするというのはとても大事なことなのです。

それをした上でアレンジというものが加わるので、まずは基礎を徹底的にする、そのまま言われたことをするという人は正直者である可能性が高いでしょう。

12.反論や批判をしない

反論や批判をしないという人もいると思います。

相手の意見を尊重したり、そうだねと相手を気遣ったりするという人も中にはいるのです。

この様な人も正直な人であるということが言えます。

例えばどんなに反論などをしていても、どんなに批判をしていても、相手の意見に納得がいかないと思ったら言ってしまいますよね?

ですが正直な人というのは相手のことを考えてその様なことを言わず、常に相手を考慮してものを言うことができるのです。

反論や批判という争う行為も嫌い人が多いので、単純に相手のことを聞いているという人もいるでしょう。

ですが正直者の場合は、自分はこうだと思うと言った際にきた反論に対して納得をしてそのまま相手のことを聞くというようなことが多くあると思うのです。

難しいと思いますが、反論や批判をしない人というのも実は正直者である可能性が高いということになります。

13.人の話をよく聞く

人の話というのはよく聞いて、よく考えるということが大事になりますよね。

人の話を聞かないという人もいると思いますが、正直者はまず相手の話を全て信じたりすることがあるので、人の話をよく聞こうとします。

人の話をよく聞くというのはとても素晴らしいことであり、相手のことを信じることができる人でなければその様なことはできないと思います。

14.友達も同じ雰囲気の人ばかり

友達も同じ雰囲気の人ばかりという人っていますよね。

例えば類は友を呼ぶということわざを知っていますか?似たもの同士が集まるということです。

仮に友達がいるとして友人も同じような考えだったり、お互いが素で話し合っているという人も多いのではないでしょうか?

相手のことを考えて発言をしたり、その相手もあなたのことを考えて発言をしたりするというような人が多いと思うのです。

その様な人を見かけたり、実際に友達だという人もいるかもしれないですよね。

もしかするとあなた自身も正直者である可能性が高いということになるかもしれませんよ?

15.誰に対しても公平平等に接する

誰に対しても平等に接したり、公平に接したりするというような人がいると思います。

普段人というのは相手に対してつい下に見たり上に見たり、公平や平等に接するというものが難しいと思うのです。

誰に対しても平等に接することができるという人、いませんか?もし仮に誰に対しても同じ態度で、公平に接しているという人がいれば、その人は裏表が無く、素で接しているという人になるのです。

平等というのは常に言われたりもしますが、中々難しいと思う人も多いのではないでしょうか?

平等に接することができるようになれば、相手のことを信じたりすることもできるかもしれないですよね?誰に対しても公平平等に接するという人は、正直者の特徴でもあるのです。

誰に対してもそのような人っていますよね?

16.何事も真面目に取り組む

何事も真面目に取り組むという人もいると思います。

どんな事であっても真面目に仕事に取り組んだり、行事に取り組んだりするという人が多いのではないでしょうか?真面目に取り組むというのはとても素晴らしいことで、常に集中しているということにもなりますよね?

時には休憩をしつつ真面目に取り組んだり、またどんな時でも真面目になってしまうというような人もいると思います。

ゲームなどでも勝ち負けというものがありますが、その時に楽しむのにも真面目になったり、ルールなどをよく確認したりするような人って多いと思います。

何事も真面目に取り組むというのは正直であるということとイコールなこともあるので、正直な人の特徴にはこの様な特徴もあるということを覚えておきましょう。

17.自分のミスに強い罪悪感を感じる

特に自分を責める傾向があります。

自分が仕事でミスをしてしまったという時に、周りから「大丈夫だよ、どんまい」と言われてもずっと引きずってしまうという人がいるのではないでしょうか?

その様な人はとても自分のミスに強い罪悪感を感じてしまう人が多いと思うのです。

自分のせいで、というようなミスに強い罪悪感を感じたりするという人も実は正直者である可能性が高いのです。

常に相手のことを信じて正直でいるということから、少しのミスでも大きく捉えてしまうからです。

時にはあることなので割り切ろうとしても割り切れない、というような人も実は正直者なのかもしれません。

正直であることのメリット

正直な人の特徴についてお話をしまいたが、それぞれにメリットとデメリットとなるものが必ずあります。

まず正直であるメリットというのは、信頼をされたり、嫌な気持ちが無いのでストレスが無くなるというようなことがあるでしょう。

正直でいればいるほど、その分メリットというものは多くあります。

では具体的にみてみましょう。

1.周囲から信頼される

周囲から信頼されるというのはそれほど期待されていたり、頼りになると思われることですよね。

正直であるので、裏表がなく、その事に対して信頼されるという可能性が凄い高くなるのがメリットの1つでもあるのです。

よく行事や仕事などでも信頼される人というのは必ずやってくれる、という意識がありますよね。

それに答えようとして必ず成功をさせるという人もいると思います。

周囲から信頼されるというのは正直に行動をしているからであるメリットの1つにもなるのです。

2.邪念が無いのでストレスが無くなる

邪念というものが無いのでストレスが無くなるのもメリットの1つです。

例えば人に悪口を言ったり、愚痴を言ったりするようなことが無くなるので次第にストレスというものを抱えなくてもよくなるのです。

仮に少しでもストレスがあると直ぐに自由な時間を使い趣味に走ったり、本を読んだりとすることになりますが、そのストレスの量も多くないというのはとてもメリットになるのではないでしょうか?

3.良い人間関係が構築できる

良い人間関係を構築できるというのはとても良いメリットだと思います。

裏表が無いということはそれほど相手から信頼されるということであり、正直な人というのは仲の良い人とはとてもよい人間関係を構築することができるのです。

正直であることのデメリット

ではメリットについてお話しましたが、デメリットというのは何だと思いますか?例えば秘密は大事な話は話し辛いと思われることもあるでしょう。

逆に信用されなくなり、関わりが無くなるということもあります。

メリットだけをみると良いですが、その逆の考え方をすることができるのがデメリットの特徴です。

ではどの様なものがあるのか見てみましょう。

1.秘密や大事な話はしづらい

秘密や大事な話はとても話し辛いと思われることが多いでしょう。

これは仮に正直者の人に言ったとして、その秘密や大事なことまでその人が他の人に言ってしまうのではないかという可能性が高くなるからです。

秘密というのに言ってしまっては秘密ではありませんし、仮に聞いた正直者の人は他の人にこういうことも言っていたと言いたくなるようなこともあるのではないでしょうか?

2.逆に信用されない

逆に信用されないというのもデメリットの1つです。

これは正直であるから良いというのを逆手にとり、より信用というものが不安になるような状態のことを言います。

逆に信用されないというのは、何かがあってもあまり信じることができないということになるので、正直でいすぎると信用されなくなってしまうという可能性も出てくるのです。

3.人に騙されやすい

人に騙されやすいという人もいるでしょう。

正直な人というのはとにかく相手のことを考えて信用をしようとします。

その時に人が言っていることを簡易に信じてしまうと騙されてしまう可能性も高いです。

特に正直者の人は人に騙されやすい傾向にあるので、注意をするようにしましょう。