CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

思いやりがある人・ない人のそれぞれの特徴

人の気持ちに敏感で、その気持ちを大切にしてくれたり、思いやってくれる人ってすごく素敵だと思いませんか?

”思いやり”って、家庭の中を温かくてやさしい雰囲気にして、家族にとってそこが安心できる居場所にしてくれたり、職場でもお互いに思いやりを示せる仲間となら仕事内容は楽ではなくても頑張っていくことができるのではないでしょうか?

さらに、友達にだって、恋人にだって思いやりを持って接するのはとても大切なことで、友情を深めて絆を保つのに役立ちます。

公共の場でも、お互いに知らない間柄であったとしても、みんながマナーと思いやりを持って行動するなら、きっと地域社会はもっと住みやすくなるはずですよね!

きっと、みなさんも思いやりの心を持っている人をすごく魅力的に感じると思いますが、思いやりを持っている人と、残念ながら思いやりに欠けている人がいて、自分はどっちなんだろう?って思うかもしれません。

それに、思いやりをもっている人って、具体的にどんな人なんだろう??って疑問に思うかもしれませんね!

そこで、今回は思いやりのある人、ない人の特徴についてまとめてみました!

人間関係で大切な思いやり

人は生まれたときから誰かと関わり合って生活をしています。

赤ちゃんの頃からずっと誰の手も借りないで大人になった人はいませんね。

いろんな家庭環境や人間関係の形がありますけど、人と人が一緒に過ごすときに、お互いに幸せや安心感を感じる事ができるためには、一つには”思いやり”の精神が必要なのではないでしょうか?

じゃあ「思いやり」って何?ということになりますけど、辞書で調べてみると、それは「他人の身の上や心情に心を配ること」という意味があるそうです。

他人の気持ちや状況を察して、それに同情することができるということですね。

「同情」というのは、他人の気持ちを自分の事のように感じることができる能力です。

「他の人の気持ちを親身になって共に感じる事」という説明もありました。

人の気持ちをよく考える事ができる、ということですよね。

そして、自分のことのようにそれを感じる事ができるゆえに、その人の気持ちによる沿った行動ができるのです。

みなさんも、きっと大切な人が悲しんでいたり、辛いときには自分の心もすごく辛くなった事があるのではないでしょうか?

そして、なんとかしてあげたい、自分が助けになってあげたい、という気持ちも持つことがあるでしょう。

自分自身が辛い状況にあるわけではないとしても、他人を思いやる心があるゆえに、他人の感情にも自分の心を配ることができるわけです。

そのようなやさしい感情は、大切な人にはとりわけ自然と沸いてくるものですけど、全くの他人であっても思いやりを持って行動することは大事です。

一例として、公共の場でマナーを守ることも、思いやりの行動の一つですよね。

自分さえ良ければいい、他の人がどんなふうに感じようと、迷惑を被ろうと関係ない、そんな気持ちでいるなら、きっとその人にとってマナーなんてどうでもいいことになってしまうのかもしれません。

それで、人間関係において、みんなが気持ちよく過ごすために、そして仲良く楽しくすgすためには、他人を思いやる事がすごく大切になります。

思いやりを持っている人は、自分と他人の両方を大事にすることができるので、自分のことも好きになれるだろうし、他人からも好かれる人となる事ができるでしょう!

だから、自分の友だちや恋人、さらには家族になる人には、ぜひ思いやりがある人を選びたいですよね。

そして、自分自身も思いやりのある人になれたら、もっと温かい人間関係を築くことができそうです。

思いやりがある人・ない人の13の特徴

思いやりがある人は、人としてとても魅力的で、人からも好かれますけど、でも、「他人の身の上や心情に気を配ること」って、実際にどんなシチュエーションで行動として表れるのでしょうか?

思いやりのある人とない人の特徴って、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

思いやりのある人になるために、そして、うっかり自分勝手で思いやりに欠けた人になってしまわないために、思いやりのある人ない人の特徴について取り上げてみたいと思います♪

思いやりがある人の特徴

まず、思いやりのある人の特徴から見ていきましょう!

どんな人が思いやりのある人といえるのでしょうか?

人をよく見ている

思いやりのある人は、自分の事だけを考えて、自分の事だけに意識を集中しているのではなく、周りの人のことをよく見ているようです。

意識が自分だけではなく、他人にも向けられている人ということですね。

それで、人の様子や心情の変化を敏感に察知することができます。

もし、誰かの助けになりたい、誰かの気持ちを感じ取りたいと思うなら、その人についてよく知らなくてはいけません。

人の事を観察すれば、その人のいつもの様子、そしてストレスを感じているときの様子などを知る事ができます。

家族でも、お互いをよく観察している仲のよい家族は、「今日は疲れているな」、「今日は元気だな」、「今日は何かやなことがあったのかな?」という相手の様子の変化を一瞬で感じ取る事ができますよね。

それは、普段から相手のことを観察していなければわからないことでしょう。

そして、人をよく見ている人は、その人が得意とすることや逆に苦手とすることも見て取ることができるようになります。

性格、考え方や感情の傾向、行動パターンなども、観察することによってわかることです。

相手のことをよく知ろうとしている、ということはその人への関心があり、その人に注意を払っている、ということですね。

そのような人への関心や気遣いは、思いやりを持って接することへの第一歩ということができるでしょう。

人の行動を先読みできる

ページトップ