あなたは彼女と別れたいと思った時、どんな方法で別れを切り出しますか?できることなら相手を傷つけずに別れたいですよね。

今回は彼女と別れたい男性が別れる際に気を付けたいことをご紹介いたします。

彼女と別れたい彼氏必見!

付き合いたての頃はラブラブでとても仲良しでも、付き合いが長くなると「こんなはずじゃなかった」という気持ちになることもありますよね。

彼女の本性が徐々に見えてくると、お付き合いを解消するためにどうやって別れを切り出そうか考える男性もいらっしゃると思います。

ここでは、そんな彼女と別れたい彼氏さんの為に、別れを切り出す際に気を付けたいことをご紹介していきます。

彼女と別れる前に知っておきたいこと

男性は別れた後は晴れ晴れした気持ちになれるかもしれませんが、別れを告げられた女性は一気にどん底に突き落とされます。

一度は愛した女性です。

少しでも傷つけない方法はないのでしょうか?また、別れた後、後腐れなく関係を終わらせる為にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

全く傷つけずに別れる方法はない

誰しも、なるべく彼女を傷つけずに別れたいと思うものです。

ですが、全く傷つけずに交際を終わらせる方法はありません。

稀に彼女も別れたがっていたという場合もありますが、好きな人に別れを切り出されて落ち込まない女性はいません。

なるべく引きずらない別れ方をしてあげることが、彼女の傷が深くならない方法になるかもしれません。

彼女と別れたい時のサインを知る


彼女との別れを決意するまでに、男性自身にいくつかのサインがでます。

これから紹介するサインに当てはまるようなら、男性自身も気付かないうちに彼女と別れたいと感じているのかもしれません。

いくつかご紹介していきましょう。

連絡を返さない

彼女からのラインを未読のまま放置したり、着信に気付いていながら知らなかったふりをすることはありませんか?このような行動が現れ始めると、男性の彼女に対する気持ちが薄れてきたことを表します。

付き合いたての頃はラインもすぐに返事をし、着信に気付いたらすぐに出たり、折り返したりしたでしょう。

彼女との連絡が面倒になってきたということは、気持ちが離れてきたということです。

デートが家

付き合い始めは、デートのプランを一生懸命考えたはずです。

彼女がどういうことが好きか、どんな食べ物が好きか、いろいろリサーチして最高のデートを計画していたのに、今はお家でのデートが増えてきてはいませんか?出かけるのが面倒、行き先を考えるのが面倒、その結果、家でのんびりすることが増えてくるのです。

また、彼女が計画したデートプランも面倒だったり、旅行の計画に乗り気ではなかったり、そんな気持ちが芽生えてきたようなら、男性の彼女に対する気持ちが冷めてきたサインと言えるでしょう。

仕事が忙しくて連絡ができない


最近仕事が忙しくてこまめに連絡できない、そんな言い訳を彼女にしたことはありませんか?本当に仕事が忙しいことが原因でしょうか?おそらく付き合い始めの頃は、少しの合間でも、トイレの時間でも、隙があれば彼女に連絡を取っていたのではありませんか?そんな努力をしなくなったということは、彼女に対する気持ちが少し薄らいできたということです。

仕事が忙しくて・・・と言われれば彼女は何も文句は言えません。

都合のよい言い訳として「仕事」を多用している場合、男性自身も気付かないうちに彼女への気持ちが冷めてきているのかもしれません。

ボディタッチが減る

最近彼女とスキンシップを取っていますか?街中を歩くとき手をつないだり、並んでソファに座るときピッタリくっついたり、付き合い始めの頃は自然としていたボディタッチですが、気持ちがなくなってくると、その行為がうっとおしいと思うようになります。

心と体は繋がっています。

無意識に彼女を触ることが減ってきたということは、あなたの彼女への気持ちもなくなってきたということです。

本当に別れたいのか考える

彼女に別れを告げる前に、一度ご自身に問いかけてみてください。

今は仕事が忙しくて疲れているだけかもしれませんんし、お付き合いが長くなってきてマンネリ化しているだけかもしれません。

別れた後に「やっぱりやり直したい」なんて都合がよすぎます。

なぜ別れたいのか、別れた後、本当に後悔しないかを、一人でゆっくり考えてみてからでも遅くはありません。

彼女と上手く別れる方法

それでもやっぱり彼女と別れたい時、どうすれば上手く別れられるでしょうか。

できれば修羅場は避けたいですし、なるべく彼女を傷つけないようにしたいですよね。

ここからは、彼女と上手く別れる方法をご紹介していきましょう。

連絡の頻度を徐々に減らす

まずは連絡を取る頻度を徐々に減らすことです。

いきなり音信不通になってしまうと彼女の心配しますし、時には怒りをかってしまってしなくてもよい喧嘩をしてしまうかもしれません。

朝の「おはよう」や、夜の「おやすみ」といった連絡をやめ、必要な時のみ連絡を取るようにしましょう。

そこから徐々に連絡を取る頻度を減らし、彼女自身に「もしかして避けられてる?」と思わせるようにしましょう。

そう思わせることによって、いざ別れを切り出した時の彼女のダメージが軽減されます。

全く予測していない別れより、何となくでもそういう雰囲気がある方が彼女の傷も少しはマシなものになるでしょう。

自分が振られる側に回る

自分が悪者になって彼女から別れを告げさせる方法もあります。

男友達との遊びを優先したり、趣味に没頭したりと、彼女のことを構わなくなると彼女自身が「付き合っている意味があるのだろうか」と考えてくれます。

ただし、この方法は彼女自身が行動に移さなければいつまでもお付き合いしている関係が続きます。

よっぽどひどいことをして彼女が別れを決意する状況を作り出さなければなりません。

例えば、自分のためだけの大きな買い物をするとか、内緒で女友達と遊ぶなどです。

女性は彼氏との将来が見えなくなると気持ちが冷める傾向がありますので、金銭感覚の違いや男女の友情についての感覚の違いを匂わせるといいでしょう。

好きな人ができたと告白する

ストレートな別れの方法で相手に選択肢を与えない別れの告げ方ですが、確実に彼女を傷つけてしまいます。

好きな人ができたということは、彼女に対してはもう気持ちがないことを伝えられます。

気持ちが自分に向いていない彼氏をつなぎとめようとする女性は少ないでしょう。

ただし、男性の評価はがた落ちとなります。

女性は友人に振られたことを相談します。

彼女がよく遊ぶグループのメンバーだった場合、あなたはその場に居づらくなるかもしれません。

別れの言葉・理由をハッキリと説明する

スッパリ彼女と別れたいのであれば、理由をはっきり説明し、復縁する可能性がないことをきちんを伝えましょう。

曖昧な別れ方をしたり、友達に戻ろうという言い方をすると、彼女も気持ちの整理がつかず、いつまでも男性のことを想い続けてしまいます。

そんな男性も、自分が寂しいときに気軽に呼び出せる相手としてキープしてしまうのです。

元彼女がそのままセフレになってしまうケースは、別れ方が曖昧だったカップルの行き末です。

そんな関係はお互いにとってマイナスでしかありませんので、別れるのであればきっぱりと縁を切りましょう。

相手の気持ち・話しも聞く

別れを告げられて反論しない女性は少ないでしょう。

いきなり別れを切り出されたのですから、彼女も困惑しその感情をあなたにぶつけてくるはずです。

そんな場合でも彼女の気持ちや話はしっかりと受け止めてあげてください。

彼女の言い分を聞くことによって、男性が勘違いしていた部分もあるかもしれませんし、こういう時にこそ本音で話ができると思います。

それでも別れる気持ちが変わらなければその旨をきちんと伝えましょう。

彼女も言いたいことが言えて少しは冷静になって受け入れてくれるかもしれません。

感情的にならないこと

別れを告げられた彼女は時に感情的になってしまうことがあります。

そんな彼女と同じように男性も感情的になってしまうと収拾がつかなくなります。

男性は落ち着いて彼女の気持ちを受け止めてあげることが大切です。

お互いが感情的になってしまうと、最悪の場合警察沙汰にもなりかねません。

途中で放棄しないこと

彼女が別れることに同意しないからといって途中で放棄してはいけません。

放棄した男性はそれで終わったと思えていいかもしれませんが、残された女性はまだ別れることを了承していないわけですから、その後も何度となく連絡をしてくるでしょう。

きっぱりと別れるなら途中で逃げ出さず、最後まで話し合う覚悟を持つことが大切です。

これまでの感謝も伝える

とはいえ、お付き合いをした期間に関係なく、楽しい時間を共有してきたことも事実です。

彼女が男性の為に尽くしてくれたこともあったでしょう。

自分のことを大切にしてくれた彼女に、今までの感謝の気持ちも一緒に伝えましょう。

そうすることで、彼女にとってあなたと付き合っていた時間は無駄な時間ではなかったと、少しは救われたような気持ちになります。

ただし、あまり深く感謝しすぎると、逆に「じゃあなんで別れないといけないの?」と責められてしまい、彼女の別れに同意する気持ちがなくなってしまいますので注意しましょう。

LINE・電話で別れを告げないで直接話す

今やLINEは相手と連絡を取る手段として最も利用されているSNSです。

簡単にメッセージを送れるからといって、別れ話までLINEでしてはいけません。

顔が見えない分、気持ちが伝わりにくく、話も進展していかないからです。

電話もおススメしません。

相手の顔を見たくないからと言って電話で済ませようとすることはあると思いますが、ここは男らしく直接会って話してください。

電話だと、無言の間、女性がどんな表情をしているのかわからず、次の言葉に困ってしまいます。

【別れ話については、こちらの記事もチェック!】

彼女と別れる時に注意したい点

別れ話をする際、注意しなければならない点がいくつかあります。

ここを気を付けるかどうかで上手く別れられるものも別れられなくなってしまいますので注意してください。

元カノと比較はしない

まず、元カノと比較するようなことは絶対にやめてください。

何人かの女性とお付き合いをすれば歴代の彼女と比べてしまうのは仕方のないことです。

ですが別れ話の際に昔の彼女のことを引き合いにだすのは反則です。

他の女性の話しを積極的にする

元カノと比較する言動に似ていますが、他の女性の魅力を話してしまうのもいけません。

別れ話は当人同士の問題です。

他人は関係ありませんので、他に意中の人がいたとしてもなるべく他の女性の話題を出すのはやめましょう。

バレやすい嘘を平気でつく

男性は嘘をつくことが下手です。

なのにやましいことがあるとすぐに嘘をつきます。

そして女性はそんな男性の嘘を簡単に見抜くことができます。

女の勘というものは本当にあるのです。

こればかりは男性と女性の本質的な問題なので仕方がありません。

ですから男性は嘘をつかずに正直に話をする必要があります。

嘘をつかれて別れたことがバレれば、後々のあなたの評価も下がってしまいます。

極端にめんどくさがる

話し合いが進まないと、面倒くさくなってくることもあると思います。

そんな時でも極端に面倒くさそうな態度を取らず、最後までとことん付き合ってあげてください。

女性自身も突然のことで困惑して理性を失っている可能性があります。

急に無言になったり、今までの不満をぶつけてきたり、泣き出したり、女性のそういう態度も最後だと思って受け止めてあげてください。

それができれば、すんなり別れることができるかもしれません。

友達関係に戻ろうとする

友達関係から恋人関係に発展したカップルのありがちな別れ話に「友達に戻ろう」ということがありますが、これは避けた方がよいでしょう。

女性に恋心が残っている場合に非常に厄介になります。

女性は、友達関係でもそばにいられればいいと思い、男性もそんな女性の気持ちを分かっているので、女性を都合の良い女にしてしまうのです。

男性は寂しい時だけ関係を持つ、女性は男性から必要とされて嬉しい、そんな感情のすれ違いが生まれてしまうのです。

自分が悪者になる覚悟を持とう!(まとめ)

恋人に別れを切り出すことは相当勇気がいります。

言い方ひとつで上手く別れられることもありますし、ズルズルと別れを拒否されてしまう場合もあります。

曖昧な関係を続けるよりも、きっぱり別れてお互い新たな道へ進んだ方がスッキリします。

その為に、自分に原因がなくても男性が悪者になってあげることが必要な場合もあります。

それが彼女に対する最後の愛情だと思って、なるべく彼女が傷つかないように別れてあげてください。