CoCoSiA(ココシア)

感銘を受けるとは?言葉の意味や感銘...(続き5)

別の言い回しで誤魔化そう

それで、「感銘を受けました」という表現を使いたくなるところを、別の表現に置き換えて「感銘を受けた」しか知らない人に見えないように、誤魔化しましょう。

では、どんな言い回しで誤魔化すことができるでしょうか??

感動しました

「~に感動しました」という言葉は、まさにストレートですね。

心が動いた、ということで感銘を受けたとほぼ同じ意味ですね。

でも、感銘のようにそれが記憶にずっと残るものであるとは限らない、という点では違うでしょう。

なので、「感動する」のほうがよりその時の感情の高まりをイメージさせるものであるあもしれません。

単純に心を打たれたことは「感動しました」という表現が使えるでしょう。

感動を覚えました

「感動を覚えました」という表現も使えますね。

「感動しました」の別の言い方です。

自分自信、「感動」という心の動きをすごく認識した、というニュアンスが感じられますね。

感激しました

「感動」はどちらかというと、心の中に自然と湧き上がる、じんわりと感じるものだそうですが、「感激」は直接的に突然心のなかに湧き上がる強い感情、興奮を指しているようです。

それで、突然喜びや感謝の気持ちで心がいっぱいになることだそうです。

なので、舞い上がったような気持ちになった時には「感激しました」という表現も使えるでしょう。

印象に残りました

「印象に残りました」という表現は、ある事柄から感じたものや記憶が後々まで強く残ることなので、自分の中に鮮烈なイメージを残したものや事柄に対して使えます。

強く心に残りました

「心に残る」とは、感動したことや心の奥深くで感じたものがずっと後まで続くときに使う表現です。