きっとこのページを見ている人は、なにかしら「懺悔したい」と思っていることがあるのでしょう。

懺悔したいと考えているからには、なにかしら罪の意識を抱えているはず。

罪の大きさや内容は人それぞれだとは思いますが、きっとその罪を抱えていることが辛くなってきたことで、懺悔という選択肢を選ぼうとしているに違いありません。

悪いことをした人、罪を犯した人が、そのまま何の障害もなく幸せになっていいのかと問われれば、答えはNOです。

罪は罰せられるべきであり、容易に忘れていいものではありません。

人には罪悪感を感じるための心があります。

罪悪感は、どんなにその根本となる罪を忘れようとしても、意識の奥底に根付き、本心から罪を償って許されない限り一生ついてまわるでしょう。

しかし、罪を抱える人が「幸せになりたい」「解放されたい」と願うことが悪なのかと言うと、そうではありません。

罪を犯してしまったことを悔いて、罪を潔く認めて改めたいと思うようになった心境の変化はとても前向きで素晴らしいことです。

今回はそんな「懺悔」をテーマに、皆さんが懺悔をしようと思うに至った気持ちの変化や懺悔することで得られる新しいビジョンについて考えていきたいと思います。

懺悔をすると気持ちが安らぐ10個の理由

なぜ人は懺悔するのか。

それはごく単純な理由です。

自分の背にのしかかる罪から解放されたいから、罪の意識を捨て去って安らぎを得たいと願うからです。

懺悔とは、まず自分自身と本気で向き合うところが出発点。

自分が犯してしまった過ちがどんなものであろうと、正直に見つめ直すことが第一歩です。

その折、暗く辛い気持ちにもなるでしょう。

しかし、その過ちを一生抱えて生きていくのは、罪と向き合う時間以上に酷く重いものです。

忘れ去ってしまいたい、でも忘れることができない、そんな過ちを全て清算して、新しい自分へ生まれ変わりたいという強い意思を持って臨まねばなりません。

懺悔によって本当の安らぎを手に入れられるかはその人次第です。

懺悔をした人は、罪を抱えていた頃とは打って変わって身も心も洗われたように見違えます。

ずっと閉ざしていた心を開放し、気持ちが安らぎに満たされるようだと言う人も多くいます。

その理由は何故なのでしょうか。

まずは、懺悔をしたいと考える人たちの気持ちを一つずつ紐解くと共に安らぎをもたらす感情の変化を見ていきましょう。

1.気持ちが楽になるから

懺悔したいと思う全員が望むのは、罪からの開放、精算。

いわゆる禊というものでしょう。

懺悔によって罪を清算することで、それまで罪の意識に苛まれていた気持ちを楽にしたいと強く望んでいます。

毎日のように忘れられない過ちを心に抱え、鬱々とした日々を送っている人たちは、なにをするにしても本当の意味での幸福を得られません。

どんなに楽しいことがあっても、どんなに笑えることがあっても、自分の中にある罪悪感や後悔の念が全てを無に還してしまいます。

人の持つ陰の感情は陽の感情よりもはるかに強く、根深いものです。

瞬間的には、暗い感情を忘れることができても、ふとした瞬間に気持ちは陰り、楽しかった想い出や、そうした明るい感情を抱く自分自身の楽観的な姿勢をも罪だと考えてしまうのでしょう。

懺悔をすることで、純粋な喜怒哀楽を受け入れられるようになり、気持ちはとても晴れやかになります。

2.客観的に考えられるから

懺悔するという行為は、まず自分の罪を全て洗い晒い打ち明けることからはじまります。

胸の内に秘めていた後悔を白日の下に曝け出すことはとても勇気が必要です。

ですが、ずっとひた隠しにしてきた事実を人に打ち明けるという行為を通じて、物事を客観的に考えることができるようになります。

何も知らない相手に自分の頭の中を伝える時は、一つずつ筋道を立てて伝えるでしょう。

何がどうしてそうなったのか、その時の感情はどんなものなのかなど、事細かに言葉にすることで、自分で自分を知ることに繋がります。

まるで物語の登場人物の人物像、歩んできた人生や、時々の心境をくまなく説明してくので、頭の中で考えていた時とは違った視点で己を知ることができるのです。

こうした中で、自分自身でも気づいていなかった新しい一面が見つかったりすることもあります。

一人で抱えていては知ることの出来なかった部分や、事の本質を理解し、受け止め直してこそ、意味を持った懺悔となるのです。

3.気持ちが落ち着くから

懺悔はただ過ちを悔いるだけでなく、許しを得られてこそのものです。

自分の中の葛藤や後悔に終止符を打つことで心を入れ替えて新しい将来を見据えることができるでしょう。

ずっと落ち着きなく、浮き沈みの多かった精神面にも落ち着きを取り戻せるようになり、穏やかな気持ちになれるはず。

改心して心の底から自分自身に納得した上で、豊かに過ごせる人生というのは見えてくる景色や拓ける視野も全く違います。

4.心に余裕ができるから

罪を抱えている人の心には、いつでも薄暗く重たい感情が渦巻いています。

鉛を飲み込んだかのように重たく感じて、息苦しいものです。

余裕なんて微塵も感じられないでしょう。

心に余裕が持てない理由が自分自身だとすれば、解消できるのも自分自身だけです。

余裕のない人は、日々の行動や言動にもどこか落ち着きがなく、人生に辟易とした印象さえも感じます。

それは周りにも伝わり、どことなく遠巻きにされているというケースも少なくありません。

人の持つオーラは、心の内側からにじみ出るものです。

どんなに表面上で取り繕って隠していても、本質的な部分が変わらなければどうしようもありません。

懺悔して罪の意識を取り除くことができたあかつきには、数々のジレンマから解き放たれ、陰りがなくなるので本来の輝きを取り戻すでしょう。

5.懺悔の気持ちを伝えられたから

懺悔した人の気持ちが穏やかになる理由の一つは、ずっと人に言えずに隠していた思いを外に吐き出すことができるというのが大きいでしょう。

秘めているのが懺悔をしようと思うような内容ですから、そう簡単に人に言える様な軽々しいものではなかったはず。

それこそ、人に知られてしまったら、軽蔑されるかもしれない、失望されるかもしれないという恐怖と隣り合わせの生活だったのかもしれません。

でも、秘密や隠し事というのは容量が大きければ大きいほど一人で抱えておくのがとても辛いものです。

ですから、懺悔することで、誰かにその気持ちを打ち明けられるというキッカケを作れたことはその人にとって少なからず良い状況に近づいている証。

世の中には、罪を犯していてもその重大さに気付かずにのうのうと暮らしている人も沢山います。

そんな中、自ら懺悔しようと思えるようになることは、決してマイナスにはならないことです。

大きい小さいに関わらず自分の中で過ちだと感じる部分が少しでもあるのであれば、心のどこかで許されたがっている気持ちがあるのだと思います。

隠しておくよりも、一度心を決めて懺悔することで清々しくきよらかな気持ちになれるでしょう。

6.周りに優しくなれるから

懺悔することで気持ちを入れ替えた人は、それまでの辛かった日々から好転し、毎日がとても満ち満ちているような気分でしょう。

自分のことばかりになっていた人も、余裕を取り戻すことで優しい気持ちが生まれるようになり、人間性にも変化を与えてくれます。

後悔の念や懺悔したいことの大きさが大きければそれだけ解消された後は心身ともに軽やかになるはずですから。

懺悔するに至った自分の過ちを埋め合わせるように、周囲の人や社会に対して貢献する前向きな意欲で日々を全うする人も大勢います。

懺悔した時の気持ち、懺悔するまでの気持ちをいつまでも忘れないようにしましょう。

7.罪悪感が消えるから

懺悔とは、結果的に罪の浄化を目的としたものです。

罪の意識…すなわち罪悪感というものを全て吐露することで心を入れ替える儀式ですから、懺悔を終えた後は罪悪感も昇華されます。

罪を犯した自覚、悪いことをしたという自覚があるからこそ感じるのが罪悪感です。

罪悪感というのは手放したくても、そう簡単に切り離せるものではありません。

罪悪感を感じるのは、不道徳な行いや不義理な行いをしてしまったことなど、自らが引き起こした状況であることがほとんどです。

そんな行いをした自分を許すことができず、自分を好きになることもできません。

自分を自分で認められない人は、自信がなく、なにをするにしてもネガティブな方向に傾きがちになります。

こうした罪悪感から解放されることは、人としての存在意義を再度認識し、新たな一歩を踏み出すきっかけにもなるでしょう。

【罪悪感については、こちらの記事もチェック!】

8.自分の雰囲気が変わる

懺悔によって罪悪感から解放されたことで気持ちに変化が訪れると、徐々に人間らしさや覇気を取り戻していきます。

これは心の底から、懺悔した人にしか分からないことでしょうが、それまで抱えていた後悔をやっとの思いで振り払えた時の開放感はこれ以上にない幸せでしょう。

開放と言っても、過去の過ちが消え去るわけではありませんので、一生をかけて自らの罪を挽回するために、全てを受け入れ、誠実な行動をしていくという決意を固めたという意思表示とリスタートでもあります。

決意は顔や表情にも変化を与えますので、その人の持つ雰囲気も大きく変わってくることでしょう。

9.相手の態度も変わるから

人に言えないような罪は隠していても、隠せないオーラで周囲に漏れてしまうと言いましたが、それを乗り越えた変化というのも周囲に伝わります。

いつも何かに怯えて不幸せに取りつかれていたような人が、前向きで明るい表情を見せるようになれば、オーラも見た目も見違えるほどの変化でしょう。

そうすると、周囲からの反応や態度も変化します。

あなたが周りを思いやりながら、共に歩もうとする確固たる意思を見せれば、信頼され大切にされる人になれるはずです。

一度植えついたイメージを覆すのは容易ではありませんが、諦めず、明確な意思を持って着実に前へ進む気合いをみせてください。

10.ポジティブな気持ちになれるから

懺悔を通じて自分が変化したことで拓けたビジョンは、以前のようにネガティブなものではなく少なからずポジティブなものだと思います。

目に見える様な大きな変化でなくても、気の持ちよう次第で、ことは大きく変わっていきます。

心を縛る罪の重さがなくなってからは、それまでは見えなかったもの、見ようとしなかったものが見えてきます。

それこそ、自分の新しい可能性や将来への希望が見えてくるのではないでしょうか。

人生の転機というのは、遅いも早いもありません。

本人の歩み方、心の向き方次第で、いつ何時でもどんな風にでも変わっていきますよ。

懺悔とは

懺悔というと、頭に思い浮かぶのは罪を悔い改める人の姿ではないでしょうか。

そもそもこの懺悔というのは、本来宗教的なものが深く関連している行為です。

懺悔は、各宗教における神という存在の前において、自らの罪を告白し、悔いを改めるということですので宗教によって懺悔の作法や儀式は異なりますが、今回はそうした難しい側面は一旦据え置き、大きな枠で捉えた姿を紹介したいと思います。

犯した罪悪感を告白する

あらゆる宗教の懺悔の方法を見てみると、まず神となる存在へ自分の罪を打ち明けるのが通りです。

自分が犯してしまった罪を正直に吐き出し、神の前で自分の状況を深く反省します。

許しを請う

懺悔というのは、ただただ罪を吐露するだけでなく、罪悪を払拭するために許しを請うのが本質です。

その罪から解放されたい、心を入れ替えてもう一度イチからやり直したい。

そんな想いを込めて、心から改心することを誓うことで「許されたい」という神に気持ちを受け入れてもらうのです。

悔い改める

懺悔によって本当に許されるためには、上辺の言葉だけでは成り立ちません。

自分の過去の行いと真正面から向き合い、嘘偽りのない感情で心から恥じ「悔い改める」こと。

そして、神からの許しがあることを「信じる」ことが不可欠となります。

後ろめたいことがあったり、信じる心が無い人は懺悔をしたところで何の変化ももたらされないでしょう。

反省と懺悔と後悔の違い

反省することと、懺悔することは同じようで全く違うことです。

どういった部分が異なるのか、詳しく見てみましょう。

反省とは?

反省とは自分の行動や言動を「振り返り評価」をすることです。

反省というのは自らの行いを改めるためにすべき「改善行動」です。

他人ではなく自分のためにするもの

反省というのは、あくまで自分の為にするものです。

現在の自分をありのまま受け入れ、顧みる自己分析・自己評価は自らをより高め、向上するためなどポジティブな動機からおこなう行動と言えます。

過去ではなく未来のためにするもの

反省は現状から未来に向けてより飛躍するための手段です。

この行動は、主に未来に向けた「自分への期待」が原動力となっているでしょう。

懺悔とは?

懺悔は、自らの行いが「悪いこと」「罪」であると自覚し、悔いること。

そしてそれを打ち明け許されたいと願うことです。

反省では自らの現状を受け入れたうえで行う行為ですが、懺悔は現状を受け入れることができずにいる状況で、改めて直視しなおすことで過去の過ちを精算しようとする行為となります。

周りの目を気にしてするもの

反省と大きく異なる点は、懺悔は周りの目を気にして行う行為です。

懺悔をする動機は「自分への後悔」という非常にネガティブなもの。

自分が抱いている罪の意識を払拭したいと思う気持ちから、周りから許されたいと考えています。

後悔とは?

後悔というのは、過去に対して思いをはせるどうしようもない罪の念です。

やるせなさに苛まれて、過去を悲観するだけの非生産的な行為だと言えるでしょう。

過去に対してどうしようもないもの

もう変えることができないもの、取り返しのつかないことにたいして、ただただ過去を悔やむだけでは、現状に何の変化もありません。

後悔する時間があるのならば、反省をするべきでしょう。

「後悔先に立たず」というように、終わった後にいくら悔やんでも、なにも生まれません。

懺悔の仕方とは

では、実際に懺悔をするためにはどんな方法があるのでしょうか。

前文にて宗教によってその行いには違いがあると紹介しましたが、今回は仏教的な教えに基づいて懺悔の仕方をいくつか取り上げてみました。

善行を行う

懺悔しなければならない過ちを犯してしまった過去は変えられません。

ですので、ただただ懺悔し心を入れ替えるだけでなく、行動でも償うよう努めていくべきでしょう。

「善行」というのは、道徳にかなった善い行いのことです。

不道徳だった自分を切り離し、善い行いに励むことで人生そのものの歩み方を変化させていくのです。

善行とは、簡単に言うと損得を考えないボランティア活動などのこと。

対価や代償を求めず、自分の気持ちのみを原動力として、周りのためになることをするのは、世の中に貢献したい、役立ちたいという純粋な気持ちが無ければできることではありません。

とはいえ、ただ参加するのでは意味がなく、参加する際の意識の持ち方が重要です。

「やってあげる」という気持ちで無く「やらせてもらう」という気持ちで励まねばなりません。

仮に、どこかでお年寄りに手を貸した時「助けてあげた」というより「頼っていただけた」と考えるほうが良いと思いませんか?他人の為に善い行いをすることを、幸せだと心得て、素直で純粋な気持ちを持ち続けましょう。

陰徳を積む

「陰徳を積む」というのは、「善い行いをしていれば、いつかは必ず報われる」という意味を持つ言葉。

中国に古くから伝わる逸話から生まれたものです。

懺悔したところで、その場で本当の意味の許しを得られるかと言うと、皆が皆そうではないかもしれません。

気の持ちようは変わってもどこか不安な部分を抱え続ける人もいるでしょう。

そんな人は、陰徳を積むことで、いつの日か報われることを信じて日々自分を救う道を探し続けます。

人前でもそうでなくても、いかなる時も人に言えないような行いはしないこと。

そして善い行いをすること。

誰かの目を気にするのではなく、どんな時も正直に自分の正しいと思うこと善いと思うことを全うすることで、自分を誇れるようになるはずです。

世のために祈る

自分が為に何かを望むのではなく、誰かの為に望み、祈ることは非常に大変なことです。

自分本意ではなく、人を優先し愛する心がなければできないことですので、懺悔のように心の内に抱える後ろめたい部分があっては成し得ません。

謝る

懺悔は謝るという行為と似ているようで異なるものです。

懺悔は罪を告白して許しを請うこと、謝罪は被害者に対して罪を詫びる事です。

謝罪の対象は人、懺悔の対象は神、こうした違いから、具体性にも違いが生まれます。

懺悔は言ってしまえば自分の為、自分を満足させる行為と言えますが、謝罪は違います。

対象者がいなければ成り立たず、一人でどうこうできる問題ではなくなるのです。

双方の気持ちがきちんと通い合い、謝罪する相手から許して
もらえなければ物事は進みません。

過ちを悔い改め告白することで、気持ちに変化が起こり、それまでできなかった「謝る」という行動を起こす人も多く居ます。

謝ることはイコール許されることにはなりませんが、決して後退する行動ではなく、確実に人として正しい方向へと向かう行為です。

謙虚になる

懺悔することで、人としての在り方を改め、驕りや虚像を全て捨て去って謙虚な姿勢を貫こうというのは大切なことです。

決して派手な行いや誰かに迷惑をかける様な行いをせず、慎ましやかに、控えめに、という謙虚な人として静かに穏やかに過ごしていくのが良いでしょう。

ホ・オポノポノとは?

「ホ・オポノポノ」はハワイ語で「心の洗浄」という意味を持つ言葉です。

その意味の通り、心を洗浄し綺麗状態でいるために、祈り、告白し、後悔するというルーティンを通じて互いを補償し合い、清々しい関係を整え継続させていくもの。

ハワイでは家族会議として、または個人の癒す方法として使われます。

このホ・オポノポノは潜在意識をクリーニングする手段として、現代社会にも受け継が出ています。

「ありがとう」「ごめんなさい」「許して下さい」「愛しています」この4つの言葉を繰り返すことで潜在意識、すなわち記憶を消去してくれていると言われています。

至って単純なことですが、このルーティンを繰り返すことで自分の奥深くにあるインナーチャイルドへ働きかけ癒しをもたらすんだとか。

そうしてゆくゆくは固執していた記憶を手放すことができると信じられています。

まとめ

あなたの中に、懺悔したいという気持ちがほんの少しでもあるのであれば、そのまましまい込んで問題を先延ばしにせずしっかり向き合うことが重要です。

タイミングを見計らっているのはもうやめにしましょう。

悩み疲れるほど悩み、苦しむことも、時には必要です。

自分なりの解決方法を見出してみてください。