彼氏にはいったいどのようなことを求めていますか?彼氏や夫にする人間に対しては、人によって求めているものが違うでしょう。

優しさを求めている人もいますし、外見的な美しさを重視する人もいます。

その人によっては好みも重視するポイントも異なるでしょう。

自分の思い浮かべている男性とめぐり会うことができれば幸せになれるのではないでしょうか。

ですが、必ずどの男性にもなければ困るものはありますよね。

それはやはり甲斐性というものではないでしょうか。

甲斐性がない男性を好みに挙げている女性ももちろんいますが、自ら不幸を背負っているようなものです。

最も、こうした女性の場合には自ら楽しんでいるのかもしれませんが、それよりも最悪なのは、甲斐性あると思って付き合っていたのに、相手の甲斐性がないことに痕から気づくというパターンですね。

それでは、どうしてかしょうがない男性はダメだといわれてしまうのでしょうか。

甲斐性がない男性を見分けるにはどこに注目すれば良いのでしょうか。

男性には絶対的に必要だとされている「甲斐性」について詳しく見てみることにしましょう。

その上で自分の彼氏について見てみると、意外とだめだということに気づくかもしれませんね。

️あなたの彼氏、実は甲斐性ナシかも?

 甲斐性がないというのはどのようなことなのでしょうか。

男性に必要とされることはたくさんあると思いますが、どうしてその中でも甲斐性が必要だといわれているのでしょうか。

また、甲斐性がない男性はどのような男性だと思われてしまうのでしょうか。

あまり男性を見る目がない方は、そもそも甲斐性について理解していないかもしれません。

ここで、その男性に必要とされる解消について詳しく見てみることにしましょう。

実は彼氏に甲斐性がないことが分かってしまったら辛いですよね。

甲斐性がない=ダメ男


 「甲斐性」という言葉の詳しい意味について知っているでしょうか。

甲斐性というのはそもそも、とても頼りになる人だという意味です。

頼れる人であり、それは多くの場合には財産を持っていて頼りになるという意味で使われているようですね。

また、きちんと働いてくれる人とという意味もあります。

「甲斐性のある男」というのは、きちんと働いてくれて、財産を持っていて金銭的な能力が高く、さらには頼りがいのある男だということができます。

最も、最近では金銭的な能力の有無だけにとどまらずに、甲斐性のある男というと、きちんと精神的な面でも頼れる男という意味になっていますね。

精神的な面での頼れる男というと、金銭的な能力が高い男よりもずっとハードルも求められるものも高くなっていることが分かります。

甲斐性というのは様々な面で使われることがですから、その文脈によって微妙に意味が違うということもあるでしょう。

ですが、どちらにしても、女性に頼られるような素敵な男性だという意味で使われていることには違いがありません。

甲斐性がない男と言われてしまうと、要するに「ダメ男」と言われているに等しいものがあるのです。

また、「男としてダメ」「自分の夫としてダメ」「付き合う人間としてダメ」など様々な意味で駄目だといわれていますので、甲斐性のない男性と付き合うのは時間の無駄と言えるのではないでしょうか。

【ダメ男については、こちらの記事もチェック!】

ダメンズ好きは要チェック!

 ダメな男を付き合いたいと思っている人はそういません。

もちろん、少しくらいだめで悪い男に引かれてしまう女子は少なくないでしょう。

少しくらい悪い男の方が魅力的だといわれることもあります。

ただし、これは理想の話ですよね。

現実的に見たときに、ダメな男を付き合っているというのは、周りから見ても、親から見ても、自分で見てみても「ダメなこと」だと思われるでしょう。

普通の人にとってはダメな男と分かった段階で付き合うのをやめるものです。

ただし、ダメンズ好き、ダメンズうぉーかーと言われるタイプの女性もいます。

ダメンズ好きと言われる女性の場合には、わざわざ自分で選んでダメンズと付き合ってしまいます。

その中のほとんどは甲斐性がないと呼ばれるタイプの男性と付き合ってしまいます。

甲斐性がない男性と付き合っても仕方がないですから、ダメンズ好きの女性は、好きになってしまった男性が、自分の愛情に値する男なのかどうかをチェックしてみた方が良いかもしれませんね。

️甲斐性がない男の特徴22個


 甲斐性がない男にはどのような特徴があるのでしょうか。

事前に甲斐性がない檀瀬について分かっていれば、その特徴を持っている人を避けてお付き合いを始めることができれば良いですよね。

また、すでに付き合ってしまっている人であったとしても、甲斐性がない人だということが早めに分かれば、すぐにお付き合いをやめるということもできるでしょう。

甲斐性がない男には必ず共通している特徴があります。

一つの特徴があるからと言って「甲斐性がない」と決めつけることはできませんが、いくつもの特徴を持っているのだとしたら危険信号ですよね。

以下に挙げるような特徴を見て、自分の彼氏、気になる人がどのような人であるのかということを見てみてくださいね。

甲斐性がないことに気づいたら、早めに逃げた方が良いかもしれませんよ。

意気地が無い

 意気地がない男性は甲斐性がないと思われてしまう条件を揃ていますね。

意気地がなくて頼りがいが全くないので、精神的な面でも頼れる男性のことを指すような解消に関しては、全く持っていないと言っても良いでしょう。

「意気地がない」というのはそもそも、頑張ろうとしない男性のことを言います。

目標に向かって何かを努力しようという気概もありませんし、だらしないという印象も持っています。

それでは、女性が求めるようなタフで頼りがいがあって、よく働いてくれる男性というイメージにはなりえないでしょう。

意気地がないと女性から言われてしまうようでは、男性としては終わってしまっているとも言えますね。

意気地なしの場合には、最近はやっている「草食系男子」ともまた違いますから、女性にとっては避けたい男性の特徴と言えるでしょう。

唯一、こういった男性を愛することができるのは、お母さんタイプの母性本能豊かな女性だけなのではないでしょうか。

情けない

 情けない男性の場合にも、甲斐性のようなものを感じることができないでしょう。

情けないといっても、情けないという言葉は色々な方向に解釈することができますよね。

「精神的な強さがないという意味で情けない」「経済力がないという意味で情けない」「女関係にだらしがないという意味で情けない」「肉体的にも何もできないという意味で情けない」など、色々な方向で使うことができます。

ですが、どの解釈をしてみたとしても、情けないことには違いないのです。

こんな言葉で特徴を説明してしまえるということからも、どうしようもない男だということが分かるでしょう。

ダメな男であるということが明らかになってしまっているのです。

また、甲斐性がないことも明らかですよね。

情けない男性を相手にしている人は、つまりはどうしようもない男性を相手にしていることになりますし、それはまた、甲斐性がない男性を相手にしていると言うことになるのです。

色々な意味で情けない人の場合には、甲斐性もないですし、男としても「ダメ」ですね。

【情けないについては、こちらの記事もチェック!】

見栄っ張り

 見栄っ張りな男性も甲斐性がないといわれていますね。

見栄っ張りな男性が何をできるかと言われると、できるのは「見栄を張ること」だけでしょう。

逆に言えば、何もできないからこそ、見栄を張ることだけはできるようになったのです。

色々なことをできる男性なら、見栄を張る必要などないからです。

何もできない男性ということは、つまり、全く甲斐性がないと言い換えることもできるでしょう。

何もできない男性と一緒にいると疲れることに違いありません。

甲斐性がなくて女性側から見ると、全く良い条件のことなどないのに、見栄だけは張られるのです。

見ていて痛い男性ということになってしまいますが、恋に盲目になっている間は格好が良く見えるのではないでしょうか。

ただし、盲目状態が治ってしまうと、急に相手の魅力が全くなくなったように感じてしまうことも事実ですね。

口だけ

 口だけの男性も、全く頼りにならない男性ですね。

甲斐性があるとは絶対に言えるはずがありません。

口だけで何もできないのですから、何を頼りにして良いかもわかりませんよね
それでも最初のころは、口だけはすごいことを言っているのですから、頼りになるのではないかと錯覚してしまうこともあるでしょう。

ですが、口だけのところを見ていると、だんだんと頼りにならないことが分かってきて、最初の「甲斐性がありそうな男」という印象がどんどん薄れて、全く反対の印象の男性に思えてくるはずです。

ただ、とても面倒なことに、こういった男性は、全く甲斐性がないことを最初は隠していますので、そういった間に付き合ってしまって後悔している女性も多いでしょう。

面倒臭がり

 面倒くさがりな男性の場合にも、頼りがいがあるとは言えませんよね。

色々なことを面倒くさいと思ってしまうので、そもそも頼りにしたところで「面倒くさい」と口にされることが分かっています。

こんな人を、本当に精神的に頼りにすることができるでしょうか。

女性のことを大事にしてくれる人は、女性からの頼みを面倒臭いと思うはずがありません。

ですが、甲斐性のない男性の場合には、大事な女性からの頼みであっても面倒くさいといってしまうものです。

頼りにしたいときに何もしてくれるはずがないのが甲斐性がない男性なので、好きな人の口癖が「面倒くさい」という場合には、甲斐性がない男性を相手にしているのかもしれないと危機感を持ってみてください。

そうした目で見てみると、実は甲斐性がなくてどうしようもない男性だということが分かるかもしれませんね。

頼れない

 頼れない男性というのは、当たり前の話ですが、色々な意味で甲斐性がないでしょう。

そもそも甲斐性がある男性というのは、頼りがいがある男性のことを言うのです。

頼れない男性というのがどういった意味でかは分かりませんが、経済的にも全く頼れないというのでは本来の甲斐性がないという意味にもなります。

精神的に頼れない男性の場合でも、やはり解消がないと言ことになりますよね。

頼れない男性を相手にしていても、いつまでも頼れない男性のままですから、こういった男性の場合には、本当の意味で甲斐性がないのだと諦めた方が気持ちが楽になることでしょう。

あまり期待しすぎていても、相手が変わってくれないのは自明なのではないでしょうか。

稼ぎが低い

 稼ぎが低い男性も全く甲斐性がないですね。

甲斐性がある男性は経済的にも頼りにすることができる人のことを指すのです。

稼ぎが低い男性はどれだけ頑張って働いてくれているとしても意味がないでしょう。

働いていても稼ぎが低いようでは、経済力がないと言ことには違いがないからです。

厳しい話ですが、経済的な話をする場合には、数字が絶対的になるのです。

数字が低ければ、そもそも甲斐性があるとは言えません。

頑張っていたとしても甲斐性がないといわれてしまうことに違いがないのです。

ある程度までは女性も支えることができるかもしれませんが、女性でもびっくりするくらいの低い収入の場合には生活が不安になってしまいますよね。

性格が良い人であったとしても、甲斐性のなさと性格の良さには関係がありません。

浪費する

 浪費する傾向にある男性の場合にも甲斐性がないといわれることが多くあるでしょう。

例え経済力が高いとしても、それを全部使い果たしてしまっては、経済的な方向で頼りがいがないですよね。

浪費してしまう人の場合には経済的な方向で甲斐性がない人と同じです。

使ってしまっては低収入の人と変わらないからです。

高収入でも手元に残った数字が少ないようでは「甲斐性がない男性」の仲間入りですよ。

さらに、低収入で浪費する傾向にある人の場合には、どうしようもないとしか言いようがないでしょう。

甲斐性がないといわれる男性の中には、低収入と浪費家のダブルパンチである可能性もありますから、気になる人が危険信号の人の場合には、彼の収入や浪費について知っておかなければいけないですね。

結婚してから知っては手遅れです。

しっかり結婚する前に甲斐性がないということに気づいて、そこで交際を止めておかなければ後悔するでしょう。

向上心がない

 向上心がない男性の場合にも、甲斐性を期待することはできないでしょう。

甲斐性がある男性は、向上心を持って仕事に取り組みます。

よく働いて上を目指しているので、年齢に伴ってきちんと収入が伸びていくでしょう。

甲斐性があって女性が思わず頼ってしまうような男性ですよね。

さらに言えば、自分の夫にと望む男性像だといえます。

だからこそ、向上心がない男性というのはダメなのです。

向上心がなければ、仕事で上に行くこともありませんし、中途半端な位置で満足してしまいます。

それでは、解消など育つはずがないでしょう。

努力しない

 努力しない男性も解消のない男性になる特徴を持っているといえるでしょう。

甲斐性のある男性は、甲斐性を身につけるために頑張っている男性がほとんどです。

努力しない男性というのは大抵は「努力することができない」男性ですから、甲斐性を身につけるために頑張ってもくれないことがほとんどです。

努力しない男性を相手にしていると、いつまでたっても女性側が望むような男性になってくれない可能性が高いのです。

甲斐性を見につけようと頑張ってもくれない男性の姿を見ると、落胆してしまう女性も多いでしょう。

我慢を知らない

 我慢するということを知らない男性は、自分の欲望を押さえて誰かのためにすることをできないという特徴があります。

自分のためにしか動くことができないので、誰かのために経済力をつけるということもできませんし、欲しいと思ったものはその場ですぐに飼ってしまうということもあります。

我慢ができないので、結婚には全く向かないといえるでしょう。

甲斐性のある男性はそもそも、結婚にとても良く向いている男性のことですから、それとは正反対だといえますね。

甲斐性のある男性の場合には、自分の欲望を我慢しても他の人のことを考えることができるのです。

流されやすい

 流されやすい男性も絶対に頼りにならないですね。

すぐに周囲の状態に流されてしまうので、彼を頼りにして捕まっていたとしても、彼自身が流されてしまうので、頼りにした意味がなくなってしまうのです。

自分の意思が弱いという特徴もありますので、そういった特徴を持っている男性を頼りがいがある、甲斐性があると表現することは絶対にできないでしょう。

流されて自分の意見を持っていない男性は、頼りにするどころか、他の人のことを頼りにしているものです。

頼りがいのある解消のある男性とは程遠いですね。

意志を強く持たずに生きている人間は、どちらかというと弱い男性です。

強さを持っていないので、一緒にいても苦労することが多いでしょう。

諦めが早い

 諦めが早い男性も頼りにはならないですね。

頼りに舌としても、それが駄目だったときにすぐに諦められてしまい、結局は頼りにしても無駄だったということが多くあるのではないでしょうか。

諦めが早いところを見ていると、「この人は頼りにならないな」と思うこともあるのではないでしょうか?それでも恋をしているときには「だからダメ」という思考にはならないかもしれません。

ですが、その恋のフィルターを外して見てみると、諦めが早いという特徴は決して良いものではなく、諦めが早くて甲斐性がないという結論になるのではないでしょうか。

ギャンブルをする

 ギャンブルをする男性には絶対に甲斐性を感じないでしょう。

ギャンブルをする檀瀬の場合には、どれだけ経済力があろうとも、それをすべて失ってしまう日が来るかもしれません。

経済的な力はとても弱く、収入に関係なく、それをしているというだけで駄目なのです。

ギャンブルは自分の経済力の基盤を全て危うくするものとなります。

それに当たり前のように手を出し続けるということは、自分の経済力に対する危機感がないということでしょう。

甲斐性がある男性は、経済力がきちんとあって頼りがいがある男性のことを言います。

ギャンブルをする男性は、たとえそのときには経済力があったとしても、その経済力の基盤が常にぐらぐらしている状態なので、甲斐性のある男性に数えられるはずがありません。

すぐ逃げる

 すぐ逃げる男性も最悪ですね。

辛いことから逃げ出したくなってしまうのは誰もが同じです。

人間は辛いことを自分からしようとは思えませんから、したくないことから逃げて、できるだけ現実を見たくないという人は良くいるでしょう。

ですが、実際にそこで逃げてしまうかどうかは人に寄ります。

そこで実際に逃げてしまう人なら、それは甲斐性がありません。

逃げてしまう人を頼ってもどうしようもないと思ってしまうでしょう。

つまり、その男性のことは頼ることができないということなのです。

頼れない男性を相手にしていると、甲斐性がないという男性を相手にしているということですから、色々無駄な時間を過ごしているということにあります。

責任感がない

 責任感がない男性の場合にも頼りがいがない、つまりは甲斐性がない男性ということになります。

責任感は、仕事をする上では絶対的に必要になるはずです。

責任をもってその場を収める能力のある男性は、頼りにしていても、必ず助けてくれそうですよね。

ですが、責任のない男性の場合には、失敗したり頼りにしたときにも責任がないのを良いことに逃げてしまうかもしれません。

さらに、責任感がない男性というのは仕事場でも使えないに決まっています。

仕事では、上に行けば行くほどに責任感を必要とするからです。

つまり、仕事で上に行くことができないということですから、責任感がないということは経済力が伸びないということでもあります。

経済的にも力がないのなら、さらに「甲斐性がない男」という称号がお似合いになってしまうのではないでしょうか。

言い訳する

 言い訳をする男性というのも情けないですよね。

自分のしたことに対して責任を持たず、男らしくバシッと謝ることもできない男性では、甲斐性がないと思ってしまっても仕方ありません。

言い訳はどちらかというと、女々しいといわれてしまうものとなります。

言い訳ばかりを繰り返している男性がいたら、その男性は頼りにならないと思った方が良いでしょう。

大切な部分で逃げ出すかもしれませんし、失敗の責任はほかの人のせいにするかもしれません。

言い訳ばかりをして自分の失敗を認めようとしない姿を頼りにできる女性などいませんよね。

言い訳をして逃げる性格も変わりませんから、甲斐性がないところは一生変わらないままだと思っていた方が良いですよ。

人任せ

 何でも人任せにする男性も甲斐性がないですね。

そもそも頼りがいのある男性のことを解消がある男性と呼ぶのに、人任せにしているようでは頼れるはずがありません。

むしろ、女性側の方が頼られてしまい、仕事を全てさせられることになってしまいます。

結婚してみたところで、稼ぐ役目を女性任せにして、さらには家事も全て女性任せにしてしまうことがあるかもしれません。

経済力的な意味でも甲斐性がないといえますし、頼れないという意味でも甲斐性がないというのは最悪ですよね。

人任せにする癖もなかなか治りません。

楽だと思ってしまうと、絶対に大変な道に戻ることはできないからです。

つまり、人任せにして逃げようとしている男性の解消のなさというのは、一生治ることがないということになるでしょう。

理想だけは高い

 理想だけは高い男性というのも、とても厄介ですね。

その理想にどれだけ届いているかによって解消の有無は異なりますが、理想ばかりを口にしている男性というのは、大抵は理想ばかりが高くて何にも到達していないことが多いのです。

理想だけを口にしている男性というのは、最初はとても恰好が良く見えるものです。

甲斐性がありそうにも見えるでしょう。

ですが、それがだんだんと「理想に向かって頑張っている男性」から「理想を述べているだけの男性」の印象に変わっていくのにつれて、甲斐性がない男性という印象が強くなるでしょう。

確かに理想について述べている男性は恰好が良いかもしれませんが、口先だけの男性は全く頼りにならないどころか、掲げている理想が高い分だけ落差が激しいように思えてしまい、実際の解消のなさよりも、さらに甲斐性がないように見えることもあるのではないでしょうか。

自己中心的

 自己中心的な性格の男性も甲斐性がないといわれてしまいますね。

そもそも、甲斐性がある男性というのはとても頼りになる男性のことを言うのです。

頼りになるということは、つまり、他の人のことを気にかけて、その人のために動いてくれる男性ということですよね。

自己中心的な性格をしているということは、他の人のために働いてくれることがないということです。

頼っても全く意味がないと言ことになるでしょう。

その人のことを頼っても、全然、自分のために働いてくれることがないのです。

自己中心的に動いている人を見たら、甲斐性がない男性だと思って、匙を投げておいた方が良いのではないでしょうか。

いつ関わってくれるはずと思っていても、自己中心的な性格苦はそう簡単に変わるものではありません。

生活がだらしない

 生活がだらしない男性の場合にも、甲斐性がないという言葉がとても似あいます。

生活のだらしなさというのは、生活態度にも現れますし、その経済力にも表れているでしょう。

しっかりした生活をしている人の反対を考えると良いのですから、自分のことを自分一人ですることもできず、浪費の度合いが大きいかもしれません。

こういった男性の場合には、生活の中で頼りにすることができないということですから、解消などあるはずがありませんよね。

こうした男性を支えてあげたいと思う人もいるかもしれませんが、結果的に支えるだけ無駄だと感じてしまうことになるのではないでしょうか。

生活がだらしない男性の場合には、さらに、生活以外でもだらしないところがある可能性が高いものです。

甲斐性がないことは分かっているのですから、そもそも期待をしない方が良い男性なのではないでしょうか。

マイナス思考

 マイナス思考の男性の場合にも、絶対に頼りにすることができない男性だということができます。

頼りにすることができる男性を解消がある男性だとすれば、その条件を満たしていないので、マイナス思考の男性も甲斐性がないということになるでしょう。

例え経済力があったとしても、頼りがいがなく、女性をイライラさせるので、マイナス思考の暗い男性はダメですね。

ちょっと暗いところがミステリアスなように見えて魅力的に考えられてしまうかもしれませんが、マイナス思考の男性は「自分では何もできないのではないか」「幸せにして挙げることができないのではないか」「自分はこんなことをする資格がないのではないか」と色々なことに悩みますね。

そう言ったところをいちいち励まさなければいけないので、女性側としては、頼りにするどころか頼りにされることが多くなってしまいます。

甲斐性がない男と付き合っていると、女性の方が疲れることが多くて大変そうですね。

️甲斐性がない男なんて捨てちゃいましょう!

 いかがでしたか?
 甲斐性がない男の特徴について分かりましたでしょうか。

誰もが駄目な男を付き合いたくないと思っていても、実際に好きになってしまったら、なかなか気持ちを捨てることができなくなってしまうものです。

また、好きになってしまった人がそのような人だということは信じたくないと思ってしまうものでもあります。

ですが、そのような態度では自分の人生を台無しにしてしまう可能性もあります。

甲斐性がない男と一緒にいても良いことなど一つもないのです。

甲斐性がない男だと分かったら、早めに捨ててしまった方が良いでしょう。

情が移ってしまう前に、すぐに別れて素敵な人生を歩むようにしてくださいね。

最も、甲斐性のない男だということが分かっているのなら、そもそも付き合わないということも大切かもしれません。

自分の付き合おうとしている人、付き合っている人が上述の特徴をいくつ持っているかということを考えると、必然的に答えは出るのではないでしょうか。

しっかりと答えが出た後に取る行動は決まっていますよね。

絶対に自分の人生の一秒も無駄にしないように気を付けてください。