世間には「ダメ男」と呼ばれる人達がいます。

ダメ男の基準は様々です。

単純に稼ぎが無く、ヒモのような生活をしている人も居れば、浮気し放題で女癖の悪い人・ギャンブル好きなんかもダメ男と言えるでしょう。

ダメ男と一緒に居ると、多くの場合周りの人々は反対します。

しかし、本人も気づかぬうちにダメ男にはまってしまっているケースも多々あります。

一度はまってしまうと、ダメ男からはなかな抜け出す事が出来ません。

しまいには、ダメ男ばかりを寄せ付ける「ダメンズウォーカー」なんて呼ばれてしまう事もあるかもしれません。

そんな事態を避ける為にも、ダメ男たちの生態をよく理解し、そういった条件に当てはまるような男たちとできるだけ関わらない様にしましょう。

そこで今回は、より分かりやすくダメ男についてご紹介していきます。

ダメ男の生態を暴いてみよう!

「ダメ男」と聞くと、あなたはどんな人を想像しますか?

ダメ男の基準は人によって違うでしょう。

浮気癖のある男性をダメ男と言う人がいれば、お金遣いの荒い男性をダメ男と言う人もいます。

ダメ男には様々なタイプがあるのです。

自分のパートナーは大丈夫と思っているそこのあなた。

本当に大丈夫ですか?

自分が気が付いていないだけで、実は周りから見たら十分にダメ男なんてパターンもあるかもしれません。

そこで、ダメ男の特徴を分析していきます!

自分のパートナーに当てはまる事はありませんか??

状況を客観的に見る事で、自分自身がダメ男にはまってしまっているかどうかを判断する事も出来るでしょう。

気づかずにそのまま進んでしまうと、抜け出せなくなってしまう事もあるので、ダメ男と早急に別れる為にも、まずは見極めが必要です。

ダメ男の22個の特徴とは?

ダメ男の特徴は様々で、人によってはそこをダメなポイントを感じずに、チャームポイントとしてとらえてしまう事もあるでしょう。

しかし、ダメ男を一度引き付けてしまうとドンドン周りにダメ男が集まってきてしまいます。

気が付いた時には、歴材の彼氏が皆ダメ男なんて人もいるかもしれません。

人には好みというものがあります。

ダメ男に対してもそれは言える事であり、そんなダメなところがあるからこそそこに惹かれてしまうと言う女性たちもいます。

それは好みなので仕方のない事かもしれません。

しかし、相手がダメ男と言う事を理解していないと、恋が冷めた時に猛烈に後悔する事になるでしょう。

その為、相手がダメ男かどうかを見極めてから付き合う事はとても重要なポイントです。

1. 身だしなみがだらしない

ダメ男の最も大きなポイントの一つが、甲斐性の無さにあります。

甲斐性とは、自分の力で稼いだお金でパートナーや子供などの家族を養っていく力の事を指します。

ダメ男の場合だと、この甲斐性が無い場合が多々あります。

人によってはヒモ同然の生活をしており、彼女に養ってもらっている人も居る事でしょう。

本人同士が納得してその状態を維持しているのであれば仕方ありません。

しかし、恋はいつかは冷める物です。

例え、結婚まで行ったとしても、それは恋人同士とは全く違う感情の元動かされる事となります。

その為、恋が終わり女性が冷静になった時後悔しないようにしなければなりません。

甲斐性が無い男性の特徴として、身だしなみの汚さがあります。

出世欲も無く、仕事にやる気を出していないので、汚い恰好であったとしても気になる事が無いのでしょう。

身だしなみが汚い人は自己管理が出来ていない事や仕事の容量の悪さなどにも繋がります。

その為、身だしなみが出来ていない人は、仕事も出来ない人が殆どです。

まさにダメ男と言えるでしょう。

2. 部屋の中がぐちゃぐちゃ

部屋の中の整理整頓が出来るかどうかで、ダメ男かを判断する事は難しいかもしれません。

しかし、一つの基準を持って、彼の部屋をもう一度観察する事が出来れば、その差から整理整頓が得意かどうかの判断がする事が出来ます。

整理整頓が普段から出来ていない人は、会社の机の周りや引き出しがぐちゃぐちゃのままになっている可能性がありなす。

自分の大事な書類などを整理整頓出来ないような人は、間違いなく仕事が出来ません。

人によっては、仕事を転々としてしまう事もダメ男の要因の一つと言われています。

日頃から整理整頓を心がけている人は、その分要領良く仕事が出来るようにもなる可能性があります。

その為、自分の身の回りの状況を把握し、出来るだけ整理・整頓を心がけて生活しましょう。

3. 言葉遣いが悪い

言葉遣いは、出身の地域によっても大きく異なります。

同じ日本なのにも拘わらず、会話を理解する事が出来ないこともあります。

その方言によっては怒っている様に聞こえる物もあり、言葉遣いが悪い地域というものもあるのです。

また、方言とは関係なく単純に言葉遣いが悪い人もいます。

汚い言葉を日常的に利用していると、その言葉に慣れてしまい気が付くとどこでも自然とその言葉を使っている場合があります。

友人同士の関係ならそれでもいいと思いますが、問題は職場です。

職場でそんな態度を取っていては、間違いなく他の方と関係を築く事が出来なくなってしまう事でしょう。

4. 下ネタばかり話す

日本人は、外に向けて交際をアピールする事がありません。

その為、下ネタ話をしたいと思った所で、なかなか言い出せずついつい妄想ばかりが広がってしまいます。

そのせいで、日本人はムッツリだとも言われてしまいます。

他人に迷惑をかけずに、妄想の世界で楽しむ事は良い事だと思います。

一人の時間を作ることで、より落ち着いた時間を得る事も出来るでしょう。

しかし、それを外に発信するのはまた違った問題があります。

下ネタを話す際は、女性がどういう反応をしているかどうかをしっかりと見極める事が重要です。

自分は楽しいと思っても、相手はそうじゃないかもしれません。

女性の中には下ネタが嫌いな方も居ますので、相手の反応がイマイチの時はすぐにその話を止めて、違う話をする様にしましょう。

でないと、セクハラで訴えられてしまうなんて事もあるかもしれません。

5. 話題が幼稚


男性は、基本的に女性より精神年齢が低いと言われています。

その為、例え同い年であったとしても、言動や行動に幼さを感じる事もあるでしょう。

多少の幼さは、愛があれば可愛く感じる事もあります。

しかし、会話の内容があまりにも幼稚だと段々と会話をすること自体が嫌になってしまう事もあるでしょう。

会話の内容も、学生の頃と社会人いなってからでは自分のとらえ方は大きく変化しています。

例え同じ話しをされたとしても、自分が社会に出て経験を積んでいる最中であれば、その会話に対して幼稚だと感じる事だってあるかもしれません。

恋は盲目です。

その為、例え、相手との会話が幼稚だったとしてもそこには触れずに突っ走ってしまう事もあります。

しかし、そんな相手と長く付き合った所で、結婚に繋がるかどうかも分かりません。

会話の内容を決めるのは、学力や出身大学ではありません。

その人自身の知識や人生経験です。

その為、それらの経験が乏しい人はどうしても幼稚な会話しかする事が出来なくなってしまいます。

女性の方々は、尊敬出来るような男性を選ぶ事がダメ男に引っかからないコツかもしれませんね。

6. 自己中心的

女性は時に、ちょっと強引な男性に惹かれる傾向があります。

強気で来られると断れない。

引っ張てくれる感じが素敵など理由は様々ですが、そこに男性の魅力を感じる様に出来ているのかもしれません。

しかし、そんな長所であったポイントも、いつしか短所になってしまう事もあるでしょう。

と言うのも、強引な所に惹かれたはずが気が付くとそれが自己中心的な行動に変わっている可能性がある為です。

男らしいと自己中心的とは全くの別問題です。

相手の事を考えずに、自分の好き勝手に動く言動は自己中心的と言えるでしょう。

スタートが強引な所に惹かれての交際の場合、なかなかその変化に気が付く事が出来ない事もあるでしょう。

知らず知らずのうちに、あなたのパートナーは男らしさを履き替えて、わがままになってはいませんか?

そんな言動に振り回されていては、幸せな日々を手に入れる事は出来ません。

よく見極める目を持つ事をおすすめします。

自己中心的な人について詳細はこちら >

7. 金遣いが荒い

いつの時代もダメ男はいるものです。

その基準で最も多く登場するのが、「お金遣いの荒い男」です。

お金は生活に無くてはならないものです。

愛さえあればお金なんていらないと言うのは、幻想です。

生活して行く為には、最低限のお金は必要です。

その為、日々の生活を顧みずにギャンブルや趣味にお金を使ってしまう男性はまさに究極のダメ男と言えるでしょう。

お金を使う事が100%悪い訳ではありません。

日本語にある「甲斐性がある」という言葉は、自分んで稼いだお金で妻子を養えているかどうかが基準になるそうです。

つまり、きちんと養う事が出来ているのであれば、それ以外のお金を湯水の様に使おうと問題は無いのです。

ダメ男の場合は、生活などを一切考えずに使用してしまう所が大きなポイントです。

彼氏なら別れれば済みますが、旦那さんの場合はそう簡単にはいかないでしょう。

お金の使い方は、急に変わるものではありません。

後から後悔しない為にも、どんな事にお金を使っているのかと言う事をよく観察してから大事な決断をするようにしましょう。

8. ケチ


先ほど、お金を使いまくる「金遣いの荒い男」はダメ男だというお話をさせて頂きました。

ただし、では使わなければ良いのかと聞かれればそうとも限りません。

お金を大事にする事は素晴らしい事です。

しかし、大事にしすぎるあまり使う事が出来なくては意味がありません。

例えば、あなたが何かを購入する際、パートナーに相談するといつも「お金の無駄」と言われていたらどうでしょうか?

悲しい気持ちになるのではないでしょうか。

倹約家も度が過ぎると、単なるケチになってしまいます。

デートのお金も全て割り勘。

節約を意識したデートしかしない。

なんて日々が当たり前になってしまうかもしれません。

お金は、適度に使い適度に稼ぐ事が重要です。

どちらか一方に比重がかかってはいけません。

お金についてこだわりの強い男性は注意が必要です。

ケチな人について詳細はこちら >

9. 面倒くさがり

「めんどくさい」が口癖の男もまた、ダメ男の可能性が大いにあります。

自分でしなければならないような事なども含め、面倒な事は全てあなたに任せてくるかもしれません。

会社の同僚などであれば、まだ仕方のない事なのかもしれません。

しかし、それがパートナーであった場合はどうでしょう。

何を決めるのにも「めんどくさい」と言われてしまうと、そこから話を広げる事が出来ません。

手続きなども、自分はわかりませと匙を投げてしまっては、全てはあなたが後を処理しなければならなくなるのです。

自己中と似ていますが、めんどくさがりな人はそれだけこだわりを持って生活しています。

その為、より手間や時間をかけて生活しています。

子供の頃はまだ仕方なかったとしても、大人になってもその性格が抜けないのは大きな問題ではないでしょうか。

これぞまさにダメ男の始まりです。

めんどくさがりな人について詳細はこちら >

10. ナルシスト

子供の頃は誰でも自分が一番です。

兄弟が居たとしても、常に親の愛を受けているのはあなたかもしれません。

幼い時期に、このような経験を多くする事で、子供は自分に自信を持ち誇らしげに生活する事が出来るでしょう。

子供の頃は自信に満ち溢れていた人も、月日が経つ事で自然と自信はしぼんでいきます。

これは悲しい事ではなく、大人になると言う事であり現実を見る事ができる様になったと言う事です。

しかしながら、大人になってもずっと自分が好きな人も居ます。

それがナルシストなのです。

子供の頃と同じ様に、自分が一番自分以外の人間はどうでも良い、と言うのがナルシストの人の大きな特徴かもしれません。

自分が好きな事は悪い事ではありません。

しかしながら、周りで困っている人すら助ける事が出来ないのであればそれは別問題です。

自分を好きな気持ちと同じように、他の人の事も興味をもって生活しましょう。

ナルシストな人について詳細はこちら >

11. 挨拶がちゃんとできない

人として、挨拶は基本です。

相手がどんな人であろうと、それが出来ない男性は人として間違っていると思います。

一つ一つの礼儀やマナーを守る事が出来ない人は、社会でのマナーも守る事が出来ず仕事も出来ない人が多いでしょう。

相手の本質を見抜くポイントは、こういった日常の小さな部分にも溢れているのです。

12. キレやすい

キレやすい人は、人とトラブルを起こしやすいので注意が必要です。

また、彼女や奥さんなどパートナーにキレやすい人はそのまま放置しておくとDVなどの犯罪に繋がる恐れも否定できません。

その為、そういった危険性のある人には近づかない様にしましょう。

キレやすい人は、脳に変化があるとも言われています。

その為、一度反省をしたところで同じことを繰り返す可能性は大いにあります。

相手がキレやすい人と判断したら早めに見切りを付ける事をお勧めします。

ずるずると交際を続けていたとしても、メリットがあるとは言えないでしょう。

すぐにキレる人について詳細はこちら >

13. 暴力をふるう

男と女は、明らかに体格の差があります。

その為、本気になれば男性の方が強いのは当たり前です。

最近では、男女均等法の元で様々な分野が平等となっています。

しかしながら、体格の差を埋める事は出来ないでしょう。

その為、男性は女性と喧嘩になったとしても決して手を上げてはいけません。

それは弱い者いじめだからです。

自分より弱い相手に暴力をふるう事は、人として最低です。

もし、一度でも暴力をふるってくるような相手であれば、次も必ずあります。

暴力は繰り返すからです。

その為、相手がどんなに反省したような態度を見せた所で許してはいけません。

自分の身を守る事が出来るのは自分なのです。

大きな事件になってしまう前に、離れる事をお勧めします。

14. 酒癖が悪い

お酒は人の思考回路を停止させます。

その為、ほろ酔い程度であれば嫌な事を忘れる事が出来たり、仲間同士ワイワイと楽しむ事が出来るでしょう。

しかし、中にはお酒を飲むと人が変わってしまう人がいます。

これが属にいう「酒癖の悪い人」です。

酒癖と一言で言っても様々なものがあります。

泣き上戸・笑い上戸なんかは、周りの人を困らせる事もあるかもしれませんが、基本的にはさほど困った事ではありません。

問題は酒乱です。

酒乱とは、酔った勢いで暴力をふるってしまう人の事を指します。

これは一種の病気であり、本人の意思ではどうする事も出来ません。

その為、もしパートナーが酒乱なら禁酒させるしかありません。

それが出来なければ大きなトラブルになってしまう事もあるでしょう。

酒癖が悪い酒乱な人について詳細はこちら >

15. 女癖が悪い

男は浮気願望のある生き物です。

その為、どんなに真面目そうな人であっても女性からアプローチされてしまえばどうなるか分かりません。

しかし、多くの人の場合は理性と言うものが働き、失うものと天秤にかける事でその橋を踏み外さない様に生きています。

しかし、中には本能に忠実に生きている人もいます。

例え家族が居ようとも、女性を追いかけ浮気を繰り返すような男性も中にはいます。

浮気は暴力と同じで、何度も繰り返します。

その為、一度浮気されたら次もあると頭に入れておきましょう。

それでもかまわないと思う人は良いかもしれませんが、浮気されたくないと思う人は別れる事をお勧めします。

女遊びする人について詳細はこちら >

16. 食べ方が汚い

人には、暗黙のルールやマナーがありそれに従って生きています。

例え、食べ方が汚かった所で命に係わる事は無いでしょう。

しかし、そういったマナー一つを守る事が出来ない人は、その他の社会のマナーも守る事が出来ない場合が多くあります。

社会で生活し、お金を稼ぎながら生きていく為にはやはりある程度のマナーを守る必要があります。

きちんと食事を食べる事が出来ないからと言って、別れる必要は無いかもしれませんが治す努力をして貰う事も必要かもしれません。

17. 人を利用する

世の中には、どうしても使う人・使われる人に分かれる場合があります。

これは、社会でも同じであり雇う側・雇われる側で分ける事も出来るでしょう。

それは才能の問題であり、それぞれが納得している関係性なのであれば仕方がない事かもしれません。

しかしながらそれは、友人同士などの関係性に当てはめる事は出来ません。

力の強い者が弱い者を使うと言う行為は、決して気持ちの良いものではありません。

相手の力を利用して、自分の手柄にする行為は卑劣であり人として間違っていると言えるでしょう。

相手に感謝して、日々を過ごす事が出来ない人は後で必ず足元をすくわれてしまいます。

そうならない為にも、自分と相手との関係性をよく考え、人間関係をきちんと構築していきましょう。

18. 決断力がない

多くの女性は、好きなタイプを聞くと「優しい人」と答えます。

しかし、優しい人に見える人の中には単に優柔不断な人が隠れている事に気が付かなければなりません。

なんでもあなたの思い通りに合わせてくれる優しいい男性が居ます。

その彼はなんでも許してくれるので、あなたは幸せな日々を過ごす事が出来るでしょう。

しかし、その優しさがいつの間にか短所に変わる事もあるのです。

最初は優し人だと付き合っていたとしても、そのうちにそれは優しいのではなく、決断力が無いだけだと気付くでしょう。

その決断力のなさに男らしさが足りないと嫌気がさす事もあります。

女性の皆さんは、交際相手を選ぶ際は優しいのか優柔不断なだけなのかというポイントをしっかりと見極める必要があるでしょう。

決断力がない優柔不断な人について詳細はこちら >

19. 目標がない

日々を生きる上で、目標を持ってそれに向かって生活している人はどんな特別な事をしている人よりもかっこよく見えるものです。

その反対に、何の目標もなく、タダなんとなく毎日を繰り返している人には魅力を感じないでしょう。

出会った当初は、その何にも囚われる事の無い自由な姿が素敵に見えてしまう事もあるでしょう。

しかし、人は社会の中の一員として生活しています。

その為、何にも関係なく自分の好きなように生きると言う事はわがままであり、そんな事を実現する事は不可能でしょう。

一見かっこよく見える自由人も、冷静に見れば単なる無責任な人です。

大人になる事を嫌がったピーターパンシンドロームの人とも言えるでしょう。

目標もなくだらだらしていて許されるのは、学生までです。

それ以上を過ぎても変わる事が無い男性とは、早めに見切りを付けましょう。

20. 人の悪口を言う

男・女関係なく、人の悪口は言うべきではありません。

もし言いたいことがあるのであれば直接言うべきでしょう。

それが出来ない内容なのであれば、それをわざわざ他人に言う必要はありません。

例え、ものすごく嫌な相手であったとしてもそれは同じ事です。

悪口は、他の人に言うから悪口になってしまいます。

その為、言いたい時は自分の心の中で悪態をつきましょう。

心の中であればどんな事を言ったとしても相手に伝わる事は無いからです。

悪口は、言っている本人はスッキリするかもしれません。

しかし周りで聞いている人にとっては、不快であり楽しいものではありません。

そんな事ばかり繰り返していては結局自分にその反動が帰ってくる事になるでしょう。

相手の気持ちを考える事が出来ない方は、人として残念だと言わざるを得ません。

そんな相手と一生を過ごしてしまうと、疲れる事間違い無しです。

悪口ばかり言う人について詳細はこちら >

21. ゴミをポイ捨てする

日本は、世界的に見ても大変綺麗な街です。

それはそれだけ多くの人がきちんとマナーを守ってごみを捨てているからです。

しかし、中にはそんな社会のマナーを守る事が出来ず、好き勝手に生きている人もいます。

自分自身の人生を適当に生きるのはその人の自由ですが、それの結果他人に迷惑をかけてはいけません。

多くの人が不快な気持ちになるようなごみのポイ捨ては、人として間違っています。

そんな事も他人から言われないと気が付く事が出来ないような人なのであれば、それはダメ男でしょう。

22. 適当に生きている

自由に生きる事と適当に生きる事は、また少し違うかもしれません。

適当に生きると言う事は、何の信念も持たずに勝手気ままに生活する事を指します。

自分のしたいように生活する事が出来れば幸せかもしれません。

しかし、何考えずに生活していればいつか必ず困る時がやってきます。

そうなってからあせったところでもう遅いのです。

日々を計画的に生きる事は、将来の自分への投資にもなります。

そんな事も考える事が出来ない男性はと一緒にいては、幸せになれないかもしれません。

あなたの周りのダメ男と接する時は?

いかがでしたか?ダメ男の生態を分って頂けたのではないでしょうか。

今回提示した条件を見て、自分の周りに居る男性と比べて見てください。

当てはまる方はいませんか?もしいたとすれば、それは要注意人物です。

気が付かないうちに、ついダメ男を引きつけてしまうような人は条件に当てはまる男性にはあまり近づかない様にしましょう。

既に交際してしまっている人は、相手がダメ男だと言う事を理解しそれでも付き合っていきたいかを判断する必要があります。

ダメ男と日常的に付き合っていく事は、あなたにとっても負担は大きくなります。

その為、出来るだけ改善を求めていきたいものです。

しかし、そんな簡単に人は変われないのもまた事実です。

深追いせず、妥協しながら付き合っていく事が、得策かもしれません。

1. 客観的に気付かせる

ダメ男本人に、ダメ男だと言う事を気が付かせる事は意外と難しい事です。

浮気やギャンブルなど目に見えてダメ男なら自覚症状があるかもしれませんが、多くの場合は自覚症状なく生活しています。

自分では普通にしているつもりなのに、ダメ男と言われてしまうと腹も立つかもしれません。

その為、例え本当にダメ男だったとしてもあえて直接注意をせずに、同じようなタイプの人を紹介しつつその駄目さを紹介していきましょう。

そうする事で、ダメ男と言うものを客観的に見る事が出来ます。

話を聞いている間に、自分の事かもしれないなと自分自身で気が付く事が出来るのです。

相手に言われると反発してしまう心も、自分で気が付く事が出来ればより効率よく効果を発揮する事が出来ます。

2. 自分の反面教師にする

ダメ男は、どんなに注意した所でこの世界からいなくなる事は無いでしょう。

そうなってしまうと、私たちは彼らとどう付き合っていけばいいのでしょうか。

基本的には、関わらない事が一番です。

それぞれの主張があり、近くに居る人に対して文句を言ったり、様々な被害を出すかもしれません。

ですが、関わればその被害はもっと大きくなってしまうかもしれません。

普段ダメ男を引きつけてしまうような人は、相手の事を冷静に分析し出来るだけ引きつけない様に生活しましょう。

ダメ男には様々なタイプがあります。

中には、人としてどうなんだろうと思う事もあるかもしれません。

そんな時は、あえて注意せず反面教師として自分自身にマナーを見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

度を越さなければ、ダメ男にわがままも可愛いものに感じる事が出来るでしょう。

反面教師について詳細はこちら >