CoCoSiA(ココシア)

お見舞いの時に持っていくと喜ばれる14個の手土産

この記事では、お見舞いに持っていくと喜ばれる手土産を紹介します。

なぜ手土産は喜ばれるのか?どういうものを持っていくと良いのか?といったことを順番に解説していきます。

この記事の目次

️お見舞いに行くときは手土産があると喜ばれる

お見舞いに行くだけでも良いですが、手土産を持って行くとさらに喜んでもらえるでしょう。

そこで、今回はお見舞いに持っていくと喜ばれる手土産についてご紹介します。

もし今後お見舞いに行くようなことがあれば参考にしてみてください。

️お見舞いにおすすめの手土産14選


いつも誰かのお見舞いに行く時に手土産を悩んでしまうという方のためにお見舞いにおすすめの手土産についてご紹介します。

今回ご紹介するおすすめの手土産を参考にしていただければ、失敗せずに済むのではないかと思います。

まずはじめにご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はお花です。

花は定番の手土産として喜ばれるアイテムです。

特に女性は花が好きな人も多いので、花を見たり香りを嗅いだりすることによって精神的にも落ち着きますし、なんとなく心強かったりするということもありますので、何を持って行ってあげれば良いか迷ってしまう場合は、無難にお花を持って行くといいと思います。

しかし、お花を持って行く際には気を付けなければいけないこともありますのでご紹介します。

NGもあるので注意


お見舞いの手土産でお花を持っていく場合は、事前に確認していただきたいことがあります。

病院側がNGを出している場合も

まず大前提として病院側がお花を持ってくることに対してNGを出していないかどうかということを確認する必要があります。

なぜかと言うと、最近は感染やアレルギーの観点で、生きた花を持って行くことを禁止している病院も増えているからです。

これは入院患者のためなので、仕方のないことです。

どうしてもお花を持っていきたい場合は、今話題のプリザーブドフラワーであれば持ち込める病院もありますので、確認してみましょう。

そのあたりを事前に確認して持っていくことで病院側に迷惑がかかることもなく、入院している方にも喜んでもらえると思います。

お見舞いにはタブーとされている花もある

そしてもう一点注意しなければいけないのが、たとえ生きている花が許可されていていも、お見舞いにはタブーとされている花があるするという事です。

詳しくはまた後半でも紹介しますが、どのような花かと言うと百合などの匂いが強いお花は周りへも迷惑も考え配慮が必要とされています。

他にも、菊やシクラメンなどは死を連想させるため、縁起が悪いとされています。

赤いバラも血を連想させるのでNGなど、色々マナーがありますので、もしお花を持って行く際には注意が必要です。

好きな飲み物やお菓子

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は好きな飲み物やお菓子です。

入院していると好きなものが食べられない場合が多いです。

例えば入院している場合は原則として病院食になります。

病院食は一般の食事とは異なり、歯ごたえがあるものが避けられていたり、味付けが薄かったり、香辛料などの刺激物を控えている傾向があります。

なおかつ集中調理されるので配送に時間がかかり、患者の口に入る頃には味が損なわれているということもあります。

素材自体は比較的良いものを使っていても、病院食があまり美味しくないと感じる人が多いのは、このような理由が原因です。

もちろん病院によっては美味しい料理が出されていることもありますが、基本的には自分が好きなものではないため、入院している方が好きな飲み物やお菓子を持って行ってあげると喜んでもらえる可能性が高いです。
しかし、持って行く場合には以下のことに注意が必要です。

食べられない場合があるので注意

ご存じの方もいるかもしれませんが、お見舞いに飲食物を手土産として持って行く際は、タブーとされるものがあります。

まず生ものは衛生面的なことを考え、NGな場合が多いです。

次にタブーとされている食べ物は揚げ物です。

揚げ物は病気の時や病気から回復後の弱った胃腸では消化する力が落ちてしまっていて、体に負担がかかってしまうという所からタブーとされています。

そして次にフルーツです。