長い人生を歩んでいると、日常生活の中でたくさんの経験をすると思います。

そんな中には楽しい事もあれば、不幸な出来事があったりする事もあります。

例えば、不幸な出来事の中には自分自身や周りの大切な人が怪我をしてしまうようなこともあります。

比較的軽いけがの場合だったり、深刻な病気になったりと様々なケースが考えられますが、病気の内容によっては入院をしなければいけない事があります。

入院した経験がある人ならわかると思いますが、入院をしている時はとても暇ですし、特に出来る事なども限られています。

誰かと話をしたいと思う事もありますし、病院食のような味のしないごはんを食べているよりも、早く家庭のごはんや美味しい料理を食べたいし、ストレス解消に外に行きたいと思うような事もあると思います。

そんな時に誰かがお見舞いに来てくれたらとても嬉しいですよね。

手ぶらで来てくれるだけでも話し相手になってくれると嬉しいですし、おいしい物などを持ってきてくれるとさらに嬉しいのはこの上ないと思います。

さて、今回はそんなお見舞いをテーマにしてお見舞いに持っていくと喜ばれる手土産についてご紹介します。

️お見舞いするときは手土産があると嬉しい

あなたも今までの人生の中で親しい友達や家族が病気になって入院をしてしまったことがあると思います。

例えば比較的軽い症状の場合もあれば、骨折などの怪我であったり、何かしらの病気などの可能性があると思いますが、入院をしているときに何か手土産を持ってお見舞いに行ったことがある方もかなり多いと思います。

怪我をしている時は体と同時に精神的にも落ち込んでしまいやすい場合が多く、何かに打ち込んだりすることもできないので病院のベッドの上で暇を持て余している方が多いと思います。

そんな時に誰かが訪ねて来てくれればそれだけでとても嬉しいことですし、手土産を持っていてくれると本当にありがたいですよね。

それ以上に周りの人が自分のことを思って行動してくれているという事がとても嬉しく感じると思います。

しかしながら、手土産を選ぶのは実際とても難しい事です。

正解がないですし、何が喜んでもらえるのかいまいちわからない方が多いからです。

しかしながら、ある程度何が喜んでもらえそうなのかは、想像する事はできます。

例えば、病院食があまり美味しくないということは一般的に広く知られている事です。

なので、美味しいご飯やお菓子などを食べて欲しいという願いを込めて、食べ物を手土産に持って行く場合もあれば、病院のベッドの上でも暇だろうから何か暇つぶしができるようなものを持って行ったりとか、気遣いを行える部分は様々存在しているのですが、現実問題、優柔不断な方は何を持っていけばいいのか、どうしても決めきれない方も多いと思います。

相手の事を思うからこそ、何を送るのかという事もとても迷ってしまいやすいのが悩みの種な人もいるはずです。

️お見舞いにおすすめの手土産15選


いつも誰かのお見舞いをする時に手土産を悩んでしまうという方のために、今回はお見舞いにおすすめの手土産についてご紹介します。

いつも手土産を悩む方や、近いうちにお見舞いにいく予定がある方には、今回ご紹介する内容は参考にしていただけると思います。

ご紹介するお祝いにおすすめの手土産を参考にしていただければ、きっと喜んで頂ける土産をチョイスすることができると思います。

変に考えすぎて使わないようなものを渡すよりも、一般的に定番とされているようなものを渡す事で無難にプレゼントを贈ることが出来ます。

シンプルイズベストという言葉があるように、一般的な物が一番喜ばれる事も多いです。

なので、変に考えすぎるのもいけないので、ある程度考えすぎずに、贈り物を選ぶのも大切ですよ。

しかし、何を送っても基本的には嬉しいものです。

あくまで送る人の気持ちですから、何が正しいとか、何はいけないという事はモラルの範囲内であれば得に存在しません。

足を運んで会いに来てくれるだけでも嬉しい物なので、あくまで余裕があれば持って行ってあげるというくらいでも全く問題ないという事は頭の中に入れておいてくださいね。

まずはじめにご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はお花です。

男性の方であればそこまで重要はないかもしれませんが基本的に女性の方が入院している場合に花を持っていてあげるととても嬉しがってくれる場合が多いです。

女性の方は基本的に花が好きな方が多いので綺麗な花を持って行ってあげて飾ってあげるとなんとなくその花を見た時に、友達のことや大切な人のことを思い出したりして心が温まる効果もありますので精神的な安定という部分においても非常に役立つことが出来るアイテムです。

花を見たりその花の香りを嗅いだりすることによって精神的にも落ち着きますし、なんとなく心強かったりするということもありますので、何を持って行ってあげれば良いか迷ってしまう場合は無難にお花を持って行ってあげると喜んでくれますよ。

しかし、お花を持っていく場合に関してはある程度注意しなければいけない事もありますので、必ず事前に確認して持っていくことが大切です。

NGもあるので注意


お見舞いの手土産でお花を持っていく場合は事前に確認していただきたいことがあるのですが、まず大前提として病院側がお花を持ってくることに対してNGを出していないかどうかということを確認する必要があります。

なぜお花を持っていくことがダメなのかと言いますと最近は感染やアレルギーの観点という所から生きた花を持って行くことを禁止にしているケースが増えているからです。

これも全て入院している人のためを思ってのことなので、仕方ない部分があります。

それに対して文句を言ったりするのではなく、どうしてもお花を持っていきたいと思うのであれば、生きている花が禁止されている場合があるので、花や葉っぱの水分を抜いた状態にしている今話題のプリザーブドフラワーであれば問題なく持ち込むことができる病院も存在しています。

なので、そのあたりを事前に確認して持っていくことで病院側に迷惑がかかることなく入院している方も喜んでもらえると思います。

そしてもう一点注意していただきたいのが、たとえ生きている花が許可されていていも、中には禁止されている花が存在する場合があるという事です。

これはどういう花なのかといいますと、 例えば百合などの匂いが強いお花はNGとされている場合があります。

そして、菊やシクラメンなどは縁起が悪いとされ、死を連想させるような花などは絶対にNGです。

バラなども血を連想させるので、NGといったように細かい区分などがありますので、お花を持って行ってあげたいと思っても、何の確認もせずに持っていくのはNGです。

時には病院関係者や入院している人の迷惑にもなってしまうので、安易にお花を持ち込む事は避けるようにしてください。

好きな飲み物やお菓子

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は好きな飲み物やお菓子です。

先ほどご紹介した様にどうしても入院をしていると好きなものが食べられなかったりする場合が多いです。

例えば入院している場合は原則としては病院食が患者の方に出される場合が多く存在しており、病院食に関しては一般の食事とは異なり、病院食によっては歯ごたえがあるものが避けられていたり、味付けが薄かったり、香辛料など刺激物を控えている傾向があり、なおかつ集中調理されるために配送に時間がかかって患者の口に入る頃には味が損なわれていることもとても多いのです。

素材自体は比較的良いものを使っているにもかかわらず病院食はあまり美味しくないとたくさんの人から思われている理由がここに存在しています。

もちろん病院によってはとても美味しい料理が出されていることもあったりする場合がありますが、基本的にはあまり喜ばしいものではない可能性もありますので、入院している方が好きな飲み物やお菓子を持って行ってあげるととても嬉しがってくれることが多いので、お見舞いの時の手土産としてはたくさんの方から選ばれている人気のジャンルです。

食べられない場合があるので注意

ある程度マナーについて知っている方であれば問題はありませんが、初めてお見舞いに手土産を持って行くという方は知らない場合が多いので、飲食物を持ち込む際は必ず確認していただきたいのですが、病院に持っていく手土産の中にはタブーとされているものが存在しています。

まず生ものについては原則持ち込むことができません。

これはある程度想像がつくと思いますが生ものに関しては食あたりなどを防ぐ必要がありますので原則としては持ち込めません。

そして次にタブーとされている食べ物は揚げ物です。

揚げ物は病気になっているときや病気から回復した後の弱った胃腸では消化する力が落ちてしまっているのでどうしても体に負担がかかってしまうという所から持ち込むことはタブーとされています。

そして次に注意していただきたいのがお土産としてよく持っていく定番のものとしてフルーツがありますが、フルーツに関しても適量であれば問題ありませんが、あまりにも食べきれないようなフルーツの場合は食べ物が痛んだりしてしまう場合もあったりするので基本的には好まれていません。

そして入院している方の病状しないというところがありますが食事制限やアレルギーに影響するようなものに関してはまず持参することはタブーです。

持ち込むのであれば事前に相手に確認をする必要がありますし、病院側にも確認しておけば問題ありませんので、持ち込む前に確認をした方が良いです。

せっかく持っていたのに渡すことができないと言うことはとても悔しい思いをしてしまうので事前に確認するようにしてください。

そして基本的に問題ないとされているものは食事制限に該当せず相手が好物のものであったりある程度日持ちがするものや適量のフルーツが良いとされていますのでこれを基準に選択するようにしてください。

マグネット

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はマグネットです。

まず入院している最中は当然ながら外出が禁止の場合もあったりストレスを解消することが何もない状態が続いてしまいますので何か気を紛らわせる様な遊べるものが欲しくなります。

自由に外に出ることができないので遊びに行ったりすることも当然できませんし、外の空気を吸いたいと思っても病院の中ぐらいしか歩き回ることができなかったりする可能性がありますので、遊べる様なものを渡してあげるとかなりの確率で入院している方は喜んでくれます。

マグネットに関しては渡してあげることで遊びながら気を紛らわすことができますので時間が経つのがあっと言う間に感じる方も多いです。

しかしながらマグネットを渡す場合に関しては入院している人が子供でなければ喜んでくれないと思いますので、幼い子供が入院してしまっている時にはマグネットなどをプレゼントしてあげると長い時間遊んだりできるので、きっと嬉しがると思いますよ。

【マグネットについては、こちらの記事もチェック!】

置物

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は置物です。

置物と言ってもそんなに大きなものではなく病院の一室で置くことができるような何気ない置物を持って行ってあげることで相手に気を使わせることもなくその置物を使って頂くことが出来ます。

可愛らしい物などを持って行ってあげれば女性は喜びますし、その置物を見て、お見舞いに行った時の事を思い出してくれると思います。

なかなかないと思いますがあまりにも大きい置物などを持って行ってしまうと病院のスペースを奪ってしまったりする事になりますので、あまり目立つようなものではなく、可愛らしいものを持って行ってあげる様にすれば困ることはありませんのでその辺りを気遣う様に工夫してください。

置き時計

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は置き時計です。

置き時計は病院の中にいるときにも常に時間を確認したりするときにも便利ですし、脚などを痛めてしまってなかなか自由に動くことができない人にとってはとても便利なもので喜ばれるアイテムです。

もちろん病院の中にも時計があると思いますがもしかすると部屋に時計がついていない場合もあったりする可能性もありますのでかなり利便性が高いアイテムです。

さらに可愛い時計を持って行ってあげれば退院した後に自宅でインテリアとして使うこともできますので退院した後の喜びとしても継続して幸せを運んでくれるアイテムなのでより相手のことを気遣った選択ができると思います。

時間を確認するときにその時計を見てあなたのことを思い出してくれると思いますし、異性に対してのプレゼントとして時計を渡す時には一緒にこれから時間を刻んで行こうと言う思いも存在していますのでそのような想いも言葉と合わせてプレゼントするとパートナーが入院している時には温かい言葉で包んであげることができると思いますよ。

おしゃれな置き時計などであれば1万円もしないで購入することができますので通販なので気になったものを頼んでみたりするのも面白いと思います。

小物入れ

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は小物入れです。

入院していると自分のベッドのところに自分の私物を置いたりすると思いますが細いものなどを置いておく場所がなかなかなかったりして紛失してしまう可能性がなくなったりするので。

小物入れを持って行ってあげると利便性が高くて嬉しがってくれる可能性はとても高いです。

あまりにも高い手土産を持って行ったりすると相手に気を遣わせてしまう場合がありますのですが、小物入れぐらいの気遣いであれば、もらう方もそこまで気遣う必要もないですし、実際に入院している方からも利便性が高い商品なので喜ばれることが多いのが嬉しいポイントです。

そこまで高価な物でないにしても、必ず嬉しがってもらえるはずなので渡す側としても金銭的な負担が少なくて嬉しいのが大きなポイントですよね。

雑貨屋さんなどに行けば、可愛い小物入れはたくさん存在しているので1000円程度の予算でも問題ありませんので、気に入ったものがあれば購入して持っていってあげてください。

フック

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はフックです。

お土産にフック?と思う方もいるかもしれませんが、これ意外ととても便利なんです。

フックがあれば比較的狭い病室の中でも何らかの柵があったりすれば自分の持ち物を吊るしたりすることができたり細いものを飾ったりすることもできますので意外と利便性が高いアイテムです。

もちろんフックだけだとちょっと地味に感じてしまったりするのでフックにお守りなどを下げていけば、まったく印象は変えることが出来ます。

利便性が高いアイテムと、思い出の品を渡してあげるとより相手は喜んでくれると思いますので、参考にしてみてください。

タオル

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はタオルです。

ちょっと地味に思う方もいるかもしれませんが、もし入院している期間がかなり長い期間の場合はタオルなどの日用品を持って行ってあげるととても嬉しがってくれる場合が多いです。

特にタオルに関してはあればあるだけ困ったときにすぐに使うことができますのでかなり利便性を実感するシチュエーションが多いです。

使いたい時に使えなかったりすると、ストレスになってしまったりするので常にストックがあるととても嬉しいと思います。

なので、タオルを何枚かセットにして持って行ってあげるという事も選択肢の一つとして十分成り立ちます。

しかし、短期入院であればそこまで必要ないかもしれませんので、そこはケースバイケースという事を考える必要があります。

タオルくらいであれば出費などもそこまでかさみませんし、何枚かセットになったものを通販で頼んでおけば安い金額で手土産として渡すことも出来ますし、ちょっと相手に対して見栄を張りたいと思った時にはブランド物のタオルギフトなどを購入して渡せばちょっとしたプレゼントとしても生かすことができます。

タオルなのでブランド物だったとしても、そこまで高価な金額はせずに5000円あればお釣りが返ってくるくらいの金額にはなりますし、ブランド物のタオルを購入する事があまりないので逆にセンスの良いプレゼントとして受け取ってもらえると思いますよ。

ブランケット

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はブランケットです。

これは女性の方であれば比較的に喜んでもらえると思いますが入院しているときに温度調節がうまくできなかったりすることがあったりします。

例えば夏の時期どうしても室内の冷房が効き過ぎてしまって肌寒く感じてしまったり、冬場に関しては暖房があまり聞いておらず女性の方特有の手足などの先端が冷えてしまう様な事があったりするのでブランケットなどがあると温かい環境に身を置くことができますのでとても重宝されるプレゼントです。

ブランケットに関しては使わない時は隅に置いておけば良いですし必要な時にすぐに取り出すことができますので利便性もとても高いのでオススメです。

ブランケットに関してもブランドものであったとしても1万円でお釣りが返ってくるようなものなどがたくさんありますので気になったものを通販で予約しておいて届いたら手土産でお見舞いに行くなどをすれば喜んでもらえると思いますよ。

ソックス

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はソックスです。

先ほどご紹介したブランケットの項目とかなり似ている部分がありますが、特に女性の方は寒さに対して弱い方が多いです。

冬になるともともと冷え症などで病室での生活が苦しく感じてしまったりする方も多いと思います。

たくさんの人と一緒の病室だったりすると、周りに気を使ってしまったりする場合などがありますので、温度調節などもあまり言い出しにくかったりする場合などもありますので、温度調節が自分で出来るようなアイテムがとても嬉しがってもらえます。

ソックスなども暖かいものをプレゼントしてあげれば利便性が高いですし、必要な時にすぐに利用することが出来ますので、プレゼントとしては最適です。

女性の方であれば、かわいい物をプレゼントするようにすればさらに喜んでもらえますので、普段あまり購入しないようなちょっと値段が張る様なソックスをわざとプレゼントしたりするとハズさないと思います。

ブランドものでもソックス程度なら3000円程度で十分購入できますので、気になる方が探してみてください。

美容グッズ

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は美容グッズです。

こちらも比較的女性にプレゼントするお見舞いグッズとしては定番ですが女性は意識が高い方が多いので入院している最中だっても美容に関しては手を抜きたくないと思っている方が多いです。

なので美容グッズなどをプレゼントしてあげると暇な時間などに自分の美容に気を使ってケアを行ったりすることが可能になりますので認識が高い方はプレゼントしてあげると嬉しがってもらえると思います。

あまりにも高い美容グッズを渡してしまうと相手が遠慮してしまったりするので気軽に利用できるものとしてはハンドクリームやウォーターミストなどに関しては入院中に使い切ってしまえる程度のものですしそこまで高価なものでもありませんので気軽にプレゼントすることができますよ。

2000円以内くらいで十分購入する事もできますので、渡す側も価格的にも嬉しいと思います。

好みの本や雑誌

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産は好みの本や雑誌などです。

どうしても入院している時には暇な時間がとてつもなく多いのでその人が好きな本であったり雑誌などを持って行ってあげると喜ばれる可能性がとても高いです。

美意識が高い女性であればファッション雑誌やメイク雑誌などを持って行ってあげれば嬉しがってもらえますし、男性に関してもファッション雑誌や仕事が好きな方はビジネス系の雑誌をもっていってあげれば暇をつぶせると思います。

それ以外にはおすすめとしては小説などが一番おすすめです。

ある程度読むのに時間もかかりますし、読む事によって時間もつぶせますし、自分のための知識にも繋がる場合があります。

なので、今人気の本などをプレゼントしてあげると喜んでもらえますよ。

しかし、普段からあまり本を読まない方や、本が嫌いな人だと眠くなってしまうだけなので、そこは相手の性格を把握してプレゼントしてあげてくださいね。

Amazonギフト券

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はamazonギフト券です。

一風変わったものになると思いますが今の時代はたくさんの方がアマゾンを利用してお買い物を楽しんでいる方が多いと思います。

変に相手の趣味と違う様な物を渡すぐらいであれば、amazonギフト券を渡してあげることによって自分自身が好きなものを購入して楽しんでくれたりする方が良い使い方だと考えることもできます。

amazonギフト券を購入したことがないから分からないと思いますが基本的にはコンビニがあったり百貨店やデパートやショッピングセンターなどで購入することができますので、気軽に購入してすぐに渡すこともできます。

またギフト券の販売金額に関しては3000円と5000円と10000円と2万円とバリアブルが用意されておりバリアブルに関しては1500円から5万円の間で1円単位で金額を指定することが可能となっておりますのでその時の自分の経済状態に合わせて考えるようにしてみてください。

カタログギフト

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はカタログギフトです。

カタログギフトを知らない方はあまりいないと思いますが、結婚式に参列した時によく参加した方向けに渡されることが多いです。

これはカタログの中から好きな物をプレゼントしますよ、というようなものです。

カタログギフトによって値段が分かれており比較的安価な2000円台の物から5万円から10万円などの高額なカタログギフト何も存在しており自分の経済状態に合わせて選択することによって先ほどご紹介したamazonギフト券と同様に、ギフトとして手土産として渡すことができます。

カタログギフトの嬉しいポイントとしては、カタログを見ているだけで商品を選んで楽しい気分を味わうことができるというメリットがありますので、ベッドの上にいながらお買い物を楽しんでいる感覚を得ることができます。

なので、外出が出来ない方にとってはまるで外に出てウィンドウショッピングをしているような気持ちになれるので比較的喜ばれる手土産です。

Apple Storeギフトカード

次にご紹介するお見舞いにおすすめの手土産はApple Storeギフトカードです。

Apple Storeギフトカードはその名前の通りApple Storeで買い物をすることができるギフトカードです。

例えば、Apple Storeで販売されている商品をそのギフトカードを使って決済することが出来ますし、Iphone を利用している方であれば例えばアプリなどでゲームをしている方は課金するのにも使ったりすることができますので病院のベッドの上で暇な人にさらに時間をつぶしてもらうために楽しみを与えることができます。

今の時代はスマートフォンでゲームを楽しんでいる方が大変多く存在していますので変なものを渡すよりもむしろ大きく喜んでくれたりする場合がありますので一つの選択肢として、Apple Storeギフトカードを渡してあげるのも良いと思います。

️お見舞いにNGなお土産

ここまではお見舞いにおすすめの手土産についてご紹介してきましたが、ここからはお見舞いをするにあたって基本的にNGとされているお土産についてご紹介します。

お土産の中には喜ばしいものもあれば嬉しがってもらえないものもあったりしますので始めて病院にお見舞いに行く方は必ず注意事項を確認した上で贈り物を選択するようにしてください。

せっかく喜んでもらおうと思って試行錯誤して選んだものがNGだった場合はとても悲しくなってしまいますので失敗しないために事前に確認して失敗することを防ぎましょう。

匂いが強い花

お見舞いにタブーとされているお土産は匂いが強い花です。

これは先ほどお花の項目でもご紹介しましたが、匂いが強いと病室に匂いが広がってしまう可能性がありますので、NGです。

周りの方に迷惑になる可能性もあったりしますので、お花がどうしても選びたい方は確認する必要があります。

そのほか、シクラメン、ユリの花、アジサイ、赤い花、菊、椿などはすべてNGです。

鉢植え

お見舞いにタブーとされているお土産として鉢植えが存在します。

なぜ鉢植えを持っていくのがダメなのかと言いますと、鉢植えを持ってくることによって植木鉢の花が根付くというイメージが寝付くという言葉を連想させてしまうのです。

なので、病院に根付いてください、というような意味合いになってしまうので縁起が悪いのでタブーとされています。

持っていく際には細かい事でも必ず把握してプレゼントは選択する必要がありますので、必ず注意してください。

パジャマ

次にご紹介するお見舞いにタブーとされているお土産はパジャマが存在しています。

ある程度長い期間病院に入院するかにとってはパジャマは必要なものですがなぜパジャマをプレゼントするのがタブーとされているのかと言いますとパジャマを相手にプレゼントするという事は日用品をプレゼントするということになります。

日用品の中でもパジャマは生活をするイメージが強く、そのまま病院で長く生活をするというような印象を与えるような品物になります。

なので、縁起が悪いとされています。

そこまで気にしない方もいるかもしれませんが、むやみにパジャマをプレゼントしていると周りからは咎められたり、悪い気にさせてしまう場合がありますので、注意してください。

目上の人への現金

次にご紹介するお見舞いに食べるとされているお土産は目上の人への現金です。

目上の人に何をプレゼントしたいかわからない末に、最終的にお金を包んで渡しに行ったりする方がいますが、目上の人に対して現金を渡したりするのはタブーです。

食事の席でも目上の人に対しておごったりするような行為が逆に失礼に当たったりするのと同じように、目上の人に対してそのまま現金を渡すのは失礼なので、どうしても何を選んで良いか分からない場合は商品券やカタログギフトなどを送るようにするのが無難です。

️お見舞いのお土産は相手のことをよく考えて!

今回はお見舞いのお土産についてご紹介をしました。

お見舞いでお土産を渡したことがない方からすると新しく知れるようなこともたくさんあったと思います。

お土産と一言に言っても様々なマナーや禁止されているようなことがありますので、早い段階で社会のマナーを知る事はとても良い事です。

お見舞いにいく時には、今回ご紹介した事を思い出して、一番相手に喜んでもらえるような最適なプレゼントを渡せるように工夫してください。

そして、忘れてはいけないのはあなたが心を込めて渡したプレゼントだけではなく、忙しい中脚を運んで自分に会いに来てくれたことが一番のプレゼントであるという事も忘れないでくださいね。

短い時間でも、相手の話に付き合ってあげて、楽しい時間もプレゼントしてあげてください。