皆さんは「キャパシティ」という言葉を日常で使いますか?キャパシティはそのままでももちろん、略して「キャパ」という使い方もしますが、この「キャパシティ」、わかりやすく言うと、「受け入れることができる容量」、簡潔に言えば「限度」という感じです。

受け入れが可能な状態なら「キャパに余裕があります」と言いますし、いっぱいいっぱいの状態なら「キャパがオーバーしています」のように使います。

人だけでなく、建物の容量でも使いますね。

「この部屋はキャパ30人程度です」なら、「30人収容するのが限度」ということになります。

このように、受け入れることができる限度ですから、キャパシティが大きい方がいろんなものをたくさん受け入れることができますよね。

キャパシティが小さいよりも大きい方が何かと便利ですし、大きくできるものなら大きくありたいものです。

️キャパシティが大きいとなんでもこなせる

限度は人によって違うと思いますが、頼みごとをされたときなどに、自分が背負える量が小さいより大きい方が何かと便利ですよね。

人に頼まれたときだけでなく、自分で何かをこなすときにもキャパシティが大きい方が色々とこなすことができます。

大げさに言えば、一回に一つのことしかこなせないより、一回に同時に複数のことをこなせるようになります。

時間は限られていますから、同じ時間内に一つしかこなせないより複数のことをこなせるほうがいいと思いませんか?とはいっても、キャパシティって大きくすることができるのでしょうか?

️キャパシティを大きくする9個の工夫


自分の限度。

決まっているようで、実はそうではありません。

建物の容量などは変えることができませんが、人間のキャパシティは工夫次第で大きくすることができます。

何かを請け負ったときに、少しでもキャパシティを大きくしておけば、効率よくこなすことができますし、多くのことを引き受けることができます。

自分はキャパシティが小さい、一度に多くのことをこなすことができない、と思う人は、少しでもキャパシティが大きくなるように工夫してみてはいかがでしょうか。

キャパシティを大きくする工夫をあげてみますね。

やることをリスト化する

やらなければいけないことが複数あるとき、やみくもに手を付けていては効率が悪くなります。

あれもやらなければ、これもやらなければ、とあたふたしてしまい、いわゆる「キャパオーバー」の状態になってしまいます。

そこでまず、自分がやるべきことをリスト化することを習慣にしてみましょう。

紙に書いてもいいですし、スマホのメモにまとめてもいいです。

今、自分がやらなければいけないことは何なのか。

リストにすることで、やるべきことを改めて確認でき、キャパシティに余裕が生まれます。

そこに順番をつければさらに整理しやすくなります。

やるべきことが目に見える形になると、それだけで自分に余裕が生まれます。

こなす順序も決まればさらに効率がよくなります。

このようにして、キャパシティを大きくすることができるのです。

とりあえず行動する


やることが多い時、「何から始めたらいいんだろう」「どうやって進めていこうか」と、頭で考えることは大事なことです。

しかし、ずっと考えているだけでは物事は進みません。

当たり前ですが、手を付けないと一向に進まないのです。

そこで、じっと考え込むより、まずは行動してみましょう。

あの場所に行って、これをやって、あれをやって・・・と考えてプランを立てることも必要でしょうが、それを考えて難しくするより、行くべき場所へまずは向かいましょう。

目的地に着いたら、そこでまた次にやるべきことをひとつずつこなせばいいわけです。

「効率よくこなすにはどうするべきか」を延々考えるより、とりあえず行動する。

これも、キャパシティを大きくする方法です。

挑戦してみる

筆者もそうですが、「できない」と思っていると本当にできなくなります。

自分には無理だ、絶対できない、と思いながら行動すると、キャパを越えてしまい、「うあー、パニックだぁ」となってしまいます。

(筆者の口癖も「パニック!!」です。

笑)しかし、できないできないと暗示をかけてキャパシティを小さくしてしまうことは得策ではありません。

どうせ暗示をかけるなら、「できる、やれる」と言い聞かせましょう。

そして、まずはやってみることが大事です。

「できるぞ、やれるぞ」と思い込みながら挑戦してみたら、案外想像より簡単にできてしまったりするものです。

「自分には無理だ」「自分のキャパを越えている」と思うのは簡単ですが、これでは本当にキャパシティは小さいままです。

挑戦することで道が開けて、結果的にキャパシティも大きくなります。

考えすぎないで挑戦してみることも大事なことなのです。

もし人に何かを頼まれたとき、「自分には無理だ」と思う癖のある人は、「自分でもできるかもしれない」と思う癖をつけ、なんにでもチャレンジしてみるように自分を変えていきましょう。

少しの無理は頑張る

先ほどの「自分には無理だと思うより、自分ならできると思ってチャレンジする」と通じるものがありますが、少しだけ無理をしてみるのもキャパシティを大きくする方法です。

締め切りが迫っていて、あと3日で仕上げなければいけない仕事を、「あ~もう無理だ、間に合わない~」と決めてしまっては、キャパシティは大きくなりません。

「あと3日か。きびしいけど、絶対に終わらせてみせるぞ!」と意気込んで頑張ると、その頑張りがキャパシティを大きくします。

少しの無理を頑張ってみるというのが大事なのです。

こうして得た、やればできるんだという「経験と自信」から、次も余裕をもって仕事を受けることができますし、「自分はできる」ことを一度学んでいるので、気持ち的な余裕が生まれ、結果、キャパシティが大きい人間になれます。

常に無理をすることはありませんが、ここぞというときに少しだけ無理をして頑張ってみてください。

自分に余裕が生まれるのを実感できると思いますよ。

プレッシャーを味方につける

「絶対に間違ってはいけない」「やらなければ評価が下がる」「失敗したら多くの人に迷惑をかける」・・・こういったプレッシャーは、人間を縮こまらせてしまい、さらに余裕がなくなるような気がしますよね?しかし、これを逆手に取ってみましょう。

「間違わなければ問題ない」「やってしまえば評価が上がる」「成功したら多くの人の役に立てる」・・・このように考えれば、プレッシャーというのも悪いものではないはずです。

プレッシャーは「失敗できないという緊張」から来ますので、マイナスだと考えれば確かにマイナスです。

しかし、考え方次第でプラスになるのです。

「成功すればきっと自分のためになる」と思うことで、プレッシャーを前向きにとらえることができます。

プレッシャーに打ち勝つことができれば、「自分はプレッシャーをプレッシャーと感じない」ととらえることができて、それがキャパシティを大きくしていきます。

いつもプレッシャーに負けてキャパを越えてしまう人は、プレッシャーを味方にするという風に考え方を変えていきましょう。

簡単なことではありませんが、これができるようになれば必ずキャパシティは大きくなっていきます。

プレッシャーは自分にとってプラスなんだ。

そう考えるように意識してみてください。

理解しようとする

これもありがちなのですが、やるべきことを理解しないままで行動していると、やはりパニックになり、「キャパオーバー」の状態になってしまいます。

自分が何をすればいいのか、どう行動すればいいのかをしっかり理解することが、余裕を産みますし、キャパシティを大きくすることにつながります。

たとえば、人に何かを頼まれたときに、言われたことをぼんやりとしか理解せずに取り掛かると、当然ですが何をするべきかがぼんやりとしかわかりませんので効率も悪く、キャパも小さくなりますよね。

これを続けていては、いつまでも終わりが見えず、ずるずると行動する羽目になります。

こういった効率の悪い状態も、やり方を変えれば早く終わらせることができ、キャパシティの拡大につながっていきます。

相手が言ったことを何となくではなくきちんと聞き、内容を理解して、自分がやらなければいけないことは何なのかをピンポイントで理解すれば、効率よく仕事ができます。

効率が良くなれば、、やれることも増え、余裕ができます。

そうすれば、今まではぎりぎりだと思っていたことも、余裕をもってこなせるようになり、自分のキャパが広がったと実感できるでしょう。

何かを頼まれるごとに「自分のキャパシティでは難しいなぁ」と感じる人は、人が言ったことをしっかり理解するように意識してみてください。

笑顔でいる

笑顔とキャパシティが関係あるのかと思う人もいるかと思いますが、笑顔でいるというのは意外にも余裕を産むのです。

キャパシティが大きいな、あの人はいつも余裕があるな、という人は、苦しそうな顔やつらそうな顔はしていないと思います。

余裕があるからこそ笑みが出ますし、キャパシティにも無理がないので笑顔でいられます。

ということは、自分はキャパシティが小さいと思う人は、作り笑顔でもいいので、笑顔を意識してみてはいかがでしょうか。

余裕のある人をまねて笑顔でいることが、あなたのキャパシティを大きくすることにつながります。

気持ちから余裕を持つように意識していれば、少しずつ本当に余裕が出て、自然と自分のキャパシティを広げることになるのです。

どうやってキャパシティを大きくしたらいいかわからない人は、常に笑顔を心がけてみてください。

睡眠時間の確保

人間、人生の3分の1は睡眠に費やすと言われています(1日8時間眠った場合)。

徹夜で仕事をしたことがある方もいると思いますが、睡眠が充分にとれていないときは、体はしんどいと思います。

当然頭の回転も悪くなりますよね。

徹夜で仕事を終わらせても、期限に間に合っただけで内容が万全とは限りません。

人間にとって、睡眠はなくてはならないものなのです。

そして睡眠も、キャパシティに関係してきます。

充分に睡眠をとって体も頭も休まっている状態でいるのと、睡眠がとれずに体や頭が疲れた状態なのでは、どちらが質のいい仕事ができるかは考えるまでもありません。

そして、体や頭が万全の状態ということは、受け入れられる仕事の容量も増え、それはつまりキャパシティが大きくなった状態と言えます。

ろくに休みが取れないまま仕事をしようとしても体は悲鳴をあげます。

そして結局パンク状態になり、キャパオーバーになってしまいます。

そう考えると、充分な睡眠時間を確保することは、やはりキャパシティを大きくする効果があると言えるでしょう。

どうもスムーズに仕事ができない、いつもキャパを越えてしまう、という人は、自分は充分に睡眠時間がとれているか考えてみてください。

睡眠が足りず余裕が持てない人は、充分な睡眠時間を確保することから始めてみましょう。

栄養のあるものを食べる

睡眠もそうですが、体や頭を充分に使うには、食事などで体に充分な栄養を蓄えている必要があります。

時間がないから何も食べない。

仕事の片手間に栄養ドリンクしか飲まない。

これでは体がきちんと働けるはずもなく、効率が悪くなり、キャパシティを小さくしてしまうのは当然です。

朝ご飯をきちんと食べないと体は動かないとよく言いますが、体や頭を目覚めさせ、やる気スイッチを入れるには朝食は欠かしてはいけないのです。

朝食だけではありません。

日頃から栄養のあるものを食べるように意識し、体力や思考力が衰えないように備えておくことは、キャパシティを大きくすることにつながると言っていいでしょう。

食に気を遣わず適当に食べてしまっている人は、どんなにキャパを広げようとしても、普段から栄養のある食事をしている人にはかなわないでしょう。

仕事の効率をあげたい、スムーズに行動したい、でもうまくいかない。

そんな人は、自分の食事を見直してみるのがいいでしょう。

できるだけ栄養のあるものを食べるように意識して、仕事などの効率を上げるようにしていけたらいいですね。

️キャパシティとは?

キャパシティとは、冒頭にも書いたように「受け入れることができる容量」、または「限度」を指します。

英語ではCapacityと表記します。

キャパシティを詳しく掘り下げると、たとえばですが、個人や会社、団体が持つ能力で請け負える量を指します。

これは人だけでなくパソコンなどにも用いることがありますね。

入り切る容量、受け入れることのできる数や量で、データなどがパンパンで動かなくなったパソコンを「このパソコンのキャパを超えている」のように表現します。

人も同じで、「自分のキャパシティではこの仕事はこなせません」「このプロジェクトをこなすキャパは持っている」のように使います。

もっと詳しく、わかりやすく説明していきましょう。

能力

先ほども書いたように、キャパシティは、個人や会社がこなせる容量、つまり「能力」を表す言葉でもあります。

大きな仕事を誰に任せるかを考えたときに、「彼のキャパシティならこの仕事も大丈夫です」と、能力を評価するときに使えます。

逆に「彼のキャパシティではこれは難しいでしょう」のように、限界を超えている場合にも使います。

会社が「わが社はこのような大きな仕事を請け負えるキャパシティを持っておりません」と、ビジネスで使うこともあるでしょう。

「あの会社のキャパなら、任せても安心です」と言われたら、能力を認めてもらえていることになりますね。

スポーツなどの場面でも使います。

「彼にこのポジションはキャパオーバーになるのではないでしょうか」と、やはり能力を表現するときに使いますね。

このように、人や会社などの能力を表現するのに「キャパシティ」を使います。

能力にも似ていますが、受け入れ可能かどうかの器という意味にも使います。

単に容量を表す「このパソコンは、データ容量のキャパシティを超えてしまっているので、動きません」のように使うこともありますね。

「彼にはこの人を支えるキャパが備わっていません」と言えば、人の器のことを指し、受け入れられる容量のことを言っています。

人の器に用いるのはなかなかないかもしれませんが、容器にものを入れたときにあふれてしまわないかどうか、を想像したらいいかもしれません。

許容範囲

キャパシティは「許容範囲」という意味合いも持っています。

保持できる範囲、受け入れることができる範囲、もしくは、取り込むことができる範囲、という意味ですね。

上の「器」と似ていますが、「これだけの量なら受け入れられます、といった意味です。

建物の中に収容できる人数なども、キャパシティで表現されます。

「この会場のキャパシティは30人です」のような使い方です。

人にも同じように使います。

「この講師が抱えることができるキャパは10名ほどです」といった感じです。

もちろんビジネスの場でも多く使います。

「自分のキャパシティではこの仕事は3日ないと処理できません」「これだけの仕事をこなすキャパは持っています」のように使います。

自分が受け入れることができる範囲をキャパシティ、大体は略してキャパという人が多いと思いますが、普段からキャパシティという言葉が頻繁に使われていることがわかりますね。

️キャパシティを超えるとキャパオーバーに!

キャパシティの意味は分かってもらえましたか?この「抱えきれる範囲」という意味のキャパシティ、抱えきれなくなるとキャパシティを超える、つまり「キャパオーバー」の状態になってしまいます。

キャパシティを超える、「キャパオーバー」になってしまうと、いったいどうなってしまうのでしょうか。

思考が停止する

自分が抱えきれる容量を超えてしまうと、考える力が働かなくなり、思考が停止します。

考えながら進まなければいけないことも一切考えられなくなるので、当然ですが仕事もストップしてしまいます。

いっぱいいっぱいの状態で何とかこなしていても、やはり自分の限界以上のものを抱えてしまうと、人間は正常に考えることができなくなってしまうのですね。

時間がないのに何にも頭に浮かんでこない・・・。

こうなってしまっては後の祭り。

自分が受け入れられる容量を把握して、受け入れられないと思うものは最初に断ることも必要ですね。

悩み事でもそうです。

悩んで悩んで、それでも答えが出ないときは、もう考えることができなくなってしまいます。

悩み事が解決しないだけでなく、考えることができなという新たな悩みも抱えてしまうことになってしまっては解決できるものもできません。

自分で抱えきれない悩みは、人に少し手伝ってもらうほうがいいですね。

何も手につかなくなる

キャパシティが小さい状態で何かを行おうとすれば、当然キャパオーバーになってしまいます。

それでも何とかしようと思うのが普通ですが、いくらうまくやろうとしても、許容範囲を超えてしまっているのですから、うまくいくはずがありません。

どれからやろうか、どうすればうまくいくのか、いろいろ考えるでしょうが、実際にはオーバーしているので、自分ではどうやってもこなすことができません。

そうすると、何をしたらいいかわからなくなって、最後は何も手につかなくなってしまいます。

落ち着いて順番通りにやればなんとかなることも、キャパオーバーの状態では、それに気づくことができません。

余裕がなくなるのですね。

こうなってしまっては、どう動けばいいのか自分ではわからなくなります。

自分だけがかかわっていることなら仕方ないで済みますが、仕事の場面で「何も手につきません」では困ってしまいますよね。

周りに迷惑をかけてしまう可能性があるのがキャパオーバーの状態です。

何も手につかなくなってしまわないように、日ごろから自分のキャパを知っておく必要がありますね。

周りが見えなくなる

数人のグループでプロジェクトを進める時などに、自分だけがキャパオーバーしてしまうと、周りとずれが生じてきます。

キャパシティは人それぞれなので、できることとできないことがあっても当然なのですが、「自分だけキャパオーバーだ」と思ってしまうと、その時点で周りが見えなくなってしまいます。

グループで行っているのに足並みがそろわないと、周りも混乱してしまいます。

混乱している理由が自分のキャパオーバーのせいだと気づければまだいいのですが、キャパオーバーの時は、そんなことにも気づくことができません。

一切周りが見えなくなると、周りまで巻き込んでしまうのです。

結果的にプロジェクトから外されるかもしれませんし、この先も大きな仕事は任せてもらえないかもしれません。

キャパシティを超えることは初めから受けないことも一つの方法ですね。

質が低下する

キャパシティが小さいなりに頑張ることも大事ですが、もし自分が抱えきれる容量を超えてキャパオーバーになってしまうと、「何とか終わらせること」だけに集中してしまい、内容はずさんなものになってしまう可能性が高いです。

形だけは終わらせたとしても、質は残念ながらイマイチということにもなりかねません。

キャパオーバーしてしまって内容が悪くなってしまっては、仕事を終えた意味がありませんよね。

そうなると「この人に頼んでも内容がちょっと・・・」と思われてしまい、信頼もされなくなってしまいます。

早く、期日内に終わらせることだけに目がいって、質は二の次ではいけません。

自分のキャパを超えてしまったときに、仕事が雑にならないようにするのは難しいです。

自分が対応できる分だけ請け負うか、キャパシティを大きくするしか方法はありません。

中途半端になる

自分のキャパシティを超えないように、と思いながら仕事をしていると、ここは無理をしてはいけない、ここはこれくらいでいいかな、と仕事が雑になってしまう危険があります。

そう考えている時点で、それはすでにキャパオーバーしているのですが、どうにかこなそう、ということだけに集中して、すべてが中途半端になってしまっては意味がありません。

キャパを超えてしまうと、大事なところで手が回らなくなり、中途半端になるのです。

内容だけではありません。

仕事自体も結局間に合わせることができずに、行動したことも中途半端で終わってしまう可能性があります。

頑張っても、中途半端になってしまっては頑張った意味がありません。

キャパオーバーしてしまうというのはこういった危険もはらんでいます。

️キャパシティを大きくするメリットは?

キャパシティを大きくする方法を上に挙げましたが、大きくすることのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?キャパシティを大きくするといいことだらけですので、どんなメリットがあるかを知って、ぜひキャパを広げましょう。

ゆとりができる

まず、キャパシティが大きくなると、自分にゆとりが生まれます。

焦りながら仕事をしていても一向に効率は上がりませんが、自分に余裕があると、ゆっくり考えながら、順を追ってこなすことができるので、結果的に仕事もスムーズに、時間内に余裕をもって終わらせることができます。

キャパシティを大きくすれば、気持ちに余裕ができ、仕事も余裕をもって取り組め、すべてが効率的に終わります。

仕事だけでなくいろんな場面で余裕というのは大事なので、キャパを大きくするのは大事だとわかりますね。

同時にたくさんの仕事をこなせる

キャパシティが小さいと、仕事も1個1個順番にこなすしかありませんが、キャパシティが大きければ、同時に複数の仕事をこなすことができます。

同じ時間内に、1個の仕事しかできない人物より、いくつもの仕事ができる人物のほうが重宝されるのは当たり前のことですよね。

できる人だと思ってもらえるメリットがあります。

また、同じ量だけ仕事を任されたとしても、キャパシティが小さい人間より大きい人間のほうが早く仕事をこなすことが可能です。

ということは、仕事を早く終わらせ、自分の時間を作ることもできます。

キャパシティが大きければ、仕事に時間を割かれることが少なくなり、自分も自由な時間を多く持てるということです。

毎日毎日仕事に追われて自分の時間がない人も、キャパシティが大きくなれば、自分の時間を持てるようになります。

なかなか同時にいくつも仕事をこなすのが難しい人は、キャパシティを大きくするといいのではないでしょうか。

効率的になる

先ほどの「仕事を複数同時にこなせる」につながりますが、一時間に一つしか仕事をこなせない人に比べ、一時間にいくつも仕事がこなせると、当然ですが効率がよくなります。

今日中に終わらせなければいけない仕事が10個あったとして、一時間に1個ずつこなしていてはとても間に合わないと思うものでも、キャパシティが大きければ同時にこなすことができ、余裕で当日に終わらせることができます。

こういった仕事ができていれば、日ごろから効率的になります。

自分も余裕をもって仕事ができ、期日も問題なくこなせるということは、プラスしかありません。

何をするにも効率的なことはマイナスにはならないので、普段から物事が効率的に行えないと思う人も、キャパシティを大きくすることで解決するかもしれません。

信頼される

仕事を任せるときに、「この人に任せて間に合うだろうか、不安だなぁ」と思う人には仕事を任せようとは思いません。

「この人ならパパっとこなしてくれて、内容も満足なものにしてくれるだろう」と思う人に任せようと思うのは当たりまえのことです。

つまり、信頼されるということです。

この人なら大丈夫、と思ってもらえることは、仕事において、また普段の生活においても大事なこと。

普段から仕事を効率的にこなし、余裕のある人は、こういう場面でも頼りにされ、信頼につながっていくということなのです。

効率が悪く、できない人と思われるのも嫌ですが、ずっと信頼を得られないのも嫌ですよね。

人の信頼を得るためにも、キャパシティを大きくするのは大事なことになります。

自信を持てる

「自分にこれがこなせるだろうか」「今日も思うように仕事ができなかった」「まだまだやり残しが多くて終わりが見えない」・・・このように、キャパシティが小さいせいで毎日思うように物事をこなせない人は、少なからず自信を失っていきます。

他の人は同じ時間内にたくさんこなせることが、どうして自分にはできないのだろう、と感じるのは、大きなストレスにもなります。

仕事ができないと思われたり、信頼を得ることができなかったり、キャパシティが小さいことでマイナスなイメージを持たれることはできれば避けたいですよね。

でも、キャパシティを大きくする工夫をすれば、仕事も効率よくこなせるようになり、周りからの信頼も得るようになり、結果的に「自分でもやれるじゃないか」と自信を持つことができます。

職場で信頼されることも大事ですが、仕事だけでなく、生活の中でも、自信を持つことは大事なこと。

キャパシティを大きくして、自分に自信が持てるようになるといいですね。

️キャパシティを大きくして良い大人になろう!

いかがでしたか?キャパシティを大きくするメリット、そして、キャパシティを大きくするための工夫をあげてみました。

生活していくうえではもちろん、仕事などでもキャパシティが大きいにこしたことはありません。

自分にも余裕が生まれ、仕事もスムーズに行えるのですから、キャパシティを大きくすることはいいことだらけです。

いつも自分は追い込まれてしまって中途半端に終わってしまう、という人は、キャパシティを大きくすることをお勧めします。

参考になれば幸いです。