「年下の彼女」「年上の彼氏」は、学生同士の恋愛であれば当たり前に見られますが、

社会に出てある程度の年齢になってから年下の彼女をゲットすると、周囲の同性から羨ましがられることも多いですよね。

男性から見て「羨ましい」と感じるほど、年下彼女の魅力というのは強いものです。

では具体的にどんな魅力があるのか、そして長く年下の彼女と付き合っていくためにはどんな注意が必要かについてご紹介していきます。

年下彼女はお好きですか?

年の若い男性であれば、「年上の女性が好き」という人も多いでしょう。

しかし、ある程度の年齢になると、「年下の女性が好き」という男性も増えてきます。

そしてまた、男性の年齢層が高くなればなるほど、「年下の彼女」を手に入れることが困難になってきます。

それゆえに、実際に年下彼女をゲットすると周囲の同性からは尊敬の目で見られることも多いのです。

では年下彼女とは、一体どんな魅力に満ち溢れているのでしょうか。

年下彼女は男性にとって憧れ

男性の年齢層が高くなるほどに、年下の彼女を手に入れるチャンスは一般的に難しくなってきます。

それは年齢差にもよりますが、ある程度年齢が離れてくると、そもそも年下の女性との出会いの機会が減ってしまうからです。

また、例え出会えてもそこから恋愛に発展させるまでが難しいのです。

ただお金を出すだけでは、どんな女性も靡きません。

ある程度価値観や趣味が合ったり、相手が自分を「魅力的な男性」だと意識してくれなければ、決して先へは進めません。

年齢差が大きいと、いわゆる「ジェネレーションギャップ」の分厚い壁も立ちはだかります。

それらを乗り越えた上でお付き合いが出来れば、当然周囲の同性からは尊敬や羨望の眼差しで見られます。

年下彼女は年上男性にとっては、言わば「高嶺の花」で、憧れの存在なのです。

女性にとっても年上男性はステータス

年下彼女に憧れる男性がいるように、年上の彼氏に憧れる女性ももちろんいます。

例えば高校生の女の子からすれば、「彼氏が大学生」と聞くと、なんとなく憧れや羨望の感情を抱くことがあるでしょう。

また大学生や社会人になりたての女性の場合には、ある程度年齢が離れた男性は経済的にも精神面でも頼りになる部分が多いため、

年上男性と付き合うことをステータスと考えている人も少なくはないでしょう。

このように、何も男性ばかりが年下の女性と付き合いたいと考えているわけではなく、女性もまた、年上の男性を彼氏に求める場合が多いのです。

それが分かると、年下の彼女を手に入れることは、男性にとってそれほど困難なことではないように思えます。

年下彼女の8個の魅力

男性にとって、年下の彼女にはどんな魅力があるのでしょうか。

フレッシュな若さや、すべすべできめ細かな美しい肌はもちろんですが、年下の女性ならではのキュートな内面も魅力的です。

では年下彼女に特有の、可愛らしい面とはどんなところでしょうか。

1、子どもっぽくて可愛い


女性は男性よりも精神年齢が年上、なんて話はよく聞きますよね。

しかしそれも、子どもの頃や同年代にとっての話。

年の差が開いてしまえば、男性にとって年下の彼女は子どもっぽくて可愛らしい存在です。

自分よりも年下のため、知らないことが多かったり、反応が初々しくて「ああ、可愛いなぁ」なんて思わず頬が下がってしまいますよね。

仕事で同僚の女性と電話しているのを聞いて、「今の人だれ?」なんて嫉妬したり、

喧嘩して彼女が機嫌を損ねても、怒る姿まで男性の目にはつい可愛らしく映ってしまうものです。

とはいえ、なんでも可愛いかわいいと思って接していると、彼女は「子ども扱いされている」と不快に感じてしまうことがあります。

また、本気で怒っている時や、真剣に話を聞いてほしい時にも子ども扱いは嫌がりますので、注意が必要です。

自分の方が大人なので広い心で接する

もしも彼女と口喧嘩になってしまった時は・・あなたの方が年上なので、譲ってあげることも大切です。

彼女の言い分を理不尽だと感じても、ある程度は許してあげ、広い心で接しましょう。

いくら年下の彼女とはいえ、相手も二十歳を超えていれば、ある程度善悪の価値観や、本当はどちらが悪いのかを分かっているはずです。

ただあなたよりも子どもっぽいため、剥きになって自分の非を認めなかったり、理不尽な八つ当たりをしてくることがあります。

そんな時にこそ、あなたが大人の男性としての余裕を見せてあげると、「この人は心が広い人だな」と彼女からの信頼も一層深まります。

口喧嘩や揉め事など、一時のものに過ぎません。

それに一々目くじらを立てているようでは、彼女はあなたのことを「年上なのに器の小さい男」と感じ、離れていってしまうかもしれません。

2、甘え上手で可愛い

ある程度年齢や経験を積んだ女性だと、人に甘えることに抵抗が出来てしまうことが多いです。

特に男性に対して甘えることは、「男に甘えるなんて自分のプライドが許さない」と感じる女性もいます。

また、自分の年齢を気にして「この年で男性に甘えるなんて恥ずかしいしみっともない」と思う女性もいます。

しかしまだ年若い女性の場合には、良い意味であまり遠慮をせず、どんどん年上の彼氏に甘えることが出来ます。

女性の中には自分の若さや魅力を分かっていて、その上で甘えておねだりをする女性もいますが、それが彼女ともなれば、男性から見ると可愛いくて仕方がないものです。

無自覚であろうとなかろうと、年下の彼女は年上の彼氏には甘えやすいものですし、またその甘えも彼氏にはたまらない魅力の一つなのです。

冗談ぽい甘え方でも可愛く感じられる

年下の彼女の場合、甘え方もやはり可愛らしいものです。

例えその内容がとんでもないものでも、冗談ぽく言われると、何だかんだと男性は可愛らしく感じてしまうものなのです。

「このバッグ欲しいなぁ。100万円!・・なーんて、冗談だよ!」や、

「あのお店行きたいなぁ。え?服装が合わない?分かってるよも~、ただの冗談!」など、

可愛らしい笑顔と共に言われると、内容が何であれ言われた男性は「仕方ないなぁ」なんて、思わずにやけてしまいます。

また、人込みでワザと腕をぎゅっと組んできたり、はしゃいだりと、冗談っぽく甘える仕草にもきゅんとしてしまいますよね。

3、”年下”自体がスタータス


「年下の彼女がいる」ということは、世の男性たちにとってはステータスでもあります。

それは女性でいえば、「年上の彼氏がいる」と同じレベルです。

同年代や年上の女性と付き合っているということは、ごくありふれたこことのように思えます。

しかしそれが「年下」となると、不思議なことに一気に価値が上がるのです。

恋人同士にランクも何もありませんが、世の中の考え方として、ある程度の年齢になってから年下の彼女が出来ることが、「すごい」ことだとされています。

それは、一般的にはある程度の年齢の男性が、年下の女性と出会える機会自体が少ないことと、

その少ない機会を活かして見事に恋人として手に入れることが出来たという二つの事柄によって考えられているのです。

男性はただでさえ、一定の年齢になると女性との年の差を気にして、恋愛にもネガティブになりがちです。

しかしそれをものともせずに飛び越えていく男性は、同じ男性から見ても尊敬と羨望の対象となるのです。

それが分かると、年下の彼女を持っている男性が、どこか自信ありげな態度なのも頷けますよね。

周囲から魅力を持っていると思われる

ただでさえ年の差があるのに、それを気にせずに女性も男性に惚れて付き合っているという事実は、

二人が何も言わなくてもつまりはそれだけその男性に魅力があるのだろうと周りには思われやすいです。

男性からも女性からも、その男性が経済的にも、人柄も、もしくは性的にも何か魅力があるのかと想像されます。

同性からは妬みの感情を向けられることもあるでしょうが、

少なくとも他の女性たちには、その男性が何かとても魅力的なものも持っているのだろうと好感を覚えられます。

そしてそれは、男性が意識せずとも、その男性の評価アップにも繋がります。

4、自分が知らない事を教えてくれる


年下の彼女とは、年の差があればあるほどにジェネレーションギャップもあります。

好きなアーティストや趣味の話、流行に関してなど、彼女とあなたにはさまざまな物の考え方や価値観の差があることでしょう。

大抵の男性は、そのジェネレーションギャップをネガティブに捉えます。

時には「彼女の考え方にはついていけない」と感じることもあるでしょう。

しかし、その違いは悪いばかりではありません。

彼女はあなたよりも年が若い分、あなたが知らない多くのことを知っています。

あなたがもっと若かった頃にはなかったものを彼女は詳しく知っていたり、あなたよりも器用に使いこなしたりしています。

仕事の常識や人生の歩み方など、あなたが彼女に教えてあげられることはたくさんあると思います。

しかし、これまであなたが知らなかったことを、彼女もきっと新しくあなたに教えてくれるはずです。

そしてその時には、あなたも素直に教えを請いましょう。

お互いに教え合うことで、より親密な関係になっていけます。

5、自分の意見に素直に同意してくれる

年下の彼女はあなたよりも人生の後輩なので、あなたの意見に素直に同意してくれることが多いです。

年上の女性や同年代の女性では、おかしいと思ったらすぐに指摘してきたり、

「それってちょっとどうなのかしら・・」と不満を口にすることがありますが、年下の女性の場合には、まずそんなことはしないでしょう。

何もかもあなたが正しいとは思っていなかったとしても、ある程度あなたの意見に素直に同意してくれたり、口答えをすることなくあなたを立ててくれます。

あなたが年上で、彼氏である場合には、特に彼女は積極的にあなたに賛同してくれることでしょう。

それはあなたの優越感と自尊心を大いに満足させてくれ、あなたもますます彼女を可愛いと感じることでしょう。

主導権を握りリード出来る

素直にあなたに同意してくれるということは、デートの時などにもあなたが主導権を握りやすいです。

今日のデートプランからディナーのお店まで、あなたがとんでもない提案をしない限りは、彼女はきっと笑顔で頷いてくれることでしょう。

また、夜の営みもあなたが上手にリードしてあげることで、彼女のあなたに対する気持ちはより一層深まることでしょう。

ただし、主導権を握ってリード出来るということは、反対にきちんとリード出来なければ彼女から幻滅されることにも繋がりかねません。

特に年の差がある場合、彼女はあなたが自分を上手にリードしてくれるはずだと考えていることも多いです。

もしもあなたが彼女をエスコートするのに自信がない場合には、デート当日までに友人に聞くなり自分で調べるなどをして、

出来るだけスムーズにリード出来るように予習しておきましょう。

また、主導権を握れるからと言って、なんでもかんでも自分の思う通りにことを進めようとするのも禁物です。

リードはあくまでも、彼女の気持ちを気遣いながら行いましょう。

6、世界を広げてあげる優越感に浸れる


彼女はあなたよりも年下なので、知らないことも当然多いです。

あなたよりも経験が少ないので、あなたが当たり前に行っていることも、初めて知るということもあるでしょう。

例えば時々顔を出すおしゃれなバーであったり、行きつけのお店だったり、また仕事の関係で何度も海外へ足を運んでいたり・・。

あなたが何気なく行ったりやったりしていることも、もしかしたら彼女から見れば「初めて」のことなのかもしれません。

彼女の知らないことをあなたがしてあげた時、彼女はきっと目を輝かせてあなたを見つめるでしょう。

男性は女性から褒められることに優越感を感じやすいです。

それを自分の彼女からされたら、普段よりももっと心地よい優越感に浸れることでしょう。

プライベートに関することでも、仕事に関することでも、彼女が知らないことがあれば、積極的に教えてあげましょう。

とはいえ、彼女があまり関心なさそうなら適当に話を切り上げた方が無難ですし、また自分からべらべらと得意げに話すのも控えましょう。

ただの自慢話と取られてしまうかもしれません。

7、何をしてあげても「すごい」と思ってくれる


年下の彼女は、あなたよりも年が若い分も純粋です。

あなたが日々当たり前に知っていたり、何気なくやっていることを彼女が知らなかった時に、

何度も「すごい」と口にしたり、そう思っているような態度をとることがあります。

少し高めのディナーを食べに行って、彼女が席を外している間に先に会計を済ませておいたり、車に乗る時や道を歩く際にエスコートをしたり。

あなたが女性をリードする上で当然と捉えている行為を、彼女は「すごい」と感じることも多いのです。

特に恋愛においては、女性と同年代の男性や年下の男の子がやったらキザでわざとらしいと感じるようなエスコートでも、

年上の男性にされると何だか「紳士的な対応」に思えてしまうものです。

年上ならではの魅力を存分に感じさせますので、恥ずかしがらずに積極的に彼女をリードしてあげましょう。

8、年上として彼女を守ってあげる習慣をつけることで、自分のオトコ力も上がる


彼女が年下の場合、普段よりもあれこれと世話を焼いてあげたり、守ってあげる機会も多いでしょう。

彼女の「年上の彼氏」に対するイメージを崩したくなくて、いつも身だしなみに気を遣ったリ、

おしゃれなデートスポットの情報収集に勤しんだりと、何かと恋愛に関してまめになることも多いと思います。

しかし、何だかんだとそれを習慣的に行っていることで、結果的にあなた自身のオトコ力もいつの間にかアップしているのです。

オトコ力が上がれば、彼女からはもちろん、他の女性からの評価もアップします。

男たるもの、一人でも多くの女性から魅力的に思われると、嬉しいものですよね。

仮に今の恋がこの先ダメになってしまった場合にも、身についたオトコ力は必ず次の恋でも役に立ちますので、日々オトコ磨きに励みましょう。

彼女と長く付き合うための注意点


年下の彼女は可愛くて魅力的で、また年下の彼女を持つことは男性にとってステータスでもあります。

しかし、いくら相手も自分に惚れてくれて付き合っているとはいえ、どんな些細なことがきっかけで別れに至ってしまうかは誰にも予期できません。

さらにはただでさえ年の差があるので、同年代のカップルに比べると、意見や価値観の違いといったジェネレーションギャップが原因で別れてしまうことも少なくはないようです。

折角付き合えたのなら、出来るだけ長く一緒に過ごしたいのがお互いの望みのはず。

ではどうすれば、長く付き合っていけるのでしょうか。

いくつかのポイントをご紹介していきます。

大人の包容力を醸し出す

女性は男性に比べると、感情的で弱い存在です。

母親になると子どもを守るためにたくましくなる姿も見られますが、

女性としての本心は、やはり男性には頼りたいですし、甘えたい、そして守ってもらいたいと口には出さずとも感じているはずです。

そんな女性の頼りない部分を曝け出させて守ってあげるのは、その女性を求める男性の役目でもあります。

年下の彼女の場合、年上や同年代の彼女よりもさらに弱くて、年上の彼氏に甘えたい気持ちが強いです。

相手が年上というだけでも、無条件に頼ってしまうところがあります。

もしもあなたがそんな彼女を可愛らしいと感じているのなら、きっと積極的に彼女を守ってあげることでしょう。

しかしそれが何度も続くと、少々面倒に思うことがあるかもしれません。

女性は男性が思う以上に相手の心の変化に敏感です。

彼女はあなたが自分を面倒に感じていると思ったら、そこから安定した関係に亀裂が入ってしまうかもしれません。

あなたがもしも彼女とずっと付き合っていきたいと考えているのなら、彼女に対して少々面倒に感じることがあっても、そこは大人の包容力で意見を譲ったり、守ってあげましょう。

彼女はあなたの包容力を信頼して、わがままを言ったりするのです。

それも彼女からの愛情表現だと思って、大人の対応をしてあげましょう。

本音と建前を見極める事が大事

あなたが年下の彼女と付き合っていく上で、彼女の本音と建前を上手に見極めてあげることが出来なければ、

彼女は「この人は自分のことを理解してくれていない」と思い、関係がぎくしゃくしてしまう可能性があります。

例えば何かをする時に、「あれはいい、これは嫌」とはっきりとモノを言ってくれる彼女の場合は比較的助かりますが、

恥ずかしがり屋だったり、人に甘えることが苦手な彼女の場合には、本音を隠して建前で発言することがあります。

そのため、「この子はあまりはっきりと意見が言えないな」とあなたが感じた時には、彼女の視線の動きや表情などから、彼女の本音を探り出しましょう。

また、何気ないシーンでははっきりモノを言えても、恋人同士の甘い時間には素直になれない女性もいます。

日常的に彼女の様子を観察して、彼女が本音では何を求めているのかをきちんと汲み取ってあげられるようになりましょう。

スマートに彼女の望むことをしてあげられれば、彼女は一層あなたに魅力を感じるはずです。

年下だからと子ども扱いし過ぎない


いくら年下の彼女だからといえ、相手は心身ともに成熟した立派な女性です。

その女性に対してあまり子ども扱いをし過ぎると、当然相手は気分を害してしまいます。

また、女性が嫉妬したり、怒ったりしている時に「はいはい」と適当に頭を撫でて宥めるような真似をしてしまうと、女性は「本気で聞いていない!」とますます不機嫌になってしまいます。

年下の彼女ならではの「可愛さ」を存分に感じながらも、接する時にはきちんと大人の女性として扱いましょう。

未熟に思えても1人の女性として扱う

あなたよりも年下の彼女は、当然あなたよりも知らないことが多くあります。

それを「無知だなぁ」と思っていると、感情に敏感な女性はそれを鋭く察知し、あなたに「小馬鹿にされている」と感じてしまいます。

年下の彼女があなたよりも出来ない、分からないことがあるのは当然のことです。

あなたから見れば未熟な女性に思えてしまうことがあるかもしれませんが、そこは敢えて指摘せずに、接する時にはきちんと一人の女性として扱いましょう。

デートの際に丁寧にエスコートをするように、普段一緒に過ごす時にも女性扱いをおざなりにしないよう心がけましょう。

ジェネレーションギャップは楽しむ

年の差カップルに最も多い問題が、「ジェネレーションギャップ」です。

それを一々ネガティブに気にしているようなカップルは、はっきり言って長続きしません。

例え年の差があっても長続きするには、そのギャップをお互いに楽しむことが秘訣です。

もしもあなたと彼女との間で、流行や好きなもので年代の差がある場合には、出来るだけ彼女の方に合わせてあげる努力をしましょう。

何も全て最近の流行りに合わせろというわけではありません。

彼女が好きなものや関心のあるものに焦点を絞って情報を収集し、彼女と少しでも話を合わせてあげましょう。

彼女も口には出さずともあなたとの年齢差を気にしているはずです。

その上であなたが自分の好みを理解してくれていると感じたならば、きっと彼女はあなたに対する愛情をさらにそこで深めることでしょう。

お互いが歩み寄るのが最も理想ですが、それにはまず、年上であるあなたからの歩み寄りが必要です。

反対に、自分の時代の流行りの話ばかりをしているようでは、彼女に遠からず引かれて「ついていけない」と思われてしまいますのでご注意を。

自分と合わないなんて思わないように!

ジェネレーションギャップは、時に「彼女と自分とでは合わないんじゃあ・・」とネガティブな感情を生みだします。

しかし、年の差があることは彼女と最初に出会っていた時から分かっていたはずです。

その上で彼女を好きになって、また彼女もあなたを好きになってくれたからこそ今の二人の関係があるのです。

そのことを忘れてただ年齢差だけを気にして落ち込むよりは、二人の価値観の違いをいっそ楽しむべきです。

彼女とこの先も一緒に過ごしたいと思っているのなら、いつまでもジェネレーションギャップを気にしていてはいけません。

うじうじとした感情を、二人で笑いに変えましょう!

何でもかんでも歳のせいにしない

彼女とのデートの途中で疲れたり、エッチの時に元気がなくなったり・・・さまざまな場面で、思わぬ悩みに直面することがあります。

しかし、それを何でもかんでも歳のせいにしてはいけません。

一度「歳だからなぁ・・」と年齢のせいにしてしまうと、この先何で躓いても全て原因を歳のせいにしてしまいます。

そしてそんなネガティブな発言を、彼女がいつまでも優しく笑って否定してくれるわけではありません。

自ら「歳だ歳だ」という男性に、魅力などそう長いこと感じるものではありません。

あなたが彼女よりも年上で、年齢差があることはもうどうしようもないことです。

仮に体力の差を感じても、極力彼女の前ではそれを口に出さないようにしましょう。

彼女に気を遣わせてしまう

体力の差はどうしようもないものですが、一緒にデートをしている最中にあなたがへばってしまうようなことが多いと、

彼女はそれ以降あなたに気を遣ってしまいます。

例えば遊園地でのデートであなたが疲れていると感じたら、彼女は次から遊園地にあなたを誘わなくなることでしょう。

また、ショッピング中にやたらとあなたが休憩を申し出ると、あなたは次のデートから、買い物の時間を短くするでしょう。

優しい彼女であればあるほどに、あなたのことを気遣ってなるべくあなたが疲れないようなデートプランを提案してきます。

しかし、それは彼女が本来したいと思っているデート内容ではないのでしょう。

もし毎回あなたに気を遣っているのだとしたら、この先いつ彼女が面倒くさいと感じてしまうかも分かりませんよね。

彼女のためにも、日頃からある程度体作りをするなり、流行りの情報収集をするなり影の努力を試みましょう。

それが出来る人と出来ない人とで、関係が長引けるかどうかも変わってきます。

都合の良い男にならないように

年下の彼女が可愛いからといって、何でもかんでも彼女の望むものをただ買い与えたり、

彼女のわがままを聞いてあげ続けるのも良くはありません。

無理をしてでもすべてを叶え続けてしまうと、最初は純粋に好きという感情しかなかった彼女も、

その内「彼は便利な人、都合の良い人だ」と感じるようになってしまうかもしれません。

そして、そう思われたが最後、あなたは彼女にとっては大好きな彼氏というよりも、ただのあしながおじさんのような存在になってしまいます。

女性は好きな男性に、ただ「甘やかされたい」と思っているわけではありません。

男性も女性も、「これをしたら嫌われてしまうかな」「こうしたらもっと好きになってもらえるかな」と自分が相手に相応しくあろうと釣り合う努力をするものです。

ただただ自分の言うことをすべて聞いてくれるような相手だと、いずれ慣れてしまいます。

必要な時には厳しい態度で接することも必要です。

普段は年下ゆえに、彼女が無知や未熟なところが多くても、それを「可愛い」と思うかもしれません。

しかし「彼女のためにもこれは必要だ」と自分が感じた時には、遠慮せずに彼女に対して毅然とした態度を取りましょう。

年上男性としての魅力を保つためにも、何でもかんでも彼女の都合に合わせたり、彼女のために媚びるような行動はしないよう心がけましょう。

「どうしてこんなこと出来ないの?」なんて思わないように

あなたよりも年下の女性は、当然あなたよりも知識がなかったり、さまざまな場面で未熟なところがあります。

それをあなたがもし「出来て当然だ」と思っていたら、彼女が出来ていないことがあるたびに「どうしてこんなことも出来ないの?」と感じてしまうでしょう。

そしてそれは苛立ちとなってあなたの顔や言動に表れてしまい、彼女もそれを察することでしょう。

大切なのは、彼女が「何も出来ない」ではなく、「出来ないことがある」と理解してあげることです。

例えれば、会社の上司が新入社員を育てるようなものです。

新入社員はいろんなことが出来なくて当たり前です。

しかし、本人に学ぶ姿勢が見られれば、上司も快くあれこれと教えてあげようとするでしょう。

年下の彼女に対しても、それと同じように接しましょう。

自分よりも未熟で当たり前の存在なのですから、あらゆることを「出来て当然」と思うのではなく、彼女が知らない・分からないからこそ一から教えてあげるつもりで穏やかに接しましょう。

コミュニケーションを多くとる事が関係を長続きさせる秘訣


年の差カップルの多くは、自分たちの年齢の差を気にしています。

だからこそ、お互いのジェネレーションギャップを埋めるべく、積極的にコミュニケーションを取り合っています。

それが上手に出来ているカップルは関係が長続きしていますが、

一方で、互いに求めるばかりで譲り合いや相互理解の足りないカップルは、遅かれ早かれ別れを迎えてしまいます。

年下の女性は甘え上手ですが、女性によっては年上の彼氏にすべてを頼り切ってしまうところがあります。

また、年上の男性は年下の彼女が可愛いからこそ甘やかすだけになってしまったり、反対に自分よりも未熟なところを責めたりします。

お互いがお互いを気遣って寄り添い合うのが理想ですが、現実はそう上手くはいきません。

それならば、まずは年上のあなたから彼女に歩み寄ってあげるのが「大人の男性」としての魅力の一つです。

彼女がもしも自分の意見を言えないような恥ずかしがり屋ならば、何が言いたいかを察してスマートな対応を取ってあげましょう。

また、もしも彼女がわがままばかりを言うようであれば、「俺は便利屋じゃないぞ」と時には厳しく叱りましょう。

そうしてたくさん日頃から彼女とコミュニケーションを取ることで、今後もより長く良いお付き合いが出来ることでしょう。