CoCoSiA(ココシア)

社会の窓の意味とは?由来や開いていた時に傷つけずの伝える方法


日常生活の中で私たちは時に恥ずかしい体験をする事があります。

そのひとつに「社会の窓が開いている」ということが挙げられます。

実際に経験がある人もいるのではないでしょうか?

どちらかといえば、これは男性に起こる場合が多いでしょう。

そして、社会の窓が開いているのを発見した場合に伝えるべきか、どう伝えればいいかと悩んでしまう人も多いと思います。

今回はそんな「社会の窓」をテーマにして、社会の窓の由来や、もしも社会の窓が開いていた場合に傷つけずに相手に伝える方法についてご紹介します。

社会の窓とは

今回のテーマである社会の窓は一体何なのかと思う方もいるかもしれません。

比較的年配の方であれば社会の窓という言葉は何を示している言葉なのかある程度理解いただけるかもしれません。

しかしながら比較的若い世代の方にとっては社会の窓と言う言葉があまり聞き慣れない言葉である場合が多いです。

それもそのはず社会の窓と言う言葉は最近流行った言葉ではなく、以前に流行った言葉であるため最近の若い人たちは知らないのが当たり前です。

では一体社会の窓とはどういう事を指し示している言葉なのか、疑問を呈する方も多いと思いますので、まずは社会の窓について協議していく前にこの言葉の意味から理解する必要があります。

社会の窓

たくさんの方が持っている疑問の中で社会の窓と言う言葉がどういう意味をさせているのかそれはズバリ男性のズボンのファスナーのことを指し示している言葉です。

あくまで男性のズボンのファスナーのことを指し示している言葉なので女性に対してはあまり使われない言葉です。

しかしながら女性に対しても用いられている言葉は存在していました。

どういう言葉なのかと言いますと社会の窓に反して、女性は理科の窓という言葉で表現されていました。

男性が社会という科目に由来していたので、それに反して女性は理科というかなり簡単な意味で相反する名称が使われていましたが、これに関しては男性に比べるとあまり流行しなかったので、知らない方もかなり多く存在しているはずです。

社会の窓の意味とは

社会の窓は男性のズボンのファスナーを指し示している言葉だとご紹介いたしました。

では社会の窓という言葉が使われる根本的な意味を考えてみると、主に使われる意味は男性のズボンのファスナーが開いている状態のことを指し示している言葉です。

なので、ズボンのファスナーが開いている状態のことを社会の窓が開いているということで表現することができます。

ズボンのファスナーが開いている状態は男性と女性を比べると比較的男性の方が割合としては多いです。

なぜかといいますと、男性はトイレに行って用を足す時にはそのままファスナーを開けて立ったまま行う場合が多いです。

女性はどちらに対しても座って行うのとは別に、男性は立ってするか座ってするかに分かれてしまいますよね。

座ってする場合を考えると1日の中ではそこまで頻度は多くないにしても、立ってする場合は比較的一日に何回も行ったりするので当然ズボンのファスナーを開ける状態の方が回数としては多いのです。

なので、そのままズボンのファスナーが開いている状態で外に出てしまったり、トイレから出てきてしまったりするので、男性のうっかりミスによって社会の窓が解放されている場合が多いのです。

男性によっては社会の窓が開いていること自体そこまで恥ずかしく思わない方もいるかもしれませんが、一般的にはとても恥ずかしいことには変わりありませんので指摘されるのを極端に恥ずかしがる方もいるため人によってはなかなか指摘できないのが辛い悩みであることに変わりはありません。

そもそもどうして「社会の窓」

そもそも社会の窓になった理由を考えている

社会の窓という言葉がどういう意味を表しているのかということにご理解いただけたと思いますが、なぜ男性のズボンのファスナーを社会の窓という言葉で表現する様になったのかということが疑問に感じる方も多いと思います。

なかなか表現としては秀悦でたくさんの方が使ってしまうのも無理はない、絶妙に言い表している言葉なのは変わりありませんが、誰が命名したのか、なぜこのような言葉になったのか気になると思います。

ここからはなぜ社会の窓と呼ばれるようになったのか、そもそもの意味について簡単にご紹介していきたいと思います。

ラジオ番組名と番組内容が由来している!?

そもそも男性のズボンのファスナーが社会の窓という言葉に言い表せれる様になったのはあるラジオ番組と番組内容が由来しているという事が判明しています。

具体的にどういう事かといいますと、 そもそも社会の窓と言う言葉が普及されだしたのは昭和23年からです。

この昭和23年の頃にはあるラジオ番組が放送されており、それはNHKが放送しているインフォメーションアワー社会の窓というラジオ放送です。

もともとこのインフォメーションワーカー社会の窓というラジオ放送は社会の様々な問題の裏側を探るというような放送内容でたくさんの方から人気が出ていたラジオ放送です。

もともとはいとうせいこうという方がMCを務めていた番組であり、 三賢人と呼ばれるゲストとともに民の声という視聴者からの声に基づいて、現代の良識などを社会の窓にいれていくかどうか、という事を協議する番組でした。

民の声はギャグやトリビア的な内容も含まれており、それらを番組に出演している人間が様々な考察やすい息をしながら議論をして良い知識若しくは面白いと思う声があればそれを認めるという様な内容の趣旨の番組です。

ある程度指示があった番組であり、継続して放送されていましたが、社会の窓2では視聴者から面白くなくなったなどの声があがり最終的には半年で打ち切られてしまう結果となっている番組ですが、 この番組の元々の趣旨である社会の様々な問題の裏側を探るという内容からズボンのファスナーが開いていることを社会の窓と言う様に比喩される様になったのがきっかけです。

こうして番組の内容などを深く理解していくと、社会の窓という意味はかなり面白い内容であると判断することが出来ます。

面白い内容であるとともに、よく言い表した言葉であると逆に感心を覚えるほどの表現だと理解できます。

「理科の窓」という言葉もある!?

社会の窓という言葉がなぜ呼ばれるようになったのかという語源についてもご紹介しましたが、 理科の窓という言葉についても表現されるようになった理由は、単純に社会の窓という科目名が利用されていたからだと推測することが出来ます。