日常生活の中で私たちは時には恥ずかしい体験をする事があります。

よくよく考えてみれば、注意していれば防げたであろうことなども多く存在しています。

例えば、顔に目垢などがついていたまま、人と話をしていること、顔を鏡で確認しておけばすぐにわかるような事であったり、そのほかには鼻くそが鼻の周辺についたままの状態で普通に生活していたという事など、人によって違いますが様々な場合があります。

今にして思ってみても恥ずかしいような体験をした事がある人は少なからずたくさんの人がいらっしゃると思います。

そんなうっかりミスで恥ずかしい経験をしてしまったという方の中には、社会の窓が開いていたというような恥ずかしい経験もした事がある方もいると思います。

どちらかといえば、これは男性に起こる場合が多いです。

なぜかというと、男性の方が空ける頻度が多くなるからです。

社会の窓が開いている人を見かけて、ついつい笑いをこらえてしまったというエピソードなどもたくさんの人が持っていると思います。

友達であれば知らせてあげないと可哀そうですが、学校のいつも怒っている先生などが空けているととても面白かったりしてみんなで影でこそこそ笑ったりする事などもあったりした経験があるはずです。

今回はそんな社会の窓をテーマにして、社会の窓の由来であったり、もしも社会の窓が空いていた場合に傷つけずに相手に伝える方法についてご紹介いたします。

社会の窓とは

今回のテーマである社会の窓は一体何なのかと思う方もいるかもしれません。

比較的年配の方であれば社会の窓という言葉は何を示している言葉なのかある程度理解いただけるかもしれません。

しかしながら比較的若い世代の方にとっては社会の窓と言う言葉があまり聞き慣れない言葉である場合が多いです。

それもそのはず社会の窓と言う言葉は最近流行った言葉ではなく、以前に流行った言葉であるため最近の若い人たちは知らないのが当たり前です。

では一体社会の窓とはどういう事を指し示している言葉なのか、疑問を呈する方も多いと思いますので、まずは社会の窓について協議していく前にこの言葉の意味から理解する必要があります。

社会の窓

たくさんの方が持っている疑問の中で社会の窓と言う言葉がどういう意味をさせているのかそれはズバリ男性のズボンのファスナーのことを指し示している言葉です。

あくまで男性のズボンのファスナーのことを指し示している言葉なので女性に対してはあまり使われない言葉です。

しかしながら女性に対しても用いられている言葉は存在していました。

どういう言葉なのかと言いますと社会の窓に反して、女性は理科の窓という言葉で表現されていました。

男性が社会という科目に由来していたので、それに反して女性は理科というかなり簡単な意味で相反する名称が使われていましたが、これに関しては男性に比べるとあまり流行しなかったので、知らない方もかなり多く存在しているはずです。

社会の窓の意味とは

社会の窓は男性のズボンのファスナーを指し示している言葉だとご紹介いたしました。

では社会の窓という言葉が使われる根本的な意味を考えてみると、主に使われる意味は男性のズボンのファスナーが開いている状態のことを指し示している言葉です。

なので、ズボンのファスナーが開いている状態のことを社会の窓が開いているということで表現することができます。

ズボンのファスナーが開いている状態は男性と女性を比べると比較的男性の方が割合としては多いです。

なぜかといいますと、男性はトイレに行って用を足す時にはそのままファスナーを開けて立ったまま行う場合が多いです。

女性はどちらに対しても座って行うのとは別に、男性は立ってするか座ってするかに分かれてしまいますよね。

座ってする場合を考えると1日の中ではそこまで頻度は多くないにしても、立ってする場合は比較的一日に何回も行ったりするので当然ズボンのファスナーを開ける状態の方が回数としては多いのです。

なので、そのままズボンのファスナーが開いている状態で外に出てしまったり、トイレから出てきてしまったりするので、男性のうっかりミスによって社会の窓が解放されている場合が多いのです。

男性によっては社会の窓が開いていること自体そこまで恥ずかしく思わない方もいるかもしれませんが、一般的にはとても恥ずかしいことには変わりありませんので指摘されるのを極端に恥ずかしがる方もいるため人によってはなかなか指摘できないのが辛い悩みであることに変わりはありません。

そもそもどうして「社会の窓」

社会の窓という言葉がどういう意味を表しているのかということにご理解いただけたと思いますが、なぜ男性のズボンのファスナーを社会の窓という言葉で表現する様になったのかということが疑問に感じる方も多いと思います。

なかなか表現としては秀悦でたくさんの方が使ってしまうのも無理はない、絶妙に言い表している言葉なのは変わりありませんが、誰が命名したのか、なぜこのような言葉になったのか気になると思います。

ここからはなぜ社会の窓と呼ばれるようになったのか、そもそもの意味について簡単にご紹介していきたいと思います。

ラジオ番組名と番組内容が由来している!?

そもそも男性のズボンのファスナーが社会の窓という言葉に言い表せれる様になったのはあるラジオ番組と番組内容が由来しているという事が判明しています。

具体的にどういう事かといいますと、 そもそも社会の窓と言う言葉が普及されだしたのは昭和23年からです。

この昭和23年の頃にはあるラジオ番組が放送されており、それはNHKが放送しているインフォメーションアワー社会の窓というラジオ放送です。

もともとこのインフォメーションワーカー社会の窓というラジオ放送は社会の様々な問題の裏側を探るというような放送内容でたくさんの方から人気が出ていたラジオ放送です。

もともとはいとうせいこうという方がMCを務めていた番組であり、 三賢人と呼ばれるゲストとともに民の声という視聴者からの声に基づいて、現代の良識などを社会の窓にいれていくかどうか、という事を協議する番組でした。

民の声はギャグやトリビア的な内容も含まれており、それらを番組に出演している人間が様々な考察やすい息をしながら議論をして良い知識若しくは面白いと思う声があればそれを認めるという様な内容の趣旨の番組です。

ある程度指示があった番組であり、継続して放送されていましたが、社会の窓2では視聴者から面白くなくなったなどの声があがり最終的には半年で打ち切られてしまう結果となっている番組ですが、 この番組の元々の趣旨である社会の様々な問題の裏側を探るという内容からズボンのファスナーが開いていることを社会の窓と言う様に比喩される様になったのがきっかけです。

こうして番組の内容などを深く理解していくと、社会の窓という意味はかなり面白い内容であると判断することが出来ます。

面白い内容であるとともに、よく言い表した言葉であると逆に感心を覚えるほどの表現だと理解できます。

「理科の窓」という言葉もある!?

社会の窓という言葉がなぜ呼ばれるようになったのかという語源についてもご紹介しましたが、 理科の窓という言葉についても表現されるようになった理由は、単純に社会の窓という科目名が利用されていたからだと推測することが出来ます。

男性、女性という相反する性別をそのまま社会、理科という風に表現しただけであり、もともとコンセプトになっているのは社会の窓です。

そこから派生したと考えるにあたり、理科の窓という言葉自体はどこかの番組から取ったというわけではないという事を覚えておいてください。

昔はある程度呼び名があったかもしれませんが今現在では理科の窓という言葉で表現するようなことはほぼほぼありません。

おそらく今現在の若者に関してはぎりぎり社会の窓という言葉を知っていたとしても、理科の窓という言葉については知らない方の方が圧倒的に多いと思います。

そもそも今の世の中の風潮を考え限り女性に対して理科の窓という言葉を使って面白おかしく表現すること自体がセクハラに当たってしまう場合がありますので、あまりおすすめできるような言葉ではありません。

社会の窓が空いてしまう理由とは?

社会の窓という言葉の基本的な語源についてご紹介をしていきました。

なぜ社会の窓と呼ばれる様になったのかということを理解頂くと、現代の若者言葉と同じように、様々なその時の風潮などが原因であったという事がおわかりいただけたと思います。

今も昔も、新しい言葉が生まれるのは秀悦な表現がやはり採用されているんだなと実感いただけたと思います。

では、語源について理解した所で、社会の窓が開いてしまう理由について簡単にご紹介していきたいと思います。

社会の窓が開いてしまう理由に関してはそこまで複雑な意味を持っているわけではありません。

ある程度推測できそうですが、思わぬ理由で開いてしまう場合などもありますので、男性の方は特に注意して確認していただけると幸いです。

単に閉め忘れが原因

まずはじめにご紹介する社会の窓が開いてしまう理由の1つとして単純に閉め忘れが原因になっていることが考えられます。

社会の窓が開いてしまうということは必ず社会の窓を下ろしているという事実が存在していますのでそれはトイレなどでファスナーを下げた時にそのまま用を足し終わった後にファスナーを開けることを忘れて手を洗って外に出てしまうということが考えられます。

これに関しては単純なうっかりミスと表現するしかありません。

用を足すときには必ずファスナーを下げなければいけませんので、ファスナーを下げ忘れたという事自体は起こりうるわけがありませんので、ここまでは良いのですが、事が終わった後には、間に合ったという安心感からなのか、上げる事を忘れてしまうような方がけっこう多かったりします。

ファスナーをあげ忘れてしまって社会の窓が開いている状態の時に、綺麗に開いている状態であれば、下着が見えないで済みますが、汚く開いている場合は下着なども見えてしまっている状態などが考えられますので、その時の状態によって恥ずかしさが違ってきますよね。

ファスナーの閉め忘れに関しては十分気をつけておくと言うこと以外改善する方法がなかなかありませんのでどうしても意識を高く持つ必要があるという難しい改善策しか提案することができません。

鏡に関してもトイレの鏡は比較的全身を映す鏡ではなく自分の上半身や顔をメインで写す意味合いとして用いられていることが多いので、なかなか全身をチェックできる場合などは少ないので、下半身であるズボンのファスナーはなかなか確認できない事が多いのも閉め忘れが多くなっている原因のひとつです。

トイレから出る際には必ず確認しておくという癖を身に着けておけば、締め忘れる事はありませんので、十分注意するという事を忘れないでください。

ファスナーのロックが緩んでいる

次にご紹介する社会の窓が開いてしまう理由の1つとしてはファスナーのロックが緩んでしまっているということが挙げられます。

ファスナーに関しては自分的に緩くなるような言葉あまりないのですが長い期間ズボンを着用している場合や、あまりにも力を入れて無理に引き上げたり、引き下げたりしているとファスナーも壊れにくいとはいえ、作られたものなので、どうしても傷んでしまいやすいです。

痛んでしまうと、ファスナーの効果が半減して耐久性などにも問題が生じ始めます。

そうなると当然ファスナーのロックが緩んでしまうという事も考えられます。

元々ファスナーには緩み止めの効果を与えるために ナイロンリングやナットのねじの有効径と同じ寸法になるように標準設計されているのですが、各方面から加わる回転振動や直線振動や衝撃などに対してナットの緩みが生じる場合があります。

なので手荒く扱っていれば当然傷んでしまうという言葉理解いただけると思います。

ズボンに限らず、物を扱うのは雑であると指摘された事がある方については、ズボンも同様に手荒く扱っている可能性が高いので、物を大事にするという心構えと同様に、ズボンのファスナーに関しても注意して触るようにする気遣いが必要です。

ファスナーのロックがゆるい場合はいくら気をつけていたとしても勝手に下がってしまう場合もあります。

その場合は注意のしようがありませんので、ファスナーのロックが緩んでしまっていれば買い替えなども対応も必要です。

ズボンが小さくファスナーが勝手に落ちる

次にご紹介する社会の窓が開いてしまう理由の1つとしてはズボンが小さくてファスナーが勝手に落ちてしまうということが考えられます。

人の体にもサイズがあるようにズボンにもサイズがあります。

今現在は細いサイズ表記が存在していますので自分の体に適したサイズのズボンを購入することが簡単にできますが、ファッションに関して疎い方であったり、最近ファッションに気を遣わなくなった、もしくは昔からある服しか着用していないという方の中には今の体型にズボンがあっていない場合なども考えられます。

体型に合っていないズボンを着用していた場合は、ズボンがきつくなっている事もあり、ズボンのファスナーなどもその関係でパンパンになってしまい、そこから力が加わってファスナーがずり下がってしまうような事なども考えられます。

ズボンがきつくて、常にズボンのファスナーが勝手に下がってしまうという現象が起こっている場合は、きちんとした場でそのような事が行われてしまうと恥ずかしい体験をしてしまいますので、この症状が起こっている場合は気づいた段階でサイズの大きいズボンを購入するなどの気遣いが必要です。

ズボンに関してはユニクロなどのファストファッションブランドを利用すれば1着3000円しないで何で購入することもできますので、安く買い求めることもできますのでケチケチせずに早めに購入することをお勧めします。

社会の窓が空いていた時に傷つけずに伝える方法とは

ここまでは社会の窓が開いてしまう理由について詳しくご紹介をしていきました。

社会の窓が開いてしまう理由に関しては先ほどからお伝えしてる様に、やはり男性の方が割合としては多いです。

もちろん男性だけである場合はありませんが女性の場合は着替えを行ったりする時にそのまま忘れてしまったりする場合以外は基本的には下げることが少ないので、男性の方がちゅいう深く意識を高く持つ必要があります。

では社会の窓が開いてしまっている場合について理解いただいた上で、社会の窓がもしも開いてしまっていた人を見つけてしまった場合の対応方法について考えていきたいと思います。

長い人生を生きていれば当然1回くらいは社会の窓が開いている現場を目撃したことがある方も多いと思います。

若しくは人によってはこれからの人生でその様な場面に遭遇すると思いますがそのような時にどの様にして相手に伝えれば良いのかと考える必要があります。

昔から慣れ親しんでいる人であったりある程度親睦が深まっている人に関しては男同士であれば特にあまり意識することなく伝えるだけでも良いかもしれませんが、人の性格によっては恥ずかしがりな性格の男性もいれば、あまり仲良くなっていない状態で問題が発覚してしまう場合もあったりします。

なので、伝え方は想像以上に気を使わなければいけない項目になります。

いかに相手に傷つけない様に伝えられるかということはとても重要なことなので、相手を傷つけずにうまく伝えられる方法について考えていきたいと思います。

1.楽しい言い回しで伝える

まずはじめにご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法はなるべく楽しい言い回しで相手に伝えてあげるということです。

これは何に関してもそうですが、こちらが真剣に伝えたり、気まずそうに伝えたりすることによってこの気持ちが相手に伝染してしまって、相手の真剣になったり、気まずそうになったりすることがあります。

なので伝えられる相手の気持ちになって考えるとあまり真剣に伝えたり、気まずそうに伝えられたりするよりは、あえて楽観的な感じで伝えてくれた方がこちらも恥ずかしさを軽減することが出来ます。

なので、言いにくいんだけど…というよりは、うける!というような言い回しの方が言われる側としても楽な言い方になると考えることが出来ます。

楽しい言い回しで相手に伝えることによってその場が楽しい雰囲気に包まれますので、気まずい雰囲気よりも楽しい雰囲気の方が言われる側も楽な気持ちになります。

なので、この部分に注意して相手に社会の窓が開いていることを伝えることで良い関係を築くこともできますので、伝える際にはなるべく楽しい言い回しで伝える様にするということを意識してください。

冗談っぽく伝えると、笑いで終わる

なるべく相手に冗談ぽく伝える様にするとその場が笑えて生まれますので社会の窓が開いているという恥ずかしさを忘れさせてあげることができます。

社会の窓が開いているという事は男性であれば、ある程度共感してあげられることにもなりますので、 自分の身になって考えるとやはり面白おかしく言われた方が良い場合の方が多いですよね。

しかしながら注意していただきたい点も存在しており、自分と同じくらいの人間か若しくは自分よりも立場が下の部下に当たる人間であればこの様な形で表現することは問題ないのですが自分よりも目上の人間に対して冗談ぽく伝えてしまうと、相手からバカにされているように捉えてしまう人も存在しています。

あなたがもしも自分より下の人間に対してバカにされたような言い回しをされると当然ながら怒りますよね。

そうなってしまうと同じ会社内の人間関係も悪くなってしまいますので、あえて相手のためを思って伝えたとしても結果的に相手に失礼な言い方になってしまいます。

それでは意味がありませんし、こちらが損をしてしまいますので相手に伝える際には十分相手の気持ちを考えた上で伝える必要があります。

2.周りに人がいない時に伝える

次にご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法は周りに人がいない時に伝えてあげるという方法です。

例えばあなたが相手から真実を伝えられる立場の人間として考えてみてください。

周りにたくさんの人がいる状態で指摘されると当然恥ずかしいですし、状況によっては相手に対して恨みを覚えるような場合もありますよね。

どうしてわざわざ人がたくさんいる場所で晒し者にするかの様に相手に言われなければいけないのかと言うことを考えるとふつふつと怒りが湧き上がってくることがあります。

場合によってはそれが原因で周りからいじられたりしてあまり良い気分にならない人もいたりしますので、相手のことを考えて伝える場合に関してはなるべく周りに人がいない状態で相手に真実を伝えてあげることをお勧めします。

相手はその場では気付かないかもしれませんが、後々になって二人っきりの場所で指摘してくれたことに対して必ず感謝を覚えます。

細かい事かもしれませんが、相手を思いやる気遣いなどに関しては自分自身で気づいた方が相手に対して感謝を覚えやすいです。

相手の気遣いに対して一種の信頼感や感謝を覚えますので、良い人間関係を形成する上でも日知うよう不可欠な要素にもなりますので、相手に対する気遣いを一番に考えて行動してあげる必要があります。

二人きりだと恥ずかしくない

周りに人がいない状況であると当然周りから見られる目などを気にしなくて良いので、一番恥ずかしくない状況です。

指摘する場合は基本的に同性の方が多いので、同性であれば極端に恥ずかしがる必要もないので、安心してすぐに改善できるように治すことが出来ます。

相手の性格によっては周りに人がいる状況でもすぐに耳打ちして伝えられるような関係性であればその方が良いと思いますので人によってすぐに伝えるべきなのか周りに人がいない状況で伝えてあげるべきなのかという事は考えて行動するようにしてください。

3.直接な言葉では伝えない

次にご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法は直接な言葉で相手に伝えないということです。

これはどういう意味かと言いますと相手に対して社会の窓が開いているときに、直接的にファスナー開いてるぞ!というような言葉で伝えないという事です。

直接的な言葉で伝えると、相手からすればそのまま指摘された分恥ずかしさが大きいのです。

人の性格によっては素直に正直に早く的確に伝えて欲しいと思う方もいるかもしれませんが、そのような性格もいれば、極端に恥ずかしがり屋で指摘されること自体に対して恥ずかしいと思ってしまう人も存在しています。

もしも相手が普段からあまり人前に出たがらないタイプで恥ずかしがり屋なタイプだと認識している場合はあまり直接的な言葉ではなく間接的な言葉で相手に伝えてあげる様にした方が良いです。

間接的に言葉で伝えるとなるとなかなか難しいのですか、例えば「チャック開いてるよ」という言葉ではなく、「服装確認をしたほうがいいよ」、などちょっと違い言い回しの方が相手に気遣いを与えた言葉になります。

あまりにも間接的過ぎると意味を理解できずにもやもやして逆に相手から素直に伝えてほしいと思われてしまい場合がありますので、ケースバイケースで対応を考える必要があります。

4.気付かす行動で気づいてもらう

次にご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法は相手に対してファスナーが空いている事を気づけせる行動を行うということです。

これは具体的にどういうことかといいますと、極端に恥ずかしがり屋の方や目上の方に対して有効な手段です。

極端に恥ずかしがり屋の方については直接的な言葉で指摘することや間接的な言葉で指摘する場合を恥ずかしがってしまう人もいるかもしれませんし、そもそも目上の人に対してはどの様な形で伝えるのも失礼で恐れ多いと考える場合がありますので、そのような人たちには自分自身で気付いてもらう場面を起こすという方法が適しているのです。

具体的にどの様にすれば良いかと言いますと、比較的ファスナーが開いている性別は男性の方が多いので同じ男性同士であればトイレに誘ってみるという方法が良いかと思います。

トイレに誘うと言う言葉必ずファスナーを下ろしますので、ファスナーを下した時にすでに降りていると、やっちまった…とすぐに気づいて注意するように意識がいきます。

なので、自然とそのあとは直して注意深くなりますので、改善してくれる結果につなげられるようになります。

直接的に相手に対して言葉で伝えること自体が無理な場合は相手に気づいてもらうシチュエーションにつなげることが一番効果がありますので試してみてください。

5.目で伝える

次にご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法は相手に対して目で伝えてあげるということです。

これに関してはすぐに実践できなおかつ言葉を用いない方法になりますので、相手に伝える手段の中ではかなり利便性の高い方法になります。

タイトルの通りそのまま目で伝えてあげれば良いだけなので相手に対してアイコンタクトを取って、そのあと相手の股間に対して目くばせをしてあげればすぐに気づき、改善できるようになります。

これは言葉を用いない方法になりますので、どんな場でもすぐに相手に気づかせてあげられる方法です。

しかし、この方法を用いる場合は注意点があります。

アイコンタクトで合図を取るということはあまり目上の人に対して行うべきではありません。

目上の立場の人からすれば確かにファスナーを開けていたということを気づかせてくれるのはありがたいが、アイコンタクトでコミュニケーションとってきたこと自体に関して不快に感じる様な方もいますので、せっかくの好意が無駄になってしまう可能性もあります。

相手のためを思って伝えているのにそれが気になって不仲になってしまうというのは一番
嫌なパターンでもありますので、相手の立場によって注意する必要があります。

6.メモを書いておく

次にご紹介する社会の窓が開いていた時に傷つけずに伝える方法はメモを書いて相手に伝えるようにするという方法です。

この方法に関しては、相手に対して言葉を用いない方法なので、先ほどご紹介した目で伝える場合と同様に周りに知られずにすぐに相手に伝えることができる利便性の高い方法です。

メモに書いておくことによって、伝えられる際にも直す際にも極端に恥ずかしさを感じる必要性もなくなります。

特に人によっては例えば男性のファスナーが開いていた状態を女性が発見とすると、なかなか女性が男性に対してそのようなことを指摘するのはしづらいが早く気づいて欲しいという状況があるかもしれません。

そのような場合に関しては指摘する側の恥ずかしさを和らげる効果なども持っているので、双方に対してメリットがある方法です。

相手に対して直接的に伝えるのが困難な状況があればメモに書いて相手に渡す様に工夫してください。

まとめ

今回は「社会の窓」という言葉の成り立ちや意味、そしてその原因や伝える方法などについてご紹介いたしました。

人によって伝え方が様々な方法が思い浮かびますので一概に本人だけの問題ではなく、周りの人に対しても気を遣わせてしまう事になりますので、普段から常に意識を高くして注意すべき事という事がお分かりいただけたと思います。

しかしながら、どんなに気を付けていても人生で一回は行ってしまうのがこの失敗です。

気付いた方は相手の気持ちをよく考えて行動する必要がありますので、安易に面白おかしくしようとする事だけはしないようにしてください。

人によってはその状況がおいしいと思ってしまう方もいるかもしれませんが、普通は恥ずかしいので、相手の気持ちに配慮して行動しましょう。