フレンドリーという言葉をよく聞きますがフレンドリーというのはどの様なことを言うのか考えたことはありますか?フレンドリーというのは簡単に言うと、友好的で親しみやすい人のことをフレンドリーと言います。

フレンドリーな人と会話をするときはとても楽しくなったり、つい話しをしてしまうことが多いのではないですか?人には個性というものがありますが、中でもフレンドリーな人とはとても喋りやすく、友好的であり、親しみやすい関係になるのではないでしょうか?その様な人というのは特徴もあり、何より誰に対してもその様な態度を取っています。

とても心が広く、裏表が無いような人も多いのも特徴です。

常にポジティブ思考を持っているという印象も大きいと思います。

ポジティブであり積極的である人は基本フレンドリーに誰にも喋ることができます。

人見知りなどをせず、知らない人にも声をかけて仲良くなれるという特技を持っていることも特徴の1つです。

ではどの様な人が具体的にフレンドリーと言えるのか、特徴はいくつもありますが、中にはそのフレンドリーさ特有の特徴もあります。

フレンドリーとは?

様々な印象を持つ人が多いと思います。

逆にフレンドリーな人が苦手だという人も中にはいるのではないでしょうか?フレンドリーというのはとても親しみやすく、友好的である人のことを言います。

また細かいことを気にしなかったり、何もかもを歓迎するという心の広さの持ち主であることも言います。

基本的には人に対して言う言葉であり、物などに対してフレンドリーとは言いませんよね。

フレンドリーな人というのはどの様な印象がありますか?いつも元気であったり、何もかもを受け止めてくれるような、その様なイメージを持っているのではないでしょうか?フレンドリーな人はポジティブな思考がとても強いです。

どの様なことがあっても弱音をあまり見せずチームワークなどで失敗しても「どんまい」と真っ先に声をかけて場の輪を作ろうとしています。

その様な姿を見てこの様な人になってみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

自分はネガティブな思考だから逆に羨ましいと思う人もいるかもしれません。

「何でその様な考え方ができるの?」「誰にでも話して友好的で優しいというのはヒーローみたいだ」と思う人もいると思います。

それほどフレンドリーな人はリーダー気質もあるということですね。

フレンドリーな人はフレンドリーな人同士で話しをするととても盛り上がったりするのと同時に、直ぐに友達同士にもなっているのではないでしょうか。

他にも落ち込んでいる人にすかさず声をかけたり、男女問わずに話しかける人というのはどちらの印象からも好印象として受け取ることができます。

学校では人気者になったりする人もいるでしょう。

ではフレンドリーとは具体的にどの様な人のことを言うのか見てみたいと思います。

友好的である


友好的であるというのはフレンドリーというイメージの中でも強い印象です。

誰に対しても優しい性格を持っている人は、男女問わずどの様な立場からでも話をすると思います。

その時の話やすさなども重要であり、友好的な人と会話をするのは基本的に会話がしやすいという状況になると思うのです。

いわゆる言葉のキャッチボールが上手くいっている状態ですね。

フレンドリーな人は誰とでもこのキャッチボールが上手くいくのですが、フレンドリーでないという人は相手を選ぶと思います。

もちろん人なので好きな人、苦手な人とあると思いますが、フレンドリーな人は誰とでもこのキャッチボールをしようとするのです。

嫌々話すということがあまりなく、何かあれば直ぐに相談にのったり、協力的になってくれる傾向もあります。

また、リーダー気質もあります。

基本的にはまとめる中心の人として活躍できることも多いです。

「何故あの人が仕切っているのだろう…」ということが無くなる可能性もあります。

それほど皆から親しまれ、尊敬される人なのです。

親しみやすい

誰に対しても親しみやすいというのもフレンドリーの特徴です。

人というのはその相手に対して好きか嫌いかを判断すると思います。

何も思わない普通な人だという人もいるでしょう。

ですがフレンドリーな人はどんな人であっても親しんで絡んできます。

そしてこちらから話しやすく、明るい雰囲気を持っています。

フレンドリーという言葉を聞く時に必ず前向きな考えやポジティブな思考を持っている人と考えるため、ネガティブな考えの人だという印象が少ないです。

友達と話している時に楽しいと思ったり、ずっと古くからの友人がいるという人もいると思います。

その様な人と同じようにフレンドリーな人と話すことができるというのは、相手がとても心を開いてくれているからなのもあります。

気遣いや話し上手といったイメージもあると思いますが、もしその様な人がいるのであれば、もっと話してみてはいかがでしょうか?気になるという人は「どうして誰とでもフレンドリーなの?」と聞いてみても良いと思います。

気になる人も多いですよね。

でも心よく答えてくれると思います。

フレンドリーな人はどんな人にでも同じことを言うのです。

裏表があまり無いという表現がよろしいでしょうか。

親しみやすいというのは単純なことではなく、その人の特権でもあります。

誰しも親しみやすく話すということはないと思うのです。

でもフレンドリーな人は誰とでも心を開き話をしてくれるのです。

歓迎する


嫌だという表現が無いのが特徴です。

例えば誰かとチームを組むとなった時に好きな人と組めたら嬉しいですよね?いつもの友達と組んでいるという人もいるでしょう。

ですがそこに嫌な人、苦手な人が入ってきた場合はどの様に思いますか?少し遠ざかってしまったり、距離を置いたりすることが多いのではないでしょうか?基本的にフレンドリーな人はその様な境界線が無いです。

なので誰が入ってきても「一緒に頑張ろう!」という気持ちで接してくれるのが特徴です。

その相手も嫌々になるのではなく、会話をすることでどんどん引きこんでいくという力も持っています。

なので「評判が悪いから苦手だ」という意識などはなく、来る人を拒まず歓迎をするということがフレンドリーの特徴です。

普段会社で働いている人、アルバイトをしている人は必ず上司という人がいてアルバイトの場合は店長、会社では部長、社長などがいると思います。

少し上の人で経験も豊富だからと固まってしまうという人も少なくないでしょう。

ですが、フレンドリーな人はその様な人達に対しても打ち明けます。

疑問に思ったことや不思議に思ったことはどんどん質問をしていき、向上心があると上から思われることが多いです。

もちろん言葉遣いなどはマナーなのでしっかりとしていますが、どの様な人にも同じような態度で接するので、例え周りの人がが「この人苦手だ…」と思っているのに対してもフレンドリーに歓迎をするのです。

あまりを気にしない

小さいことや細かいことを気にしないという人も多いでしょう。

フレンドリーな人は何か少しのミスでも気にしないという人が多いです。

むしろ開き直るくらいの気持ちがあります。

何かでミスをしたのであれば、そのミスについて考えるのではなく、そのミスを生かして次に頑張ろうというポジティブさを持っています。

小さいことを気にしているようだと、ネガティブな考えが多く出てきてしまい、納得のいくまで考えるということがありますが、その様な考え方をしないのがフレンドリーな人の特徴でもあります。

例えそれがどんなに辛いことでも「最後の甲子園でエラーをしてしまった」ということでショックを受けることはあると思います。

ですがそれをいつまでも引きずっているという感覚ではないのです。

そのエラーをした経験から得たものというのが必ずあります。

その得た経験を今後に生かそうと努力をしているのです。

この人は何でもできてしまうのかと思う人も多いのではないでしょうか?フレンドリーな人は物事に対してはとても積極的に取り組んでアイデアを出すことが多いです。

ですがそれは見えない努力をしているということでもあります。

周りの負担などにならないように気を配れるのも良いところです。

何かあっても「どんまい、次頑張ろう」と声をかけてくれる人もいると思います。

その様な人たちは基本的にフレンドリーな人だったのではないでしょうか?

フレンドリーな人の8個の特徴

フレンドリーな人というのは多いようで少ないです。

実は誰とでも親しく接するということはとても難しいことだと思います。

人は苦手な人や好きな人、何とも思わない普通の人などその相手と接して印象を決めますが、フレンドリーな人は人見知りということではなく、直ぐに誰とでも話をするということが多いです。

仮に「私もフレンドリーになりたい」と思っているのであれば、今から言うことに気をつけていればフレンドリーな人になれるのかもしれません。

常に元気でいたり笑顔が眩しいという人もいるはずです。

ネガティブな思考を考えず常に積極的で前向きな考えを持っている、話し上手であり聞き上手でもあるフレンドリーな人というのは誰からも好まれます。

ではそのフレンドリーな人の特徴を説明していきたいと思います。

フレンドリーな人はまさに太陽のような存在なのかもしれませんね。

具体的に8個ほど見ますが、他にも良い点があると思います。

「フレンドリーとはどんな人?」と聞かれた場合に印象に残る回答の8個を挙げてみました。

皆が思うフレンドリーな人というのは決して悪いイメージが無く、常に明るいイメージというのもあります。

もしかすると普段はその様に振舞っているだけなのでは?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、その様なことはありません。

もし何かあるとすれば皆に打ち明けているはずです。

家庭内などの事情まで打ち明けるということは少ないでしょうが、仮に困っているのであれば、今度は私たち自身がフレンドリーな人を助けることが大切になるのです。

ではその特徴を見ていきましょう。

1.いつも元気

常に元気でいるイメージがあるという人が多いのではないでしょうか。

確かにフレンドリーな人と話しをしているとこの人はいつも元気だなと思うことも多いはずです。

本人は普通にしているつもりでも、こちらから見たフレンドリーな人というのは常に元気であるという印象があります。

元気であるということはとても良いことで、行動に表れることが多いです。

元気の源となるものは人それぞれにありますが、常に溢れ出ているイメージがありませんか?仮にこちらが困っている時でも、「どうしたの?」と明るく声をかけてくれると少し元気が出ませんか?ポジティブであり、いつも元気だという人がいるのであれば、もしかしたらフレンドリーな人なのかもしれません。

ですが自分自身では気付かないことも多いです。

普段通りに接するということが大事です。

無理に元気に振舞うと疲れが出てしまい、何かあったのかとなります。

見ていて解ると思いますが、基本的には誰の前でもとても元気に行動をしているのではないでしょうか。

それを見ているこちらも頑張ろう!という元気の力を貰うことができるので、フレンドリーな人はいつも元気だというイメージが強いのです。

一緒にいるとこっちまで元気になる

一緒にいるとこちらまで元気の力を貰うことができます。

よくネガティブな人といると同じようにネガティブ思考になってしまうということを聞いたりしますが、フレンドリーな人といる場合も同じです。

相手に似るというのではなく、相手の思考であるポジティブさがこちらにも伝わって元気であるのであれば、こちらも不意に笑顔が出るほど元気を貰うことがあるのです。

本人が思っている気持ちというのは相手に伝わることが多いですが、周りにも影響を及ぼすこともあります。

例えば悲しいことがありそれを相手に伝えると相手も悲しくなりますよね?それと同じです。

元気という源が接していくうちにこちらに流れてきてどんどん元気になっていくようになるのです。

フレンドリーな人は意識して元気で行こうというわけではなく、普段からその様な雰囲気を出しているのではないでしょうか。

気持ちや雰囲気というのは相手にも影響を与えるので、相手が元気な人だとこちらも元気になってきます。