最近、よく耳にする『メンタル』に疑問をもつことはありませんか?

身近な人に「メンタル弱いよね」や「メンタル強いね」って言われてもいまいちピンとこないものです。

そこで今回はメンタルを細かく分析をしてみますので、ぜひ参考にしてみてくださね。

メンタルって何?強い・弱い関係あるの?

この現代、ストレスやメンタルヘルス不調は問題になっていますが、実際には「気の持ちよう」と片付けられてしまうこともあり、偏見が根強いのが現実だといえるでしょう。

メンタルそのものが強い弱いは、その人間の生まれ持った個性であり、それに心身のストレスが加算され、精神的な症状があらわれます。

メンタルに対して、正しい知識や理解がもっと世の中に普及してほしいものですね。

メンタルの基礎基本


メンタルとは、精神的、心理的についての心に関するさまを示しています。

意味

メンタルとは英語であり、心、精神、知性の意を示しています。

類義語

メンタルの類義語は心理的、精神的、内面的を示しています。

対義語

メンタルの対義語はフィジカルといい、心身のうち身体に関するさまを示しています。

慣用句

メンタルは単独でも使われることもありますが、別の言葉と組み合わせて使われることも多いです。

メンタルケア

メンタルケアとは、「精神面での援助」を意味します。

メンタルテスト

メンタルテストとは、「知能検査」を意味します。

メンタルトレーニング

メンタルトレーニングとは、「精神力を強化する訓練」を意味します。

メンタルブロック

メンタルブロックとは、「否定的な思い込み」を意味します。

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、「心の健康」を意味します。

メンタルマネージメント

メンタルマネージメントとは、「意思、意欲、決断力の精神力を高めるトレーニング」を意味します。

メンタルが強いことの意味


人生にはたくさんの試練があなたを待ち受けてます。

大きな壁が目の前に立ちはだかることもあるでしょう。

そんな時に決断をするのも前に進むのもあなた自身であり、それがあなたの人生なのです。

メンタルが強ければ、どんなことにも立ち向かえることでしょう。

それでは、メンタルが強いというのはどのようなことなのか紹介していきたいと思います。

極限の状態でも落ち着いて判断できる

メンタルが強い人は、どんな時も冷静沈着に判断し行動できる人でしょう。

これは簡単なことではなく、本人の精神的な強さや今までの濃い経験があってからこそです。

自分が返って慌てて取り乱してしまうと、周りをさらに不安にさせるどころか状況が悪化してしまうことを予測しているから。

このように極限の状態でも落ち着いてい判断できる人は、職場などで責任のある仕事を任されたり人として非常に重宝されますね。

ぶれない

メンタルが強い人はぶれない心を持っています。

決して周りに合わせて自分を見失うことなく、自分を信じる心を大切にしているでしょう。

また我慢強く、マイナスの感情を人に見せることはなく飄々としたイメージがあります。

もちろん喜怒哀楽もあり感情が揺れ動くこともありますが、大胆に周りに見せることはないので一見冷たい印象を持たれがちですが、それがメンタルが強さです。

そしてこのような人は「頑張りすぎない」ポリシーを持つことで、心とのバランスをうまく保ち、あくまでも「自分らしさ」を見失いません。

強い信念を持ってる

メンタルの強い人は強い信念を持っています。

この強い信念がある人は、人の悪口や愚痴を言わないし嫉妬もしません。

なぜならば、愚痴をこぼしたり嫉妬をしたところでマイナスの感情しか生まれないことを本人が1番理解しており、それに付き合うことは自分のデメリットにならないことが分かっているからです。

もしそのような状況になった場合、どうしたら少しでも改善できるかを死ぬ気で考えているのが、強い信念を持っている人といえるでしょう。

自分の力を発揮できる

メンタルの強い人は、前向きな気持ちやプラス思考が欠かせません。

常に自分を客観視し、どうしたらもっと上手くいくか、理想を叶える為にはどう行動したらよいかを1番に考えてます。

このように考えられる人は今までにない自分の力を発揮することができ成功に繋げることができるでしょう。

もちろん理想の現実を叶える為に、他の人以上の努力もしますし、誰よりもよく考えて頑張れる人です。

失敗を成功の素にできる

メンタルが強い人の主な性格と言えるのがこの部分です。

失敗をプラスに捉えることができるのがメンタルの強い人です。

メンタルの弱い人は失敗するといつまでもこれを引きずってしまう人です。

失敗をしたらこの世の終わりと言った感じに見てしまう人がいますが、そんなことはありません。

あなたに起きた失敗は未来のあなたに必要だったから起きたのです。

つまり、失敗は成功の素なのです。

このように捉えているから、失敗しても落ち込まず、先へ進み続けるのです。

先を考えているから落ち込んでいても意味がないのです。

アスリートにはこのようなタイプが多いです。

失敗は成功のために必要なのです。

このように捉えることができれば、失敗も怖くありませんよ。

簡単には諦めない

メンタルが強いからちょっとやそっとのことでは諦めることはありません。

なぜかと言いますと、成功することを当然と思ってしているので、挫折や失敗などでは落ち込んだりしないのです。

メンタルが弱い人は失敗することを当然だと思っている節があります。

故に失敗すると、ほらと思ってしまうのです。

しかし、メンタルの強いの人は、何としても目標を達成するという考えがしみついているので、なかなか諦めません。

良く、夢が叶っていいですね。

という方がいらっしゃいますが、夢が叶ったのではなく、目標を持って、あきらめずに取り組んでいたから達成したのです。

つまり、夢を叶える人は諦めずに取り組む人のことを言います。

目標達成までに突っ走る能力はメンタルから来ていると言われています。

少しのことで驚かない

何が起きても今の自分に必要だと思っているので、少しのことでも驚きません。

むしろ起きることすべてに意味があると思っているので、冷静に受け止めます。

よく、急に言われても、突然すぎると言われますが、チャンスなどは突然やってくるものです。

特にテレビのニュース番組などはそれが如実です。

なぜなら、その日のビッグニュースなどはいつ起きるかわからないからです。

つまり、スクープは突然やってくるのです。

いちいち、一喜一憂していては動けなくなってしまうのです。

故に何が起きても驚くことはなく、また、何が起きても今の自分に必要なんだなと思うのです。

何かが起きて驚くのは感情表現が豊かな証でもあり、驚くことに悪いことはありません。

しかし、ただ驚くだけでは意味がないのです。

自分に自信がある

とにかくいつもイキイキと行動しています。

なぜなら、自分に自信があるからです。

自信がないと行動にも響くので、なかなか動きだそうとしません。

つまり、行動力のない人は自信のない人ばかりなのです。

そうは言っても自信をつけるのは難しいのではと思う方も多くいらっしゃると思います。

よく、自信がない人に多いのは人の意見を気にしすぎている方です。

他人に「へたくそ」「バカ」などと侮辱用語を言われて、受け止めすぎて自信を失ってしまうのです。

ただ1つ言えるのは、あなたがどうなのかはあなた次第です。

つまり、あなたを作っているのはあなたなのです。

他人に意見で自分を変えてしまってはいけないのです。

では、自信をつけるにはどうしたらいいのかと言いますと、小さな成功体験を積み重ねていくことです。

常にリスクヘッジしている

メンタルが強い人は先のことを考えて行動しています。

主にはリスクヘッジです。

今は良くても数ヵ月後、もしくは数週間後に何かが起きるかもしれないと考えて対策を練っておくのです。

よく、先を見据えていると言われていますが、先を考えることを柔軟に対応ができるのです。

そんなこと言っても、実際にリスクヘッジをしても起きなかったから考え損だと思ってしまう方もいらっしゃいますが、リスクヘッジをして起きなければ、起きないに越したことはありません。

また、実は簡単に出来そうで出来ないのがこの先を考えることなのです。

実は先を考えることはそれなりのメンタルの強さを必要とするみたいです。

なぜなら、自分の未来を考えるにあたり不安に思いたくないからです。

もしくは今の状態から、なんとなく未来を予想できて、それを想像したくないと思っている節もあるのです。

ただ、先を見てリスクヘッジをすることで、未来を明るくすることはできますよ。

あらゆるパターンを想定している

メンタルの強い人は先を見るのが得意なように思えますが、実はいくつものパターンを想定して先を見ているのです。

つまり、あらゆるパターンに対応できるので、予想外のことに対応出来るのです。

言いかえれば、すべてが想定内なのです。

よく、交渉に失敗してくる人は、予想外のことが起きて対応出来なかったと言いますが、すべてにおいて想定内に起きるとは限りません。

また、予想外が起きるのは考えの幅が狭いからです。

メンタルの強い人は、あらゆるパターンを見越して、想定外に備えるのです。

考える幅と聞くと頭が良くないとと思ってしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

問われるのは持って生まれた才能などの能力ではなく、考える力の脳力になるのです。

何かを見て考えることはどなたでも出来ますよね。

考える幅を広げれば、想定外にもうまく対応出来ます。

潔く諦めることもできる

メンタルの強い人は諦めが悪いような感じがしますが、先を見て、どう頑張っても成功の文字が見当たらない時は、潔く諦めることもあります。

昔で言えば、武士が叶わぬとあきらめて切腹すると言う話もありましたが、それに似ています。

また、諦めずにやっても自分だけでなく、周囲にも迷惑をかけるとわかると潔く諦めるのです。

諦めることは悪いことのように捉えている人はいらっしゃいますが、そんなことはありません。

諦めることで、新しい世界が見えることもあるのです。

故に諦めるという決断を出来ることもメンタルが必要になってくるのです。

メンタルの弱い人は、諦めることもできなければ、先へ進むこともできず、ずっとそこに居続けるようなタイプです。

ただ、諦める場合はしっかり時と場合、周囲の状況を考えて行いましょう。

執着心が薄い

物事に対する思いやこだわりなど、執着心が薄い人が多いのがメンタルの強い人です。

なぜ、そこまで薄いのかと言いますと、こだわっていても意味がないと思っているからです。

いつまでも過去にこだわることほど愚かなことはありません。

過去のことを思い返す暇があるなら、そんなことを辞めて先へ進むべきです。

メンタルが強いから過去から脱却出来るのです。

メンタルの弱い人は、過去に自分がイキイキしていた時を思い返して良い思いをする人ばかりです。

つまり、先を見れていないのです。

過去を見て良い思いをするよりも、未来を見て笑顔になる方が素敵だと思いませんか?

このようにメンタルの強い人は起きるかどうかは分からないものを見て笑顔になるのです。

過去に執着していても意味がありませんよ。

物や人に依存しない

メンタルの強い人は物や人に依存しません。

自分を守るのは自分だと考えています。

そのため、不都合なことが起きても嘆くことはありません。

なぜなら、物や人に依存していないからです。

会社がつぶれると、会社に文句を言う人がいます。

同時に何か災害などが起きると国に文句を言う人がいます。

しかし、文句を言っても解決しません。

それよりも、物や人に依存せず、自分のことは自分で守ると言う考えを持った方がいろいろな場面で活かせますよ。

依存していないので、自分がしっかりしていないといけないのです。

これは今後の日本を生きる上で大切になってくる考えです。

なぜなら、年金がもらえないとも言われている世の中です。

つまり、自分のことは自分が支えないと、子どもや孫に負担をかけてしまうのです。

一人でもやっていける

メンタルが強い分、1人になってもやってしまう人も多いのです。

それだけ自信を持っている証拠です。

外から見れば独りよがりの存在に見えますが、そうではありません。

目標が高かった分、周りがついてこれなかっただけです。

このようになると、メンタルの弱い人は諦めてしまうのです。

しかし、メンタルの強い人は、1人でも突き進んでしまうのです。

1人でやってしまう人もいますが、たいていそのような姿を見せていると、誰かしらついてくる人はいます。

つまり、目標に諦めず突き進むメンタル力があるので、1人でもやっていけるのです。

故に独りよがりではないのです。

独りよがりとは、自分の考えをつき通して、考えにそぐわない人を排除する人のことです。

つまり、独りよがりの人ほど、メンタル力が弱いのです。

メンタルが弱い意味

ではメンタルが強いとは逆であるメンタルが弱いとはどのような状態のことをいうのでしょうか。

世の中…自分のメンタルの弱さに悩んでる人の方が多いというデータもあります。

メンタルが弱いと、学校や職場でも仕事がはかどらないことも増え、生きづらくなってしまうのが現実です。

主なメンタルの弱さを紹介していきますね。

極限状態で自分の力を発揮できない

メンタルの弱い人は、極限状態で自分の力を発揮できないです。

正確にいうと発揮できないのではなく…「あきらめてしまう」ことです。

またあきらめてしまったことを、自分の中で「しょうがない」で自己完結してしまうことでしょう。

このような考えだと、極限状態に冷静な対処ができず、パニックになり、しまいには人のせいにし人間関係も悪化させてしまうことになります。

例えば、仕事でミスをした場合にメンタルが弱い人はミスで怒られてしまったことをすぐに忘れたくて、飲みにいき酒で原因を流そうとします。

そして次の日にはケロッとして、また同じ失敗をしてしまい、2度目の地雷を踏むことになります。

ミスで周りに迷惑をかけたことよりも、自分の弱さや辛さを優先してしまい被害者意識が高まったことで、ミスの原因を考えようとしません。

これがメンタルの弱さだといえるでしょう。

物事への認識力を変えないと、メンタルは強化できませんよ。

自分を見失う

メンタルの弱い人は自分を見失います。

なぜならば、メンタルの弱さは自分の自信のなさが作り出しているからです。

特に自分に自信がないと、周りの意見にフラフラと流されてしまい、足が地についてない状態に陥ります。

自分を見失うことで、いざとなったときの判断も間違い、さらなる失敗をすることになるでしょう。

そして、メンタルの弱さにつけこんでくる悪人もいることも忘れないで。

悪人に騙されてしまったり、なにもかも失ってしまう恐ろしさもありますよ。

一度、自分はどう人間でありたいか。

自分の愛すべきものはなにか。

を考えて、自分というものを見失わないように心がけましょう。

落ち込みやすい

メンタルの弱い人は、誰よりも落ち込みやすいです。

けれど、落ち込むということは「新しいことのはじまり」なわけです。

それでもメンタルが弱いと悪い方向ばかりに考えてしまってさらにネガテイブになり卑屈になってしまいますよね。

このネガティブな状態が続くと、知らぬ間に心身に悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

そんなあなたは、真面目で完璧主義で努力家なのでしょう。

頼まれたことにも「NO」と言えないあなただからこそストレスもためやすく、落ちこみやすいのですね。

きっと幼少期から人目を気にして良い子にしてきた証です。

けれどもう大人になり、監視下にないわけですから自分らしく生きてみても良いのではないでしょうか?

自分と他人をすぐ比較する

メンタルが弱い人はなんとか自分の優位性を保とうと考えるので、すぐに他人と比較したくなります。

なぜかと言うと、他人と比較して自分の優位性を持とうとするのです。

たちの悪い人は、相手の低い部分を見て、自分は相手より優れていると言った感じにアピールするので、最悪きまわりないです。

他人はあくまで他人です。

あなたと同じでないので優劣があるのは当たり前です。

そこの部分を見るより、自分に足りない部分などを見て、更生していくことが大切です。

メンタルの弱い人は、自分の至らない部分を見ることを苦手としています。

なぜなら、自分は完璧、もしくはクズではないと思っているので、それを実現させるために他人と比較して優位性を出すのです。

はっきり言えば醜い存在とも言えます。

足元を見ろと言うのはこのような人たちから出来た言葉なのかもしれません。

すぐ悪い方向に考える

所謂ネガティブな人にメンタルの弱い人は多いです。

何ごとに置いても悪く考えてしまって先へ進もうとしません。

つまり、チャレンジ精神がないのです。

何かをしようとしても「うまく行くわけない」と言って、諦める人もいれば、諦めさせようとする人もいます。

人のことなので、いちいちこちらが口を出すのはどうかと思います。

所謂ドリームキラーです。

自分の夢をかなえたい場合はこのようなドリームキラーには要注意です。

ドリームキラーと一緒にいるから悪い方向の考えが正しいと思ってしまうのです。

何かをやろうとしてネガティブなことを言われたというのは、周囲の人たちがドリームキラーなのであって、あなたが悪いわけではありません。

あなたのその意見に賛同してくれる所にいけばいいのです。

最近厄介なドリームキラーは親です。

子どもがしたいと思ったことに無理だと言う親が最近は多いみたいです。

子どものためを思ってと口にしている人はいますが、ほとんどは自分のためです。

気をつけましょう。

すぐ人に頼ろうとする

何か困った時に自分で解決しようとはせず、すぐに人に頼ろうとする人がいますが、かなりメンタルが弱いですね。

自分の考えに自信がないから相手を頼るのです。

相手に頼ってもいいことはありません。

逆に自分が頼られる存在になることが大切です。

感情的になってしまう

何かを言われるとすぐに感情的に反応してしまう。

感情で物事を進めている人はメンタルが弱い人と言えます。

要は感情をコントロールできていないのです。

メンタルの強い人は感情をコントロールできる人のことを言うとも言われています。

感情に流されないようにしましょう。

諦めやすい

メンタルの弱い人は、すぐにあきらめやすい性格の人たちです。

なぜかと言うと、無理だという考えが先行しているからです。

目標を達成している姿を見ることができていないのでそうなってしまうのです。

何でもかんでも諦めていても先へは進めませんよ。

自尊心がない

自分に対していつも自信がない人はメンタルの弱い人です。

自分に自信がないので、判断能力も弱いので、先へ進めません。

いつまでたってもうじうじしています。

自尊心がないので、いつも自分を否定的に捉えているので、負の連鎖にハマっていると言えます。

人生を楽しもうという気持ちがない

メンタルが弱い人は人生にあきらめを持ってしまっている感じの人が多いです。

例え人生を諦めてしまっても、死ぬことはありません。

また、人生100年時代と言われているので、あなたが諦めても100歳まで生きる可能性が高いのです。

どうせ長生きするなら楽しむ方がいいですよね。

すぐため息をつく

ため息をつく人はメンタルが弱いです。

ため息の数だけ、寿命を減らすとも言われているので、ため息の出し過ぎは良くありません。

また、ため息も伝染するので、ため池をするだけで周囲にメンタルの弱い人を増やしているのです。

ため息はよしましょう。

人の顔色を窺う

メンタルの弱い人は自分の考えで動いていないので、人の目や顔色を気にしてばかりいます。

つまり、上の命令は絶対と言う考えになっているのです。

所謂、ひらめ人間です。

人の顔色を気にするより自分の考えをしっかり持つのが大切です。

人と議論ができない

メンタルの弱い人は相手の意見を聞くことを苦手としているので、相手と議論するのが苦手です。

つまり、議論しても返ってくる発言はいつも同じで、議論を止めようすることか、もしくは、関係のないことを言ってはぐらかしてきます。

メンタルを強化するために

メンタルはケガをした時のように絆創膏を貼ったら簡単に治るものではありません。

メンタルを強化できたら、少しでも気持ちが楽になりますよね。

最後にメンタルを強化するためにできる行動療法を紹介していきますので、よかったら参考にしてみてください。

瞑想

瞑想とは、目を瞑って何かを考えることではなく、心を無にして目を閉じることです。

頭の中を空っぽにし、リセットすることで、清々しい感覚を取り戻します。

瞑想をすることで、心が軽やかになり、気分も明るくなり、体も健康に近づき、なにより頭の中が聡明になります。

また寝る前の決まった時間に瞑想をすることで、清々しい目覚めを手に入れることができ、メンタルを強化することができます。

適切な目標設定

メンタルを強化するには、自身の中で目標を設定し「達成感」を得るようにしましょう。

この目標設定は、絶対にできないような目標はやめてください。

自分の出来る範囲で続けられる目標設定にすることがポイントです。

例えば商売であれば、目標設定よりも一つ多く商品を売ることに努める。

自分に挑戦状をつけて、それを目指してチャレンジしてみるのです。

それが成功し一つ多く商品が売れれば、自身の自己肯定感につながり自信がつきます!

このように自分のメンタルに合わせて、目標や環境を変えてみることも大切です。

目標設定を自分の中でつくることで、少しづつメンタル強化されることでしょう。

【目標については、こちらの記事もチェック!】

リラクゼーション

メンタルを強化するには、リラクゼーションが欠かせません。

いつも右肩上がりで、神経質になり、頑張りすぎていませんか?
それだと精神的に朽ち果てるばかりか、体調不良を侵し兼ねません。

人間を癒せるのは人間なわけで、マッサージ屋さんに飛び込んでみましょう。

やはりそのようなところで、マッサージされながら悩みをはなすことで、ストレスも緩和されますよ。

もし誰にも会いたくないくらいメンタルが弱っていたら、好きな音楽を聴いてみたり、現実逃避してみるのもいいでしょう。

イメージトレーニング

メンタルを強化するのに欠かせないのは、イメージトレーニングです。

これは私もよく実行する、メンタル強化の方法のひとつです。

色んな状況を想定し、良い方向にもっていくように想像するのです。

特に上手くいったときの、自分の嬉しい気持ちや周りの喜ぶ顔を想像しましょう。

そのイメージトレーニングが嘘のように、自分のモチベーションをあげて、すさまじい力に変わるのです。

上手く行くか行かないか、不安に陥った時はイメージトレーニングしてみてください!

集中力

メンタルを強化するには、自身の集中力をあげることです。

集中力こそが、余計なことを考える暇もなく、ひとつのことに真剣に取り組めれるわけです。

この集中力が欠けてしまうと、いつもよようなネガティヴな発想が浮かんでしまったり、また失敗するのではないかと頭を抱え込んでしまうことになります。

集中力をあげる為には、机周りの余計なものを排除し、人との接触もなるべくしないようにしましょう。

集中力を養うことができれば、どんな極限の時も乗り越えられる武器になります。

【集中力を高めるための方法は、こちらの記事もチェック!】

人前で話す機会を増やす

メンタルを強化するには、人前で自分の意見を話す機会を増やすことです。

いつも人の話を聞いてばかりで、良いことも悪いことも頷いてその場をしのいでいませんか?

本当にメンタルが強い人は、自分の話を人前でしっかり話せてディスカッションできます。

これはメンタルが弱い人にとっては、喉から心臓がでるくらい緊張することだと思いますが、はじめは少人数の中で代表になり話す機会を増やしてみて下さい。

一度、成功すれば、慣れますのでどんどん人前で話す機会を増やしてメンタルを強化しましょう!

苦手なものにチャレンジしてみる

メンタルを強化するには、自分の苦手なものに、あえてチャレンジしてみましょう。

「自分でもできた!」っていう感動が、あなたの精神力を強めること間違いなしです。

チャレンジするまでが、どうしても腰無精になって億劫になりがちなのはよく分かります。

私は苦手な物にチャレンジして成功した時はご褒美を自分の中で決めて取り組むようにしてます。

売り上げ達成したらジュエリーを買ったりして、そのジュエリーを見た時には頑張った自分を思いだすようにしてます。

とても単純でベターな方法かもしれませんが、チャレンジ精神が湧くきっかけになってます。

自分のメンタルを強化できるのは、自分しかいないのです!

ノートに気持ちを書き込んで分析する

メンタルを強化するには、自分の弱い部分をノートに書き込んで分析をしてみましょう。

自分の弱いメンタルを書いて認めるという行為はとても勇気がいるものです。

なるべくなら自分の弱さを認めたくないでしょう。

けれど、自分の負の部分を書き出すことで、どう改善し治していかないといけないかを考えるきっかけになるわけです。

誰もが自分が一番正しいと思いがちですが、もちろん私もそう思う時もあります。

一歩引いて、自分自身を見つめなおすことも大切であり、それがメンタル強化になることを覚えていて下さいね!

メンタルの意味を知り、正しく鍛えよう!(まとめ)

いかがでしたか?
巷でよく聞くメンタルの意味が少しでも理解できたでしょうか。

精神的に強い人が幸せとか、弱い人が不幸になってしまうとかは一概に言えませんが、それはあなたの一存でもあります。

近年、メンタルの弱さが原因で鬱病などの精神疾患をおこし自殺する人が後を絶たないのも現状であります。

もしもメンタルの弱さで人生に悩んでいましたら、少しでも参考にしてみることをおすすめします。

【メンタルが弱い人については、こちらの記事もチェック!】