CoCoSiA(ココシア)

メンタルの意味とは?これを知って強...(続き3)

9.常にリスクヘッジしている

メンタルが強い人は先のことを考えて行動しています。

主にはリスクヘッジです。

今は良くても数ヵ月後、もしくは数週間後に何かが起きるかもしれないと考えて対策を練っておくのです。

先を考えることで柔軟に対応ができるように準備しておくのです。

そんなこと言っても、実際にリスクヘッジをしても起きなかったから考え損だと思ってしまう人のいるかもしれません。

ですが、リスクヘッジをして起きなければ、起きないに越したことはありません。

また、実は簡単に出来そうで出来ないのがこの先を考えることなのです。

実は先を考えることは、それなりのメンタルの強さを必要とするのです。

なぜなら、自分の未来を考えるにあたり不安に思いたくないからです。

もしくは今の状態から、なんとなく未来を予想できて、それを想像したくないと思っている節もあるのです。

ただ、先を見てリスクヘッジをすることで、未来を明るくすることはできますよ。

10.あらゆるパターンを想定している

メンタルの強い人は先を見るのが得意なように思えますが、実はいくつものパターンを想定して先を見ているのです。

つまり、あらゆるパターンに対応できるので、予想外のことに対応出来るのです。

言いかえれば、すべてが想定内なのです。

よく交渉に失敗してくる人は、予想外のことが起きて対応出来なかったと言いますが、すべてにおいて想定内に起きるとは限りません。

また、予想外が起きるのは考えの幅が狭いからです。

メンタルの強い人は、あらゆるパターンを見越して、想定外に備えるのです。

考える幅と聞くと頭が良くないとと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

問われるのは持って生まれた才能などの能力ではなく、考える力の脳力になるのです。

何かを見て考えることは誰でも出来ますよね。

考える幅を広げれば、想定外にもうまく対応出来ます。

11.潔く諦めることもできる

メンタルの強い人は諦めが悪いような感じがしますが、先を見て、どう頑張っても成功の文字が見当たらない時は、潔く諦めることもあります。

諦めずにやっても自分だけでなく、周囲にも迷惑をかけるとわかると潔く諦めるのです。

諦めることは悪いことのように捉えている人は意外と多いですが、諦めることで、新しい世界が見えることもあるのです。

故に諦めるという決断を出来ることもメンタルが必要になってくるのです。

メンタルの弱い人は、諦めることもできなければ、先へ進むこともできず、ずっとそこに居続けるようなタイプです。

ただ、諦める場合はしっかり時と場合、周囲の状況を考えて行いましょう。

12.執着心が薄い

物事に対する思いやこだわりなど、執着心が薄いのがメンタルの強い人です。

なぜそこまで薄いのかというと、こだわっていても意味がないと思っているからです。

過去のことを思い返す暇があるなら、そんなことを辞めて先へ進むべきだと考えます。

メンタルが強いから過去から脱却出来るのです。

メンタルの弱い人は、過去に自分がイキイキしていた時を思い返して良い思いをする人ばかりです。

つまり、先を見れていないのです。

過去を見て良い思いをするよりも、未来を見て笑顔になる方が素敵だと思いませんか?

このようにメンタルの強い人は、良い未来を想像して笑顔になるのです。

13.物や人に依存しない

メンタルの強い人は物や人に依存しません。

自分を守るのは自分だと考えています。

そのため、不都合なことが起きても嘆くことはありません。

なぜなら、物や人に依存していないからです。

会社がつぶれると、会社に文句を言う人がいます。

同時に何か災害などが起きると国に文句を言う人がいます。

しかし、文句を言っても解決しません。

それよりも、物や人に依存せず、自分のことは自分で守ると言う考えを持った方がいろいろな場面で活かせるとわかっています。

14.一人でもやっていける

メンタルが強い分、1人になってもやってしまう人も多いのです。