CoCoSiA(ココシア)

めんどくさい女の15個の特徴(続き2)

【かまってちゃんについては、こちらの記事もチェック!】

2.察してちゃん


めんどくさい女には、かまってちゃんのように積極的に付きまとってくる場合もあれば、何も言わずに、「察してもらう」ことを求めてくる女性もいるんですよね。

付きまとわれるのも面倒ですが、「察して!」という無言のプレッシャーを与えてくるのも面倒です。

特に男性は、察してちゃんタイプのめんどくさい女に困らされることが多いようですね。

同性でも面倒ですが、基本的な思考回路が違う男性は、もっとめんどくさいと感じてしまうでしょう。

日本人は特に、多くを語らずに、気持ちを内に秘めるタイプの人が多いですよね。

そして、それを察する能力にも長けているほうでしょう。

だけど察してちゃんは、気持ちを隠した上で、察してもらうことを要求してきます。

「思いが届かなくてもいい」という奥ゆかしさはなく、気持ちを分かってもらえないと嫌なのです。

ですから、気持ちを察してもらうことが出来ないと、ご機嫌ナナメになってしまうんですよね。

もし、本当に気持ちを伝えたいのなら、言葉にして伝えたほうが正確に、確実に伝わります。

そのほうが分かりやすいし、お互いに意思の疎通ができてスッキリするでしょう。

察してちゃんは一体なぜ、わざわざ隠し、察してもらおうとするのでしょうか。

筆者が思うに、それは察してもらう喜びを得たいからです。

何も言わずに気持ちを分かってもらえるということは、相手が自分のことを良く見ていたり、考えてくれている証拠ですよね。

つまり、相手がどれだけ自分のことを思ってくれているのかを、試しているのです。

…めんどくさい女としか、言いようがありませんね。

察してちゃんは結局、自分の欲求を叶えることしか考えていません。

相手が困ったり、面倒だと感じていることなんて考えられないのです。

3.メンヘラっぽい

メンヘラっぽいのも、めんどくさい女の特徴として挙げられます。

メンヘラとは、ネットスラングとして広まった言葉で、“心の病気を患った人”を指しています。

精神疾患や精神障害を持つ人のことです。

ただ、めんどくさい女の場合は、メンヘラっ“ぽい”女。

実際に精神疾患や精神障害を抱えているわけではありません。

しかし、メンタルが弱く、精神的な病みを抱えているような雰囲気を出しており、周囲の人はメンヘラを疑ってしまいたくなるのです。

実際に心の病気を患っているわけでは無い場合、その実態は、寂しがり屋のかまってちゃんだったりします。

つまりメンヘラっぽいのも、かまってちゃんの奇行のひとつと言えるかもしれません。

そんな態度に、周囲の人は次第に「めんどくさい」と感じるようになってしまいます。

4.気分屋さん

めんどくさい女は、気分屋さんであることも多いです。

その時の気分に合わせて行動をするので、周囲の人にとっては理解不能。

コロコロと変わる態度に、付いていくことが出来ません。

これも結局、周囲の人のことを全く考えられていませんよね。

周囲の人を振り回すめんどくさい女は、特にこの気分屋タイプだと言えるでしょう。

筆者も、気分屋タイプの人にはよく振り回されました。

気分屋という性質を理解するまでは、一緒に居ても訳が分からずに呆然とするだけなんですよね。

さっきまで笑っていたのに、いつのまにか落ち込んでいる。

「どうしたの?」と声を掛けるとキレる。

そっとしておくと、甘えてくる…。

コロコロと態度が変化するので、どうしてあげたらいいのか分からずに困るばかりです。

だけど、気分屋さんだと思えば、態度の変化にも納得。

ですが、自分の気分ひとつで振り回してくることを思うと、めんどくさい以外のなにものでもないのです。

そうやって次第に、周囲の人は煩わしく感じ、「めんどくさい女」だと避けるようになっていくんですよね。

気分屋さんの場合、楽しい気持ちの時は底抜けに明るかったりします。

ですので、クラスでも職場でも、最初は人気者だったり、中心的な存在だったりすることが多いと思います。

だけど慣れてくると、コロコロと変わる気分で周囲の人を振り回すので、気付くと孤立していることもあります。